アンテナ・まとめ RSS

2017年03月19日

大迫勇也、独紙で絶賛の嵐!「ケルンで一番優れた技術を持つ選手」「他のクラブも注目しているだろう」「なんてファッケルだ!」(関連まとめ)

【サッカー】スーパーゴールの大迫勇也、ドイツ各紙が絶賛
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489911017/
大迫2017第25節ゴール03.jpg
1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 17:10:17.76 ID:CAP_USER9.net

18日に行われたブンデスリーガ第25節で、ケルンはヘルタ・ベルリンに4−2で勝利。この一戦で1ゴール1アシストを記録した日本代表FW大迫勇也のプレーはドイツメディアで絶賛されている。

大迫は6分、MFマティアス・レーマンからのパスを受けると巧みなトラップからワンタッチで反転してバイタルエリアに侵入。 すぐさまシュート体勢に入り、ペナルティーエリア手前からのミドル弾がゴールの右隅に突き刺した。 チームに先制点をもたらした大迫はさらに35分にはFWアンソニー・モデストによる追加点をアシストし、ケルンの6試合ぶりの白星に大きく貢献した。

ドイツ紙『ビルト』は大迫のそのパフォーマンスを絶賛。 「28.7メートルの位置からシュートを決めた」とマッチレポートで記す同紙は大迫に、この試合でハットトリックを達成したモデストと並び最高点「1」を与えた。2アシストを記録したレーマン、DFネヴェン・スボティッチ、MFマルコ・ヘーガーらが「2」と続く一方、GKティモ・ホルンやDFヨナス・へクトルらは「4」、ウィングでプレーするFWシモン・ツォラーは「5」と低く評価されている。

また地元メディア『ケルナー・シュタットアンツァイガー』では大迫に対する評価は「1.5」とモデストに対する「1」に次ぐ採点となった。レーマン、ホルン、スボティッチ、ドミニク・マローらに「2」をつけ、そのほかの選手は「2.5」〜「3.5」と及第点を与えている。大迫のプレーについては次のような寸評が記載された。

「ケルンで一番優れた技術を持つフットボーラー。長い間、ずば抜けた試合を見せた。彼のゴールは見事だったが、モデストへのアシストはさらに良かった。彼のパフォーマンスには他のクラブも注目しているだろう」

『エクスプレス』は大迫とモデストに「1」をつけ、ホルン、マロー、レーマンを「2」とした。ツォラー(「4」)を除くほかのプレーヤーたちは全員「3」となっている。大迫のプレーについて「なんて“ファッケル”(たいまつの意。ブレるシュートに使われる)だ。スーパーゴールでケルンにリードをもたらし、クレメンス(17分)、モデスト(35分)に素晴らしいパスを通した。最高」と興奮気味な寸評となった。またマッチレポートではアシストの場面で「大迫のパスは侍の刀のようにヘルタの守備を切り裂いた」と表現している。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000001-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:08 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、レスターGKシュマイケルの獲得に興味!ナバスの後釜候補か

【サッカー】レスターの守護神シュマイケルにレアル・マドリーが興味…ナバスの後釜候補に浮上
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489911935/
シュマイケル2017CL16強第2戦.jpg

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 17:25:35.11 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリーがレスターのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルの獲得を検討しているとスペインメディア『ドン・バロン』が報じた。

同チームは現在所属のGKケイラー・ナバスに信頼を寄せておらず、今夏の移籍市場に向けて有力なGKをリストアップしているのは周知のとおりだが、ここに来てシュマイケルの獲得に本腰を入れたようだ。

シュマイケルと言えば、先日行われたチャンピオンズリーグのラウンド16、第2戦のレスターvsセビージャで、相手のPKをストップする活躍でチームのベスト8進出に貢献。また、昨季はシーズンを通して高いパフォーマンスを披露し、レスターをプレミア制覇に導いたことは記憶に新しい。

レアル・マドリーが狙っているのはティボー・クルトゥワ、ダビド・デ・ヘアが本命のようだが、この2名はそれぞれのクラブが放出を拒否する不動の守護神として活躍。 そこで、前者2名よりも獲得のハードルが低いとされる、シュマイケルを獲得候補に加えた見通し。

レスターは今シーズン、残留争いを余儀なくされており、来シーズンの欧州カップ戦出場権獲得さえも危うい状態。クラブは資金確保のためシュマイケル売却に踏み切る可能性も高く、シュマイケル本人もレアル・マドリーからのオファーとなれば耳を傾けざるを得ない状況となっている。

果たして、レスターの歴史的偉業に貢献したシュマイケルはスペイン行きを決断するのか、 今夏の移籍市場ではGKの玉突き移籍が起こることになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000016-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:33 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和、Rシルバ劇的PK弾で追い付きG大阪と1-1ドロー!G大阪はGK藤ヶ谷が負傷交代しGK田尻がデビューも今野先制ヘッドを守り切れず J1第4節まとめその6(関連まとめ)

【サッカー】<J1第4節>浦和レッズが劇的PKでドローに持ち込む…G大阪は今野弾を守りきれず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489917989/
ラファエルシルバ2017第4節PK.jpg

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 19:06:29.52 ID:CAP_USER9.net

■J1第4節 G大阪 1-1 浦和

G大阪:今野(57分)

浦和:R・シルバ(90+3分)

明治安田生命J1リーグ第4節が19日に行われ、市立吹田サッカースタジアムではガンバ大阪と浦和レッズが対戦した。試合は1-1のドローに終わり、両チームともに3連勝とはならなかった。

Jリーグを代表する両クラブの対戦。G大阪は前節のFC東京戦で快勝を収めて2連勝を飾った。 一方、浦和もヴァンフォーレ甲府相手にゴールラッシュを見せ、同じくリーグ戦連勝中だ。お互いにミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグを戦い、中3日でのリーグ戦となった。

ともに3バックを基本とする両チーム。
G大阪は負傷離脱したGK東口順昭に代わり、藤ヶ谷陽介がゴールマウスを守る。 日本代表に選出されたMF今野泰幸とMF倉田秋が先発したほか、右ウイングバックにDF初瀬亮、左ウイングバックにオ・ジェソクが入った。 一方、浦和はFWラファエル・シルバとFW興梠慎三の2トップで、負傷から復帰したMF柏木陽介がトップ下を務める。

最初のビッグチャンスはG大阪。13分、左CKを獲得すると、遠藤保仁が上げたクロスから今野泰幸がヘディングシュート。しかし、ここは惜しくも枠の上に外れてしまった。

一方、浦和は17分に決定機を迎える。 右サイドの森脇良太がアーリークロスを入れると、これをファーサイドの興梠が頭で落とし、走り込んだ宇賀神友弥がダイレクトシュート。しかし、ここは惜しくも枠の右に外れてしまった。

34分には金正也のパスミスを関根貴大が奪い、中央の興梠へパス。興梠がペナルティエリア手前からシュートを狙ったが、ここはクロスバーを直撃してしまった。さらに、前半アディショナルタイム2分には槙野智章がミドルシュートを狙ったが、ここもクロスバーを直撃。こぼれ球に興梠が反応したが、わずかに枠の左へ外れて得点には至らなかった。
このままスコアレスでハーフタイムを迎える。

スコアが動いたのは57分。G大阪の倉田がドリブルから左サイドのオ・ジェソクへ展開。中央へクロスを入れると、走り込んだ今野泰幸がヘディングシュートを決め、G大阪が先制に成功した。

しかし、先制したG大阪にアクシデントが発生する。73分、GK藤ヶ谷が足を痛めて田尻健と交代する。田尻はJ1デビュー戦となった。79分には浦和がカウンターのチャンスを作り、左サイドに抜け出した阿部勇樹がGKと一対一になったが、ここはGK田尻がなんとか反応して得点を許さない。

浦和は89分に決定機。右サイドでFKを獲得すると、柏木のクロスから槙野がヘディングシュート。しかし、ここも左ポストを直撃してしまう。直後の後半アディショナルタイム3分、倉田がペナルティエリア内でハンドを犯したとして、浦和にPKが与えられる。これをラファエル・シルバがゴール右に沈め、土壇場で同点に追いついた。このまま試合は1-1のドローで終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000023-goal-socc

Jリーグ公式サイト日程・結果
http://www.jleague.jp/match/

DAZN
https://www.dazn.com/jp-JP


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:57 | 大阪 | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫相棒モデスト、空手パフォは「日本の人が気に入ると思って」

【サッカー】大迫と“空手パフォーマンス”のモデスト 「日本の人が気に入ると思って」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489912480/
大迫モデスト空手パフォ.jpg
1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 17:34:40.35 ID:CAP_USER9.net

 現地時間18日に行なわれたドイツ・ブンデスリーガのヘルタ・ベルリン戦で、 大迫勇也が先制点をマークした際に、“空手パフォーマンス”を見せたアンソニー・モデスト。あれは映画の1シーンから取ったと述べ、日本の人々が喜ぶだろうと語った。

 大迫はこの日、開始6分に自陣からのロングボールを胸トラップで受けると、豪快なミドルで先制点。チームメイトが大迫をハグし、ひととおりゴールを祝ったあと、モデストは大迫と空手の型のようなものを見せ合い、最後はうれしそうに大迫に“蹴り”を入れた。

 同選手は試合後、独放送局『Sport1』に「映画『ラッシュアワー』の1シーンから取ったんだ」とコメント。『スカイ』に対しては「勇也に『あっちでは空手をやってるんだろ?』と話してたんだ。日本の人が気に入ると思って。それに僕も楽しいしね。ピッチ上では楽しまなくちゃ」と語ったという。

 モデストはその後、大迫のアシストから2点目をマークしているが、その際は両手で眼鏡を作って目に当てたり、スプーンで何かをすくって食べる仕草を披露したり。『Sport1』はこれは同選手が最近、ブンデスリーガ20ゴール目のお祝いにレストランから招待を受けたことと関係があるのかもしれないと述べている。

 なお、モデストはユニフォームのパンツがずり落ちた状態で、ハットトリックを達成したが、これについては「担当者に言わないとね。あのパンツは大きすぎるよ、僕のサイズはXXLじゃなくて、XLだってね」と苦笑せざるを得なかったようだ。

 フランス代表のディディエ・デシャン監督は、今月行なわれる2018年W杯欧州予選などに臨むメンバーにモデストを選出していない。同選手の「眼鏡パフォーマンス」は、デシャン監督に送ったメッセージかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000016-ism-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:39 | 大阪 | Comment(26) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山、赤嶺2ゴールで逆転勝利!福岡はウエリントンが3戦連続ゴールで3連勝!東京Vもアラン3戦連続ゴールで3連勝!J2第4節まとめその2(関連まとめ)

東京ヴェルディとアビスパ福岡が3連勝…群馬は苦しい4連敗/J2リーグ第4節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000020-goal-socc

赤嶺2017第4節ゴール.jpg


明治安田生命J2リーグ第4節が3月19日、8試合行われた。

京都サンガF.C.は61分にMF望月嶺臣の豪快なシュートで先制する。しかし、ファジアーノ岡山FW赤嶺真吾が89分と90+4分にゴール。試合は2-1で岡山の逆転勝ちとなった。

今季初勝利を期すカマタマーレ讃岐は再三ゴールに襲いかかるも、モンテディオ山形GK児玉剛の好守もあり得点を奪えない。対する山形も決定機を作れず、スコアレスドローに終わった。

3連敗でホーム開幕を迎えたザスパクサツ群馬は、今季未勝利のFC町田ゼルビアと対戦。64分に決まった町田MF李漢宰のゴールが決勝点となり、町田が今季初白星。群馬は4連敗となった。

松本山雅FCはFW高崎寛之の2ゴールなどでジェフユナイテッド千葉を圧倒。3-1でホーム開幕戦を勝利で飾った。

FW三浦知良がベンチ外となった横浜FCは、MF佐藤謙介とMF野崎陽介のゴールで逆転に成功。2-1でFC岐阜を下した。

東京ヴェルディは19分、CKからのクロスをDF井林章が押し込んで先制。後半にもPKで追加点を挙げ、2-0でレノファ山口FCを破り、3連勝とした。

連勝中のアビスパ福岡は76分、FWウェリントンのヘディングシュートで勝ち越しに成功。ロアッソ熊本はFW巻誠一郎のゴールも実らず、1-2で敗れた。「九州ダービー」を制した福岡は3連勝、熊本は今季初黒星となった。

愛媛FCと湘南ベルマーレの一戦は両者譲らない展開が続いたが、68分にFWジネイのゴールで湘南が先制する。猛反撃を展開する愛媛だったが、湘南GK秋元陽太のファインセーブに阻まれ、得点ならず。1-0で湘南の勝利となった。

試合結果は以下の通り。残りの3試合は18日に行われた。

明治安田生命J2リーグ第4節

3月18日

名古屋グランパス 2-1 水戸ホーリーホック

大分トリニータ 0-1 徳島ヴォルティス

V・ファーレン長崎 2-1 ツエーゲン金沢

3月19日

ファジアーノ岡山 2-1 京都サンガF.C.

モンテディオ山形 0-0 カマタマーレ讃岐

ザスパクサツ群馬 0-1 町田ゼルビア

松本山雅FC 3-1 ジェフユナイテッド千葉

FC岐阜 1-2 横浜FC

レノファ山口FC 0-2 東京ヴェルディ

アビスパ福岡 2-1 ロアッソ熊本

愛媛FC 0-1 湘南ベルマーレ

【サッカー】<J2第4節>横浜FC勝利で首位キープ!岡山、89分からの鮮やか逆転劇!松本がホーム開幕戦で千葉撃破!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489909594/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:52 | 大阪 | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、ドリブルでチャンス作るも決定機決めきれず…エイバルはエスパニョールと1-1ドロー

乾、ドリブルで魅せるもチャンスで不発…エイバルはドローで4試合勝利なし
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489846217/
乾2017振り向く.jpg

リーガ・エスパニョーラ第28節が18日に行われ、MF乾貴士の所属するエイバルとエスパニョールが対戦した。乾は2試合連続の先発出場となった。

 4試合ぶりの勝利を目指すホームのエイバルが主導権を握る。開始21分、右サイドのペドロ・レオンが鋭いクロスを入れると、ニアサイドに走り込んだキケ・ガルシアが頭で流しこみ、先制に成功した。

 エイバルは35分、乾が左サイドからドリブルで持ち上がり、股抜きで1人かわしてエリア内左に進入するが、相手DFにカットされシュートまで持ち込めなかった。45分には左CKの流れから、エリア手前のダニ・ガルシアがGKのクリアボールに反応。ダイレクトで放った右足ボレーはゴール左隅を突くが、GKディエゴ・ロペスの好セーブに阻まれた。

 1点リードで折り返したエイバルだったが、後半開始直後に追い付かれる。エスパニョールは50分、こぼれ球に反応したジェラール・モレノが右サイドからクロスを供給。ファーサイドにいたホセ・マヌエル・フラドが左足ボレーを叩き込んでゴールネットを揺らした。

 反撃したいエイバルは59分、ペドロ・レオンがキックフェイントで相手をかわしてエリア内に進入。シュート前に後方から潰されるがノーファールの判定になると、そのこぼれ球を乾が右足で振り抜くが、シュートは惜しくも枠の右に外れた。乾は76分にもドリブルでエリア内左に切り込み、チャンスを作ったが、ゴールには繋がらず、81分にベベとの交代でピッチを後にした。

 エイバルは84分、右サイドからのクロスにベベが左足ダイレクトボレーを放つが、ゴール左下隅を突いたシュートは相手GKに阻まれた。その後も攻勢に出たエイバルだが、ゴールは奪えず、このままタイムアップ。1−1の引き分けに終わり、4試合勝利から遠ざかる結果となった。なお、先発した乾は81分までプレーした。

 エイバルは次節、4月1日にアウェイでビジャレアルと対戦。エスパニョールは3月31日にベティスをホームに迎える。

【スコア】
エイバル 1−1 エスパニョール

【得点者】
1−0 20分 キケ・ガルシア(エイバル)
1−1 50分 ホセ・マヌエル・フラド(エスパニョール)

【サッカー】乾、絶好のチャンス逃す…エイバルはエスパニョールに追いつかれ4戦未勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489846217/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:08 | 大阪 | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、WBAに1-3で敗れる…GKチェフが負傷交代(関連まとめ)

【サッカー】アーセナル、WBAに3失点完敗
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489847180/
アーセナル2017第29節失点.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 23:26:20.54 ID:CAP_USER9.net

3/18 12:30K.O.(日本時間21:30)

ウェスト・ブロムウィッチ 3-1 アーセナル

12' 1-0 ドーソン
15' 1-1 A・サンチェス
55' 2-1 ロブソン・カヌ
75' 3-1 ドーソン

http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/g.cgi?engpl&1617&170318#289
http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/west-bromwich-albion-vs-arsenal/1-2252470/

順位表
http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/



アーセナル散々…サンチェスの同点弾もWBAに3失点で完敗、チェフが負傷交代
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-01637891-gekisaka-socc

[3.18 プレミアリーグ第29節 WBA 3-1 アーセナル]

 プレミアリーグは18日、第29節を行った。アーセナルは敵地でWBAと対戦し、1-3で敗れた。

 11日のFA杯リンカーン戦で公式戦の連敗をストップさせたアーセナル。巻き返しを図る今節は、リンカーン戦から2人を変更し、DFキーラン・ギブスに代わってDFナチョ・モンレアルが左サイドバックに入り、FWオリビエ・ジルに代わってFWダニー・ウェルベックが1トップに入った。MFメスト・エジルがベンチ外となっている。

 立ち上がりからボールを保持するアーセナルは、両サイドバックが高い位置を取り、自陣深くに下がって守る相手を引き釣りだそうとする。しかし、前半12分にカウンターを受けると、MFジェームス・マクレインの右足ミドルシュートはGKペトル・チェフが弾き出したが、これで与えたCKから先制点を許してしまう。MFナセル・シャドリの左CKからゴール前に勢いよく飛び込んだDFクレイグ・ドーソンが頭で押し込み、WBAが先制した。

 いきなり失点したアーセナルだが、頼れるエースがすぐさま試合を振り出しに戻す。前半15分、MFグラニト・ジャカの浮き球パスをPA中央左で受けたFWアレクシス・サンチェスが冷静に相手をかわして右足シュート。クロスバーの下を叩いてそのままゴールに吸い込まれ、1-1。しかし、同38分にアーセナルにアクシデント。脹脛あたりを痛めたGKチェフがプレー続行不可能となり、GKダビド・オスピナが投入した。

 1-1で迎えた後半、ホームのWBAが良い入りを見せ、同9分にFWサロモン・ロンドンを下げてFWハル・ロブソン・カヌを投入すると、この交代策が奏功する。同10分、シャドリの浮き球パスに反応したマクレーンがGKオスピナとDFエクトル・ベジェリンの交錯を誘い、こぼれたボールをカヌが左足で流し込み、2-1とWBAが勝ち越しに成功した。

 再び追う展開となったアーセナルは後半20分にFWセオ・ウォルコットに代えたジルを投入。直後にジャカのCKからウェルベックが決定的なヘディングシュートを放つも、クロスバーを叩いた。すると、同30分にCKを与えると、マクレインのインスイングのボールをドーソンがヘディングで合わせ、痛恨の3失点目。同33分にはサンチェスを下げてFWアレックス・イウォビを入れたが機能せず、試合はそのまま1-3で終了。アーセナルは今季3度目のリーグ戦2連敗を喫した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、左ひざを手術…フランクフルトは「無期限の離脱」を発表(関連まとめ)

【サッカー】長谷部、ひざの手術 長期離脱へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489859052/
長谷部2017第24節負傷.jpg


1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 02:44:12.68 ID:CAP_USER9.net

アイントラハト・フランクフルトは3月18日、長谷部誠が来週ひざの手術を受けることを発表した。

長谷部は前節バイエルン・ミュンヘン戦でゴールポストに激突し、すねを6針縫うけがを負った。15日には当サイトのインタビューで「今週末の試合に向けて調整しています」と話しており、クラブ公式サイトによると前日まで今節ハンブルガーSV戦への出場に向けてトレーニングを行っていたという。

日本代表はFIFAワールドカップアジア最終予選で3月23日にアラブ首長国連邦戦(アウェー)、28日にタイ戦(ホーム)を控えているが、キャプテン抜きで戦うことになるだろう。

http://www.bundesliga.com/jp/news/%E3%95%E3%A9%E3%B3%E3%AF%E3%95%E3%AB%E3%88%E9%B7%E8%B0%B7%E9%A8%E3%8C%E3%B2%E3%96%E3%AE%E6%8B%E8%A1%E3%B8.jsp



ハリルジャパン悪夢…主将長谷部の手術決定、クラブは「無期限離脱」発表
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-01637903-gekisaka-socc

 ハリルジャパンにとって最悪の事態が起こった。フランクフルトは18日、日本代表主将MF長谷部誠がひざを手術することが決定したとし、「無期限の離脱」を発表した。

 長谷部は11日に行ったブンデスリーガ第24節のバイエルン戦で左すねを負傷。MFトーマス・ミュラーのループシュートをクリアしようとした際にゴールポストにぶつかった。試合後には自身のインスタグラムで6針縫合していたことを明かしていた。

 しかしクラブによると、木曜日の精密検査の結果が思わしくなく、チームドクターなどと協議の結果、手術は避けられないと判断されたという。

 16日に行われた日本代表メンバー発表会見で、バヒド・ハリルホジッチ監督は「我々のキャプテン。彼なしのチームは考えられない」と長谷部への信頼を強調していた。エース格の本田圭佑がクラブで出場機会を失うなど、ただでさえ不安が囁かれるハリルジャパンに、更なる難題が降りかかった。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、独紙で最高評価「1.0」!ブンデス公式はスーパーミドルを絶賛!「完全無欠のロケット弾だった」

大迫勇也、1G1Aで”独紙最高評価”! ブンデス公式も大絶賛「完全無欠のロケット弾」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170319-00010005-footballc-socc
大迫2017第25節ゴール02.jpg

現地時間18日にブンデスリーガ第25節の試合が行われ、ケルンはヘルタ・ベルリンと対戦し4-2の勝利をおさめた。この試合で、ケルン所属の日本代表FW大迫勇也が1ゴール1アシストを記録する活躍を見せ、独紙から最高評価を得ている。

 試合開始して6分、後方から浮き玉のパスを胸トラップした大迫はそのままターンして、遠い距離からゴールに向かってシュートを放つ。無回転のシュートはGKルネ・ヤルステインの手を弾きながらゴールに吸い込まれた。

 さらに35分、左サイドから大迫がゴール前に折り返したボールをアントニー・モデストがダイレクトで合わせて追加点を決める。これにより、大迫は1ゴール1アシストの活躍。独紙『ビルト』は、ハットトリックを達成したアントニー・モデストと同じく「1.0」の最高評価を大迫に与えている。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分けて表され、数字が小さいほど評価が高いことを意味する。つまり「1.0」は最高評価となる)

 また、英語版のブンデスリーガも大迫の豪快弾を絶賛。ツイッターで「大迫の今季リーグ戦6点目は”完全無欠のロケット弾”だった」と評価している。ハットトリックを達成したモデストと同等のインパクトを残したと言えるかもしれない。

【サッカー】大迫、半端ないミドルで今季6点目!1G1Aの活躍でヘルタベルリンに勝利 大迫、原口先発
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489854080/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラクルレスター、完全復活!岡崎慎司も囮の動きで得点に絡み公式戦4連勝に貢献!GKシュマイケルがビッグセーブ連発(関連まとめ)

【サッカー】岡崎先発 監督交代のレスター、怒涛の4連勝 今季リーグ戦でアウェイ初勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489856544/
岡崎2017第29節フート祝福.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 02:02:24.89 ID:CAP_USER9.net

岡崎先発レスター、新監督就任以降は怒涛の4連勝。今季リーグ戦でアウェイ初勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170319-00010003-footballc-socc


2: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 02:02:45.87 ID:CAP_USER9.net

【ウェスト・ハム 2-3 レスター・シティ プレミアリーグ第29節】

 現地時間18日にプレミアリーグ第29節の試合が行われ、レスター・シティはアウェイでウェスト・ハムと対戦。リヤド・マフレズなどがゴールを積み重ね、レスターは3-2の勝利をおさめている。

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はこの日も先発出場を果たした。試合開始して5分、マフレズが放ったクロス気味のシュートがそのままゴールに吸い込まれレスターが先制。直後の7分にはFKから繋いだボールを、最後にロベルト・フートが押し込んでレスターに追加点が入る。

 しかし20分、ウェスト・ハムのマヌエル・ランシーニにFKから直接ゴールを決められ1点を返されてしまった。それでも38分、ジェイミー・ヴァーディーが追加点を決めて再び点差を広げる。ただ、最後まで諦めないウェスト・ハムは63分にアンドレ・アイェウのゴールで再び1点差に迫った。

 結局、レスターは3-2の勝利をおさめ、プレミアリーグが昨年8月に開幕してから7ヶ月目にして今季リーグ戦でアウェイ初勝利としている。また、クレイグ・シェイクスピア監督が指揮官に就任して以降、公式戦4連勝となった。

【得点者】
5分 0-1 マフレズ(レスター)
7分 0-2 フート(レスター)
20分 1-2 ランシーニ(ウェスト・ハム)
38分 1-3 ヴァーディー(レスター)
63分 2-3 アイェウ(ウェスト・ハム)


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大迫半端無いって】大迫勇也、スーパーミドルと絶妙アシスト!ケルンはモデストハットで原口先発ヘルタに4-2大勝(関連まとめ)

【サッカー】大迫、半端ないミドルで今季6点目!1G1Aの活躍でヘルタベルリンに勝利 大迫、原口先発
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489854080/
大迫2017第25節ゴール.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 01:21:20.00 ID:CAP_USER9.net

第25節 3/18(土)23:30 ラインエネルギー・シュタディオン

1.FCケルン 4-2 ヘルタBSC

1-0 大迫勇也(前半6分)
2-0 アントニー・モデスト(前半35分)大迫アシスト
3-0 アントニー・モデスト(前半37分)
3-1 ヴェダド・イビセヴィッチ(後半5分)
4-1 アントニー・モデスト(後半19分)
4-2 ジョン・アンソニー・ブルックス(後半24分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929778

大迫勇也 先発フル出場
原口元気 → マキシミリアン・ミッテルシュタット(後半28分)



大迫が1ゴール1アシスト!日本人対決はケルンに軍配…ヘルタ原口は後半途中までプレー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00564408-soccerk-socc

ブンデスリーガ第25節が18日に行われ、日本代表FW大迫勇也の所属するケルンと同代表MF原口元気の所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。16日に発表された日本代表メンバーに選ばれた大迫と原口はともに先発出場で日本人対決が実現した。

 5試合勝利から遠ざかっているホームのケルンだが、この日は立ち上がりに幸先よく先制する。6分、大迫が敵陣中央でパスを受けると、トラップで前を向いて右足を一閃。豪快なシュートは相手GKの手も弾いて、そのままゴール右上隅に突き刺さった。大迫の3試合ぶりリーグ戦6点目のゴールで、ケルンがリードを奪う。

 一方、2連勝を狙うヘルタだが、30分にアクシデント発生。サロモン・カルーが負傷し、ミッチェル・ヴァイザーとの交代でピッチを後にした。直後の32分、左サイドのマルヴィン・プラッテンハルトからのクロスに、中央でヴェダド・イビシェヴィッチがダイビングヘッドで合わせるが、これは相手GKティモ・ホルンの正面だった。

 ケルンは35分、大迫がエリア内左でパスを受けて、中央へマイナスの折り返し。これをモデストがダイレクトで左足を振り抜き、ゴール右隅に決めた。さらに37分には、左サイドで仕掛けた原口からボールを奪うと、マティアス・レーマンが前線へロングパスを供給。モデストが最終ラインを抜け出し、GKとの1対1で落ち着いてゴール左に沈めた。ケルンが立て続けのゴールでリードを3点に広げて折り返す。

 後半に入って49分、ヘルタはFKの流れでニクラス・シュタークが相手GKホルンからファールを受けてPKを獲得。50分、キッカーのイビシェヴィッチが中央に蹴り込み、1点を返した。原口は60分、スピードに乗ったドリブルで相手ゴールに迫るが、エリア手前で相手DFにブロックされ、シュートまで持ち込めなかった。

 押されていたケルンだったが、63分にカウンターから追加点を奪う。マルコ・ヘーガーからのロングパスに反応したモデストが右サイドを抜け出し、エリア内で右足シュートをニアサイドのゴール右隅に沈めた。だが、ヘルタも69分、右CKからジョン・ブルックスが打点の高いヘッドでゴール右隅に叩き込み、再びリードを2点に戻す。

 ヘルタは73分、原口を下げてマキシミリアン・ミッテルシュタットを投入。81分にはイビシェヴィッチが左サイドからの折り返しに、滑り込みながら合わせるが、これもGKホルンの好セーブに阻まれた。試合はこのままタイムアップを迎え、ケルンが4−2で6試合ぶりの勝利。ヘルタは2連勝を逃した。なお、大迫はフル出場で1ゴール1アシストを記録。原口は73分までプレーした。

 ケルンは次節、4月1日にアウェイでDF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。ヘルタは3月31日にホッフェンハイムをホームに迎える。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:48 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング