アンテナ・まとめ RSS

2017年02月15日

ナポリ、前回王者レアルと激突!サッリ監督「自分たちらしく戦うことが大事」(関連まとめ)

ナポリ指揮官、前回王者レアルとの激突へ「自分たちらしく戦うことが大事」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00552364-soccerk-socc
サッリ監督2017CLプレカン.jpg

 15日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、レアル・マドリード(スペイン)とナポリ(イタリア)が対戦する。

 前回王者とのアウェーゲームに臨むナポリのマウリツィオ・サッリ監督が、公式会見に臨んだ。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 サッリ監督は「守備的にプレーするか、いつも通りにプレーするか。いずれにせよ、リスクを冒すことに変わりはない。“戦い方を変えるべきだ”という意見には同意できない。大事なのは自分たちらしく戦うことだ」と、戦い方を変えずに王者とのアウェーゲームに臨む意向を強調した。

「相手がヨーロッパ王者であることを意識して戦う必要はある。だが、まずはワールドクラスのチームを相手にどこまで勝負できるのかを見定めることだ。サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリードと戦えることの素晴らしさを意識しなければいけない」

「多くの人にこのスタジアムの感想を求められるが、ここは戦いにくい。そして神秘的な雰囲気があるうえ、力のあるチームだけがプレーできる場所だ」

 レアル・マドリードとサンティアゴ・ベルナベウへの敬意を語ったサッリ監督。果たしてナポリは、“白い巨人”を相手にどのような試合を展開するだろうか。

戸田和幸の描く理想の指導者像<前編>
欧州で得た刺激、監督業で大事なこと

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201702110007-spnavi?p=2

戸田さんが「10分でもいいから見て下さい」とおすすめするのがナポリのサッカーだ。
 
「僕は今、ナポリのマウリツィオ・サッリ監督が好きなんです。最高ですよ。本当に速くていいサッカーです。練習を見れるのかどうか分かりませんが、今度ナポリに行かないといけないと思っています。できればサッリ監督がエンポリを率いていた時(2012−15シーズン)に見なければいけませんでした。だから、ナポリの試合はいっぱい見ています。ボールを持っている『オン』のプレーと、オンのための『オフ』の動きが、相手が予測できる動きよりちょっと早く動くので、ものの見事に一番入っていきたいスペースにボールと人が届くんですよね。

 サッリ監督はエンポリでやっていた4−3−1−2を、ナポリでも(昨シーズンの)最初は使ってました。点を取ってるんだけど、点も取られていた。そこで開幕3試合目ぐらいに4−3−3に変えて、バランスをとったんです。そこがサッリ監督のすごいところ。自分がやってきたスタイルを変えて(ゴンサロ・)イグアインのワントップにしてアンカーを置いた中盤にした。それからイグアインにすっぽんすっぽんボールが入るようになって、36ゴール取った。その前の(ラファエル・)ベニテス監督はすごくサッカーが固く、攻撃になっても前に人が出ていかない。イグアインが孤立してボールが来なくて、よく怒っていました。それが、サッリが監督になった瞬間に、ナポリは全く違うチームになりました。

 チームを変えたのは誰かと言ったら監督です。監督がプレーするわけではないけれど、プレーする選手に方向性とか自信とか意欲とか、『何か』を与えたわけですよ。でなければ絶対そうならない。しかもサッリは元銀行員ですから夢がありますよね。日本にも一生懸命勉強して、良い指導をできる人がどこかにいるはず。その『どこかにいるはずの人』も、僕はライバルだと思っています」


【Partenopei】SSC.Napoli〜Part29〜

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1485864572/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルとバイエルンが今夜激突!ベンゲル監督は第2GKオスピナの起用明言!リオ・ファーディナンド氏はウェルベックの起用勧める

アーセナルの“鬼門”CL16強突破へ、ベンゲル監督が“信念”の第2GK起用を断言
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00010012-soccermzw-socc
ベンゲル監督2017CLプレカン.jpg

控えのオスピナが今季CLフルタイム出場
 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、15日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)16強のバイエルンとの敵地での第1戦で、第2GKを引き続き先発させる方針を明らかにした。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 今季のアーセナルはリーグ戦で正守護神のチェコ代表GKペトル・チェフを、CLではコロンビア代表GKダビド・オスピナを起用する方針を貫いている。アーセナルはグループステージで、14日のゲームでバルセロナを4-0で撃破したパリ・サンジェルマンを上回り、グループ首位で決勝トーナメント進出を果たした。

 CLでのアーセナルは、過去6大会連続でこのラウンド16での敗退を余儀なくされており、バイエルンとは2012-13、13-14シーズンに激突し、いずれも敗れている。リーグ戦では首位チェルシーとの勝ち点差が10に開いており、CL初制覇の可能性にすべてを懸ける手もあるが、ベンゲル監督は第2GKオスピナ起用の方針を崩さなかった。

「彼の偉大なパフォーマンスのおかげで…」
「私には隠すことはない。オスピナがプレーすることになる。彼のパフォーマンスのクオリティーゆえだ。我々はトップ16に入った。グループ首位で終わった。全試合の彼のパフォーマンスを分析すれば、彼の偉大なパフォーマンスのおかげで我々はここにいる」

 指揮官はこのように、オスピナへの厚い信頼を語った。百戦錬磨の正守護神チェフは、2011-12シーズンにチェルシーでCL制覇を経験するなど大舞台での実績で上回るが、近年の“鬼門”となっているドイツ王者とのラウンド16突破に向けて、ベンゲル監督は自らの信念を貫く構えのようだ。

A・サンチェス、ジルーでもない! バイエルン撃破狙うアーセナルに元マンUDF「ウェルベックで行け」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00010010-theworld-socc

15日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でバイエルンと対戦するアーセナルは、1stレグをアウェイで戦うことになる。ボールを支配される展開が予想でき、アーセナルが攻撃で押し込む時間帯はそれほど長くはないだろう。そのアーセナルに元マンチェスター・ユナイテッドDFリオ・ファーディナンド氏が助言を送っている。

英『Evening Standrad』によると、ファーディナンド氏は最前線にダニー・ウェルベックを起用すべきだと訴えている。これまではアレクシス・サンチェスやオリヴィエ・ジルーを配置することが多かったが、同氏はウェルベックのスピードやパワーが今回の戦いに合っていると考えているようだ。

「アーセナルはダニーをスタメンに選ぶべきだ。ダニーはマンU時代にアウェイでの重要な試合で何度か良いプレイをしている。例えば4年前のレアル・マドリード戦で得点を挙げたことが思い出される。あの夜彼は我々のベストプレイヤーだったし、その1年後には準々決勝でバイエルンに問題を引き起こしている。彼は恐らくそれを今回監督に気付かせるだろうし、彼がスタメンでも私は驚かないね」

「彼はアーセナルで最もフレッシュな選手の1人だ。なぜなら怪我から復帰したばかりだからね。それに彼はこれまでの時間を取り戻そうと本当にハングリーになっているだろう。ダニーは違ったオプションになる。強くて、速くて、ボール扱いも上手いし得点を奪える。こうしたビッグゲームの経験も大いに価値がある」

確かにウェルベックであれば、クリアボールを収めたりスピードで縦に勝負を仕掛けることが可能だ。守備の時間が長くなることが予想される今回のような一戦では頼りになる。指揮官のアーセン・ヴェンゲルはあまり戦い方を変えないタイプの指揮官だが、今回はウェルベックを最前線に配置するのも面白いかもしれない。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1112】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1486819682/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:31 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸、ポドルスキを6月獲得で合意か?移籍金約3億円でクラブ間合意とトルコメディア報道(関連まとめ)

【サッカー】ポドルスキ、6月に神戸行きが実現か…現地メディアはクラブ間合意と報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487151112/
ポドルスキガラタサライ笑顔.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 18:31:52.14 ID:CAP_USER9.net

元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは今夏に日本へ向かうという。トルコ『ヒュリエット』が14日、所属クラブのガラタサライがヴィッセル神戸からの獲得オファーを受け入れ、近日中に移籍が発表されると伝えた。

ガラタサライ側は、ポドルスキが今シーズンは同クラブに残る条件で神戸と交渉を進めており、移籍金270万ユーロ(約3億2000万円)程度で合意に達したとのこと。契約には近々サインされる見通しで発表も間近に迫っているようだ。

また、新たな報道によると、神戸はポドルスキ本人との交渉も進め、総額1500万ユーロ(約18億円)の3年契約でこちらも合意に至ったという。ポドルスキは神戸との交渉に入ったことを2週間前に報告していたそうだ。

1月に神戸が獲得に近づいていたと盛んに報じられたポドルスキだが、冬の移籍市場ではこの取引は成立せず。だが、同選手のJリーグ挑戦は今年6月1日に始まることになる可能性が高まっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000022-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:11 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小柳ルミ子さん、バルサ大敗にショック隠せず「頭がクラクラして吐き気」「こんな弱いの初めて」

【サッカー】惨敗バルサに小柳ルミ子さんショック「頭がクラクラして吐き気」「こんな弱いの初めて」…さらに指揮官にダメ出しも
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487144705/
小柳ルミ子Jリーグカンファレンス.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 16:45:05.94 ID:CAP_USER9.net

[2.14 欧州CL決勝T1回戦第1戦 パリSG 4-0 バルセロナ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦第1戦が14日に行われ、バルセロナ(スペイン)が敵地でパリSG(フランス)に0-4で敗れる大波乱となった。この敗戦にバルセロナ好きを公言する女優で歌手の小柳ルミ子さん(64)もショックを隠せなかったようだ。

 小柳さんは試合終了からわずか数分後、速報記事並みの早さで自身の公式ブログを更新。「ショック!!」とタイトルをつけ、「はい!!今シーズンのCLは終わった。予想外の4ー0。4ー0で大敗したのは今期2回目。その時でも3点は獲ってた。頭がクラクラして、吐き気がして来た。こんな弱いバルサ見たのは初めてだ。バルサのウィークポイントが全部出た× 頭が真っ白で説明が付かない」と大敗直後の正直な心境を綴った。

 冒頭で気持ちを吐き出した小柳さんは、続いて試合を冷静に振り返り、「パリのプレッシング、高い位置でのプロックが完璧だった。ボールホルダーを直ぐに2〜3人が取り囲み、ボールを奪う。メッシ、スアレスになかなかボールが入らなかった。シュートすら打たせて貰えなかった。バルサを良く知るウナイエメリ監督の分析にしてやられた」と敗因を考察。さらに「一方、ルイスエンリケ監督に言いたい!!バルサが負けてる時こそ、白けた顔で無言で立ってないで、大きな声を掛けて選手達を鼓舞して欲しい!!」と指揮官の戦う姿勢についても言及した。

 途中「ショックで頭の中グチャグチャして来たぞ!何を言ってんだか分かんなくなってるぞ!」と感情があふれすぎて文章が支離滅裂になってしまう場面もあった小柳さん。それでも「来月の2レグで5ー0で勝つしかないのか。殆ど不可能だが、奇跡を願うしかない 今迄パリを粉砕してきたじゃないの!!自信持ってねじ伏せてよ!!」「何があろうと、バルサは世界一なんだから」「2レグは失うものがないんだから、ガツガツ行こう!!再放送見て、私も分析しとくよ」と改めてバルサ愛を示し、3月8日にカンプ・ノウで行われる第2戦での巻き返しを願った。(ブログは原文ママ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-01636911-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:34 | 大阪 ☀ | Comment(27) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井宏樹同僚で元レアルMFディアラ、マルセイユと突然の契約解除(関連まとめ)

【サッカー】酒井宏樹の同僚、マルセイユのディアラが契約解除…元レアル・マドリーMFが突如フリーに
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487139464/
ディアラマルセイユ.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 15:17:44.26 ID:CAP_USER9.net

マルセイユに所属する元フランス代表MFラサナ・ディアラが、シーズン中にマルセイユとの契約を解除し、フリーになったことを明らかにした。

ディアラは自身のtwitterで、「マルセイユを去ることになった。ここに来て1年半、これからのマルセイユの幸運を祈っている」とツイート。また、「このクラブに携わるすべての人、特にクラブスタッフや同僚に愛のあらんことを」と続け、チーム関係者に感謝の意を示している。

1985年生まれ、現在31歳のディアラは“マケレレ2世”と称されたボランチ。フランスのル・アーブルで頭角を現し、チェルシー、アーセナル、ポーツマスなどを渡り歩いて2009年1月にレアル・マドリーに加入。その後2012年からアンジ、ロコモティフ・モスクワとロシアのクラブを渡り歩いた後、2015年夏からマルセイユに加わっていた。

今シーズン、ディアラはここまで11試合に出場。しかし、第25節のナント戦を前に「準備ができていない」と語り、遠征帯同から外れるようチームに要望していた。

ディアラの契約解除はマルセイユ側からも発表されているが、「本人との合意により」と言及したのみで具体的な理由について明らかになっていない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00010003-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:02 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けやき坂46・影山優佳さんが選ぶ「サンフレッチェ広島・歴代ベスト11」(関連まとめ)

【サッカー】けやき坂46・影山優佳さんが「サッカー愛」、独自の「サンフレッチェ歴代ベスト11」を語る!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487128725/
影山優佳01.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 12:18:45.80 ID:CAP_USER9.net

「物心ついた時からサッカーと一緒。サッカーの話をすればみんなが笑顔になる」

私のサッカーのルーツは両親です。父は昔から日本代表の試合になると、アウェーゲームまで応援しに行くほどのサッカー好きでした。母も一緒に試合についていくうちに好きになったそうで、物心ついた時から影山家にはサッカーがありました。どんなことがあっても、サッカーの話をすればみんなが笑顔になる――。私や家族にとって、サッカーは本当に大きな存在です。

海外まで試合を観に行ったのは赤ちゃんの頃だったので、残念ながら覚えていません(苦笑)。でも、私がまだ母のお腹にいる時、(2000年の)シドニーオリンピックに行ってサッカーの試合を観たらしいんです。「優佳が生まれる前、一緒にサッカーの試合を観たんだよ」と母から言われたのはよく覚えています。これまで観戦・応援してきたどの試合も印象に残っていますが、これは私の中でも思い出深いエピソードのひとつです。

 サッカーを見始めた頃は、まだルールも分からず、みんなと一緒に応援するのが楽しい、という感覚でした。ゴールが決まったら、ハイタッチして喜んでいましたね。でも、父が「〇〇選手の今の動きは良かったね」と細かい部分を分析しているのを聞いたり、家族でサッカー番組を見ていると「今の動きはこうしたら良かったんじゃない?」、「守備のラインが下がり気味だね」という話題になるので、その話についていくためにハイライト映像を見て勉強しました。戦術面に目は行くようになったのも、やっぱり両親の影響が大きいと思います。今では自然と、ディフェンスラインの位置やラインコントロールに目が行きます(笑)。

 最近では、嬉しいことにブログや番組を見てくださったファンの方がサッカーのユニホームを着て握手会に参加してくださったり、「僕もサッカーが好きなんだ」、「この戦術についてどう思う?」と声をかけていただけるようになりました。サッカーという共通の話題ができ、サッカーが大好きなアイドルとして、私のことを覚えてくださる方も増えて、すごく嬉しいです。

サッカーは、もちろん華麗な個人技もカッコイイんですが、やっぱりチームワークのスポーツだと思うんです。最終ラインから息の合った連係でボールをつないでいって、最後にゴールが決まるのは見ていて気持ちがいいし、ワクワクしますよね。私的にJリーグのクラブでそのプレースタイルを体現しているサンフレッチェ広島が大好きです。「全員で試合をしている」感覚には、すごく惹かれるものがあります。

 今回、この場をお借りして、大好きなサンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを私なりに選ばせて頂きました。

【影山優佳さん選出のサンフレッチェ広島歴代ベストイレブン】
(システム:3-4-2-1)
GK:西川周作(2010〜13)
DF:田中マルクス闘莉王(2001〜02)、千葉和彦(2012〜)、森脇良太(2004〜05、08〜12)
ボランチ:サンパイオ(2003〜04)、青山敏弘(2004〜)
ウイングバック:槙野智章(2006〜10)、ミキッチ(2009〜)
シャドー:久保竜彦(1995〜2002、08〜09)、佐藤寿人(2005〜16)
センターフォワード:浅野拓磨(2013〜16)

 GKは絶対的な守護神の西川選手です。スーパーセーブに加えて、ロングフィードで攻撃の起点にもなっていて、チームプレーの中でも重要な役割を担ってくれるんじゃないかなと。一般的に、GKは手でボールを掴むイメージのポジションですが、足もとの技術も高くて、全身を使ってプレーする姿が凄いなと思います。

 3バックはリベロに闘莉王選手、ストッパーに千葉選手と森脇選手を選びました。闘莉王選手は在籍期間は長くなかったですが、空中戦に強くて、ロングボールもしっかりと撥ね返してくれる。溢れんばかりの闘志で、最終ラインを統率してくれると思います。千葉選手と森脇選手は、実は私がサンフレッチェ広島を好きになるきっかけとなったふたりです。『やべっちF.C.』の「デジっちが行く!」のコーナーで、一発芸をしたりしてチームを盛り上げていたのが印象的でした。とても面白くて大好きなんですが、キャラクターだけではなく、ふたりには得意のビルドアップでも活躍してほしいです。

 ウイングバックは左が槙野選手、右はミキッチ選手です。槙野選手はサイドを駆け上がる攻撃参加と、守備でも仕掛けてきた相手を前線で止めているイメージがあるので、ディフェンダーですが、サイド(ウイングバック)に置きました。ミキッチ選手はスプリント能力が素晴らしくて、突破からクロスという確固たる攻撃の形があります。ぜひ、私が選んだチームでも、サイドの攻防を制して、攻撃の中心になってくれると信じています。


4: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 12:20:09.03 ID:CAP_USER9.net

 ボランチはサンパイオ選手と青山選手です。元ブラジル代表のサンパイオ選手を生で見たことはないんですが、父がよくビデオで見ていたので、プレースタイルは知っています。堅実な守備と正確なパスワークが素晴らしくて、決定力もあるので、ボランチとしては最強なんじゃないかなと思います。パートナーの青山選手は、ゲームメイク力が高くて視野も広いので、サンパイオ選手との連係が楽しみです。

 前線の3人は、シャドーに久保選手と佐藤選手、トップには浅野選手を選びました。『ミスター・サンフレッチェ』のひとりである佐藤選手は、攻めるだけでなく、チームのためにしっかりと守備に戻り、ボールを取りに行きます。その献身的な姿がとても好きなので、私のチームには欠かせません。

 久保選手は力強いシュートや空中戦など頼れる武器を持っていて、攻撃に特化したFWのイメージがあります。佐藤選手とはまた違ったスタイルなので、良い“化学反応”が起きるんじゃないかなと期待しています。本来はCFですが、シャドーでも活躍してくれると思います。

 浅野選手と言えば、何と言っても足が速い! シャドーからの仕掛けはもちろん、常に冷静で周囲の動きに合わせる力があるし、決定力も高いですよね。浅野選手をシャドーに回して、佐藤選手をトップにしようかとも迷ったんですが、ゴールを決めてくれると信じてトップに抜擢しました。

 今回、11人を選ぶのはかなり悩みました(苦笑)。あの選手も入れたいし、この選手も入れたいし……。もし、もうひとり「スーパーサブ枠」として選ばせてもらえるなら、FWのピーター・ウタカ選手を入れます。サンフレッチェ広島のスタイルにおいては、ゴールを決める選手の存在はとても重要です。ただつなげるだけではゴールは生まれず、試合にも勝てません。昨年、Jリーグ得点王になったウタカ選手の決定力は魅力だと思います。

 チームとしては、3バックがしっかりと守って前につなげていくサンフレッチェ広島本来のスタイルをベースに、ボランチのサンパイオ選手と青山選手を起点として、両サイドを万遍なく使って攻めたいですね。


影山さんが選んだ「サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブン」。「いろんな年代の選手を」と個性豊かなメンバーが顔を並べた。
影山優佳ベスト11.jpg


 サッカーとひらがなけやき(けやき坂46)の自分の芸能活動をつなげるとするなら、やっぱりチームワークの大切さです。ひとりが頑張っても、集団としてまとまらなければ、欅坂46、ひらがなけやきはグループとして本当の意味で輝かないと思っています。一人ひとりが自分の役割を理解して、積極的に動いてみたり、自分のできることをする――。みんなが心をひとつにして、それぞれが輝きを放てば、結束力の強いキラキラしたグループになれるんじゃないかなと思います。

「サッカー大好き少女」という、まさに私をひと言で表現した素晴らしいキャッチコピーをつけていただき、こうしてサッカーをきっかけにお仕事をさせていただけるのは本当に幸せです。これからもサッカーに携わって、たくさんの方々にサッカーのことを知ってもらいたいなと思っています。今はまだ夢のまた夢ですが、いつかJリーグや高校サッカーの応援マネージャーのように、「サッカーが大好きな女の子・アイドルと言えば影山優佳」と言われるように活動してきたいと思います。

 そのためには、もっともっとサッカーを好きになって、たくさん勉強を頑張らないといけませんね。みんなで一緒にサッカーを盛り上げていきましょう! そしてサッカー好きのみなさん、ぜひ、ひらがなけやきのことも応援してもらえると嬉しいです!

【PHOTO】『サッカー大好き少女』けやき坂46の影山優佳さん

PROFILE
影山優佳(かげやま・ゆうか)/2001年5月8日生まれ、東京都出身。2016年4月、欅坂46のアンダーグループ『けやき坂46』(ひらがなけやき)のオーディションに合格。忙しい活動の合間を縫い、サッカー観戦にも足しげく通う『サッカー大好き少女』として知られる。好きなサッカークラブは、サンフレッチェ広島とドルトムント。

<Information>
・欅坂46 4thシングル 4月5日(水)発売決定!!
・欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」 好評発売中!!
・『KEYA BINGO! 2』(日本テレビ系)
放送日:毎週火曜 午前1:29〜(関東ローカル)
・『欅って、書けない?』(テレビ東京)
放送日:毎週日曜 午前0:35〜

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail4/id=22341

http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/22341_ext_04_3.jpg
http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/22341_ext_12_3.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:27 | 大阪 ☀ | Comment(34) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC痛恨…新星ジェズスが右中足骨骨折で長期離脱へ 最長3ヵ月の離脱

マンCに大打撃…絶好調の新星G・ジェズスが右足骨折で今季絶望か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00552249-soccerk-socc
ジェズス2017右中足骨折.jpg

マンチェスター・Cは14日、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが中足骨を骨折したことをクラブ公式サイトで発表した。

 今冬加入後公式戦5試合3ゴールと躍動していた19歳新星の離脱が決まった。G・ジェズスは13日に行われたプレミアリーグ第25節ボーンマス戦に先発出場したが、開始13分に右サイドのイングランド代表MFラヒーム・スターリングのクロスに合わせようとエリア内中央に飛び込んだ際に右足首を負傷。15分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとの交代を余儀なくされた。

 クラブ発表によると、中足骨を骨折したG・ジェズスは今後さらに精密検査を受ける予定。その結果で離脱期間を判断するという。イギリスメディア『BBC』によると、回復に4〜8週間かかり、試合復帰にはさらに4週間が必要となり、最長約3カ月の離脱を強いられる模様。絶好調だったG・ジェズスが今シーズン絶望の可能性もあり、マンチェスター・Cにとって大きな痛手となった。

BLUEMOONマンチェスターシティ 205cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1486616645/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:25 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【名将エメリ】PSG、バルセロナを4-0粉砕!ディ・マリア2ゴール、ドラクスラーとカバーニ弾でCL16強初戦を完勝!(関連まとめ)

パリSGがバルサを4ゴールで粉砕! ディ・マリアが2発、MSNは何もできず…
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00022519-sdigestw-socc
ディ・マリア2017CLバルサ戦第1戦ゴール.jpg

前後半に2ゴールずつを挙げたパリSGの完勝。
 現地時間2月14日、チャンピオンズ・リーグの決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、パリSG対バルセロナ戦が開催された。
 
 ホームのパリSGは主将のT・シウバが怪我、T・モッタが出場停止で欠場。CLデビューのキンペンベ、ラビオがそれぞれの代役に指名され、今冬に加入したドラクスラーもスタメンに名を連ねた。
 
 一方のバルサは故障中のマスチェラーノに代わってウンティティがCB、ラキティッチではなくA・ゴメスがインサイドハーフで先発。そしてメッシ、スアレス、ネイマールのMSNがいつも通りピッチに立った。
 
 序盤に主導権を握ったのはパリSG。ハイプレスからのショートカウンターを機能させ、6分にカバーニとドラクスラー、10分にマテュイディが決定機を迎える。
 
 すると18分、パリSGが先制に成功する。ペナルティーエリア手前やや右寄りで得たFKを、ディ・マリアが左足で直接叩き込んだのだ。この日で29歳となったアルゼンチン代表MFにとっては嬉しいバースデーゴールとなった。
 
 その後も攻守でインテンシティーを保ったパリSGは、40分にさっそく追加点。メッシからボールを奪ってショートカウンターを発動させ、敵陣中央に持ち上がったヴェッラッティが右サイドに絶妙なスルーパス。後方から走りこんだドラクスラーが、ワントラップ後に右足でねじ込んだ。
 
 バルサは起点となるブスケッツとイニエスタを封じられ、自慢のMSNにまったく良い形でボールが渡らない。決定機は28分のA・ゴメスのシュートのみで、ハーフタイムを迎えた。
 
 後半もパリSGが試合を支配すると、55分に駄目押しの3点目をゲット。ゴールキックからのビルドアップでボールを前線に運ぶと、ペナルティーエリア内手前からディ・マリアが左足を一閃。自身2点目を挙げた。
 
 3点差を付けられたバルサは58分、A・ゴメスに代えてラフィーニャを投入。鼻骨骨折から復帰したブラジル代表MFはフェイスガードを付けて登場した。
 
 対するパリSGは61分、2ゴールのディ・マリアに代わってルーカスがピッチへ。さらに69分、足を痛めたヴェッラッティがヌクンクと交代した。
 
 すると72分、パリSGが決定的な4ゴール目。右SBのムニエが自陣から敵陣まで一気にボールを持ち上がると、前方のカバーニにスルーパス。これを右足ダイレクトで叩き込んだ。ウルグアイ代表FWもディ・マリアと同じくこの日が30歳の誕生日で、バースデーゴールとなった。
 
 バルサは直後にイニエスタをラキティッチに代えてから攻撃にやや流動性が生まれるも、結局はゴールを奪えず。4-0でパリSGが大勝した。
 
 過去4シーズンで3度対戦し、1勝2分け3敗と煮え湯を飲まされてきたバルサを文字通り粉砕したパリSG。3月8日のセカンドレグに向けて、大きなアドバンテージを得た。

※芸スポ分追記しました

【スカサカ】PSG vs バルセロナ
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1487101727/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(26) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、ベンフィカにCL16強初戦は0-1敗北…オバメヤンPK失敗など再三の決定機決めらず 香川真司は出場せず

オーバメヤンが痛恨のPK失敗…ドルトムント、再三の決定機を決め切れず公式戦2連敗
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00552252-soccerk-socc
オバメ2017PK失敗CL決勝T第1戦.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが14日に行われ、ベンフィカと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川はベンチスタートとなった。

 今シーズンの欧州覇者を決めるトーナメントが幕を開けた。ドルトムントは昨年王者のレアル・マドリードを抑えてグループFを首位突破。だが、3日前のブンデスリーガ第20節では最下位ダルムシュタットにまさかの敗戦を喫し、つまずいて決勝トーナメント開幕を迎えることとなった。初戦はベンフィカのホームに乗り込んでの一戦だが、「攻撃的なメンタリティこそ、このクラブの特徴の1つ」とトーマス・トゥヘル監督が語るように、グループステージで史上最多の通算21得点を挙げた攻撃力を発揮できるかがポイントとなる。スタメンには、ピエール・エメリク・オーバメヤン、マルコ・ロイス、ウスマン・デンベレ、ラファエル・ゲレイロらが名を連ねた。

 試合はドルトムントが主導権を握る。10分、オーバメヤンがデンベレからのパスでペナルティエリア内に抜け出したが、右足シュートはクロスバー上。23分にはゲレイロの折り返しのセカンドボールに反応したデンベレが、エリア内中央で左足シュートを放つが、相手DFの体を張ったブロックに阻まれる。

 さらに38分、エリア内左に抜け出したゲレイロが相手DFと競り合いながら強引に折り返し。オーバメヤンがゴール前に飛び込んだが、わずかに合わなかった。攻勢に出たドルトムントだが、チャンスを決め切れず、スコアレスで前半を折り返す。

 試合は後半開始直後に動いた。48分、右CKを獲得したベンフィカは、中央でルイゾンが頭で合わせる。そのシュートをゴール前でフリーのコンスタンティノス・ミトログルが左足でトラップし、そのまま押し込んで先制点を奪った。

 反撃したいドルトムントは、チャンスを作るものの、依然としてゴールが遠い。53分、オーバメヤンが鋭いスルーパスでエリア内中央に抜け出し、華麗なターンで相手DFをかわしたものの、右足シュートは枠を捉えられなかった。56分にはロイスがエリア内左でボレーシュート、ウカシュ・ピシュチェクも強烈なミドルシュートで狙うが、いずれも相手GKエデルソンに阻まれた。

 58分、ドルトムントは相手のハンドでPKを獲得し、この日最大のチャンス。キッカーを務めたオーバメヤンはゴール中央へ蹴り込むが、読んでいたGKエデルソンに弾き返された。再三のチャンスを決めきれなかったオーバメヤンは62分にアンドレ・シュールレと交代になった。

 追い付きたいドルトムントは82分、ロイスとゲレイロを下げてゴンサロ・カストロとクリスティアン・プリシッチを投入。84分、右CKのこぼれ球に反応したプリシッチが、エリア手前中央でダイレクトボレーを放つ。シュートは相手選手に当たってコースが変わるが、GKエデルソンの好反応に阻まれた。同点ゴールを狙い続けたドルトムントだが、最後までゴールが遠く、このままタイムアップ。0−1で敗れ、公式戦2連敗となった。なお、香川に出場機会は訪れなかった。

 セカンドレグは3月8日にドルトムントのホームで行われる。

【スコア】
ベンフィカ 0−1 ドルトムント

【得点者】
1−0 48分 コンスタンティノス・ミトログル(ベンフィカ)


【BVB09】Borussia Dortmund 669【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1486859430/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:36 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【訃報】元女子サッカー選手の田村奈津枝さん、交通事故で死去…JFAアカデミー今治で指導(関連まとめ)

【訃報】元女子サッカー選手の田村奈津枝さんが交通事故死
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487085318/
田村奈津枝現役時代jpg.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 00:15:18.22 ID:CAP_USER9.net

 14日午前10時5分ごろ、愛媛県四国中央市新宮町馬立の高知自動車道上り線(高松方面)の大影トンネル(長さ約1・3キロ)と入り口付近でトラック2台や乗用車の計6台が絡む3件の事故があり、乗用車の元女子サッカー選手、愛媛県今治市の田村奈津枝さん(34)が全身を強く打って死亡した。

 愛媛県警高速隊によると、当時は雪で時速50キロの速度規制が出ており、路面の雪で男性会社員(25)の3トントラックがスリップし横転。避けようとした後続車が2カ所でそれぞれ衝突したとみて、詳しい状況を調べる。

 田村さんは、女子中学生が寄宿生活をしながらサッカーを学ぶ日本サッカー協会の「JFAアカデミー今治」の契約コーチを務めていた。

 現役時代はDFで、05年に日体大から日テレに入りした。INAC神戸時代の08年には、なでしこリーグオールスターに出場している。09年の引退後は日体大コーチを経て、13年から1年間は日本オリンピック委員会のスポーツ指導者海外研修員として、女子ドイツ1部のフライブルクにコーチ留学した。「JFAアカデミー今治」では、将来のなでしこジャパンを目指す選手育成に取り組んでいた。

http://www.nikkansports.com/soccer/photonews/photonews_nsInc_1779132-0.html

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1779132.html

田村奈津枝JFA今治アカデミー.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:19 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング