アンテナ・まとめ RSS

2017年04月06日

リバプール、終了間際の痛恨の失点でボーンマスと2-2ドロー…3位キープも上位と勝ち点差広がる

リヴァプール、終了間際に失点で痛恨ドロー…上位と差広がる/プレミアリーグ第31節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000038-goal-socc
ジャン2017第31節競り合い.jpg

■プレミアリーグ第31節 リヴァプール 2−2 ボーンマス

リヴァプール:コウチーニョ(40分)、オリギ(59分)

ボーンマス:アフォベ(7分)、キング(87分)

プレミアリーグ第31節が5日に行われ、リヴァプールとボーンマスが対戦。試合は2−2のドローに終わった。

先手を取ったのはアウェーのボーンマス。ジョルジニオ・ワイナルドゥムの不用意なバックパスをボーンマスFWベニク・アフォベがダイレクトで流し込み、先制点を奪う。しかし、地力で奪うリヴァプールが反撃。40分にフィリペ・コウチーニョがキーパーのパントキックの流れからネットを揺らし、前半を1−1で終える。

後半に入ると、リヴァプールがすぐに逆転。ケガのサディオ・マネに代わってディボック・オリギが50分、ワイナルドゥムのクロスをヘディングで合わせて、キーパーを破った。

しかし、終了間際に悲劇が。ロングスローの流れから最後はジョシュア・キングが決め、ボーンマスが起死回生の同点弾を挙げる。試合はそのまま終了し、両者勝ち点1を分け合った。

リヴァプールは3位をキープしたものの、2位トッテナム、首位チェルシーとの勝ち点差は広がった。一方、辛くも勝ち点1を拾ったボーンマスは13位となっている。

※タイトルに誤りがございましたので訂正いたしました

〓〓 Liverpool FC 〓 759 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1491117145/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:54 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バティストゥータ氏、アルゼンチン代表訪問も…半数の選手が挨拶せず

【サッカー】バティストゥータがアルゼンチン代表を訪問…半数の選手が挨拶せず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491475843/
バティおじさん.jpg
1: 胸のときめき ★@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 19:50:43.09 ID:CAP_USER9.net

元アルゼンチン代表FWのガブリエル・バティストゥータ氏が、同代表チームの控え室を母国テレビ番組『TyC Sports』の企画で訪問した。

 2018 FIFAワールドカップロシア 南米予選で苦戦を強いられているアルゼンチン代表の奮起を促す目的で実施されたものだったようだがバティストゥータ氏が控え室を訪れると、選手たちの半分は同氏に挨拶をせず。「僕が控え室を訪ねた時、メンバーの半分は僕にパス(挨拶)をしてくれなかった。敬意を欠いていたというわけじゃないだろう。僕がここにいた時と今は時代が違うし、何も感じなかっただけなんだと思うよ」と、同氏は自身の現役時代と現在の代表チームに違いがあると述べた。

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/04/06/20170406sck00m050027000p/7.jpg
ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170406/sck/00m/050/027000c#csidx2991ec931d399b5a4962f167633d8fc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:19 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、独キッカー紙で今節ベスト11と2節連続MOMに選出(関連まとめ)

HSV戦の主役・香川真司に絶賛止まず…独誌で今季初ベスト11入り&2週連続MOM
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000016-goal-socc
香川2017第27節ゴール03.jpg

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は4日に行われたブンデスリーガ第27節のハンブルガーSV(HSV)戦で、今季リーグ戦初ゴールをマーク。アシストも記録した3−0の勝利で全得点に絡んだ同選手を、ドイツ誌『キッカー』はマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出し、ベスト11にも選んだ。

HSV戦の香川は地元メディア『ルールナハリヒテン』『WAZ』でチーム単独最高点が与えられ、「日本人のフットボール魔術師との契約延長を考えるべきであることを再び示した」とも評されたところ。ブンデスリーガ公式ウェブサイトでもMOMに選ばれている。

そして、やはり『キッカー』もそのパフォーマンスを大絶賛。両チーム単独最高点の「1.5」をつけ、続くGKロマン・ビュルキ(「2.5」で両チーム単独2位)に対する評価をも大きく上回る格好で絶賛した。

同誌は香川をさらに前節のシャルケ戦に続き、HSV戦のMOMに選び、ドルトムント唯一のプレーヤーとして今シーズン初めてベスト11にも含めた。「香川真司はほぼ全ての攻撃に関与した。日本人選手は力強いパフォーマンスを、試合を決定づけたチーム2点目で飾っている」とMOMへの選出が解説されている。

なおドルトムントは8日の第28節でバイエルン・ミュンヘンと敵地で対決。『キッカー』の予想スタメンでは香川は大一番にも先発出場する見通しとなっている。

※一部編集し直しました

【サッカー】香川がベストイレブン 独サッカー誌が報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491470167/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:37 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、29歳ナーゲルスマン監督のホッフェンハイムに0-1で敗れる

【サッカー】バイエルン、29歳監督率いるホッフェンハイムにジャイアントキリング許す
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491415398/
ナーゲルスマン監督.jpg

1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 03:03:18.54 ID:CAP_USER9.net

バイエルン、29歳指揮官に屈辱的な“ジャイキリ”を許す ロッベンも落胆

theWORLD(ザ・ワールド) 4/6(木) 0:10配信

「こんなことは起きてはならない」

4日にブンデスリーガ第27節が行われ、同リーグ首位のバイエルン・ミュンヘン(以下バイエルン)がホッフェンハイムに0-1で敗れた。

同クラブMFアリエン・ロッベンはクラブ公式ホームページのコメントで、同試合を総括している。

「残念のひと言に尽きるよ。前半は本当に無駄な時間を過ごした。ポジショニングが悪すぎたし、常に後手を踏んでいたね。後半はだいぶ良くなったけれど、ゴールを奪うには至らなかった。こんなことは起きてはならないよ」

相手の前線からの連動したプレスや攻守の切り替えの速さに圧倒されたバイエルン。鋭いカウンターのみならず、ピッチの横幅を広く使う遅攻を併せ持つホッフェンハイムを食い止めきれず、21分に呆気なく失点を喫してしまう。 後半は相手の陣形が間延びしたこともあり、スペースを突いて決定機を何度か演出したが、相手GKオリヴァー・バウマンのファインセーブに阻まれてゴールを奪えなかった。29歳のユリアン・ナーゲルスマン監督の緻密なスカウティングに屈したバイエルンだが、この屈辱的な“ジャイアントキリング”(番狂わせ)から立ち直ることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00010000-theworld-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:28 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルシー、アザール2ゴールでマンCに2-1勝利!プレミア優勝に向け前進(関連まとめ)

【サッカー】チェルシー、アザール2発でマンチェスター・Cを撃破/プレミアリーグ第31節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491435462/
アザール2017第31節ゴール.jpg
1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 08:37:42.68 ID:CAP_USER9.net

■プレミアリーグ第31節 チェルシー 2−1 マンチェスター・C

チェルシー:アザール(10分、35分)

マンチェスター・C:アグエロ(26分)

プレミアリーグ第31節が5日に行われ、チェルシーとマンチェスター・シティが対戦した。

首位チェルシーが4位シティを迎えたこの一戦。しかし、両チームとも絶好調とは言えない。チェルシーは前節クリスタル・パレスに金星を献上し、マンチェスター・Cは公式戦ここ3試合勝利がない。もちろん、それでもビッグマッチには変わりなく、試合は集中した両チームによるレベルの高いものとなった。

チェルシーはビクター・モーゼスがケガで欠場のために、セサル・アスピリクエタが右ウィングバックに入り、左にはマルコス・アロンソ。中盤の底にはセスク・ファブレガス。ヌゴロ・カンテが並んだ。シティは、中盤にファビアン・デルフを起用。主将のヴァンサン・コンパニも先発に帰ってきた。また、前節に続き、ヘスス・ナバスが右サイドバックに入っている。

序盤、ボールを持ってプレーしたい両チームは激しい主導権争いを繰り広げる。圧倒的なポゼッションを記録することで知られるジョゼップ・グアルディオラ監督のチームだが、ホームの首位チームを相手に、試合を進めるのは容易ではない。10分、エデン・アザールが中央から右サイドに展開。アスピリクエタのタイミングの良いオーバーラップから、最後は再びアザールが強烈なシュートで、GKウィリー・カバジェロを破り、スタンフォード・ブリッジに訪れたファンを喜ばせた。

幸先よく先制したチェルシーは一旦ボールを相手に明け渡し、カウンター中心のスタイルにシフト。アザール、ジエゴ・コスタの推進力を武器にする方法は、がっちり構えたチェルシー守備陣を攻略できないシティよりもいくらか効率的と思えたが、意外な形でスコアが動く。

26分、チェルシーGKティボー・クルトゥワがビルドアップでミス。拾ったダビド・シルバが強烈な左足シュートで強襲すると、こぼれ球をセルヒオ・アグエロが押し込んだ。

徐々に守備の対応が後手後手となったチェルシーを尻目に、シティが押し込んでいく。しかし、これで逆転と行かないのがフットボールの醍醐味の一つ。フェルナンジーニョがペナルティーエリア内でファウルを献上し、PKを与えてしまう。これをチェルシーの10番が一度はカバジェロにストップされながら、押し込んでホームチームが再度リードを奪う。

激しい主導権争い、一対一の激しさなどプレミアリーグらしい側面がふんだんに詰め込まれた一戦は、ホームのチェルシーが1点をリードして終了する。

後半頭からアントニオ・コンテ監督はクルト・ズマに代えてネマニャ・マティッチを投入。ペドロを右サイドに回して、アスピリクエタをCBに入れる。

後半に入ってシティはボールを安定してボールを持てるようになるが、それはむしろチェルシーの策によるもの。空いたスペースを生かし、チェルシーがカウンターでチャンスを作っていく。

どこかホームで余裕を見せるチェルシーとそのサポーターの前で、一矢報いたいシティ。アグエロの一発やセットプレーからのチャンスに懸けるが、最後のところでツキが足りず、同点ゴールは生まれない。結局試合は後半に得点が生まれることはなく、チェルシーは2−1で逃げ切った。

勝ち点3を積み上げたチェルシーは首位をキープ。敗れたシティは4位へと転落している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000034-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎同僚レスターFWムサ、妻への暴力の容疑で逮捕

今シーズン加入のレスターFWアーメド・ムサ、妻を殴った疑いで逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00572910-soccerk-socc
ムサレスター.jpg

レスターに所属するナイジェリア代表FWアーメド・ムサが妻を殴った疑いで逮捕された。5日付のイギリス紙『サン』が報じている。

 5日午前1日に、2人の女性警官がムサの自宅に訪れ、2時間ほど話し合ったのちに、妻と子供2人を残して同選手を逮捕したと伝えられている。

 インタビューに応じたとある隣人は、「ムサは素晴らしい人で、いつもフレンドリーな笑顔を持っている。しかし、彼の私生活にはついては何も知らない」と応えた。また別の隣人は、「彼の家から騒音が聞こえたことはない。私にはなぜ彼の家に警察が呼ばれたのか分からなかったよ」と話し、隣人にとっても驚きの逮捕劇だったようだ。

 一方で、警察は「今朝レスター近郊の自宅で、24歳の男を逮捕した」とだけ発表している。

 昨夏に、1600万ポンド(約22億円)でレスターに加入したムサは、今シーズンのプレミアリーグでは19試合に出場、7試合に先発出場し2ゴールを記録していた。監督が交代して以降、1試合の途中出場にとどまっており、新監督の信頼を勝ち取ることはできていなかった。

※この記事は誤報でした




≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司★122
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1489858268/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:02 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、エジル1ゴール1アシストでウエストハムに3-0完勝!4戦ぶりの勝利で5位浮上

アーセナル、3発快勝で4戦ぶり白星…エジルが1ゴール1アシスト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00572803-soccerk-socc
エジル2017第31節ゴール.jpg

プレミアリーグ第31節が5日に行われ、アーセナルとウェストハムが対戦した。

 プレミアリーグでは2月11日の第25節ハル戦以来、3試合連続で勝利から遠ざかっているアーセナル。首位チェルシーとの勝ち点差は暫定「18」に開き、6位に転落して第31節を迎えた。アーセン・ヴェンゲル監督の去就に関する報道が盛んに行われる中、ホームでウェストハムと対戦した。

 アーセナルは前半、ペナルティーエリア右側でドリブル突破を仕掛けたセオ・ウォルコットが相手DFに倒された場面があったが、主審のホイッスルは鳴らず。PKのチャンスを得ることはできなかった。前半はスコアレスで終了した。

 均衡が破られたのは58分。アーセナルのエジルがペナルティーエリア右手前でこぼれ球を拾うと、左足でゴール左隅へシュートを決め、スコアを1−0とした。

 リードを奪ったアーセナルは68分、エジルがワンツーで左サイドを突破。ペナルティーエリア左側からグラウンダーのクロスを供給し、中央に詰めていたウォルコットがスライディングシュートを決めて2点差に広げた。

 さらにアーセナルは83分、ジルーがペナルティーエリア右角で鋭く切り返し、左足を一戦。カーブのかかったシュートがファーサイドのゴールネットを揺らした。

 試合は3−0で終了。アーセナルがホームで快勝し、リーグ戦4試合ぶりの白星を収めた。アーセナルは勝ち点を「54」に伸ばし、5位に浮上している。次節は10日、クリスタル・パレスとのアウェイゲームに臨む。一方のウェストハムは8日、スウォンジーをホームに迎える。

【スコア】
アーセナル 3−0 ウェストハム

【得点者】
1−0 58分 メスト・エジル(アーセナル)
2−0 68分 セオ・ウォルコット(アーセナル)
3−0 83分 オリヴィエ・ジルー(アーセナル)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1125】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1491171689/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤嘉紀、ヘッドで7カ月ぶりゴール!1点差に詰め寄るもマインツはライプツィヒに2-3惜敗(関連まとめ)

サッカー】<FW武藤嘉紀>7ヶ月ぶりの久々ゴール! 1点差に詰め寄るもマインツは2-3の敗戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491429361/
武藤嘉紀2017第27節ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 06:56:01.43 ID:CAP_USER9.net

【スコア】

マインツ 2-3 ライプツィッヒ

【ラ】マルセル・ザビツァー(48分)
【ラ】ティーモ・ヴェルナー(52分)
【マ】ハイロ・サンペリオ(69分)
【ラ】ナビ・ケイタ(81分)
【マ】武藤 嘉紀(90分)

ブンデスリーガ公式
http://www.bundesliga.com/jp/bundesliga/matchday/27-match-1__fsv_mainz_05-rb_leipzig.jsp

現地時間5日にブンデスリーガ第27節の試合が行われ、マインツはライプツィヒと対戦し2-3の敗戦を喫した。この試合で途中出場を果たしたマインツの武藤嘉紀はゴールを記録している。

試合開始して48分にライプツィヒのマルセル・サビッツァーにゴールを決められると、52分にもティモ・ヴェルナーに追加点を許してしまう。その後、67分にボージャン・クルキッチとの交代で武藤が途中出場を果たした。

すると69分、ハイロ・サンペリオがPKから1点を返す。このまま同点に追いつきたかったマインツだが、81分にはライプツィヒのナビー・ケイタにゴールを決められ点差を広げられると、89分にはジャン・フィリップ・グバミンが危険なファールで1発退場。

それでも諦めないマインツは90分、コーナーキックから武藤がヘディングシュートを叩き込み1点差に詰め寄る。武藤にとっては昨年9月のヨーロッパリーグ(EL)ガバラ戦以来となる7ヶ月ぶりのゴールとなった。

今季公式戦4点目としている。ただ、マインツは同点に追いつくことができず2-3の敗戦を喫した。

フットボールチャンネル 4/6(木) 5:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170406-00010000-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【英雄吉田】吉田麻也、FWのような抜け出しでチームを救う逆転ゴール!クリスタルパレス戦勝利に貢献!

【サッカー】<DF吉田麻也の最高の笑顔はじけた! >チームを救う逆転ゴール弾でサウサンプトンがクリスタル・パレス撃破
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491429572/
吉田2017第31節ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 06:59:32.76 ID:CAP_USER9.net

[スコア]

サウサンプトン 3-1 クリスタル・パレス

[得点者]

サウサンプトン:レドモンド(45)、吉田麻也(84)、ウォード・プラウズ(85)

クリスタル・パレス:ベンテケ(31)

[メンバー]

サウサンプトン:フォースター、セドリック、スティーブンス、吉田麻也、マックイーン、ロメウ、S・デイビス(→ホイビュルク 87)、ウォード・プラウズ、タディッチ、レドモンド(→ロドリゲス 90)、ロング

クリスタル・パレス:ヘネシー、ウォード、サコ、シュルップ(→ディレイニー 58)、ケリー、キャバイェ(→バカリ・サコ 46)、ミリボイェビッチ(→ フラミニ 88)、タウンゼント、パンチョン、ザハ、ベンテケ

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/livescore/detail?match=2242068&season=12653

最後まで攻め続けたサウサンプトン

5日、サウサンプトンはプレミアリーグ第31節でクリスタル・パレスと対戦した。

序盤はサウサンプトンがペースを握り、いきなりロングが裏に抜け出して際どいシュートを放つなど幸先良いスタートを切る。 一方のクリスタル・パレスはチャンスの数はそれほど多くなかったが、クリスティアン・ベンテケを活かすパターンで対抗。高さ、パワーのあるベンテケにジャック・スティーブンスと吉田麻也のセンターバックコンビが手を焼く場面もあった。

すると31分、そのベンテケが結果を出す。左サイドからザハ、パンチョンと繋ぎ、最後は右サイドを駆け上がったタウンゼントのクロスにベンテケが合わせてクリスタル・パレスが先制。吉田もベンテケについていたのだが、クロスの場面では完全に見失っていた。ザハ、パンチョン、タウンゼント、そしてベンテケとクリスタル・パレスの豪華なアタッカー陣が上手く絡んだのも特徴的だ。

しかしサウサンプトンも前半終了間際に追いつく。右サイドの高い位置でボールを奪うと、クロスのこぼれ球をレドモンドが蹴り込んで同点に追いつく。後半もペースを握っていたのはサウサンプトンで、クリスタル・パレスのゴールを何度も脅かした。77分にはセットプレイから吉田がヘディングでゴールを狙うが、これはGKがキャッチ。サウサンプトンは攻め込みながらなかなか得点を奪えない。

このまま同点で終了かと思われたが、吉田が大仕事を果たす。84分、セットプレイで上がっていた吉田は、左サイドから味方が折り返したボールのこぼれ球に反応。左足で押し込んで貴重な逆転弾を記録する。その吉田のゴールで勢いがついたのか、その1分後にはウォード・プラウズが決めて3-1。一気にリードを広げる。

試合はそのまま3-1で終了。執念で攻め続けたサウサンプトンがホームで勝ち点3を獲得することに成功した。

theWORLD(ザ・ワールド) 4/6(木) 5:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00010008-theworld-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:02 | 大阪 ☔ | Comment(19) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トゥヘル監督、香川真司を大絶賛「彼の監督であることは大きなプレゼント」

【サッカー】香川真司にトゥヘルから最大級の賛辞「彼の監督であることは大きなプレゼント」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491383428/
香川2017第27節ゴール02.jpg
1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/04/05(水) 18:10:28.59 ID:CAP_USER9.net

ボルシア・ドルトムントMF香川真司は4日のブンデスリーガ第27節のハンブルガーSV戦でついに今季リーグ戦初ゴールを決めた。トーマス・トゥヘル監督は、この試合でチーム2点目をマークし、ダメ押しとなる3点目をアシストした香川を絶賛している。

ゴールやアシストのほかに先制点となったMFゴンサロ・カストロのFKも獲得し、3−0の勝利で全得点に絡んだ香川。トゥヘル監督は会見で「決して簡単ではないシーズンを過ごしてきた香川真司についてどう思うか」と問われ、このように返答している。
全文は以下のとおり。

「シンジは今トップフォームに達しているし、常にトッププロフェッショナルだ。望める限りの理想なね。常に存在感を出し、批判にものすごく上手く対応でき、プレッシャーにものすごく上手く対応できる」

「シンジを午前3時に起こして、(バイエルン・ミュンヘンの本拠地)アリアンツ・アレーナに送り込めば、彼はPKを決める。100%そうする。彼ならすべて問題なくできる。大事な試合でプレーしてきたし、豊富な経験を持つプレーヤーだ。必要なときには常にそこにおり、私が彼の監督であることは大きなプレゼントだと言えるね」

「彼が再びこれほどの責任を負ってくれることを私は喜んでいる。あまり上手くいかなかったとき、出遅れたときも決して恨んだりしない。彼はそれらを乗り超え、個人的な風に受け取ることはない。批判に対しても、称賛に対しても、ものすごく上手く受け止めれている」

「ズュートトリビューネ(南スタンド)が彼のことを祝福していたが、彼はまさしくそれに値する。先発しようが、途中出場しようが、彼はこのようなゲームで非常に大きな要素となる。いつもすべてを尽してくれるからね。ものすごく重要なことだ」

4月にはバイエルンとの2戦(ブンデスリーガ、DFBポカール)やモナコとの2戦などビッグゲームに臨むドルトムントだが、ここにきて香川が2010−12シーズンの輝きを取り戻している。離脱中の選手も少なくない中、トゥヘル監督にとっても、このタイミングでの香川の“完全復活”に大きな喜びを感じているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000020-goal-socc



トゥヘル監督2017第27節笑顔.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:01 | 大阪 ☁ | Comment(40) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング