アンテナ・まとめ RSS

2017年04月09日

浅野拓磨、2ゴール!今季4得点目!シュツットガルトは山田フル出場のカールスルーエに2-0完勝(関連まとめ)

【サッカー】<浅野拓磨>2ゴールの躍動で6戦ぶり勝利に貢献!山田との日本人対決制す
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491745093/
浅野2017第28節ジャガーポーズ.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 22:38:13.84 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ2部第28節が9日に行われ、日本代表FW浅野拓磨の所属するシュトゥットガルトと、MF山田大記の所属するカールスルーエが対戦した。浅野は右FWで、山田は左FWで先発出場し、同じサイドで日本人対決が実現した。

 5試合未勝利でついに首位陥落となったシュトゥットガルト。対するカールスルーエも4試合白星から遠ざかり、最下位に沈んでいる。昇格争いと残留争いで立場は違う両チームだが、勝ち点3獲得を狙う。

 ホームのシュトゥットガルトは4分、浅野の頭での折り返しを中央のシモン・テローデが落とし、クリスティアン・ゲントナーが右足ダイレクトシュートを放つが、これはGK正面。17分、カールスルーエのサポーター席から花火や発煙筒が発射され、一時試合が中断する。

 試合は再開後の27分に動いた。シュトゥットガルトはゲントナーが左サイドからのアーリークロスを入れると、相手DFの裏を上手くとった浅野が、ペナルティエリア内でヘディングシュートを叩き込んだ。今シーズン3点目を決めた浅野は直後にジャガーポーズを披露し、同じ右サイドでプレーするベンジャマン・パヴァールとはお辞儀のパフォーマンスも見せた。

 シュトゥットガルトの1点リードで折り返した試合は、後半キックオフ直前に再びカールスルーエのサポーターが花火や発煙筒を使用し、またも一時中断。両チームの選手や監督、審判団らがロッカールームに引き上げて、後半キックオフが送れる事態となった。

 数分間の中断を経て再開されると、61分にシュトゥットガルトが追加点を奪う。エリア内右に進入したアレクサンドル・マキシムが左足シュート。これは相手GKに弾き返されるが、こぼれ球を浅野が右足で押し込んで、ゴールネットを揺らした。浅野は初のドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、シュトゥットガルトが2−0で6試合ぶりの勝利。翌日に試合を行うアイントラハト・ブラウンシュヴァイクの結果次第だが、暫定で首位奪還を果たした。なお、浅野はフル出場で2ゴールを記録し、今シーズン通算4ゴールに伸ばした。

 一方、カールスルーエは解任したミルコ・スロムカ前監督の後任であるマルク・パトリック・マイスター新監督の初陣を飾ることができず、5試合未勝利。残留圏の15位とは勝ち点差「10」、昇降格プレーオフ圏内16位とは勝ち点差「8」に広がった。なお、山田もフル出場で、パスをさばいてリズムを作ろうと奮闘するが、ゴールには絡めなかった。

【スコア】
シュトゥットガルト 2−0 カールスルーエ

【得点者】
1−0 27分 浅野拓磨(シュトゥットガルト)
2−0 61分 浅野拓磨(シュトゥットガルト)

SOCCER KING 4/9(日) 22:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00574165-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:08 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこ、横山強烈ミドルなど田中・籾木ゴールでコスタリカに3-0完勝!高倉体制で初の国内戦を飾る

【サッカー】<なでしこジャパン>3発快勝で国内初陣飾る…横山、田中、籾木のゴールでコスタリカ撃破
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491739032/
横山2017コスタリカ戦シュート.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 20:57:12.97 ID:CAP_USER9.net

日本女子 3-0 コスタリカ女子

[日]横山久美(23分)
[日]田中美南(74分)
[日]籾木結花(82分)

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/live/2017040901

「キリンチャレンジカップ2017〜熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本〜」が9日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とコスタリカ女子代表が対戦した。

 高倉麻子監督就任後、国内で戦う初めての試合。先発にはGK池田咲紀子、DF熊谷紗希、高木ひかり、市瀬菜々、MF阪口夢穂、宇津木瑠美、中島依美、中里優、長谷川唯、FW横山久美、田中美南の11人が起用された。

 積極的に試合に入ったなでしこは4分に中島、6分に横山がミドルレンジから狙ったが、いずれも枠を捉えることはできなかった。

 試合が動いたのは23分。ペナルティエリア手前中央でパスを受けた横山が巧みな反転で前を向くと、左足を振り抜く。強烈なシュートがゴール右上に決まり、なでしこが先制に成功した。

 前半はこのままなでしこの1点リードで折り返す。

 なでしこはハーフタイムに中島と中里を下げ、隅田凜と籾木結花を投入した。

 追加点を狙うなでしこは60分、細かいパス交換でエリア内に抜け出した横山が右足でシュートを放つと、DFに当ってこぼれたボールを拾い、左方向へパス。これを受けた長谷川が右足で狙ったが、惜しくも枠の右上に外れた。

 68分には横山からのパスでエリア内に抜け出した田中が決定機を迎えたが、シュートはGKに阻まれてしまった。直後の69分、なでしこは横山に代えて上野真実をピッチへ送り出す。

 すると74分、左サイドでパスを受けた上野からのクロスをゴール前に走り込んだ田中が左足ダイレクトで合わせ、待望の2点目が決まった。82分には左サイドの長谷川が左足でゴール前にグラウンダーのクロスを入れると、籾木がダイレクトで流し込み、スコアは3−0となった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、なでしこが高倉監督就任後の国内初陣を快勝で飾った。

SOCCER KING 4/9(日) 20:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00574115-soccerk-socc

なでしこジャパン公式
http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/



※一部編集し直しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:38 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井高徳、3位ホッフェンハイム戦で果敢に攻撃参加し勝利に貢献!地元紙は高評価2を採点「開始からキレキレだった」

ボランチ高徳も果敢に攻撃参加、HSVが1部残留へ貴重な勝ち点3
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-01638563-gekisaka-socc
酒井高徳2017第27節試合後.jpg

[4.8 ブンデスリーガ第28節 ハンブルガーSV2-1ホッフェンハイム]

 ブンデスリーガは8日、第28節2日目を行い、DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVはホームでホッフェンハイムと対戦し、2-1で勝利した。酒井はダブルボランチの一角として2試合連続のフル出場を果たした。

 酒井は前半16分、PA手前でパスを受け、左足で強烈なミドルシュートを放つ。これはGKオリバー・バウマンにキャッチされたが、同25分にハンブルガーSVが均衡を破った。MFアーロン・ハントが右45度の位置でFKを獲得すると、自ら左足で直接狙い、鮮やかな直接FKをゴール左隅に突き刺した。

 しかし前半35分、ハンブルガーSVのDFマティアス・オストルツォレクが自陣PA内でDFエルミン・ビチャクチッチの足を引っ掛け、痛恨のPK献上。これをFWアンドレイ・クラマリッチがゴール右隅にきっちり決め、ホッフェンハイムが1-1の同点に追いついて前半を折り返した。

 後半20分、ハンブルガーSVは右CKからPA手前の酒井にマイナスのパス。酒井が右足でファーサイドへクロスを送るが、FWフィリップ・コスティッチのシュートは大きく枠を外れた。それでも同30分、GKクリスティアン・マテニアからのロングフィードをFWボビー・ウッドが胸で落とし、MFルイス・ホルトビーがスルーパス。DFラインの背後に抜け出したウッドはGKを引き付けて横に流し、ハントが右足で無人のゴールに流し込んだ。

 前節、首位バイエルンを1-0で下した3位ホッフェンハイムに2-1で競り勝ったハンブルガーSVは2試合ぶりの白星。ボルフスブルクを抜いて順位も13位に上げ、1部残留へ大きな勝ち点3を獲得した。

ケルン地元紙「大迫復帰でモデステがゴール」…HSV酒井は「キレキレ」と高評価
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00574136-soccerk-socc

 同じく日本代表でハンブルガーSV所属のDF酒井高徳は、ホッフェンハイム戦にフル出場し、チームも2−1とホームで白星を挙げた。酒井はブンデスリーガ通算136試合目の出場を果たし、日本人選手の歴代出場試合数で高原直泰を抜いて単独3位となった。

 地元紙『Hamburger Morgenpost』は、試合後の採点で酒井に決勝点をマークした元ドイツ代表MFアーロン・ハントの「1」に次ぐ「2」の高い点数をつけると、「キャプテンはキックオフからキレキレだった。素早さにトリッキーなプレーと、ボールを持った時の動きも良かった。ハンブルクでのベストゲームの一つに数えられる内容」と絶賛した。

Hamburger SV 酒井高徳 part23
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1489666740/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFA、2016年の損失額が約410億円になると発表…2年連続赤字計上で今後も状況悪化の見通し

【サッカー】FIFAの2016年の損失額は約410億円、今後も状況悪化の見通し
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491675416/
インファンティノ会長質疑応答.jpg
1: nita ★@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 03:16:56.58 ID:CAP_USER9.net

AFP=時事 4/8(土) 11:13配信

【AFP=時事】国際サッカー連盟(FIFA)は7日、2016年の損失額が3億6900万ドル(約410億円)になると発表。汚職スキャンダルからの名誉回復を図るなかで巨額の貯蓄を費やし、2年連続で年間赤字を計上したことを認めた。

赤字体質のFIFA博物館、存続の方向で検討

 ジョセフ・ゼップ・ブラッター(Joseph Sepp Blatter)前会長時代の末期に直面した崩壊の危機から再建を図っているFIFAは、スキャンダルの調査をはじめ、投資の失敗や会計方針の変更などによる出費を強いられたが、今後も状況悪化が予想されている。

 2018年のW杯ロシア大会(2018 World Cup)で大幅な収益が見込まれているものの、2017年の赤字は税込みで4億8900万ドル(約540億円)になる見通しとなった。さらに2015年の赤字額は当初の1億2200万ドル(約135億円)から5200万ドル(約58億円)に修正されたが、2015年から2017年までの損失額は合計で9億1000万ドル(約1010億円)に上るとみられている。

 収入が2015年の5億4400万ドル(約604億円)から2016年は5億200万ドル(約557億円)に減少したFIFAは、預金額が2015年の14億ドル(約1555億円)から2016年には10億4000万ドル(約1155億円)に落ち込み、今年は6億500万ドル(約672億円)まで激減する見通しであるとことを明らかにした。

 FIFAは2018年のW杯で11億ドル(約1222億円)の収益が出ることを当てにしており、4年間の会計サイクルでは約1億ドル(約111億円)の黒字を計上することに加え、主にテレビ放映権で巨大利益を得られることによって、2018年の預金残高は17億ドル(約1888億円)まで回復するとしている。

 FIFAのジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長は現在、組織の改革に取り組んでいるものの、合計200以上もある各連盟への支払いも増加しており、その費用が重くのしかかっている。

 インファンティーノ会長は、組織の大幅な透明化に向けて動いていることをアピールしながら、「FIFAを襲った近年の重大な危機的状況によって、公正な抜本的措置が求められた。それに対するわれわれの回答は、組織のイメージと名声を汚した一連の事件に一線を画すという揺るぎない決意を示すことだ」と述べた。

 インファンティーノ会長の年収は150万ドル(約1億6700万円)と公表されており、ブラッター前会長の半分以下となっている。

 FIFAによると、2016年の損失の主な理由は新たな経理規則としており、以前は利益の帳簿記載を契約時に行っていたが、現在の規則では、例えばW杯の場合は契約が終了した時のみ記載できることになっている。しかしながら会計の専門家は、この新たな規則では2016年の損失は3500万ドル(約39億円)にすぎないと指摘している。

 FIFAは現在もスキャンダルが尾を引いており、調査のために5000万ドル(約56億円)を費やしている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000010-jij_afp-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:52 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南、東京Vとの上位対決を3-2勝利!首位名古屋と勝ち点並び2位浮上 J2第7節まとめその3(関連まとめ)

【サッカー】<J2第7節>湘南ベルマーレが東京ヴェルディの連勝を5でストップ!3発勝利で2位浮上
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491721596/
安在2017J2第7節ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 16:06:36.24 ID:CAP_USER9.net

◼東京ヴェルディ 2-3 湘南ベルマーレ [駒沢]

[東]安西幸輝(16分)
[湘]菊地俊介(21分)
[湘]ジネイ(33分)
[湘]菊地俊介(54分)
[東]安在和樹(90分+3)

http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/040902/live/#live

 J2の第7節が9日に各地で行われた。5連勝中で首位に立つ東京ヴェルディはホームで湘南ベルマーレと対戦。東京Vが先制するも、湘南がMF菊地俊介の2得点などで逆転に成功。3-2で勝利し、2位へ浮上した。ここまで5戦連続無失点の東京Vだったが、今季初の複数失点で6戦ぶりの黒星。首位から3位へ後退した。

 東京Vは前節負傷した影響でDF永田充がベンチ外。変わりにDF畠中槙之輔が初先発した。また中盤ではMF渡辺皓太が今季初先発でMF内田達也とダブルボランチを組み、2列目右では前節・岡山戦(1-0)で決勝点を挙げたFW安西幸輝が先発。FWドウグラス・ヴィエイラは開幕戦以来のベンチスタートとなった。

 前節・讃岐戦(0-3)で今季初黒星を喫した湘南は、先発を大幅に変更。DF杉岡大暉とMF石川俊輝が3戦ぶりに先発復帰したほか、MF神谷優太が今季初先発。ルーキーの18歳MF石原広教が先発抜擢でJデビューし、前線ではともに2戦ぶりの先発となるFWジネイとFW山田直輝が組んだ。

 5連勝中の勢いそのままに立ち上がり押し込んだのは東京V。果敢に攻め込んでいった。すると前半16分に試合は動く。右サイドMF高木大輔のスローインからPA手前正面のMF高木善朗が左後方へ戻す。受けたMF安在和樹が入れたクロスをPA内右の杉岡がクリアミス。頭で落としたボールを拾った安西が右足シュートでネットを揺らした。東京Vが安西の2戦連続弾で1-0と先制に成功する。

 1点を追う湘南は失点で目が覚めたか一気にギアを上げていく。果敢にプレスへいくと前半21分に同点弾。神谷の縦パスを受けたMF菊地俊介がDF井林章を前に前身し、PA正面から右足シュートを突き刺した。1-1と振り出しに戻す。

 失点に浮き足立つ東京Vは細かいパスミスが続き、押し込まれていく。この隙を湘南は逃さない。前半33分には逆転に成功。東京Vがビルドアップでもたついたところを突いた。ハーフウェーライン手前でMF高木善朗が後方へ戻す。体勢を崩していた井林は上手くボールを足元に収められない。石川が素早くカットしてドリブルで前身。後方から走ってきた山田がPA左でボールを受け、シュートを放つ。GK柴崎貴広に阻まれたが、ジネイがこぼれを右足ダイレクトで決めた。湘南が逆転に成功。そのまま前半を終える。

 互いに交代なく迎えた後半。またもゴールネットを揺らしたのは湘南だった。後半9分、左サイドから仕掛けた山田がCKを得る。神谷の左CKからゴール正面へ飛び込んだ菊地が頭で叩き込んだ。3-1と差を広げた。

 2点を追うことになった東京Vは後半11分に二枚替え。今季ここまでフル出場していた高木大に代えて、ドウグラス。高木善に代わり、MF梶川諒太が入った。後半25分には東京Vに決定機。安在のクロスから安西がヘディングシュートを打つも、ポストを叩く。跳ね返りにFWアラン・ピニェイロが詰めたが枠外だった。

 後半32分には互いにルーキーを代える。湘南は石原に代わり、DF岡崎亮平を入れ、東京Vは渡辺に代わり、MF橋本英郎を入れた。後半44分に湘南はジネイに代わり、FW端戸仁を送った。後半アディショナルタイム3分に東京Vは安在が強烈なミドルシュートを叩き込み、再び1点差に詰め寄るも、直後に試合は終了。湘南が3-2で勝利した。

ゲキサカ 4/9(日) 15:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-01638586-gekisaka-socc

●DAZN
https://www.dazn.com/ja-JP

●DAZN for DOCOMO
https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:04 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、シェイクスピア監督を来季以降も続投へ!監督就任後、公式戦6連勝

【サッカー】<レスターのシェイクスピア監督>来シーズン以降も監督続投へ!就任後リーグ5連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491708063/
シェイクスピア監督インタビュー.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 12:21:03.91 ID:CAP_USER9.net

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのクレイグ・シェイクスピア監督が、来シーズンも指揮を執る可能性が高まっている。9日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 監督就任後、破竹の勢いでレスターを復活させたシェイクスピア監督。クラブはリーグ戦5連勝と昨シーズンの勢いを取り戻し、順位も降格圏ギリギリの17位から11位まで押し上げた。また、チャンピオンズリーグ(CL)ではセビージャを下し、逆転での準々決勝進出を果たしている。

 報道によると、クラブ側はシェイクスピア監督の長期にわたる指揮を望んでいる模様。1部残留をたぐり寄せた同監督について、その働きを高く評価しているという。クラブとの契約は今シーズン終了後までとなっているが、来シーズン以降も指揮官を務めることになるようだ。

 レスターの副会長を務めるアイヤワット・スリヴァッダナプラバ氏は、シェイクスピア監督の正式就任時に「クレイグに監督としてのスキルがあり、周りから尊敬されていることは分かっていた。打診を受け入れてくれてうれしいよ」と語っていた。12日にはCL準々決勝ファーストレグのアトレティコ・マドリード戦を控えているが、この勢いはどこまで続くのだろうか。

SOCCER KING 4/9(日) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00573983-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☔ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、アグエロ先制弾やデルフ豪快ミドルなどでハルシティに3-1快勝!4位キープ

マンチェスター・Cがハル相手にアグエロらのゴールで3発快勝/プレミアリーグ第32節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000046-goal-socc
アグエロ2017第32節ゴール.jpg

●プレミアリーグ第32節

マンチェスター・シティ 3−1 ハル

■得点者

マンチェスター・C:OG(31分)、アグエロ(48分)、デルフ(64分)

ハル:ラノッキア(85分)

プレミアリーグ第32節、マンチェスター・Cvsハルの一戦が行われた。

この試合ではマンチェスター・CのGKクラウディオ・ブラーボが先発出場。リーグ戦では1月のトッテナム戦以来となるスタメン起用となった。

試合は地力で勝るマンチェスター・Cが序盤から攻勢を仕掛けてハルのゴールへと迫るが、なかなかネットを揺らすことができず。

均衡が破れたのは31分だった。マンチェスター・Cが右サイドから崩し、放り込んだクロスに対して先に触れたのがハルのアハメド・エルモハマディだった。ボールはエルモハマディが自陣ゴールに押し込む形になり、マンチェスター・CがOGで先制した。前半はこのままマンチェスター・Cの1点リードでハーフタイムを迎える。

後半の立ち上がりにはラヒーム・スターリングが個人技で相手守備陣を崩す。敵陣深くの右サイドから折り返し、セルヒオ・アグエロが一度トラップしてから冷静に押し込んでリードは2点に広がった。

64分には自陣深くでマンチェスター・Cがボール奪い、そこからロングカウンターを敢行。最後はファビアン・デルフが豪快なミドルシュートを決めて、スコアは3−0となる。

3点のビハインドとなったハルは、85分にDFアンドレア・ラノッキアが冬の加入後リーグ戦2点目となるゴールを決め、1点を返した。

マンチェスター・Cはハルの反撃をラノッキアの1点に抑え、3−1で勝利を収めた。この勝利でマンチェスター・Cは勝ち点を61に伸ばしたが、同じ節で3位リヴァプールが勝利したため4位のまま順位は変わらず。一方のハルは勝ち点30のままで残留争いに向けて不安を残している。

BLUEMOONマンチェスターシテ 211cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1491377487/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 🌁 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【神ニョレ】リバプール、フィルミーノ豪快決勝ゴールでストークに2-1逆転勝利!GKミニョレがスーパーセーブ(関連まとめ)

リヴァプール、3分間の逆転劇でストーク撃破…フィルミーノが豪快な決勝弾
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00573897-soccerk-socc
フィルミーノ2017第32節ゴール.jpg

プレミアリーグ第32節が8日に行われ、ストークとリヴァプールが対戦した。

 前半終了間際の44分、ジェルダン・シャチリがスピードを生かしたドリブルで右サイド突破すると、エリア内のジョナサン・ウォルタースが頭で合わせ、ホームのストークが先制に成功する。

 追いかけるリヴァプールは70分、クロスボールのこぼれ球をフェリペ・コウチーニョが蹴り込み同点とすると、その2分後の72分にはジョルジニオ・ワイナルドゥムのパスに抜け出したロベルト・フィルミーノが豪快にネットを揺らし、わずか3分間で逆転に成功する。

 試合は1−2で終了。リヴァプールは2試合ぶりの勝利。敗れたストークは4連敗となった。

 次節、ストークはホームでハルと、リヴァプールはアウェイでウェスト・ブロムウィッチと対戦する。

【スコア】
ストーク 1−2 リヴァプール

【得点者】
1−0 44分 ジョナサン・ウォルタース(ストーク)
1−1 70分 フェリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
1−2 72分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

ストークに逆転勝利のリヴァプール、クロップは素晴らしいセーブを見せた守護神を「救世主」と称賛
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000011-goal-socc
ミニョレ2017第32節拍手.jpg

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、2つのビッグセーブで勝利に貢献したGKシモン・ミニョレがチームの命を救ったと『BBC』で語っている。

8日に敵地ブリタニア・スタジアムで行われたストーク・シティとの一戦は、ジョナサン・ウォルターズがホームチームにオープニングゴールをもたらすも、途中出場のフィリペ・コウチーニョとロベルト・フェルミーノのゴールで逆転し、リヴァプールが2-1で勝利を収めている。しかしクロップ監督は、途中出場のブラジル人コンビよりも、チャーリー・アダムとサイード・ベラヒノのシュートを止めた守護神、ミニョレの活躍を手放しで喜んだ。

「シモン・ミニョレの最初のセーブは申し分ないが、2つ目はもっとスペクタクルだった。どうやって防いだのかわからない。あれは天才的で、彼の活躍はとてもうれしい。彼は我々の命を救ったんだ」

一方、3日間で3キロも体重が減少したコウチーニョの起用を「ギャンブル」と語ったクロップだったが、後半に見せたチームのパフォーマンスには満足している。一方で、前半に関しては「いつもの選手たちではなかった。ストークは明らかに我々よりも良いプレーをしていたが、ゴールの場面以外はチャンスを作れていなかった」とストークのミスに助けられたと言及。最後に「勝ち点63を積み重ねられ、気分が良い」と結果の重要性を強調した。

消化試合は多いものの、チャンピオンズリーグ出場権争いのライバルである4位マンチェスター・シティと勝ち点2差、5位アーセナルと勝ち点9差を保ち、リヴァプールは3位をキープしている。

〓〓 Liverpool FC 〓 760 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1491583127/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:20 | 大阪 ☔ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キャプテン吉田】吉田麻也、主将で先発出場し完封勝利に貢献!サウサンプトンはWBAに1-0勝利

【サッカー】<吉田麻也>主将で無失点勝利に貢献... 強力FW相手に体を張った!必死の全員守備見せたサウサンプトンがWBA撃破
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491696853/
吉田2017第32節ガッツポーズ.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 09:14:13.60 ID:CAP_USER9.net

[スコア]

WBA 0-1 サウサンプトン

[得点者]

WBA:サウサンプトン:クラーシ(25)


[メンバー]

WBA:フォスター、ニョム、エヴァンス、ドーソン、マコーリー(→ブラント 53)、モリソン、リヴァモア、フレッチャー(→ロブソン・カヌ 66)、フィリップス(マクリーン 62)、チャドリ、ロンドン

サウサンプトン:フォースター、ソアレス、吉田麻也、スティーブンス、バートランド、クラーシ(→リード 85)、ウォード・プラウズ(→マックイーン 71)、ホイビュルク、レドモンド(→シムズ 71)、タディッチ、ロング

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/livescore/detail?match=2242077&season=12653

8日、プレミアリーグ第32節のWBA対サウサンプトンの一戦が行われた。サウサンプトンはこれまでと変わらず日本代表DF吉田麻也と若いジャック・スティーブンスがコンビを組み、サイドバックもセドリック・ソアレス、ライアン・バートランドと変わらない。中盤では前節のクリスタル・パレス戦からオリオウ・ロメウとスティーブン・デイビスが抜け、ヨルディ・クラーシとピエール・エミル・ホイビュルクがスタメンに入っている。

、長身ながらスピードも併せ持つFWサロモン・ロンドンだ。前半には縦パスに抜け出したロンドンを吉田が後方から抑える場面もあり、前半から2人のバトルが目立った。19分には吉田がロンドンとの空中戦に敗れてしまい、相手にシュートまで繋げられてしまったシーンも。

それでも守備陣が踏ん張って0-0で試合を進めると、サウサンプトンが25分にチャンスを活かす。味方GKが前方にボールを蹴ると、これにロングが抜け出す。ロングからタディッチ、レドモンドと繋ぐと、最後は中盤から顔を出したクラーシが強烈なミドルシュートを叩き込んで先制に成功する。

その後はWBAに押し込まれる時間帯も増えたが、吉田も体を張って失点を阻止。GKフォースターのビッグセーブもあり、サウサンプトンが1-0とリードを保ったまま前半を折り返す。

後半もWBAの攻勢は続き、64分には交代で入ったマクリーンがGKと1対1に。ここはフォースターが間一髪でボールに触って何とか阻止。さらに68分には吉田がロンドンとの空中戦で弾き飛ばされてヘディングシュートを許す場面もあり、サウサンプトン守備陣は体を張った守備が続いた。

後半ロスタイムには最終ラインの裏に抜け出したドーソンにボレーシュートを許すも、これもフォースターがセーブ。さらにその2分後にはコーナーキックから至近距離でエヴァンスの放ったシュートもフォースターが右手でかき出し、GKの神がかったパフォーマンスもあって失点を許さず。試合はこのまま終了し、サウサンプトンが1-0の勝利を収めた。

theWORLD(ザ・ワールド) 4/9(日) 0:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00010003-theworld-socc

◼吉田麻也、主将で無失点勝利に貢献…試合後に明かす最も嬉しかったことは

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、キャプテンマークを巻き、勝利に貢献した。

サウサンプトンは8日、プレミアリーグ第32節でウェスト・ブロムウィッチと対戦。公式戦9試合連続の先発を飾った吉田は、キャプテンマークを巻いてピッチに立った。インターセプト数、クリア数、シュートブロック数、空中戦の勝利回数でチームトップに立った吉田は1−0の完封勝利に大きく貢献。試合後には以下のように自身のツイッターを更新した。

「フレイザー神がかってた!この勝ち点3はでかい。でも1番嬉しいのは円陣のスピーチで噛まなかったこと。笑」

守護神の活躍に救われたと明かす吉田。試合前の記者会見ではクロード・ピュエル監督から第3主将であると明言され、称賛の言葉を送られた吉田は、ピッチで期待にしっかりと応えてみせた。

GOAL 4/9(日) 7:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000053-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:48 | 大阪 ☔ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、香川欠場のドルトムントに4-1大勝!リベリ、ロッベン、レバンドフスキがゴール(関連まとめ)

【サッカー】<香川真司欠場のドルトムント>バイエルンに4失点完敗…レヴァンドフスキが2得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491693034/
リベリ2017第28節ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 08:10:34.31 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ第28節が8日に行われ、バイエルンと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。前節、今シーズンのリーグ初得点を記録した香川は負傷欠場となった。

 前節のホッフェンハイム戦で公式戦21試合ぶりの敗戦を喫したバイエルン。リーグ戦では、昨年11月のドルトムントとの前回対決以来の黒星となった。連敗を避けたい今節は前半戦でのリベンジを狙う。ロベルト・レヴァンドフスキやチアゴ、アリエン・ロッベンらがスタメン入りしたが、古巣対決のマッツ・フンメルスはベンチスタート。GKマヌエル・ノイアーが負傷欠場で、GKスヴェン・ウルライヒが先発出場した。

 一方のドルトムントは前節ハンブルガーSVで快勝し、勢いに乗って大一番に挑みたかったが、好調の香川と中盤の要であるユリアン・ヴァイグルが負傷欠場。マルコ・ロイスやアンドレ・シュールレらも離脱が続いており、主力選手を複数欠いての一戦となった。先発メンバーには、ピエール・エメリク・オーバメヤンやラファエル・ゲレイロ、クリスティアン・プリシッチ、ウスマン・デンベレらが名を連ねた。

 試合は開始わずか4分に動いた。バイエルンは右サイドのフィリップ・ラームがマイナスの折り返しを入れると、中央でフリーのフランク・リベリーが右足シュートで合わせてゴールネットを揺らした。さらに10分にはペナルティエリア手前中央からのFKで、レヴァンドフスキが右足で直接ゴール左隅に沈めて、はやくも2点差とした。

 出鼻を挫かれたドルトムントだったが、黙ってはない。20分、右サイドのフェリックス・パスラックが入れたクロスは相手にクリアされるが、エリア手前中央のゲレイロがセカンドボールを左足ダイレクトで叩き、ゴール左上隅に突き刺した。その後はバイエルンが主導権を握った一方で、ドルトムントはカウンターを狙う。だが、試合は落ち着きを見せ、バイエルンの1点リードで前半を終えた。

 ドルトムントはゴンサロ・カストロを下げ、セバスティアン・ローデを投入して後半を迎えた。開始直後の49分、ロッベンが右サイドから中央へ切り込み、左足を振り抜いてシュートをゴール左隅に決めた。バイエルンがさっそくリードを2点に戻した。

 反撃したいドルトムントは67分、オーバメヤンが抜け出し、GKとの1対1で右足シュート。GKをかわしたが、シュートに力がなく、戻ったDFにクリアされた。すると直後の68分、バイエルンはレヴァンドフスキがエリア内でGKロマン・ビュルキに倒されてPKを獲得。これを自らGKと逆のゴール左隅に決めて、バイエルンがリードを3点に広げた。レヴァンドフスキは今シーズンのリーグ戦26ゴールに伸ばし、25ゴールのオーバメヤンを上回って、得点ランク首位に躍り出た。

 ドルトムントは69分にゲレイロに代えてミケル・メリーノを投入。バイエルンは71分にレヴァンドフスキを下げてジョシュア・キミッヒ、74分にリベリーを下げてドウグラス・コスタ、80分にはハビ・マルティネスに代えてフンメルスをピッチに送り出した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントは1−4で敗戦。バイエルンが前回対決のリベンジを果たした。

 次戦、バイエルンは12日にチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでレアル・マドリードと、ドルトムントは11日に同ファーストレグでモナコと対戦する。

SOCCER KING 4/9(日) 3:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00573883-soccerk-socc

【スコア】アリアンツ・アレーナ(75000人)

バイエルン 4−1 ドルトムント

【得点者】
1−0 4分 フランク・リベリー(バイエルン)
2−0 10分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2−1 20分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)
3−1 49分 アリエン・ロッベン(バイエルン)
4−1 68分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)(バイエルン)

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/livescore/detail?match=2255149&season=12593

順位表
http://web.ultra-soccer.jp/ranking/list?tid=566


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:59 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、早期復帰し途中出場!ケルンはBMGに2-3で敗れる クラブ公式「お帰り、ユウヤ」

ケルン大迫が“半端ない回復力”で戦線復帰 ボルシアMGに敗戦も…クラブ公式「お帰り、ユウヤ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170409-00010000-soccermzw-socc

大迫2017第28節.jpg

最大4週間離脱と報じられた大迫 負傷から約2週間でベンチ入り、後半から途中出場
 ケルンの日本代表FW大迫勇也が“半端ない回復力”で戦線復帰を果たした。ブンデスリーガ第28節、ボルシアMGとのライン・ダービーで後半途中から出場。試合は2-3でケルンが敗れた。

 大迫は3月24日に行われたロシア・ワールドカップアジア最終予選UAE戦の後半、相手マーカーと接触した際に左膝を負傷。ドイツに戻ってからの診断結果では最大4週間の離脱とも報じられていた。しかし、負傷から約2週間のボルシアMG戦でベンチ入りを果たすと、1-1の状況で迎えた後半開始時点から大迫が投入。クラブ公式ツイッターは「お帰り、ユウヤ」と、早期復帰に喜びのツイートをしていた。

 ケルンは後半10分に途中出場ボルシアMGのMFトラオレに勝ち越し点を許す展開となったが、その3分後にセットプレーからFWモデストがボレーシュートを決めて2-2と再びスコアをタイに戻した。しかし同35分にMFシュティンドルのゴールでボルシアMGが再び勝ち越した。

 大迫は最後まで得点に絡むことはできなかったものの、45分間ピッチを駆け抜けた。早期復帰はケルンだけでなく、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督にとっても朗報であることは間違いない。

大迫勇也 66
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1490210424/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:16 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング