アンテナ・まとめ RSS

2015年11月30日

バロンドール、最終候補にメッシ、C・ロナウド、ネイマールの3名が決定

【サッカー】バロンドール最終候補3名が決定!C・ロナウド、メッシ、ネイマールが争う
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448889601/
メッシロナウドネイマール.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 22:20:01.55 ID:CAP_USER*.net

メッシは史上最多5度目、ロナウドは3年連続の受賞を狙う

 2015年のFIFAバロンドールの最終候補3名が発表された。3年連続4度目の受賞を狙うレアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウド、過去4度の受賞歴を誇り、現時点で歴代最多受賞回数を誇るバルセロナのFWリオネル・メッシ、そして同じくバルセロナから初受賞を狙うFWネイマールの3選手が栄冠を争うことになった。

 FIFAバロンドールは、各国代表の監督、キャプテン、サッカー記者の投票により決定。 今年の受賞者は2016年1月11日の表彰式で発表される。  同賞は2008年(当時の名称はバロンドール。09年にFIFA最優秀賞と統合された)にロナウドが受賞して以降、 09年から12年まではメッシ、13年と14年にロナウドが連続受賞するなど、実に7年間この2大スターが分け合ってきた。ネイマールが受賞となれば07年のブラジル代表MFカカ(オーランド・シティSC)以来の初受賞者が誕生する。

 歴代最多受賞の記録を保持するメッシにとっては3年ぶり5度目、ロナウドにとっては3年連続でメッシに並ぶ4度目の受賞となる。昨季三冠を達成したバルセロナをけん引するメッシが最有力との予測もあるが、 そのメッシを抑えてピチーチ(得点王)を獲得したロナウドや、2人に続く新時代のスターとの呼び声高いネイマールの躍進にも期待がかかる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151130-00010018-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:05 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元鹿島のオリベイラ監督、2節残しフラミンゴを電撃辞任

【サッカー】元鹿島のオリヴェイラ監督、2節残して名門フラメンゴを電撃辞任
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448885197/
オリベイラフラミンゴ.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 21:06:37.45 ID:CAP_USER*.net

 リオ・デ・ジャネイロの名門が名将を失う。ジーコの古巣でもあるフラメンゴは28日、オズワルド・オリヴェイラ監督の辞任を発表した。

 オリヴェイラ氏は1950年生まれの64歳。1999年にコリンチャンスで監督業を始めると、 その後ブラジル国内のクラブチームを歴任した。2007年からは鹿島アントラーズの監督に就任して、 Jリーグ史上初の3連覇に導くなど手腕を存分に発揮。母国ブラジルに戻ると、2015年はパウメイラスを経てフラメンゴを率いていた。

 8月下旬に同氏がフラメンゴに就任すると、チームはブラジル全国選手権(ブラジレイロン)で一時リベルタドーレス出場権の4位まで押し上げたこともあった。ところが4位に上がって以降のフラメンゴは徐々に失速し、第36節終了現在では11位。セリエB(2部)降格の危険はないが、 なぜ同氏は辞任に至ったのか。

 報道によれば、現地メディアの辛辣な批判を受けてオリヴェイラ氏に嫌気が差したともある。 だが同氏は「私は失望していないし、何の不満もない」として、前述の報道を否定している。

 一方、フラメンゴのフロントは同氏を高く評価していて、来年も契約を延長する方向で考えていたという。また辞任するとしても今シーズンの最終節まではチームを率いてほしいと打診したが、オリヴェイラ氏は最終節まで率いることを拒んだという。フラメンゴのとある首脳陣は、今回の辞任について「優秀な監督を失うことになり、残念だ」と述べている。

 フラメンゴは次期監督候補として、元サンパウロ監督のムリシ・ラマーリョ氏や元サン・ロレンソ監督のエドガルド・バウサ氏、そしてアトレチコ・ミネイロを南米王者に導いたクッカ氏などを挙げている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00375416-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:25 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独紙、武藤嘉紀に夢中「クレバーで、見栄えが良く、本当に良いストライカー」

【サッカー】クレバーで、見栄えもよく、おまけに…… 独メディアがマインツ武藤に夢中!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448849544/
武藤2015第14節正面.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 11:12:24.89 ID:CAP_USER*.net

ピッチ外でもプロの鑑

フランクフルト戦で先制ゴールを決め、チームを勝利に導いたマインツFW武藤嘉紀に対する称賛は尽きない。

独『ビルト』は29日、「マインツは”お買い得”ストライカーを祝う」という見出しで武藤を紹介。 今夏FC東京から280万ユーロの移籍金でマインツに加入し、既にシーズン7ゴールを記録する武藤をピックアップしている。

記事は武藤について「クレバーで、見栄えがよく、本当に良いストライカー」と評したうえで、 更に「彼が持っているのは良い足だけではない」と続く。武藤が日本のエリート大学、 慶應義塾大学の経済学部を卒業したことを紹介し、ピッチ外での影響にも着目。同紙の取材に応えたマインツのGM(ゼネラルマネージャー)、クリスティアン・ハイデル氏によれば武藤はクラブのメディア対応にも精を出しているようだ。

「彼は誰よりもあくせくと働いているよ。メディアの仕事を他のどの選手よりも引き受けているんだ。 あの青年はとてつもなく大きな仕事をしているよ」

ハイデルGMはそう答え、武藤の勤勉さを称賛。ピッチ内と同様に、クラブの活動にも貢献していることが明かされた。

リーグ前半戦も残すところあと3試合。現在7位のマインツは武藤とともに上位を目指す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00010021-theworld-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:55 | 大阪 ☀ | Comment(35) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【丹羽ールド】G大阪の珍カウンターに世界が仰天!「カオスの15秒間」「クレイジーな展開」(関連まとめ)

【サッカー】海外メディアも仰天!Jリーグ CS準決勝、G大阪の2点目は「カオスの15秒間」「クレイジーな展開」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448806846/
丹羽2015CS準決勝.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 23:20:46.36 ID:CAP_USER*.net

あわやオウンゴールからの劇的弾が話題に
 
28日に行われたJリーグチャンピオンシップ(CS)準決勝は、年間3位のガンバ大阪が年間2位の浦和レッズを120分の激闘の末に3-1で破ったが、この試合の決勝点となった延長後半13分に至るまでの一連の流れが、海外でも大きな話題になっている。

G大阪は1-1で迎えた延長後半12分から13分にかけて、あわやオウンゴールというシーンから一転、 GK東口順昭の素早い切り替えから高速カウンターに転じ、見事な決勝点を奪った。ジェットコースタームービーのような予想外の展開となったこの試合について、 ヨーロッパ最大の放送局「ユーロスポーツ」は、「カオス(大混乱)の15秒間」という見出しで紹介している。
 
話題となったシーンは延長後半13分、1-1のままPK戦突入も現実味を帯びてきた時間帯に起きた。 G大阪のDF丹羽大輝がGKへバックパス。しかし、ボールは高く浮いてしまい、GK東口の頭上を超えてG大阪ゴールへ。 あわやオウンゴール、そして時間的にも決勝点につながりかねないこのシーンで、東口は決死の思いで体を投げ出した。 その願いが通じたのか東口の伸ばした足はかすかにボールに触れ、ゴール左ポストを叩いて絶体絶命のピンチを脱した。
 
さらに東口はすぐに立ち上がると、ポストに弾かれたボールをすばやくDFオ・ジェソクへロングパス。 そこからMF遠藤保仁、FWパトリックとつないであっという間にゴール前へ。 最後はMF米倉恒貴からのクロスを、オーバーラップしたDF藤春廣輝が利き足とは逆の右足ボレーで決めて、2-1の勝ち越しに成功した。
 
見ていた全てのファンが声を上げたに違いない驚きの展開。 まさかの連続に、記事でも「クレイジーな展開で、G大阪のファンも苦しい思いをした」とレポートされた。
 
試合は延長後半アディショナルタイムに、パトリックにも得点が生まれ、G大阪が浦和との激闘を3-1で制した。 CS決勝に駒を進め、年間王者1位の広島への挑戦権を獲得した。

Soccer Magazine ZONE web 11月29日(日)21時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151129-00010020-soccermzw-socc


ヨーロッパ最大の放送局「ユーロスポーツ」
http://www.eurosport.com/?eso_no_redirect=1

動画
https://www.youtube.com/watch?v=qpEeA-1f2VQ


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:10 | 大阪 ☀ | Comment(20) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユベントス、怒涛の4連勝で暫定5位浮上!4位ローマはバルサ戦の大敗拭えず…アタランタに0-2完敗 セリエA第14節

ローマ、バルサ戦の大敗を払拭できず…ユーヴェは4連勝で暫定5位に/セリエA第14節
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00375134-soccerk-socc
ユベントス2015第14節勝利.jpg

セリエA第14節が29日に各地で行われた。

 24日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でバルセロナ相手に1−6と大敗を喫していた4位ローマはホームで10位アタランタと対戦。なかなか得点が奪えずにいると40分、自陣でのパスミスからMFアレハンドロ・ゴメスに決められ、先制されてしまう。さらに試合終盤にPKで追加点を奪われたローマは攻撃陣が不発に終わり、0−2で敗れた。

 一方、前節ミランを下してリーグ戦3連勝を飾り、チャンピオンズリーグでもマンチェスター・Cを下すなど調子を上げてきているユヴェントスは敵地でパレルモと対戦。前半をスコアレスで折り返して迎えた54分、古巣対決となったFWパウロ・ディバラのクロスからFWマリオ・マンジュキッチが頭で決めて先制に成功する。その後、MFステファノ・ストゥラーロとFWシモーネ・ザザにもゴールが生まれ、3−0で快勝。リーグ戦4連勝を達成し、暫定で5位に浮上している。

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは28日にホームでサンプドリアと対戦し、4−1で快勝。FWエムバイェ・ニアンが2ゴールを挙げる活躍でチームを勝利に導いた。本田は80分から出場し、決定機を演出するパスを通す場面もあったが、得点に絡むことはできなかった。

 その他の試合結果は以下のとおり。

■セリエA第14節
トリノ 2−0 ボローニャ
ミラン 4−1 サンプドリア
キエーヴォ 2−3 ウディネーゼ
フロジノーネ 3−2 ヴェローナ
ローマ 0−2 アタランタ
ジェノア 1−2 カルピ
エンポリ 1−0 ラツィオ
パレルモ 0−3 ユヴェントス

▼30日開催
サッスオーロ vs フィオレンティーナ
ナポリ vs インテル

セリエAを見るぞ!107
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1448292556/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルに悪夢…サンチェス、カソルラ、コシェルニーが負傷 アーセナルはエジル先制ゴールも1-1ドロー

負傷者続出のアーセナルにさらなる悪夢 エース、司令塔、守備の要を揃って失う異常事態
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151130-00010011-soccermzw-socc
サンチェス2015第14節負傷.jpg

リーグ4位も、ノーウィッチ戦で直面した危機的状況
 故障者が多発し苦しい台所事情となっているアーセナルに、さらなる悲劇が訪れた。29日のノーウィッチ戦で、絶対的エースのFWアレクシス・サンチェス、DFの要ローラン・コシエルニー、プレーメーカーのMFサンティ・カソルラの3人が負傷。絶体絶命のピンチを迎えている。
 
 英地元紙「テレグラフ」によれば、サンチェスはハムストリング、コシエルニーは腰を痛め、ノーウィッチ戦で途中交代。後半開始早々に足をひきずっていたカソルラはプレーを続けたが、膝の靭帯を負傷したと見られている。すでにFWダニー・ウェルベック、セオ・ウォルコット、MFミケル・アルテタ、ジャック・ウィルシャー、トマシュ・ロシツキ、フランシス・コクラン、DFキーラン・ギブスなど、多くのキーマンを負傷で失っているアーセナルにとっては、さらなる大打撃となった。この試合は今季絶好調で、アシストランキングでトップのMFメスト・エジルのゴールで1-1と引き分け、勝ち点1を手にしたが、悪夢のような負傷の連続で攻守の要を失う異常事態を迎えている。
 
 エースのサンチェスについては、以前から疲労が懸念されていた。昨季からフル稼働が続き、開幕前にはコパ・アメリカにも参加。十分なオフがないままシーズンインを迎えたことで、休養が与えられるのではとの報道もあったが、結局休むことなく公式戦20試合に出場していた。9得点を決めるなど、代えの効かない存在であることは間違いないが、サンチェスに頼り切りとなったアーセン・ベンゲル監督の采配が仇となった格好だ。
 
 首位マンチェスター・シティとは勝ち点差2の4位につけるアーセナル。リーグ中盤戦に向けて、主力不在の窮地を乗り切る術を備えているのかが試されることになりそうだ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part970】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1448521716/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:05 | 大阪 ☀ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南、゙貴裁監督の続投を発表!京都からの破格オファー断る(関連まとめ)

【サッカー】湘南の曹監督が続投表明!来季12シーズン目 他チームから破格条件も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448852872/
゙貴裁監督指揮.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 12:07:52.83 ID:CAP_USER*.net

湘南曹貴裁監督(46)が来季も湘南で指揮を執ることが30日、決定した。

 同監督は、新潟、J2京都、C大阪など複数クラブからオファーを受け、湘南からも続投を要請されていた。 この日、平塚市内で取材に応じ「結論から言いますと、16年は湘南でやることに決めました」と表明した。

育成時代も含め、同監督は湘南で来季12シーズン目になる。「このクラブのいいところ、悪いところ、続けてやるべきことを他のどの人よりも分かっていると思う」 と話した上で「来季は積み上げた湘南スタイルを見せていかないと」と意欲を見せた。

特に京都は稲盛和夫名誉会長が直接思いを伝え、条件も破格だった。

それでも湘南残留を決めた経緯に「自分も考えた。湘南が一番、僕という人間を必要としてくれた。それがすべての理由」と明かした。 最終決断は2、3日前だったという。同監督を招聘(しょうへい)し、湘南スタイルをともにつくりあげた大倉智社長が退任することに 「彼がチャレンジすることには一友人として応援したい。湘南が尻すぼみになる姿を彼自身も見るのがつらいと思う。そういう気持ちも含めて(続投を)決めた」と話した。

日刊スポーツ 11月30日(月)12時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00000068-nksports-socc


゙貴裁監督 2016シーズン続投のお知らせ
http://www.bellmare.co.jp/136302
この度、湘南ベルマーレの゙貴裁監督が2016シーズンも引き続き監督として指揮を執ることとなりましたのでお知らせいたします。

【゙貴裁監督 コメント】
大変遅くなりましたが、2016年も湘南で監督をやらせていただくことになりました。
育成、コーチ時代も含めて来季が12年目のシーズンとなります。
選手の成長が勝利に繋がり、勝利が選手の成長を加速させる。
この精神にブレることなく、2016年も熱く湘南らしい戦いで多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。
溢れ出るチャレンジ精神と、みなぎる一体感で更にチームを成長させたいと思っていますので、2016年もぜひ一緒に戦ってください。
来シーズンも変わらぬご声援をよろしくお願いします。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:49 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【フェニックス長友】インテル、長友佑都に2年間の延長オファーへ!地元紙記者が証言

【サッカー】戦力外から一転!長友佑都…インテルが2年の契約延長オファーへ!地元紙の番記者が証言
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1448850020/
長友2015-16ユニインテル.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 11:20:20.23 ID:CAP_USER*.net

インテルの日本代表DF長友佑都は、今季開幕前にトルコ強豪ガラタサライなどへの放出要員となっていた。 親善試合では控え組の攻撃的MFという本職ではないポジションで起用されるなど戦力外状態だったが、不屈の闘志の持ち主はロベルト・マンチーニ監督の信頼を完全に取り戻した。そして、2018年6月まで契約延長というご褒美を手にするという。

 10月24日のパレルモ戦で今季初出場を果たすと、ローマ戦、トリノ戦、フロジノーネ戦で3試合連続絵先発出場を果たし、チームの連勝に貢献した。

 今季限りでインテルとの契約が満了となる長友だが、干されてもアッピアーノ・ジェンティーレの練習場で休日返上トレーニングを続けるなど、愚直に貫いてきたインテル愛とプロ意識がついに報われようとしている。

 地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」の番記者、マッテオ・デッラ・ヴィーテ記者は、日本のダイナモに対するインテルの契約延長の動きをこう語っている。

「インテルは長友と1年間の契約延長オプション付きの1年契約を延長する。マンチーニは長友を気に入っているからね」

 マンチーニ監督からの信頼を再び手にした長友は2016年6月から、新たに2年契約を手にすることになるという。来年30歳を迎えるダイナモだが、しばらくミラノでプレーすることになりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151130-00010007-soccermzw-socc



※一部編集し直しました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:17 | 大阪 ☀ | Comment(33) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロップ監督、リーグ戦ホーム初勝利!リバプールはミルナーPK弾でスウォンジーに1-0勝利!主将ヘンダーソンが復帰

主将復帰のリバプールがミルナーのPK弾で2連勝、6位に浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-01414781-gekisaka-socc
ミルナー2015第14節pk.jpg


[11.29 プレミアリーグ第14節 リバプール1-0スウォンジー]

 プレミアリーグは29日、第14節を行った。リバプールはホームでスウォンジーと対戦し、1-0で勝利。今季2度目の連勝で6位に浮上した。

 リバプールは前半6分、カウンターからMFアダム・ララナのスルーパスを受けたMFジョードン・アイブのトラップは大きくなり、シュート前にクリアされて左ポストを叩いた。同42分には正面やや右で獲得したFKからDFアルベルト・モレノが直接狙うもゴール上に外れ、スコアレスで前半を終えた。

 一進一退の攻防が続いたが後半16分に均衡が破れる。右サイドからアイブが上げたクロスがDFニール・テイラーの腕に当たり、PKを獲得。これをMFジェームス・ミルナーがゴール中央に豪快に決め、先制に成功した。

 さらに追加点を狙うリバプールは、後半19分にMFジョーダン・ヘンダーソン、同25分にMFダニエル・スターリッジを投入し、攻勢を強めた。同28分、ユルゲン・クロップ監督のもとで初出場となった主将ヘンダーソンのパスをPA左で受けたミルナーが左足シュート。惜しくもゴール右へ外れ、詰めていたスターリッジもわずかに届かなかった。

 試合はそのまま1-0で終了。2連勝としたリバプールは、リーグ戦ではクロップ監督体制で本拠地アンフィールドで初勝利を飾った。

〓〓〓 Liverpool FC 〓 650 〓〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1448701724/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:41 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、レアル戦で先発出場し奮闘!スペイン紙でチーム最高点の評価!エイバルはレアルに0-2で敗れる(関連まとめ)

【サッカー】リーガ第13節 レアル、ベイル&C・ロナ弾で3戦ぶり白星…エイバル乾はフル出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448816551/
乾2015第13節ドリブル.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 02:02:31.17 ID:CAP_USER*.net

リーガ・エスパニョーラ第13節が29日に行われ、 MF乾貴士が所属するエイバルとレアル・マドリードが対戦した。乾は左MFで4試合ぶりに先発出場している。

現在6位のエイバルは、前節のビジャレアル戦を1−1で引き分けた。

この試合で最初にチャンスを作ったのはレアル・マドリード。1 5分、後方からのロングボールが送られると、エリア手前でこれを受けたクリスティアーノ・ロナウドがワントラップから右足シュート。 しかし、ここはタイミングよく飛び出したGKアシエル・リエスゴがなんとか弾き返す。 こぼれ球をマテオ・コヴァチッチが右足で狙ったが、ボールは枠上に外れてしまった。

続く18分、左サイドでボールを受けたダニーロが、中央に切り込み右足シュートを放ったが、 ここはGKリエスゴがなんとかキャッチ。レアル・マドリードに得点を許さない。

ホームのエイバルも機を見て相手ゴールに迫る。
19分、ゴール手前でアドリアン・ゴンサレスからパスを受けた乾が右足シュートを放った。
しかし、ここは相手DFに当ってコースが甘くなり、GKケイロル・ナバスがしっかりとキャッチした。

このままスコアレスで前半が終わるかと思われたが、レアル・マドリードが地力の差を見せる。 43分、左CKを獲得すると、ショートコーナーからルカ・モドリッチがクロスを入れる。 これをニアのギャレス・ベイルが頭で合わせ、ゴール右に流し込んだ。このまま1−0でレアル・マドリードがリードして前半が終わる。

後半の立ち上がりから、エイバルも反撃に出る。58分、右サイドから乾がアーリークロスを入れると、 ニアに飛び込んだセルジ・エンリクがヘディングシュート。しかし、ここはわずかに枠を捉えきれなかった。

レアル・マドリードは65分にハメス・ロドリゲスを下げ、ルーカス・バスケスを投入した。 一方、エイバルは70分にA・ゴンサレスを下げてシモーネ・ヴェルディをピッチに送り込んだ。

追加点がほしいレアル・マドリードにビッグチャンス。72分、右サイドのL・バスケスがスルーパスを送ると、 最終ラインの裏に抜けだしたC・ロナウドがGKと一対一になる。 C・ロナウドはエリア内右から右足シュートを放ったが、ここは枠の右に外してしまった。

78分、エイバルは相手DFのクリアボールを拾った乾がダイレクトボレーを狙ったが、ここは惜しくも枠の右に外れてしまった。

エイバルはここまでなんとか守ってきたが、大きな2点目を入れられてしまう。 82分、右サイドからL・バスケスがドリブルを仕掛けると、エリア内でダニエル・ガルシアと交錯する。 微妙な判定だったが、主審はレアル・マドリードにPKを与えた。これをキッカーのC・ロナウドがきっちりとゴール中央に決め、リードを2点に広げた。

エイバルは85分にサウール・ベルホンとS・エンリクを下げ、イゼット・ハイロヴィッチとミケル・アルアバレナを投入し、1点を返しに出る。 しかし、このままスコアは動かず、2−0でレアル・マドリードがエイバルを下した。レアル・マドリードは連敗を止め、3試合ぶりの勝利。一方、エイバルにとっては4試合ぶりの敗戦となった。

次節、エイバルは敵地でレアル・ソシエダと、レアル・マドリードはホームでヘタフェと対戦する。

【スコア】
エイバル 0−2 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 43分 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)
0−2 82分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(レアル・マドリード)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00375063-soccerk-socc
SOCCER KING 11月30日(月)1時49分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00375063-soccerk-socc.view-000
先制ゴールを喜ぶベイル(中央)

試合スコア
http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/esp/esp-10787919.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:25 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、絶妙ロングパスも得点につながらず ドルトムントはオバメヤン2得点で4-1大勝!(関連まとめ)

【サッカー】ブンデス14節 香川先発のドルトムントが3戦ぶり白星…オーバメヤン2発で17得点目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448814514/
香川2015第14節オバメゴール.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 01:28:34.08 ID:CAP_USER*.net

ブンデスリーガ第14節が29日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントとシュトゥットガルトが対戦した。
香川は左のインサイドハーフで、リーグ戦開幕から14試合連続の先発出場となった。

試合は、開始早々にドルトムントが先制に成功する。3分、右サイドのロイスからの折り返しに、 中央のヘンリク・ムヒタリアンがダイレクトで右足シュート。 これは相手GKプジェミスワフ・ティトンに阻まれるが、弾き返されたボールをゴンサロ・カストロが頭で押し込み、先制点を決めた。 さらに、19分に追加点を奪う。スヴェン・ベンダーの鋭いパスをペナルティエリア手前中央のカストロがヒールで後方に流す。反応したオーバメヤンがエリア内右に抜け出し、ループシュートをゴール左隅に沈めた。

2点リードを得たドルトムントは勢いに乗り攻勢に出るが、なかなかチャンスを活かせない。 すると40分、シュトゥットガルトが反撃に出る。カウンターから、ティモ・ヴェルナーがエリア内右に抜け出し、 GKロマン・ビュルキを引きつけて無人のゴールにシュート。 だが、カバーに戻ったウカシュ・ピシュチェクがラインぎりぎりのところでブロックしピンチを凌いだ。 しかしその直後、ルーカス・ルップのスルーパスで、フィリップ・コスティッチがエリア内右に抜け出し、中央へグラウンダーの折り返し。 ボールはファーサイドまで流れ、フリーのダニエル・ディダヴィが左足で合わせてゴールネットを揺らした。 ドルトムントはシュトゥットガルトに1点を返されて2−1で前半を折り返す。

後半に入って50分、ドルトムントはカウンターからチャンスを迎える。 エリア内右に抜け出したムヒタリアンが中央へ折り返すが、中央に走り込んだロイスにはわずかに合わず。 ファーサイドのオーバメヤンが合わせるが、シュートは枠を捉えられなかった。
60分、香川を下げてヴァイグルを投入。すると65分、ラッキーなゴールでドルトムントがリードを再び2点に広げる。 ロイスが左サイドからグラウンダーの鋭い折り返しを供給。シュトゥットガルトDFゲオルグ・ニーダーマイアーが滑り込みながらクリアを試みるが、ボールはゴールに吸い込まれオウンゴールとなった。

ドルトムントは80分、ロイスに変えてフンメルスをピッチに送り出す。 89分にはイルカイ・ギュンドアンを下げて、アドリアン・ラモスを投入した。 終了間際の90分、ドルトムントがダメ押しゴールを奪う。ラモスのスルーパスに反応したオーバメヤンが、エリア内左に抜け出して左足シュートをゴール右隅に突き刺した。オーバメヤンは得点ランクトップのリーグ戦17ゴール目となった。

試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが4−1で公式戦3試合ぶりの勝利を収めた。 なお、香川は60分に途中交代。敗れたシュトゥットガルトはクラムニー暫定監督の初陣を勝利で飾れず、リーグ戦3連敗となった。

ドルトムントは次節、12月5日にアウェーでヴォルフスブルクと対戦。シュトゥットガルトは同6日にブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 4−1 シュトゥットガルト

【得点者】
1−0 3分 ゴンサロ・カストロ(ドルトムント)
2−0 19分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
2−1 40分 ダニエル・ディダヴィ(シュトゥットガルト)
3−1 65分 オウンゴール(ゲオルグ・ニーダーマイアー)(ドルトムント)
4−1 90分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00374999-soccerk-socc
SOCCER KING 11月30日(月)1時24分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00374999-soccerk-socc.view-000
シュトゥットガルト戦の先制点を喜ぶドルトムントの選手たち

試合スコア
http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ger/ger-10786955.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:16 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

酒井高徳、3戦連続先発出場でHSVの連勝に貢献!HSVは暫定6位に浮上(関連まとめ)

【サッカー】酒井高が3戦連続先発フル出場のHSV、暫定6位浮上
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448799900/
酒井高徳2015第14節試合後.jpg

1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 21:25:00.96 ID:CAP_USER*.net

 ブンデスリーガ第14節が28日に行われ、ブレーメンとDF酒井高徳が所属するハンブルガーSVが対戦した。酒井は右サイドバックで3試合連続の先発出場を果たしている。

 前節、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに勝利を収め、10位に順位を上げたハンブルガーSV。今節は14位ブレーメンとの“ノルト・ダービー”(北部ダービー)となった。

 試合は開始早々の3分に動く。カウンターからハンブルガーSVがチャンスを作ると、右サイドのピエール・ミシェル・ラソッガが左サイドへ展開。エリア内左でボールを持ったイヴォ・イリチェヴィッチが切り返しから右足シュートを放つと、これがゴール右上に決まり、ハンブルガーSVが先制に成功する。

 さらに27分、ハンブルガーSVが敵陣中央やや右側の、ゴールから距離がある位置でFKを獲得する。ミヒャエル・グレゴリチュが左足で強烈なシュートを狙うと、これが相手DFに当ってコースが変わり、GKフェリックス・ヴィートヴァルトの頭上を越えて追加点が決まった。

 後半になってホームのブレーメンがようやく反撃に出る。62分、エリア内で浮き球のパスを受けたアンソニー・ウジャーがワントラップから右足シュート。これがゴール左に決まり、 ハンブルガーSVが1点差に迫った。

 しかし、直後の68分、ハンブルガーSVがセットプレーから前がかりになっていたブレーメンを襲う。最終ラインからロングボールを受けたニコライ・ミュラーがハーフウェイラインから独走。 きっちりとGKとの一対一を決め、決定的な3ゴール目を奪った。

 このままハンブルガーSVが3−1でブレーメンを下し、“ノルト・ダービー”を制した。2連勝を飾ったハンブルガーSVは暫定6位に浮上した。なお、酒井はフル出場している。

 次節、ブレーメンは敵地でシュトゥットガルトと、ハンブルガーSVはホームで日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 1−3 ハンブルガーSV

【得点者】
0−1 3分 イヴォ・イリチェヴィッチ(ハンブルガーSV)
0−2 27分 ミヒャエル・グレゴリチュ(ハンブルガーSV)
1−2 62分 アンソニー・ウジャー(ブレーメン)
1−3 68分 ニコライ・ミュラー(ハンブルガーSV)

http://news.mynavi.jp/news/2015/11/29/068/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:48 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング