アンテナ・まとめ RSS

2017年04月05日

日本代表、6/7シリア戦は19:25キックオフ 日本テレビ系で放送

【サッカー】日本代表、シリア戦は19時25分キックオフ…日本テレビ系にて生放送  
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491380451/
日本代表2017UAE戦前集合写真.jpg
1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 17:20:51.05 ID:CAP_USER9.net

 6月7日(水)に東京スタジアム(味の素スタジアム)で開催される、キリンチャレンジカップ2017のキックオフ時間および放送局が決定した。

 日本代表がシリア代表と対戦する一戦は、19時25分にキックオフ予定。 日本テレビ系にて全国生放送される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00572602-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:59 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司の奮闘にサポーターは拍手喝采!6戦連続スタメンで6連勝、英紙「彼の全てを出した」

【サッカー】<レスター岡崎の奮闘に観衆も拍手喝采!>4カ月間ノーゴールも 6戦連続スタメンで6連勝、英紙「彼の全てを出した」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491361925/
岡崎2017第31節競り合い.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 12:12:05.35 ID:CAP_USER9.net

サンダーランド戦の2-0勝利に貢献 シェイクスピア新体制での公式戦全6試合に先発
 
レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、現地時間4日の本拠地サンダーランド戦にリーグ戦5試合連続のスタメン出場を果たした。 4カ月以上ゴールがないままこの日も途中交代となったが、侍ストライカーにはスタンドのサポーターから拍手喝采が送られた。 快進撃の続くクレイグ・シェイクスピア新体制でも、不可欠な存在となっている。

FWヴァーディと2トップを組んでプレーした岡崎だったが、ゴールは奪えず、0-0の後半17分にアルジェリア代表FWスリマニと交代しピッチを後にした。すると、そのスリマニが同24分、同じタイミングで投入されていたMFオルブライトンの左クロスから高い打点のヘディングシュートを放ち均衡を破った。

同32分には、ヴァーディが3試合連続ゴールとなる強烈な左足のシュートを決めて2-0。2試合連続の完封勝利で、監督交代後に公式戦6連勝と破竹の勢いで突き進んでいる。

英地元紙「レスター・マーキュリー」の採点では、ヴァーディと負傷離脱中の主将DFモーガンの代役を務めるDFベナルアンにチームトップタイの7点、それ以外の選手は一様に6点が与えられた。

岡崎については「いつも通り、彼の全てを出した。交代時にはスタンディングオベーションを受けた」と、献身的なプレーにサポーターから拍手喝采を受けたと記された。

4カ月間ノーゴールに厳しい指摘も
 
その一方で、12月3日の敵地サンダーランド戦(1-2)での得点を最後に、4カ月間ゴールから見放されていることもあり「とりわけ効果的ではなかった」と厳しい指摘もされている。それでも、シェイクスピア監督の下では全6試合で先発と、指揮官からは絶大な信頼を寄せられている。

リーグ戦5連勝のレスターは勝点を36に伸ばし、一時は降格圏目前まで沈んでいたチームは10位まで急浮上している。欧州カップ戦出場権獲得は厳しいものの、一桁順位でのフィニッシュが射程圏内となっている。

終盤戦の驚異的な巻き返しで、最下位から14位まで浮上した2014-15シーズンを思い起こさせる快進撃を見せている。

Football ZONE web 4/5(水) 8:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00010004-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170405-00010004-soccermzw-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:13 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZNにJリーグ効果!週平均視聴時間が40%アップ

【サッカー】「DAZN」にJリーグ効果 週平均視聴時間40%アップ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491381557/
DAZN社長と村井チェアマン.jpg

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 17:39:17.13 ID:CAP_USER9.net

Jリーグ中継を配信するDAZN(ダゾーン)は5日、東京・港区内でオフィスツアーを実施。第5節を終えてJリーグ開幕前の2月末と比べて、週平均の視聴時間が40%増とJ効果が現れていることを説明。視聴者の内訳はライブ中継が51%、見逃し配信が44%だった。

 また、4月2日より「Jリーグ・ゾーン」の放送を開始。専門スタッフが最大3試合を同時に、注目シーンを集めてライブ放送するもので、関係者は「注目の場面をライブザッピングしたものを視聴いただくことができます」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000097-dal-socc

DAZN公式サイト
http://www.dazn.com/ja-JP

NTTドコモ公式サイト:DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)
http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、独地元紙が絶賛「サッカーの魔術師との契約延長を考えるべきだと示した」ブンデス公式でMOMに選出(関連まとめ)

【サッカー】<完全復活の香川真司>前節に続き単独最高評価!「契約延長を考えるべきであることを再び示した」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491345899/
香川2017第27節ゴール03.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 07:44:59.27 ID:CAP_USER9.net

4日に行われたブンデスリーガ第27節ボルシア・ドルトムント対ハンブルガーSV(HSV)は、ホームのドルトムントが3−0で勝利。日本代表MF香川真司はついに今シーズンのリーグ戦初ゴールを決め、ドイツメディアに絶賛されている。

前節のシャルケ戦ではアシストを記録するなど好調な姿を見せた香川はHSV戦でも先発メンバーに名を連ねた。前半13分にはペナルティーエリア左前の位置でFKを獲得すると、それをMFゴンサロ・カストロがファーに沈め、ドルトムントが先制。香川は27分にはヒールでピエール=エメリク・オーバメヤンの決定機をつくるなど、大きな自信をうかがわせた。

後半に入ってからは自身にも複数のチャンスがおとずれ、81分にオーバメヤンからの横パスを押し込み、チーム2点目、自身の今シーズン第1号をマーク。アディショナルタイムに入ると、絶妙なフィードでそのオーバメヤンのダメ押し弾をアシストし、チームの全得点に絡む活躍で勝利に貢献した。

そんな香川に対するドイツメディアの評価はやはり高かった。「香川は絶好調」と記す地元紙『ルールナハリヒテン』は香川のパフォーマンスをチーム単独最高の「1.5」と評した。GKロマン・ビュルキ、ゴールを決めたカストロ、オーバメヤン(「3」)らに対する評価を大きく上回っている。香川のプレーについてはこのように寸評した。

「シャルケとのダービーでドルトムントのベストプレーヤーだった彼はHSV戦でも好調を維持。クラブに、日本人のフットボール魔術師との契約延長を考えるべきであることを再び示した。ピエール=エメリク・オーバメヤンへのヒールトリック(27分)のみでも入場料を払う価値があった(27分)。2点目を決め、試合を決定づけた」

評価記事を「HSV戦のドルトムントのベストプレーヤーは香川」と題した地元紙『WAZ』も香川のプレーに「1.5」と単独最高点をつけている。『ルールナハリヒテン』と同様、ビュルキ(「2.5」)やカストロ、オーバメヤン(「3」)らが続いた。『WAZ』は香川のプレーについて「攻撃的MFの位置で目立ったプレーを見せている。常にボールを受けられ、豊富な運動を見せたうえ、オーバメヤンが決め切れなかったチャンスをヒールで素晴らしくアシスト(27分)」と言及。ゴールを決めたあとファンから「チャントで祝福された」とも続けている。

なお、『ビルト』は香川のパフォーマンスにビュルキと並びチーム最高タイの「2」と採点。ラファエル・ゲレイロ(「4」)を除く他メンバーは「3」をつけられている。一方、HSV側で中盤でフル出場した酒井高徳は「4」と低めな点数だった。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

GOAL 4/5(水) 7:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000037-goal-socc



【サッカー】<香川真司>全3得点に絡み決定機6度演出!ブンデス公式サイトがHSV戦のMVPに選出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491361497/

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 12:04:57.18 ID:CAP_USER9.net

ブンデス公式サイトがHSV戦のMVPに選出
 
ドルトムントの日本代表MF香川真司は、4日のハンブルガーSV戦に公式戦5試合連続でスタメン出場を果たし、今季リーグ戦初ゴールを含む1ゴール1アシストと大暴れ。3-0快勝劇の立役者となった。ブンデスリーガ公式サイトドイツ版では、この試合のMVPに「Shinji Kagawa」を選出。“小さな魔法使い”が復権ぶりをアピールした。

4-2-3-1システムのトップ下に君臨した香川は、前半から超絶テクニックを披露。前半13分にMFカストロが直接FKで先制点を決めたが、これも香川のヒールパスからモルが中央突破した流れからファウルを受けて獲得したFKだった。

同27分には、FWオーバメヤンへのヒールパスでGKと1対1になる決定機を演出した。エースがこれを決めることはできなかったが、後半36分に待望の今季初ゴールが生まれる。

左サイドを猛スピードで駆け上がったオーバメヤンからのクロスに右足で合わせて、今季リーグ戦での初ゴールをゲット。さらに試合終了間際には、この日再三にわたって香川のラストパスを外してきたオーバメヤンが、香川のアシストからダメ押しのゴールを奪った。

「ラストプレーへの準備を整えていた」
 
3-0勝利の主役となった香川は、ブンデスリーガ公式サイトでMVPに選出された。

「日本人は今季初ゴールを決めただけでなく、オーバメヤンの終了間際の3点目とGKの手前でのFKも獲得した」と、この日の3得点全てに絡んだ活躍を高く評価。「この日本人ほどラストプレーへの準備を整えていた選手はいない」と決定機を6度演出したことを紹介した。シーズン前半戦はベンチを温めることの多かった香川だが、ここにきて本領を発揮している。

Football ZONE web 4/5(水) 11:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00010008-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170405-00010008-soccermzw-000-view.jpg

香川、マンオブザマッチに選出!ブンデスリーガ公式HP
http://www.bundesliga.com/jp/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:56 | 大阪 ☁ | Comment(27) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、終盤のイブラヒモビッチPK弾でエバートンに追い付き1-1ドロー(関連まとめ)

終了間際のイブラPK弾で追いつく…マンUがエヴァートンとドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00572427-soccerk-socc
イブラ2017第31節ゴール.jpg

プレミアリーグ第31節が4日に行われ、マンチェスター・Uとエヴァートンが対戦した。

 現在4位のライバル、マンチェスター・Cとチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うマンチェスター・Uと、ヨーロッパリーグ(EL)圏内から引き離されたくないエヴァートンの対戦。マンチェスター・Uは試合開始直後から、出場停止処分明けのイブラヒモヴィッチを中心とした攻撃を仕掛けていくが、エヴァートンもイングランド代表DFフィル・ジャギエルカを軸に、集中した守りで得点を許さない。

 すると、先にネットを揺らしたのはアウェイのエヴァートンだった。22分、右サイドからのCKをゴール前でアシュリー・ウィリアムズがヘディングで逸らす。それをジャギエルカがゴールに背を向けたまま右足でボールに触ると、GKダビド・デ・ヘアの股を抜け、ゴールに流れ込んだ。

 先生に成功して勢いに乗るエヴァートンは、26分にもロメル・ルカクがペナルティーエリア右手前でボールを受け、そのまま切り込みシュートを放つも、これは惜しくも枠を外れる。

 反撃に出たいマンチェスター・Uも30分にダレイ・ブリントの直接FKをエヴァートンGKジョエル・ロブレスにセーブされ、こぼれ球にアンデル・エレーラが素早く詰めたがボールはクロスバーに直撃してしまう。

 続く39分にもエレーラが中央から鋭いミドルシュートを放つが、またもGKジョエルが素晴らしい反応を見せてセーブ。マンチェスター・Uはなかなかエヴァートンゴールを破ることができない。そして、そのまま0−1で前半を終える。

 後半もマンチェスター・Uは積極的にゴールに迫っていく。55分にポール・ポグバ、62分には古巣対決となったマルアン・フェライニがそれぞれ惜しいシュートを放つが、どちらもゴールには至らない。71分にはイブラヒモヴィッチがヘディングシュートで一度はゴールを割るも、オフサイドの判定で得点とはならず。マンチェスター・Uにとってはフラストレーションがたまる展開が続く。

 しかし、迎えた後半アディショナルタイム、ついに同点弾が決まる。途中出場していたDFルーク・ショーが放ったシュートをアシュリー・ウィリアムズがペナルティエリア内で手で防いだとしてPKの判定。同選手は一発退場となった。そしてこのPKをイブラヒモヴィッチが冷静にゴール右下に流し込み1−1、マンチェスター・Uはなんとかドローで試合を終えた。
 
 この結果、マンチェスター・Uは勝ち点54で暫定5位、エヴァートンは勝ち点51で暫定7位となった。CL、EL出場権をそれぞれ争う両者にとって、手痛い結果となった。
 
【スコア】
マンチェスター・U 1−1 エヴァートン

【得点者】
0−1 22分 フィル・ジャギエルカ(エヴァートン)
1−1 90分+4 ズラタン・イブラヒモビッチ(PK)(マンチェスター・U)

† Red Devils Manchester United 1210 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1490278216/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:31 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプールFWマネ、今季絶望の可能性…クロップ監督「残念ながら、それはあり得る」

リヴァプール痛手、チーム得点王マネが今季終了か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000014-ism-socc
マネ2017第30節負傷.jpg

リヴァプール(イングランド)のユルゲン・クロップ監督は現地時間4日(以下現地時間)、FWサディオ・マネが今季中に復帰できない可能性があることを認めた。

 マネは1日に行なわれたプレミアリーグのエヴァートン戦で、ひざを負傷。クロップ監督は4日、同選手の今季終了の可能性を問われると、「残念ながら、それはあり得る」と認めた。ただし、さらなる検査を予定しているとし、正確な離脱期間については明言を避けている。

 リヴァプールはMFアダム・ララーナ、MFジョーダン・ヘンダーソンをすでに負傷で失っており、今季13ゴールでチーム得点王のマネの離脱は、さらなる痛手となる。同選手がアフリカ・ネーションズカップでチームを離れていた間、リヴァプールは7試合で1勝しか挙げていない。

 リヴァプールは現在プレミアで熾烈なトップ4争いを演じており、30試合消化で勝ち点59の3位。4位マンチェスターCと1差、5位マンチェスターUには5差をつけているものの、両チームより1試合多く消化している。
〓〓 Liverpool FC 〓 759 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1491117145/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラツィオ、コパ・イタリア決勝進出!ローマは第2戦勝利もラツィオが第1戦のリード守り切る コパイタリア準決勝

ローマがダービー制すも及ばず…ラツィオが第1戦のリードを守り決勝へ/コッパ・イタリア準決勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000033-goal-socc
ラツィオ2017コパイタリア準決勝勝利.jpg

■コッパ・イタリア準決勝セカンドレグ ローマ 3-2 ラツィオ

■得点者
ローマ:エル・シャーラウィ(43分)、サラー(66分、90分)
ラツィオ:サビッチ(37分)、インモービレ(56分)

5日、コッパ・イタリア準決勝セカンドレグが開催され、ローマ対ラツィオのローマ・ダービーが行われた。

ホームのローマはファーストレグを0-2で落としたものの、公式戦4連勝中と好調をキープ。さらにエースのエディン・ジェコもセリエA第30節のエンポリ戦で2得点を挙げるなど好調を維持している。しかし対戦相手のラツィオも好調だ。公式戦過去10戦で8勝2分けという結果を出している。今シーズンの両者の対戦はファーストレグを含め共に2-0の1勝1敗となっている。

3点が必要なローマは前半から前がかりに攻撃に出た。一方のラツィオはしっかりと守備ブロックを作りながらカウンターの機会をうかがう展開でゲームが進む。

そして3分のエディン・ジェコや6分のチロ・インモービレのビッグチャンスがあったものの得点が入らずに前半が経過していく。

試合が動いたのは37分、インモービレのゴール手前10mのシュートをローマGKアリソンがセーブ。しかしこぼれ球をセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチが押し込み先制に成功してラツィオが大きなアドバンテージを手にした。

一方のローマは43分、右サイド深い位置からからアントニオ・リューディガーが低めのセンタリングを中央に送る。ステファン・デ・フライがこのボールをクリアミス。足元に転がってっきたボールをステファン・エル・シャーラウィが落ち着いてゴールに流し込んだ。

前半はこのまま1-1で終了した。ラツィオが大きなリードを持って後半戦に臨む。

56分、ハーフウェーライン付近の右サイドから中央のインモービレがオフサイドラインぎりぎりから飛び出しローマのDFラインの裏を取る。独走状態からアリソンとの1対1の場面で冷静にシュートをゴールへ流し込み、決勝進出を手繰り寄せる大きな追加点を奪った。

このままでは終われないローマは66分、エル・シャーラウィのシュートがポストに当たって跳ね返った所をモハメド・サラーが押し込み2-2とした。

ローマは81分にフランチェスコ・トッティを投入するなど得点を取りに行く。90分のサラーの得点でリードを奪うも2試合合計4-3でラツィオが決勝進出を決めた。


◇SS.Lazio-Bianco・Celeste〜ラツィオスレ60
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1476525689/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:03 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「香川はドルトムントのベストプレイヤー」香川真司、1G1Aで独複数紙でチーム最高点の評価(関連まとめ)

香川、1G1A。2戦連続”チーム最高評価”で独紙大絶賛「中盤で一際目立っていた」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00010002-soccermzw-socc
香川2017第27節ゴール02.jpg

現地時間4日にブンデスリーガ第27節の試合が行われ、ドルトムントはハンブルガーSVと対戦し3-0の勝利に終わった。この試合で先発出場を果たし、1ゴール1アシストの活躍を見せた日本代表MF香川真司に対して、独紙が2試合連続となる”チーム最高評価”を与えている。

 独紙『デア・ヴェステン』は、記事のタイトルに「香川はドルトムントのベストプレイヤー」とつけ、チーム最高評価となる「1.5」の点数を付けた。寸評では「中盤で一際目立っていた。常にプレーに関わり、多くの場所で顔を出していた」と、印象的な活躍をしたと評価している。一方で香川と同じくゴールを決めたゴンサロ・カストロとピエール・エメリク・オーバメヤンには「3.0」の点数が付けられた。(ドイツの採点は「6」が最低で「1」が最高)

 また、独紙『ルール・ナハリヒテン』も同じく香川にチーム最高評価となる「1.5」の採点を付けた。ゴールを決めたカストロとオーバメヤンは「3.0」の評価となっている。一方で、独紙『ビルト』はラファエル・ゲレイロに「4.0」の採点をつけ、香川とGKロマン・ビュルキには「2.0」、それ以外の選手全員に「3.0」の点数を付けた。

【サッカー】香川、今季初ゴール含む1ゴール1アシスト!ハンブルガーSVに快勝 香川、酒井先発フル出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491335507/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:00 | 大阪 | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ミラクルレスター6連勝】岡崎先発レスター、ヴァーディ3戦連続ゴールでサンダーランド下し公式戦6連勝!暫定10位に浮上

【サッカー】岡崎先発 レスター、監督交代後5連勝!暫定10位浮上
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491338169/
ヴァーディ2017第31節ゴール.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 05:36:09.75 ID:CAP_USER9.net

レスター 2-0 サンダーランド

得点
69 スリマニ
78 バーディー

http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/leicester-city-vs-sunderland/1-2252485/

岡崎は先発し62分までプレー




今季の不調が嘘のよう…レスターが怒涛の5連勝!!采配ズバリで最下位サンダーランドに快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-01638451-gekisaka-socc

4.4 プレミアリーグ第31節 レスター・シティ2-0サンダーランド]

 プレミアリーグは4日、第31節を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームでサンダーランドと対戦し、2-0で勝利した。先発出場の岡崎は、“リンクマン”としてだけではなく、積極的にシュートを放ち、後半17分までプレーした。

 1日のストーク・シティ戦(2-0)で4連勝としたレスターは、その試合と同じ11人を送り出し、約1年ぶりの5連勝を目指した。立ち上がりからテンポの良いパスでサンダーランドを翻弄すると、前半3分にMFデマライ・グレイが個人技で左サイドを突破し、ライン際から折り返したボールをニアで岡崎が左足シュート。これはわずかに左に外れ、今季3点目とはならなかった。

 最下位に沈むサンダーランドは、5試合連続で無得点に終わっているものの、約3年4か月ぶりにイングランド代表に復帰したFWジャーメイン・デフォーを中心に徐々に攻撃の形を作っていく。守備でもレスターのカウンターを未然に防ぎ、昨季のプレミア王者を苦しめた。

 後半も膠着した状況が続く。レスターは後半13分、FKの流れからデフォーの鮮やかな左足ボレーを浴びたが、GKカスパー・シュマイケルがキャッチ。なかなか攻撃のリズムを作れないでいると、クレイグ・シェイクスピア監督は同17分に、岡崎とグレイを下げてFWイスラム・スリマニとMFマーク・オルブライトンをピッチに送り出した。

 直後に左サイドのDFクリスティアン・フクスのロングスローをDFロベルト・フートが頭で合わせたが、GKジョーダン・ピックフォードに横っ飛びでキャッチされる。それでも、4連勝の勢いは伊達じゃない。迎えた後半25分、左サイドからオルブライトンが相手をかわしてクロス。インスイングのボールをスリマニがヘディングで合わせ、レスターが均衡を破った。

 シェイクスピア監督の交代策が奏功したレスターは、後半32分にFKの流れからデフォーの決定的なシュートを浴びるが、左ポストに助けられる。すると、直後に2点目が生まれた。同33分、相手のパスミスを見逃さなかったオルブライトンがボールを回収して左サイドを駆け上がると、早い段階で中央にグラウンダーのボールを入れる。これをPA手前で受けたFWジェイミー・バーディがトラップから素早く左足を振り抜き、強烈なシュートをゴールネットに突き刺した。

 バーディの今季10点目でリードを広げたレスターは、その後も危なげなく時間を進め、2-0のままタイムアップ。クラウディオ・ラニエリ前監督時にはわずか5勝にとどまっていたが、監督交代から怒涛の5連勝で昨季の勢いを取り戻した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スーパー香川】香川真司、1ゴール1アシスト!今季リーグ初得点し決定機演出も連発で大活躍!ドルトムントは酒井高徳出場のHSVに3-0完勝(関連まとめ)

【サッカー】香川、今季初ゴール含む1ゴール1アシスト!ハンブルガーSVに快勝 香川、酒井先発フル出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491335507/
香川2017第27節ゴール.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 04:51:47.06 ID:CAP_USER9.net

ドルトムント 3-0 ハンブルガーSV

13' カストロ
81' 香川
92' オバメヤン(香川アシスト)

http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/borussia-dortmund-vs-hamburger-sv/1-2272532/



香川真司がリーグ戦初得点!MOM級の活躍披露でドルトムントの勝利に貢献/ブンデスリーガ第27節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000031-goal-socc

■ブンデスリーガ第27節 ドルトムント 3−0 HSV

ドルトムント:カストロ(13分)、香川(81分)、オーバメヤン(90+2分)

ブンデスリーガ第27節が4日に行われ、ドルトムントとハンブルガーSV(HSV)が対戦した。

ソクラティス・パパスタソプーロスが出場停止で、久々の4バックとなったドルトムントは、4-2-3-1を採用。中盤にはゴンサロ・カストロ、ユリアン・ヴァイグル、香川真司が揃い、左にエムレ・モル、右にウスマン・デンベレが構える。最前線にはシャルケとのダービーでゴールを挙げたピエール=エメリク・オーバメヤンが入った。一方のHSVは、酒井高徳がボランチで先発している。

最初に相手に問題を生じさせたのは敵地に乗り込んだHSV。ボールを支配される時間が増えながらも、一発のカウンターでゴールを脅かす。中盤からのロブパス一本で、FWボビー・ウッドが完璧にラインブレイクを果たすも、シュートはGKロマン・ビュルキに当ててしまい、先制はならず。チャンスを逃せば、後に大きなツケを払うことになるのがフットボールの常。序盤に大きな強みを持つドルトムントは13分、カストロがGKの逆を突く見事なFKを決め、先制点を奪う。

その後もドルトムントは香川へのボールの出し入れを軸に、少しずつボールを前へ進めようと試みる。香川のヒールからオーバメヤンがキーパーと1対1のチャンスも迎え、日本人プレーメーカーは好調ぶりをアピール。一方のHSVはボールを持つ時間が短く、一人ひとりの能力に依存したカウンターに終始する。それでもウッドを中心に見せ場を作っていく。

徐々にドルトムントの支配から脱したHSVが、相手陣内でプレーする時間が増え、ゴールを脅かしていく。しかし、ファイナルサードでのクオリティ不足は否めず、最後のところで決定的なシーンを作り出せず。前半はドルトムントが1点をリードして終了する。

後半に入ると、ドルトムントの嵐のような猛攻が再び吹き荒れる。香川がクロスから決定機を迎え、デンベレも香川のチャンスメイクからフリーでシュートを放つが、どちらも枠には飛ばない。

なおも、この日はドルトムント攻撃陣をけん引する香川。ときにはパスで相手の守備を横に広げ、ラストパスでもチャンスを演出するが、オーバメヤンがなかなか決めきれず、香川の貢献が数字として残らない時間が続く。

しかしそれならと、ついに自らゴールネットを揺らすときが訪れる。オーバメヤンが左サイドを突破すると、グラウンダーの完璧なクロス。フリーの香川が押し込み、追加点を挙げた。香川は今シーズン、ブンデスリーガ初ゴールとなった。

さらに、アディショナルタイムには香川のアシストからオーバメヤンが決定的な3点目をマーク。ようやくエースがゴールを挙げ、試合は終了。

香川がマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を披露したドルトムントが勝ち点3を積み上げ、4試合負けなし。一方、4試合負けなしと好調をキープしていたHSVだったが、勢いは止められている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:20 | 大阪 | Comment(26) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング