アンテナ・まとめ RSS

2017年03月14日

【ダブルハンド】川崎、小林悠の劇的PK弾で広州恒大と1-1ドロー!ACL第3節(関連まとめ)

【サッカー】<ACL>川崎フロンターレ 広州恒大と敵地でドロー、終了間際のPKで追いつく
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489499735/
谷口2017ACL第3節競り合い.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 22:55:35.49 ID:CAP_USER9.net

⬛広州恒大(中国) 1-1 川崎フロンターレ [広州天河体育中心体育場]

[広]アラン(26分)
[川]小林悠(90分+5)

http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/031402/livetxt/#live

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、G組の川崎Fはアウェーで広州恒大(中国)と対戦、1―1で引き分け、3分けで勝ち点3とした。広州恒大は1勝2分けとなった。

 試合は前半2分と12分に広州恒大がFKを得てMFパウリーニョが狙うもゴールならず。この後も広州恒大が攻勢をかけるが川崎Fが粘り強く守る。26分、カウンターからゴール正面でパスを受けた広州恒大FWアランが、右足で決め先制した。37分には川崎Fが波状攻撃を仕掛けるもシュートに持ち込めず。広州恒大のリードで折り返した。

 後半に入っても広州恒大が攻勢、4分にラストパスを受けたアランがループシュートを放つも枠を外れる。川崎Fは5分、連続攻撃からCKを得るも広州恒大の守備に跳ね返される。23分、ゴール正面の混戦からFW小林が振り向きざまのシュートも枠を捉えず。25分にも小林がゴール右サイドからシュートもポストに跳ね返される。この後も再三ペナルティーエリア内に入るが、アディショナルタイムで得たPKを小林が決めてドローに持ち込んだ。

 川崎Fは試合終了間際に追いついて貴重な勝ち点を得た。第4戦は4月12日、ホームで広州恒大と対戦する。


スポニチアネックス 3/14(火) 22:54配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000126-spnannex-socc

・ゲキサカ ACL2017特集ページ
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

・AFC公式
http://www.the-afc.com/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:27 | 大阪 ☀ | Comment(18) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、鈴木優磨先制ボレーなどブリスベンに3-0完勝!鈴木優磨は公式戦7戦4ゴール ACL第3節その1(関連まとめ)

【サッカー】<ACL>鹿島アントラーズ3発完勝! 1次リーグ2勝目 優磨先制弾、植田、遠藤も決めた
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489492339/
鈴木優磨2017ACL第3節ボレー.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 20:52:19.52 ID:CAP_USER9.net

⬛鹿島アントラーズ 3-0 ブリスベン・ロアー [県立カシマサッカースタジアム]

[鹿]鈴木優磨(43分)
[鹿]植田直通(76分)
[鹿]遠藤康(79分)

Jリーグ公式
http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/031401/livetxt/#live

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、E組の鹿島はホームのカシマスタジアムでブリスベン(オーストラリア)と対戦、3―0で勝ち2勝1敗の勝ち点6とした。ブリスベンは1分け2敗となった。

 雨の中で行われた試合は立ち上がりから鹿島が押し気味に進めた。ブリスベンも前半25分過ぎにゴールに迫るも、GK曽ケ端の好セーブもあってゴールを割らせない。鹿島も30分、ゴール正面からの直接FKをMF遠藤が狙うが壁に阻まれ、34分には連続してCKを得るも合わなかった。42分、右サイドからDF伊東のクロスにFW鈴木が右足ボレーで合わせて先制ゴール。鹿島のリードで折り返した。

 後半は、4分にブリスベンが立て続けに攻め込むが、鹿島守備陣が粘り強くゴールを割らせなかった。26分、鹿島は右CKからDF昌子がヘッドで合わせるが枠を外れ追加点ならず。31分、鹿島は再び右CKにDF植田が頭で合わせGKにセーブされかけたところを押し込んで2点目、さらに34分、右から切り込んだ遠藤が左足を振り抜き3点目を叩き込んだ。

 終盤に追加点を挙げた鹿島が3ゴールの完勝で1次リーグ2勝目。第4戦は4月12日、アウェーでブリスベンと対戦する。

スポニチアネックス 3/14(火) 20:50配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000123-spnannex-socc

鹿島がホームで3発快勝…先制点の鈴木優磨は公式戦7試合で4得点目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00562742-soccerk-socc

・ゲキサカ ACL2017特集ページ
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

・AFC公式
http://www.the-afc.com/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:12 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルカク、今季プレミア19ゴール目!得点ランク首位タイ!エバートンはWBAに3-0完勝(関連まとめ)

【サッカー】ルカク今季19点目で得点ランク首位タイ、エヴァートンがウェストブロムに完勝/プレミア
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489328004/
ルカク2017第28節ゴール.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:13:24.65 ID:CAP_USER9.net

 イングランド・プレミアリーグは現地時間11日に3試合が行なわれ、7位エヴァートンが8位ウェストブロムを3対0で下した。FAカップ出場のため今週プレミアリーグの試合のない6位マンチェスターUに同2差、同様の理由で試合のない5位アーセナルに同3差としている。

 エヴァートンは39分にミララスが決めて先制すると、45分にはルカクのお膳立てからシュナイデルランがゴール。12月にリヴァプールに敗れて以来ホームで負けのないエヴァートンは、82分にもルカクの今季プレミア19得点目が生まれ、そのまま白星を収めた。

 ルカクはこれでケイン(トッテナム)と並び、得点ランク首位に立った。なお、同選手にとって1シーズン19得点というのはキャリア最多。シーズン終了までにその数字をさらに伸ばすと思われる。

 そのほか、14位ボーンマスはキングのハットトリックで11位ウェストハムを3対2で下し、16位スウォンジーは19位ハルに1対2で敗れた。(STATS-AP)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000017-ism-socc


※やや遅い記事ですがご容赦ください
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、1日3000回腹筋説を否定「週に1000回届くか分からない」

【サッカー】<C・ロナウド>“1日3000回腹筋”を否定!「週1000回に届くかも分からない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489471659/
クリロナ腹筋.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 15:07:39.37 ID:CAP_USER9.net

スペイン紙「マルカ」が13日、ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(32=レアル・マドリード)が1日に3000回腹筋をしているという噂を否定したことを伝えた。

ロナウドはマドリードで自身のブランド「CR7」を冠としたジムのオープンイベントに登場。 トレーニングについて「重要なのは、常に考えながら、熱意を持ってトレーニングすることだと」と持論を語った。

ロナウドといえば、その強靭なフィジカルでゴールを量産するスーパースター。ゴール後は、たびたびユニーホームを脱ぎ捨て肉体美を見せつけている。6つに割れた自慢の腹筋は、1日3000回の腹筋運動で鍛え上げているという噂になっていた。

しかしロナウドは「1日3000回やるというのは事実じゃないよ」ときっぱり否定。実際には「だいたい週に3〜4回鍛えていて、1000回にも届くか分からないよ」と告白した。

東スポWeb 3/14(火) 14:49配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000015-tospoweb-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170314-00000015-tospoweb-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:42 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U20W杯、ポット分けが決定!5大会ぶり出場の日本はポット2に!5/20開催

【サッカー】<U-20W杯抽選会>ポット分け決定!5大会ぶり出場の日本はポット2
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489464636/
U-20日本代表2017FC東京戦.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 13:10:36.69 ID:CAP_USER9.net

国際サッカー連盟(FIFA)が、U-20W杯抽選会のポット分けを発表した。組み合わせ抽選会は15日に水原で行われる。

 5月20日に開幕する本大会は24か国が6グループに分かれて、グループリーグが行われる。すでに開催国の韓国はポット1でグループAに入ることが決定。昨年10月に開催されたAFC U-19選手権決勝でサウジアラビアにPK戦の末に勝利し、悲願の初優勝を果たし、5大会ぶり9回目の出場を決めた日本はポット2に入る。

 なお、抽選会にはアルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏とパブロ・アイマール氏が出席する。

 以下、ポット分け

▽ポット1
韓国(開催国)
ポルトガル(欧州3位)
ウルグアイ(南米1位)
フランス(欧州1位)
アメリカ(北中米1位)
ドイツ(欧州5位)

▽ポット2
メキシコ(北中米3位)
アルゼンチン(南米4位)
ニュージランド(オセアニア1位)
セネガル(アフリカ2位)
日本(アジア1位)
コスタリカ(北中米3位)

▽ポット3
ザンビア(アフリカ1位)
ホンジュラス(北中米2位)
イングランド(欧州3位)
サウジアラビア(アジア2位)
イタリア(欧州2位)
ベネズエラ(南米3位)

▽ポット4
エクアドル(南米2位)
南アフリカ(アフリカ4位)
イラン(アジア3位)
ベトナム(アジア3位)
ギニア(アフリカ3位)
バヌアツ(オセアニア2位)

ゲキサカ 3/14(火) 12:43配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-01637732-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:27 | 大阪 ☀ | Comment(6) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UEFA公式、岡崎慎司の今夜CLセビージャ戦の先発予想!レスターは逆転8強を懸けホームで激突へ

UEFA公式サイト、レスター岡崎をCLセビージャ戦先発予想 逆転8強進出を懸け14日本拠地で激突

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00010008-soccermzw-socc
岡崎2017ハル戦.jpg

 レスターは現地時間14日にクラブ史上初出場のUEFAチャンピオンズリーグ16強でスペイン強豪セビージャとの本拠地第2戦を迎える。敵地第1戦で1-2負けを喫し、劣勢のなかで迎える戦いとなるが、UEFA公式サイトでは逆転8強進出を狙うチームで日本代表FW岡崎慎司が先発すると予想している。

 レスターのシステムは定番の4−4−2と予想されている。GKは守護神シュマイケルで、4バックはシンプソン、モーガン、フート、フックスの定番4枚。中盤はマフレズ、ドリンクウォーター、エンディディ、オルブライトンが並び、2トップは岡崎と相棒のヴァーディが見込まれている。

 昨季プレミアリーグを制覇した定番のレギュラーから、チェルシーに移籍したフランス代表MFエンゴロ・カンテの代わりに、1月にベルギー1部ヘンクから獲得したナイジェリア代表MFエンディディが入ったのが唯一の変更点となりそうだ。

 岡崎とヴァーディが前線からハイプレッシャーをかけ、ボール奪取後に速攻を狙う昨季プレミアリーグを制覇したレスター・スタイルでスペインの強豪に襲いかかる。

 一方、1月まで日本代表MF清武弘嗣(現セレッソ大阪)が所属したセビージャは3-4-3システムが予想されている。GKはリコ、DFはパレハ、ラミ、メルカードで、中盤はマリアーノ、エンゾンジ、天才ナスリ、エスクデロが入り、前線3枚はイボーラ、ヨベティッチ、ビトロの起用が想定されている。


≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司★120
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1487756440/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルシー、カンテ絶妙ミドルで10人のマンUに1-0勝利!FA杯準決勝進出!(関連まとめ)

【サッカー】<カンテ砲”炸裂!>チェルシーが10人のマンUを寄せつけず、FA杯ベスト4進出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489453660/
カンテ2017FA杯マンU戦ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 10:07:40.91 ID:CAP_USER9.net

現地時間13日にイングランド・FAカップの準々決勝が行われ、プレミアリーグで現在首位に立つチェルシーがマンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)と対戦した

マンUはチェルシーと同じ[3-4-2-1]の布陣を採用。試合序盤から最終ラインにプレスをかけ、相手のパスミスを誘発する場面が散見された。

しかし、チェルシーがセットプレイから決定機を作る。16分にコーナーキックのこぼれ球からケイヒルが低い弾道のシュートを放つが、GKデ・ヘアの好セーブに阻まれた。

ハードワークでチェルシーの攻撃を凌いでいたマンUだが、緊急事態が発生する。34分にエレーラがアザールに対してタックルを見舞い、同試合2回目の警告で退場処分となってしまう。同クラブは自陣ゴール前で守備ブロックを築き、何とか前半を無失点で終えた。

後半もマンUは“ゴール前にバスを停める戦術”で守備を固めるが、同クラブの目論見は脆くも崩れる。51分にカンテがペナルティアーク後方でボールを持つと、強烈なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、チェルシーが先制点を挙げた。

マンUは58分にラッシュフォードがロングカウンターから抜け出して決定機を作るが、GKクルトワのファインセーブに阻まれてしまう。同クラブは試合終盤まで1点差を保ったものの、数的不利の状況では攻撃がままならず、試合はこのまま終了。チェルシーが磐石の試合運びで同大会ベスト4進出を決めた。

[メンバー]

チェルシー:クルトワ、ケイヒル、D・ルイス、アスピリクエタ、M・アロンソ、モーゼス(→ズマ 89)、カンテ、マティッチ、アザール、ウィリアン(→セスク 81)、D・コスタ(→バチュアイ 90+3)

マンU:デ・ヘア、P・ジョーンズ、ロホ、スモーリング、バレンシア、ダルミアン、ポグバ、エレーラ、A・ヤング(→リンガード 81)、ムヒタリアン(→フェライニ 36)、ラッシュフォード

[スコア]

チェルシー 1-0 マンU

[得点者]

チェルシー:カンテ(51)

theWORLD(ザ・ワールド) 3/14(火) 6:55配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00010002-theworld-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:14 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、キレキレで強烈ミドル連発もGKシリグのビッグセーブに苦笑い「運も実力のうち」

乾、強烈ミドル連発もGK好セーブで苦笑い…エイバルは最下位と痛いドロー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00562505-soccerk-socc
乾2017第26節.jpg

 リーガ・エスパニョーラ第27節が13日に行われ、オサスナとMF乾貴士の所属するエイバルが対戦した。乾は左MFで2試合ぶりの先発出場となった。

 前節はレアル・マドリードをホームに迎え1−4で敗れ、2試合勝利から遠ざかるエイバル。今節は、敵地で6連敗中の最下位オサスナと対戦した。前回の対戦は昨年10月の第8節で、エイバルがホームで2−3の敗戦。現在18試合未勝利のオサスナが今シーズンでここまで唯一挙げた白星だった。低迷するクラブ相手に連敗を避けたいエイバルがリベンジを狙う。

 試合はエイバルが攻勢に出るが、相手GKサルヴァトーレ・シリグの好セーブもあり、なかなかゴールを奪えない。24分には、左サイドでパスを受けた乾が、ドリブルで中央へ切り込み、枠の左を狙った右足シュート。29分にもエリア手前右から強烈な右足シュートを放つが、いずれもGKシリグのセーブに阻まれる。これには乾も思わず苦笑いを見せた。エイバルはその後も左サイドを中心に攻め込み、乾もチャンスを作ったが、前半はスコアレスで終了した。

 後半に入っても主導権を握るエイバルは52分、エリア内右にいた乾がセカンドボールに反応し、右足を振り抜くが、シュートはゴールラインにいた相手DFにブロックされた。一方のオサスナは、ロベルト・トーレスがエリア手前中央でこぼれ球に反応し、ダイレクトで左足シュートを放つが、わずかに枠の左に外れた。直後の63分に乾はルベン・ペーニャとの交代でピッチを後にした。

 エイバルは72分に均衡を破る。右サイドを抜け出したアンデル・カパがエリア内右の深い位置まで進入し、マイナスの折り返し。これをキケ・ガルシアが右足ダイレクトで合わせてゴールネットを揺らした。

 しかし、先制も束の間、79分に試合を振り出しに戻される。オサスナは中央でのリズムよいパス交換で攻め上がると、エリア内右のハイメ・ロメロがシュート性のグラウンダークロス。ファーサイドのケナン・コドロが右足で合わせて同点ゴールを奪った。

 エイバルは同点で勢いに乗ったオサスナにチャンスを作られるが、GKジョエル・ロドリゲスの好セーブでピンチを逃れる。試合はこのままタイムアップを迎え、1−1で終了。エイバルは最下位オサスナと引き分け、3試合勝利から遠ざかる結果となった。なお、先発で奮闘していた乾だが、63分で途中交代となった。

 オサスナは次節、18日にアウェイでベティスと対戦。エイバルは、同日にエスパニョールをホームに迎える。

【スコア】
オサスナ 1−1 エイバル

【得点者】
0−1 72分 キケ・ガルシア(エイバル)
1−1 79分 ケナン・コドロ(オサスナ)

キレキレ乾貴士、不発に頭抱える「運も実力のうち」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-01792041-nksports-socc


<スペインリーグ:オサスナ1−1エイバル>◇13日◇パンプローナ

 エイバルMF乾貴士(28)が今季初ゴールを決められず、思わず頭を抱えた。

 乾はアウェーのオサスナ戦で、2試合ぶりの先発出場。左MFとして切れ味鋭いプレーでチームを引っ張った。前半7分、25分、29分と得意とする左サイドから中に切れ込んでのシュートは、すべて枠をとらえた上に良いコースへと飛んだが、セビリアから冬の移籍市場で加入したイタリア人GKシリグの堅守に阻まれた。3本目のシュートをパンチングで弾かれると、さすがに苦笑い。そして後半も7分に決定機を迎え、“4度目の正直”とシリグを抜くシュートを放ったが、今度はDFオイエルがゴールラインを割る前にクリア。乾じゃなくても頭を抱えたくなるほどゴールから見放されてしまい、後半18分にベンチへと下がった。

 試合は後半27分にFWキケ・ガルシアのゴールで先制したが、同34分に追いつかれ、そのまま1−1の手痛い引き分け。まるでボクシングのスパーリングのように、最下位オサスナを自陣に閉じ込めて攻撃を仕掛け続けたが、勝ち切れなかった。

 1点が遠い乾は「止められましたけど、運も実力のうちというか。相手GKもすごくよかった。でもシュートとしては悪くなかったし、枠にも飛んでいた。入る時は入ると思いますし、気にしないでやっていきたい」と自らに言い聞かせるように話した。その一方で、自陣でのミスから相手にCKを与えた場面を振り返り「監督にも言われましたけど、自分も反省しないと。前から分かっていたこと。(プレーの)軽さはなくしていかないと。反省して、アピールしていければいいかなと思います」と話した。

 チームは残り11試合で、勝ち点40の8位。欧州リーグ出場圏内の6位レアル・ソシエダードとは勝ち点8差あるが、乾は「ヨーロッパリーグに出るなら今日のような試合では絶対に勝ち点を逃してはいけなかった。こういうことをしてしまうとヨーロッパリーグに出られないのかなと。今の自分たちの実力、現状がここなのかと。ただ、伸びしろはあると思っている。そこをみんなでどう出していけるか」と、巻き返しに意欲的だった。(山本孔一通信員)

Sociedad Deportiva Eibar 乾貴士 part68
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1485511984/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:46 | 大阪 ☁ | Comment(27) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジル、アーセナルは室内土足厳禁と明かす「ベンゲルは日本で指導していたから、この伝統を持ち込んだんだろうね」

【サッカー】<アーセナル>室内では“土足禁止”? エジル「ヴェンゲルは日本で働いていたから…」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489449780/
ベンゲルとエジル練習.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 09:03:00.92 ID:CAP_USER9.net

アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルが、チームを率いるアーセン・ヴェンゲル監督に関する意外な習慣を独紙『ビルト』で明かした。

 今季でアーセナル就任21シーズン目となるヴェンゲル監督だが、プレミアリーグに来る前はJリーグの名古屋グランパスを率いていた。

 フランスのモナコを率いていたのち、1995年に名古屋の監督に就任すると、同年の天皇杯でサンフレッチェ広島を下してクラブ史上初の主要タイトルを獲得。翌年のゼロックススーパーカップでも横浜マリノス(当時)に勝利している。

 日本ではおよそ1年半を過ごしており、それが影響しているのか、エジルはアーセナルで習慣化されている“日本流”について明かしている。

「僕たちはフロントで外用シューズを脱いで、ソックスで入らないといけない。僕たちの監督は日本で指導していた。だから、この伝統を一緒に持ち込んだんだろうね」

 ヴェンゲル監督はアーセナルとの契約が今季末までとなっており、いまだ契約延長の合意はない。チャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘンに2試合合計スコア2-10で大敗を喫し、7年連続のベスト16敗退となったことで、ファンはヴェンゲル監督の契約延長を反対するデモ行動を起こす事態に発展している。

フットボールチャンネル 3/14(火) 7:40
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00010006-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:16 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング