アンテナ・まとめ RSS

2016年10月31日

原口元気、フル出場し奮闘も…ヘルタは今季無敗のホッフェンハイムに敗れる(関連まとめ)

原口フル出場のヘルタ、今季無敗のホッフェンハイムに屈し今季2敗目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-01632770-gekisaka-socc
原口2016第9節競り合い.jpg

[10.30 ブンデスリーガ第9節 ホッフェンハイム1-0ヘルタ・ベルリン]

 ブンデスリーガは30日、第9節3日目を行い、FW原口元気の所属する3位ヘルタ・ベルリンは敵地で4位ホッフェンハイムと対戦し、0-1で敗れた。原口は左サイドハーフで先発し、9試合連続のフル出場を果たした。

 開幕4連続ドロー後の4連勝でいまだ無敗のホッフェンハイムがホームでの上位対決を制した。前半31分、左後方からのMFケレム・デミルバイのFKにファーサイドから走り込んだDFニクラス・ズーレがヘディングで押し込み、先制点。セットプレーで均衡を破り、この1点を最後まで守り抜いた。

 1点を追う展開となったヘルタは後半12分からFWユリアン・シーバーを投入し、原口が右サイドハーフに回る。終盤は再び左サイドに戻り、攻守に奮闘したが、結果には結びつかなかった。

 ヘルタはGKルネ・ヤシュティンが再三のビッグセーブで追加点を許さなかったが、攻撃陣が不発。0-1の零封負けで9月21日のバイエルン戦(0-3)以来、5試合ぶり今季2敗目を喫し、順位もホッフェンハイム、ケルンに抜かれて5位に後退した。

◆俺達の塩バタ レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1477835345/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:12 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、独ビルト紙で今節ベスト11に選出!キッカー紙でも高評価「まるでCB以外でプレーしたことがないと思わせるほど慣れていた」(関連まとめ)

【サッカー】長谷部がブンデス今節ベストイレブン 独メディア評価
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477907096/
長谷部誠2016第9節BMG戦02.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 18:44:56.43 ID:CAP_USER9.net

28〜30日に行われたサッカーのドイツ1部リーグで、ボルシアMG戦に3バックの中央でフル出場し無失点に貢献したアイントラハト・フランクフルトの長谷部誠が、31日付の大衆紙ビルトから今節のベストイレブンに選出された。今季初。

 最高が1で最低が6の採点でビルトは長谷部に2、専門誌キッカーは2・5のいずれも高い評価を与えた。同誌は「まるでセンターバック以外でプレーしたことがないと思わせるほど慣れていた」とたたえた。

 2部リーグのカールスルーエ戦でドイツ移籍後初ゴールを決めたシュツットガルトの浅野拓磨は、キッカー誌から3の評価を得た。(共同)

http://www.sankei.com/sports/news/161031/spo1610310046-n1.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:31 | 大阪 ☁ | Comment(25) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪MF堂安律、U19選手権の大会MVPに選出!過去には1998年大会で小野伸二も受賞(関連まとめ)

【サッカー】<アジアを制したU-19日本代表>堂安律が大会MVPを受賞!過去には1998年大会で小野伸二も受賞
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477877533/
堂安2016U19大会MVP.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 10:32:13.51 ID:CAP_USER9

バーレーンで開催されていたAFC U-19選手権の決勝が現地時間30日に行われ、 U-19日本代表はU-19サウジアラビア代表をPK戦の末に下して大会初優勝を飾った。

試合後には、ガンバ大阪所属のMF堂安律が大会最優秀選手(MVP)に選出されている。 アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えた。

サウジアラビアとの決勝は、0-0のまま120分間を終えてPK戦にもつれ込む激戦。今大会6試合を全て無失点で戦ってきた日本は、5人全員がPKを成功させて5-3で勝利を収め、悲願のアジア制覇を成し遂げた。

チームの優勝に貢献する活躍でMVPに選出された堂安だが、自身のプレーに満足はしていないようだ。 「MVPに名前が呼ばれた時は驚きました。大会を通して、それほど良いパフォーマンスができていたとは思っていませんでしたので」とコメントしている。

「もっとゴールを決め、もっとアシストをしてチームに貢献したいと思っていました」と語る堂安だが、 「自分だけで勝ち取った賞ではなく、チーム全体がやってきた仕事の結果だと思います。チームメイトのみんなに感謝しています」と受賞への喜びを表した。 過去には1998年大会で小野伸二(現コンサドーレ札幌)も受賞した栄えある賞を手にすることになった。

今大会で準決勝以上に進出したことで、U-19日本代表は来年韓国で開催されるU-20ワールドカップの出場権を獲得した。 日本にとって5大会ぶりの出場となる世界大会に向けて、堂安は「楽しみにしています。

チームを改善できる部分はたくさんありますので、集中し続けて、良い結果を求めていきたいと思います」と意気込みを述べた。

フットボールチャンネル 10/31(月) 8:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010007-footballc-socc

写真
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20161031-00010007-footballc-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:44 | 大阪 ☁ | Comment(14) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バロテッリ、またもゴールし今季6得点目!ニースは4-1大勝し6連勝で首位独走

【サッカー】バロテッリがまた決めた! チームも6連勝&無敗でリーグ独走態勢に
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477889356/
バロテッリゴールパフォ.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 13:49:16.74 ID:CAP_USER9.net

ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、またゴールを決めた。

バロテッリは30日に行われたリーグ・アン第11節ナント戦に先発出場。開始早々の9分に味方のゴールを演出し、上々のスタートを切る。 すると27分には自らが追加点となるゴールを決めてスコアシートに名を刻んだ。

自陣からのロングボールに反応したバロテッリは、最終ラインの裏に抜けて独走。 ドリブルでエリア内に進入し、相手GKの動きを見て冷静にゴール右隅へ流し込んだ。
同選手の活躍もあり最終的にニースは4−1でナントを撃破している。

今シーズンからニースでプレーするバロテッリは、リーグ戦5試合で6ゴールとハイペースで得点を量産している。 リヴァプールや昨シーズンに復帰したミランでは印象的な活躍を残せなかったが、初挑戦となったフランスで本調子を取り戻しつつある。

ナントに勝利したニースはこれで6連勝となり、第11節を終えて9勝2分け無敗の勝ち点29とした。 2位モナコ、3位パリ・サンジェルマンには早くも6ポイント差を付けており、独走態勢を築きつつある。 次戦は11月3日にUEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第4節でFW南野拓実が所属するザルツブルクと対戦する予定だ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509695-soccerk-socc
SOCCER KING 10/31(月) 12:11配信

http://soccerking-3e86.kxcdn.com/wp-content/uploads/2016/10/GettyImages-614788800-800x600.jpg

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/fra/fra-10927035.html
試合スコア

http://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
順位表

http://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、ボナベントゥーラ壁下通すFK弾でペスカーラに1-0辛勝 本田圭佑は出場せず(関連まとめ)

ボナヴェントゥーラが壁下を通すFK弾 ミランが格下に辛勝、本田は出場せず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509612-soccerk-socc
ボナベントゥーラ2016第11節ゴール.jpg

 セリエA第11節が30日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランとペスカーラが対戦した。

 前節ジェノアに0−3と完敗したミランは、ホームでなんとしても立て直したい一戦だ。本田はベンチスタートとなり、GKジャンルイジ・ドンナルンマ、MFマヌエル・ロカテッリ、FWカルロス・バッカらが先発出場。発熱による欠場が噂されたエムバイェ・ニアンもスタメン入りを果たしている。ここ8試合勝利がないペスカーラは、シーズン2勝目をかけたアウェーゲームに挑む。MFアルベルト・アクイラーニやアフマド・べナーリらがスタメン出場した。

 12分、アレッサンドロ・クレシェンツィが左サイドでグスタボ・ゴメスをかわして切り込み、右足で角度のないところからシュートしたが、GKドンナルンマがキャッチしている。得点こそ生まれないものの、序盤はペスカーラが押し込む展開が続く。一方のミランは17分、スソのクロスにバッカが反応し、左足を伸ばしたがしっかりとミートできず、GKアルバロ・ビザーリが難なくキャッチした。

 24分、ミランはスソが右サイドを突破すると、ゴール前に低い弾道のボールを送る。中ではニアンやバッカが待っていたが、惜しくもタイミングが合わず逆サイドに流れてしまった。28分にはスルーパスに抜け出したバッカがエリアに進入したが、ディフェンスにクリアされてシュートを放てない。35分には左サイドのフリーキックからジャコモ・ボナヴェントゥーラがエリアに高いボールを送ると、こぼれたところをマッティア・デ・シリオが右足の強烈なボレーで叩いたが、GKビザーリが反応して弾いた。ニアンが詰めてシュートを試みるが、オフサイドが宣告される。

 43分、右サイドからのクロスにエリア内でニアンがヘディングで合わせたが、左ポストに直撃して先制には至らない。45分にはエリア外からボナヴェントゥーラが強烈なミドルシュートを放ったが、これもGKビザーリがキャッチして抑えた。

 両チームともにゴールを割れず、スコアレスのまま前半を折り返す。

 後半開始して早々の49分、ミランはエリア手前左の好ポジションでフリーキックを獲得。これをボナヴェントゥーラが壁の下をすり抜ける低弾道のキックでゴール左下に突き刺した。ミランが1点を先取する。

 反撃したいペスカーラは直後の50分にフリーになっていたベナーリがエリア内でボールを受けて強烈な右足シュートでネットを揺らしたが、オフサイドの判定が下されて認められなかった。ミランも51分、左サイドからニアンがグラウンダーのクロスを供給し、バッカが滑り込んだが、左ポストに当たって追加点には至らない。53分、ペスカーラはクロスに頭で合わせようとしたアクイラーニとレティアン・メムシャイが接触。両者は頭を強打して流血しており、治療のために一時試合が中断される。アクイラーニが担架で運ばれてそのまま交代し、メムシャイは包帯を巻いてプレーに戻った。

 61分、左サイドで切り込む素振りを見せたスソが切り返してゴール前に進入し、右足でシュートを撃ったがGKビザーリがセーブ。一方のペスカーラはメムシャイがロングシュートを放つが、GKドンナルンマが弾いてコーナーキックに逃れた。その右CKからニアサイドで再びメムシャイが後方に流すようなヘディングで枠を狙ったが、これもGKドンナルンマに阻まれた。

 傷を負ったままプレーするメムシャイだが、79分にもゴールを脅かす。エリア外から強烈なミドルシュートを放ち、GKドンナルンマがなんとか弾いて防いだ。こぼれ球を途中出場のレイ・マナイが押し込んだが、オフサイドの判定。ペスカーラはチャンスを多く作りながらも、ミランゴールをこじ開けることができない。後半アディショナルタイムにも何度かシュートチャンスを迎えたが、集中力の高いミランのDF陣がゴールを許さなかった。

 試合はそのまま終了し、ミランが1−0で勝利した。次戦は11月6日の第12節で、ミランがパレルモ、ペスカーラがエンポリと対戦する。

【スコア】
ミラン 1−0 ペスカーラ

【得点者】
1−0 49分 ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(ミラン)

【サッカー】セリエA第11節 ミラン、昇格組に勝利し3位浮上。本田は21歳若手に途中交代枠とられ出番なし
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477843244/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:37 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3バックのチェルシー、アザールとコスタゴールでサウサンプトンに2-0完勝!リーグ4戦連続完封勝利!吉田麻也は出場せず(関連まとめ)

チェルシー、リーグ4戦連続完封! アザールとD・コスタ弾でサウサンプトン撃破
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509698-soccerk-socc
コスタ2016第10節雄たけび.jpg

プレミアリーグ第10節が30日に行われ、日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンとチェルシーが対戦。吉田はベンチスタートだった。

 敵地に乗り込んだチェルシーは、リーグ戦では3試合連続で完封勝利を収めている。26日のフットボールリーグ・カップ(EFLカップ)4回戦ではウェストハムに1−2と敗れて敗退が決まったものの、リーグ戦での連勝を伸ばしたい一戦だ。先発メンバーにはダヴィド・ルイスやエンゴロ・カンテ、エデン・アザール、ジエゴ・コスタらが名を連ねた。

 試合は開始早々に動いた。6分、アザールが敵陣中央でボールをキープし、右サイドへ展開。ヴィクター・モーゼスからに預けて自身は前方のスペースへと駆ける。アザールはモーゼスからスルーパスを受け、ペナルティーエリア右側へ進入。鋭い切り返しでマークを外し、左足シュートで相手GKの股下を抜いた。アザールの鮮やかなゴールで、チェルシーが先制に成功した。

 リードを奪ったチェルシーは、追加点こそ挙げられなかったものの、サウサンプトンに反撃を許さず。1点リードのままハーフタイムを迎えた。

 そして後半、またも立ち上がりにチェルシーがゴールを挙げる。55分、ペナルティーエリア手前でパスを受けたD・コスタが右側へスライドしながらシュートコースを作り出し、右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右隅へ突き刺さった。得点ランキング首位を走るD・コスタの今シーズン8ゴール目で、チェルシーがリードを広げた。

 2点リードとなったチェルシーは78分にウィリアン、終盤にも2選手を投入してテコ入れを図り、サウサンプトンにゴールを許さなかった。試合は2−0で終了。チェルシーがリーグ戦4試合連続となる完封勝利を収め、勝ち点を「22」に伸ばした。首位マンチェスター・Cと2位アーセナル、3位リヴァプールとの差は1ポイントとなっている。なお、吉田に出場機会はなかった。

 チェルシーの次節は11月5日、エヴァートンとホームで対戦。敗れたサウサンプトンは11月3日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節で日本代表DF長友佑都のインテルをホームに迎えた後、6日にはハルとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
サウサンプトン 0−2 チェルシー

【得点者】
0−1 6分 エデン・アザール(チェルシー)
0−2 55分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)

【サッカー】3バックチェルシー4連勝 上位3チームを勝ち点差1で追う 吉田麻也ベンチ入りも欠場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477849957/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:36 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテル、クアリャレッラの一撃に沈みサンプドリアに敗れ今季5敗目 長友佑都は出場せず(関連まとめ)

【サッカー】セリエA第11節 苦戦続くインテル、クアリャレッラの1発に沈み今季5敗目 長友は出場せず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477864136/
イカルディ2016第11節ヘッド.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 06:48:56.51 ID:CAP_USER9.net

セリエA第11節が30日に行われ、サンプドリアと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦した。

サンプドリアは15位、インテルは10位とともにシーズン序盤で苦戦を強いられているチーム同士の対戦。 前節、リーグ戦5試合ぶりの白星を手にしたインテルはマウロ・イカルディやアントニオ・カンドレーヴァらが起用され、長友はベンチスタートとなった。

立ち上がりに試合の主導権を握ったのはサンプドリアだった。 8分、前線で縦パスを受けたエドガル・バレートがこれをスルーし、抜け出したファビオ・クアリャレッラがエリア内右から右足で狙う。 だが、このシュートは惜しくも枠の左へ逸れた。

続く13分、エリア手前中央のブルーノ・フェルナンデスがエリア内左へスルーパスを通すと、フリーで受けたルイス・ムリエルが左足でシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。30分には右CKにニアサイドのバレートがボレーで合わせたが、ここは右ポストを叩いた。

対するインテルは39分、スルーパスで抜け出したマルセロ・ブロゾヴィッチがエリア内でDFをかわして左足を振り抜く。しかし、シュートはクロスバーの上をかすめた。

直後の40分にはカウンターを仕掛け、エデルが左サイドをドリブル突破。ニアサイドに鋭いクロスを入れると、飛び込んだイカルディが胸で合わせたが、わずかにゴール左へ逸れた。

すると、徐々にインテルに流れが傾く中で迎えた44分、サンプドリアが先制点を奪う。
B・フェルナンデスからパスを受けたエリア内左のカルロ・リネッティがファーストタッチで中央へコントロール。 このボールに反応したクアリャレッラが左足ダイレクトでゴール右下にシュートを沈めた。

このままサンプドリアの1点リードで前半を折り返す。

後半に入り67分、インテルはエリア内右からブロゾヴィッチが上げたクロスがゴール前でフリーとなったイカルディのもとへ。 しかしヘディングシュートは枠の上に外れ、決定機をモノにすることができなかった。

追い付きたいインテルは76分、エデルとカンドレーヴァを下げてイヴァン・ペリシッチとロドリゴ・パラシオを投入。
2枚替えで同点を目指す。

だが、後半アディショナルタイム2分にパラシオが迎えたビッグチャンスはクロスバーに嫌われゴールならず。 結局このまま試合終了のホイッスルを迎え、逃げ切ったサンプドリアが勝ち点3を獲得。インテルは早くも今シーズン5敗目となった。

次節、サンプドリアは11月6日に敵地でフィオレンティーナと、インテルは同日にホームでクロトーネと対戦する。

【スコア】
サンプドリア 1−0 インテル

【得点者】
1−0 44分 ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509601-soccerk-socc
SOCCER KING 10/31(月) 6:42配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931268.html
試合スコア

http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
順位表


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:59 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、またもPK獲得!ケルンはモデストのハットで酒井高徳先発のHSVに3-0完勝(関連まとめ)

【サッカー】日本人対決は大迫に軍配! ケルン、モデスト3発で酒井高フル出場のHSV下す
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477852747/
大迫2016第9節ドリブル.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 03:39:07.86 ID:CAP_USER9

ブンデスリーガ第9節が30日に行われ、FW大迫勇也所属のケルンと日本代表DF酒井高徳所属のハンブルガーSVが対戦した。

 ケルンはここまで4勝3分け1敗と好調。対するハンブルガーSVは未だ白星がなく、2分け6敗で最下位に沈んでいる。大迫はリーグ戦8試合連続で先発に名を連ね、左サイドに入った。一方の酒井はボランチの位置でリーグ3試合ぶりに先発し、日本人対決が実現している。

 序盤はハンブルガーSVがやや押し気味に進めながらも、最後のところでパス精度を欠くなど、チャンスを活かすことができない。

 一方のケルンは34分、右サイドからの折り返しをエリア手前中央の大迫が右足ダイレクトで狙ったが、このシュートはDFにブロックされた。

 ケルンに最大のチャンスが訪れたのは41分。左サイド深くでボールを持った大迫がドリブルを仕掛けてエリア内に侵入すると、DFに倒されてPKを獲得。しかし、キッカーを務めたアントニー・モデストがこれを左ポストに当ててしまい、先制点とはならなかった。

 このまま0−0で前半を折り返す。

 後半に入り55分、ケルンはアルチョムス・ルドニェスフに代えてシモン・ツォラーを投入。ツォラーが左サイドに入り、大迫が最前線にポジションを移した。

 この交代直後の57分、ハンブルガーSVのボビー・ウッドがボールとは関係のないところでドミニク・ハインツに肘打ちを見舞い、一発退場となった。

 すると数的優位に立ったケルンが61分に試合を動かす。左サイドのツォラーが右足で低い弾道のクロスを入れると、走り込んだモデストがわずかに触れたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれ、先制点となった。

 リードを得たケルンは72分、高い位置でルーズボールを拾った大迫がディフェンスラインの裏に絶妙な浮き球のパスを通す。抜け出したモデストが胸トラップから右足ボレーで狙ったが、シュートはわずかにゴール左へ逸れた。

 決定機を逃したケルンだったが82分、右サイドからマルセル・リッセが上げた鋭いクロスをニアサイドに走り込んだモデストがヘディングで合わせて貴重な追加点をマーク。さらに86分、浮き球のパスでエリア内に抜け出したモデストがGKの股下を抜くシュートを決めてハットトリック達成。ケルンのリードが3点に広がった。

 試合はこのまま3−0で終了。好調ケルンがエースのハットトリックでハンブルガーSVに快勝した。なお、大迫と酒井はともにフル出場している。

 11月5日に行われる次節、ケルンは敵地で日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトと、ハンブルガーSVはホームで同MF香川真司所属のドルトムントと対戦する。

【スコア】
ケルン 3−0 ハンブルガーSV

【得点者】
1−0 61分 アントニー・モデスト(ケルン)
2−0 82分 アントニー・モデスト(ケルン)
3−0 86分 アントニー・モデスト(ケルン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509599-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:52 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【預言者松木、爆誕】U19日本代表、悲願の初優勝!延長PK戦の末にサウジアラビアを撃破(関連まとめ)

【サッカー】PK戦でサウジ撃破!U-19日本代表が7回目のファイナル挑戦で悲願の初優勝!!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477847616/
小川2016U19決勝.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 02:13:36.34 ID:CAP_USER9

[10.30 AFC U-19選手権決勝 日本 0-0(PK5-3)サウジアラビア]

 19歳以下のアジアナンバー1を争うAFC U-19選手権バーレーン2016は30日に決勝を行い、U-19日本代表は0-0で突入したPK戦の末、サウジアラビアに5-3で勝利。過去準優勝6回の日本は7回目となる決勝挑戦で初めて勝利し、悲願の初優勝を果たした。

 2020年東京五輪を23歳以下で迎える97年生まれ以降の「東京五輪世代」がアジアの頂点に立った。日本は準決勝のベトナム戦から先発10名を入れ替え、U-20W杯出場を決めたタジキスタンとの準々決勝と同じ11名でスタート。4-4-2システムのGKは小島亨介(早稲田大)で4バックは右SB藤谷壮(神戸)、CB冨安健洋(福岡)、CB中山雄太(柏)、左SB舩木翔(C大阪U-18)。中盤は主将の坂井大将(大分)と市丸瑞希(G大阪)のダブルボランチで右MF堂安律(G大阪)、左MF三好康児(川崎F)。2トップはFW小川航基(磐田)とFW岩崎悠人(京都橘高)がコンビを組んだ。

 日本は2分にいきなりピンチを迎えたが、決定的なシュートをGK小島が指先で触ってポストに救われると、7分には中山のロングフィードからPAで切り返した小川が右足を振り抜く。縦に縦にボールを運んでくるサウジアラビアの攻撃を中山と冨安中心に跳ね返す日本。危険なシーンもつくられたが、ボールを失ったあとに坂井らが切り替え速く守備陣形を築く日本は、舩木がスライディングでスルーパスをカットしたほか、藤谷が狙いすましたインターセプトから一気に前線へ駆け上がるなど、飲み込まれることなく攻め返す。

 藤谷と舩木が攻撃参加からクロスを入れ、岩崎、小川のスペースへの抜け出しや堂安のドリブル、三好の左足セットプレーなどでサウアジアビアゴールを目指した。29分には岩崎が右サイドを駆け上がり、折り返しを受けた小川を経由して市丸が右足シュート。44分には三好が左足FKでゴールを狙った。

 後半も互いに攻め合うが、スコアは動かない。攻めきれずにボールを失うシーンが増えていた日本は15分、負傷した三好に代えてMF遠藤渓太(横浜FM)を投入。23分にはその遠藤がカットインから右足シュートを放つ。逆に25分にはサウジアラビアにショートカウンターを浴び、GK小島がかわされかけたもののシュートはヒットせず、体勢を立て直した小島がキャッチした。

 日本は30分、市丸に代えてMF原輝綺(市立船橋高)を投入。遠藤の左クロスを岩崎が頭で合わせるシーンもあったが、奪ったボールを敵陣に運ぶ前に奪われてカウンターを食らうなど日本は押し込まれる時間帯が続き、セットプレーやロングボールのこぼれ球からシュートを放たれた。

 試合は0-0のまま90分間を終了し、前後半計30分間の延長戦へ突入。日本は藤谷に代えてSB初瀬亮(G大阪)をピッチへ送り出す。アジアの頂点を懸けた総力戦。日本は相手の直接FKを小島が好反応で阻止したものの、遠藤の決定的なクロスなどを得点に結びつけることができず、勝敗はPK戦に委ねられた。

 PK戦で先攻の日本は1人目の坂井から堂安、遠藤、中山が成功。そしてサウジアラビア4人目のシュートが枠を外して優位に立った日本は決めれば優勝の決まる5人目・小川が右足で右隅に決めて頂点に立った。初めてアジアの頂点に立った日本。来年、5大会ぶりに出場するU-20W杯(韓国)で輝くために、今大会選ばれていない同世代の選手たちも含めて競争してチームをさらに強くする。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-01632771-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:41 | 大阪 ☁ | Comment(18) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅野拓磨、左足ボレーで移籍後初ゴール!シュツットガルトの勝利に貢献!(関連まとめ)

【サッカー】シュツット浅野、移籍後初ゴール!アウェーで勝利に貢献 山田大記も先発 ブンデス2部
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477837713/
浅野2016第11節ゴール.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 23:28:33.44 ID:CAP_USER9.net

2016.10.30 22:58

シュツットガルト浅野、移籍後初ゴール!クロスの折り返しを左足で合わせる【拡大】

 シュツットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が、ブンデスリーガ2部第11節のカールスルーエ戦で加入後初ゴールを挙げた。

 浅野はカールスルーエ戦で左ウィングとして先発。カールスルーエの10番を背負う山田大記もボランチとして先発し、日本人対決が実現している。なお、シュツットガルトに所属するMF細貝萌はケガの影響でベンチ外となった。

 0−0で迎えた前半10分、右サイドからのクロスをファーサイドでカルロス・マネが折り返すと、中で待っていた浅野が左足で合わせ、ゴール右へと流し込んだ。浅野にとってはヨーロッパに渡ってから、初めての得点となった。

 なお、試合は浅野のゴールで先制したシュツットガルトが前半30分経過時点で、1点をリードしている。(Goal.com)

http://www.sanspo.com/soccer/news/20161030/jle16103022580016-n1.html

結果
Karlsruher SC 1-3 VfB Stuttgart
http://www.livescore.com/soccer/germany/2-bundesliga/karlsruher-sc-vs-vfb-stuttgart/1-2272672/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:17 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、先発出場しスタンディングオベーションを受ける!強豪ビジャレアル戦で逆転勝利に貢献!(関連まとめ)

エイバルが強豪ビジャレアルに逆転勝利、2戦連続で先発の乾は喝采とともにピッチを後に/リーガ第10節
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00010007-goal-socc
乾2016第10節ビジャレアル戦.jpg

10日のリーガエスパニョーラ第10節、エイバルは本拠地イプルーアでのビジャレアル戦を2−1で制した。MF乾貴士は2試合連続で先発出場を果たし、90分までプレーしている。

第9節までにわずか5失点と、リーガで最も堅固な守備を見せるチームの一つであるビジャレアルと対戦したエイバル。試合は攻守が頻繁に入れ替わりながらも、大きなチャンスが生まれないまま時間が過ぎていく。左サイドの乾は、逆サイドに顔を出すなどしながらチームの攻撃の流れを加速させ、また守備にも積極的に顔を出した。

37分には左サイドでボールを受けた乾が、ペナルティーエリア手前に切れ込み右足を振り抜く。しかしながらボールはGKアセンホに両手に収まった。そして40分、レジューンがペナルティーエリア内でサンソーネを倒してPKを献上。キッカーのブルーノ・ソリアーノがGKリエスゴを冷静に破り、ビジャレアルがスコアを動かした。

後半は、ビハインドを負ったエイバルが攻勢に出るも、ビジャレアルの堅守を崩し切ることは容易ではなく、また決定機を迎えても守護神アセンホの好守に阻まれた。49分にはペナルティーエリア内左の乾が厳しい角度から右足でシュートを放つも、これは枠の右へと外れていった。

焦りを募らせるエイバルだったが80分、セットプレーからようやく同点弾を決める。右サイドのFKからペナルティーエリア内は混戦となり、センターバックのラミスが巧みな胸トラップ、正確なシュートとまるで純粋なストライカーのようなプレーによってアセンホを破った。

同点に追いついたエイバルは、勝ち越しを目指し攻撃に出てきたビジャレアルに速攻で対応。そして87分に仕掛けた速攻で、エンリッチの折り返しからペドロ・レオンがネットを揺らし、ついにスコアをひっくり返した。エイバルのメンディリバル監督は90分に最後の交代カードを切り、乾との交代でルベン・ペーニャを投入。得点にこそ絡めなかったものの、攻守両面で精力的なプレーを見せていた日本人MFは、スタンディングオーベーションを受けながらピッチを後にしている。

終了間際にはビジャレアルが意地の猛攻にさらされたエイバルだが、1点リードを維持したまま試合終了を迎えた。エイバルは4試合ぶりの勝利で、勝ち点を15に伸ばして暫定ながら7位浮上。3連勝を果たせなかったビジャレアルは、勝ち点19で暫定5位に位置している。

※一部レスを編集し直しました

【サッカー】乾は2戦連続先発…お見事エイバル、無敗のビジャレアルに鮮やか逆転勝利!!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477832304/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:12 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

独メディア、長谷部誠をベッケンバウアーにたとえ絶賛「ジャパニーズ・フランツ・ベッケンバウアー」

【サッカー】<ドイツ メディア>“ リベロ ” 長谷部誠を英雄になぞらえて絶賛! 「ジャパニーズ・フランツ・ベッケンバウアー」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477829347/
長谷部2016第10節02.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 21:09:07.53 ID:CAP_USER9.net

3バックの中央で2試合連続出場の長谷部 指揮官ら首脳陣の評価もうなぎ上り
 
フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は28日のブンデスリーガ第9節ボルシアMG戦で3バックの中央で起用され、無失点に貢献した。

チームはスコアレスドローに終わるも、32歳にして新境地を開拓した長谷部に対して称賛の声が集まっている。 フランクフルトのブルーノ・ヒュブナーSDは「ハセは才能あるフットボーラー」とその万能性を称えた。独紙「フランクフルター・ルンドシャウ」が報じている。

フランクフルトを率いるニコ・コバチ監督は、DFBポカール2回戦のハンブルガーSV戦(3-0)から2試合連続で長谷部をリベロとして先発起用。 2試合連続で無失点に貢献し、本格的なコンバートも視野に入れているようだ。指揮官だけでなく、チーム首脳陣の評価もうなぎ上りだという。

「ハセは才能あるフットボーラーだ。彼は本当にたくさんのポジションでプレーできる。最近の彼は素晴らしい。冷静で、決して自分を見失うことがない」 フランクフルトのヒュブナーSDは ヒュブナーSDは長谷部のパフォーマンスを振り返り、こう絶賛していた。

32歳にして新たな才能が開花しつつある
 
フランクフルトの話題を専門に扱う地元オンライン雑誌の「SGE4EVER.de」でもヒュブナーSDの長谷部絶賛コメントは取り上げられている。 その記事の中で、新たな役割を完璧にこなす長谷部にドイツ往年の名リベロで、同国の英雄とも称されるフランツ・ベッケンバウアー氏の姿を重ね合わせ、 「ジャパニーズ・フランツ・ベッケンバウアー」とも表現された。

長谷部は以前から万能性豊かな選手として知られ、本職のボランチ以外にもサイドバックなどで無難にプレーしている。 ヴォルフスブルク時代(08〜13年)には、味方の退場によるアクシデントでGKも務めたこともあった。

日本代表では不動のボランチだが、32歳にして新たな才能を開花させつつあるようだ。

Football ZONE web 10/30(日) 20:01配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161030-00010022-soccermzw-socc

写真
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20161030-00010022-soccermzw-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:30 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング