アンテナ・まとめ RSS

2014年10月20日

ビエルサ監督率いるマルセイユ8連勝で首位独走!PSGと勝ち点差7 ホームに新記録の観客61846人(関連まとめ)

【サッカー】マルセイユが8連勝で首位独走!ホームに新記録の観客61846人 2位パリSGとの勝ち点差を7◇仏リーグアン第10節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413786811/
マルセイユ2014第10節.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 15:33:31.68 ID:???0.net

フランス・リーグアン第10節の3試合が19日に行われ、首位マルセイユはホームでトゥールーズを2―0で下し、 8連勝を飾り、2位パリSGとの勝ち点差を7とした。ホームのスタッド・ヴェロドロームには、新記録となる61846人の観客が訪れた。

マルセイユは前半20分、セットプレーからDFヌクルが決めて先制。同35分にはFWジニャックが加点すると、そのままリードを守り完勝。 絶好調のフランス代表ジニャックは2試合連続ゴールで、今季10試合で10得点を記録している。

67394人の収容能力をもつスタッド・ヴェロドロームに、6万人を超える観客が訪れたのは初めてで、 これまでの最多観客は07年ラグビーW杯準々決勝イングランド対オーストラリアの59120人。 サッカーでの最多観客試合は、04年UEFA杯(現ヨーロッパリーグ)準決勝マルセイユ対ニューカッスルの58897人だった。 ボルドーはホームでカーンと1―1で引き分けて、3位に後退。リヨンはホームでモンペリエを5―1で下し、4位に浮上した。

10月20日(月)12時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000097-spnannex-socc

◇リーグアン第10節(2014年10月19日)

オリンピック・マルセイユ
【GK】マンダンダ【DF】ジャ・ジェジェ(77分レミナ)、エンクル、モレル、メンディ、
【MF】、ロマオ■、インビュラ、ペイェ(76分バラダ)、【FW】トヴァン(59分アレッサンドリニ)、ジニャク、A・アユー■

20' エンクル 1 - 0  
35' ジニャク 2 - 0  

結果
http://www.lequipe.fr/Football/match/316266
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10625032

動画 ビエルサ監督が思わぬ火傷もマルセイユが「7」差で首位をキープ
http://www.ballball.com/ja-jp/article/46632-video-marcelo-bielsa-burns-his-bottom-but-marseille-seven-clear-at-the-top/


マルセイユがクラブ最多タイの8連勝で首位キープ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000026-jij_afp-socc
マルセイユ、クラブレコードの8連勝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000011-goal-socc

「熱ぁ、熱ぅ!」スタッフの差し入れが仇となり、ビエルサ監督のオシリに悲劇が
http://qoly.jp/2014/10/20/om-marcelo-bielsa-sits-on-coffee


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:01 | 大阪 雨 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【珍試合】リバプール、後半ATに3点(うちOG1点)が入る乱戦制しQPRに3-2で競り勝つ!

後半ATに3点が入る乱戦…リヴァプールがQPRに競り勝つ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00243256-soccerk-socc
コウチーニョ2014第8節ゴール.jpg

プレミアリーグ第8節が19日に行われ、QPRとリヴァプールが対戦した。

 リーグ戦7試合を終えて3勝1分け3敗と波に乗れないリヴァプールは、スティーヴン・ジェラードやラヒム・スターリング、マリオ・バロテッリらが先発出場。敵地での勝利を目指した。

 スコアが動いたのは67分。リヴァプールが2選手同時交代を敢行した直後だった。右サイドで得たFKをすばやく始めると、オーバーラップしたグレン・ジョンソンが上げたクロスをQPRのリチャード・ダンがクリアしきれず、ボールがゴールに吸い込まれた。オウンゴールでリヴァプールが先制した。

 敵地で先制したリヴァプールは、1点リードのまま終盤へ。完封勝利目前と思われたが、87分に同点に追いつかれる。FKのこぼれ球からサイドに展開され、中央へクロスを上げられると、最後は頭での折り返しをエドゥアルド・バルガスに押し込まれた。

 終了間際に追いつかれたリヴァプール。しかし直後、カウンターから左サイドに展開すると、フィリペ・コウチーニョがドリブルでのカットインから右足シュートをゴール右隅へ決め、再び勝ち越しに成功する。記録は90分だった。

 それでも試合は決着がつかない。後半アディショナルタイム2分、QPRは左CKからエドゥアルド・バルガスがニアサイドでヘディングシュート。GKシモン・ミニョレが必死で弾き出したもののゴールラインを割り、2−2の同点となった。

 劇的にスコアが動く展開のなか、決勝点はアディショナルタイム5分に生まれた。スルーパスに反応したラヒム・スターリングがペナルティーエリア左側から中央へ折り返すと、カバーに入っていたスティーヴン・コーカーの足に当たったボールがゴールへ転がり込む。QPRは2回目のオウンゴール献上となった。

 試合は3−2で終了。後半アディショナルタイムに計3点が記録される乱戦は、アウェーのリヴァプールの勝利となった。

【スコア】
QPR 2−3 リヴァプール

【得点者】
0−1 67分 オウンゴール(QPR、リチャード・ダン)
1−1 87分 エドゥアルド・バルガス(QPR)
1−2 90分 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
2−2 90+3分 エドゥアルド・バルガス(QPR)
2−3 90+5分 オウンゴール(QPR、スティーヴン・コーカー)

〓〓〓 Liverpool FC 〓 544 〓〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1413398027/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:22 | 大阪 雨 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊紙、本田圭佑をMOMに選出!7.5の高評価「狡猾なFWのようだ」(関連まとめ)

【サッカー】ガゼッタ紙が本田に7.5点の最高評価「抜け目ないFWのように、彼は決してゴール前であわてない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413781278/
本田2014第7節ゴール後笑顔02.jpg

セリエA第7節が19日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはヴェローナとのアウェー戦に臨み、3−1で勝利を収めた。先発出場した本田は、2ゴールを挙げる活躍を見せてチームの勝利に貢献している。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを評価。移籍後初の1試合2ゴールを記録した本田には、チーム最高となる「7.5」を与えている。

 また、同紙は本田のプレーについて「チームメイトの理想となるフリーのスペースを常に見いだして、通算6ゴールとした。狡猾なFWのように、ゴール前では決して緊張することはない」と評価した。

 なお、チーム最低点はスペイン代表FWフェルナンド・トーレスの「5」となっている。

【サッカー】ガゼッタ紙が本田に7.5点の最高評価「抜け目ないFWのように、彼は決してゴール前であわてない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413781278/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:47 | 大阪 雨 | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、絶妙クロスで今季初アシストもフランクフルトは逆転負け 長谷部誠はフル出場(関連まとめ)

乾の今季初アシストで先制も…フランクフルトは3失点の逆転負け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00170196-gekisaka-socc
乾2014第8節クロス.jpg

[10.19 ブンデスリーガ第8節 パダーボルン3-1フランクフルト]

 ブンデスリーガは19日、第8節2日目を行い、MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトは敵地でパダーボルンと対戦し、1-3で敗れた。長谷部はボランチ、乾は左MFでフル出場。後半12分に乾の今季初アシストで先制したが、その後3失点を喫し、逆転負けした。

 1部初挑戦ながら開幕から2勝3分2敗と健闘を続けるパダーボルン。前半11分には右サイドを突破したMFシュレイマン・コチがゴール前に鋭いクロスを入れたが、FWエリアス・カチュンガは合わせ切れず。いきなりの絶好機だったが、先制点とはならなかった。

 フランクフルトは乾が左サイドで起点となり、チャンスをうかがうが、前半29分の左足クロスは流れてそのままゴールラインを割ってしまう。同33分には乾が右足ミドルを狙ったが、クロスバーの上を越えた。

 試合は後半に動く。フランクフルトは後半12分、左サイドでDFバスティアン・オチプカからパスを受けた乾がマイナスに折り返し、MFアレクサンダー・マイヤーが右足でシュート。右ポストを叩いたボールがゴールマウスに吸い込まれ、先制点となった。

 乾の今季初アシストでリードを奪ったフランクフルトだったが、パダーボルンも後半21分に途中出場のFWマルビン・ドゥクシュが同点ゴール。すぐさま試合を振り出しに戻した。

 その後は互いに勝ち越しゴールを目指し、試合も激しさを増す。後半24分、乾がワンツーからゴールを狙うが、シュートはGKの正面。同26分にも右サイドを突破したFWハリス・セフェロビッチからMFルーカス・ピアゾンとつないで最後は乾がシュートを打ったが、DFのブロックに阻まれた。同31分、長谷部からのロングフィードに反応したセフェロビッチのシュートもGKに防がれ、2点目とはならなかった。

 すると後半34分、パダーボルンは左サイドからパスをつないでMFマリオ・ブランチッチのラストパスをDFウーベ・ヒューネマイヤーが左足で流し込み、2-1と逆転に成功。さらに同40分にもMFシュレイマン・コチのスルーパスから抜け出したFWシュテファン・クチュケがGKもかわしてダメ押しの3点目を奪った。

 3-1の逆転勝利をおさめたパダーボルンは4試合ぶりの白星で今季3勝目。順位も7位にまで浮上した。一方のフランクフルトは今季最多の3失点で連勝が2でストップ。5試合ぶりとなる今季2敗目を喫し、順位も5位から8位に後退した。


Eintracht Frankfurt 乾貴士 part53
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1411545611/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:08 | 大阪 曇り | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、7試合6ゴールで驚異の32得点ペース

【サッカー】本田7戦6発、驚異の32点ペース
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413754245/
本田2014第7節ゴール後笑顔.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 06:30:45.49 ID:???0.net

本田、セリエA初の2発!2戦連発6点目、驚異の32点ペース
2014年10月20日6時0分 スポーツ報知

ベローナ戦の前半27分、左足でゴールを決めたACミランの本田(共同)

 ◆イタリア・セリエA ベローナ1―3ACミラン(19日・ベンテゴーディ競技場)

 【ベローナ(イタリア)19日】日本代表FW本田圭佑(28)=ACミラン=が敵地でのベローナ戦で、セリエA移籍後初の1試合2得点をマークした。右FWで先発すると、1点リードの前半27分に左足で追加点。後半11分には相手GKとの1対1を冷静に決めた。 前節のキエーボ戦(4日)に続く2試合連発で今季6ゴールとした。後半40分までプレーした背番号10は、3―1の勝利に大きく貢献した。

 いとも簡単に、FW本田がまた決めた。前半27分、左サイドFWエルシャラウィからのパスを受け、左足で放たれたダイレクトシュートでゴール左に突き刺した。さらに後半11分には、スルーパスに抜け出し、相手GKとの1対1から左隅に流し込んだ。「ホッとしています。代表に行って結果が出なかったので。自分のゴールで勝ててうれしい」と笑みを見せた。

 反省があった。日本代表のジャマイカ戦(10日・新潟)。相手のオウンゴールによる
1―0でアギーレ・ジャパン初勝利を挙げたが、本田自身も決定機を逃すなど、シュート20本を放ったチームは消化不良に終わった。「(ゴール前で)フリーになった時に考えすぎて外してしまうことがある。ジャマイカ戦もそうだった。今日はその反省を生かす
ことができた」。ベローナ戦では小細工を捨て、シンプルに打った。

 CSKAモスクワ(ロシア)から移籍後、ACミランでの2シーズン目で初のマルチゴール。 開幕7試合で積み重ねたゴールは早くも6得点目だ。このペースでゴールを決め続ければシーズン32得点ペース。昨季の得点王だったトリノFWインモビレ(現ドルトムント)は22得点。さらに過去40年で32得点を記録した選手はいない。本田が驚異的なペースでゴールを重ねている。

 もともとMFだが、右FWを任されるようになって約3か月が経過した。確実にストライカーの動きを身に着けつつある。これでチームは勝ち点14として、リーグ順位を5位から4位に押し上げた。欧州主要リーグでの日本人シーズン最多得点は、昨季の岡崎(マインツ)が奪った15ゴール。昨季、出場14試合で1得点だった背番号10が今季、 何点取っても不思議ではない。

http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20141020-OHT1T50032.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:14 | 大阪 曇り | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑をインザーギ監督が絶賛「全てが称賛に値する」エルシャラウィへの気遣いも 他、ミランおじさん、またも興奮(関連まとめ)

【サッカー】インザーギ監督が本田を絶賛「すべてが称賛に値する」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413753406/
本田インザーギ2点絡み08.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 06:16:46.26 ID:???0.net

2発の本田にピッポ監督「すべてが称賛に値する」

14/10/20 06:11

[10.19 セリエA第7節 ベローナ1-3ミラン]

 日本代表MF本田圭佑の所属するミランは19日、敵地でベローナと対戦し、3-1で勝利した。 ミランは前半21分にオウンゴールで先制すると、同27分には本田が2試合連続ゴールを記録。 同11分にも本田が移籍後初となる1試合2得点を決めて勝利を決定づけた。

 後半11分にこの日2点目を決めた本田はそのままベンチの方へ向かう。フィリッポ・
インザーギ監督の祝福を受けると満面の笑みを浮かべた。公式サイトによると、 試合後、フィリッポ・インザーギ監督は「今季最高のゲームだったと思う。非常に満足している」と上機嫌。2ゴールを奪った本田については、「ホンダはほとんどゴール前でミスをしない。そして賢くゲームを作ることが出来る。彼のすべてが称賛に値する」と手放しで称えた。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?149750-149750-fl


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:12 | 大阪 曇り | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友負傷欠場のインテル、ナポリに終盤2度追い付き2-2ドロー(関連まとめ)

【サッカー/セリエA】長友佑都欠場のインテル、終盤に2度追いついてナポリとドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413751848/
コバチ2014第7節ドリブル.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 05:50:48.58 ID:???0.net

 セリエA第7節が19日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとナポリが対戦。長友はベンチ外となった。

 2連敗中のインテルは、ホームで3試合ぶりの勝利を目指し、序盤から攻勢に出る。18分にエルナネスのスルーパスからマウロ・イカルディが抜け出し、  右足のボレーシュートを放ったが、ゴール上に外れた。

 38分にもゴール前で競り勝ったエルナネスが、左足でのミドルシュートを放ったが、ボールはポストを直撃。前半をスコアレスで折り返した。

 後半もインテルが押し込む展開となったが、50分にナポリのロレンツォ・インシーニェに抜け出されてしまう。しかし、シュートがポストに当たったことで難を逃れた。

 インテルは、57分にエルナネスの右CKからネマニャ・ヴィディッチがヘディングシュートを放ったが、枠を捉え切れなかった。ゴールを奪えないまま終盤を迎えると、 79分に失点。右サイドからスローインをゴール前に入れられると、ヴィディッチのクリアをナポリのホセ・カジェホンがゴール前で拾われ、右足でシュートを蹴り込まれた。

 終盤にリードを奪われたが、インテルも82分に追いつく。ドドの左CKからイカルディが頭で繋ぎ、最後は直前に途中出場していたフレディ・グアリンが右足で押し込んだ。

 終盤に点を取り合うと、試合終了間際の90分にナポリのカジェホンが浮き球を左足のダイレクトボレーで得点。しかし、直後にインテルも、エルナネスがドドからのクロスをヘディングで叩き込んだ。

 打ち合いとなった試合は、決勝ゴールは生まれずに、タイムアップ。2−2のドローに終わった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00243261-soccerk-socc

【スコア】
インテル 2−2 ナポリ

【得点者】
0−1 79分 ホセ・カジェホン(ナポリ)
1−1 82分 フレディ・グアリン(インテル)
1−2 90分 ホセ・カジェホン(ナポリ)
2−2 90分 エルナネス(インテル)

http://www.raisport.rai.it/dl/raiSport/speciali/live/calcio/live.shtml?slug=inter_napoli_20141019&comp=serie_a&year=2015

ふくらはぎが原因か、長友が欠場 指揮官が不満との報道も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000039-goal-socc

インテルDF長友佑都が、19日のセリエA第7節ナポリ戦を欠場した。ふくらはぎの負傷が問題となったようだ。

日本代表でブラジル代表との国際親善試合に出場していなかった長友。インテル合流後、16日のトレーニングを欠席したことが報じられたが、 招集メンバー入りしたこともあり、右サイドハーフでの先発出場も予想されていた。

だが、インテルは右サイドにMFジョエル・オビを起用。長友はベンチメンバーからも外れた。イタリアの一部メディアによると、ふくらはぎの問題でプレーできる状態でなかったという。 イタリア『スカイ・スポーツ』の報道として『fcinternews.it』が伝えたところによると、ワルテル・マッツァーリ監督は長友の姿勢に少し不満も見せたようだ。

報道によると、長友はふくらはぎが大丈夫だと指揮官に伝えていたものの、試合を前に試した際にプレーできない状態であることが判明したという。 そのため、マッツァーリ監督は代替プランを用意できず、不満を見せたという。

インテルはDFジョナタンとDFダニーロ・ダンブロージオも離脱しており、サイドが人員不足に陥っている。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:42 | 大阪 曇り | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カイザー本田】本田圭佑、2ゴール!今季6得点目で得点ランク1位!ミラン快勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー/セリエA】本田圭佑がドッピエッタ(1試合2ゴール)! 今季6点目で得点ランクトップ、ミランの快勝に貢献[10/19]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413730319/
本田インザーギ2点絡み05.jpg

1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/10/19(日) 23:51:59.46 ID:???0.net

14/15 イタリア セリエA 第7節

 ベローナ 1−3 ミラン
0-1 O.G.(ラファエウ・マルケス・ピント)(前21分)
0-2 本田圭佑(前27分)
0-3 本田圭佑(後11分) ← 今季6点目
1-3 ニコラス・ロペス(後42分)
■ ベローナ、ラファエル・マルケスがイエロー2枚目で退場(後45+3分)
◇ ミランの本田圭佑は先発し後半40分までプレー

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634781
http://www.raisport.rai.it/dl/raiSport/speciali/live/calcio/live.shtml?slug=hellas_verona_milan_20141019&comp=serie_a&year=2015
先発フォーメーション図
http://light.dotup.org/uploda/light.dotup.org89742.jpg
順位表
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=53
得点ランキング
http://www.legaseriea.it/en/serie-a-tim/campionato-classifica/marcatori?p_p_id=BDC_classifica_marcatori_WAR_LegaCalcioBDC&p_p_lifecycle=0&p_p_state=normal&p_p_mode=view&p_p_col_id=column-4&p_p_col_pos=2&p_p_col_count=5

凄いぞ本田、またまた決めた!!移籍後初の2得点!!
ゲキサカ 10月19日(日)23時21分配信

[10.19 セリエA第7節 ベローナ-ミラン]
 ミランFW本田圭佑が止まらない。

 敵地でベローナ戦を戦うミランは、1点リードで迎えた前半27分に
FWステファン・エル・シャーラウィのグラウンダーパスに本田が反応。
左足ダイレクトでゴールネットを揺らすと、今度は後半11分、
DFの裏に完全に抜け出すと、GKとの1対1を難なく制し、
左足でゴールネットを揺らした。これで今季は7試合6得点。
セリエA移籍後初の2得点と凄いことになってきた。

Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141019-00170012-gekisaka-socc

スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=53
SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/serie
FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/world_soccer/1072



※一部レスを追記しました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:40 | 大阪 曇り | Comment(64) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング