アンテナ・まとめ RSS

2017年11月25日

久保裕也、スーパーゴールなど1G1A!4人抜きドリブルで今季5点目!地元メディア絶賛「驚きのスーパーゴール!」(関連まとめ)

【サッカー】<久保裕也(ゲント)>4人相手にドリブルでこじ開ける!今季初3連勝導く1G1A。地元メディア「驚きのスーパーゴール!」と絶賛
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511559647/
久保裕也2017第16節ゴール.jpg

1: Egg ★ 2017/11/25(土) 06:40:47.84 ID:CAP_USER9.net

[11.24 ベルギーリーグ第16節 ゲント3-1ムスクロン]

 ベルギーリーグ第16節が24日に行われ、FW久保裕也の所属するゲントはホームでムスクロンと対戦し、3-1で勝利した。先発フル出場の久保は勝ち越し弾を含む1ゴール1アシストの活躍。3試合ぶりの得点で今季5ゴール目とし、今季初の3連勝に貢献している。

 2連勝中のゲントは前半29分に先制。FWモーゼス・ダディ・シモンが自らのドリブルで獲得したPKを右足でゴール左に沈める。3試合連続で先にスコアを動かしたが、同33分にFWドリン・ロタリウが左足で放ったシュートをGKロブレ・カリニッチが弾くと、こぼれ球をFWタイウォ・アウォニイに右足で押し込まれ、すぐさま同点に追いつかれた。

 それでも久保が前半39分にホームスタジアムを沸かせる。敵陣のセンターサークル左脇でシモンからのパスを受けた久保は、オープンスペースでドリブルを開始。PA手前左で細かいステップとボールタッチで一気に2人を抜き去ると、PA内やや左でも2人のDFが立ちはだかる中、かわさずにその2人の間を通す右足のシュートを放つ。相手GKの左手に当たったボールがゴール右に転がり込み、2-1と勝ち越しに成功した。

 久保は10月27日に行われた第13節シャルルロワ戦(1-2)以来、3試合ぶりにネットを揺らして今季5ゴール目。得点後にはスタンドをあおる姿も見られ、サポーターも久保コールで応えた。

 さらに久保は2-1で迎えた後半29分、PA内右でDFディラン・ブロンからのパスを受け、キープからブロンにリターン。ブロンがPA手前右から左足で打ったシュートがゴール左に決まり、久保のダメ押しアシストで3-1の快勝を飾った

11/25(土) 6:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-01646714-gekisaka-socc

◼?v保裕也が1G1Aの大暴れ! 地元メディアは「驚きのスーパーゴール!」と絶賛

日本代表FW久保裕也が、リーグ戦3試合ぶりのゴールを決めた。
 
 現地時間11月24日、ベルギー・リーグ16節のヘント対ムスクロン戦が行なわれ、久保はホームチームのスタメンで登場。4−2−3−1システムのトップ下に入った。
 
 試合が動いたのは29分、ヘントはモーゼス・シモンのPKで先制点を奪う。しかし4分後に守備陣のミスから同点に追いつかれ、あっという間に1−1に。スタジアムに漂う嫌なムードを一掃したのが久保だった。
 
 38分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた久保は単独ドリブルで切れ込むと、マーカーふたりを巧みなステップで振り切ってするするとエリア内へ侵入。3人の守備者に囲まれながらも、GKの出端を突くコントロールショットを放ち、鮮やかにゴールに流し込んだのだ。圧巻のゴラッソで今シーズン5点目を決めた。
 
 ベルギー国営放送の『RTBF』は、「驚きのスーパーゴールだ! シーズンベストの候補に挙げてもいい得点で、ユウヤ・クボがあらためてそのクオリティーの高さを示した」と絶賛した。
 
 さらに久保は78分にもゴールに絡む。右サイドでボールをキープしてムスクロン守備陣の注意を引くと、鋭い切り返しから中央へパス。これをフリーで受けたディラン・ブロンが左足でスライダーショットをねじ込んだ。久保のお膳立てでヘントはリードを広げ、そのまま3−1で勝利した。
 
 1ゴール・1アシストと奮迅の働きを見せただけでなく、積極果敢にハイプレスを掛けるなど守備でも貢献した久保。コンディションの良さを窺わせ、その好調ぶりに呼応するようにヘントも上昇曲線を描いている。シーズン序盤の躓きを取り返し、リーグ戦3連勝で暫定4位に浮上した。

11/25(土) 6:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171125-00032958-sdigestw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:43 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元英代表オーウェン氏、競馬デビュー!2着で終える「今までの騎乗の中で一番速かったよ」

【サッカー】<オーウェン氏>ついに騎手デビューへ「緊張しているが、興奮している」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511536864/
オーウェン競馬01.jpg
1: Egg ★ 2017/11/25(土) 00:21:04.57 ID:CAP_USER9.net

元イングランド代表のマイケル・オーウェン氏(37)が、24日にロンドンにあるアスコット競馬場で行われるチャリティーイベントで、騎手デビューすることが分かった。『RACING UK』が伝えている。

 オーウェン氏は無類の競馬好きとして知られ、現在は馬主としても活躍。共同馬主として所有したブラウンパンサーは、2014年のアイリッシュセントレジャーを制した。また過去には2013年の有馬記念でオルフェーヴルが圧勝した際にツイッターに投稿した「言葉が見つからないよ。なんて馬なんだ」というメッセージが、日本でも話題を集めた。

 2013年に現役を引退したオーウェン氏だが、同メディアに対して「レースが近づくにつれて緊張しているけど、興奮もしている」とワクワクを抑えきれない様子でコメント。「競馬は大好きだが、騎乗はこれっきり」ということだが、「参加できることが嬉しい。うまくフィニッシュラインを越えたいね」と意気込みを語っている。

 24日のチャリティーレースは芝1400mのレースになるという。オーウェン氏は通算27戦4勝の実績を持つカルダープリンス(セン4)に騎乗する。

11/24(金) 21:27配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-01646709-gekisaka-socc



オーウェン氏、騎手デビュー戦2着に興奮「速かったよ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-01646712-gekisaka-socc


元イングランド代表のマイケル・オーウェン氏の騎手デビュー戦は2着だった。

 サッカー選手として現役引退後は、オーナーブリーダーとしても活躍するオーウェン氏は、24日にロンドンにあるアスコット競馬場で行われたチャリティーレースで騎手デビューを飾った。

 オーウェン氏騎乗のカルダープリンス(セン4)は道中3番手あたりを走行。直線に入り追い出したが2着だった。

 『RACING UK』によると、初騎乗を終えたオーウェン氏は「本当に速く、速く進むように感じて、『ワー』という感じだった。今までの騎乗の中で一番速かったよ」と興奮気味に振り返ったという。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テネリフェSD、柴崎岳を惜しむ「岳が恋しい。彼のような選手を求めている」

【サッカー】<柴崎岳を惜しむテネリフェのスポーツディレクター>「ガクが恋しい。彼のような選手を求めている」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511516136/
柴崎岳ヘタフェ.jpg
1: Egg ★ 2017/11/24(金) 18:35:36.69 ID:CAP_USER9.net

テネリフェのスポーツディレクターを務めるアルフォンソ・セラーノ氏は、柴崎岳というスター選手の退団を惜しんでいる。スペイン『EL DIA』が報じた。

昨シーズン1部昇格まであと一歩と迫ったテネリフェだが、今シーズンはここまで2部で10位。自動昇格圏の2位ルーゴとは勝ち点5差となっている。そのため、今冬の移籍市場では昨年同様積極的な動きを見せる可能性が伝えられている。

昨冬、2部で注目を集めた移籍は柴崎であった。レアル・マドリーから2ゴールを奪った男として鳴り物入りでテネリフェに加入。当初こそ適応に苦しんだものの、終盤戦そして昇格プレーオフでは中心選手として活躍し、チームをけん引した。

セラーノSDは「誰かを恋しく思うとするなら、日本人だね」と話して、柴崎の移籍を今でも惜しんでいることを明かした。

「彼は異なる種類の選手だった。彼のレベルならどのチームも幸せにできるだろう。ガクのように出口を与えられて、敵陣で連続性をもたらせる選手を求めている。彼のような選手の獲得に乗り出すだろう」

さらに、セラーノ氏は攻撃的な選手の獲得について「すでに対話を始めている」と、動きを示唆している。今冬、第2の柴崎は生まれるのか注目が集まるところだ。

11/24(金) 18:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000044-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:30 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

リバプール、ドラクスラーをレンタル移籍で獲得希望?PSGと接触か

クロップ監督、今冬にドラクスラーのレンタル希望? パリSGに接触か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000016-ism-socc
ドラクスラー2017.jpg

リヴァプール(イングランド)のユルゲン・クロップ監督が、今冬の移籍市場でパリSG(フランス)からドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(24)を期限付きで獲得したいと願っているようだ。現地時間23日、仏『レキップ』紙の報道として独『シュポルト・ビルト』誌(電子版)が伝えている。

 ドラクスラーは2017年1月にパリSG入りを果たしたが、リヴァプールはその前に同選手をねらっていると噂されていた。それから1年、再びリヴァプールが同選手獲得に動き出したとみられている。レキップによれば、クロップ監督はドラクスラーのレンタルの可能性を探るため、すでにパリSGの首脳陣とコンタクトを取ったという。

 ネイマールとキリアン・ムバッペが今季から加入したパリSGで、本職のウィングではなくセントラルMFを担当することが多くなっているドラクスラー。それでも、本人は競争の激しいチームでの戦いを求めており、獲得はなかなか厳しそうだ。

 パリSGと2021年まで契約を結んでいるドラクスラーは最近、「冬だろうと、夏だろうと、ここを出ていくつもりはない。僕はこのチームとシーズンを戦っている最中で、チームが目指している高い目標に集中している」と語っていた。

 なお、同選手については、アーセナル(イングランド)、バイエルン(ドイツ)も獲得を目指していると噂されている。

〓〓 Liverpool FC 〓 843 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1511292593/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:49 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テベス、ボカに再復帰か?上海申花で年俸54億円もわずか4得点(関連まとめ)

【サッカー】<テベス(上海申花)>古巣ボカに再復帰か!?中国で「年俸50億円超」もわずか4得点と低迷....
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511518165/
テベス2017上海.jpg
1: Egg ★ 2017/11/24(金) 19:09:25.77 ID:CAP_USER9.net

中国1部の上海申花に所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、古巣ボカ・ジュニオルスに2度目の復帰となるかもしれない。仏紙『レキップ』などが報じた。

 昨年12月に上海申花への移籍が発表され、当時年俸が4100万ユーロ(54億円)で世界最高額とも言われていたテベス。大きな期待を背負っていたが、負傷などにも悩まされて16試合出場4得点と新天地での挑戦は完全な失敗に終わっている。

 公式戦を負傷で欠場しながらディズニーランドで遊んでいる姿が捉えられて批判を浴びたり、シーズン中にアルゼンチンへ一時帰国したり、中国サッカーを批判するようなコメントを残したり、今季のテベスはプレー面以外で注目を集めることが多かった。

 中国での生活に馴染めずアルゼンチンへの帰国を望んでいたとされるテベスには、古巣ボカが救いの手を差し伸べるようだ。上海申花に移籍金の未払いなどが報じられることもあったが、ボカは元エースの再獲得のために移籍金500万ユーロ(約6億6000万円)を用意し、2年契約を提示すると見られている。

 33歳になったかつてのエースに、ボカは最大限のリスペクトを示している。テベスはこれに応え、慣れ親しんだ母国アルゼンチンへの帰国を選ぶことになりそうだ。

11/24(金) 15:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171124-00242792-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:46 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2山口、元JFA技術委員長の霜田正浩氏の新監督就任を発表「全身全霊注ぐ」

山口、霜田正浩氏の新監督就任発表「全身全霊注ぐ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00060910-nksports-socc
霜田技術委員長.jpg


 J2レノファ山口FCは24日、来季の新監督として、日本サッカー協会で強化担当技術委員長などを務めた霜田正浩氏(50)が就任すると発表した。契約期間は1年。12月上旬までに会見が開かれる予定。

 霜田氏はクラブを通して「クラブの新しいチャレンジに、サポーターのみなさんの期待に応えるべく全力を尽くします」と誓った。ビジョンとして「レノファらしい躍動感あふれるサッカーをしたい。戦う選手の情熱が見ている人に伝わるような試合をしたい。と同時にJ2、3年目の若いチームだからこそ、クラブの基盤を作るためにさまざまなことをしなければならないと思っています」と定め「自分が今まで見て感じて経験してきたこと全てを全身全霊レノファに注ぐつもりです」と意気込んだ。

 霜田氏は東京や千葉でコーチを歴任。09年に日本協会入りし、代表監督選任に携わり、ハリルホジッチ監督招聘(しょうへい)の中心的役割を果たした。昨年で技術委員を退任し、今年7月からベルギー1部のシントトロイデンでコーチを務めている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9664
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1511495186/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:35 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ELまとめ】ミラン、5-1大勝しELグループ首位通過!ラツィオはフィテッセとドロー!エバートン、アタランタに1-5大敗

【サッカー】<EL>ACミラン、Rソシエダードなどが1次L突破
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511481855/
ミランEL第5節勝利.jpg
1: 数の子 ★ 2017/11/24(金) 09:04:15.02 ID:CAP_USER9.net

11/24(金) 8:44配信 日刊スポーツ

<欧州L>◇1次リーグ各組◇23日◇ミラノほか

 D組のACミラン(イタリア)がホームでオーストリア・ウィーン(オーストリア)に5−1で圧勝し、勝ち点を11と伸ばして1位を確定させ、32強による決勝トーナメント進出を決めた。FWクトローネが2得点を挙げる活躍だった。

 ほかにはRソシエダード(スペイン)エステルスンド(スウェーデン)ビリャレアル(スペイン)ザルツブルク(オーストリア)ニース、リヨン(フランス)アタランタ(イタリア)ブラガ(ポルトガル)プルゼニ(チェコ)パルチザン(セルビア)がこの日、1次リーグ突破を決めた。

 前節までディナモ・キエフ(ウクライナ)ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)アーセナル(イングランド)ラツィオ(イタリア)が突破を決めており、これで15チームが確定した。

 決勝トーナメントは各組1、2位の24チームと、欧州CL1次リーグ各組3位の8チームを合わせた32チームで争われる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00060510-nksports-socc




イタリアから3チーム! ELグループステージは5節を終えて16チームの勝ち抜けが決定!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171124-00032922-sdigestw-socc

脱落が決定しているのは15チーム
 11月23日(現地時間)、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節の24試合が、欧州各国で行なわれた。

 4チームずつで構成された12のグループにおいて、2枚の決勝トーナメント行きのチケットを懸けた争いが展開されているが、5節終了時点で5つのグループで決着がついた。
 
 すでに4節の時点で勝ち抜けを決めたチームが生まれているが、5節でその数は16チームに増加。イタリアからはミラン、アタランタ、ラツィオの3チームが32強に名を連ねたが、これは国単位としては現時点で最多。ミラン、ラツィオはグループの首位も確定している。
 
 日本人選手絡みでは、南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルクが、酒井宏樹のマルセイユに勝点4差をつけてグループIの首位の座を射止めた。なおマルセイユは最終節(12月8日)、突破を懸けてザルツブルクをホームに迎える。
 
 グループHでは、大迫勇也のケルンが強豪アーセナルをホームで破って次ラウンド進出に望みを繋いだ。国内リーグではいまだ勝利なしと大不振に喘いでいるが、欧州の舞台では連勝。最終節では敵地でレッドスターと対戦するが、2節の同カードでは敗れているため、ケルンは勝たなければならない。
 
 最後に、原口元気擁するヘルタ・ベルリンは、5節、アスレティック・ビルバオに敵地で2度リードを奪いながらも守り切れずに敗れ、グループJでの3位以下が確定した。
 
 各グループの勝ち抜けチームと、脱落チームは以下の通り。最終節は12月8日に行なわれ、ここで出揃った24チームに、チャンピオンズ・リーグのグループステージで3位に終わった8チームが加わって、2月からの決勝トーナメントに臨むこととなる。
 
ルーニー先発のエバートン、22本被弾の5失点大敗で英紙「ホームで屈辱的な敗北」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171124-00242723-footballc-socc


 現地時間23日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節の試合が行われ、エバートンはホームのグディソン・パークにアタランタを迎えて対戦し1-5の大敗を喫した。

 今夏の移籍市場でスウォンジー・シティからクラブ史上最高額となる移籍金4500万ポンド(約64億円)でギルフィ・シグルズソンを獲得。バーンリーからはイングランド代表DFマイケル・キーン、さらにマンチェスター・ユナイテッドからはウェイン・ルーニーを補強するなど戦力強化に向けた動きを見せていた。

 しかし、成績は低迷し10月23日にロナルド・クーマン監督が解任された。暫定的にデイビット・アンスワース氏が監督に就任したが、その後も3連敗。続くワトフォード戦で勝利をおさめたものの、再び調子は下向きつつある。

 英メディア『BBC』が公開しているデータによると、エバートンのボール保持率は49%でアタランタのボール保持率は51%とほぼ互角。ただ、エバートンのシュート数が9本だったのに対し、アタランタは22本のシュートを放っていたとのこと。1-5の大敗に、英紙『デイリー・メール』は「ホームのグディソン・パークで屈辱的な敗北」と報じている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:21 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルンFWロッベン、現役引退の可能性示唆「シーズン終了後は分からない」

【サッカー】<アリエン・ロッベン>今季限りでの現役引退を示唆!「シーズン終了後は分からない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511492955/
ロッベン2017バイエルン.jpg
1: Egg ★ 2017/11/24(金) 12:09:15.99 ID:CAP_USER9.net

バイエルンのFWアリエン・ロッベンが今シーズン終了後に現役を引退する可能性を示唆した。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 33歳のロッベンはオランダ代表がロシアW杯出場を逃した1か月前、同代表からの引退を表明していた。2009年にバイエルンに加入。9年目になる今シーズンは公式戦18試合すべてに出場している。シーズン終了後に契約が切れるが、その後については去就が不透明なままだ。

 ユップ・ハインケス監督はロッベンがチームにもたらしたインパクトを賞賛しており、契約を延長する可能性について言及しているが、ロッベン本人はまだ決断を下せていない。

 ロッベンは独『キッカー』に「シーズン終了後については分からない。なにか新しいことにチャレンジするか、バイエルンでまた3年間プレーするか。どんな可能性もある」と現役引退の可能性を示唆。

「自分のサッカーを楽しみつつ、なるべく高いレベルでプレーしていきたいと思っている。だけどいつまでそれができるかは分からない」と言及している。

11/24(金) 11:24配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-01646685-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本山雅、反町康治監督の来季続投を発表!元コーチ柴田氏が編成部長に(関連まとめ)

【サッカー】<J2松本山雅>反町康治監督、来季も続投!強化担当交代などの条件受け入れられ決意
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511474140/
反町監督2017松本.jpg
1: Egg ★ 2017/11/24(金) 06:55:40.92 ID:CAP_USER9.net

J2松本の反町康治監督(53)が来季も続投することが23日、分かった。複数の関係者が明かした。6年目の今季は最終節(19日)までJ1昇格プレーオフ(3〜6位)進出の可能性を残しながら京都に0―1で敗戦。19勝9分け14敗の勝ち点66で8位にとどまり、J1昇格を逃した。

クラブは来季の続投を要請。反町監督は返事を保留していたが、続投の条件に強化担当者の交代などを要求し、受け入れられたことから続投を決意した模様だ。J1など複数クラブから来季の新監督候補にリストアップされていたが、続投で決着。すでに1クラブでは自身最長となっているが、来季は7年目を迎える。

この日までにJ2水戸へ期限付き移籍していたFW前田大然(20)の復帰も確実に。4年ぶりのJ1復帰を目指して戦うことになる。

11/24(金) 5:05配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000262-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171123-00000262-sph-000-view.jpg



J2松本 反町監督7年目の続投発表 元コーチ柴田氏が編成部長に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000121-spnannex-socc


J2松本は24日、反町康治監督(53)の来季続投と、今季JFL浦安で監督を務めた柴田峡氏(51)の編成部長就任を発表した。柴田氏は2015年まで反町監督の下でコーチを務めていた。反町監督は来季が7年目の指揮となる。

 反町監督はクラブを通じて「いつも応援していただきありがとうございます。皆様のご声援がチーム、そして私の力になっていることを感謝しております。来年は心機一転、ゼロからのスタートで頑張りたいと思います。更なる応援をよろしくお願いいたします」とコメント。

 チーム統括本部に編成部を新設し、編成部長への就任が決まった柴田氏は「松本山雅に関わるすべての人が、一心に目標に向かっていくクラブにしていけるよう、全力で仕事に取り組みたいと思います」と談話を発表している。

 松本は今季J2リーグ戦8位に終わり、2年連続でJ1昇格に失敗した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:37 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアW杯に出場できないベスト11!ブッフォン、ロッベン、オバメヤンらが選出!『FIFA』による投票結果が発表

【サッカー】「ロシアW杯に出場できないベストイレブン」とは? 『FIFA』による投票結果が発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511408453/
ロシアW杯出場できないベスト11.jpg
1: 豆次郎 ★ 2017/11/23(木) 12:40:53.94 ID:CAP_USER9.net

11/23(木) 12:02配信
「ロシアW杯に出場できないベストイレブン」とは? 『FIFA』による投票結果が発表

2018年のロシア・ワールドカップでは、イタリア、オランダ、チリといった強豪国が、各大陸で予選敗退を喫した。

この状況を受け『FIFA』は今月18日より、「ワールドカップに出場できないベストイレブン」を、公式メディアを通して世界のサッカーファンから投票を募っていた。日本時間23日、その集計結果によるベストイレブンが発表された。

ベストイレブンは以下のとおり。

GK ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユヴェントス)

DF アントニオ・バレンシア(エクアドル/マンチェスター・ユナイテッド)
DF レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ミラン)
DF ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア/ユヴェントス)

MF リヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター)
MF アルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン)
MF マルコ・ヴェラッティ(イタリア/パリ・サンジェルマン)
MF ガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー)

FW アリエン・ロッベン(オランダ/バイエルン)
FW ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント)
FW アレクシス・サンチェス(チリ/アーセナル)

このベストイレブンが発表されたことを受けて、FIFA公式メディアに対してファンから「エディン・ジェコは?」、「マレク・ハムシクも入れるべきだろう」、「まだ若いがクリスチャン・プリシッチも加えたい」といった投稿が相次いでいる。

長年にわたって代表チームの顔として活躍してきた、ブッフォンやロッベン、ベイルなどがW杯本大会出場を逃したことは、世界のサッカーファンからしても大きな衝撃となっているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000003-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171123-00000003-goal-000-3-view.jpg
ロシアW杯出場できないベスト11-02.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リネカー氏「イングランドと日本は同組」W杯抽選会の予行演習結果を明かす

【サッカー】<「イングランドは日本と同組」>リネカー氏がW杯組み合わせ抽選会の予行練習結果を明かす
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511474647/
リネカーBT.jpg
1: Egg ★ 2017/11/24(金) 07:04:07.45 ID:CAP_USER9.net

12月1日、2018年ロシア・ワールドカップの組み合わせ抽選会が行われる。

この試合ではディエゴ・マラドーナ、ゴードン・バンクス、ローラン・ブラン、カフー、ディエゴ・フォルランといったレジェンドがプレゼンターとして登場することが決まっており、司会進行はかつてJリーグでもプレーした元イングランド代表FWガリー・リネカーが務める。

そのリネカー氏が、現地時間23日に自身の『twitter』で、組み合わせ抽選会の予行練習で日本がイングランドと同組になったことを明かしている。

「組み合わせ抽選会の予行練習を行ったよ。イングランドはベルギー、セネガル、日本と同組の結果になった」

リネカー氏によると、予行練習での組み合わせでは、ポッド1のベルギーの組に、ポッド2イングランド、ポッド3セネガルと、ポッド4の日本が入ったようだ。

また、リネカー氏は他のユーザーからによる「メキシコはどの組?」という質問に対し、「(メキシコは)アルゼンチン、フランス、ナイジェリアと同組だった。ここは“死の組”だね」と述べている。

12月1日の組み合わせ抽選会では果たして日本はどの組に分けられるのか。リネカー氏の明かした予行練習による組み合わせが実現する可能性も十分にあるが、いずれにしろポッド4の日本にとって厳しい組み合わせになることは間違いなさそうだ。

11/24(金) 6:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000025-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171124-00000025-goal-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫先発のケルン、アーセナル破りEL2連勝で2位浮上!最終節に決勝T進出をかけレッドスターと直接対決へ!EL第5節(関連まとめ)

【サッカー】<大迫ケルン>アーセナル撃破で背水から2連勝!最終節はGL突破かけた直接対決へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511481575/
大迫EL第5節ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2017/11/24(金) 08:59:35.58 ID:CAP_USER9.net

[11.23 ELグループリーグ第5節 ケルン1-0アーセナル]

 ヨーロッパリーグ(EL)は23日、グループリーグ第5節を行い、FW大迫勇也の所属するケルン(ドイツ)はホームでアーセナル(イングランド)と対戦し、1-0で勝利した。大迫は1トップで先発し、後半28分までプレー。ケルンはEL2連勝でグループ最下位から2位に浮上し、最終節に望みをつないだ。

 すでに突破を決めているアーセナルは主力を温存させ、前節のトッテナム戦(2-0)から11人を変更。一方、EL3連敗を喫したケルンは敗退の可能性もあった前節で大迫が2ゴール1アシストと大活躍し、EL初勝利。今節も△●で敗退決定の可能性があったが、背水から意地を見せた。

 1トップで先発した大迫はなかなかいい形で攻撃に絡めず、ケルンはアーセナルに押し込まれる展開が続く。前半30分にはFWオリヴィエ・ジルーとのワンツーで左サイドを崩したMFフランシス・コクランが決定的なシュートを放ったが、これは左ポスト直撃。ケルンは前半35分、DFドミニク・マローが負傷交代となり、DFコンスタンティン・ラウシュが投入された。

 スコアレスで折り返した後半もアーセナルが主導権を握り、ケルンは守勢に回ったが、ワンチャンスを生かして試合を動かした。後半16分、PA内左を縦に仕掛けたFWセルー・ギラシーが倒され、PKを獲得。ギラシーが自らキッカーを務めると、右足で真ん中に蹴り込み、貴重な先制点を奪った。

 リードを奪ったケルンは後半28分、大迫をベンチに下げてMFマティアス・レーマンを投入。守備を固めて最後までアーセナルの攻撃に耐え凌ぎ、1点を守り抜いた。1-0で完封勝利をおさめたケルンはEL2連勝でグループ2位に浮上。最終節は12月7日に行われ、勝ち点6で並ぶレッドスター(セルビア)との直接対決でグループリーグ突破を争うことになった。

11/24(金) 7:27配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-01646679-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:32 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング