アンテナ・まとめ RSS

2017年05月15日

【セリエAまとめ】ローマ、意地を見せ首位ユーべに3-1勝利!ユーべの優勝決定は持ち越し!ナポリはトリノに5-0大勝(関連まとめ)

ユーヴェ、ローマに敗れ6連覇決定ならず インテルは4連敗/セリエ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000014-ism-socc
ローマ2017第36節勝利.jpg

イタリア・セリエAは現地時間14日(以下現地時間)、第36節の残り8試合が行なわれ、首位ユヴェントスは敵地で2位ローマに1対3と敗れた。

 勝利すれば前人未到のリーグ6連覇が決定する状態で、敵地に乗り込んだユヴェントスはディバラをベンチスタートとするなど、一部の主力を温存。21分にはレミナのゴールで先手を取る。

 しかし、その4分後にシュートのこぼれ球をデロッシに押し込まれて同点に追いつかれると、56分にエルシャーラウィに逆転ゴールを献上。65分にはナインゴランに決定的な3点目を奪われ、その後ディバラを投入したもののゴールは奪えず、1月のフィオレンティーナ戦以来となるリーグ戦での黒星を喫した。

 この結果、勝ち点85の首位ユヴェントスとローマの差は残り2試合で4ポイントに縮まり、ユヴェントスの優勝は次節に持ち越しとなった。ユヴェントスの相手は下位に沈むクロトーネ、ボローニャとの対戦となっている。アッレグリ監督は「常に最高の状態でいることはできない」「我々は可能な限り冷静を保たなければいけない。目標を達成できるはずだ」と、優勝への自信を強調した。

 一方、4カ月ぶりに王者に土を付けたローマのデロッシは、「大きな勝利だ。ナポリとの差を保つことができたからなおさらね」とコメント。「とても多くの困難があった」「うれしいよ。現実的にならなければいけないが、挑戦を止めてはいけない」と、最後まで戦い続けるとの意気込みを表している。

 3位ナポリは9位トリノに5対0と大勝。7分にカジェホンのゴールで先制すると後半はゴールラッシュ。インシーニェ、メルテンスがゴールを奪うと、76分にはカジェホンがこの日自身2点目を決め、ジエリンスキーがダメ押し、リーグ戦10試合無敗を達成した。ナポリはローマと1ポイント差を保っている。

 長友佑都所属の7位タイのインテルは、ホームで14位サッスオーロに1対2と敗れた。長友は先発し、ハーフタイムに交代している。

 ピオリ前監督を解任し、ヴェッキ暫定監督で臨んだインテルだが、相手に2点を先行される苦しい展開に。70分にエデルが1点を返すも、反撃はここまで。リーグ戦4連敗で、3月以降8試合白星がないインテルは、ヨーロッパリーグ出場の可能性が消滅した。

 不甲斐ないチームに怒る「ウルトラス」と呼ばれるサポーターは、まだ0対0だった試合開始25分にスタンドを離席。「お前たちは応援するに値しない。今日は挨拶をしに来た。我々はランチを取るために退出する」と書かれたバナーを残していった。そのほかのサポーターたちも、「ウルトラス」の行為に拍手を寄せている。

 守護神ハンダノヴィッチは「ファンのことは理解できる」「僕が来て5年だけど、いつも同じ状況だ。ファンは正しい。インテルは5年間も7位や8位じゃダメなクラブなんだ。忍耐もそう長くは続かない。僕がここに来てから今が最悪の時期だ」と肩を落とした。

 一方、残留争いでは、18位クロトーネがホームで11位ウディネーゼに1対0と勝利。16位ジェノアはすでに降格が決まっている19位パレルモに敵地で0対1と敗れた。17位エンポリも敵地で13位カリアリに2対3と黒星を喫した。この結果、勝ち点33のジェノアと同32のエンポリに、同31のクロトーネが重圧をかけている。

 そのほかの試合では、15位ボローニャがホームで最下位ペスカーラに3対1と勝利。16位サンプドリア対12位キエーヴォは1対1のドローに終わった。(STATS-AP)

セリエAを見るぞ!145
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1492942309/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:50 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U20日本代表、小川先制ヘッドでホンジュラスに3-2勝利!久保建英は途中出場でチャンス演出(関連まとめ)

【サッカー】<U-20日本代表>ホンジュラスに勝利! 本選に向けて弾みをつける
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494847404/
久保建英ホンジュラス戦.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 20:23:24.23 ID:CAP_USER9.net

U−20日本代表は15日、20日から始まるU−20韓国・ワールドカップに向けて、U−20ホンジュラス代表と親善試合を行った。
 
 日本代表の2トップはジュビロ磐田のFW小川航基と京都サンガF.C.の岩崎悠人となり、注目のFC東京U−18FW久保建英はベンチスタートとなった。

 日本がボールを持ち、ホンジュラスがカウンターを狙う展開となったこの試合。15分には早くも試合が動く。坂井大将が蹴ったCKに、小川が頭で合わせてゴール右隅に流し込む。先制点を決めた日本は、試合を有利に進めると思われた。しかし18分、日本の一瞬の隙を逃さずにホンジュラスがカウンター。1対1の状態で右サイドを突破し中央にクロス、中に走り込んだFWが落ち着いて決めスコアをタイに戻す。

 反撃に出たい日本は23分、混戦からシュートを放つも、相手DFの体を張った守備に阻まれ得点することはできない。その後の28分、岩崎が空中のボールを頭で小川に落とす。軌道がずれて小川には届かなかったが、走り込んできた三好康児がダイレクトシュート。しかし、このシュートは枠を捕らえられず。

 追加点が欲しい日本だったが、33分に混戦からボールを奪われショートカウンター、前線の選手にスルーパスが通ってしまう。中山雄太が必死にくらいつくも、このチャンスをしっかり決めたホンジュラスが逆転に成功。1点を先行された日本にチャンスがくる。39分、裏に走り込んだ小川にロングボールが出てくる、しかしボールはわずかに合わず得点には至らない。

 続く45分、左サイドでボールを受けた三好が、中央で待っている小川へパス。ダイレクトでシュートを打つも、ゴールには繋がらず。日本は2点を奪われて前半を折り返す。
 
 後半開始早々の46分、日本にPKのチャンスが与えられる。キッカーの坂井が、ゆったりとした助走からゴール左隅に落ち着いて決め、スコアを2−2にする。立て続けの49分、右サイドでボールを持った堂安律が中央で待っていた三好へパスを送る。ゴール右端を狙ったシュートは枠を外れていった。

 62分、日本は注目の久保建英をピッチに送り出す。直後、日本は代わって入った板倉滉が、CKにヘッドで合わせて3点目を挙げる。72分、久保が魅せる。右サイドでドリブルを開始すると、相手2人をかわし中央へスルーパス。しかし味方にはわずかに合わずGKに取られてしまうが、才能の片鱗を遺憾なく披露する。

 その後は両チームチャンスを作るも、ゴールを挙げることはできずに試合は終了。U−20日本代表は本選に向けて、大きな弾みをつけることができた。

 U−20日本代表は21日、南アフリカ戦からU-20韓国W杯グループリーグを戦う。

 【スコア】
U−20日本代表 3−2 U−20ホンジュラス代表

【得点者】
1−0 15分 小川航基(磐田)
1−1 18分 ホンジュラス
1−2 33分 ホンジュラス
2−2 46分 坂井大将(大分)
3−2 62分 板倉滉(川崎)

SOCCER KING 5/15(月) 20:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00587777-soccerk-socc

動画 日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/national_team/u20_2017/news/00013502/

テレビ FIFA U-20ワールドカップ
http://otn.fujitv.co.jp/s_cx/b_hp/917200097.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:31 | 大阪 ☁ | Comment(14) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンCペップ監督、岡崎慎司を名指しで称賛!前線からのプレッシング力を高く評価

【サッカー】<レスターFW岡崎慎司を敵将グアルディオラが名指しで称賛>美技見せた侍ストライカーの働きを高評価!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494806174/
岡崎慎司2017第37節ゴール03.jpg

1: @Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 08:56:14.65 ID:CAP_USER9.net

0-2とレスター劣勢のなか、前半42分に岡崎が高速ボレー弾
 
レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が13日の敵地マンチェスター・シティ戦で約5カ月ぶりとなる今季リーグ戦3得点目を左足ボレーシュートで決めた。

レスターは司令塔マフレズがPKで同点に追いつくチャンスを外して1-2負けを喫したが、相手の名将ペップ・グアルディオラ監督はレスターの戦いぶりとともに侍ストライカーも称賛している。地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

レスターが来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏4位以内を目指すシティを追い詰めた。0-2とレスター劣勢で迎えた前半42分、侍ストライカーが一世一代の美技で決めた。左サイドのMFマーク・オルブライトンが右足でゴール前へクロスを送ると、ゴール前でフリーになった岡崎が体をひねりながら左足一閃。高速ボレー弾はゴール右隅に突き刺さった。

後半31分にはシティのエリア内でDFクリシーからファウルを受けたリヤド・マフレズはPKを獲得。自らキッカー役を務めたが、キック直前で滑った軸足でもボールに触れてしまい、二度ボールに触ったためゴールは無効とされた。

「オカザキ、スリマニ、マフレズがいる」

同点の危機を辛くも乗り切ったグアルデォラ監督は試合後、「レスターはとても面倒な相手だ。私は完璧に理解している。この試合だけではないが、ここに昨季優勝した理由があるんだ」と語った。

「(キャスパー・)シュマイケルは素晴らしいパス能力を持っているので、彼らにハイプレッシャーをかけることはできない。パスを回したり、サイドバックにボールを持たせることもできない。なぜなら、オカザキ、(イスラム・)スリマニ、マフレズがいるからだ。それをコントロールすることは難しい」

ゴールを決めた岡崎のみならず、マフレズ、スリマニの前線からの苛烈なプレッシャーで、シティの目指すパスサッカーがしづらい状況だったと振り返っている。ワールドクラスのゴールで称賛を受けている侍ストライカーだが、世界的な知将は疲れを知らない運動量と前線からのプレッシングという岡崎の武器を高く評価している。

Football ZONE web 5/14(日) 22:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00010027-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170514-00010027-soccermzw-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:20 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、C・ロナウドがスーパーゴールなど2得点でセビージャに4-1大勝!リーガ優勝に向け前進(関連まとめ)

【サッカー】レアルがリーガ制覇に一歩前進!ナチョFK弾、C・ロナ2発などでセビージャ撃破
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494792194/
クリロナ2017第37節ゴール.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 05:03:14.82 ID:CAP_USER9.net

レアルがリーガ制覇に一歩前進!ナチョFK弾、C・ロナ2発などでセビージャ撃破
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00587509-soccerk-socc


2: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 05:03:39.12 ID:CAP_USER9.net

SOCCER KING 5/15(月) 4:48配信

先制ゴールとなるFKを決めたナチョ・フェルナンデス(中央) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第37節が14日に行われ、レアル・マドリードとセビージャが対戦した。

 試合は意外な形で動く。10分、レアル・マドリードはペナルティエリア手前中央でマルコ・アセンシオが倒され、絶好の位置でFKを獲得。すると、ボール付近にいたナチョ・フェルナンデスが相手の意表をついてゴール右へ蹴り込む。これが認められ、先制点となった。

 セビージャは20分、右サイドからの折り返しにエリア内のステヴァン・ヨヴェティッチが右足ダイレクトで合わせる。強烈なシュートがゴールを脅かしたが、惜しくも右ポストを直撃した。

 直後の23分、レアル・マドリードは高い位置でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、エリア内左からハメス・ロドリゲスがシュート。ここはGKに阻まれたが、こぼれ球をクリスティアーノ・ロナウドが難なく押し込み、リードが2点に広がった。

 2点ビハインドとなったセビージャは32分、エリア内右でパスを受けたヨヴェティッチがループシュートで狙う。ボールはGKの頭上を超えてゴールへ向かったが、クロスバーに阻まれた。

 このまま2−0で前半を折り返すと、後半早い時間にスコアが動く。49分、エリア手前中央でスティーヴン・エンゾンジからパスを受けたヨヴェティッチが右足ダイレクトでシュート。これがゴール右隅に決まり、セビージャが1点を返した。

 その後は得点が生まれないまま時間が進んだが、78分にレアル・マドリードが突き放す。エリア内左に抜け出したトニ・クロースがグラウンダーで折り返すと、C・ロナウドが左足ダイレクトで合わせる。強烈なシュートがクロスバーをかすめてゴール左上に突き刺さった。

 さらに84分には左からのクロスをトニ・クロースが右足アウトでゴール右に流し込み、レアル・マドリードが試合を決定づける4点目を奪取。このまま4−1でタイムアップを迎えた。3ポイントを加えたレアル・マドリードは1試合未消化ながらバルセロナと同勝ち点の2位をキープ。リーガ制覇に向け、一歩前進した。

 レアル・マドリードは17日に延期分の第21節でセルタと、21日に最終節でマラガと、いずれもアウェイで対戦。セビージャは21日にホームでオサスナと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 4−1 セビージャ

【得点者】
1−0 10分 ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)
2−0 23分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
2−1 49分 ステヴァン・ヨヴェティッチ(セビージャ)
3−1 78分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
4−1 84分 トニ・クロース(レアル・マドリード)


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:47 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川島永嗣、仏メディアで軒並み高評価!MOMにも選出!「この試合のヒーロー」「メスは川島に感謝すべき」

【サッカー】<GK川島永嗣(メス)>フランスメディア、PKストップ以外にも2つの好セーブがあったと称賛!「この試合のヒーロー」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494821391/
川島PKセーブ.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 13:09:51.38 ID:CAP_USER9.net

フランス・リーグアン第37節が現地時間の14日に行われ、メスとトゥールーズは1-1で引き分けた。メスの日本代表GK川島永嗣はこの試合でPKをストップするなどの好守を見せ、チームの勝ち点1獲得に貢献している。

 昨夏の加入時には「第3GK」であることを明言され、出場機会を得ることができていなかった川島だが、4月に入ってようやくリーグアンの公式戦にデビュー。前節のリール戦は初の完封で試合を終え、メスの1部残留決定を助けた。

 トゥールーズ戦では1-1で迎えた81分にPKをストップし、チームを敗戦から救う立役者となった。フランス紙『レキップ』も試合レポートの中で、「メスはインスピレーションを欠いたが、PKを止めた川島に特に感謝すべき」だと日本人GKを称えている。

 フランス『hommedumatch.fr』は川島に「7点」の採点をつけてマンオブザマッチに選出。「素晴らしい試合をした。この勝ち点1は彼のおかげ」と称賛した。『football365.fr』も「川島がこの試合のヒーローだった」と記した。

 メスに隣接する隣国ルクセンブルクの『ルクセンブルガー・ヴォルト』は川島に「8点」をつけ、PK以外にも2つの好セーブがあったと称賛。地元紙『レピュブリカン・ロラン』は試合のマンオブザマッチ投票を行っており、川島は約80%と圧倒的な最多票を集めている。

フットボールチャンネル 5/15(月) 8:55
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00010011-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:22 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイエノールト、36歳カイト圧巻ハットで18年ぶりリーグ優勝達成!(関連まとめ)

【サッカー】<フェイエノールト>18年ぶりのリーグ優勝!…36歳カイトの圧巻ハットで最終節快勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494802923/
カイト2017最終節ハット01.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 08:02:03.31 ID:CAP_USER9.net

フェイエノールトが14日、18年ぶりのエールディヴィジ制覇を果たした。

 首位のフェイエノールトは2位のアヤックスと勝ち点差「1」で最終節を迎え、ホームでヘラクレス・アルメロと対戦。試合は開始わずか37秒、ディルク・カイトがペナルティエリア内右で相手DFのミスからボールを奪い、そのまま豪快な右足シュートで先制点を奪う。電光石火の1発で優勝に近づき、スタジアムは熱狂に包まれた。

 勢い付いたフェイエノールトは12分、左サイドのエルイェロ・エリアからのクロスを、中央のカイトがダイビングヘッドで合わせて追加点。さらに84分には、ニコライ・ヨルゲンセンが獲得したPKを、主将のカイトがGKと逆のゴール右隅に決めてハットトリックを達成した。

 チームはその後、89分に失点したものの、このまま3−1で快勝。その瞬間、フェイエノールトの1998−99シーズン以来となる18年ぶり通算15回目の優勝が決まった。

 フェイエノールトは今シーズン開幕から9連勝でスタートダッシュに成功し、昨年12月から今年2月まで10連勝も達成した。前節に完封負けを喫したことでタイトル争いは最終節までもつれたが、26勝4分け4敗のホーム戦無敗で一度も首位の座を譲らないまま優勝を決めた。

 なお、ハットトリックで優勝に導いたカイトにとっては、母国リーグ初制覇となった。現在36歳のカイトはデビューしたユトレヒトで2002−03シーズンにカップ戦優勝を経験。フェイエノールトに復帰した2015−16シーズンにもカップ戦のタイトルを獲得していたが、自身初のエールディヴィジ制覇となった。

SOCCER KING 5/15(月) 7:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00587459-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、スペイン紙が絶賛「特別な選手」「余裕でレギュラーを勝ち取る」(関連まとめ)

【サッカー】<柴崎岳(テネリフェ)>ウエスカ戦でも称賛止まず!「余裕でレギュラーの座勝ち取った」「特別な選手」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494731874/
柴崎岳2017第38節.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/14(日) 12:17:54.80 ID:CAP_USER9.net

13日のリーガエスパニョーラ2部第38節、アウェーでのウエスカ戦(2−2)で3戦連続となるフル出場を果たしたテネリフェMF柴崎岳は、またも現地メディアから称賛を受けた。

前節ルーゴ戦(2-1)では「魔法を持ってる」「素晴らしい才能」などと称賛された柴崎。スルーパスによってFWアントニー・ロサーノのゴールをお膳立てしたこのウエスカ戦でも、現地メディアから高評価を受けている。

スペイン『エル・ドルサル』の選手採点(10転満点)で柴崎は、2得点を記録して「優」となる9点を与えられたロサーノに次いで、「良」の8点を付けらた。寸評では、以下の通り。

「この日本人は特別な選手であり、今日再びそれを示している。その素晴らしいプレービジョンと縦パスが、テネリフェが最高のパフォーマンスを見せていた時間帯の鍵となった」

また『デポルプレス』の寸評も同じような論調。柴崎が攻撃の鍵を握っており、チームに必要不可欠な選手との見解を示している。

「スタミナが続く限りはプレーに関与している。パスに関して特別な才能があり、彼の足を通じて良質なボールが提供されていった。余裕でレギュラーの座を勝ち取った」

なお両メディアは読者を対象としたMVPアンケートを実施しているが、柴崎はそのどちらでも、ロサーノに次ぐ投票数を獲得している

GOAL 5/14(日) 6:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000038-goal-socc

◆柴崎がテネリフェ変え始めた! スペインでも「のらりくらり」とプレイして初アシストを記録
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00010003-theworld-socc



▼記事の続きを読む▼
タグ:柴崎岳
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トッテナム、ケイン決勝弾でマンU下しプレミア2位が確定!ホワイト・ハート・レーン最後の試合に花を添える(関連まとめ)

【サッカー】トッテナムがマンU下す トッテナムの2位、マンUの5位以下が確定
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494782572/
ワニヤマ2017第37節ゴール.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 02:22:52.49ID:CAP_USER9.net


トッテナム 2-1 マンU

1-0 6分 ワニャマ
2-0 48分 ケイン
2-1 71分 ルーニー

http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/tottenham-hotspur-vs-manchester-united/1-2252549/

順位表
http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/

トッテナムが2発でマンU撃破…ホワイト・ハート・レーン最終戦を勝利で飾る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00587455-soccerk-socc

プレミアリーグ第37節が14日に行われ、トッテナムとマンチェスター・Uが対戦した。

 2位のトッテナムが6位につけるマンチェスター・Uをホームに迎えての一戦。新スタジム移転のため1899年から使用してきた本拠地ホワイト・ハート・レーンでのラストマッチとなった。

 試合は開始わずか6分、左CKのショートコーナーでベン・デイヴィスが左サイドからクロスを送ると、中央のヴィクター・ワニアマが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、トッテナムが幸先よく先制に成功した。

 反撃したいマンチェスター・Uは18分、左サイドで浮き球パスを受けたアントニー・マルシャルがエリア内左へ突破し、右足を振り抜くが、シュートはわずかに枠の右。トッテナムも直後の19分に追加点のチャンスを迎えるが、ハーフウェイライン付近からエリア内へ突破したソン・フンミンの左足シュートは相手GKダビド・デ・ヘアにセーブされた。

 その後も攻勢に出るトッテナムは30分、エリア内左に抜け出したデレ・アリが強烈な右足シュート。前半アディショナルタイム1分にも今度はハリー・ケインがエリア内左に抜け出して右足シュートを放つが、いずれもGKデ・ヘアに阻まれた。

 1点リードで折り返したトッテナムは後半立ち上がりに追加点を奪う。48分、左サイドからのFKでクリスティアン・エリクセンが中央へボールを送ると、ニアのケインが相手DFを背負いながら右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。

 マンチェスター・Uは61分、アクセル・トゥアンゼベとリンガードを下げて、アンデル・エレーラとヘンリク・ムヒタリアンを送り出す。63分、マルシャルが左サイドから中央に切り込み、エリア手前中央で右足を振り抜くが、わずかに枠の右に外れた。

 71分、マンチェスター・Uの反撃が実る。左サイドのマルシャルが相手DFを1人かわしてエリア内へ突破し、中央に折り返し。ニアサイドに走り込んだウェイン・ルーニーが右足で合わせて1点を返した。

 試合終盤に突入すると、雨に見舞われたホワイト・ハート・レーン。終焉を悲しむようにタイムアップが迫るにつれて激しい雨となったが、試合はトッテナムがこのまま2−1で勝利し、最終戦に華を添えた。終了後には現本拠地で最後の勝利を祝うサポーターがピッチになだれ込んでいた。

 なお、2試合ぶりの白星を収めたトッテナムは2位フィニッシュが確定。敗れたマンチェスター・Uは2連敗で5位アーセナルと勝ち点差「4」の6位にとどまった。

 トッテナムは18日に敵地で行われる延期分の第34節で、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターと対戦。マンチェスター・Uは17日に延期分の第28節で、同代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
トッテナム 2−1 マンチェスター・U

【得点者】
1−0 6分 ヴィクター・ワニアマ(トッテナム)
2−1 48分 ハリー・ケイン(トッテナム)
2−1 71分 ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、キャプテンマーク巻き勝利に貢献!英複数メディアで合格点の評価(関連まとめ)

【サッカー/プレミア】キャプテンマークを巻いて先発した吉田麻也に合格点評価 ボロ1-2セインツ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494739562/
岡崎2017第37節祝福.jpg

1: カイキニッショク 2017/05/14(日) 14:26:02.49 ID:CAP_USER9.net

サウサンプトン、6戦ぶりに待望の白星。主将・吉田麻也にも合格点評価

フットボールチャンネル 5/14(日) 12:13配信

イングランド・プレミアリーグ第37節が現地時間の13日に行われ、サウサンプトンはアウェイでミドルスブラに2-1の勝利を収めた。サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也はこの試合にフル出場を果たしている。

強豪チームとの対戦が続いていたサウサンプトンは、前節までの5試合で2分け3敗と苦戦。最近3試合はゴールを奪うこともできず、この試合にも敗れれば大きく順位を落としてしまう可能性もあったが、すでに降格の決まっていた相手に対して6試合ぶりとなる白星を挙げることに成功した。

吉田はキャプテンマークを巻いて先発し、18試合連続となるフル出場。英メディアではこの試合の吉田に対し、おおむね及第点以上の評価を与えている。

『デイリー・メール』は吉田に対して10段階で「7点」の評価。1ゴールを挙げたFWジェイ・ロドリゲスやMFオリオル・ロメルと並ぶチーム最高タイの評価となっている。『ユーロスポーツ』でも同じく「7点」で、ロドリゲスらの「8点」に次いだ。『スカイ・スポーツ』は吉田に「6点」をつけている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00010012-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川島永嗣、PK阻止のビッグセーブ!メスはトゥールーズとドロー(関連まとめ)

【サッカー】メス川島、PKストップ!トゥールーズとドロー リーグ・アン
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494795190/
川島メス黄色ユニ.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 05:53:10.74 ID:CAP_USER9.net

メス 1-1 トゥールーズ

0-1 9分 ブライトワイテ
1-1 66分 サール

81分 川島がドゥロールのPKをセーブ

http://www.livescore.com/soccer/france/ligue-1/metz-vs-toulouse/1-2241696/

川島は3試合連続の先発フル出場



3試合連続先発の川島がPKストップ! 「第3GK」から這い上がり活躍
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00010005-footballc-socc


フランス・リーグアン第37節が現地時間の14日に行われ、メスはホームでトゥールーズと対戦した。

5位本田、4位原博実、1位は…日本代表歴代得点ランキングトップ5

 メスに所属する日本代表GK川島永嗣は、リーグ戦3試合連続となる今季4戦目の先発出場。加入当初は「第3GK」であることを明言され、公式戦での出場機会を得られない日々が続いていたが、シーズン終盤に入ってゴールを任されている。

 前半にトゥールーズが先制し、後半にメスが追いついて1-1で迎えた80分、トゥールーズはフランソワ・ムバンジェがエリア内で倒されてPKを獲得。メスにとっては絶体絶命のピンチとなったが、FWアンディ・デロールのシュートを川島が見事にセーブ。勝ち越しのゴールを許さなかった。

 試合はそのまま1-1のドローで終了。3連勝は逃したメスだが、川島の好セーブにも助けられて勝ち点1を獲得している。
▼記事の続きを読む▼
タグ:川島永嗣
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:24 | 大阪 ☀ | Comment(27) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤嘉紀、絶妙ヘッドでチーム最高評価!ブンデス公式週間MVP候補に!(関連まとめ)

【サッカー】<武藤嘉紀(マインツ)>チーム最高評価も!交代出場で決勝点&PK奪取の獲得
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494730252/
武藤2017第33節裸04.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/14(日) 11:50:52.56 ID:CAP_USER9.net

ドイツ・ブンデスリーガ第33節が現地時間の13日に行われ、マインツはホームでフランクフルトと対戦して4-2の勝利を収めた。マインツの日本代表FW武藤嘉紀は決勝点となる3点目のゴールを記録している。

 この試合はベンチスタートとなった武藤だが、後半開始から投入されると大きな仕事をやってのけた。チームが2点ビハインドから追いついて2-2で迎えた76分には、右後方からのクロスにヘディングで合わせて逆転のゴールを記録。さらに後半アディショナルタイムにはPKを獲得し、マインツが勝利を決定付ける4点目をお膳立てした。

 ドイツメディア『spox』はこの試合の武藤に対し、「2点」と高い評価をつけている。マインツの1点目を記録した先発FWのジョン・コルドバと並び、両チームを通して最高タイの評価となった(ドイツの採点は「6」が最低で「1」が最高)。

 ブンデスリーガ公式サイトのドイツ語版ではマインツのFWボージャン・クルキッチ、英語版ではコルドバを試合のマンオブザマッチに選出。だが英語版では、今節のMVP投票対象者4人の中にボージャンやコルドバではなく武藤を選んでいる。投票ではバイエルン・ミュンヘンのFWアリエン・ロッベンが圧倒的に票を集めているが、武藤も3位にあたる約6%の票を投じられている。

フットボールチャンネル 5/14(日) 11:27
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00010011-footballc-socc


【サッカー】マインツ武藤嘉紀がブンデスリーガの週間MVP候補に…逆転弾で劇的勝利に貢献

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494756316/

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/05/14(日) 19:05:16.34 ID:CAP_USER9.net

マインツのFW武藤嘉紀が、チームを逆転勝利に導き、ブンデスリーガ英語版公式サイトの週間MVP候補に選出されている。

マインツは13日、ブンデスリーガ第33節でフランクフルトと対戦。武藤はベンチスタートとなった。試合はフランクフルトに2点を先制される厳しい展開。武藤は後半頭から途中出場すると、2−2の同点に追いついた直後の76分に歓喜の瞬間を迎える。

ゴール右からボージャン・クルキッチのアーリークロスに頭で合わせる。絶妙なコースに飛んだシュートはGKの手に阻まれることなく、ネットを揺らした。さらにアディショナルタイムには武藤がドリブル突破からペナルティーエリア内でファウルを誘い、PKを獲得。パブロ・デ・ブラシスのダメ押し弾もお膳立てしている。

今節の武藤の活躍を受け、ブンデスリーガ英語版公式サイトは第33節のMVP候補4人の中に武藤を選出。バイエルンFWアリエン・ロッベン、ホッフェンハイムFWアンドレイ・クラマリッチ、ハンブルガーSVのFWラソッガとともに選ばれている。

なお、マインツは勝ち点3を積み上げたことで、残り1試合という状況で残留を決定的としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000039-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
タグ:武藤嘉紀
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【コウチーニョ無双】リバプール、コウチーニョ2G1Aの大活躍でウエストハムに4-0完勝!CL権確保に向け前進

コウチーニョが2G1Aの大活躍!リヴァプールがウェストハムに4発快勝/プレミアリーグ第37節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000043-goal-socc
コウチーニョ2017第37節ゴール.jpg

■プレミア第37節 ウェストハム 0−4 リヴァプール

リヴァプール:スタリッジ(35分)、コウチーニョ(57分、61分)、オリジ(76分)

14日にプレミアリーグ第37節が行われ、リヴァプールは敵地アップトン・パークでウェストハムと対戦し、4-0で快勝した。

マンチェスター・シティ、ユナイテッド、アーセナルとの激しいチャンピオンズリーグ出場権争いの最中にいるリヴァプールは、今節含めて残り2試合で勝ち点6を獲得できれば、自力で3位の座を確保することができる。

しかし、上位相手には強さを発揮する一方、下位相手に勝ち点を取りこぼすケースが少なくないのもリヴァプール。この重要な一戦でも、ウェストハム相手に最初のチャンスを作られてしまう。

7分、カウンターからジョナタン・カジェリのパスを受けたサム・バイラムがチャンスを迎えるも、ペナルティーエリア内右からのシュートはゴール左へと外れる。

早くもピンチを迎えたリヴァプールだが、フィリペ・コウチーニョを中心としたパスワークでペースを握ると、11分には左CKからファーサイドのジョエル・マティプが頭で叩きつけたヘディングが、クロスバーを叩いて外れる。

セットプレーからビッグチャンスを迎えた一方、流れの中でのチャンスをなかなか作ることができなかったリヴァプール。しかし迎えた35分、自陣でボールを奪うと、中盤で受けたコウチーニョが前線に長い距離のスルーパスを通す。これに抜け出したダニエル・スタリッジがGKとの1対1を冷静にかわし、リヴァプールが先制する。

ウェストハムも44分、左CKがファーポストで待ち構えていたアンドレ・アイェウの足下へ。しかし、フリーで押し込むだけだったが、これを目の前のポストに当ててしまい、同点の絶好機を逸してしまう。

1点のリードだけでは心許ないリヴァプールが、後半も立ち上がりから攻勢に出ると、57分に追加点を挙げる。ペナルティーエリア手前のジョルジニオ・ワイナルドゥムが浮き球をボレーで捉えると、これがクロスバーを直撃。跳ね返りを拾ったコウチーニョがキックフェイントから中央を突破し、右足で抑えの利いた低弾道シュートをゴール左隅へと突き刺した。

1アシスト1ゴールと活躍するコウチーニョはさらに62分、カウンターから左サイドでボールを受けると、中央のエムレ・カンに預け、スタリッジを経由してエリア内で再びボール受ける。細かいステップでDFをかわし豪快にネットを揺らし、コウチーニョの2ゴール1アシストでリヴァプールが3-0と突き放した。

76分には、ペナルティーエリア内右で縦に仕掛けたスターリッジの折り返しはアダム・ララーナの手前でGKがはじいたが、こぼれ球をワイナルドゥムが押し込み、最後はゴール前のディヴォック・オリジがコースを変えて4点目。その後も危なげない試合運びでウェストハムの反撃をシャットアウトしたリヴァプールが、4位以内の確保に向けて大きな勝ち点3を手にした。

リヴァプールは最終節、ホームに降格の決まっているミドルズブラを迎える。

〓〓 Liverpool FC 〓 769〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1494761448/
▼記事の続きを読む▼
タグ:リバプール
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:12 | 大阪 | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保裕也、PK弾で移籍後10ゴール目!ヘントはシャルルロワと1-1ドローでCL権遠のく(関連まとめ)

【サッカー】久保裕也、移籍後10点目!今季通算22ゴール!ベルギーリーグ優勝プレーオフ第8節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494771753/久保裕也2017アウェイユニ.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/14(日) 23:22:33.93 ID:CAP_USER9.net


5/14(日)21:30

AAゲント 1-1 シャルレロワSC

0-1 28' エネス・サグリク
1-1 40' 久保裕也 PK

(93分 久保裕也 退場)

http://www.livescore.com/soccer/belgium/play-off-i/gent-vs-sporting-charleroi/1-2475200/

CL予選 2ゴール
スイスリーグ 5ゴール
スイス杯 5ゴール
ベルギーリーグ 5ゴール
ベルギーリーグ優勝プレーオフ 5ゴール

https://www.transfermarkt.com/yuya-kubo/profil/spieler/186260



久保裕也の移籍後10点目も実らず…ゲントはドローで優勝消滅
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-01639711-gekisaka-socc

[5.14 ベルギーリーグ・プレーオフ1第8節 ゲント1-1シャルルロワ]

 ベルギーリーグは14日、優勝を懸けて戦うプレーオフ1の第8節を行った。FW久保裕也の所属する3位のゲントは、ホームで5位のシャルルロワと対戦。1-1の引き分けに終わり、優勝の可能性が消滅した。4-2-3-1のトップ下で先発フル出場した久保は、0-1の前半40分にPKで同点ゴールを記録。チームトップタイとなる移籍後10得点目をマークしたが、勝利には結びつかなかった。

 首位アンデルレヒトと残り3試合で勝ち点8差のゲントにとっては、勝たなければ優勝の可能性が消滅する大一番。今季最多の4失点を喫した前節オーステンデ戦(3-4)の3-4-3から4-2-3-1に変更し、久保はトップ下に配置された。

 立ち上がりの久保は相手の守備ブロックの間に顔を出し、積極的にパスを要求。前半12分には左サイドのMFダニイェル・ミリチェビッチが縦パスを出すと、PA内左の久保がワンタッチでMFナナ・アクワシ・アサレにつなぐ。アサレはゴールライン付近から左足で折り返し、相手DFにブロックされたボールを右足で蹴り込もうとするが、至近距離でGKにセーブされた。

 先制のチャンスを逃したゲントだったが、前半24分にシャルルロワのMFクレマン・タンモンがFWジェレミー・ペルベの足を踏みつけたとして一発退場。ゲントは早い時間に数的優位を得る。

 直後の前半27分には、久保が再びワンタッチパスを通し、PA内右に走り込んだMFブレヒト・デヤーゲレが横パス。PA内中央で待っていたフリーのペルベが右足でネットを揺らすも、受けた位置がわずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められなかった。

 すると前半28分、シャルルロワが右サイドでFKを獲得し、キッカーのMFエネス・サグリクが左足でインスイングのクロスを入れると、ファーになだれ込んだ選手たちをすり抜け、ボールはゴール左隅へ。数的不利のシャルルロワがラッキーな形で先制に成功した。

 ビハインドを負った後も1人少ないシャルルロワを押し込み続けるゲント。前半39分、MFナナ・アクワシ・アサレが送った浮き球のスルーパスに久保が走り込むと、PA内左でシャルルロワのDFダミアン・マルクがハンドを犯し、PKを獲得する。絶対に外せない場面でPKキッカーを任されたのは久保。右足のシュートを冷静にゴール左へ突き刺し、期待に応える同点弾を決めた。

 久保は2試合連続ゴールを挙げ、今冬のゲント移籍後、出場15試合目で早くも二桁となる10得点目。久保よりも10試合以上多く出場しているペルベに並び、チームトップタイとした。

 1-1で前半を折り返し、後半もゲントが数的優位を生かして相手を攻め立てる。後半3分には左サイドのMFケニー・ハサン・サイフからのクロスをPA内中央で久保が受け、巧みなコントロールでマークを外して右足でシュート。だが、飛び出した相手GKをかすめ、クロスバーの上に外れた。

 逆転ゴールがなかなか生まれない中、やはり一番得点の可能性を匂わせるのは久保。後半31分、右サイドのDFサミュエル・ジゴからパスを受けた久保は、PA手前右で前を向き、対峙した相手DFの出方をうかがいながら右足を振り抜く。しかし、シュートはゴール左外にそれた。

 その後も攻勢をかけ続けたゲントだったが、終了間際にはMFルイス・ベルストラーテが退場してしまい、1-1で試合終了のホイッスル。3試合勝ちなし(2分1敗)となり、優勝の可能性がついえた。
▼記事の続きを読む▼
タグ:久保裕也
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング