アンテナ・まとめ RSS

2017年05月29日

本田圭佑、キャプテンマーク巻きフル出場も有終の美飾れず ミランはパレッタ退場でカリアリに1-2で敗れる

【サッカー】<本田圭佑>初の主将でフル出場も有終の美飾れず 最終節カリアリ戦、終盤の被弾で1-2敗戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495983937/
本田圭佑2017最終節競り合い.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/29(月) 00:05:37.85 ID:CAP_USER9.net

◆カリアリ2-1ACミラン

<カ>ジョアン・ペドロ(17分)
<ミ>ラパドゥーラ(72分)
<カ>ピザカーネ(92分)

http://web.gekisaka.jp/livescore/detail?match=2306127&season=12659

日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、今季リーグ最終節の敵地カリアリ戦を1-1で引き分けて全日程を終了した。今季2試合目のスタメンとなり、キャプテンマークを巻いて今季初めてフル出場した本田は、セットプレーを中心にチャンスを作ったもののゴールに絡めず、ミランでのラストゲームを敗戦で終えた。

ミランは4-3-3システムでスタートして右ウイングにスソ、左ウイングに本田でスタートしたが、前半のうちにアクシデントが発生。前半30分にスソが負傷でプレー続行不可能となり、オカンポスが投入された。

前半のミランはボールを長く保持するものの、なかなか決定的な突破を見せることができなかった。そうしたなかで同17分にはカウンターを受け、FWジョアン・ペドロに不揃いな最終ラインの裏を取られ、1対1を冷静に決められた。本田は左サイドを突破するシーンがあったものの得点に絡むことはできず、0-1でハーフタイムを迎えた。

後半に入るとミランは左サイドバックのDFレオネル・バンジョーニに代えてFWジャンルカ・ラパドゥーラを投入。3-3-4システムといった形になり、本田は左ウイングから5分ほどで右ウイングにオカンポスと入れ替わった。

ミランは後半17分にセットプレーのセカンドボールからPKを得ると、キッカーはFWカルロス・バッカが務めた。しかし、ゴール右を狙ったキックは完全に読まれてセーブされた。それでもミランは同27分にラパドゥーラのクロスを中央で合わせようとしたバッカが倒され再びPKを獲得。これをラパドゥーラが決めて同点に追いついた。

しかし、ミランは直後の同30分にDFガブリエル・パレッタが2枚目のイエローカードを提示されて退場処分になった。パレッタはこれで今季5度目の退場処分と、プレーの不安定さが最終戦まで目立ってしまった。

本田はセットプレーから可能性を感じさせる弾道のボールを何本もゴール前に入れていたが、そのチャンスも生かせず。数的不利のミランは試合終了間際のアディショナルタイムに、ペドロの直接FKのこぼれ球をDFファビオ・ピサカーネに蹴り込まれて決勝ゴールを許し、1-2で敗れた。

キャプテンマークを巻いた本田にとっては、退団を表明しているだけに3年半を過ごしたミランでのラストゲームになったが、敗戦で終了。有終の美とはならなかった。

Football ZONE web 5/29(月) 0:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170529-00010000-soccermzw-socc

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:40 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

U20日本代表、決勝Tの1回戦はベネズエラと対戦!30日17時キックオフ

【サッカー】<U-20W杯>ラウンド16進出の日本代表、無失点で3連勝のベネズエラ代表との対戦が決定!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495900582/
ベネズエラ2017U20代表.jpg

1: @Egg ★@\(^o^)/ (★) 2017/05/28(日) 00:56:22.78 ID:CAP_USER9.net

▽U-20日本代表は27日、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節のU-20イタリア代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。

▽この結果、グループDで3位となったものの、他グループの3位チームと争う決勝トーナメント進出枠を確保し、ベスト16入りが決定。この結果、グループBを首位で通過したU-20ベネズエラ代表と対戦することが決まった。

▽ベネズエラは、U-20メキシコ代表、U-20ドイツ代表、U-20バヌアツ代表とグループBで同居。初戦のドイツ戦を2-0で制すると、第2節でバヌアツに7-0で勝利。最終節でもメキシコ相手に0-1で勝利し、グループステージ3試合を10得点無失点で突破している。

▽その他、ラウンド16では開催国のU-20韓国代表と逆転でグループステージ突破を決めたU-20ポルトガル代表の対戦が決定。日本と同じ3位チームながら決勝トーナメント進出を決めたU-20コスタリカ代表はグループAを首位で通過したU-20イングランド代表と対戦する。

◆U-20W杯 ラウンド16
▽5月30日(火)
《17:00》
U-20ベネズエラ代表 vs U-20日本代表
《20:00》
U-20韓国代表 vs U-20ポルトガル代表

▽5月31日(水)
《17:00》
U-20ウルグアイ代表 vs 3位(B/E/F)
《20:00》
U-20イングランド代表 vs U-20コスタリカ代表
U-20ザンビア代表 vs 3位(A/B/F)

▽6月1日(木)
《16:30》
U-20メキシコ代表 vs グループF・2位
《20:00》
グループE・1位 vs U-20イタリア代表
グループF・1位 vs グループE・2位

超ワールドサッカー / 2017年5月28日 0時16分
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_277941/

写真
https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/webultrasoccer/webultrasoccer_277941_0-enlarge.jpg

FIFA ベネズエラ
http://www.fifa.com/u20worldcup/teams/team=1889507/index.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:56 | 大阪 ☁ | Comment(5) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、待望のスペイン初ゴール!2得点に絡みテネリフェ勝利に貢献!(関連まとめ)

【サッカー】<柴崎岳>待ってました!スペイン初ゴール、25歳バースデー弾でテネリフェ3戦ぶり勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495972533/
柴崎岳スペイン初ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/28(日) 20:55:33.27 ID:CAP_USER9.net

待ってました!柴崎岳スペイン初ゴール、25歳バースデー弾でテネリフェ3戦ぶり勝利

[5.28 リーガ・エスパニョーラ2部 アルコルコン1-3テネリフェ]

 MF柴崎岳の所属するテネリフェは28日、リーガ・エスパニョーラ2部の第40節を敵地で戦い、アルコルコンに3-1で勝利した。後半38分まで出場した柴崎は、前半31分に加入後初ゴールを決めて勝利に貢献した。

 柴崎が25歳のバースデーを自ら祝う大活躍で、チームに3試合ぶりの勝利を呼び込んだ。まずは前半10分、左サイドでタメを作ってMFアーロンにパス。アーロンがクロスを入れると、FWアントニー・ロサノがヘディングで決めて先制に成功する。

 さらに先制点の起点となった柴崎は前半31分、ティローネのスルーパスに反応した柴崎がゴール前に抜け出すと、左足でゴールネットを揺らす。柴崎はスペイン移籍後10試合目で嬉しい初ゴールになった。

 後半に入ると4分に直接FKを決められて1点を返されたテネリフェだが、後半12分にCKのこぼれ球をティローネが押し込み、勝利をグッと引き寄せる。終盤退場者を出したために、柴崎は同38分で交代となったが、10人でリードを守り抜いた。リーグ戦は残り2戦。プレーオフ出場権争いが混とんとする中で、貴重な勝ち点3を積み上げた。

ゲキサカ 5/28(日) 20:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01640265-gekisaka-socc


<スペイン2部:アルコルコン−テネリフェ>◇28日◇アルコルコン

 スペイン2部テネリフェのMF柴崎岳(25)が28日、アウェーのアルコルコン戦で自身の誕生日にスペイン移籍後初ゴールをマークした。

 5試合連続先発となった柴崎は、1−0の前半30分、ペナルティーエリア内でパスを受け、左足でゴールを決め、出場10試合目での初ゴールとなった。

日刊スポーツ 5/28(日) 20:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01831278-nksports-socc


▼記事の続きを読む▼
タグ:柴崎岳
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:22 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【山村無双】C大阪、山村和也1ゴール1アシストで神戸とのダービー戦を快勝!3連勝で暫定3位浮上!J1第13節まとめその4(関連まとめ)

【サッカー】<J1第13節>セレッソ大阪、山村和也が1G1Aの活躍で神戸との“神阪ダービー”制す…3連勝で暫定3位浮上
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495965790/
山村2017第13節ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/28(日) 19:03:10.38 ID:CAP_USER9.net

◆ヴィッセル神戸 1-2 セレッソ大阪 [ノエスタ]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052803/livetxt/#live

[神]渡邉千真(39分)
[C]山村和也(29分)
[[C]水沼宏太(64分)

明治安田生命J1リーグ第13節が28日に行われ、ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸とセレッソ大阪が対戦した。試合はC大阪が2-1で神戸を下し、リーグ戦3連勝で暫定3位に浮上した。

8位・神戸と4位・C大阪の上位対決となった“神阪ダービー”。トップを追うためにも両チーム負けられない戦いとなる。また、両チームは24日の2017JリーグYBCルヴァンカップで対戦し、その際はホームのC大阪が1-0で勝利を収めた。神戸にとっては同じ相手に続けて負けるわけにはいかない。

試合は序盤からC大阪が押し気味に試合を進める。7分、清武弘嗣とのワンツーから杉本健勇がDFの裏に抜け出す。GKと一対一となってドリブルでかわしたが、ここはタッチが流れてしまい、シュートまで持ち込めなかった。

スコアが動いたのは29分。C大阪は自陣後方からマテイ・ヨニッチが前線へロングパスを送る。これに反応した山村和也がゴール前で抜け出し、GKと一対一になる。ファーストタッチ目が大きくなったものの、長いリーチを生かしてGKキム・スンギュの右脇を抜くシュートを決め、C大阪が先制した。山村は2試合連続ゴールとなった。

ここで神戸のネルシーニョ監督が早くもカードを切る。36分、大森晃太郎を下げてウエクスレイを投入。流れを変えにかかる。すると直後の39分、ウエクスレイ、中坂勇哉、高橋秀人とパスをつなぎ、最後はペナルティエリア手前の渡邉千真へボールが渡る。渡邉は反転して強烈なシュートを放つと、これがゴール右上隅に決まり、神戸が同点に追いついた。渡邉はこれで3試合連続ゴール。このまま1-1でハーフタイムを迎える。

追いついた神戸は後半立ち上がりも積極的に攻める。55分、渡邉がペナルティエリア手前からミドルシュートを狙うと、DFの股を抜けてC大阪のゴールを襲ったが、ここは守護神キム・ジンヒョンが好セーブでなんとか凌いだ。

C大阪は59分に柿谷曜一朗を下げて水沼宏太を投入する。すると、尹晶煥監督の采配が的中する。清武からパスを受けた山村がペナルティエリア左からふわりとしたクロスを上げる。これをファーサイドの水沼が抑えたボレーシュートを叩き込み、C大阪が勝ち越しに成功した。水沼にとっては今季初ゴール。また、山村は1ゴール1アシストの活躍となった。

リードを奪ったC大阪は67分に杉本を下げて澤上竜二を投入。神戸は68分に小川慶治朗と中坂を下げ、小林成豪と田中順也を投入した。

神戸も同点ゴールを目指して攻撃を仕掛けたが、なかなかシュートまで持ち込むことができない。後半アディショナルタイム4分に田中がFKからクロスを上げたが、渡部博文のヘディングシュートは枠の上へ外れてしまう。このままC大阪が2-1で神戸を下した。

GOAL 5/28(日) 18:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000023-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:37 | 大阪 ☀ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬、首位福岡下し3連勝!高井2ゴール、カン・スイル同点弾もウエリントンと揉み合いに!水戸が熊本逃げ切り3-2勝利!大分と山口はドロー!J2第16節(関連まとめ)

【サッカー】<J2第16節>群馬3連勝!福岡首位陥落...高井2発!カン・スイル乱闘?水戸が粘る熊本逃げ切り9戦負けなし !岡山大分ドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495955182/
高井群馬2017第16節ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/28(日) 16:06:22.67 ID:CAP_USER9.net

◆大分トリニータ 1-1 ファジアーノ岡山 [大銀ド]
https://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/052806/live/#live

[大]伊佐耕平(70分)
[岡]武田将平(51分)


◆アビスパ福岡 1-3 ザスパクサツ群馬 [レベスタ]
https://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/052804/live/#live

[福]ウェリントン(45分)
[群]カン・スイル(15分)
[群]高井和馬(27分)
[群]高井和馬(39分)

◆ロアッソ熊本 2-3 水戸ホーリーホック [えがおS]
https://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/052805/live/#live

[水]林陵平(25分)、
[水]林陵平(28分)
[水]前田大然(37分)
[熊]安柄俊(52分)
[熊]林祥太(57分)


◆群馬3連勝、高井が止まらない!福岡連勝止まり首位陥落

 前節で最下位を脱出していたザスパクサツ群馬が敵地で首位のアビスパ福岡に3-1で快勝した。群馬は昨年8月以来の3連勝。一方の福岡の連勝は4でストップし、首位の座から陥落した。名古屋グランパスが首位に立っている。

 群馬が完全に息を吹き返した。開幕から11戦勝ちなしと大不振が続いていた群馬だが、5月に元韓国代表FWカン・スイルを補強。初戦となった13日の愛媛戦は敗れたが、次の山口戦からは粘り強く勝利を重ねてきた。

 そしてこの日もカン・スイルがチームを勢いづける。前半14分、MF高橋駿太の右クロスに、DFと競り合いながら走り込んだカン・スイルが長い足を伸ばして、ゴールに流し込む。チームファーストシュートを確実に得点につなげた。

 さらに群馬にはこの男がいる。昨年の関東大学リーグ得点王のルーキーMF高井和馬は、今季ここまで6得点。ルーキーとは思えぬ適応力で得点を量産している。そして前半27分にループシュートで連続ゴールを3試合に伸ばすと、同39分には相手にミスをカットしてゴール前に入ると、GKのタイミングを外すシュートを蹴り込み、今季チーム最多となる3得点目をあっさり決めてみせた。

 4試合連続完封中の福岡にとってはまさかの展開。前半45分にFKを頭で合わせたFWウェリントンのゴールで1点を返すが、ここ2戦8得点と爆発中の攻撃陣がGK清水慶記を中心とした群馬の体を張った守備に苦戦。後半もシュート数は増えたが、群馬に逃げ切られてしまった。

 気温30度超の中で行われた一戦を制した群馬はこれで3連勝。試合終了のホイッスルが鳴ると、森下仁志監督はスタッフらと抱き合って喜びを爆発させた。2得点の高井は、「サッカーに絶対はない。勝ててよかった。点決めただけで、自分としては20点くらいのプレーだった。ここから上の順位に行ければいいと思う」と話した。

17/5/28 14:56
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?217405-217405-fl

群馬3連勝原動力、元韓国代表カン・スイルが乱闘?“らしさ”で牽引
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?217412-217412-fl

“海外サッカーオタク”林陵平が2発でムバッペパフォ!水戸が粘る熊本から逃げ切り9戦負けなし
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?217414-217414-fl

◆順位表
https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

◆DAZN
https://www.dazn.com

◆DAZN for docomo
https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:46 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、負傷の小川航基のユニフォーム掲げる「あいつの分まで頑張る」(関連まとめ)

「あいつの分まで頑張る」…日本を救った堂安律、負傷離脱の小川に捧ぐ2得点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00591942-soccerk-socc
堂安2017U20W杯イタリア戦ゴール03.jpg


FIFA U−20ワールドカップ韓国2017 グループD第3節が27日に行われ、U−20日本代表とU−20イタリア代表が対戦した。

 立ち上がりの3分、7分といきなり2失点を喫した日本だったが、22分に遠藤渓太のクロスから堂安律が決めて1点差とする。後半に入り50分、再び堂安が個人技でゴールネットを揺らし同点に追いつく。試合は2−2で終了。日本は勝ち点4でグループステージを3位となり、決勝トーナメント進出が決定した。

 試合後、2得点を挙げた堂安律がインタビューに応えている。

 率直な感想を問われると、開口一番「ホッとしています」と話した堂安。「立ち上がりはうまく入れず2失点してしまったんですけど、うまく立て直せて同点にすることができて良かったです」と続けた。

 1点目の場面について「遠藤選手がいいボールをくれたので、自分はなんとか足を伸ばしました」とコメント。そして、得意のドリブルで奪った同点弾については「あれは自分の特長なんで、ゴールできて良かったです」と振り返った。

 その2点目のゴールの後は、離脱が決定した小川航基のユニフォームを掲げた。「今まで一緒に戦ってきた仲間なんで、あいつの分まで頑張るという気持ちでピッチに立ったので、決勝トーナメントに行けてホッとしています」と心境を明かした。

 決勝トーナメント1回戦に向けては「また厳しい戦いが続くと思いますけど、しっかりとケアして次の試合に臨みたいと思います」とコメントしている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9054
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1495885063/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台、クリスランのスーパーゴールで新潟に2-1快勝!J1第13節まとめその3(関連まとめ)

【サッカー】<J1第13節>ベガルタ仙台が新体制連勝を狙ったアルビレックス新潟を撃破!クリスランの驚愕ボレーで逆転.
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495951592/
クリスラン2017第13節インタビュー.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/28(日) 15:06:32.05 ID:CAP_USER9.net

◆ベガルタ仙台 2-1 アルビレックス新潟 [ユアテックスタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052801/livetxt/#live

[新]チアゴ・ガリャルド(62分)
[仙]クリスラン(83分)
[仙]クリスラン(84分)


節2日目を行った。ユアテックスタジアムでは、ベガルタ仙台とアルビレックス新潟が対戦し、2-1で仙台が逆転勝利。ホームでの連敗を4で止め、4試合ぶりの白星を飾った。一方の新潟は新体制連勝とはならなかった。

 自陣深くで堅固なブロックを作る新潟に対し、立ち上がりから積極的に攻め込む仙台。前半4分、PA右からFW奥埜博亮のシュートはGK大谷幸輝に弾かれ、MF梁勇基が左から中央に折り返すもFW石原直樹のシュートは枠を外れる。29分には、右サイドで縦パスに追いついたDF大岩一貴がクロスを上げ、石原がニアに走り込んだが、相手DFにカットされてしまった。

 前節・札幌戦で呂比須ワグナー体制初陣を白星で飾った新潟。前半は耐える時間が続き、なかなかチャンスを作ることができない。それでも、後半は立ち上がりから積極的に前に仕掛けると、3分にカウンターからMFチアゴ・ガリャルドのパスでMFホニが抜け出し、PA右から右足シュート。決定機だったが、カバーに戻ったDF平岡康裕にスライディングでブロックされてしまった。

 試合が動いたのは後半17分だった。新潟は自陣でボールを奪って素早くカウンターを仕掛ける。左サイドの敵陣中央でパスを受けたMF山崎亮平がPA手前の中央にくさびのパスを送ると、チアゴ、FW鈴木武蔵の足もとには収まらなかったが、こぼれ球にいち早く反応したチアゴが左足でゴールに流し込み、新潟が待望の先制点を奪った。

 ホームでの連敗(4)を止めたい仙台は、後半21分に梁勇基と石原を下げて、FWクリスランとFW西村拓真をピッチに送り込む。すると、37分にクリスランがPA内でDF富澤清太郎に倒されてPKを獲得。これをクリスラン自ら冷静に流し込み、同点に追いつく。さらに39分、左サイドからMF永戸勝也が上げたクロスをクリスランがトラップからボールを地面に落とさずそのまま左足ボレー。鮮やかなシュートがゴールネットを揺らし、仙台が2-1と一気に逆転した。

 あっという間に逆転された新潟は後半43分に鈴木とMFロメロ・フランクに代えてMF加藤大とMF成岡翔を投入。最後のチャンスにかけた。しかし最後まで勝ち越しゴールを奪うことができず、そのままタイムアップ。2-1で仙台が接戦をモノにした。

ゲキサカ 5/28(日) 15:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01640246-gekisaka-socc

順位表
https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1大宮、渋谷監督の解任発表…伊藤彰コーチが新監督に就任

J1最下位大宮、「私の力不足」渋谷監督解任で伊藤新監督就任を発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01640241-gekisaka-socc
渋や監督苦渋.jpg

大宮アルディージャは28日、渋谷洋樹監督と黒崎久志ヘッドコーチを解任すると発表した。後任監督には伊藤彰コーチが昇格。海本慶治コーチがヘッドコーチに就任する。

 13試合を終えてわずか2勝。27日の柏戦で2-4と敗れ、リ-グ最速の10敗目を喫した大宮が、監督交代に踏み切った。渋谷監督は14シーズン途中に就任すると、同年は16位でJ2に降格したが、翌年はJ2で優勝。見事チームを立て直すと、16シーズンはチームJ1最高位の5位でフィニッシュする充実のシーズンを送った。

 しかし今季は昨年の主力だったMF家長昭博らが流出。開幕から躓くと、さいたまダービーで今季初勝利を挙げる意地をみせたが、その後、劇的な良化をみせることはなかった。

 新監督に就任した伊藤氏は埼玉県出身の44歳。現役時代は川崎Fや大宮でプレーし、引退後は大宮の下部組織で指導者としてのキャリアを積んでいた。16年から大宮のトップチームコーチに就任していた。

 また渋谷監督はクラブを通じ、無念を語っている。

「ファン・サポーターの皆さま、パートナー企業の皆さま、地域の皆さまをはじめとする大宮アルディージャに関わる全ての皆さま、日頃よりご支援、ご声援いただき誠にありがとうございます。2014シーズン途中の監督就任から、J2降格、J2優勝、そして昨年はJ1年間5位という姿から、今年は『より強く』ということで挑んでまいりましたが、私の力不足で皆さまのご期待にこたえられず申し訳ございません。

 練習場で声を掛けていただいたり、オレンジ色に染まったNACK5スタジアム大宮で大声援を送っていただいたり、遠くアウェイでもホームのような雰囲気を作ってくださったりと、どんなときも我々を力強く後押ししてくださったことに対し、心より感謝申し上げます。試合前、多くの方が私の名前をコールしてくださったことは心に深く刻まれていますし、ともに戦ってくれた素晴らしい選手やスタッフにも感謝しています。

 私はクラブから去ることになりますが、大宮アルディージャは未来のあるクラブだと思っています。新体制になっても、引き続きの応援をよろしくお願いいたします」

【サッカー】<大宮アルディージャ>最下位低迷で渋谷監督を解任…伊藤コーチが昇格
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495934859/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、一部独紙はドイツ杯決勝のプレーを高評価「とても目立った」

香川真司、一部独紙はポカール決勝でのプレーを高く評価「とても目立った」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000000-goal-socc
香川ドイツ杯試合後メダルキス.jpg

27日、ボルシア・ドルトムントはフランクフルトを2−1で下し、DFBポカールを制した。このラストマッチでフル出場を果たした日本代表MF香川真司を地元紙『WAZ』が高く評価している。

香川はこの一戦では主に中盤の深い位置でプレー。16分にはフランクフルトが仕掛けるカウンター攻撃をタックルで阻止するなど守備の面でも貢献している。後半には前線に現れ、ゴールに近づく場面も見られたが、この日は決定的なプレーは多く見られず、守備と攻撃をつなげるボランチに近い役割に専念していたようだ。

そのパフォーマンスに『WAZ』は「2.5」と高めの評価をつけている。先制点を奪ったウスマン・デンべレ、PKで勝ち越しを決めたピエール=エメリク・オーバメヤンを含む5人が「2」を与えられトップタイに並んだ。同紙はハーフタイムに負傷交代となったマルコ・ロイス(「4.5」)、マルセル・シュメルツァー(「4.0」)を辛口評価。香川のプレーについては「ドルトムントとともにポカールを2回優勝した日本人選手はとても目立った試合を見せた」と寸評し、「豊富な運動量を見せ、53分には惜しくも2−1とするチャンスを逃してしまった」と続けた。

一方で、『ルールナハリヒテン』は香川に「3.5」とやや低めの採点をつけている。得点者のデンべレとオーバメヤンに「2」とトップタイとした同紙は、PKを獲得したクリスチャン・プリシッチも「2.5」と高く評価。ソクラティス・パパスタソプロス、マティアス・ギンターは最低タイの「4」となっている。また香川のパフォーマンスについては「優れたドリブラーはここ最近絶好調だったが、ファイナルではそのフォームを再現できず」と記し、「前半は姿を消すことが多く、それによりドルトムントの攻撃的プレーが停止してしまった。後半の方は存在感を増し、相手ペナルティーエリア内にも顔を出している」と続けた。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

【BVB09】Borussia Dortmund 708 【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1495905406/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、FIFA公式が絶賛「暗闇に光を灯した」「スペシャルだった」「華麗な足裁きで翻弄」

【サッカー】U20代表 FIFA公式サイトが堂安律を称賛「スペシャル」「華麗な足さばき」「暗闇に光を灯した」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495892791/
堂安2017U20W杯イタリア戦ゴール04.jpg

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/05/27(土) 22:46:31.29 ID:CAP_USER9.net

「ハーフタイムを前に赤字を半分にした」。

[U-20ワールドカップ・グループステージ3節]日本 2-2 イタリア/5月27日/全南
 
 グループDの第3戦、日本とイタリアの激闘は2−2のドローに終わった。FIFA公式サイトがまず立てたのが、以下の3つの見出しだ。
 
「堂安律の踏ん張りで、日本が0−2から盛り返す」
「日本はベスト3位のひとつに確定し、ラスト16に進む」
「イタリアが開始10分で2発を叩き込む」
 
 称えたのは、日本の健闘だ。「得失点差で優位なイタリアは、開始10分で2点のリードを奪う理想的な展開。2位通過をほぼ手中に収めたかに思われた」と書き綴り、「だが、堂安律が暗闇に光を灯した。遠藤渓太の鮮やかなクロスを点で合わせ、キーパーのアンドレア・ザッカーニョの股間を抜いたのだ。ハーフタイムを前に赤字を半分にした」と表現した。
 
 さらに、「堂安はスペシャルだった。3人のイタリア人ディフェンダーがガンバ大阪の男の華麗な足さばきに翻弄された」と、50分の同点弾を報じた。
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170527-00026186-sdigestw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:50 | 大阪 ☀ | Comment(9) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、チェルシー下しFA杯優勝!ラムジー決勝ゴールで史上最多13度目

アーセナルがチェルシーを撃破しFAカップを制す…史上最多13度目の優勝/FAカップ決勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000037-goal-soccアーセナル2017FA杯優勝.jpg

■FAカップ決勝

アーセナル 2−1 チェルシー

アーセナル:A・サンチェス(5分)、ラムジー(79分)

チェルシー:D・コスタ(77分)

現地時間27日、FAカップ決勝アーセナルvsチェルシーの一戦がウェンブリー・スタジアムで行われた。

ロンドン・ダービーの組み合わせとなったファイナルは、プレミアリーグで5位と優勝チームの対決となり、試合前にはマンチェスターで起こった爆破テロ事件の被害者への黙祷が捧げられた。

開始5分でいきなりゴールが決まる。アーセナルは左サイドからナチョ・モンレアル、アーロン・ラムジーとつないでアレクシス・サンチェスが浮き球でラストパスを放つ。一度相手DFにヘディングで弾かれたものの、そこにA・サンチェスが体で押し込みながらゴール前に侵入し、そのままトーキック気味にゴール右隅へとシュートを放った。ラムジーがオフサイドポジションにいたものの、プレーに関与していないというジャッジになり、これがアーセナルの先制点に。

19分にはCKのチャンスからダニー・ウェルベックのヘディングがゴール左隅へ。一度ポストに当たり、そのディフレクトをラムジーが押し込もうとするが、枠外で追加点とはならなかった。

1点を追う展開になったチェルシーは28分、ロングフィードに反応したジエゴ・コスタが裏に抜け出し、ロブ・ホールディングと競り合いながら強引にシュートに持ち込むが、GKダビド・オスピナに弾かれてゴールならず。

その直後にはアーセナルがロングカウンターを仕掛け、ウェルベックがシュートチャンスを迎えるも、ティボー・クルトワが体で止める。そのこぼれ球を再びアーセナル攻撃陣が狙ったところ、ガリー・ケイヒルが懸命のクリアを見せた。

試合はその後も一進一退の攻防が続き、アーセナルの1点リードでハーフタイムを迎えた。

後半に入ると立ち上がりからチェルシーが猛攻を仕掛け、49分にはエンゴロ・カンテがバイタルエリアから強烈なミドルを放ったが、これはオスピナがセーブ。

55分にはアーセナルがロングカウンターでベジェリンが右サイドからクロスを放つものの、セサル・アスピリクエタが触り、ファーに走り込んでいた味方にラストパスがつながらなかった。

チェルシーは61分にセスク・ファブレガスを投入して巻き返しを図ったが、その7分後の68分にはゴール前で突破を狙ったヴィクター・モーゼスが倒れたものの、シミュレーションと判定され、2枚目の警告で退場処分になってしまう。ここからチェルシーは数的不利の状態に。

しかし10人のチェルシーが追い付くことに成功する。77分、チェルシーがアーセナルのゴール前に迫り、サイドからのクロスに対してD・コスタがトラップから叩きつけるシュートを放つ。メルテザッカーの足に当たってコースが変わり、ネットが揺れてスコアは1−1の同点となった。

同点になったのもつかの間、79分にはアーセナルが左サイドからチャンスを創出し、途中出場のオリヴィエ・ジルーがクロスを放り込むと、中に走り込んできたラムジーが頭で押し込んで2−1に。再びアーセナルが1点をリードする。

87分にはアーセナルがロングカウンターを敢行し、右サイドからエジルがニアを狙って左足でシュートを放ったがポストに嫌われ、追加点はならなかった。

試合はこのまま2−1でアーセナルが勝利。アーセナルは14−15シーズン以来、これが13度目のFAカップ優勝で、優勝回数で単独トップに立った。また、解任を求める声が絶えなかったアーセン・ヴェンゲル監督は、16−17シーズン最後の公式戦でタイトル奪取に成功している。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1138】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1495908294/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、フル出場しドイツ杯優勝に貢献!ドルトムントはフランクフルト下し5年ぶりの制覇

香川フル出場のドルトムントが5シーズンぶりの優勝果たす/DFBポカール決勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000038-goal-socc
オバメヤン2017ドイツ杯決勝PK.jpg

■DFBポカール フランクフルト 1-2 ドルトムント

フランクフルト:レビッチ(29分)

ドルトムント:デンベレ(8分)、オーバメヤン(67分PK)

27日、DFBポカールの決勝がオリンピアシュタディオンで行われ、香川真司の所属するドルトムントは長谷部誠の所属するフランクフルトと対戦し、2-1で勝利し5シーズンぶり4度目の優勝を飾った。長谷部は負傷により欠場し、先発した香川はフル出場を果たしている。

4シーズン連続で決勝の舞台に立つドルトムントに対し、フランクフルトは2005-06シーズン以来の決勝進出。しかし、ドルトムントは3年連続で準優勝に終わっており、2011-12シーズン依頼となる4度目の優勝に向け、香川をはじめピエール=エメリク・オーバメヤン、マルコ・ロイス、ウスマン・デンベレらほぼベストに近い布陣で臨んだ。

地力で勝るドルトムントは、立ち上がりから攻勢に出ると8分、左サイドからのサイドチェンジを、右サイドで受けたウカシュ・ピシュチェクが前方のスペースにパスを送る。ペナルティーエリア内右に走りこんでボールを受けたデンベレが、チェックに来たヘスス・バジェホを鋭い切り返しでかわすと、左足でゴール左上へと決めてドルトムントが先制する。

1987-88シーズン以来、29年ぶりとなる戴冠を狙うフランクフルトだが、長谷部をはじめ負傷により主力を数名欠いた状況の中、先制を許す苦しい展開に。このままドルトムントの勢いに飲まれるかと思われたが、26分に右サイドを抜けたティモシー・チャンドラーがペナルティーエリア右から折り返すと、ニアサイドにハリス・セフェロヴィッチが飛び込むもわずかに合わず。さらに、流れたボールを拾ったアンテ・レビッチが、一度は失いながらも奪い返してシュートまで持ち込む。これはGKロマン・ビュルキにはじかれたものの、このチャンスを境に、フランクフルトが徐々に流れを手繰り寄せる。

迎えた29分、マルコ・ファビアンのチェックから中盤でボールを奪ったミヤト・ガチノヴィッチが中央を突破してラストパス。抜け出したレビッチがGKビュルキとの1対1を制し、フランクフルトが同点に追いつく。

勢いに乗るフランクフルトは39分、高い位置でボールを奪い、前線でキープしたセフェロヴィッチがレビッチとのワンツーでエリア内に侵入。そのままダイレクトでシュートを狙うが、これは左のポストを直撃し逆転ゴールならず。1-1のまま試合を折り返した。

先制したものの、20分を過ぎた辺りからフランクフルトのプレスに苦しみ、中盤が落ち着かず攻撃の形を作ることができなかったドルトムント。香川もほとんどボールに絡むことができず、シュートまで行けなかったドルトムントは後半、足を痛めたロイスに代わってクリスティアン・プリシッチ、マルセル・シュメルツァーに代えてゴンサロ・カストロを投入し、流れを変えようと試みる。

すると50分、左サイドでキープした香川が、中央のラファエル・ゲレイロに預けてゴール前へ。ゲレイロからのパスを受けたマティアス・ギンターがペナルティーエリア内左に浮き球を送ると、走りこんだ香川が抜け出して左足でボレーを狙う。しかし、ミートできずゴール前でクリアされる。

64分には、デンベレの右クロスからファーサイドでフリーとなっていたオーバメヤンのバイシクルボレーを、ゴールライン上にいたファビアンがクリア。さらにこれがクロスバーを叩いて外れ、ドルトムントは決定機を生かすことができない。

決めるべきチャンスで決めきれず、ドルトムントにとっては嫌な雰囲気が流れたが、65分にゲレイロの浮き球パスに抜け出したプリシッチがGKアーヴィダスと接触し倒されてPKを獲得。これをエースのオーバメヤンがパネンカ(ふわりとしたチップキック)で沈めてドルトムントが勝ち越しに成功する。

再び追いかける展開となったフランクフルトは72分にアレクサンダー・マイヤーを投入。パワープレー気味にドルトムントゴールへと迫るが、ドルトムントも足がつる選手を出しながらも必死の守備で耐える。アディショナルタイムの4分間も逃げ切ったドルトムントが5シーズンぶりとなるポカール制覇を果たした。

【BVB09】Borussia Dortmund 708 【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1495905406/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:30 | 大阪 | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング