アンテナ・まとめ RSS

ルカク、トッテナム移籍に関心か?代理人がトッテナム会長と接触

ルカク、トッテナム移籍に興味?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140403-00000031-goal-socc

ルカクエバートンゴール.jpg

チェルシーからエヴァートンにレンタル移籍中のFWロメル・ルカクは、トッテナム移籍に関心を示しているようだ。

ルカクは昨年夏、チェルシーからエヴァートンにレンタル移籍。ウェスト・ブロムウィッチにレンタル移籍していた昨季に続き、今季もリーグ戦13得点を記録するなど移籍先で好パフォーマンスを披露している。

そのルカクに、どうやらトッテナムが興味を抱いているようだ。ルカクの代理人を務めるクリストフ・ヘントレイ氏は、ベルギー『Het Nieuwsblad』でトッテナムのダニエル・レヴィ会長と接触したことを認めている。

「私はレヴィと会話を交わした。だが、それはロメルの完全なトッテナム加入を意味するわけではない。そのときは、それが主な話題ではなかったんだ」

「ロメルを買い取れるチームは、20チームもないだろう。例えば、エヴァートンからスウォンジーに移籍することはないと言える。それに、エヴァートンが残留争いをしていることと、ヨーロッパリーグ出場権を争っていることにも、違いがあるよ」
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:29 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、セビージャMFラキティッチ獲得に関心か?

マドリーがラキティッチと接触
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140403-00000028-goal-socc

ラキティッチセビージャ.jpg

レアル・マドリーは、セビージャMFイバン・ラキティッチの獲得に興味を抱いているのかもしれない。

スペイン『カデナ・コペ』によると、マドリーのホセ・アンヘル・サンチェスED(エグゼクティブディレクター)がラキティッチの代理人、兄弟とコンタクトをとったようだ。2015年まで契約を残すクロアチア代表MFに、触手を伸ばしているとみられる。

セビージャは以前からラキティッチの契約更新に向けて交渉を続けていたが、両者はまだ合意に至っていない。ほかにもアトレティコ・マドリーやパリ・サンジェルマンからの関心が噂される同選手の去就に注目が集まっているところだ。

ラキティッチは今季、セビージャで公式戦37試合に出場して13得点19アシストを記録している。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:26 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表合宿に南野、塩谷、川又、山下、昌子らが初招集

代表国内合宿に広島塩谷、C大阪南野ら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140403-00000042-nksports-socc
南野2014第5節.jpg

日本サッカー協会は3日、日本代表国内組の候補合宿に参加するメンバー23人を発表した。7日から3日間にわたり東京近郊で行われ、最終日には練習試合が予定されている。MF遠藤保仁(G大阪)、DF今野泰幸(G大阪)ら国内組常連は招集されず、DF山下達也(C大阪)、塩谷司(広島)、昌子源(鹿島)ら若手で好調の選手や、注目のFW南野拓実(C大阪)らが招集された。

【GK】東口順昭(G大阪)、林彰洋(鳥栖)、権田修一(東京)

【DF】水本裕貴(広島)、槙野智章(浦和)、※山下達也(C大阪)、安田理大(鳥栖)、※塩谷司(広島)、鈴木大輔(柏)、※今井智基(大宮)、※昌子源(鹿島)

【MF】青山敏弘(広島)、高橋秀人(東京)、長谷川アーリアジャスール(C大阪)、柴崎岳(鹿島)

【FW】豊田陽平(鳥栖)、※川又堅碁(新潟)、高萩洋次郎(広島)、※小林悠(川崎F)、斎藤学(横浜)、工藤壮人(柏)、原口元気(浦和)、※南野拓実(C大阪)
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:29 | 大阪 ☁ | Comment(31) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSG、チェルシーに3発先勝!ラベッシのボレーで先制、パストーレがロスタイムに絶妙ゴール!CL準々決勝第1戦

パリSGがCL準々決勝第1戦でチェルシーから3ゴール奪い快勝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140403-00179515-soccerk-socc
パストーレ2014CLチェルシー戦1stゴール.jpg

チャンピオンズリーグ準々決勝のファーストレグが2日に行なわれ、パリSGとチェルシーが対戦した。

 パリSGのホームで行なわれた一戦は、開始早々にスコアが動く。4分に、エセキエル・ラベッシがゴール前でジョン・テリーのクリアミスを拾い、ボレーシュートを叩き込んで均衡を破った。

 しかし、対するチェルシーも、27分に中盤でボールを奪うと、オスカルがペナルティエリア内でチアゴ・シウヴァに倒されてPKを獲得。同点の絶好機でエデン・アザールがシュートを蹴り込み、試合を振り出しに戻した。

 同点のまま後半を迎えると、61分に再びパリSGが勝ち越す。左サイドでFKを得ると、ラベッシがゴール前にボールを供給。混戦の中、チェルシーのダヴィド・ルイスがクリアしきれず、オウンゴールとなった。

 リードを得たパリSGは、70分にズラタン・イブラヒモヴィッチが負傷交代するアクシデントが発生。それでも、1点差のまま終盤に突入すると、後半アディショナルタイムに追加点をマーク。右サイド深くからドリブルで切れ込んだハビエル・パストーレが、そのまま左足でシュートをねじ込んだ。

 結局、ファーストレグはホームのパリSGが3−1と先勝。なお、セカンドレグは8日にチェルシーのホームで行なわれる。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:36 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ベイル先制弾とイスコ、Cロナウドが決めドルトムントに3発先勝!CL準々決勝第1戦

[CL]レアルが4季連続4強に前進、前回準Vのドルトムントに3発先勝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140403-00134071-gekisaka-socc

クリロナ2014CL準々決勝1stゴール.jpg

[4.2 欧州CL準々決勝第1戦 R・マドリー3-0ドルトムント]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は2日、準々決勝第1戦を行い、4シーズン連続の4強入りを狙うレアル・マドリー(スペイン)はホームで前回準優勝のドルトムントと対戦し、3-0で先勝した。第2戦はドルトムントのホームで8日に行われる。

 MFサミ・ケディラ、FWヘセ・ロドリゲス、DFマルセロらを故障で欠くレアルはMFアンヘル・ディ・マリアも体調不良で欠場。左SBではDFファビオ・コエントロンが先発した。一方のドルトムントもDFマルセル・シュメルツァー、DFネベン・スボティッチ、MFスベン・ベンダー、MFイルカイ・ギュンドガン、MFヤクブ・ブラスチコフスキら多数の故障者を抱え、この日はエースのFWロベルト・レワンドフスキも累積警告で出場停止。代わってFWピエール・エメリク・オーバメヤンが1トップで先発したが、敵地での第1戦は苦しい陣容となった。

 試合はいきなり動く。前半3分、レアルはFWカリム・ベンゼマが右サイドのタッチライン際でボールをキープし、オーバーラップしてきたDFダニエル・カルバハルに横パス。カルバハルが中央に流すと、スピードに乗って走り込んできたMFガレス・ベイルがゴール前に抜け出し、左足を伸ばしてゴールに流し込んだ。

 立ち上がり早々に先制したレアルはその後もボールポゼッションを高め、試合の主導権を握る。前半10分、FWクリスティアーノ・ロナウドが左サイドからカットインし、右足でミドルシュート。同12分にもC・ロナウドが直接FKを狙ったが、GKロマン・バイデンフェラーが右手1本で弾き出した。

 徐々にドルトムントがレアルの攻勢に慣れてきたかに思われた前半27分だった。レアルが一瞬の隙を突いてカウンターから追加点を奪う。C・ロナウドの左クロスからセカンドボールをMFシャビ・アロンソがカット。MFイスコがPA手前から右足を振り抜き、ゴール左隅にねじ込んだ。前半30分にもベイルが直接FKでゴールを強襲。前半の終盤はドルトムントがレアル陣内でゲームを進める時間もあったが、レアルが2-0とリードして後半に折り返した。

 後半立ち上がりにもドルトムントが何度かチャンスを迎えたが、次の1点もレアルが奪った。後半12分、相手陣内でインターセプトしたMFルカ・モドリッチからスルーパスを受けたC・ロナウドがGKとの1対1を制し、左足で追加点。C・ロナウドは今大会通算14ゴール目となり、11-12シーズンにFWリオネル・メッシ(バルセロナ)が記録したシーズン最多得点記録に並んだ。

 ドルトムントも後半15分、MFマルコ・ロイスのグラウンダーのクロスからGKイケル・カシージャスが弾いたところにMFヘンリク・ムヒタリアンが詰めたが、DFペペが一歩早くクリア。ホームでの第2戦につなげるためにも何とかアウェーゴールを奪いたかったが、エース不在の攻撃陣は攻め手を欠き、1点が遠かった。

 両チームは昨季の欧州CLでも4度対戦し、グループリーグではドルトムントの1勝1分。準決勝ではドルトムントがホームでの第1戦に4-1で先勝し、第2戦はレアルが2-0で勝ったものの、2試合合計4-3でドルトムントがファイナルに進出した。1年前のリベンジを狙うレアルが第1戦に3-0で完勝。ドルトムントのホームに乗り込む第2戦を前に大きなアドバンテージを手にした。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:20 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)