アンテナ・まとめ RSS

2017年03月15日

浦和、後半猛攻で2点返し1点差まで迫るも…フッキ・オスカル所属の上海上港に2-3で敗れる ACL第3節(関連まとめ)

【サッカー】<ACL>浦和レッズ、執念で2点返すも…フッキ&オスカルら擁する上海上港に敗れてACL初黒星
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489584559/
フッキ2017ACL第3節ドリブル.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 22:29:19.98 ID:CAP_USER9.net

.15 ACL・GL第3節2日目]

⬛上海上港 3-2 浦和レッズ [上海体育場]

[上]シー・クー(10分)
[上]エウケソン(45分+1)
[上]フッキ(52分)
[浦]ラファエル・シルバ(73分)
[浦]遠藤航(84分)

http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/031501/livetxt/#live

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は15日、グループリーグ第3節2日目を行い、F組では上海上港(中国)のホームに乗り込んだ浦和レッズが2-3で敗れた。今大会初黒星を喫した浦和は4月11日に行われる第4節で、この日敗れた上海上港とホームで対戦する。

 浦和は10日に行われたJ1第3節甲府戦から先発3人を入れ替え、FW李忠成、FWズラタン、MF駒井善成を先発起用。一方の上海上港はFWフッキ、MFオスカル、FWエウケソンらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 ともに2連勝と好スタートを切った両チームの対戦は、前半10分にホームの上海上港が先制する。左サイドからフッキが蹴り出したFKにはMF阿部勇樹が反応したものの、クリアしたボールをDFシー・クーにヘッドではね返されると、ボールはゴールマウスに吸い込まれてスコアは0-1となった。さらに同11分には左サイドを駆け上がったMFウー・レイのラストパスからPA内に進入したMFオディル・アフメドフが決定機を迎えたが、シュートはGK西川周作が阻んで追加点を許さなかった。

 まずは同点に追い付きたい浦和だが上海上港の激しいプレッシャーに遭って、なかなか前線までボールを運べずにフィニッシュまで持ち込めない時間帯が続く。前半44分にはゴール前で得たFKを阿部が直接狙ったが、ボールは壁に当たってしまいネットを揺らすには至らなかった。

 すると前半アディショナルタイムに思わぬ形から上海上港に追加点を献上してしまう。上海上港がクリアしたボールに対して西川がPA外まで飛び出して前線に蹴り出すが、このボールをアフメドフにカットされてエウケソンにつながれる。エウケソンは西川のポジションを確認して狙いすました弾道の低いロングシュートを放つと、必死にゴールマウスに戻った西川より先にボールはゴールマウスに収まり、リードを2点差に広げられた。

 0-2とリードされたまま後半を迎えると、浦和はズラタンとMF青木拓矢に代えて、FWラファエル・シルバとMF柏木陽介を投入して状況を打開しようと試みる。しかし後半7分にスコアを動かしたのは、またもや上海上港だった。中盤でボールを受けたフッキが寄せてくるDF森脇良太、DF遠藤航をかわし、駒井をなぎ倒してPA内に進入すると、左足から放たれたシュートは西川の股を抜いてネットに突き刺さり、リードは3点差に広がった。

 3点のビハインドを背負った浦和は後半20分、FW李忠成に代えてFW武藤雄樹をピッチへと送り込み、早くも交代カードを使い切る。すると同27分、駒井のグラウンダーのクロスに反応したR・シルバがDFワン・シェンチャオのファウルを誘ってPKを獲得。これをR・シルバ自らが蹴り込んで1点を返した。

 さらに後半39分には柏木が蹴り出したCKがファーサイドまで流れると、興梠が折り返したボールからゴール前が混戦に。最後は遠藤が蹴り込んで1点差に詰め寄る。その後も同点ゴールを狙うが、同45分には柏木のFKから放った森脇のヘディングシュートが枠上に外れてしまうなど、1点が遠い。すると、後半アディショナルタイムに興梠が一発退場となって数的不利に陥ってしまい、2-3のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

ゲキサカ 3/15(水) 22:25配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-01637790-gekisaka-socc

⬛FCソウル2-3ウェスタン・シドニー

[グループF]
1.上海上港(中国)(9)+6
2浦和(日本)(6)+6
3.Wシドニー(豪州)(3)-7
4.FCソウル(韓国)(0)-5

・ゲキサカ ACL2017
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

・AFC公式
http://www.the-afc.com/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:24 | 大阪 ☀ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、攻撃陣爆発!阿部・中島2ゴールで6-0大勝!札幌とC大阪は今季初勝利!ルヴァン杯第1節(関連まとめ)

【サッカー】<YBCルヴァン杯>グループリーグ第1節の試合結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489579763/
中島翔哉2017ルヴァン杯第1節ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 21:09:23.28 ID:CAP_USER9.net

[3.15 ルヴァン杯グループリーグ第1節]

・柏 1(終了)0 清水 [柏]

[柏]手塚康平(3分)

・FC東京 6(終了)0 仙台 [味スタ]

[F]阿部拓馬2(26分、53分)、中島翔哉2(51分、88分)、ピーター・ウタカ(75分)、橋本拳人(83分)

・磐田 0(終了)2 札幌 [ヤマハ]

[札]上原慎也(56分)、都倉賢(87分)

・C大阪 2(終了)0 横浜FM [金鳥スタ]

[C]木本恭生(31分)、リカルド・サントス(56分)

・広島 0(終了)0 甲府 [Eスタ]

・鳥栖 2(終了)2 新潟 [ベアスタ]

[鳥]水野晃樹(22分)、高橋義希(90分)
[新]田中達也2(66分、90分+2)

Jリーグ公式
http://www.jleague.jp/game/

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2771-2771-lv

ゲキサカ YBCルヴァンカップ2017特集
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208336-208336-fl


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:24 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、元チェルシーMFラミレスのゴラッソ浴び江蘇蘇寧に0-1で敗れる…後半攻め続けるもACL連敗 ACL第3節(関連まとめ)

【サッカー】<ACL>G大阪後半攻め続けるも痛恨連敗…江蘇ラミレスの華麗なシュートで逃げ切られる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489578963/
ラミレス2017ACL第3節トラップ.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 20:56:03.36 ID:CAP_USER9.net

⬛G大阪 0 -1 江蘇蘇寧 [吹田S]

[江]ラミレス(40分)

http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/031509/livetxt/#live

AFCチャンピオンズリーグの第3節が15日に行われた。グループHを戦うガンバ大阪はホームで江蘇蘇寧(中国)と対戦し、0-1で敗れた。G大阪はACLでは2連敗となった。一方の江蘇は3連勝で首位をキープした。

 G大阪はGK東口順昭が11日のFC東京戦で左頬骨を骨折。戦線離脱を余儀なくされたことにより、今季より横浜F・マリノスより加入したGK鈴木椋大を先発に抜擢。アジアを獲るためには絶対に倒さなければいけない、中国勢との今季初対戦に臨んだ。

 前半から互角の展開を見せた。前半37分には右WBのポジションを確保しつつあるDF初瀬亮のクロスをMF今野泰幸がボレーで合わせるが、左ポストを直撃。惜しくも先制点にはならなかった。

 しかし前半39分、個の力で先制点を奪われてしまう。中央でボールを持ったMFラミレスがエリア内との選手とのワンツーでゴール前に侵入。ミドルレンジから華麗な左足シュートを蹴り込むと、ボールはゴール左隅を捕らえる。鈴木も懸命のセーブを試みたが届かなかった。

 後半はG大阪が圧力をかけ続ける。しかしゴールという結果が出ない。後半6分の初瀬のクロスを今野がヘディングで合わせたシュートはわずかに枠左。同28分には右クロスをFW長沢駿が打点の高いヘディングで合わせるが、ボールはDFに当たって枠外に外れていった。

 終盤にG大阪は4バックにして攻め続ける。しかし“爆買い”で注目を集める江蘇蘇寧の個の力で守る守備を最後まで破ることは出来なかった。江蘇との2連戦の初戦、G大阪はホームでの一戦を0-1で落とした。アウェーでの対戦、第4節は4月11日に行われる。

ゲキサカ 3/15(水) 20:53配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-01637780-gekisaka-socc

⬛アデレード・U 3-3済州ユナイテッド 

【順位表】
1.江蘇蘇寧(中国)(9)+3
2.済州ユナイテッド(韓国)(4)+2
3.G大阪(日本)(3)-1
4.アデレード・U(豪州)(1)-4

・ゲキサカ ACL2017
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

・AFC公式
http://www.the-afc.com/

【サッカー】<ACL>川崎フロンターレ 広州恒大と敵地でドロー、終了間際のPKで追いつく
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489499735/

【サッカー】<ACL>鹿島アントラーズ3発完勝! 1次リーグ2勝目 優磨先制弾、植田、遠藤も決めた
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489492339/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:25 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、先発復帰で3連勝!CLセビージャ戦逆転劇に貢献「僕だけが命がけの試合」(関連まとめ)

【サッカー】岡崎先発復帰で3連勝「僕だけが命がけの試合」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489542170/
岡崎2017CLベスト16第2戦02.jpg
1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 10:42:50.56 ID:CAP_USER9.net

<欧州CL:レスター2−0セビリア>◇決勝トーナメント1回戦◇14日◇レスター

 第2戦が行われ、FW岡崎慎司が所属するレスター(イングランド)がホームでセビリア(スペイン)を2−0で下し、2戦合計3−2で逆転勝ちして初の8強進出を決めた。

 岡崎は3試合連続でスタメン出場し、2点目に絡んで勝利に貢献し、後半19分に退いた。

 以下は岡崎との一問一答。

 −欧州CL8強入りした

 岡崎 きつかったですけど、ここ2試合(リバプールとハル戦)でできたことが、出来たってことだと思います。

 −これをやると、こういうサッカーが出来るってこと?

 岡崎 2試合を通して、こうやって自分たちは優勝して来たということを思い返せた部分が大きかったと思う。プレッシングサッカーで最大限、自分が生かされることを認識できた。引いて守るだけでは、自分は生きない。2点目(2度目の決定機)も、もし(相手選手の)股を通ってたら、いいシュートだったと思う。そういう意味では、点が取れなくて悔しいですけど、チームに貢献したっていうのは、自分のなかで手応えがあったかな、と思います。

 −チームとして、またミラクルか

 岡崎 そうですね。ただテレビとか最近のセビリアの試合を見ていたら、チャンスはあるんじゃないかなと思っていた。よく乾とは話をしてるんですけど、セビリアならいける! みたいな。

 −どんなウィークポイントの情報があったか

 岡崎 プレッシャーをかければ結構慌てる部分もあるとは聞いていた。きょうも自分が(プレッシャーを)かければ相手が余裕を持てなくなることは手に取るように分かった。あそこでドリブルとかで仕掛けられたら嫌だったけど、そういうプレーヤーでもなかった。ナスリはちょっとそういうところはあったけど、そこまで機敏ではなかったので抜かれるということはなかった。そこをまず抑えられたのは大きかったかなと思った。

 −3試合連続で先発して3連勝。自信も増した

 岡崎 勝つためのプレイヤーとしては、(自分は)かなり成熟してきいると思う。ただFWとしては周りが評価してくれないんで、そこは葛藤があります。ただ、今はチームを勝たせたい。試合に出るんだったら、今はこのスタイル(プレスをかけ続ける)でないと出れないというのはわかっている。まあそういう風にやり続けて、それでもチャンスがないわけでもない。自分のプレッシャーをかけるとか、くさびを受けて落としたりとかするプレーっていうのは、かなりチームにとって(効いていると思う)。

 −ビッグマッチを迎えたホームで欧州CLのアンセムを聴いた

 岡崎 正直、このために今季やってきたところってあると思う。きょう決めてやって『どうだ』みたいな感じで言いたかったけど、そんな甘かないなって感じはしました。でもベスト8に行けたことは本当に素晴らしいと思う。ただ、この3試合前は本当に絶望的な状況に自分はあった。そういう意味では、「何か持っているな」みたいな。監督交代したことは批判的なこともあると思うんですけど、個人的な状況で言えばやっぱり一変した。ラニエリ監督には感謝しているけど、あの状況では僕もどうすることもできなかった。セビリアのアウェーは本当に落胆した。つぎはベンチ外だと思った。でも、まさかピッチに立てるとはという感じです。

 −しかも最低あと2試合はある

 岡崎 僕だけがこのメンバーのなかで毎試合、ダメだったら次の試合は替えられるっていう命がけの試合をしている。だからここまで、すべてを出せるというか。本当にその部分だけは、誰にも分かってもらえないかもしれないけど。そういう部分は、心に秘めつつ。だから本当に毎試合が勝負なんですよ。勝たないと俺は次、外されるんだという気持ち。だからこの3試合全部勝っているし、次もチャンスがあると思う。特に60分とかで決められたように変えられる。正直勝つんだったら、もうちょっと自分の役目も重要視してほしいなっていうのは、正直、頭の中にあるんです。そのあと絶対に押し込まれるので、だったら自分がやって70分とか、あと20分くらいやってというのもありかなって思う。

 −次はどことやりたい?

 岡崎 どこでも強敵ですよね。まだバルサとかとは当たりたくないですけど。


2: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 10:43:03.98 ID:CAP_USER9.net

 −ドルトムントは

 岡崎 まあ、ドイツもやりづらいし。個人的にはアトレチコとか、いやですけど、ユーベとか。アトレチコはまだレバークーゼンとの試合が残っているけれど。

 −監督がかわって状況が一変したが、難しいところを乗り越えた分、来たという感じ?

 岡崎 唯一、自分は毎練習で抜かなかったし。絶対に使ってくれと思いながら、むしろ俺だけ煽られていたという、監督に。俺、もう若手じゃないのにとか思いながら。次のビッグマッチで自分が頑張ってきた意義というのが(問われる)。ワールドカップもそうじゃないですか。4年に1回、3試合しかないわけじゃないですか。それと一緒で、CLも(欧州に来て)6年でやっと俺も初めて。ベスト16がレスターの歴史で、そういう風になってきて。自分ももちろん海外で結果を出してきたという自負はあるんですけど、それでもCLで結果を出す、次にベスト8で結果を出すというのは自分が成し遂げていないこと。そのためにやってきてるようなものじゃないですか。選手として点を取る、ワールドカップで点を取ることもそうだし。懸けたいですね、そこに。そのために頑張ります。

 −この8強というのはプレミアに残る自信につながっていくと思う?

 岡崎 それとこれとは別かなと思うんですけど(笑)。僕は試合をずっとベンチから見ながらですけど、勝っても負けてもいいから、もっとはっきりやろうよと強く思っていた。もし今日これで負けていたとしても、全然ネガティブじゃない負けだと思うんですよ。PKを決められて2−1になって負けても『いや、よくやったよ』という雰囲気になると思うんですけど。今までは引いてカウンターしかない状況で『もっとアグレッシブに、びびらずに行って、負けてもそれでレスターらしくていいやん』みたいなところがあったんですけど、それが今はできているので、これを通すということだけですね、あとは。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-01792459-nksports-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、コロンビア代表FWイバルボを期限付き移籍で獲得を正式発表!「サッカー人生で学んだ全てを表現したい」(関連まとめ)

「Jリーグに来れてとても嬉しい」鳥栖がFWイバルボ獲得を発表!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00023471-sdigestw-socc
イバルボコロンビア代表記者会見.jpg

「サッカー人生で学んだ全てを表現したい」と意気込む。
 3月15日、J1のサガン鳥栖はコロンビア代表FWのヴィクトール・イバルボを、セリエAのカリアリから買い取りオプション付きの期限付き移籍で獲得したことを発表した。
 
 鳥栖の公式サイト上の発表によれば、契約期間は2017年3月13日から2017年12月31日まで。ただし、複数のイタリア・メディアの報道によると、イバルボが一定条件を満たせば、買い取り義務が発生し、2020年までの契約にサインするという。
 
 なお、イバルボは鳥栖の公式サイト上でコメントを発表。次のように意気込んだ。
 
「こんにちは、ヴィクトール・イバルボです。まずは、私を招いてくださった竹原社長、クラブ、そして監督に感謝を申し上げたいです。日本でプレーした多くの友人たちから日本は素晴らしい国だと聞いています。そして代表チームのメンバー、すべての友人選手からJリーグは質が高いと聞いています。
 
 サガン鳥栖の強い情熱によって、その様な日本のJリーグでプレーできることをとても嬉しく、幸せに思っております。改めて感謝を申し上げます。私のサッカー人生で学んできたこと全てを表現したいと思います。そして私自身も日本の落ち着き、謙虚さを習って、サッカー選手として人間としてさらに成長していきたいと思っております。
 
 ファン・サポーターの皆さま、早いうちにスタジアムでお会いしましょう! ありがとうございます」

 現在26歳のイバルボは、2011年に母国のアトレティコ・ナシオナルからカリアリへ移籍し、3シーズン半に渡って活躍。しかし以降は、ローマ、ワトフォード、古巣アトレティコ・ナシオナル、パナシナイコスを渡り歩くも成果を残せず……。2017年1月末にカリアリへ復帰したが、3試合出場で0ゴールに留まっていた。

 
 そんな不調から脱すべく、カリアリ時代の恩師でもあるマッシモ・フィッカデンティ監督が率いる鳥栖への移籍を決断したイバルボ。心機一転をし、復活を期すコロンビア代表ストライカーは、Jリーグにどんなインパクトを残すのか? 大いに注目したい。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:15 | 大阪 ☁ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U20W杯、組合せ決定!日本はウルグアイ・イタリア・南アフリカと同組に!初戦は南アフリカと対戦(関連まとめ)

【サッカー】<U-20W杯>組み合わせ決定!日本はウルグアイ、イタリア、南アフリカと同組に
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489560302/
U20日本代表アジア予選優勝.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 15:45:02.81 ID:CAP_USER9.net

今年の5月20日から6月11日まで韓国で開催されるU-20W杯の組み合わせ抽選会が15日、水原で行われた。

 昨年10月に開催されたAFC U-19選手権で初優勝を果たして5大会ぶり9度目の出場を決めた日本は、ウルグアイ、イタリア、南アフリカと同組のグループDに入った。

 グループリーグは4チームずつ6組に分かれて行われ、各組上位2チームと各組3位のうち成績上位4チームの計16チームが決勝トーナメントに進出する。

■グループA
韓国(開催国)
ギニア(アフリカ3位)
アルゼンチン(南米4位)
イングランド(欧州3位)

■グループB
ベネズエラ(南米3位)
ドイツ(欧州5位)
バヌアツ(オセアニア2位)
メキシコ(北中米3位)

■グループC
ザンビア(アフリカ1位)
ポルトガル(欧州3位)
イラン(アジア3位)
コスタリカ(北中米3位)

■グループD
南アフリカ(アフリカ4位)
日本(アジア1位)
イタリア(欧州2位)
ウルグアイ(南米1位)

■グループE
フランス(欧州1位)
ホンジュラス(北中米2位)
ベトナム(アジア3位)
ニュージランド(オセアニア1位)

■グループF
エクアドル(南米2位)
アメリカ(北中米1位)
サウジアラビア(アジア2位)
セネガル(アフリカ2位)

ゲキサカ 3/15(水) 15:41配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-01637773-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トッテナムに痛手…FWケインが右足首靭帯損傷 昨年と同箇所を負傷

トッテナムFWケイン、右足首じん帯損傷と診断…昨年も同箇所を負傷
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00562937-soccerk-socc
ケイン2017FA杯準々決勝負傷.jpg

 トッテナムは14日、イングランド代表FWハリー・ケインの負傷に関する新たな情報を公式HP上で公開した。

 ケインは12日に行われたFAカップ準々決勝のミルウォール戦に先発出場したものの、右足首を捻って開始早々にピッチ外で治療を受ける事態となった。最終的に10分、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンと交代し病院へ向かっている。

 同クラブが発表した内容によれば、ケインは右足首のじん帯を損傷しているとのこと。同選手は昨年9月にも同箇所を負傷しているが、ケガの程度は当時より軽いものだという。今後はメディカルスタッフの監視のもと、リハビリに励むことになる。

 ケインは今シーズン、プレミアリーグで19ゴールを挙げる活躍を見せており、エヴァートンのベルギー代表FWロメル・ルカクと並んで得点ランキングトップに立っている。し烈な2位争いを繰り広げるトッテナムにとって、絶対的エースの離脱は大きな痛手となるだろう。

Tottenham Hotspur FCo(`ω´ )o
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1483354916/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーべ、ディバラPK弾でポルトに1-0勝利!2戦合計3-0でCLベスト8進出!CL16強第2戦(関連まとめ)

【サッカー】<ユヴェントスがポルトを下しCL8強…>ディバラのPK弾で1−0決着/CL決勝トーナメント1回戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489530123/
ディバラ2017CLベスト16第2戦PK.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 07:22:03.01 ID:CAP_USER9.net

●チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ
ユヴェントス 1−0 ポルト

■得点者
ユヴェントス:ディバラ(42分/PK)


現地時間14日、チャンピオンズリーグのユヴェントスvsポルトが行われた。ポルトホームで行われた第1戦は0−2でユヴェントスが勝利しており、第2戦のユヴェントスホームの一戦はユーヴェが優勢の中で試合が進むことに。

この試合ではホームのユヴェントスが高いボールポゼッションを記録しながら、ポルトゴールに何度となく迫る展開となる。しかし、欧州カップ戦の出場試合数を175に伸ばしたポルトのGKイケル・カシージャスがビッグセーブを披露し、スコアレスの状態が続く。

試合の局面が大きく動いたのは40分。相手のシュートをゴール手前で手を使ってブロックしたとして、マキシ・ペレイラが退場処分に。ユヴェントスにPKが与えられ、これをパウロ・ディバラが左足で決めて42分にユヴェントスが先制する。

後半に入ると、1人少ないポルトはリスクを冒せない状況が続く中、ユヴェントスの猛攻に耐え続ける展開に。その後は互いにゴールネットを揺らすまでには至らず、1−0で試合終了。2試合合計3−0となり、ユヴェントスが準々決勝進出を決めている。

なお、フルタイムでのボールポゼッションは66−34%、シュート本数は15−9本という内容だった。

GOAL 3/15(水) 7:15
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00010000-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英紙、岡崎慎司のレスターCL逆転突破貢献に称賛「絶え間ない真実の努力と献身」「監督の信頼を正当化」

【サッカー】<レスター史上初のCL8強に貢献した岡崎を英紙称賛!> 「真実の努力と献身」「監督の信頼を正当化」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489545158/
岡崎2017CLベスト16第2戦ドリブル.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 11:32:38.62 ID:CAP_USER9.net

セビージャとの本拠地第2戦に先発出場 2点目に絡むなど2-0の勝利を導く

レスター史上初のCL8強に貢献した岡崎を英紙称賛 「真実の努力と献身」「監督の信頼を正当化」

 レスターの日本代表FW岡崎慎司は、14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セビージャとの第2戦に先発出場し、2点目のきっかけとなるシュートを放つなど精力的な動きを見せた。レスターの2-0勝利と、2戦合計スコア3-2でのクラブ史上初の準々決勝進出に貢献した侍ストライカーは、地元メディアから「絶え間ない真実の努力と献身」「監督の信頼を正当化した」と称賛されている。

 敵地での第1戦を1-2で落としていたレスターのクレイグ・シェイクスピア新監督は、本拠地キングパワー・スタジアムでの第2戦に向けて岡崎とFWジェイミー・ヴァーディの2トップに運命を託した。ボール支配率32%のレスターは、岡崎の果敢なプレスを起点にして高い位置でのボール奪取を狙っていく。

 前半27分に主将のDFウェズ・モーガンが先制点を奪い、1-0で折り返した後半9分、岡崎がゴールに絡む。左からのスローインを受けた岡崎のシュートは相手にブロックされたものの、このボールがMFリヤド・マフレズに渡りクロス。こぼれ球がMFマーク・オルブライトンのもとに転がると左足を振り抜く。このシュートがニアサイドを突き破り、レスターは2-0とした。

 2点目を導いた岡崎は同19分にFWイスラム・スリマニと交代となったが、観衆からは大きな拍手が送られた。

リーグ戦では苦しむも“おとぎ話”はまだ続く

 地元紙「レスター・マーキュリー」は選手全員に合格点の8点を与え、クラブ史上初のCL8強に逆転勝利で導いた偉業を讃えている。岡崎は「絶え間ない真実の努力と献身。シェイクスピアの彼への信頼を正当化した」と寸評で絶賛されている。

 一方、英紙「デイリー・メール」では、岡崎はチーム最低評価ながら合格点の7.5点を与えられた。最高点は2点目を決めたオルブライトンとシェイクスピア監督の9点だった。

 昨季の奇跡のプレミアリーグ優勝から一転、リーグ戦では苦しんでいるレスターだが、初参戦ながらCL8強進出に成功。最高の“おとぎ話”は、まだ終幕を見ないようだ。

Football ZONE web 3/15(水) 9:01配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010003-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:22 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、技有クロスで追加点演出!巧妙テクで魅了も!ドルトムントは3-0完勝しドイツ杯ベスト4進出(関連まとめ)

香川、巧妙テクで魅了し追加点の起点にも…ドルトムントは快勝でDFB杯4強入り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00562839-soccerk-socc
香川2017DFBベスト8演出.jpg

DFBポカール準々決勝が14日に行われ、シュポルトフロインデ・ロッテ(3部)と日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川は公式戦2試合連続のスタメン出場となった。

 同試合は2月28日にロッテの本拠地で行われる予定だったが、キックオフ前に雪の影響で延期となったため、2週間越しの開催となった。ドルトムントは香川に加え、クリスティアン・プリシッチ、ラファエル・ゲレイロ、ウスマン・デンベレ、アンドレ・シュールレらがスタメン入り。エースのピエール・エメリク・オーバメヤンは内転筋の問題でメンバー外となり、今冬加入したアレクサンデル・イサクが初のベンチ入りを果たした。

 開始3分、ドルトムントがさっそくゴールに迫る。ウカシュ・ピシュチェクのロングボールから、シュールレがエリア内に抜け出し、左足シュートでネットを揺らすが、オフサイドの判定となった。一方のロッテは11分、ティム・ヴェンデルがエリア内左に抜け出し、フリーでシュートを放つが、GKロマン・ビュルキの好セーブに阻まれる。

 試合はドルトムントがボールを支配するが、なかなかゴールを決めきれない。24分、高い位置でボールを奪った香川がエリア前で横パス。これを受けたゲレイロが左足でミドルシュートを放つが、わずかに枠の右に外れる。30分にはカストロがエリア手前中央から右足でドライブシュートを放つが、これもゴール左に逸れた。

 香川は多くの局面に顔を出し、攻撃の起点として奮闘。44分には、エリア手前右で相手選手3〜4人に囲まれるが、またぎフェイントなど巧みなステップでかわし、観客を魅了した。前半はこのままスコアレスで折り返す。

 後半に入って49分、香川にチャンスが訪れる。プリシッチが右サイドから切り込んで中央へパス。これがファーサイドに流れると、フリーの香川が左足でニアサイドを狙うが、シュートは相手GKに阻まれた。

 その後も攻勢を続けたドルトムントは57分に先制に成功した。デンベレがドリブルでエリア手前まで持ち上がりラストパス。後方を回り込んでエリア内左に走り込んだプリシッチが左足で相手GKの股を抜くシュートを流し込んだ。

 勢いに乗るドルトムントは66分、香川がエリア内左からクロスを入れると、ゲレイロの落としに、最後はシュールレが右足ダイレクトボレーを叩き込んだ。リードを2点に広げると、83分にはエリア手前中央のFKで、マルセル・シュメルツァーが左足で直接狙う。強烈なシュートは相手GKが反応するも、弾いたボールは左ポストに当たり、ゴールに吸い込まれた。

 3点リードを奪ったドルトムントは86分、カストロを下げてイサクを投入。今冬加入した17歳の新星が新天地でデビューを飾った。試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが3−0の快勝で準決勝進出を決めた。なお、香川は2試合連続のフル出場を果たしている。

 勝ち進んだドルトムントは25日、もしくは26日に行われる準決勝でバイエルンと対戦する。

【スコア】
シュポルトフロインデ・ロッテ 0−3 ドルトムント

【得点者】
0−1 57分 クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)
0−2 66分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)
0−3 83分 マルセル・シュメルツァー(ドルトムント)

【サッカー】<香川真司>、2戦連続フル出場でゴールに絡む!ドルトムントはロッテ下しドイツ杯準決勝進出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489528864/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ミラクルレスター】岡崎慎司先発のレスター、セビージャ下し逆転突破で史上初のCLベスト8進出!シュマイケルがPK阻止のビッグセーブ!CL16強第2戦(関連まとめ)

【サッカーCL】レスター、クラブ史上初のCLベスト8進出。岡崎も先発出場で逆転突破に貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489527751/
レスター2017CLベスト16第2戦勝利.jpg
1: Japanese girl ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 06:42:31.75 ID:CAP_USER9.net

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦 2ndレグ

レスター 2-0(3-2) セビージャ

【得点者】
27分 1-0 モーガン(レスター)
54分 2-0 オルブライトン(レスター)

 現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、レスター・シティはホームでセビージャと対戦。ウェズ・モーガンなどがゴールを積み重ね、レスターが2-0の勝利をおさめている。

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はこの日も先発出場を果たした。試合開始して27分、左サイドのFKからゴール前に入れたボールをモーガンが足で合わせて先制点を決める。

 さらに54分、岡崎が放ったシュートが相手にブロックされた後、再びレスターの選手がパスを繋ぎ最後にマーク・オルブライトンがゴールを決めた。岡崎は64分にイスラム・スリマニとの交代でピッチに退いている。

 74分にはセビージャのサミル・ナスリが2枚目のイエローカードを提示されて退場。78分にはセビージャにPKのチャンスを与えてしまうが、スティーブン・エンゾンジが蹴ったボールをGKカスパー・シュマイケルがしっかりとセーブし相手に得点を許さない。

 結局、リードを守り切ったレスターが2-0の勝利をおさめた。1stレグで1-2の敗戦を喫していたものの、これで合計3-2となり、レスターが逆転でベスト8進出を決めている。

フットボールチャンネル 3/15(水) 6:33配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010004-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:25 | 大阪 ☀ | Comment(29) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング