アンテナ・まとめ RSS

2017年02月13日

独地元紙、主将・酒井高徳を称賛「とてつもない安定感に信頼感。ほぼ完璧な内容」

【サッカー】ハンブルガーSV主将の酒井高徳を地元紙が称賛「とてつもない安定感」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486987910/
酒井高徳2017第20節抗議.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 21:11:50.18 ID:CAP_USER9

ブンデスリーガ第20節が10日から12日にかけて各地で行われ、日本代表DF酒井高徳の所属する16位ハンブルガーSVは2位ライプツィヒを敵地で3−0と一蹴。
15位に浮上し、降格圏から脱出した。

 主将としてフル出場した酒井を、地元紙『Hamburger Morgenpost』は 「ほぼ完璧な内容」と称えた。

 同FW大迫勇也所属の7位ケルンは8位フライブルクに1−2で敗れた。 フル出場の大迫は一時同点となるゴールの起点となったが、地元紙の採点は「3」と伸びなかった。
(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 同MF長谷部誠所属の3位フランクフルトは9位レヴァークーゼンに3−0の完敗を喫し、同FW原口元気が所属する6位ヘルタ・ベルリンもDF内田篤人所属の12位シャルケに敵地で0−2と敗戦。 地元紙からは安定して高い評価を得ていた長谷部も、今回は低評価に終わった。

 唯一の日本人選手対決となったFW武藤嘉紀所属のマインツとMF宇佐美貴史所属のアウクスブルクの一戦は2−0でマインツが勝利を収めた。武藤は70分から、宇佐美は90分から出場した。

 各選手の採点と寸評は以下の通り。

■酒井高徳
対ライプツィヒ(0−3〇)フル出場
『Hamburger Morgenpost』
採点:「3」
寸評:とてつもない安定感に信頼感。守備はもちろん攻撃でもシンプルにプレー。ほぼ完璧な内容だった。

■大迫勇也
対フライブルク(2−1●)フル出場
『Koelner Stadt-Anzeiger』
採点:「3」
寸評:相手DF3人の間を抜くパスを(ヨナス)ヘクターに通し、ヘクターが同点弾をアシスト。有効なボールを前線に何本も送った。

『EXPRESS』
採点:「3」
寸評:左サイドで先発も、マルコ・ヘーガーの負傷交代によりボランチに。奮闘したが、まだまだできるはずだ。

■長谷部誠
対レヴァークーゼン(3−0●)フル出場
『Frankfurter Rundschau』
採点:「So lala(まあまあ/4点相当)」
寸評:ここ最近の調子を出せず。ボールを敵に渡してしまうことがあまりにも多く、先制点を奪われた場面では上手く防げなかった。それでも必死にプレーする姿勢は出ていた。

■原口元気
対シャルケ(2−0●)先発出場、82分交代
『Sportal.de』
採点:「4.5」
寸評:右ウイングでいい立ち上がりだったが、その勢いは長続きせず。前半はプレーのテンポを上げる動きが1度、13分のシュートチャンスがあったのみ。後ろのペテル・ペカリクと呼吸が合わず、前半はシャルケの(ダニエル)カリジューリに苦戦する場面もあった。54分に警告を受け、82分にベンチに下がった。

■武藤嘉紀
対アウクスブルク(2−0)70分交代出場
『Allgemeine Zeitung』
採点:なし
寸評:ボージャン・クルキッチに代わり出場。攻撃でまずまずの動きをした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00551885-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:30 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1神戸、元独代表ポドルスキの開幕加入が無くなる(関連まとめ)

【サッカー】元独代表ポドルスキの獲得ならず J1神戸
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486982202/
ポドルスキガラタサライ笑顔.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 19:36:42.36 ID:CAP_USER9.net

 サッカーJ1神戸が獲得を模索していた元ドイツ代表のMFポドルスキ(トルコ1部ガラタサライ)の開幕までの加入がなくなったことが13日わかった。関係者によると、開幕戦は現状のメンバーで臨み、他の海外選手も含めて夏の移籍市場に向けて調査を進める。

 神戸はポドルスキの獲得に向け交渉していたが、高額な移籍金などの条件面で難航したとみられ、1月末までに成立しなかった。ポドルスキは2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会から3大会連続で出場し、14年ブラジル大会の優勝メンバー。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000050-asahi-spo

関連スレ
【サッカー】<J1神戸>元独代表のポドルスキ加入へ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484905951/

J1神戸 元独代表のポドルスキ加入へ
http://mainichi.jp/articles/20170121/k00/00m/050/041000c


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:02 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、キャプテンマークを後半任されるも…フランクフルトはレバークーゼンに0-3完敗(関連まとめ)

【サッカー】長谷部のフランクフルト、0-3で完敗 前節PKの長谷部、後半にキャプテンマーク任される
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486875092/
長谷部2017第20節試合後.jpg

1: サインコサイン ★@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 13:51:32.78 ID:CAP_USER9.net

長谷部、PKの次はキャプテンマークを託されるも「誰がやっても…」

 PKキッカーの次はキャプテンマークを託された。フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠は、11日に行われたブンデスリーガ第20節のレヴァークーゼン戦にフル出場。後半途中からはキャプテンマークを巻いてプレーした。

 5日に行われた前節のダルムシュタット戦では、シーズン後半戦から任されているというPKで今シーズン初ゴールを記録。大事なPKキッカーを任され、チームや指揮官からの信頼が伺えたが、今節はさらにキャプテンマークも託された。

 後半66分、先発出場したキャプテンのドイツ人FWアレクサンダー・マイアーが途中交代。さらにマイアー不在時にゲームキャプテンを務めていたアルゼンチン人DFダビド・アブラームも負傷欠場していたため、キャプテンマークは長谷部に渡った。「マイアーもいないし、ダビドもいなかったので僕が。誰がやっても同じでしたけどね」と笑顔を見せつつ謙虚に説明した。

 3バックの中央で先発し、終盤にはゲームキャプテンとして奮闘した長谷部だが、失点にも絡んでしまった。長谷部含む4人で囲んだ17歳MFカイ・ハフェルツに先制点に繋がる突破を許し、後半にはFWハビエル・エルナンデスのマークに付ききれず、追加点を奪われた。「2失点絡んだっていう部分もあるので、個人としても満足できない」。

 また、チームも「全体的に動きが鈍かった」。DFBポカールをはさみ7日間で3試合目だったことも影響し、守備の安定性を欠いて3失点完敗。「チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグを戦っているチームは常にこういう日程でやっているので言い訳にしたくない」と語りつつ、「今シーズンの良さのチーム全員で連動して攻撃も守備もする部分は見られなかった」と振り返った。

 公式戦3連勝中と好調だっただけに痛い敗戦となった。それでも「(リーグ戦の)順位やカップ戦で勝っていることもあって(チームの)雰囲気はいい。ガンっと落ち込む必要はないと思うし、こういう負けた後の試合が大事」と、7日後に控えるリーグ戦第21節のインゴルシュタット戦に切り替えた。

https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20170212/551441.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:29 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、メイウェザーとUFC王者マクレガーを挑発「俺と闘え!二人とも病院直行だ」

【サッカー】「俺と闘え、病院送りにしてやる!」ズラタン・イブラヒモビッチがコナー・マクレガーとフロイド・メイウェザーに大胆挑発!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486970276/
イブラとマクレガーとメイウエザー.jpg

1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 16:17:56.60 ID:CAP_USER9.net

マンチェスター・Uに所属するスウェーデン代表FWのズラタン・イブラヒモビッチが、他競技のアスリートに飛ばしたジョークが話題となっているという。スペイン紙『ムンドデポルティーボ』が伝えている。
 
これまでに数々の名言(迷言?)を残してきたイブラヒモビッチが今回挑発したのは、なんと格闘技界のヒーローだ。
 
同紙によれば、UFCの2階級王者のコナー・マクレガーと元ボクシング世界王者のフロイド・メイウェザーに対し、
「2人のドラマ作りにはうんざりだ。あいつらは俺と闘えばいんだ。どうなるか見てみようじゃないか。きっと2人とも病院に直行することになる」と、驚きのコメントを残したのだ。
 
そもそもイブラヒモビッチが、刺激的なコメントを残したのには理由がある。マクレガーとメイウェザーのボクシング戦が、これまで噂ばかり先行する状態にあるからなのだ。
 
イブラヒモビッチが口出ししたドリームマッチは、2016年11月下旬にマクレガーが、49戦無敗のまま2015年に現役引退したメイウェザーに対戦を要求。カリフォルニア州限定のボクシングライセンスを取得するなど本気ぶりアピールし、格闘技界で大きな話題となった。
 
しかし、これに対して2月24日に40歳になるメイウェザーは「俺は引退生活を楽しんでいる。向こう(マクレガー側)はこちらの要求する数字を知っている。俺の報酬は1億ドル(約115億円)だ。交渉の主導権はこちらにある」と高額なファイトマネーを要求して、挑戦を固辞した
 
この高圧的な態度にUFC代表を務めるダナ・ホワイト氏が「メイウェザーに主導権があるというのであれば、一体どういう主導権だ?」と話し、「いいか、フロイド。これは正式なオファーだ。我々は君に2500万ドル(約29億円)、そしてコナーに2500万ドルを払ってやる」と具体的なオファーをし、世紀の一戦の開催をサポートすることを明言した。
 
さらにマクレガーが「メイウェザーとパッキャオが戦った試合が5億ドル(約575億円)規模の興行だったなら、俺とメイウェザーの試合は10億ドル(約1150億円)だ。ファンは金を払うさ。俺はロープのあるリングに上がり、グローブをはめる。とにかく、メイウェザー戦以外は眼中にないんだよ」と強気な発言をすれば、メイウェザーも「リングでなら」と態度を軟化させ、試合開催に向けて二転三転している状況なのだ。
 
こうした経緯がありながら、いまだ正式決定に至っていないことに対し、「うんざり」とコメントしたイブラヒモビッチは、いわばファンの声を代弁した格好だ。
 
今シーズンはプレミアリーグで24試合15得点を挙げるなど、35歳とは思えないタフさを披露しているイブラヒモビッチは、格闘界の王者に気を回すほど“舌”好調なようだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170213-00022485-sdigestw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:51 | 大阪 ☀ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チチャリート、MLSロサンゼルスFCが年俸17億円の巨額オファーか?

【サッカー】<メキシコの英雄/チチャリート>MLSロサンゼルスFC移籍が浮上!来季参入の新クラブが年俸約17億円破格オファーか
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486916638/
チチャリート2016ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 01:23:58.39 ID:CAP_USER9.net

■ロサンゼルスFCが獲得に年俸17億円を準備している模様
 
レバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデスが、2018年から米MLSに参入するロサンゼルスFCへ移籍する可能性が急浮上している。

同クラブは獲得に向けて年俸1500万ドル(約17億円)という破格オファーを準備しているようだ。スポーツ専門放送局「ESPN」のスペイン語版コンテンツを扱う「ESPNデポルテス」で放送されている人気番組「Jorge Ramos y Su Banda」の公式ツイッターアカウントが報じている。

ロサンゼルスFCは2018年シーズンからMLSに新たに参加が予定されている。新クラブの目玉補強の候補に挙がっているのが、メキシコ代表の英雄チチャリートのようだ。

プレミアリーグとブンデスリーガでゴールを量産してきた点取り屋に対して
年俸17億円という高待遇を用意すると伝えられている。

マンチェスター・ユナイテッドでプレー経験のあるチチャリートのニュースに英メディアも反応。英紙「ザ・サン」も取り上げている。

チチャリートは「ブンデスリーガでは選手として、そして一人の人間として学ぶことが多くある」と語り、さらにUEFAチャンピオンズリーグでのプレー希望を明かすなど残留の意志を明かしているという。

■チチャリートに不満を抱える同僚も?
 
しかし、レバークーゼンのチームメートの中には、チチャリートの振る舞いや貢献度の低さに不満を抱えている選手がいるという情報も伝えられている。そうした話が真実であれば、チチャリートが居心地の悪さを感じて、移籍を決断する可能性もあるだろう。

11日の第20節本拠地フランクフルト戦では、先制点と2点目を続けざまに決めるなど存在感を発揮。今季リーグ戦ではここまで18試合に出場し、チーム最多の8ゴールを叩き出している。

現在28歳という選手として最も脂の乗っているこのタイミングで、新たな挑戦を選択するのだろうか。

Football ZONE web 2/12(日) 22:40配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00010018-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170212-00010018-soccermzw-000-view.jpg

LAFC
https://lafc.com/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【勝者トーレス】F・トーレス、背面スーパーゴール!なお、PKは失敗(関連まとめ)

トーレスのスーパーゴールに“キャリア最高“との称賛も。だがPKは失敗
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170213-00010018-footballc-socc
トーレス2017第22節背面ゴール.jpg

アトレティコ・マドリーは現地時間12日に行われたリーガエスパニョーラ第22節でセルタと対戦し、3-2の勝利を収めた。FWフェルナンド・トーレスの記録した1-1の同点ゴールはスペインメディアの称賛を集めている。

 トーレスは0-1で迎えた前半11分、ペナルティーエリア内でゴールに背を向けた体勢で縦パスを受けると、トラップで浮いたボールをそのままオーバーヘッドでシュート。GKの頭上を越えたボールが逆サイドのゴールネットに収まった。

 スペイン紙『マルカ』や『アス』は、このゴールについて「キャリア最高のゴールか?」と報道。通算200ゴール以上を記録してきたストライカーの経歴の中でも屈指のゴールだと評している。2003年のベティス戦で決めたジャンピングボレーがトーレスの過去最高のゴールだと言われていたが、そのゴールにも匹敵するとの見方だ。

 だが、30分にPKで追加点のチャンスを迎えたトーレスはシュートを決めることができなかった。チームにとってはリーガ前節のレガネス戦でのアントワーヌ・グリーズマン、コパ・デル・レイのバルセロナ戦でのケビン・ガメイロに続いて、3人の異なる選手による3試合連続のPK失敗となってしまった。アトレティコは今季9本獲得したPKのうち3本しか決めることができていない。

 トーレスにとってはリーガで通算9度目のPK失敗。『マルカ』によれば、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドらと並んで歴代6位タイの失敗数となった。だがC・ロナウドが65本中9本の失敗であるのに対し、トーレスは28本中9本失敗。成功率は大きく下回っている。

 試合は後半に入ってセルタが勝ち越したが、アトレティコは終盤に2点を奪って3-2で逆転勝利を収めた。2-2の同点ゴールとなったMFヤニック・カラスコのダイレクトボレーも、“ジダンのようだ“とメディアで称賛されている。

※短めですが、ご容赦ください

【勝者】フェルナンド・トーレス師匠という男28
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1464175041/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:03 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラニエリ監督、レスター不振を嘆く「今日、『新シーズン』が始まって欲しいと思ったが、また同じだった。信じられない」(関連まとめ)

【サッカー】<降格圏迫るレスター>ラニエリ監督「信じられない」と不振を嘆く...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486943197/
ラニエリ腕組む.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 08:46:37.82 ID:CAP_USER9.net

レスター・シティは現地時間12日、プレミアリーグ第25節のスウォンジー・シティ戦を敵地で戦い、0-2で敗れた。クラウディオ・ラニエリ監督は、この長いトンネルを抜け出せると信じている。指揮官のコメントを『AFP通信』が伝えた。

 降格圏と勝ち点1差と厳しい状況のレスターは、同勝ち点で並んでいたスウォンジーに敗れたことで、ますます降格が現実味を帯びてきている。リーグ戦では6試合連続の無得点で、復調のきっかけはつかめないままだ。

 ラニエリ監督は、「今日、“新シーズン”が始まってほしいと思ったが、また同じだった。信じられないね」とコメント。「立ち上がりは良かったが、相手の最初の2つのシュートが得点になった。そこから巻き返すのは困難だったよ」と語っている。

 だが、まだ諦めていない。イタリア人指揮官は「我々には2つの問題がある。ゴールを与えていること、そして得点できないことだ。解決策を見つけるために、一緒に話し合わなければならない。これを続けるわけにはいかないんだ」と述べた。

 レスターのプレミアリーグ次節は、今月27日に開催されるリバプール戦。レスターはその間にかつての姿に近づけるだろうか。

フットボールチャンネル 2/13(月) 8:40
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170213-00010009-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:46 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテル、主力欠くもエデル1G1Aでエンポリに2-0完勝!長友佑都は出場せず

インテル、主力欠くもエデルの1ゴール1アシストで快勝…長友は2戦連続出番なし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00551565-soccerk-socc
エデル2016第24節ゴール.jpg


セリエA第24節が12日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとエンポリが対戦した。長友は2試合連続のベンチスタートとなった。

 現在5位のインテルは前節、ユヴェントスとの“イタリア・ダービー”で敗れ、リーグ戦連勝が7でストップした。今節は17位に沈むエンポリをホームに迎えての一戦。チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の3位浮上に向けて、しっかり勝ち点3を積み上げたいところ。だが、主力のマウロ・イカルディとイヴァン・ペリシッチを出場停止処分で欠き、ロドリゴ・パラシオやエデルらがスタメン入りした。

 試合が動いたのは14分、インテルが先制に成功する。右サイドのアントニオ・カンドレーヴァからのクロスは手前の相手DFにブロックされるたが、セカンドボールをエリア内右のパラシオが頭で繋ぐ。これをファーサイドでフリーのエデルが胸で押し込み、先制点を奪った。リードを奪ったインテルはその後も攻勢に出るが、前半はこのまま1−0で終了した。

 インテルはハーフタイムに左MFのダニーロ・ダンブロージオを下げて、クリスティアン・アンサルディを投入し、後半を迎えた。エンポリは53分、ラデ・クルニッチが味方とのワンツーでエリア内右に抜け出し、シュートを放つが、これはGKサミール・ハンダノヴィッチの好セーブに阻まれた。

 ピンチを凌いだインテルが直後の54分に追加点を挙げる。エデルが左サイドから右足アウトサイドでクロス。ファーサイドに走り込んだカンドレーヴァが右足で合わせてゴールネットを揺らした。

 反撃したいエンポリは59分、ロングパスでエリア内に抜け出したマッシモ・マッカローネがループシュートで狙うが、これもGKハンダノヴィッチに冷静に対処された。追加点を狙うインテルは73分、パラシオに代えてガブリエウ・バルボーザを投入。80分にはエデルを下げて、17歳のアンドレア・ピナモンティを送り出した。

 最後までチャンスを作り続けたインテルだが、ゴールは生まれず、このままタイムアップ。2−0でリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。なお、長友に出場機会は訪れなかった。

 インテルは次節、19日にアウェーでボローニャと対戦。エンポリは18日にラツィオをホームに迎える。

【スコア】
インテル 2−0 エンポリ

【得点者】
1−0 14分 エデル(インテル)
2−0 54分 アントニオ・カンドレーヴァ(インテル)

+++ ★ inter 403 +++
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1480859663/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:05 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、同点ゴールの起点となり右SHやボランチで奮闘も…ケルンはフライブルクに敗れる(関連まとめ)

まさかのボランチ起用! 器用すぎる大迫、同点弾の起点となるも……ケルン、鬼門で黒星
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00010002-theworld-socc
大迫2017第20節ドリブル.jpg

12日、ブンデスリーガ第20節で日本代表FW大迫勇也の所属するケルンは、敵地でフライブルクと対戦した。ケルンは[5−4−1]の布陣を試み、大迫は右サイドで先発出場した。

7位ケルンと8位フライブルクによる一戦。試合の均衡を破るゴールが生まれたのは32分。フライブルクMFヴィンチェンツォ・グリフォが、左サイドからドリブルでカットインしシュートを放つと、ケルンDFに当たって軌道が変化。クロスバーの下部分を叩きながらもボールはゴールラインを割り先制に成功する。グリフォは今季4得点目を決めた。

追いかけるケルンは33分MFマルコ・ヘーガーがハムストリングを痛め、負傷交代。新加入のクリスティアン・クレメンスがピッチに送り込まれた。ケルンは布陣を[4−4−2]に変更し大迫はボランチの位置にポジションを移す。するとこれが功を奏した。大迫が中盤で抜群のボールキープを発揮し3人を引きつけ、MFヨナス・ヘクターが前線へパスを送り込む。これに抜け出したレオナルド・ビッテンコートが強烈なシュートを放つとGKアレクサンダー・シュヴォロフが一度はブロック。こぼれ球をFWアントニー・モデストが押し込んで同点に追いついた。器用すぎて躊躇いもなくボランチを任された大迫が、モデストのブンデス通算50ゴール目の起点となった。

堅い守備を見せていたケルンだったが、ペナルティエリア手前でFKを与え、ピンチを招いてしまう。77分、MFグリフォがゴール左隅に狙いすましたシュートを放つ。ケルンGKトーマス・ケスラーが横っ飛びしてボールを受け流すも、FWマクシミリアン・フィリップがゴールを決め、フライブルクが再びリードを広げた。

試合はそのまま終了。ケルンは一時は追いつくもフライブルクに1−2で敗れた。フライブルクはホームでのケルン戦と得意としており、本拠地シュバルツバルドで公式戦の連勝を5に伸ばした。フル出場した大迫は、ボランチでもFWモデストにパスを供給し良い連携を見せたが、ケルンは鬼門で勝ち点を持ち帰れず、公式戦2連敗となってしまった。

[メンバー]
フライブルク:シュヴォロフ、トレジョン、チャーラル、キュブラー、ギュンター、フランツ(→シュスター 68)、ハベラー、フィリップ、ヘフラー、グリフォ(→イグニョフスキ 90)、ニーダーレヒナー(→ペテルゼン 56)

ケルン:ケスラー、ソーレンセン、マロー、スボティッチ、ハインツ、ビッテンコート(→ツォラー 82)、ヘーガー(→クレメンス 33)、ヘクター、ラウシュ、大迫、モデスト

[スコア]
フライブルク 2−1 ケルン

[得点者]
フライブルク:グリフォ(32)、フィリップ(77)
ケルン:モデスト(39)

【DAZN】フライブルグ x ケルン【大迫スタメン】
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1486916871/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:35 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、スウォンジーに完敗しリーグ5連敗…岡崎慎司は出場せず(関連まとめ)

【サッカー】レスター、残留争うスウォンジーに完敗!5連敗で降格圏目前の17位転落 岡崎ベンチ入りも出番なし
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486922005/
レスター2017第25節試合後.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 02:53:25.10 ID:CAP_USER9.net

プレミアリーグ第25節

スウォンジー 2-0 レスター

37'モーソン
45'オルソン

http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/swansea-city-vs-leicester-city/1-2252430/

順位表
http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/



無策のレスター、残留争いのライバルに完敗でリーグ5連敗…。岡崎はベンチ入りも出番なし
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170213-00022466-sdigestw-socc

現地時間2月12日、スウォンジーのリバティスタジアムでプレミアリーグ25節のスウォンジー対レスター戦が開催された。
 
 プレミア4連敗中のレスターは、0-3と大敗した前節のマンチェスター・U戦からムサと岡崎を外し、オルブライトンとグレイを先発で起用。グレイを最前線の一角に配置する4-4-2の布陣でこの一戦に臨んだ。
 
 同勝点(21)で並んでいるため互いに残留に向けて負けられない一戦となった試合は立ち上がりから慎重なゲーム展開となる。
 
 ポゼッションを高めながら隙を伺うスウォンジーに対し、レスターは自陣に構えてヴァーディーを起点としたカウンターから得点機を狙ったが、双方にチャンスは訪れなかった。
 
 互いに相手の守備網に対して打開策を見いだせずに大きな見どころもなく進行した試合だったが、36分にホームチームがついに均衡を破る。
 
 シグルドソンがFKをボックス内のジョレンテめがけて蹴り込むと、これをレスターのCBフートがクリア。しかし、ボックス内でルーズとなったボールをフェルナンデスが頭で折り返すと、フリーのモーソンがダイレクトボレーで豪快にネットを揺らしたのだ。
 
 先制して勢いに乗ったスウォンジーは、ロスタイムに追加点をもぎ取る。
 
 45+2分、ジョレンテの落としを受けたシグルドソンが左サイドを猛然と攻め上がってきたオルソンにスルーパスを通す。これをスウェーデン代表SBがボックス内まで持ち運び、左足で冷静にゴールに流し込んだのだ。
 
 集中した守備を見せながらまたも局面での当たりの弱さを露呈して失点を喫したレスターは、ハーフタイムにオルブライトンとフクスに代えて、4日前に行なわれたFAカップで好印象を残したスリマニとチルウェルを投入して後半に臨んだ。
 
 相手が前半よりも守勢に回ったことで、敵陣でボールを持てるようになったレスターだったが、頼みのヴァーディーとマハレズが揃って精彩を欠いてシュートチャンスを不意にする時間が続いた。
 
 62分には、途中出場のスリマニが相手GKファビアンスキとの1対1の決定機を迎えたが、ポーランド人GKの好セーブに阻まれてしまった。
 
 スウォンジーの要所を締める守りの前にビッグチャンスを決めきれなかったレスター。77分にはヴァーディーに決定機訪れるも、バイタルエリアからのシュートは大きく枠を外れてしまった。
 
 80分以降も敵陣でボールを回したレスターだったが、スペースを消されてしまいマイナスへのパスが目立ち、相手ゴールからは遠のいていった。
 
 結局、戦意を損ねていったレスターに得点は生まれることはなく、試合は0-2のまま終了。残留争いのライバルを下したスウォンジーが快哉を叫んだ。
 
 60%を越えるボールポゼッションをしながらも何もできなかったレスターは、これでリーグ戦は5連敗となった。
 
 次節、レスターは、リーグのトップ4争いを繰り広げる強豪リバプールをホームに迎える。現状を考えれば、厳しい試合展開になることが予想されるが、残留争いを勝ち抜くために勝点1でも手にしたいところだ。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:58 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル、U-20W杯出場を逃す…南米ユース選手権はウルグアイが優勝!エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチンの4ヶ国が本大会進出(関連まとめ)

【サッカー】<ブラジルU-20W杯出場逃す!>ウルグアイが36年ぶりに優勝 エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチンが、本大会へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486912412/
ブラジルU-20代表.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 00:13:32.81 ID:CAP_USER9.net

抽選会は3月15日に開催予定

現地時間11日、南米ユース選手権の最終戦が行われ、ウルグアイはホアキン・アルダスが2得点を決め、2−1でエクアドルに勝利を収めた。

その結果、36年ぶりに優勝し6大会連続となるU−20ワールドカップ出場を決めた。

最終ラウンドの上位4チームがU-20ワールドカップに出場するため、ウルグアイの他に2位エクアドル、3位ベネズエラ、4位アルゼンチンが、5月から韓国で行われる本大会への切符を掴んだ。

強豪のブラジル、コロンビアは最終ラウンドまで残るも、 U−20ワールドカップに駒を進めることができなかった。

U−20ワールドカップにはAFC U-19選手権を優勝した日本も5大会ぶりに出場する。

他には開催国の韓国、AFC U-19選手権で勝ち残ったサウジアラビア、ベトナム、イラン。 オセアニアからはニュージーランドとバヌアツ。 UEFA U-19欧州選手権で勝ち残ったフランス、イタリア、イングランド、ポルトガル、ドイツが出場する予定となっている。

本大会グループリーグの抽選会は3月15日に行われる。

theWORLD(ザ・ワールド) 2/12(日) 23:30配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00010039-theworld-socc

結果CONMEBOL
http://www.conmebol.com/en/sub20/fixture-en

FIFA U-20W杯
http://www.fifa.com/u20worldcup/teams/index.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:49 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング