アンテナ・まとめ RSS

2017年02月22日

香川真司、今夏ドルトムント退団か?独紙が放出候補にあげる…バツケCEOが大量放出を示唆(関連まとめ)

【サッカー】香川 今夏放出の可能性、独専門誌伝える CEO「今、見極めている」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487768702/
香川2017ドルベンチ.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 22:05:02.76 ID:CAP_USER9.net

ドルトムントの日本代表MF香川真司(27)が、今夏に放出される可能性が浮上した。

ドイツ専門誌キッカー(電子版)が21日に報道。「バツケ(ドルトムントCEO)はメンタルに強い選手を探している」という見出しの記事の中で、同CEOは「特に攻撃の選手が多すぎる。 何か(動きが)あるだろう」と今夏の大量放出を示唆。「今はチームを助けられる選手と、そうでない選手を見極めている」と説明し、同誌は放出候補として、香川のほかMFローデ、MFエムレ・モル、MFシャヒン、DF朴柱昊(パク・チュホ)らを挙げた。

ドルトムント復帰3季目の香川は、リーグ21節を終えて出場はわずか10試合(先発5試合)で無得点。最近は公式戦6試合連続ベンチスタートで、そのうち出場は2試合のみと、2季目のトゥヘル監督の下で厳しい状況に陥っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000144-spnannex-socc
スポニチアネックス 2/22(水) 21:50配信


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:41 | 大阪 ☔ | Comment(25) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎、水原三星と1-1ドロー…小林悠先制ゴールもOGで失点しACL初戦は白星ならず(関連まとめ)

【サッカー】<ACL>小林悠が先制点もOGで失点…新生・川崎フロンターレは初陣ドロー
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487764389/
小林悠2017ACL第1戦ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 20:53:09.06 ID:CAP_USER9.net

会場/等々力陸上競技場

【スコア】

川崎フロンターレ 1-1 水原三星ブルーウィングス

【得点者】

【川】11' 小林悠 
【水】23' オウンゴール

・川崎フロンターレ
チョンソンリョン、車屋紳太郎、舞行龍ジェームズ、谷口彰悟、田坂祐介、阿部浩之(72分➡奈良竜樹)、大島僚太( 83分➡三好康児)、中村憲剛、エドゥアルド・ネット、家長昭博(85分➡ハイネル)、小林悠

・水原三星
シンファヨン、ヤンサンミン、クジャリョン、チャンホイク、イジョンス、イヨンレ、サントス、キムミヌ、イジョンソン、ヨムギフン、ジョナタン

Jリーグ公式サイト
http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022201/livetxt/#live


 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は22日、グループリーグ第1節を行い、昨季J1年間3位で3年ぶり5度目のACL出場となる川崎フロンターレはホームで水原三星(韓国)と対戦し、1-1で引き分けた。前半11分、FW小林悠のゴールで先制したが、同23分にオウンゴールで失点。そのまま同点で90分間を終え、ホームでのACL初戦は引き分けに終わった。

 昨季限りで風間八宏前監督が退任し、鬼木達新監督がコーチから昇格した川崎F。その公式戦初陣はMF家長昭博、MF阿部浩之、DF舞行龍ジェームズの新戦力3人が先発した。システムは4-4-2を採用。GKチョン・ソンリョン、4バックは右からMF田坂祐介、舞行龍、DF谷口彰悟、DF車屋紳太郎と並んだ。中盤はMF大島僚太とMFエドゥアルド・ネットのダブルボランチで、右に阿部、左にMF中村憲剛。今季からキャプテンを務める小林と家長が2トップを組んだ。

 阿部と中村の両サイドハーフが中に絞り気味にポジションを取り、両サイドバックの攻撃参加を促す川崎Fは、2トップの一角に入った家長も自由に動いて分厚い攻撃を仕掛ける。前半11分には大島の縦パスが相手に当たって浮いたボールに中村が反応。PA内左に走り込んで左足ダイレクトで折り返すと、小林が胸で押し込んだ。

 新キャプテンに就任した小林がチームの今季公式戦初ゴール。勢いづく川崎Fは前半15分にも阿部が強烈な右足ミドルを放つが、GKの好セーブに阻まれた。すると、アンラッキーな形で同点に追いつかれてしまう。前半23分、水原三星はMFヨム・ギフンがPA内左の深い位置に切れ込み、マイナスのクロス。これが自陣ゴールに向かって守備をしていた谷口の足に当たってそのままゴールマウスへ。痛恨のオウンゴールで試合は振り出しに戻った。

 それでも川崎Fの攻勢は続く。大島が抜群のテクニックでパスをさばき、鮮やかなパス交換で水原三星守備陣を翻弄。前半36分には敵陣で相手のトラップミスを奪った中村が縦に入れ、小林の横パスをフリーの阿部が右足で狙ったが、惜しくもゴール右へ。決定的なチャンスを生かせず、前半は1-1で折り返した。

 後半は一転して膠着状態が続き、両チームがなかなか決定機をつくれない。川崎Fは後半27分に最初のカードを切り、阿部に代えてDF奈良竜樹を投入。昨季、2度の左脛骨骨折に見舞われた奈良は昨年9月22日の天皇杯3回戦・千葉戦以来、約5か月ぶりの公式戦復帰となった。

 この交代でシステムも3-6-1に変更。3バックは右から舞行龍、谷口、奈良で、右ウイングバックに田坂、左ウイングバックに車屋がポジションを上げ、前線は小林を頂点に家長と中村がシャドーの位置に入った。

 後半31分、家長が右サイドから左足で上げたクロスは小林にわずかに合わず。同35分にはエドゥアルド・ネットが中盤でボールを奪い、縦パスを受けた家長がフィニッシュまで持ち込んだが、左足のシュートはGKに弾かれた。

 川崎Fは後半37分、大島に代えてMF三好康児、同40分に家長に代えてFWハイネルを投入し、交代枠を使い切る。中村がボランチに下がり、三好とハイネルはシャドーの位置に入ったが、最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず、1-1のままタイムアップ。ここまで浦和、鹿島、G大阪とJリーグ勢がすべてACL初戦を完封で勝っていたが、川崎Fは続くことができず、史上初となる日本勢ACL初戦全勝はならなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-01637140-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:40 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、長澤・今野弾などで豪州王者アデレードに3-0完勝!ACL初戦を白星スタート(関連まとめ)

【サッカー】<ACL>ガンバ大阪、9年ぶりのアジア制覇へ好発進!敵地でアデレード・Uに3得点快勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487760730/
今野2017ACL第1戦ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 19:52:10.84 ID:CAP_USER9.net

会場/ハインドマーシュ スタジアム

【スコア】

アデレート・ユナイテッド 0-3 ガンバ大阪

【得点者】

【ガ】21' 長沢駿 
【ガ】45+1' 今野泰幸
【ガ】81' オウンゴール

(アデレード・ユナイテッド)
ホール、マローン(65分➡ディアワラ)、マッゴーワン、レーガン、ガルシオ、エルリッチ、キムジェソン、ミレウスニッチ(82分➡マカリーナス)、マグリー、オドハーティ(89分➡オチエン)、シリオ

(ガンバ大阪)
東口順昭、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝、オジェソク、遠藤保仁、今野泰幸(85分➡初瀬亮)、井手口陽介、倉田秋、アデミウソン(90分➡高木彰人)、長沢駿(79分➡堂安律)

Jリーグ公式サイト
http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022202/livetxt/#live

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第1節が22日に行われ、アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)とガンバ大阪が対戦した。

 2008年以来のアジア制覇を狙うG大阪は、7日に行われたプレーオフでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)を下し、ACL本戦出場権を獲得。前日行われた試合では浦和レッズと鹿島アントラーズの日本勢2チームが白星スタートを飾っており、この流れに乗って勝ち点3を持ち帰りたいところだ。先発にはMF遠藤保仁やMF井手口陽介、MF倉田秋、FWアデミウソンらが起用された。

 立ち上がりからゲームの主導権を握ったG大阪は19分、ペナルティエリア内右に抜け出した倉田が右足の強烈なシュートを放つと、GKが弾いたボールを繋いで二次攻撃を仕掛け、今野泰幸がエリア外から左足で狙う。しかしここは枠の右にそれた。

 直後の21分、右サイドでボールを受けたオ・ジェソクが正確なクロスを放り込むと、中央の長沢駿が頭で合わせる。強烈なシュートがゴール左隅に決まり、G大阪が先制に成功した。

 リードを得たG大阪は、その後アデレード・ユナイテッドの猛攻に苦しめられたが、体を張った守備でゴールを許さない。すると前半アディショナルタイム1分、エリア内右に流れたボールを井手口が拾って右足シュート。ここはDFにブロックされたが、こぼれ球を今野が豪快にゴールへ蹴り込み、G大阪がリードを広げて前半を折り返した。

 後半に入ると2点を追いかけるアデレード・ユナイテッドが押し込む展開となり、G大阪はこれを凌ぎながら、カウンターやセットプレーでゴールを狙う。だが65分、66分と立て続けに迎えたチャンスを決めきれず、追加点を奪うには至らない。

 それでも終盤に入った81分、右サイドからのFKを遠藤がゴール前に蹴り込み、GKの手前で三浦弦太が反応。ジャストミートすることはできなかったが、DFに当たったボールがゴールへ転がり込み、オウンゴールとなった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、G大阪が3−0でアデレード・ユナイテッドを下した。

 次節、アデレード・ユナイテッドは3月1日に敵地で江蘇蘇寧(中国)と、G大阪は同日にホームで済州ユナイテッド(韓国)と対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00554531-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:19 | 大阪 ☔ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、シュート速度は100キロ超え!フクスと共にサッカーロボと対決!

【サッカー】岡崎慎司のシュートスピードは100キロ超え…究極のサッカーロボとの対決動画が話題に
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487752714/
岡崎とフクス.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 17:38:34.17 ID:CAP_USER9.net

レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司とオーストリア代表DFクリスティアン・フクスが、究極のサッカーロボットと戦うという動画が英国で注目を集めている。

この企画はオンラインカジノの大手サイト『BETSTARS』によるもので、岡崎とフクスが、ロボットと3つの異なる種目で対決するという内容。

1つ目はゴール右上のスミに設置された的にシュートを当てるという種目で、岡崎が的を外した一方で、レフティーのフクスは左足アウトに引っ掛けたキックで、見事的に当てている。また、究極のサッカーロボはあっさりと的当てに成功している。

2つ目はクロスバーにシュートを当てるというもの。こちらはフクスが外したものの、岡崎は見事に成功させている。サッカーロボットは当然のようにバー当てを成功。

3つ目はシュートスピードを競うという内容で、岡崎は64マイル(時速102キロ)を記録。フクスは55マイル(時速88キロ)という結果に終わり、岡崎より遅かったことで不満を口にする場面も。その一方で、サッカーロボットは2人を大きく上回る85マイル(時速136キロ)を記録している。

3番勝負はすべて好成績に終わったサッカーロボットに軍配が上がる結果となったものの、終了後に岡崎とフクスは笑顔でロボットと肩を並べて、互いの健闘を称えている。

レスターは22日に敵地でセビージャとのチャンピオンズリーグの大一番に挑む。この試合で岡崎とフクスは8強進出に向けて結果を残せるのか、ロボットとの対決とは異なり、負けられない一戦となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00010006-goal-socc

動画


※短めですが、ご容赦ください
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:36 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル戦でパイを食べた巨漢GK、賭けに関与の疑いので5部サットンを解雇 FA杯

サットンの巨漢GKショーが突如契約解除…パイを食べる姿が賭けの対象と把握した"やらせ疑惑”が浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000014-goal-socc
サットンGKパイ食べる.jpg

イングランド5部相当、サットン・ユナイテッドのGKウェイン・ショーが突如クラブから解雇されたことが明らかになった。

1972年生まれ、現在45歳のGKショーは一部報道によると125キロの体重があるとされ、0−2で敗れたFAカップ5回戦のアーセナル戦では試合出場こそなかったものの、ハーフタイム時にベンチでパイを頬張る姿が目撃され、試合内容とは異なる部分で大きく注目されていた。

しかし、このワンシーンが「ショーがパイを食べているところが映るかどうか」という賭けの対象だったことで、ショーがパイを食べたのは“やらせ”だったのではないかという疑惑が浮上。

イギリスの『SUN BETS』では「パイを食べる」に8倍の倍率があったとされ、試合後にショー本人が賭け事の対象になっていることを知っていたかのようにほのめかしていた。

一部報道によると賭け事との関連性を問われたことをショーが認め、本人がクラブに辞表を提出。それをサットン側も受理したことが明らかになっている。サットンのポール・ドスウェル監督は「ショーのこのクラブでの時間はすでに終わった。残念だがそれは疑いようがない」と語り、ショーが賭け事を把握した上で故意的にパイをベンチ前で食べたことを認めており、この行為はFA(サッカー協会)の調査対象になっているという。

FAカップ5回戦はアーセナルが勝利を収めて、サットンは敗れたものの、アマチュア選手が主体ながら大健闘したその姿勢に賛辞の言葉が相次いでいた。ところが、巨漢GKショーの行動から、サットンの躍進が思わぬ形で“黒歴史”になり変わる可能性が高まっている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart8727
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1487688878/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:18 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫相棒モデスト、中国から48億円のオファー!ケルンSDは拒否(関連まとめ)

大迫の相棒に50億円弱の爆買いオファー…ケルン幹部は中国からの破格提示に「ノー」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000031-goal-socc
モデストと大迫.jpg

ケルンに所属するフランス人ストライカーのアンソニー・モデストに中国のクラブから”メガオファー”が届いたという。だがクラブは日本代表FW大迫勇也の同僚を手放さない姿勢を示している。

モデストは19日のシャルケ戦でも大迫のアシストからゴールを決め、今季17ゴール目をマーク。ボルシア・ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンとブンデスリーガ得点ランキングで首位に並んでいる。合計30得点を記録し、7位につけるチームだが、28歳のモデストはケルンにとって欠かせない存在だと言っても過言ではない。

『キッカー』によると、そんなモデストに対し中国から4000万ユーロ(約48億円)の獲得オファーが届いたという。今月28日まで移籍市場が開いている中国スーパーリーグのあるクラブが、ケルンの幹部に獲得を打診したとのことだ。だがケルン側は、2012年にFWルーカス・ポドルスキをアーセナルに放出した際に得たクラブ史上最高額の移籍金(1500万ユーロ)の2倍以上となるこのオファーにも応じない。

ヨルク・シュマットケGM(ゼネラルマネジャー)は、『キッカー』に対して中国のクラブからオファーが届いたことを認めつつ、「我々の考えは明確だ。大きな額ではあるが、我々はスポーツ面における目標を1人の移籍で危うくすることはない」と強調。また「そのクラブやこの件で現れたすべての代理人らにも伝えている。この件に関しては、放出を検討し始める額など存在しない」と続けている。

中国のクラブはモデスト本人にも巨額の年俸を提示したと見られるが、去就をめぐる噂が、今後の同選手のパフォーマンスに影響を及ぼす可能性もありそうだ。

【サッカー】ケルン大迫の“相棒”、中国に48億円で狙われる!だが…
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487653404/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:27 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テベス、早くも上海申花を退団希望か?生活順応できず違約金約8億円を支払い電撃退団も

【サッカー】<年俸46億円のテベス(上海申花)>わずか2ヶ月で“上海脱出”を熱望か!?生活順応できず...電撃退団を視野
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487722125/
テベス上海入団.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 09:08:45.77 ID:CAP_USER9.net.net

早くも母国へ帰還か

彼が悪いのか、それとも上海という街に原因があるのかは分からない。ただし、イタリアメディアは年俸46億円を受け取るはずのカルロス・テベスがわずか在籍2ヶ月で退団を考慮していると報じている。

かつてボカ・ジュニアーズでディエゴ・マラドーナの後継者として崇められたテベスは、マンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスといったビッグクラブを渡り歩き、献身的な守備と冴え渡るゴールセンスにより世界的なCFへと成長。その華麗なる欧州での戦いを2015年に終えると、昨年12月からは破格のサラリーを提示した中国の上海伸花に所属している。

しかし、わずか2ヶ月で風向きは変わったようだ。アルゼンチン『Ole』によると、33歳のベテランは中国での生活スタイルに適応することができず、ウルグアイ人指揮官グスタヴォ・ポジェとも対立しており、電撃退団を視野に入れているという。

また、仮にテベスがこの時点での移籍を決断した場合、違約金として650万ユーロ(約7億8000万円)の支払い義務が生じるものの、それはテベスにとって“払うべき価値のある”出費だと綴っている。

王様のように迎えられ、多くの中国人サポーターを興奮させた元アルゼンチン代表ストライカーだが、現在は古巣ボカへの復帰を真剣に検討中だという。

theWORLD(ザ・ワールド) 2/22(水) 9:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00010009-theworld-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:06 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【勝者トーレス】アトレティコ、レバークーゼンに4-2先勝!サウール、グリーズマン、ガメイロ、トーレス弾で8強進出に前進 CL決勝T第1回戦第1戦(関連まとめ)

アトレティコが敵地で4発先勝…レヴァークーゼン撃破でCLベスト8に前進
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00554349-soccerk-socc
トーレス2017決勝T第1戦ヘッド.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが21日に行われ、レヴァークーゼンとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 レヴァークーゼンとアトレティコが2シーズンぶりにCLベスト16で激突。2014−15シーズンの前回対戦では2戦合計1−1でPK戦の末にアトレティコが準々決勝に駒を進めていた。リベンジを狙うレヴァークーゼンはカリム・ベララビやユリアン・ブラントらが先発。2014−15シーズンのCL準々決勝でレアル・マドリードの一員としてアトレティコ戦の決勝ゴールを挙げ、現在3試合で5ゴールと好調のハビエル・エルナンデスもスタメンに入った。一方、4シーズン連続のベスト8を狙うアトレティコはアントワーヌ・グリーズマン、ヤニック・フェレイラ・カラスコ、ガビらが先発メンバーに名を連ねた。

 試合は開始17分に動いた。アトレティコはサウール・ニゲスが相手選手を1人かわして右サイドを突破。そのままエリア内右まで持ち上がり、左足を振り抜くと、綺麗なカーブを描いたシュートは枠の左上隅に吸い込まれた。

 幸先よくゴールを奪ったアトレティコは25分、相手のミスを見逃さず追加点を奪う。ケヴィン・ガメイロが相手DFアレクサンダル・ドラゴヴィッチのクリアミスを拾い、そのままエリア内に進入。キープして横パスを送ると、走り上がっていたグリーズマンがフリーで左足ダイレクトシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

 反撃したいレヴァークーゼンは34分、ケヴィン・カンプルがエリア手前右で左足を一閃。強烈なシュートは枠の左上隅を突くが、相手GKミゲル・アンヘル・モヤの好セーブに遭う。アトレティコは34分にもグリーズマンに絶好の決定機が訪れるが、相手GKベルト・レノの体を張ったセーブに阻まれた。前半はこのままアトレティコの2点リードで折り返す。

 後半開始直後の48分、レヴァークーゼンの反撃が実る。中央のカンプルからのパスを、右サイドのベンヤミン・ヒンリヒスがダイレクトで折り返す。これにゴール前のベララビが右足で合わせて、ゴール左隅に決めた。だが、レヴァークーゼンは反撃ムードも束の間の58分、ドラゴヴィッチが股抜きでかわされたガメイロをエリア内隅で倒してPKを献上。アトレティコは59分にガメイロが自らキッカーを務め、ゴール中央に蹴り込んだ。

 それでも68分、レヴァークーゼンはラッキーな形で再び1点差に迫る。左サイドのブラントが低目の鋭いクロスを供給。これはGKモヤに阻まれるが、弾いたボールがステファン・サヴィッチの足に当たり、ボールはゴールに吸い込まれた。

 オウンゴールを献上したアトレティコは78分に、グリーズマンとカラスコを下げて、アンヘル・コレアとフェルナンド・トーレスを投入。すると86分、右サイドのシメ・ヴァルサリコからのクロスに、ニアサイドに飛び出したF・トーレスが頭で流し込み、試合を決定付けるゴールを奪った。

 終盤はレヴァークーゼンが猛攻を見せるが、試合はこのまま終了。アトレティコが敵地で4−2の勝利を収め、ベスト8進出に前進した。

 セカンドレグは3月15日にアトレティコ・マドリードのホームで行われる。

【スコア】
レヴァークーゼン 2−4 アトレティコ・マドリード

【得点者】
0−1 17分 サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)
0−2 25分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
1−2 48分 カリム・ベララビ(レヴァークーゼン)
1−3 59分 ケヴィン・ガメイロ(PK)(アトレティコ・マドリード)
2−3 68分 オウンゴール(ステファン・サヴィッチ)(レヴァークーゼン)
2−4 86分 フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)

【スカチャン1】レバークーゼン×アトレティコマドリード
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1487704544/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:27 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【最高の馬鹿試合】マンC、モナコとの計8点の壮絶な打合い制し5-3先勝!アグエロが2G1Aの大活躍 CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

マンC、壮絶な打ち合い制して先勝…モナコはファルカオ2発も痛恨のPK失敗
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00554325-soccerk-socc
アグエロ2017CL決勝T第1戦ゴール.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが21日に行われ、マンチェスター・Cとモナコが対戦した。

 グループCを 2位で通過したマンチェスター・Cは、公式戦ここ6試合負けなしで、CLではホームゲームで9試合無敗をキープ。クラブ史上2度目のベスト8に向けてホームで先勝しておきたいところ。先発メンバーにはセルヒオ・アグエロ、リロイ・ザネ、ダビド・シルバらが名を連ねた。

 モナコはグループEを首位で突破。現在は公式戦11試合負けなしと好調しており、CLではイングランド勢に対し、アウェーゲームで4勝2分2敗と好成績を収めている。2シーズンぶりのCL準々決勝進出へ得意とするイングランド勢相手に白星を狙う。スタメンにはラダメル・ファルカオ、ベルナルド・シルヴァ、ファビーニョらが入った。

 試合は攻勢に出ていたマンチェスター・Cが先制に成功する。26分、ザネが左サイドをドリブルで突破。一度は相手DFにカットされるが、こぼれ球を拾ったシルバのスルーパスを受けてエリア内左に抜け出し、鋭い折り返し。これをゴール前に走り込んだラヒーム・スターリングが合わせてゴールネットを揺らした。

 先制点を許したモナコだが、32分に反撃が実る。ファビーニョが右サイドからクロスを送ると、中央のファルカオがダイビングヘッドで合わせて、同点ゴールを奪った。これで勢いに乗ったモナコはさらに40分、ファビーニョのロングボールにキリアン・ムバペが反応。DFラインを抜け出し、エリア内右から強烈な右足シュートを突き刺した。前半はモナコが逆転に成功し、2−1で折り返す。

 後半開始早々の48分、モナコに決定機なチャンスが訪れる。ファルカオが自ら獲得したPKで、十分な間を取ってゴール右に蹴り込む。だが、これは相手GKウィリー・カバジェロに読まれて追加点の好機を逃した。

 すると58分、逆にマンチェスター・Cが試合を降り出しに戻す。自陣でボールを奪ったスターリングがそのまま持ち上がり、エリア内右へラストパス。そこに走り込んだアグエロがダイレクトで右足シュートを放つと、GKダニエル・スバシッチは後逸してしまい、ボールは枠内に吸い込まれた。

 しかし直後の61分、カウンターからエリア内に抜け出したファルカオが相手DFをかわして冷静にループシュート。これが綺麗に決まり、再びモナコがリードを奪った。これにマンチェスター・Cも黙っていない。71分に右CKでシルバからのボールを、中央のシルバが豪快に右足ボレーシュートを叩き込んで、再び同点とした。

 77分、マンチェスター・Cがこの日2度目のリードを得る。左CKでケヴィン・デ・ブライネのボールにニアサイドのヤヤ・トゥーレが頭ですらす。これに反応したファーサイドのジョン・ストーンズが右足で押し込んでネットを揺らした。さらに82分には、パス交換からエリア内右に抜け出したアグエロが、飛び出したGK目前で横パス。そこに走り込んだザネが流し込み、ダメ押しゴールを奪った。

 試合はこのままタイムアップ。マンチェスター・Cが5−3で打ち合いを制し、モナコに先勝した。

 セカンドレグは3月15日にモナコのホームで行われる。

【スコア】
マンチェスター・C 5−3 モナコ

【得点者】
1−0 26分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
1−1 32分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
1−2 40分 キリアン・ムバペ(モナコ)
2−2 58分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
2−3 61分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
3−3 71分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
4−3 77分 ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)
5−3 82分 リロイ・ザネ(マンチェスター・C)

BLUEMOONマンチェスターシティ 206cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1487401834/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:32 | 大阪 ☀ | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

上海上港、フッキのスーパーゴールでFCソウルに1-0勝利!浦和とACL同組(関連まとめ)

【サッカー/ACL】上海上港、アウェーでFCソウル下す フッキ決勝弾 浦和と同組
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487679831/
フッキ2017ACL第1戦ドリブル.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 21:23:51.82 ID:CAP_USER9.net

サッカーACL グループF

FCソウル 0-1 上海上港

得点
53'フッキ

警告・退場
59'Guan He(上海上港) 退場

http://www.livescore.com/soccer/asia/champions-league-group-f/fc-seoul-vs-shanghai-sipg-fc/1-2458162/

順位表
http://www.livescore.com/soccer/asia/champions-league-group-f/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:15 | 大阪 ☀ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、金崎1G1Aと鈴木優磨またもゴールで蔚山現代に2-0完勝!ACL初戦を白星発進(関連まとめ)

【サッカー/ACL】鹿島、韓国・蔚山を2−0で撃破!金崎先制ヘッド 好調鈴木優磨が追加点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487677887/
金崎2017ACL第1戦ドリブル.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 20:51:27.19 ID:CAP_USER9.net

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD1
2017年2月21日(火)19:00KO カシマ

鹿島アントラーズ 2-0 蔚山現代

得点
64' 金崎 夢生
82' 鈴木 優磨

http://www.jleague.jp/match/acl/2017/022101/livetxt/


12: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 20:52:08.67 ID:CAP_USER9.net

>>1
ACL初優勝を狙う鹿島、金崎&鈴木のゴールで蔚山撃破…大事な初戦を制す
SOCCER KING?2/21(火) 20:49配信

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第1節が21日に行われ、鹿島アントラーズと蔚山現代(韓国)が対戦した。

 昨季のJ1リーグを制し、通算タイトル獲得数を「19」に伸ばした鹿島。だが、ACLでは未だに優勝を経験したことがなく、悲願のアジア制覇に挑む。ホームで迎える大事な初戦には、DF昌子源やMFレオ・シルバ、MF永木亮太、FW金崎夢生、FW鈴木優磨らが先発起用された。

 立ち上がりはゲームが落ち着かない時間が続いたが、10分を過ぎると鹿島がボールを保持してチャンスをうかがう展開となる。13分にはペナルティエリア内左で縦パスを受けた中村充孝の落としから金崎が狙ったが、シュートは枠の上。直後の15分には左CKに山本脩斗が頭で合わせたが、ここはGKに阻まれた。

 鹿島が先制のチャンスを逃すと、試合は再び一進一退の攻防となる。33分、蔚山現代は右サイドで得たFKをハン・サンウンがゴール前に蹴り込み、チョン・ジェヨンがヘディングで合わせる。シュートは枠の左下へ飛んだが、GKクォン・スンテが好セーブで凌いだ。このままスコアレスで前半を折り返す。

 後半開始早々の46分、蔚山現代はゴールからやや距離のある位置からハン・スンギュが右足を振り抜くと、無回転のボールが枠の右上へ飛んだが、惜しくもポストを直撃した。

 試合が動いたのは64分。永木が蹴った左CKに中央の金崎が頭で合わせると、このシュートがゴール右上に吸い込まれ、鹿島が先制に成功した。さらに82分、金崎からのパスでエリア内右に抜け出した鈴木が右足のシュートをゴール左に流し込み、リードを2点に広げた。

 試合はこのままタイムアップ。鹿島が2−0で蔚山現代を下して大会白星スタートを切った。

 次節、鹿島は28日に敵地でムアントン・ユナイテッド(タイ)と、蔚山現代は同日にホームでブリスベン・ロアー(オーストラリア)と対戦する。

【スコア】
鹿島アントラーズ 2−0 蔚山現代

【得点者】
1−0 64分 金崎夢生(鹿島)
2−0 82分 鈴木優磨(鹿島)
SOCCER KING

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00554298-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:20 | 大阪 ☀ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和、W・シドニーを4-0粉砕!ラファエル・シルバ移籍後初ゴールなどACL初戦をアウェーで白星(関連まとめ)

【サッカー】<ACL>浦和レッズが敵地で4発快勝!R・シルバのデビュー弾も生まれACL白星発進
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487670640/
興梠2017ACL初戦シュート.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 18:50:40.66 ID:CAP_USER9.net

 会場/キャンベルタウン・スポーツスタジアム

【スコア】

ウェスタン・シドニー  0-4  浦和レッズ 

【得点者】

【浦】56' 興梠 慎三 
【浦】58' 李 忠成
【浦】68' 槙野 智章
【浦】86' ラファエル シルバ


(WSW)ヤニェトヴィッチ、クリスビー、ハミル、ネヴィル、ボルダ、ルシュティツァ(後半24分→シャボウ)、ディマス、楠神順平(後半32分➡コール)、バッカス、N・マルティネス、マジョク(後半21分➡グリフィス)

(浦和レッズ)西川周作、森脇良太、遠藤航、槙野智章、関根貴大、阿部勇樹、青木拓矢(後半34分➡那須大亮)、宇賀神友弥、李忠成、武藤雄樹(後半25分➡ラファエルシルバ)、興梠慎三(後半40分➡矢島慎也)

Jリーグ公式サイト
http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022102/livetxt/#live


 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は21日、グループリーグ第1節1日目を行い、F組では浦和レッズがウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州)のホームに乗り込んだ。前半をスコアレスで折り返したものの、後半11分にFW興梠慎三、同13分にFW李忠成、同23分にDF槙野智章、同41分にFWラファエル・シルバがゴールを奪い、浦和が4-0で快勝した。白星スタートを切った浦和は、28日に行われる第2節でFCソウル(韓国)とホームで対戦する。

 浦和は18日に行われた富士ゼロックススーパー杯鹿島戦(●2-3)から先発を3人入れ替え、DF槙野智章、MF関根貴大、FW興梠慎三らを先発起用。3-4-2-1のシステムを採用してGKに西川周作、最終ラインは右からDF森脇良太、DF遠藤航、槙野を並べ、ボランチにMF阿部勇樹とMF青木拓矢、アウトサイドは右に関根、左にMF宇賀神友弥を配置し、シャドーに李とFW武藤雄樹、1トップに興梠を据えた。一方のWシドニーのスターティングメンバーには川崎FやC大阪、鳥栖でプレー経験のあるMF楠神順平が名を連ねた。

 試合開始直後に李、前半8分に武藤がシュートを狙うなど、序盤から積極的な姿勢を見せる浦和は同13分、森脇のサイドチェンジを宇賀神がダイレクトで折り返し、走り込んだ武藤が左足で狙うがシュートはGKベドラン・ヤンイェトビッチの守備範囲に飛んでしまう。その後は両チームともに相手守備を崩し切れず、得点が生まれないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

 スコアレスのまま後半を迎えると、後半11分に浦和が先制に成功する。中盤でボールを奪うと、森脇のパスを受けた李がドリブルで前線に運んで相手選手の注意を引きつける。走り込んだ興梠がパスを呼び込んでPA内に進入すると、右足アウトの鮮やかなシュートでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 勢いに乗った浦和は2分後の後半13分、PA内で仕掛けた関根のドリブルは阻まれたも、こぼれ球を青木が拾い、左サイドの興梠に展開。興梠がダイレクトでゴール前に浮き球のパスを送ると、反応した李が左足のダイレクトボレーでゴールを陥れ、リードを2点差に広げた。

 さらに後半23分には武藤が蹴り出したCKを槙野が右足で押し込み、3点目を奪取する。同25分には武藤に代えてR・シルバ、同33分に青木に代えてDF那須大亮、同40分には興梠に代えてMF矢島慎也を投入。すると同41分、矢島のパスを受けたR・シルバがPA内まで持ち込んで右足シュートを突き刺し、浦和での公式戦デビュー戦でゴールを記録。その後もWシドニーの反撃を許さず、浦和が4-0の完封勝利を収めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-01637116-gekisaka-socc

AFC公式サイト
http://www.the-afc.com/results

ゲキサカ 日程 順位表
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:20 | 大阪 ☁ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング