アンテナ・まとめ RSS

2017年02月07日

デンハーグ、元浦和ゼリコ・ペトロビッチ監督を解任!ハーフナー・マイクが所属(関連まとめ)

【サッカー】ハーフナー所属デンハーグが監督解任 降格危機16位、過去浦和でも指揮
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486470464/
ゼリコ記者会見.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 21:27:44.92 ID:CAP_USER9.net

FWハーフナー・マイクが所属するADOデンハーグは7日、ゼリコ・ペドロヴィッチ監督との契約を解除すると発表した。

 ADOデンハーグは第21節を終え、2部との入れ替え戦圏内の16位と下位に沈んでいる。ペドロヴィッチ監督はかつてJ1浦和でも監督を務めていたことで知られる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000145-spnannex-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:04 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、アデミ・長沢・三浦ゴールでマレーシア王者に3-0完勝!ACL本大会に出場決定(関連まとめ)

【サッカー】<ACL>G大阪のACL本戦出場が決定! マレーシア王者に3発快勝でプレーオフ制す
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486468318/
長沢2017ACLPOゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 20:51:58.57 ID:CAP_USER9.net

【スコア】

ガンバ大阪 3−0 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) (吹田サッカースタジアム)

【得点者】

[G]アデミウソン(26分)
[G]長沢駿(29分)
[G]三浦弦太(70分)

Jリーグ公式
http://www.jleague.jp/match/acl/2017/020701/livetxt/

AFC公式
http://www.the-afc.com/afc-champions-league-2017/match-report/competition/774/season/2017/matchid/902838

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・プレーオフが7日に行われ、ガンバ大阪とジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が対戦した。

 G大阪は昨季のACLでグループステージ敗退に終わっており、今季はリベンジに燃える。だが、まずはこのプレーオフを突破しなければ本戦出場権を獲得することはできない。本拠地・市立吹田サッカースタジアムで勝利が必須の一戦には、GK東口順昭、DF藤春廣輝、DF三浦弦太、DFファビオ、DFオ・ジェソク、MF今野泰幸、MF遠藤保仁、MF井手口陽介、MF倉田秋、FWアデミウソン、FW長沢駿の11名が先発起用された。

 序盤から試合の主導権を握ったG大阪は26分、左サイドを駆け上がった今野の絶妙なクロスをペナルティエリア中央のアデミウソンがフリーで合わせる。このヘディングシュートがゴール右下に決まり、先制に成功した。

 勢いに乗るG大阪はさらに29分、倉田からのパスでエリア内左に抜け出した藤春がグラウンダーで折り返すと、これをゴール前の長沢が左足ダイレクトで叩き込み、貴重な追加点を奪った。

 前半はこのままG大阪の2点リードで折り返す。

 後半も敵陣に押し込む時間が続くG大阪は70分、遠藤が蹴った右CKを三浦がヘディングでゴール左下に突き刺し、決定的な3点目が決まった。

 リードを広げたG大阪は最後までジョホール・ダルル・タクジムに反撃を許さず、試合はこのまま3−0で終了。マレーシア王者を下したG大阪がACL本戦出場を決めた。

 なお、G大阪は本大会で、アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)、江蘇蘇寧(中国)、済州ユナイテッド(韓国)と同じグループHに入る。

SOCCER KING 2/7(火) 20:50配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00550208-soccerk-socc

■ACL組み合わせ

[グループH]
1.アデレード・U(豪州)
1.江蘇蘇寧(中国)
1.済州ユナイテッド(韓国)
1.ガンバ大阪(日本

第1節 2月22日(水)
アデレード・U vs ガンバ大阪
済州ユナイテッド vs 江蘇蘇寧

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:24 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンテがもたらしたものは勝ち点30差!チェルシーの今季と昨季の勝ち点を比較

【サッカー】<カンテがもたらすのは”勝ち点30”差!> チェルシーとレスターの明暗くっきり
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486395462/
カンテチェルシー.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 00:37:42.55 ID:CAP_USER9.net

現在首位を走るチェルシーと、昨季王者レスターとの間に面白いデータがある。

それはイングランド・プレミアリーグ第24節を終えた時点での両者の勝ち点だ。チェルシーは勝ち点59で首位、一方レスターは、勝ち点21の16位で降格圏と1ポイント差だ。しかし、昨シーズンの同じ第24節の順位表を見てみると、チェルシーは今季よりも30ポイント少ない、勝ち点29で13位に沈んでいる。一方レスターは29ポイント多い、勝ち点50で首位を走っていた。そこからレスターは首位を一度も明け渡すことなく、優勝を勝ち取った。

そんなチェルシーとレスターにおいて、昨季と今季の一番の違いは何か。それはMFエンゴロ・カンテの存在に他ならないだろう。前々節リヴァプール戦では驚異的なタックル数を記録し、前節アーセナル戦でも中盤を支配。そんな彼は昨シーズン、レスターの一部のファンから「地表の表面の7割は水が覆っているが、残りの3割はカンテがカバーしている」などと称えられるほどの運動量とともに存在感を示していた。

カンテ一人の力と一概には言えないが、カンテが与える影響力が絶大なのは確かである。結果を記録でも記憶でも残してきたカンテ。そんな彼を失ったレスターと、獲得したチェルシー。対照的な両チームの最終的な結果はどのようになるか、同選手の与える影響に今後も目が離せない。

ザ・ワールド 2/7(火) 0:10配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00010000-theworld-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:15 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランパード、ロナウジーニョの衝撃を語る「別の惑星から来たと思った」

【サッカー】引退のランパードが現役時代に「別の惑星から来た」と衝撃を受けた選手とは?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486436402/
ロナウジーニョとランパード.jpg
1: イコ ★@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 12:00:02.67 ID:CAP_USER9.net

引退を表明したランパードが、現役時代に印象的だった出来事について述べている。その中で、強烈なインパクトを残した名手について最大限の賛辞を贈った。


先日、現役引退を表明した元イングランド代表MFフランク・ランパードが、現役時代に印象的な出来事の一つとして、とある選手と対峙した瞬間のことについて言及した。

ランパードは「今でこそバルセロナは(リオネル)メッシのチームと言えるかもしれないが、ロナウジーニョと初めて戦った試合のことはよく覚えている。彼はボールを持ったら、不可能なことでも実現してしまうんだ」と発言。

「チャンピオンズリーグのノックアウトラウンドで、それまでに経験したことがない衝撃を受けたよ。彼は別の惑星から来た人だと思ったね」

ランパードが言及したのは、04−05シーズンのチャンピオンズリーグ、決勝トーナメント1回戦の対バルセロナ戦。その第2戦では、ロナウジーニョがペナルティーエリア外から、ほぼノーモーションで意表を突いたトーキックを放った。対峙したリカルド・カルバーリョもブロックのしようがなく、ペトル・チェフも為す術なくゴールを許す形に。

結果的に2戦合計5−4でチェルシーが上回り、準々決勝に進出したのはチェルシーだった。しかし、ランパードにとっては勝ち上がったことよりも、ロナウジーニョから受けたインパクトがあまりに強烈だったようだ。
http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%A4%E3%B3%E3%B0%E3%A9%E3%B3%E3%89/2017/02/07/32405992/1


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:22 | 大阪 ☔ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅野拓磨、3戦連続フル出場し勝利に貢献!シュツットガルトは首位浮上

【サッカー】浅野拓磨先発フル出場 シュツットガルト首位浮上 ブンデス2部19節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486417659/
浅野2017ドリブル.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 06:47:39.57 ID:CAP_USER9.net

シュツットガルト 2-0 デュッセルドルフ

得点
13' Simon Terodde
19' Julian Green

http://www.livescore.com/soccer/germany/2-bundesliga/vfb-stuttgart-vs-fortuna-duesseldorf/1-2272740/

細貝はベンチ入りも出番なし

順位表
http://www.livescore.com/soccer/germany/2-bundesliga/



浅野、3戦連続フル出場。1年での1部復帰を目指すシュトゥットガルトは首位浮上

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170207-00010014-footballc-socc

現地時間6日にブンデスリーガ2部第19節の試合が行われ、シュトゥットガルトはデュッセルドルフと対戦し2-0の勝利をおさめた。この試合でシュトゥットガルトに所属するFW浅野拓磨は90分間出場し3戦連続フル出場を果たしている。

 11月28日のニュルンベルク戦から3戦連続アシストを記録した浅野はシュトゥットガルトの主力に定着。12月18日のヴュルツブルガー・キッカーズ戦から3試合連続でフル出場を果たしチームの攻撃を牽引した。得点こそ入らなかったものの、決定機を作るなどして存在感を発揮している。

 デュッセルドルフ戦に勝利したシュトゥットガルトは首位浮上。1年でのブンデスリーガ復帰が見えてきた。浅野の活躍次第で、その可能性がさらに高まることになりそうだ。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:46 | 大阪 ☔ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アグエロ、今季終了後マンC退団の可能性示唆「来季もとどまりたいが、クラブがどうしたいのか見極めていく」(関連まとめ)

【サッカー】アグエロ、今季終了後マンC退団の可能性示唆と英紙
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486380912/
アグエロ2017ベンチ.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/06(月) 20:35:12.11 ID:CAP_USER9.net

 マンチェスターCのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(28)は、今季終了とともにクラブを退団する可能性があることをほのめかした。5日付のインディペンデント電子版が報じた。

 冬の移籍で新規加入したブラジル代表FWガブリエルジェズス(19)が、5日のスウォンジー戦で先発し、チーム全得点となる2得点を決めるなど好調。この試合でアグエロはベンチスタートで途中出場した。

 ベンチを温める機会が増えた同選手だが、クラブにとどまりたいことを主張も、去就は同選手ではなく、クラブが決めることだと話した。「来季もとどまりたいが、クラブがどうしたいのか見極めていく。僕は問題ないよ。こういうことは、時々起こり得ることだ」と、厳しい現状を冷静に見極めた。

 2試合連続でベンチスタートが続いているが「ベンチにいる時は、チャンスを待つしかないね。まだ3カ月残っているし、チームメートを助けられるように努力する」と腐らずにプレーすることを強調した。今後については「僕の未来に何が起こるか見てみようじゃないか。クラブを去ることは考えていないが、3カ月で僕に何ができるかだ。その後、クラブが僕を残したいかどうかだ」と自身の去就をクラブにゆだねることを明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-01775453-nksports-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラツィオのベテランMFパローロ、初の4ゴールに喜び「ハットならボールを持ち帰るけど、4点ならユニフォームやストッキングも持って帰らないとね」

4点を決めたラツィオのベテランが喜び語る「ハットトリックなら球を持ち帰るけど4点なら……」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00010055-theworld-socc
パローロ4ゴール.jpg

セリエAのラツィオでプレイするイタリア代表MFマルコ・パローロが、6-2で勝利した5日のペスカーラ戦を振り返っている。

合計8点が飛び交う激戦となった同試合において、怒涛の4ゴールを奪ってみせたパローロこそ、最もヒーローインタビューを受けるに値する選手だったことは明白だ。前半だけで2ゴールを決めた32歳のベテランは、後半にも2点を追加し、チームの大量得点に貢献。試合後、パローロは次のように喜びを露わにしている。伊『sky』が伝えた。

「ハットトリックならボールを持ち帰るところだけど、4ゴールを決めたからそれに加えてユニフォームやストッキングも持って帰らないとね。もちろん僕を支えてくれたすべての人たちに感謝しているよ」

さらにイタリア代表MFはこの試合が決してラクな展開ではなかったことも理解している。

「今日は2度素晴らしい瞬間があったね。最初は2-0としたときで、もうひとつは追いつかれてしまった後だよ。常に100%の集中をしないとどんなゲームであっても困難な状況になってしまうね。僕らはなんとかして自分たちのサッカーをすることができた。これまでは後半にトーンダウンする試合が多かったけど、今日は良かったんじゃないかな」

◇SS.Lazio-Bianco・Celeste〜ラツィオスレ60
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1476525689/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:26 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、FKでも宇宙人レベル?2017年すでにFKで4得点

【サッカー】2017年のメッシはFKも異次元!データが宇宙人レベルで恐ろしい…
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486386043/
メッシ2017.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/06(月) 22:00:43.83 ID:CAP_USER9.net

先週末、カンプ・ノウでアスレティック・ビルバオを3-0で下したバルセロナ。

試合を決定づける2点目を奪ったのは、リオネル・メッシだった(「Youtubeで見る」からご覧ください。00:51から)。

  

右サイドの角度のない位置からフリーキックを直接決めたメッシ。相手GKゴルカ・イライソスのミスにも助けられたが、こうした位置からゴールを狙えるのは自信があってのことだろう。

そんなメッシは、今季直接フリーキックで4ゴールを奪っている。その全てが2017年に入ってからのものであり、今年に入ってからの10試合であげた8点のうち、半分にあたるフリーキックということになる。

そのゴールはいずれも過去記事で映像を紹介しており、時系列順に並べるとビルバオ戦、ビジャレアル戦、ビルバオ戦。なかでもビルバオからは直近の3試合で全てフリーキックからゴールを決めていることになる。対戦相手からするとこれはトラウマレベル…。

逆に言えば、今季メッシは1月に入るまでフリーキックからゴールを決めていなかったということになる(代表戦では1ゴール)。それはそれで不思議なことだが、いずれにしても今やミラレム・ピャニッチと並ぶ世界最高のフリーキッカーと言って良い。

なお、この日のゴールによってメッシがバルセロナであげた直接フリーキックの数は27に。これによりロナルト・クーマンが持っていたクラブ記録(26)を更新し、単独でのレコードホルダーとなった。

http://qoly.jp/2017/02/06/lionel-messi-freekick-data-20170206-kwm-1


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:58 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表MF戸田和幸氏、S級ライセンスを取得!海外研修のため欧州に長期滞在

【サッカー】名将候補の戸田和幸氏、S級ライセンスを取得!ヨーロッパに長期滞在中
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486384915/
戸田和幸解説.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/06(月) 21:41:55.83 ID:CAP_USER9.net

解説者への転身後、落ち着いたトーンと的確な分析で高い評価を得る戸田和幸氏。

解説者としてのキャリアはそこまで長くないが、すでに『スカパー!』や『NHK』で数多くのビッグマッチを任されており、昨シーズンはJリーグチャンピオンシップの決勝も担当した。

そんな戸田氏は現在ヨーロッパにいるようだ。1月31日に投稿された自身のブログで、その理由が明かされていた。

戸田氏は昨年、S級ライセンスの取得にチャレンジ。見事12月半ばに合格の通知を受けた取ったのだそうだ。

同ライセンスは日本サッカー協会が公認する最高位の指導者資格であり、Jリーグの監督を務めるために必要な免許である。同ライセンスの取得には海外研修が必須となるが、今年に入ってそのためにヨーロッパを訪れていたようだ。

また、戸田氏は「勉強」という目的でイングランドやオランダ、イタリアを訪問。自身がかつて在籍したトッテナムの練習も見学し、そのあまりの凄さに言葉を失ったという(詳しくはブログから)。

長期滞在であるため、解説業の仕事もいくつかキャンセルしたという戸田氏。それでも、『スカパー!』の番組でレスターFW岡崎慎司と対談している。

  



S級ライセンスの習得について、戸田氏は「資格を取得するためだけではなく5年後・10年後の 『その時』の為になるように自分なりに突っ込んで受講してきました」と綴っている。

解説者としてだけでなく指導者としても期待されているだけに、今後が注目だ!

戸田和幸オフィシャルブログ 「KAZUYUKI TODA」
http://ameblo.jp/todakazuyuki/

http://qoly.jp/2017/02/06/kazuyuki-toda-blog-20170206-kwm-1


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:30 | 大阪 ☁ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「まるで日向小次郎」クアドラードの決勝ゴールがタイガーショットだと話題に

【サッカー】<まさにキャプテン翼!>クアドラード、衝撃のタイガーショットを完全再現!スペイン紙「まるで日向小次郎だ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486384834/
クアドラード2017第23節ゴール02.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/06(月) 21:40:34.53 ID:CAP_USER9.net

スペイン紙が「伝説的なシーンを彷彿とさせる」と絶賛

5日、セリエA第23節が行われ、首位に立つユヴェントスは、 インテルとの今季2度目のイタリアダービーを戦い1−0で勝利を収めた。

この試合でコロンビア代表FWファン・ギジェルモ・クアドラードが決めた決勝ゴールが、 スペインメディアで話題となっている。

クアドラードのゴールが生まれた45分。ペナルティエリア手前にいたクアドラードが、 左CKのこぼれ球をダイレクトボレーで蹴り込む。

するとそのボールは凄まじい勢いでゴールネットに突き刺さった。

あまりのスピードにインテルGKサミール・ハンダノビッチもノーチャンス。 クアドラードは記憶に残る今季初ゴールをマークした。

スペイン『MARCA』はこのゴールシーンを動画で紹介し、 「ネットを突き破る勢い。まさに核弾頭。まるで『オリベルとベンジ(キャプテン翼)』の日向小次郎だ。 彼がゴールネットを突き破った伝説的なシーンを彷彿とさせる」と絶賛した。

theWORLD(ザ・ワールド) 2/6(月) 17:45配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00010040-theworld-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170206-00010040-theworld-000-view.jpg

動画
http://www.theworldmagazine.jp/20170206/01world/italy/109451


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:57 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング