アンテナ・まとめ RSS

2017年03月03日

トーレス、無事退院!衝突したデポルティボの選手を責めず「偶発的なものだった」

F・トーレス、無事退院…事故を「偶発的なもの」としデポルティボ選手を責めず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000023-goal-socc
トーレス退院.jpg

アトレティコ・マドリーのFWフェルナンド・トーレスはデポルティボ戦の“事故”の後、無事に退院できたようだ。復帰も近いと語っている。

アトレティコは2日、リーガ・エスパニョーラ第25節でデポルティボと対戦。F・トーレスは65分から途中出場したが、86分に相手選手との競り合った際、地面に頭を強打して意識を失ってしまう。担架に乗せられ、救急車で搬送される姿は事態の深刻さを物語ったが、病院に到着する前に意識を取り戻し、その場にいた人間と会話をすることができていた。

検査の結果、脳に問題は見られなかったものの、大事をとって2日は病院に泊まり、無事に翌日3日に退院できたようだ。トーレスは感謝の言葉を述べつつ、“事故”を振り返った。

「全て大丈夫だよ。アトレティコとデポルティボの選手たちのリアクションに感謝している。そしてファンの皆にもありがとうと言いたいし、SNSを通じて送られた全てのサポートをありがたく思っているよ」

「心配させてしまったけど、復帰までそう時間はかからない。2,3日後には練習に復帰する予定だ」

「頭を打つまでのことは覚えている。数年前にも代表戦で同じようなシーンを経験していたんだけど、救急車で意識を取り戻したよ。医者や病院スタッフの手当てにももちろん感謝している」

「こういう事が起きた場合、相手選手のことが取りざたされることがある。ベルガンションとも昨日話したけれど、あのシーンは偶発的なものだった。デポルティボの選手とファンの幸運を願っているし、来シーズンの対戦も楽しみにしているよ」

【勝者】フェルナンド・トーレス師匠という男28
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1464175041/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:10 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「プレミア最高のゴール」から15年!もちろん元アーセナルのあの人のゴール

【サッカー】「プレミア史上最高のゴール」から15年!もちろんあの人のやつです
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488533819/
ベルカンプニューカッスル戦.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 18:36:59.15 ID:CAP_USER9.net

3月2日は、「プレミアリーグ史上最高」と呼ばれるあのゴールが生まれた日である。

もちろんそれは、2001-02シーズンの第28節ニューカッスル対アーセナル戦で記録されたこのゴール!


サッカーファンならお馴染み、デニス・ベルカンプによるスーパーゴールだ。

0-0で迎えた11分、ロべール・ピレスからボールを受け取ったベルカンプは、巧みなターンから相手DFニコス・ダビザスを完全に翻弄。最終的には体を預けながらボールをファーサイドへと流し込み、あまりに美しい先制ゴールを奪った。

あれから15年が経過したということで、英国では様々なメディアがこのゴールを振り返った。難易度の高さはもちろんのこと、これだけ美しさを持ったゴールは早々お目にかかれない。

https://www.instagram.com/p/BCdOeKRCsTt/

こちらはベルカンプ本人が2年前の3月2日に投稿していた内容。やはり本人にとっても特別な日となっているようだ。

http://qoly.jp/2017/03/03/dennis-bergkamp-20170303-kwm-1


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:12 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「デカモリシ」こと森島康仁、J1磐田から5部テゲバジャーロ宮崎に移籍決定「JFLに昇格させる為、全力で頑張ります」(関連まとめ)

【サッカー】磐田退団“デカモリシ”昨季J1から5部クラブへ移籍「全力で頑張ります」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488530928/
森島磐田2016.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 17:48:48.41 ID:CAP_USER9.net

昨季限りで契約満了によりJ1磐田を退団していたFW森島康仁(29)が九州リーグのテゲバジャーロ宮崎に加入することが決まった。クラブが3日、発表した。

 “デカモリシ”の愛称で親しまれる森島は兵庫県出身で、滝川二高から2006年にC大阪入り。その後、大分、川崎Fを経て15年に磐田へ期限付き移籍。昨季から磐田へ完全移籍したが、リーグ戦15試合に出場して1得点に終わり、契約満了となっていた。08年には日本代表に選出されたが、出場機会はなかった。年明けにはJ2東京Vにテスト生として練習参加したが、不合格。昨季までのJ1から5部相当の地域リーグへと一気にカテゴリーを下げることになった。

 森島はクラブを通じ、「この度ジュビロ磐田から移籍しました森島です。テゲバジャーロ宮崎をJFLに昇格させる為、全力で頑張ります」とコメントしている。

 テゲバジャーロ宮崎においては、Jリーグ最多の608試合で指揮を執っている前J2山形監督の石崎信弘氏(58)が今季から監督を務めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000131-spnannex-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:06 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レオナルド氏、鹿島移籍の舞台裏を明かす「ジーコのオファーを断れなかった」

【サッカー】レオナルドが明かす鹿島アントラーズ移籍の舞台裏「ジーコのオファーを断れなかった」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488520931/
レオナルドインタビュー.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 15:02:11.06 ID:CAP_USER9.net

元ブラジル代表で、ミランでプレーした経験を持つレオナルド氏が、イタリア紙『メッサッジェーロ・ヴェネト』のインタビューで、J1鹿島アントラーズ加入を決めた当時の舞台裏について明かした。

レオナルドが日本行きを決めたのは、元日本代表監督のジーコの存在だった。「最初は彼のファンだった。それから同僚になり、友人になった。僕は恵まれている」と、先輩のジーコを敬愛する。

レオナルドは1993年、サンパウロのメンバーとして、インターコンチネンタルカップのために来日中、ジーコから鹿島入りを直接打診された。

「サンパウロに所属していた1993年、インターコンチネンタルカップでミランに勝って優勝した。その時、ホテルでジーコに会ってこの話を聞いた。当時、日本へ移籍していたのは、カレカ、(ギャリー)リネカー、(ピエール)リトバルスキーなど、キャリアを終えた選手たちばかりで、僕はまだ若かった」

当時、日本にいた外国人選手は一線を退いた選手ばかりで、まだ若かったレオナルドは突然のオファーに驚いた。それでも尊敬するジーコから再アタックを受けると、断ることはできなかった。

「その2か月後に再び連絡をもらったときは、断ることができなかった。オファーの金銭的な面も魅力的だったことは認めるよ。あれから時が経ち、正しい選択だったと思う。それがきっかけで、知らない国や異文化に対して、学ぼうという姿勢が生まれたんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000005-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(20) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸FWレアンドロ、左膝治療で一時帰国…前十字靭帯損傷と半月板損傷で全治6ヵ月「本当に悲しい気持ちでいっぱいです」

【サッカー】<神戸FWレアンドロ>左膝の治療の為ブラジルに一時帰国したことを発表!全治6カ月「本当に悲しい気持ちでいっぱいです」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488517588/
レアンドロ神戸2016ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 14:06:28.74 ID:CAP_USER9.net

ヴィッセル神戸は3日、FWレアンドロが左ひざの治療のためブラジルに一時帰国したことを発表した。再来日、チーム合流日は未定だという。

 レアンドロは2月25日に行われた2017明治安田生命J1リーグ開幕節清水エスパルス戦で左足を負傷し、64分に途中交代。神戸は28日に同選手の診断結果を発表し、左ひざ前十字じん帯損傷および外側半月板損傷で全治6カ月と伝えていた。

 一時帰国に際しレアンドロは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「今回のケガにより、手術、治療の為前半戦、チームを離れる事になりました。3月4日に迎えるホーム開幕戦でチームに帯同することも考えましたが、一日でも早くケガを治す事を優先しました。治療期間、チームに何も貢献できない事、本当に悲しい気持ちでいっぱいです」
「ただ同時に、暖かい声をかけてもらい、私を支えてくださるサポーターの皆様の存在に、本当に感謝しています。そんな想いを胸に、手術、治療、リハビリに向き合い自分自身のベストを尽くし、ケガをする前よりも強くなって戻ってきます。そして、今シーズンのチームタイトル獲得に貢献したいと思います」

SOCCER KING 3/3(金) 13:52配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00558230-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井宏樹、フランスのアジア人選手へ対する敬意の欠如を指摘「スシをよく耳にする」

【サッカー】<DF酒井宏樹(マルセイユ)>フランスのアジア人選手へ対する敬意の欠如を指摘「スシをよく耳にする」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488511720/
酒井宏樹トラップ.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 12:28:40.20 ID:CAP_USER9.net

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は一部サポーターの偏見にも対応しつつ、フランスに馴染み始めているようだ。フランス『Europe sports』が伝えた。

酒井は昨夏、ハノーファーからマルセイユへ加入すると、たちまち無くてはならない選手へと成長。1日に行われたクープ・ドゥ・フランスでのモナコ戦でも一時は同点となるアシストを記録している。

マルセイユで一定の地位を確立した酒井だが、それでも時に笑いを誘うような“野次”が飛んでいることも認めた。

「ここではそういったことはよくありますよね。最初は“スシ”でした。よくこの言葉を耳にします」

さらに、フランスでは必ずしもアジア人選手に敬意が払われていないことも認めた酒井。しかし、そういった偏見が正しくないことを酒井は証明しつつあり、現在フランスで最も成功を収めた日本人選手となっていることは間違いないだろう。

GOAL 3/3(金) 12:08配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000006-goal-socc

マルセイユで奮闘する酒井 (C)Getty Images
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggR3.t6oQYCD4DzPtz5P0vnQ---x900-y504-q90/amd/20170303-00000006-goal-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:17 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫相棒モデスト「監督は僕と組むベストプレーヤーは勇也だと言ってる。サッカーと寿司の話をたくさんする。一緒にご飯を食べに行くよ」

【サッカー】大迫勇也とモデストは互いが最高の“相棒”…得点王候補がケルン指揮官の言葉を明かす
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488508967/
モデストと大迫.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 11:42:47.61 ID:CAP_USER9.net

ケルンに所属するアントニー・モデストは、大迫勇也が隣でプレーするベストパートナーだと語った。地元紙「ケルニッシェ・ルンドシャウ」が伝えている。

アントニー・モデストは、ブンデスリーガ第22節を終えた時点で17得点を挙げ、得点ランキング3位に立っている。得点王も十分狙える活躍を見せているが、大迫勇也が隣でプレーしていることも大きな助けとなっていると語った。

「ペーター・シュテーガー監督はもう去年から、僕と組むベストプレーヤーはユウヤだと言っている。僕らはたくさん話をするよ。寿司やサッカーの話さ。一緒にご飯を食べにも行くよ」

モデストが得点王に輝くためには大迫の存在が欠かせない。ケルンは4日、得点ランキングトップを走るロベルト・レヴァンドフスキ擁するバイエルンとホームで対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000003-goal-socc


※タイトルに間違いがございましたので訂正しました。謹んでお詫び申し上げます。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:44 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2水戸、「いっき」「アトランチスの謎」でお馴染みのサン電子とスポンサー契約

サポートカンパニー(新規・継続)のお知らせ(2017年2月度)
http://www.mito-hollyhock.net/news/4277/
いっき.jpg

2017年2月度サポートカンパニー(新規・継続)としてご支援くださる皆様を下記の通りお知らせいたします。

【2017年2月度 新規サポートカンパニー】

サン電子株式会社

※参考:ドメサカブログ様

粘れ!水戸ホーリーホック415〜帰ってきた王子様
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1488236509/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:09 | 大阪 ☀ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F・トーレス、一時意識不明で病院に緊急搬送…頭部強打もクラブは「脳に異常なし」と声明

トーレスが一時意識を失うアクシデント 病院に緊急搬送、クラブは脳に異常なしと発表
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170303-00010003-soccermzw-socc
トーレス2017意識不明.jpg

 アトレチコ・マドリードの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが試合中の競り合いで頭を強く打ち、一時意識を失うショッキングな事態が起きた。

 現地時間2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節デポルティボ・ラ・コルーニャ戦で、トーレスは0-1で迎えた後半20分から途中出場。3分後にFWグリーズマンの同点ゴールで1-1となり追い上げムードが高まるなかで、同36分にアクシデントが起きた。ペナルティーエリア外の左サイドで浮き球をヘディングで競り合った際、トーレスの視野が及ばないところからMFベルガンティニョスが飛び込んでくると、空中でバランスを崩し、頭部からピッチに強く叩きつけられた。

 この衝突の衝撃は非常に大きく、ピッチ上に突っ伏したトーレスは意識を失い、両軍の選手が駆け寄って気道確保を行うほどの深刻な状況に。MFガビらアトレチコイレブンは大きく動揺し、闘将ディエゴ・シメオネ監督もテクニカルエリア上で相手の後方からの競り合いに対して怒りを露わにしていた。

意識は安定も経過を見守る
 トーレスは担架に乗せられ、そのまま救急車で病院へと直行。アトレチコ公式サイトによると、幸いにも「意識は安定している」という。そしてCTスキャンを受けた結果、外傷性脳損傷などはなかったと記されているが、経過を見守るとしている。

 昨季のリーガで二桁得点を挙げたトーレスは、今季は5ゴールと数字は伸びていない。しかし第22節セルタ戦ではゴールに背を向けたまま芸術的な一撃を決めるなど、そのゴールセンスはいまだ衰えていない。それだけにシメオネ監督のもとでUEFAチャンピオンズリーグ圏内を目指して戦うアトレチコにとっては、離脱が長引けば痛手となる。

※芸スポ分、追記しました

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart8765
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1488456171/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:27 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューカッスル、超ラッキーな珍ゴールで首位ブライトン下し英2部首位に浮上!

狙ったの!? 超ラッキーな“ループシュート”を皮切りにニューカッスルが天王山を制す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00010001-theworld-socc
ニューカッスル2017第34節ゴール.jpg

先月28日、イングランド・チャンピオンシップ(2部)第34節が行なわれた。首位ブライトンと2位ニューカッスルの直接対決となったこの一戦は、ニューカッスルが終盤のゴールで2-1と逆転勝利した。この結果により順位が入れ替わり、勝ち点2ポイント差を付けニューカッスルが首位に返り咲いた。

この試合の逆転のきっかけとなったニューカッスルの同点ゴールが話題を呼んでいる。コーナーキックからのこぼれ球をシュートしたボールが味方2人に当たり、ゆっくりとゴールに吸い込まれた。結果的に素晴らしいループシュートとなった、なんともラッキーなゴールである。最後に触り結果的にゴールを決めたモハメド・ディアメも苦笑い。

運も実力のうちだが、ブライトンにとっては勝利目前だっただけに悔しい敗戦となってしまった。このゴールが昇格争いにどう響くだろうか、今後も両チームから目が離せない。

イクイク↓↓☆僕らのニューカッスル【48新城】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1464340836/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:19 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング