アンテナ・まとめ RSS

2019年02月24日

大分FW藤本憲明、J3・J2・J1で3年連続開幕戦ゴールの大記録

【サッカー】<6年ぶりJ1昇格の大分トリニータで“珍記録”>10番・藤本憲明がJ3、J2、J1で3年連続開幕弾!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550919491/
藤本憲明2019J1開幕戦試合後.jpg

1: Egg ★ 2019/02/23(土) 19:58:11.01 ID:qgHJPegq9.net

◇明治安田生命J1第1節最終日 大分―鹿島(2019年2月23日 カシマ)

 6年ぶりにJ1に昇格した大分が敵地で昨季アジア王者の鹿島と対戦。前半18分にFW藤本憲明(29)が先制ゴールを決め、異なるカテゴリーで3年連続の開幕弾を決めるという“珍記録”を達成した。

 エースナンバー10番を背負う藤本は、J3鹿児島に所属していた2017年、J2大分に移籍した18年も開幕戦でゴールを決めており、これでJ3、J2、J1と3年連続となる開幕弾をマーク。3つの違うカテゴリーで3年連続の開幕ゴールという珍記録となった。なお、藤本はJFLの佐川印刷京都に在籍していた14年にも開幕ゴールを決めており、4カテゴリーでの開幕弾も達成した。

 藤本は1―1に追いつかれた後半24分には、FWオナイウのスルーパスに合わせてこの試合2点目のゴール。2―1と勝ち越しに成功した。

 青森山田高、近畿大を経て2012年に佐川印刷京都(後のSP京都FC、2015年に解散)にアマチュア選手として加入。15年にSP京都が解散したことから翌16年に当時J3だった鹿児島入りし、2年連続でJ3得点王に。18年に当時J2だった大分へ移籍し、12得点を挙げてチームの6年ぶりとなるJ1昇格に貢献した

2/23(土) 16:41配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000141-spnannex-socc

写真
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/02/23/jpeg/20190223s00002179258000p_view.jpg

【サッカー】<Jリーグ/第1節15時KOの結果>鹿島×大分、G大阪×横浜F、磐田×松本
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550908775/




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【メッシ無双】バルサ、メッシ圧巻ハット+1Aでセビージャに4-2逆転勝利!

【サッカー】メッシ3発で逆転!! バルセロナ、敵地で強敵セビージャ撃破
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550943316/
メッシ2019第25節ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/02/24(日) 02:35:16.95 ID:c39u2+km9.net

2/24(日) 2:13配信
メッシ3発で逆転!! バルセロナ、敵地で強敵セビージャ撃破

[2.23 リーガ・エスパニョーラ第25節 セビージャ2-4バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラは23日、第25節を各地で行い、首位のバルセロナは敵地でセビージャと対戦した。二度にわたってセビージャが先行する展開となったが、FWリオネル・メッシの3得点でバルセロナが逆転し、最後はFWルイス・スアレスも決めて4-2で勝利した。

 前節終了時点で4位のセビージャは首位を独走するバルセロナと勝ち点差17。20日のUEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦から中2日での試合となるが、これ以上離されないためにも負けられない一戦となる。対するバルセロナは19日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦から中3日で戦う。

 先に試合を動かしたのはホームのセビージャ。前半22分、メッシのパスをカットしたMFクインシー・プロメスの縦パスで一気にカウンターをしかけると、FWウィサム・ベン・イェデルが中央突破。敵陣で引き付けてPA右に送り、MFヘスス・ナバスが右足で流し込んだ。

 それでも前半26分、バルセロナがすぐに同点に追い付く。スアレスのポストプレーから左サイドに展開し、MFイバン・ラキティッチが中央に浮き球のクロスを送り込むと、PA内で反応したのはメッシ。左足のボレーシュートをドンピシャで合わせ、まっすぐにネットへ突き刺した。

 ところがセビージャは前半42分、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンのキックをカットしたMFエベル・バネガがナバスに落とし、PA右を抜け出したFWパブロ・サラビアにスルーパス。これをなんとか中央に折り返すと、ニアに飛び込んだDFガブリエル・メルカドが決め、再び勝ち越しに成功した。

 バルセロナはハーフタイム明け、FWウスマン・デンベレとDFセルジ・ロベルトを投入。なかなかゴールが遠い展開が続いたが、後半22分に再び同点に追いついた。ラキティッチが右サイドに広げ、デンベレが折り返すと、中央で受けたのはメッシ。今後は右足でゴール右上隅に流し込んだ。

 さらに後半40分、S・ロベルトの折り返しを途中出場MFカルレス・アレニャが狙うと、相手に当たったこぼれ球がメッシのもとへ。GKとの1対1をループシュートでかわし、今季25点目となるハットトリックを達成した。さらに同アディショナルタイム、スアレスがダメ押しゴールを決め、バルセロナが勝利をおさめた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-31711215-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190224-31711215-gekisaka-000-1-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥川雅也、ドイツ移籍後初ゴールなど1G1Aの活躍!キールの3-1快勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】奥川雅也、ついにドイツの地で初ゴール!負傷明け先発復帰でいきなり活躍
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550927986/
奥川2019第23節ゴール.jpg

1: pathos ★ 2019/02/23(土) 22:19:46.47 ID:Yvv5UEba9.net

ボーフム相手に初ゴール

ホルシュタイン・キールに所属するMF奥川雅也は23日のブンデスリーガ2部第23節ボーフム戦でドイツでの初ゴールをマークした。

昨夏にレッドブル・ザルツブルクからのレンタルで加わっている奥川。今月10日の第23節マクデブルク戦(1-1)で太ももに肉離れを負い、当面の離脱を強いられると伝えられていた奥川。数日前から全体練習に復帰すると、ボーフム戦では左ウィングで2試合ぶりにスタメン復帰を果たした。

そして、この試合の41分、奥川は味方のシュートのこぼれ球を押し込んでチーム3点目をマーク。これまでドイツの地では数々のチャンスに絡むもゴールやアシストを記録がなかった同選手だが、公式戦11試合目でついに初ゴールに成功した。

なお、キールは前半を3-0で折り返している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010041-goal-socc


奥川雅也がドイツ初ゴール! 先制点にも絡むなど加入9戦目で結果を出し、キールの5位浮上に貢献!!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00054554-sdigestw-socc

2月23日、ブンデスリーガ2部の第23節が行なわれ、ホルシュタイン・キールの奥川雅也が自身の初ゴールを含めて2ゴールに絡む活躍を見せ、ボーフム相手に3-1の勝利に貢献した。
 
 まず30分、右サイドで縦パスを落とすと、これは相手のボーフムのバウムガルトナーに拾われるも、ミューリンクがうまく奪ってドリブルで運び、先制ゴールを奪った。
 
 そして2-0のリードで迎えた42分、セッラがゴール前に入れたシュート性のクロスをGKリーマンが弾いたところを反応良く詰め、追加点をチームにもたらした。
 
 昨夏にオーストリアのレッドブル・ザルツブルクからレンタルでキールに加入した奥川は、ここまでリーガ8試合に出場し、FWとして随所で印象的なプレーを見せてきたものの、なかなかゴールに絡むことができずにいたが、負傷が癒えて3試合ぶりに先発出場を果たした今節、ようやく目に見える結果を残した。
 
 産みの苦しみを乗り越えたことで、奥川ここから得点を積み重ねていくことができるか、非常に楽しみになってきた。
 
 なお、前節終了時点で7位だったキールは、勝点6差の8位ボーフムの敵地で3-1の勝利を飾り、暫定で5位まで浮上。次節は2位のウニオン・ベルリンと対戦する。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:19 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

久保建英、長谷川健太監督が絶賛「素晴らしいの一言」「欧州行く前の堂安のレベルまで来た」(関連まとめ)

【サッカー】<FC東京の長谷川健太監督>進化する久保建英を手放しで称賛!「欧州に行く前の堂安のレベルまで来た」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550913012/
久保2019第1節家長.jpg
1: Egg ★ 2019/02/23(土) 18:10:12.54 ID:gdBy6QTM9.net

攻守に王者川崎フロンターレを圧倒した17歳MF久保建英を長谷川健太監督は「素晴らしいの一言」と手放しで称賛した。

「時間とともに建英のところで時間を作ることができた。相手にとっては非常に嫌な攻撃を仕掛けていた。風下で、相手の背後にいいボールを供給してくれた。交代するまで守備の穴も作らなかった。昨シーズンからの上積み、成長をみなさんにお見せすることができたんじゃないかなと思います」

 前半41分に右ポスト直撃のFKを放つなど持ち前の攻撃力は健在だったが、半年前とはプレースタイルが激変した。前線から献身的に守備に走り、セカンドボールを回収。球際でも競り負けず、対峙したDF車屋紳太郎とのデュエルで何度も上回り、ボールを奪取して前線にスルーパスを配給。カウンターの起点となった。

「全てが成長している。精神的にもマリノスに出て外の世界を知ったと思う。その中で子供のメンタルが大人のメンタルに変わりつつある。昨シーズンまではすぐ奪われたり、フィジカル的に追いつかなくて倒されたりした。奪われなくなったし、仕掛けることもできるようになった。この年代の一年の成長は素晴らしいなと思います」

 成長著しい17歳は、長谷川監督がG大阪を指揮していた2年前、U-20W杯の活躍後にフローニンゲン(オランダ)へ巣立った教え子MF堂安律に重なったようだ。

「ヨーロッパに行く前の堂安のレベルまでは来た。Jリーグで順調に経験を積んで、ワールドユースで刺激を受ければ、またすぐヨーロッパから声がかかるんじゃないかな。すでにそういうレベルにきているんじゃないかなと思います」。会見は久保に関する質問に終始したが、指揮官は最後まで賛辞を惜しまなかった。

2/23(土) 17:47配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-31590259-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:37 | 大阪 ☀ | Comment(26) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、絶妙スルーパスでダービー戦チームを救うアシスト!10人のメルボルンVはメルボルンシティと1-1ドロー

【サッカー】<本田圭佑>12試合ぶりの先発で同点アシスト! メルボルン・ヴィクトリーは数的不利で勝点1奪取も3位転落..
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550919708/
本田圭佑2019第20節競り合い.jpg
1: Egg ★ 2019/02/23(土) 20:01:48.55 ID:qgHJPegq9.net

2月23日、オーストラリア・Aリーグの第20節が行なわれ、メルボルン・ヴィクトリーとメルボルン・シティの一戦は1-1の引き分けに終わった。
 
 直近2戦未勝利の2位ヴィクトリーが6位のシティをホームに迎えたダービーマッチ。前節、交代出場から同点PKを決め、約2か月ぶりのゴールを記録した本田圭佑は、実に12試合ぶりの先発出場を果たした。
 
 定位置とも言える中盤右サイドで試合開始を迎えた本田は、立ち上がりは右に張り付いてプレーするが、8分に中央へポジションを移してドリブル突破を試みる。数人をかわした後にペナルティーエリア手前で止められるも、この試合最初の仕掛けにマーベル・スタジアムの観衆も大いに沸いた。
 
 試合は静かな展開が続いたが、15分に大きな動きを見せる。シティのマクラーレンが縦パスに抜け出し、エリアに侵入したところで背後からニーダーマイアーに寄せられて転倒。主審はシティにPKを与えるとともに、ニーダーマイアーに対してレッドカードを掲げたのだ。
 
 ヴィクトリーはマクラーレンにPKを決められて先制を許しただけでなく、残り時間を10人に戦うという大きなハンデを背負う羽目に……。しかも守備の代役を投入するため、カンソバをベンチに下げることとなり、攻撃力の低下を余儀なくされることとなった。
 
 その後、シティはボールを支配しながらたびたび相手ゴールに迫り、23分にバッカス、24分にはベレンガーが際どいシュートを浴びせる。さらに前半アディショナルタイムには、グリフィスがエリア外からの強烈なダイレクトシュートで右ポストをヒットした。
 
 一方、ヴィクトリーはひたすら我慢を強いられることに。本田はポジションを左サイドまで移したりして状況打破を試み、FKを獲得してチャンスを作るも、味方にラストパスは通らず。守備では、21分にはシティのカウンターを止めようとして相手選手を倒し、警告を受けた。
 
 後半、点を取らなければならないヴィクトリーは長身FWトイボネンを投入し、立ち上がりから積極的な仕掛けを見せる。
 
 攻め続けながら迎えた50分、本田のスルーパスで抜け出したバーバルセスが、角度のないところからGKと右ポストのわずかな隙間を射抜いて同点ゴールを決めた。
 
 勢いづいたヴィクトリーは、前半とは打って変わり、敵陣でもスムーズにボールを繋ぐなど、数的不利を感じさせないプレーを披露。前線でボールをキープするトイボネンのパスを受けてSBが上がったりと、縦の連係も機能する。
 
 とはいえ、シティもこのまま劣勢に陥ることはなく、反撃に転じて再三ゴール前までボールを運ぶ。62分には、ブラッタンがクロスバーを叩くエリア外からのシュートを放った。
 
 一進一退の攻防が展開されるなか、徐々に数的優位のシティがボールを保持する時間が長くなっていくが、ヴィクトリーはほとんどの選手がゴール前に戻って壁を形成し、相手の決定的なプレーを許さない。
 
 77分、本田はルクスとの交代でベンチに下がる。自身の通算記録を6ゴール4アシストに伸ばした彼には、ホームの観衆から大きな拍手が贈られた。
 
 試合は終盤に入り、攻勢のシティは80分、混戦のなかからヴィドシッチがフリーでシュートを放つが、ゴールマウスを捉えられない。その後も多くのクロスを相手ゴール前に送り、シュートを放つも、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。
 
 ヴィクトリーは耐え切って勝点1を奪取。状況を考えれば御の字の結果ともいえるが、一方で同点とした後の攻勢の時間帯で次の1点が奪えなかったことには、悔いを残した。
 
これで3戦未勝利となり、シドニーFCに抜かれて3位転落となったヴィクトリーは次節、3月2日にニューカッスル・ジェッツをホームに迎える。

2/23(土) 19:54配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00054532-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルシー、今後2度の移籍市場で補強禁止に…18歳未満の外国人選手契約でFIFA規約に違反

【サッカー】<激震>チェルシーに今夏と来冬の補強禁止処分が下る…アザールの移籍やサッリ解任にも影響か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550872821/
チェルシー旗.jpg

1: Egg ★ 2019/02/23(土) 07:00:21.52 ID:PdQOUTXp9.net

欧州サッカー界に激震が走った。
現地時間2月22日、国際サッカー連盟(FIFA)は、チェルシーに対して補強禁止の措置をとることを発表したのだ。

その発表によると、チェルシーは18歳未満の外国人選手の契約に関してFIFAの定める規則第19条に抵触。同規則では18歳未満の選手は両親がサッカー以外の理由で移住しない限り、海外クラブに移籍することはできないことになっており、チェルシーでは29人の契約が違反していたことが判明したという。

この規約違反によりチェルシーは、2019年の夏と2020年1月の移籍マーケットでの新たな選手登録の禁止(選手の放出は可能)に加え、60万スイスフラン(約6600万円)の罰金、そして今後90日以内に未成年選手に関する状況を是正することが決まっている。

言うまでもなくチェルシーにとって、この処分は計り知れないダメージになることは必至だ。というのも、彼らは、今シーズン終了後に絶対的存在であるエデン・アザールのマドリー移籍や18歳の俊英FWカラム・ハドソン=オドイのバイエルンへの引き抜きなど、チームの底上げが課題になるとされているからだ。

それに加え、最近の成績不振により電撃解任が噂されるマウリツィオ・サッリ監督を本当に更迭することになれば、新監督の意向に沿うテコ入れが必要にもなる。ゆえに2度の補強禁止処分はチェルシーにとって、来シーズンからのクラブの命運を左右する決定なのである。

無論、チェルシーも黙って受け入れることはしない。処分発表直後に公式サイトに掲載した声明において、「未成年の選手保護に尽力するFIFAの活動に大きく敬意を払う」としつつも、「我々は規則に則っている旨を証明するため、改めて近日中に申し立てを行なう」とFIFAの不服申立委員会に上訴することを記した。

はたして、ブルーズの運命はどうなっていくのか――。チェルシーは欧州でも指折りのメガクラブだけに、
処分の行方次第で移籍マーケットの様相も変わるだろう。それだけに今後も動きを注視する必要がありそうだ。

2/23(土) 5:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00010000-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190223-00010000-sdigestw-000-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南、5年ぶり復帰の武富孝介が2ゴール!昨年4位の札幌に2-0快勝!2年連続J1開幕戦勝利 J1第1節(関連まとめ)

【サッカー】<Jリーグ/J1第1節16時>湘南ベルマーレ×北海道コンサドーレ札幌の試合結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550912171/
武富2019J1開幕戦.jpg

1: Egg ★ 2019/02/23(土) 17:56:11.43 ID:gdBy6QTM9.net

■湘南ベルマーレ 2-0 北海道コンサドーレ札幌

82'武富孝介(湘)
90'武富孝介(湘)

Jリーグ公式
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2019/022308/live/#live

【サッカー】<Jリーグ/第1節15時KOの結果>鹿島×大分、G大阪×横浜F、磐田×松本
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550908775/

【サッカー】<Jリーグ/第1節15時KOの結果>鹿島×大分、G大阪×横浜F、磐田×松本
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550908775/


湘南が2年連続でJ1開幕戦勝利!武富の2ゴールで昨季4位の札幌を撃破!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00054524-sdigestw-socc

今季、5年ぶりに湘南へ戻ってきた武富が終盤に大暴れ!
2月23日、J1リーグ・1節が各地で行なわれ、Shonan BMWスタジアム平塚では湘南対札幌の一戦が行なわれた。
 
 昨季のルヴァンカップ王者・湘南はスタメンにGKの秋元陽太、左ウイングバックの杉岡大暉といった昨季の主軸に加え、武富孝介、中川寛斗の新加入組を起用。一方、昨季クラブ史上最高の4位に入った札幌は今季から加わったアンデルソン・ロペスをいきなり先発に抜擢。注目の新戦力・鈴木武蔵と岩崎悠人はベンチからのスタートとなった。
 
 ともに3−4−2−1のシステムでキックオフしたゲームは、立ち上がりから札幌が押し込む。1トップのジェイ、2シャドーのチャナティップ、A・ロペスが積極的にボールへ関与。前線で起点となり、攻撃をリードした。24分には左サイドから福森晃斗が左足でボールをファーサイドに入れると、進藤亮佑が頭で折り返す。最後はジェイがあわやゴールという一撃を見舞った。
 
 対する湘南は粘り強く守りながら、カウンターを狙うスタイルで好機を窺う。26分には齋藤未月が持ち上がり、左サイドを駆け上がってきた杉岡にスルーパス。ここから前にボールを運び、左足で強烈なシュートを見舞うも枠を捉え切れなかった。
 
 0−0で折り返した後半は、立ち上がりから堅守速攻の湘南が主導権を握る。高い位置でボールを奪い、札幌のパスワークを寸断。54分に投入されたルーキーの大橋祐紀が思い切りの良い仕掛けを見せ、チャンスを作り出していく。

 対する札幌はリズムを取り返すべく、76分にペドロヴィッチ監督が動く。シャドーに鈴木、右ウイングバックにルーカス・フェルナンデスを投入。個の力に長けたふたりを入れ、攻撃の活性化を図った。

 しかし、札幌の思惑を湘南が打ち砕く。82分、右CBの山根視来が最終ラインから駆け上がり、右サイドを深く抉って折り返す。最後は武富が押し込んで先制点を奪った。

 その後は札幌の猛攻に晒されたものの、湘南は最後まで守備陣が奮戦。90分には武富がダメ押し弾を奪って勝負あり。2−0で勝利を掴み、2年連続でJ1開幕戦を白星で飾った。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【和製ヴァーディ誕生!】大分、アマチュア出身FW藤本憲明2ゴールで鹿島に2-1快勝!横浜FMはエジガル・ジュニオ決勝弾でG大阪に3-2逆転勝利!磐田と松本は1-1ドロー J1第1節(関連まとめ)

【サッカー】<Jリーグ/第1節15時KOの結果>鹿島×大分、G大阪×横浜F、磐田×松本
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550908775/
藤本憲明2019J1開幕戦ゴール.jpg
1: Egg ★ 2019/02/23(土) 16:59:35.14 ID:3NUga8nz9.net

■鹿島アントラーズ 1-2 大分トリニータ

18分 藤本憲明(大)
48分 伊藤翔(鹿)
69分 藤本憲明(大)

https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2019/022305/live/#live


■ガンバ大阪 2-3 横浜F・マリノス

01分 小野瀬康介(G)
03分 仲川輝人(横)
34分 エジガル(横)
88分 藤春 廣輝(G)

https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2019/022307/livetxt/


■ジュビロ磐田 1-1 松本山雅

08分 岩上祐三(松)
71分 川又堅碁(磐)

https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2019/022306/live/#livetxt

【サッカー】<Jリーグ/第1節14時KOの結果>鳥栖×名古屋、清水×広島、川崎×F東、仙台×浦和
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550905163/





アマチュア出身FW藤本がJ1デビューで2得点!! 6年ぶり昇格の大分、鹿島との開幕戦制す

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-31578305-gekisaka-socc

[2.23 J1第1節 鹿島1-2大分 カシマ]

 J1リーグは23日、第1節を各地で行い、6年ぶりにJ1昇格を果たした大分トリニータが敵地で鹿島アントラーズを2-1で破った。4年前までアマチュアのJFLでプレーしていた大分FW藤本憲明(29)がJ1デビュー戦で2得点。大分は2006年10月29日のJ1第29節以来、13年ぶりの鹿島戦勝利となった。

 ホームの鹿島は今季最初の公式戦となった19日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフのニューカッスル・ジェッツ戦(○4-1)から先発2人を変更。DF町田浩樹とMF土居聖真に代わってDF犬飼智也とMF遠藤康が入った。新加入組では横浜FMから加わった伊藤が名を連ねた。

 対する大分は6年ぶりのJ1参戦。MF高山薫(←湘南)、MFティティパン(←バンコク・グラス)、FW小塚和季(←甲府)、FW伊藤涼太郎(←浦和)の新加入4選手が開幕スタメン入りを果たした。

 序盤はポゼッション志向を継続する大分がボールを握り、鹿島が敵陣深くにプレッシャーをかける展開。徐々に鹿島が前がかりとなった前半11分、大分はGK高木駿のロングキックに反応した藤本がDFチョン・スンヒョンをかわしてビッグチャンスを迎えたが、シュートはGKクォン・スンテに阻まれた。

 その後も大分は果敢なパス回しを続けると、前半19分にスコアを動かす。DF福森直也のロングキックはチョン・スンヒョンにクリアされたが、こぼれ球を拾ったMF前田凌佑が鋭い縦パス。これを伊藤、小塚が小気味良いテンポでつなぎ、最後は左足に持ち出した藤本が強烈なシュートを叩き込んだ。

 1点を先制された鹿島は徐々にペースを取り戻し、前半27分にハイプレスからボールを奪った遠藤が決定機を迎えると、同45分にはセットプレー攻勢で何度も大分ゴール前に迫る。それでもアディショナルタイム1分、FWセルジーニョのオーバーヘッドは不発に終わり、1点のビハインドでハーフタイムを迎えた。

 キックオフから一気にラッシュをかけた鹿島は後半3分、早くも試合を振り出しに戻す。相手のハンドリングで獲得した敵陣右サイドでのFKをMF永木亮太がゴール前に蹴り込むと、後方から走り込んだ犬飼がハイジャンプでヘッド。落としたボールをゴール前に詰めた伊藤が足を伸ばしてねじ込んだ。

 さらに勢いを強める鹿島は後半12分、左サイドから突っかけたMF安部裕葵が狙うもわずかに枠外。対する大分は同14分、敵陣で駆け引きした藤本が犬飼からボールを奪うと、アドバンテージからゴール前にしかけた小塚がPA左にラストパスを送る。しかし、伊藤のシュートは鹿島守備陣にブロックされた。

 大分は後半17分、伊藤に代えてFWオナイウ阿道(←浦和)を投入し、3-5-2にシステムを変更。すると同24分、高木のロングキックに反応したオナイウがチョン・スンヒョンをかわしてゴール前に抜け出し、PA内にラストパス。絶妙なタイミングで走り込んだ藤本がダイレクトで流し込み、再び勝ち越しに成功した。

 鹿島は後半25分、安部に代わって土居を投入。対する大分は獅子奮迅の働きを見せていたティティパンを下げてMF丸谷拓也を入れた。同41分、大分は高山のカウンターから藤本が抜け出すも、シュートはクォン・スンテが神がかり的なセーブ。それでも効果的に時間を使った大分が最後まで守り切り、開幕戦で貴重な勝ち点3を獲得した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:53 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【久保建英、躍動】名古屋、ジョー2得点など鳥栖に4-0大勝!川崎と久保先発のFC東京の多摩川クラシコは0-0ドロー!清水と広島、仙台と浦和もドロー J1第1節(関連まとめ)

【サッカー】<Jリーグ/第1節14時KOの結果>鳥栖×名古屋、清水×広島、川崎×F東、仙台×浦和
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550905163/
久保2019第1節競り合い.jpg

1: Egg ★ 2019/02/23(土) 15:59:23.79 ID:3NUga8nz9.net

■サガン鳥栖 0-4 名古屋グランパス

得点: [名]ジョー2(63分、77分)、相馬勇紀(79分)、和泉竜司(90分)

■清水エスパルス 1-1 サンフレッチェ広島

得点: [広]エミル・サロモンソン(57分)
[清]北川航也(30分)

■ベガルタ仙台 0-0 浦和レッズ

■川崎フロンターレ 0-0 FC東京

Jリーグ公式
https://www.jleague.jp/game/




開幕スタメンの久保建英が攻守に王者川崎Fを圧倒…平成最後の多摩川クラシコはスコアレス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-31563961-gekisaka-socc

[2.23 J1第1節 川崎F0-0FC東京 等々力]

 2019シーズンが開幕したJ1リーグは23日、第1節2日目を行った。王者川崎フロンターレはホームでFC東京と対戦。平成最後の“多摩川クラシコ”は0-0で引き分けた。

 鬼木達監督体制3年目の川崎Fは16日の富士ゼロックススーパーカップで初優勝を飾り、3連覇を目指す新シーズンをスタートさせた。4-2-3-1の川崎Fはゼロックスと同じ11人が先発し、新戦力のFWレアンドロ・ダミアンを1トップに据えた。
 FC東京は長谷川健太監督の下で2年目のシーズンを迎え、横浜FMからレンタル復帰したMF久保建英が4-4-2の右サイドハーフで先発出場。17歳8か月19日での開幕スタメンは史上3番目の若さとなった。ダブルボランチはMF高萩洋次郎とMF橋本拳人、2トップはFWディエゴ・オリヴェイラとFW永井謙佑が形成した。

 史上初の開幕節開催となった多摩川クラシコは2万3113人が等々力陸上競技場に詰めかけた。川崎Fは前半6分、MF守田英正がPA手前から右足ミドルシュートを狙ったが、GK林彰洋がセーブ。対するFC東京は久保が早速チャンスにからみ、前半7分、フリーでパスを受けてドリブルで持ち上がり、エリア内で斜めにラストパス。ディエゴ・オリヴェイラがフィニッシュに持ち込んだが、GKチョン・ソンリョンが阻んだ。

 久保は積極的なプレスからセカンドボールを何度も奪取し、守備から攻撃につなげる。一進一退の攻防が続くと、前半31分には守田のパスを受けたFW小林悠がPA内右から右足で狙ったが、GK林彰洋が右手一本でセーブ。FC東京も前半36分に決定機を迎え、久保がDFラインの裏に浮き球パスを入れると、抜け出した永井がDF谷口彰悟の隙を突いてシュートを狙ったが、GKチョン・ソンリョンが至近距離で好セーブした。
 
 コンパクトな守備でプレスを強めるFC東京は王者川崎Fを押し込み、前半40分、PA右手前でFKのチャンスを獲得。キッカーは久保。左足でニアサイドを狙った鋭いキックは低い弾道でゴールに向かったが、惜しくも右ポストを直撃した。

 久保は対峙したDF車屋紳太郎にデュエルで勝ってボールを奪い、前線にスルーパスを通してカウンターの起点となった。FC東京は前半44分にも左サイド深い位置からのFKをMF東慶悟が蹴り込み、MF橋本拳人が頭で狙ったが、わずかにゴール右へ外れた。

 スコアレスで前半を折り返すと、川崎Fは後半9分、橋本のバックパスを高い位置で奪ったMF中村憲剛がシュートを放ったが、GK林が触ってゴール左へ。後半10分、最初の交代カードを切り、DFマギーニョに代えてDF馬渡和彰を投入。徐々にポゼッションを高め、小林が決定的なシュートを立て続けに3度狙ったが、惜しくも決めきれなかった。

 FC東京も後半18分、永井に代えて新戦力のFW田川亨介を投入。互いに続々と交代カードを切り、川崎Fは後半28分、ダミアンを下げてMF齋藤学を投入した。小林が1トップに上がり、家長が右サイドにシフト。齋藤は左サイドに入った。FC東京も後半32分、久保に代えてMF大森晃太郎を投入した。互いに最後までゴールをこじ開けられず、0-0でタイムアップを迎えた。

昨季得点王ジョーが開幕戦で2ゴール! 名古屋、4発快勝で鳥栖下す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00910451-soccerk-socc

明治安田生命J1リーグ第1節が23日に行われ、サガン鳥栖と名古屋グランパスが対戦した。

 試合が動いたのは63分、丸山祐市の縦パスをペナルティエリア付近で受けたジョーがワンタッチで前を向くと左足を振り抜き、アウェイの名古屋が先制に成功した。さらに77分、吉田豊のクロスにジョーが頭で叩き込み追加点を挙げると、その2分後には相馬勇紀が強烈なシュートを突き刺し、リードを3点に広げた。試合終了間際には途中出場の和泉竜司がダメ押しとなる4点目を決め、タイムアップを迎えた。

 次節は3月2日、鳥栖はアウェイでヴィッセル神戸と、名古屋はホームでセレッソ大阪とそれぞれ対戦する。

【スコア】
サガン鳥栖 0−4 名古屋グランパス

【得点者】
0−1 63分 ジョー(名古屋グランパス)
0−2 77分 ジョー(名古屋グランパス)
0−3 79分 相馬勇紀(名古屋グランパス)
0−4 89分 和泉竜司(名古屋グランパス)

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:37 | 大阪 ☀ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ピォンテク最高や!】ミラン、ピォンテク5戦連続ゴールなどエンポリに3-0完勝!3位インテルと勝ち点1差に

ミランがエンポリに3発快勝…今冬加入のピョンテクは5試合連続ゴール/セリエA第25節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010005-goal-socc
ピョンテク2019第25節ゴール .jpg

現地時間22日、セリエA第25節ミランvsエンポリが行われた。

この試合でミランは前半から何度も決定機を迎えるが、エンポリゴールを割ることができず、スコアレスのまま試合は折り返す。

均衡が崩れたのは後半立ち上がりだった。49分、ミランは敵陣でボールを奪ってショートカウンターを仕掛ける。最後はハカン・チャルハノールが右サイドからグラウンダーで折り返すと、クシシュトフ・ピョンテクがダイレクトで押し込んでミランが先制。ピョンテクはこれでミラン加入後公式戦5試合連続ゴールとなった

その2分後にはフランク・ケシエが追加点を決め、ミランがリードを2点に広げた。

67分にはアンドレア・コンティのクロスにニアへ飛び込んだサムエル・カスティジェホがダイレクトで流し込み、スコアは3−0に。

その後ミランのファビオ・ボリーニが78分、4点目となるゴールを奪ったように見えたが、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)裁定のうえでゴールが取り消された。

結局試合は3−0のままフルタイムを迎え、ミランがホームで勝ち点3を奪取。これでミランは勝ち点を45に伸ばし、今節での4位の座を保持。暫定で3位インテルとの勝ち点を1に狭めた。

一方のエンポリは勝ち点21で17位のまま、残留争いに不安を残す結果となった。

■セリエA第25節
ミラン 3−0 エンポリ

得点者
ミラン:ピョンテク(49分)、ケシエ(51分)、カスティジェホ(67分)

セリエAを見るぞNo.187
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541942042/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】トーレス、憲剛や内田らと明治安田生命のCMに出演!健康体操を披露

明治安田生命の新CMに中村憲剛、トーレスら登場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-10000797-nksports-socc
明治安田生命健康体操CM.jpg

Jリーグのリーグタイトルパートナーを務める明治安田生命の新CM「みんなの健活体操 with Jリーグ」編が22日から放送される。

2019シーズンの開幕に合わせ、同社とJリーグが協働する「みんなの健活プロジェクト」を通じ「JリーグやJクラブ等のファン拡大や、地域のみなさまの健康づくりに貢献したい」という願いを込めて制作された。

J1リーグ2連覇中の王者・川崎フロンターレのMF中村憲剛を皮切りに、ジュビロ磐田FW川又堅碁、鹿島アントラーズDF内田篤人、ガンバ大阪DF今野泰幸、浦和レッズMF柏木陽介、サガン鳥栖FWフェルナンドトーレスの6選手が登場。キックモーションやインサイドタッチなど、新たに考案された「みんなの健活体操」の手本を示しながら健康増進とJリーグ観戦を呼びかける内容になっている。

Jリーグ屈指の有名選手を起用した上で「明治安田生命Jリーグウォーキング」や「明治安田生命フットサルフェスタ」も紹介。BGMには、Jリーグのテーマ曲「J’s THEME」の作曲者でギタリストの春畑道哉が、体操用にアレンジした曲が使用される。

☆砂岩魂サガントス第681幕☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1550783639/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、来季アヤックス移籍か?アヤックスからCLレアル戦に招待され、選手宿泊先のホテルで食事も

【サッカー】<堂安律>新天地はアヤックス確定か…CLレアル戦に招待、選手宿泊ホテルでの食事も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550876776/
堂安律2019笑顔.jpg
1: Egg ★ 2019/02/23(土) 08:06:16.17 ID:PdQOUTXp9.net

フローニンゲンMF堂安律は、来季アヤックス移籍が濃厚なのかもしれない。
オランダ『テレグラフ』紙によると、先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のレアル・マドリー戦に、招待されていたようだ。

昨季フローニンゲンに加入し、オランダで存在感を放つ堂安。今季も日本代表の活動で離脱した時期を除き、全試合にフル出場。4ゴール2アシストを記録するなど、チームの絶対的な存在となっている。
堂安の目覚ましい成長を受け、多くのビッグクラブが関心を示しており、昨季の段階でマンチェスター・シティがオファーを出したとも言われている。その他国内強豪PSVなどがオファーを検討しているとも伝えられている。

しかし、新天地はアヤックスになるのかもしれない。『テレグラフ』紙によると、堂安はヘーレンフェーンの18歳DFキク・ピエリーとともに、アヤックス本拠地ヨハン・クライフ・アレーナで行われたレアル・マドリー戦(1-2)に招待されていたようだ。また、試合前にはアヤックスの選手が滞在するホテルで食事をとることが許可されたという。だが、日本代表MFは土壇場でホテルでの観戦を選択したようだ。

さらに堂安に関しては、昨年12月に行われたグループリーグ第6節バイエルン戦(3-3)にも招待されていたという。今季欧州の舞台で躍進を見せるアヤックス。来季は、20歳の日本代表MFがCLの舞台で輝きを放つ場面を見ることができるのかもしれない。

2/23(土) 7:49配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010007-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190223-00010007-goal-000-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:48 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング