アンテナ・まとめ RSS

2018年10月19日

ネイマール、バルセロナ復帰の可能性 スペインメディア報道

【サッカー】キリアン・エンバペの存在感に霞むネイマール、バルセロナに復帰をオファーしている
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539783991/
ネイマールバルサ報道.jpg
1: pathos ★ 2018/10/17(水) 22:46:31.98 ID:CAP_USER9.net

 これまで何度も言われてきたことだが、ネイマールはパリ・サンジェルマンへの移籍を本当に後悔している。昨年、ムンドデポルティーボは、このクラックがバルサに復帰プランをアプローチしていることを報じた。

 バルセロナでの生活が快適だったこと、リオネル・メッシをはじめとするチームメイトが偉大だったこと、クラブやスタッフの対応が十分だったこと、ネイマールはバルサを離れて初めてそれを知ったのだろう。

 しかし、ネイマールからのオファーを受け取ったアスルグラナは、冷静に、そして距離を置いて対応した。それも当然だ。彼らはこのブラジル人スターがチームを去るとき、恩をあだで返されるような仕打ちを受けたのだ。その傷はまだ完全に癒えていない。

 それでも、最近はそのクラブの感情も少しずつ変化してきているという。関係者によると、バルサが彼を復帰させる可能性はゼロではないそうだ。これはバルサのトップマネジメントの意向だと聞いた。ネイマール側もまだ接触している。

 ネイマールはPSGでザ・ベストとバロンドールを獲得できると信じていた。後者に関しては、『Frans Football』の御膝元であるフランスでプレーすることが有利だと考えていたようだ。だがスペインを離れて1年2ヶ月経っても、彼が表彰台の上に立つ気配はない。むしろ19歳の同僚、キリアン・エムバペの方が先に上り詰める感すらある。

 このような状況において、ネイマールはリーグ・アンでモチベーションを得ることが困難になっている。対戦相手はこのブラジル人が熱くなれば自滅することを知っているので、試合中あらゆる方法で挑発を試みる。チームメイトは助けてくれない。だからネイマールは、ことあるごとに元所属チームのドレッシングルームを訪れるのだ。

 シウタット・エスポルティーバでテア・シュテーゲン、ラキティッチ、ラフィーニャ、スアレス、メッシら友人たちと再会するたび、ネイマールはかつて芝生の上で感じていた喜びを思い出す。街での生活についても同じだ。パリは素晴らしい都市だが、バルセロナとは気候も違う。

 ネイマールについてはレアル・マドリード、特にフロレンティーノ・ペレスが注目していたが、彼がベルナベウでプレーするのは難しいだろう。PSGは、ブランコスの会長にネイマールに関心がないという声明を出させた。今ネイマールの心にあるのは、かつてプレーしたクラブへの“サウダーデ(無邪気に楽しい日々を過ごせた過去への郷愁)“だけだ。

執筆者:Fernando Polo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00010000-mdjp-socc



ネイマールが来季バルセロナ復帰? 契約解除金も減額へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000095-dal-socc

サッカーフランス1部リーグ、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(26)が来夏、前所属のバルセロナ(スペイン)へ復帰する可能性が18日、浮上した。ラジオ局カデナ・セールなどスペインの複数メディアが伝えている。

 情報によるとPSGとネイマールの間で結ばれている契約の解除金は2億2000万ユーロ(約285億円)。これは2019年までで、翌20年には2億ユーロ以下に減額される。すぐにでもパリを出ていきたい選手と、戦力を失うなら早めに手を打ちたいPSGとの思惑が一致する可能性があるという。

 なおバルセロナを中心に展開するスポーツ紙、エル・ムンド・デポルティボによるとバルセロナの複数選手たちは昨年離脱したネイマールと親交を続けており“出戻り”にも前向きな姿勢を示しているという。さらにバルセロナも選手の復帰の意思を把握しておりジョセップ・マリア・バルトメウ会長が水面下で再獲得の可能性を探っているとの報道もある。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:49 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、ガラタサライが長友仲介し交渉か?トルコメディア報道(関連まとめ)

【サッカー】長友仲介でガラタサライが岡崎獲得交渉と地元報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539861040/
長友と岡崎ロシアW杯ベルギー戦後.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/10/18(木) 20:10:40.63 ID:CAP_USER9.net

10/18(木) 19:14配信

日本代表DF長友佑都のトルコ1部ガラタサライがレスターFW岡崎慎司の獲得交渉を始めていると、18日のトルコ紙ファナティック電子版が報じた。長友が仲介を承諾したという。


報道によると、移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)。岡崎の契約期間は今季いっぱいで、冬の移籍期間に話がまとまらなければ、移籍金が不要になる今季終了後まで待つことになるという。岡崎は今季レスターで出番が少なく、ガラタサライなら長友がいる上、欧州CLでプレーできる可能性があるため、前向きだとしている。

一方で、ガラタサライのFW補強について最も可能性が高いのはエバートンのセネガル人FWオウマル・ニアッセだと伝える。やはり今季出番に恵まれていない点と、かつてトルコリーグでプレーした経験があることが要因のようだ。候補2番手に岡崎の名を挙げている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00365715-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

日本代表森保監督、6月の南米選手権に初めて明言「A代表で?そうですね。」

【サッカー】<森保監督>来年6月南米選手権は「A代表で」敵地で強豪と真剣勝負
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539808867/
森保監督2018ウルグアイ戦前.jpg
1: Egg ★ 2018/10/18(木) 05:41:07.53 ID:CAP_USER9.net

A代表で南米選手権に殴り込みだ!ウルグアイ戦の激闘から一夜明けた17日、日本代表の森保一監督(50)が、今後の強化プランを披露した。来年6〜7月に日本が参加予定の南米選手権について「A代表で?そうですね。どういうくくりになるか分かりませんが…」と初めて明言。A代表での参戦を熱望した。


現状では欧州組と国内組の若手中心の構成が有力だ。招待国であり、他大陸連盟の主催大会のため、協会側に選手招集の拘束力はない。またリーグ戦中のため、Jクラブの主力招集も困難。協会とクラブ側では、欧州組+若手の編成で調整が進められているという。日本協会の田嶋会長も「その時のベストのチームで」と話した。

 当初、東京五輪世代の派遣も検討されていた。だがアウェーの地で、強豪ぞろいの南米勢との真剣勝負はこれ以上ない強化の場。南米の強豪ウルグアイを撃破した森保監督は「チーム力を上げるにはより厳しい環境で」とアウェー、中立地での戦いを望んでいる。出場すれば99年、トルシエ監督時代以来2度目となる。

 もちろん、当面の強化も揺るぎはない。これまで4―2―3―1布陣で戦ってきたが、11月のベネズエラ、キルギス戦では「考えています」と代名詞でもある3バック布陣の解禁も示唆した。初采配から怒とうの3連勝。順調に若手とW杯組を融合させ、来年1月にアジア杯を戦う。そして南米での武者修行を経てW杯予選へ。森保プランの青写真は見えてきた。

 ◆日本代表と南米選手権 19年南米選手権はブラジル開催。南米連盟加盟10カ国と招待国の日本、カタールが参加予定。日本代表はトルシエ監督時代の99年大会に初出場、1分け2敗で1次リーグ敗退。11年アルゼンチン大会も招待されたが、東日本大震災の影響で辞退。同じく15年チリ大会も招待を受けたが、選手招集の調整がつかず参加を断念した。

2018年10月18日 05:30 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/18/kiji/20181017s00002014422000c.html



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:27 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、フィッカデンティ監督との契約解除の合意を正式発表(関連まとめ)

<J1鳥栖>フィッカデンティ監督と契約解除で合意
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000096-mai-socc
フィッカデンティ監督退任挨拶.jpg


 サッカー・J1の鳥栖は18日、マッシモ・フィッカデンティ監督(50)と契約解除に合意したと発表した。9日から指揮していた鳥栖U18(18歳以下)監督の金明輝(キム・ミョンヒ)氏(37)が後任に就任した。

 佐賀県鳥栖市内で18日行われたサポーターミーティングで公表された。フィッカデンティ氏も出席して「鳥栖は絶対、来年もJ1にいる力を持っている」とサポーターに語りかけ、J1残留を願った。

 鳥栖は今季、7勝9分け13敗で17位に低迷。フィッカデンティ氏を監督から更迭する方針を決め、処遇を「協議中」としていた。【佐野優】

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11101
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1539848728/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:21 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ナポリFWインシーニェを1月市場での獲得狙う(関連まとめ)

【サッカー】リヴァプール、ナポリのインシーニェを狙う…来年1月の移籍市場で獲得に本腰か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539785387/
インシーニェナポリ2018.jpg

1: pathos ★ 2018/10/17(水) 23:09:47.25 ID:CAP_USER9.net

 リヴァプールが、ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの獲得を狙っているようだ。イタリアメディア『Rai Sport』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が16日に報じている。

 報道によると、リヴァプールはインシーニェを来年1月の移籍市場における補強ターゲットに据えているという。具体的な動きや条件などは報じられていないものの、すでに獲得に向けた準備を進めているようだ。

 インシーニェは1991年生まれの27歳。ナポリの下部組織出身で、2010年にトップチームでデビューを果たした。3クラブへのレンタル移籍を経て2012年夏に復帰し、同年にはイタリア代表でもデビュー。昨シーズンはセリエAで37試合に出場して8得点を挙げた。今シーズンは第8節終了時点で8試合に出場し、すでに6得点を記録。ハイペースで得点を重ねている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00848470-soccerk-socc&pos=5



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:31 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏代表エムバペ(19)、東京五輪出場を希望!「そこで戦いたい」

【サッカー】仏代表ムバッペ、2020東京五輪出場へ意欲!「そこで戦いたいんだ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539848496/
ムバッペアルゼンチン戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/10/18(木) 16:41:36.84 ID:CAP_USER9.net

 パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、2年後に迫った東京オリンピック出場への意欲を示した。フランスメディア『RMC SPORT』が17日に報じている。

 19歳の若さで2018 FIFAワールドカップ ロシアの優勝に大きく貢献し、パリ・サンジェルマンでも活躍を続けているムバッペ。年代別代表では2016年にUEFA U−19欧州選手権を制しているが、次なる目標はオリンピック出場のようだ。

 ムバッペは「やるべきことはたくさんある。全てを勝ち取りたいんだ」と今後のキャリアに向けて抱負を語り、「代表チームでは、ユーロで勝たないといけない。そしてもう一つ、オリンピックだ。そこで戦いたいんだよ」と、2020年の東京五輪出場を見据えていた。

 ムバッペは1998年生まれの19歳で、いわゆる“東京五輪世代”の一人。すでに世界的なスターとなった若武者だが、フランス五輪代表の一員として来日する資格を持っている。東京五輪出場のためには、来年6月に行われるU−21欧州選手権でベスト4以上の成績を収める必要がある。フランスは前回のリオデジャネイロ・オリンピック出場を逃しているだけに、ムバッペにかかる期待は大きなものとなりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00849570-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、伊メディアがマンCの再オファーを予想「時間の問題」

>【サッカー】<堂安>“オランダ経由ビッグクラブ行き”に伊メディア注目 「シティの再アタックは時間の問題」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539819659/
堂安2018ウルグアイ戦シュート.jpg

1: Egg ★ 2018/10/18(木) 08:40:59.20 ID:CAP_USER9.net

代表の大先輩である本田や、スアレス、ロッベンを例に出し、飛躍の可能性に言及

日本代表MF堂安律は、16日の国際親善試合ウルグアイ戦で1ゴールを決めてチームの4-3の勝利に貢献した。オランダのフローニンゲンでプレーする堂安について、イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」が特集を組み、「スアレスやロッベンのようにオランダから羽ばたく」と報じている。

 堂安はガンバ大阪のジュニアユースで育ち、ユース年代ではすでに二種登録されて2015年に16歳でのデビューを飾った。昨年にはU-20ワールドカップ(W杯)でイタリアと対戦してゴールもしているだけに、イタリアメディアには知名度もある。今年は21歳以下のバロンドールに当たる「コパ・トロフィー」の候補にも選ばれ、世界的にも注目株だ。

 特集では、今夏の移籍市場でペップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティからオファーがあったことを紹介。そのうえで、オランダで足場を固めることが堂安のキャリアに対して悪いことではないと、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(バルセロナ)や元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(バイエルン)といった世界的な名手や、ACミランでプレーしたMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)の例に触れている。

「昨季はレッジーナでもプレーした元日本代表の中村俊輔へのリスペクトで25番をつけて29試合9ゴールの成績を残し、シティからオファーを受けた。それは実現しなかったが、再アタックは時間の問題だ。ウルグアイ戦でゴールも決めた。堂安はオランダにとどまり成長を続けている。それはスアレスやロッベンが力をつけて羽ばたいた場所だ。要するに、その大きな飛躍を焦る必要はない。日本人なら、本田圭佑もオランダで力をつけて欧州の舞台に出た」

名将グアルディオラが率いるシティなど欧州ビッグクラブ行きにも現実味か

 かつてイタリアでプレーした中村や本田との共通点を示しながら、オランダが本格的に欧州のトップクラブに行く前の成長を果たす場所として適した場所だと分析。そして、グアルディオラ監督が率いるシティの再オファーを「時間の問題」とし、今後のビッグクラブ行きが現実味を帯びていると伝えた。

 ウルグアイ戦では堂安に加えてザルツブルクのMF南野拓実が2ゴールし、ポルティモネンセのMF中島翔哉も左サイドから数々のドリブル突破やシュートを見せた。25歳以下の若手で固められた森保ジャパンの2列目は、次のステップに進む可能性を大いに秘めている。そのなかでも堂安は、「オランダ経由ビッグクラブ行き」という“出世ルート”に乗る選手として、イタリアでも注目を集めている模様だ。

10/18(木) 8:10配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00142099-soccermzw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルFWラカゼット、イングランドのファンに苦言「サポーターというより見物客のようだ」

ラカゼット、イングランドのファンに苦言? 「サポーターと言うよりも…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00848915-soccerk-socc
ラカゼットアーセナル.jpg

 アーセナルに所属するフランス人FWアレクサンドル・ラカゼットが、フランスとイングランドのファンについて語った。イギリス紙『ミラー』が16日に伝えている。

 現在27歳のラカゼットは、リヨンの下部組織出身で2010年5月にトップデビューを果たした。2016−17シーズンはリーグ・アンで30試合に出場し、28ゴールを記録。2017年にアーセナルへ加入。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場し、14ゴールを記録した。

 ラカゼットは「リーグ・アンの雰囲気を懐かしく思うよ」とコメント。また、「イングランドのファンは、サポーターと言うよりも見物客だね。フランスのスタジアムは、イングランドよりいい雰囲気だよ」と、両国の違いについて言及した。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1300】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1539249141/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、豪州でボランチに転向か?「新しいポジションで新しいチャレンジになる」

【サッカー】本田圭佑、新天地でボランチ転向か「新しいポジションで新しいチャレンジになる」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539826818/
本田メルボルン練習.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/10/18(木) 10:40:18.60 ID:CAP_USER9.net

オーストラリア1部のメルボルン・ビクトリーに所属し、カンボジア代表GMでもある32歳の本田圭佑が18日に記者会見を行なった。

 以前、本田は2020年の東京オリンピックを目指していることを明かしていた。ライバルに打ち勝つためにも、プレー面の向上が求められる。メルボルン・ビクトリーでは、どのような本田圭佑をピッチ上で見せていきたいか問われると 「試合を観てもらえればわかると思いますが、ポジションが変わりますので。まぁ、新しいポジションで新しいチャレンジになるので」と答えている。詳しくは話さなかったが、新しいポジションはボランチだと思われる。

 メルボルン・ビクトリーは現地時間20日にメルボルン・シティとの“ダービー”を控えている。この試合に向けて本田は「残り1日しっかり練習して、自分の力をどれだけ出せるかということが楽しみで仕方ないです」と語っている。オーストラリアで成し遂げたい目標に関しては「優勝ですね」とし、「簡単な目標ではないと思うんですけど、幸いプレーオフルールがオーストラリアにはあるということで、プレーオフに入って勝負に勝てれば…。とにかくリーグで1位になりたいなと思っています」とコメントしている。

取材:植田路生(メルボルン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00293603-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

某サッカー専門誌、まさかのミス…中島翔哉のアジア杯招集困難とポルトガル紙から引用し報道

【サッカー】<中島翔哉>アジアカップに参加できない!? ポルトガル紙が冬の移籍期間での代表招集は困難と推測
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539811438/
中島2018ウルグアイ戦ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2018/10/18(木) 06:23:58.82 ID:CAP_USER9.net

「スポルティング戦での好調をキープしていた」

ポルトガルの全国スポーツ紙『Record』は、10月16日に行なわれた日本対ウルグアイ戦での中島翔哉について、「日本代表のためにまたひとつ殻を破り、敵を倒した」と報じた。

「ポルティモネンセの中島は、10月7日に国内リーグのスポルティング戦を4-2で制した後、絶好調をキープしたまま16日、埼玉のピッチでは日本代表としてプレーし、ウルグアイ代表を4-3で下した。

 左ウイングでプレーし、エリアの端から南野へパスを通して先制点を演出し、日本を活気づけた。87分にピッチを後にするまで、確かな存在感を残していた」

 また、ポルトガルの全国スポーツ紙『A BOLA』は「日本代表に対して、ウルグアイ代表は敗北を回避できなかった」と日本の健闘を驚きつつも称え、中島についてはこのように評している。

「得点こそなかったものの、試合開始10分で南野への的確なパスで先制点を演出。ドリブルや華麗なダイレクトプレーで、チームにリズムをもたらした。

 勢いに乗った日本は、カバーニらの再三の追撃ゴールにも屈せず、大迫勇也、堂安律、そして再度の南野のゴールで4-3の勝利を飾っている」

 しかし『Record』は同時に、気になるニュースをもう1本報じた。それは、「ナカジマはアジアカップには参加しない」というものだ。

「ウルグアイを4-3で破った試合で、中島は日本での立場を確立しつつあった。ポルティモネンセでも欠かせない存在の彼だが、来年1月から2月にかけてUAEで開催されるアジアカップのため、おそらく代表に招集されるだろう。

 しかし、懸念がある。招集された場合、同時期に予定されているポルトガルリーグの試合など、クラブでの6試合に、中島は出場できないことになる。

 日本はアジアカップではグループFに振り分けられ、1月9日にトルクメニスタン、13日にオマーン、17日にウズベキスタンと対戦する。ほぼ確実に、日本はこのグループを通過するだろう。少なくとも、準決勝までは進むのではないだろうか。そうなれば、クラブでの不参加期間が伸びる。

 欧州の冬の移籍市場は、1月に再開する。もちろん、クラブがどう判断するかということも現時点では分からないが、移籍を考えた場合、中島のアジアカップ出場を渋る可能性もあるのだ。何せ、2000万ユーロ(約26億円)ともいわれる移籍金がかかっているのだ」

 もちろん、招集や移籍に関しては現時点で何も確定していないが、セビージャやレバークーゼン、シャフタール・ドネツクなど、中島の獲得に本気で動いているというクラブの噂は絶えない状態にある。少なくとも、クラブ側と代表で調整が必要なことは確かだろう。

 日本代表でもクラブでも欠かせない存在だからこそのジレンマ。どのような判断が下るとしても、中島にとってより良い選択であることを祈りたい。

10/18(木) 6:11配信?サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00048920-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カバーニ、通路で日本人選手に優しさ見せる ウルグアイ代表は日本戦後、審判に詰め寄り整列・握手せず退散(関連まとめ)

【サッカー】<怒りのウルグアイ>整列&握手せず退散も… エースのカバーニが通路で日本人選手に見せた優しさ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539786343/
カバーニ日本戦抗議.jpg
1: Egg ★ 2018/10/17(水) 23:25:43.11 ID:CAP_USER9.net

ウルグアイ代表FWカバーニ、試合直後に不満爆発も… 取材エリアで日本人選手に配慮

日本代表は16日の国際親善試合ウルグアイ戦で4-3と勝利し、森保一体制3連勝を飾った。試合直後にウルグアイ代表の選手たちが審判団に不満を露わにして詰め寄ると、整列と握手をせずにピッチから退散。不穏な空気が流れたが、試合後の通路ではウルグアイ代表のエースFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)が日本人選手への配慮を見せた。

 打ち合いとなった一戦は開始10分、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)からパスを受けたMF南野拓実(ザルツブルク)の3試合連続ゴールで幕を開ける。同28分に被弾も、同36分には中島のシュートから、こぼれ球をFW大迫勇也(ブレーメン)が詰めて2-1とリード。ところが後半12分、DF三浦弦太(ガンバ大阪)のパスミスをカバーニに奪われて失点し、5万7239人が詰めかけた会場の歓声が一瞬鳴りやんだ。

 逆転負けのムードも漂うなか、2分後の同14分にMF堂安律(フローニンゲン)がDF酒井宏樹(マルセイユ)とのワンツーで抜け出して勝ち越し弾。さらに同21分、堂安の強烈シュートのこぼれ球に南野が反応し、この日2ゴール目で一気に突き放す。同30分に失点した日本だが、最終的に4-3で競り勝った。

 12日の韓国戦で1-2と敗れて母国メディアから批判を浴びていたウルグアイにとって、日本に負ければアジア遠征2連敗となるなか、試合終盤には日本にプレーを急ぐように促すなど焦燥感を垣間見せたが敗戦。終了の笛が鳴った瞬間、それまでの判定に不満を抱えていたカバーニらが審判団に猛抗議を見せた。

つづく

10/17(水) 14:50配信?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00141965-soccermzw-socc


2: Egg ★ 2018/10/17(水) 23:26:07.66 ID:CAP_USER9.net

試合後の通路で一人ひとりに優しく手を添え… 日本人選手に対するリスペクト

 日本開催のゲームでは試合終了後、ピッチ中央に審判団と両軍選手が整列し、握手を交わして健闘を讃え合うのが慣例となっている。だが、判定への不満を示していたウルグアイ代表の選手は整列せず、握手をしないままロッカールームへ退散。ウルグアイの選手にとって、試合後の整列は馴染みのない形式だったとはいえ、ピッチ上で日本の選手だけが一列に並ぶ異様な光景に、スタンドでもざわつきが広がった。

 その後の取材エリアでは、日本とウルグアイの選手たちが同じ通路に姿を現したが、ピッチ上で怒りを露わにしていたエースFWカバーニは、一転して粋な行動を見せる。

 報道陣にコメントする日本人選手の背後を通過してバスに向かったカバーニは、MF遠藤航(シント=トロイデン)やDF長友佑都(ガラタサライ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)ら一人ひとりに優しく手を添え、労をねぎらった。

 そこにあったのは、整列や握手をせずに引き揚げた際の怒りの感情ではなく、対戦相手へのリスペクトだ。突如背後から手を添えられた日本人選手は一瞬驚きの表情を浮かべるが、振り返った時にカバーニはすでに過ぎ去っており、その大きな背中を見つめるのみだった。

 他のウルグアイ代表選手は静かに通り過ぎただけに、カバーニの対応が一層際立った形だ。打ち合いを演じた日本代表の選手たちを認めたからこその行動と言えるだろう。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:38 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元アーセナル監督ベンゲル氏、自身の将来は「日本も考えられる」(関連まとめ)

【サッカー】アーセナル元指揮官のヴェンゲル氏、就職先は未定も「日本に向かうことだって考えられる」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539773082/
ベンゲル2018TV.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/10/17(水) 19:44:42.97 ID:CAP_USER9.net

今夏アーセナル指揮官の座から退任したアーセン・ヴェンゲル氏は、自身の将来に関しては、「日本も考えられる」と話している。ドイツ『シュポルト1』が伝えた。

先日、ハノーファーで行われた元ドイツ代表DFのペア・メルテザッカー氏の引退試合に監督として参加したヴェンゲル氏。メディアに「“サッカー年金者”の姿は似合わないのでは?」と問われると、リラックスした様子で「私は“サッカー年金者”としては最悪だよ。ただ、35年間あのレベルで休みなく働いてきた。それも珍しいだろう。なので、健康のためにも2〜3カ月休むのも悪くないかもしれない」と返答。またその後については次のように続けた。

「その後、またすべてが始まる。絶対とは言えないが、(就職先は)おそらくブンデスリーガにはならないだろう。でも実際にどうするのかについてはまだ言えない。自分でもまだハッキリしていないからね」

「私にとってコンペティションはとても大切。だが、どのような役職となるのかについては分からない。どことなるのかもまだ分からない。故郷の村かもしれないし、日本に向かうことだって考えられるよ」

90年代には2シーズンほど名古屋グランパスエイトを率いたこともある現在68歳のフランス人指揮官だが、やはり今後もクラブレベルのサッカーに携わっていきたいようだ。代表の監督を務めることについては「それも可能」としながらも、「だがその場合には問題が生じる。週末には『薬』を欲する。どんな『薬』と同じように、それを突然失うとなれば、辛いだろう」と表現している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000005-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング