アンテナ・まとめ RSS

2017年05月16日

今夏Jから欧州移籍するのは?実現性が高いのはこの選手

【サッカー】<今夏Jリーグから欧州に移籍するのは?>実現度が高いのは“この選手”だ!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494927447/
関根と井手口.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 18:37:27.92 ID:CAP_USER9.net

 今季の欧州主要リーグのシーズンも残りわずかとなり、“W杯イヤー”となる来シーズンに向けた移籍市場の話題も増え始めている。そこで気になるのはJリーグでプレーする選手から今夏に欧州へ渡る選手が現れるのかということ。ご存知の通り、春秋制のJリーグは夏場にちょうどシーズンの折り返しを迎える。

 このタイミングでの主力選手の移籍は移籍金が発生しようとしまいと、クラブにとって戦力の低下につながるリスクがあることは間違いない。それを承知で、選手のポテンシャルや現時点の情報、本人のコメントなどから欧州移籍の可能性を展望する。欧州クラブやスカウトが重視するのは選手の能力に加えて年齢の様だ。

 なぜならば、日本の選手は欧州に初めて渡った段階でフィジカル面の課題を抱えているケースが多く、ある程度の年齢で初挑戦となると、そこが課題ではなく弱点になってしまいやすい。これはJリーグのレベルが低いということではなく、チームとしての組織ありきで戦う傾向が強いことと、レフェリングがデリケートであること、さらに言えば芝が欧州より軽く、踏み込みが浅くてもプレーできる恵まれた環境にあるというところに原因がある。

 欧州でプレーする代表選手によく話を聞く情報を総合すると、挑戦した当初から全く違和感なくプレーできることはほとんどないが、そこから新しい環境に適応していく力と意識が高いほど海外で成功しやすい。言葉の問題も含めて、若い選手であれば適応のための時間も見越して獲得できるというメリットがあり、そこで活躍すれば高額な移籍金でより大きなクラブに売りやすい。

 ビッグクラブであれば若い選手を獲得した上で下部リーグやつながりのある他国のクラブにレンタルし、様子を見て戻すというプランも出てくる。昨夏にサンフレッチェ広島からイングランドの強豪アーセナルに移籍した浅野拓磨の場合は、英国での労働ビザが下りずにドイツ2部のシュトゥットガルトにレンタルされたが、いきなり主要リーグのビッグクラブから声がかかる場合はそういうケースを想定する必要があるということだ。

つづく

dot. 5/16(火) 16:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00000045-sasahi-socc&p=3


2: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 18:37:48.14 ID:CAP_USER9.net

現在、欧州主要リーグから最も注目を集めているとみられる一人が関根貴大(浦和レッズ)だ。4月に22歳の誕生日を迎えたドリブラーは13年10月の天皇杯でトップチームデビューし、14年より昇格。以来、主力に定着して4シーズン目を迎えている。強みは年齢の割にJリーグで多くの経験を積んでいることと、小柄ではあるがフィジカル面も高いレベルにあることだ。特にサイドの長い距離を何度もアップダウンする持久力は4年間で飛躍的に向上している。

 またポゼッションを主体とした浦和レッズのスタイルにあって、個で仕掛ける意識が高く、分かりやすい特徴をアピールできる点も環境適応の助けとなるはず。ヘルタ・ベルリン(ドイツ)で活躍する原口元気の後輩でもあり、ブンデスリーガ移籍となればピッチ内外の情報収集も事欠かないと思われる。昨夏のリオ五輪に選ばれず、A代表の招集経験も無いが、だからこそ今が獲得のチャンスであることも確かだ。

 その関根にも匹敵する注目株が20歳の井手口陽介(ガンバ大阪)。ユースチーム在籍時にプロ契約をかわし、昨年Jリーグのベストヤングプレーヤーにも選ばれた若きボランチは早い段階から欧州志向を表明し、1次リーグ敗退に終わったリオ五輪後には「早く海外に行くに越したことはない」とメディアに語っている。A代表で欧州組から強い刺激を受けた部分もある様だ。ガンバで主力としてタイトルを獲得したいという意識も強い一方で、しばしば噂にあがるオランダやドイツのクラブから具体的なオファーがあれば、一気に実現の運びになる可能性はある。

 同じくガンバ大阪の下部組織出身で、5月20日に開幕するU‐20W杯のメンバーである堂安律は15年に大手英紙『ガーディアン』が選出した“98年生まれの期待の50人”に名を連ね、これまでもオランダのPSVなど名門クラブが獲得に乗り出したという報道もあった。U‐19アジア選手権でMVPにも輝いた堂安に加え、小川航基(ジュビロ磐田)や岩崎悠人(京都サンガ)、三好康児(川崎フロンターレ)、中山雄太(柏レイソル)、冨安健洋(アビスパ福岡)といった主力選手が、日本にとって5大会ぶりの出場となるU‐20W杯の活躍次第で欧州の熱視線を浴びる資質はある。

つづく


3: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 18:37:55.07 ID:CAP_USER9.net

彼らより年齢は高くなるが、DFの昌子源(鹿島アントラーズ)も候補の1人だ。昨年末のクラブW杯ではあのクリスティアーノ・ロナウドをマンツーマンで止めるなど、持ち前の戦術眼に加えて個の強さも示した。今年3月にドイツ1部のブレーメンから獲得興味の情報を受け「観に来ていたのは知っていた」と語りながら、正式なオファーが出ない限りは特に意識しない気持ちを明かしている。

 「今年25歳になるんですけど、CBについては24、25歳でも遅くないと言われたことがあったので、このタイミングというのは悪くないかもしれない」と語っており、積極的に売り込むことはないものの、オファー次第で進展するかもしれない。ただ、来季は“W杯イヤー”にあたり、レギュラーのポジションに定着している鹿島で18年のロシアW杯を迎えるのと、競争が確実に厳しくなる欧州クラブで迎えるのはリスクが大きく違う。W杯出場を目指す昌子本人もそのリスクは承知している様だ。

 またJリーグ屈指のアタッカーとして認められる齋藤学(横浜F・マリノス)はシーズン開幕前、チームの海外キャンプに参加せず、契約延長も保留したまま欧州移籍の道を探ったものの、結局実現にはいたらず横浜F・マリノスの選手として今季を戦っている。欧州クラブにとって海外経験の無い日本人選手を冬の市場で獲得するのはリスクもある。夏はチーム編成を更新するため外国人選手の整理もしやすいが、逆にJリーグのクラブが出しにくい状況になる。27歳という年齢を考えれば今後チャンスが限られてくることから、いろいろな意味で難しい選択になってくるのではないか。(文・河治良幸)


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:46 | 大阪 ☁ | Comment(15) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川島永嗣、仏紙レキップでベストイレブンに選出!ムバッペ、カバーニら抑え最高評価「9」

【サッカー】<GK川島永嗣(メス)>仏大手紙『レキップ』のベストイレブンに選出!並み居るビッグネーム抑え最高評価
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494929254/
川島PKセーブ.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:07:34.10 ID:CAP_USER9.net

フランスの大手有力紙『レキップ』はリーグアン第37節のベストイレブンを発表し、メスに所属する川島永嗣が選出された。

 川島は現地時間14日にホームで行われたトゥールーズ戦に先発出場。前半9分に失点を許してしまうが、試合終盤にPKをストップするなど1-1の引き分けに貢献している。

 今節のベストイレブンには、チャンピオンズリーグでの鮮烈な活躍によりビッグクラブからの関心を集めるモナコのキリアン・ムバッペ、パリ・サンジェルマンのエディンソン・カバーニらも選ばれているが、その中でも川島は最も高い「9」の採点を与えられている。

 昨年夏にスコットランドのダンディー・ユナイテッドから「第3GK」として加入し、しばらく出場機会のなかった川島だが、4月18日の第31節パリ・サンジェルマン戦でリーグ戦デビューを果たすとここ5試合のうち4試合でフル出場を果たすなどチャンスを掴みつつある。

『レキップ』紙が選んだリーグアン第37節のベストイレブンは以下の通り。カッコ内は所属クラブ、数字は同紙による採点

GK:川島永嗣(メス) 9
DF:ユースフ・サバリ(ボルドー) 7
DF:セドリク・ヴァロー(ディジョン) 6
DF:ジェメルソン(モナコ) 7
DF:マックスウェル(パリ・サンジェルマン) 7
MF:マルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン) 7
MF:ギョーム・ジレ(ナント) 6
MF:ルーカス・オカンポス(パリ・サンジェルマン) 8
MF:キリアン・ムバッペ(モナコ) 8
FW:ラダメル・ファルカオ(モナコ) 8
FW:エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン) 8

フットボールチャンネル 5/16(火) 17:37
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00010020-footballc-socc



※一部追記しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:48 | 大阪 ☁ | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、シャルケDFコラシナツと契約合意!英スカイ・スポーツ報道

シャルケDFが2022年までの契約でアーセナル移籍決定か? ブンデス通算123試合に出場

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00010019-footballc-socc

コラシナツ2017シャルケ.jpg

シャルケに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツは来季よりアーセナルに移籍することが決まったようだ。

 英メディア『スカイ・スポーツ』によると、コラシナツはアーセナルと2022年までの契約に合意したと報じている。なお、移籍金は発生しない。

 主に左サイドバックとしてプレーするコラシナツを巡ってはマンチェスター・シティやリバプール、ユベントスといったヨーロッパのビッグクラブも興味を示していた。

 2012/2013シーズンにシャルケでプロのキャリアをスタートされたコラシナツはこれまでブンデスリーガで123試合に出場し4得点13アシストを記録している。また2013年11月にはボスニア・ヘルツェゴビナ代表としてデビューすると、これまで23試合に出場している。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1134】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1494777158/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:29 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前代未聞!アップ中の控え選手がハンドし、まさかのPKに!ポルトガル2部

【サッカー】<前代未聞!>控え選手のハンドがPKに...ポルトガル2部リーグで起きたまさかの珍事
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494908481/
スポルティングCP-B控え選手ハンド.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 13:21:21.40 ID:CAP_USER9.net

◆迂闊な行為でPK献上

現地時間15日にセグンダリーガ(ポルトガル2部)の第41節が行われ、スポルティングBがアカデミカに1-2で敗れた

1-1の同点で迎えた後半に、前代未聞の珍事が発生する。アカデミカの選手が右サイドからクロスを入れたものの、クロスは味方選手に合わず、そのままゴールライン方向に。

すると、自陣ゴールライン際でウォーミングアップをしていたスポルティングの選手が完全にラインを割る前のボールを手で扱ってしまい、アカデミカにPKが与えられたのだ。結局このPKで同点に追いつかれたスポルティングはその後逆転を許し、悔しい敗戦を喫した。

あまり見ることがないシーンだが、この一連の主審の判定は正しい。競技規則第3条の7項に、「チーム役員、交代要員、交代して退いた競技者または退場を命じられた競技者がプレイを妨害した場合、 直接フリーキックまたはペナルティキックによりプレイを再開する」と定められているからだ。

今後、ライン際でウォーミングアップをする選手たちは自身の振る舞いに細心の注意を払う必要があるだろう。

theWORLD(ザ・ワールド) 5/16(火) 13:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00010009-theworld-socc

動画
http://www.theworldmagazine.jp/20170516/01world/131565

  



▼記事の続きを読む▼
タグ:珍プレー
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保裕也、ベルギー紙が絶賛!「歴代最高の買い物」

【サッカー】<へント久保>地元紙絶賛!「歴代最高の買い物」加入後15戦10発 ...欧州1部の日本人最多1シーズン通算得点記録は22
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494896889/
久保裕也2017シャルルロワール戦.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 10:08:09.85 ID:CAP_USER9.net

 ◇ベルギーリーグ優勝決定プレーオフ・第8節 ヘント1―1シャルルロワ(2017年5月14日)

 14日のシャルルロワ戦で移籍後10得点目を挙げたヘントFW久保が地元メディアから絶賛された。7sur7紙は「冬の移籍市場でチーム歴代最高の買い物。ヤングボーイズに支払った移籍金350万ユーロ(約4億3400万円)の価値を示している」との記事を掲載。

 シャルルロワ戦では0―1の前半40分にPKキッカーを務めて同点弾を決め「本来のキッカーは僕ではなかったけど蹴りたいって言ったらいいよっていう感じだった」と振り返った。1月にヘントに加入後は15戦10発。

今季は前所属のヤングボーイズでも公式戦12得点を挙げており、欧州1部リーグの日本人最多1シーズン通算得点記録を22に伸ばした。試合は1―1で引き分け。2試合を残して逆転Vの可能性が消滅した。

スポニチアネックス 5/16(火) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000060-spnannex-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大杉漣さん、ヴォルティス愛を語る「年間パスを持ってます」「J1やJ2の問題ではなく、心に響く試合がある。僕はそういう試合が見たい」(関連まとめ)

【サッカー】<大杉漣>“ヴォルティス愛”全開「年間パスを持ってます。生で観戦するのは今年3、4試合目かなあ。あとはダゾーンで」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494828164/
大杉漣2017第13節花束贈呈.jpg

1: @Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 15:02:44.59ID:CAP_USER9.net

徳島県出身で俳優の大杉漣(65)が、13日に鳴門大塚ポカリスエットスタジアムで行われたJ2第13節・徳島?岐阜戦に来場した。

熱狂的なヴォルティスサポーターとして知られる名優は、試合前に両チームの主将らに花束を贈呈。報道陣の取材にも応じ、今季好調のチームへの力強いエールとサッカー愛を熱く語った。

?岐阜戦の試合前に花束を贈呈。

「もともと14日に自分がやってるバンドのライブが徳島であって、13日は岐阜戦を見るためにオフにしてたんです。
それで、試合に来るなら花束贈呈をしてほしいと要請を受けまして。サッカー好きのおじさん代表としてやらせてもらいました」

?以前から熱心に応援している。

「大塚製薬時代からですから、だいぶ長いですね。僕自身、高校時代に蹴り始めてボールにとりつかれている人間です。昔は地元にプロのサッカーチームができるなんて思ってもみなかったですから。人より地元愛が特別深いってわけではないけど、人並みの地元愛はあるので、できるだけ応援したいなと思っています」

?普段はゴール裏で観戦?

「ゴール裏ではなく、僕は斜め45度の席が定位置。年間パスを持ってます。3万円のね。生で観戦するのは今年3、4試合目かなあ。あとはダゾーンで見てます」

?見るだけでなく、プレーもする。

「自分で『鰯(いわし)クラブ』というチームを組んでやってます。もう26年くらい。Jリーグより長くやってますね」

?10番をつけているそうですね。

「おっしゃる通り、10番です。昔はけっこう点を取ってて『不動の10番』なんて言われました。今は、全然動けない方の不動の10番ですが」

?今年のヴォルティスの戦いぶりで感じることは?

「ロドリゲス監督になってサッカーが変わりましたね。攻撃的になったと思います。リスクを冒してでも攻めようという姿勢が見えるので、楽しいサッカーになってるなと。僕ら俳優の仕事でも、安心するところで演ずるより、リスクを背負うことでその先が見えることがある。あえて挑んでみるという気持ちが大事ですよね」

>>2以降につづく

ディリースポーツ 14:43
https://news.goo.ne.jp/article/dailychushisportsgeinou/entertainment/dailychushisportsgeinou-20170515077.html


2: @Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 15:02:56.38ID:CAP_USER9.net

?注目選手は?

「僕は選手個人を好きになるというより、チーム全体です。チームのフォーメーションとか、そういうのが楽しみなんです」

?もう一度、J1に昇格してほしい?

「前に見事J1に上がって、見事に落ちましたからねえ。またJ1に上がってほしいけど、J2にはJ2の面白さがある。上に上がろうとする、がむしゃらな気持ちですよね。J1やJ2というカテゴリーの問題ではなく、心に響く試合がある。僕はそういう試合を見たい。試合に対する気持ちの深さというか、そういうものに触れたときはすごくうれしい。だから徳島の選手には、失敗を恐れず挑んでほしいですね。すみません、熱く語ってしまって」

?どうぞ続けてください。

「僕はどちらかといえばバイプレーヤー(脇役)ですが、サッカーはJ1が主役でJ2が脇役というわけではない。J2でも主演的な試合がある。試合への挑み方や姿勢の問題。人間の肉と肉との戦い、気持ちと気持ちのぶつかり合い。そういうものが見え隠れする試合があるんです」

そんな試合が見たくてスタジアムに来る。

仕事は忙しいですが、スタジアムに足を運んで生で見る面白さを味わってます。僕の中では、映画館に行くのとよく似てますね。テレビやDVDで見るのとはちょっと違うぞと。みなさんにも生観戦の面白さを味わってほしいですね」

写真
https://img.news.goo.ne.jp/picture/dailychushisportsgeinou/m_dailychushisportsgeinou-20170515077.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、トゥヘル監督退任へ!ニースのファブレ監督と来季契約で合意報道(関連まとめ)

【サッカー】<香川真司のドルトムント>監督交代へ...ニース躍進に導いたフェブレ監督と2年契約で合意報道!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494903817/
トゥヘルとファブレ監督.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 12:03:37.90 ID:CAP_USER9.net

◆かつてブンデスで2クラブを指揮、今季は悪童加入のニースでCL出場権獲得

日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントが、今季フランスのニースを躍進に導いたルシアン・フェブレ監督と来季からの契約で合意したとドイツ紙「ビルト」が報じている。

 同紙によると、すでにドルトムントとフェブレ氏の間では2年契約で合意。来季からの指揮を執ることが決定的だという。ドルトムントは現在のトーマス・トゥヘル監督と来季終了まで契約を残しているが、解任の方針と指揮官交代が確定した模様だ。

 独紙「ルール・ナハリヒテン」はビルト紙の報道を紹介したうえで、DFBポカール(ドイツ杯)の決勝まで進出しているチーム状況を鑑み、「トゥヘルの将来は決勝後に明らかになる」と報じている。正式発表は27日にフランクフルトと戦う決勝戦終了後と見られている。

 フェブレ氏は、これまで母国スイスで4クラブを指揮し、ブンデスリーガではヘルタ・ベルリン、ボルシア・メンヘングラードバッハを率いた。スイスリーグとブンデスリーガの両方で最優秀監督に選出されるなど確かな手腕を誇る59歳は、今季から“悪童”こと元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが加入したニース監督に就任し、リーグ3位に導いて来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得を果たしている。

 トゥヘル監督の下では最大限の信頼を勝ち得たとは言えない香川は、今季のリーグ戦では1ゴールにとどまっている。指揮官交代により、再び不動の中心選手へと返り咲くことができるだろうか。

Football ZONE web 5/16(火) 11:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00010005-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:04 | 大阪 ☁ | Comment(45) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元アルゼンチン代表デミチェリス、現役引退を表明「もう足に力が入らない」

【サッカー】元アルゼンチン代表DFデミチェリスが涙の引退発表 バイエルンでブンデス4回、CL1回制す
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1494869096/
デミチェリス2017マラガ.jpg

1: カイキニッショク 2017/05/16(火) 02:24:56.59 ID:CAP_USER9

元アルゼンチン代表DFデミチェリスが現役引退を発表「もう足に力が入らない」

GOAL 5/16(火) 0:04配信

元アルゼンチン代表のマラガDFマルティン・デミチェリス(36)が15日、現役引退を発表した。

デミチェリスは同日に会見を開き、スパイクを脱ぐ決意を固めたことを告白。
涙も流しながら、次のようにコメントしている。

「ついにこの日が、終わりが来たんだ。自分自身に、チームに、監督に、そしてすべてを与えてくれたこの職業に誠実でなければならない。だからプレーを止めるんだ。もう足に力が入らず、集中力も落ちてしまった」

「僕は二つのクラブのいずれかで引退することを望んでいた。一つがリーベル・プレート、もう一つがマラガだ。だから、プロとして最後の夢を叶えられた」

デミチェリスは2001年にリーベル・プレートでプロデビューを果たし、2003年にバイエルン・ミュンヘンに加入。バイエルンではブンデスリーガを4回、チャンピオンズリーグ(CL)を1回制した。そして2011年から2013年まではマラガでプレーし、CLベスト8進出などに貢献。その後にはアトレティコ・マドリー、マンチェスター・シティ、エスパニョールに在籍し、2017年1月にマラガに復帰を果たしていた。アルゼンチン代表としては2010年、2014年のワールドカップ、2015年のコパ・アメリカに参加している。

デミチェリスの現役最後の試合は、21日のリーガエスパニョーラ最終節、マラガの本拠地ラ・ロサレダでのレアル・マドリー戦となる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000033-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川同僚シャヒン、ドイツ杯決勝で大怪我のヴァイグルの代役で出場か?

ヴァイグルは3〜4カ月の重傷…ポカール決勝で代役は戦列復帰に迫るシャヒンか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000023-goal-socc
シャヒン2017練習.jpg

ボルシア・ドルトムントは、ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルがアウクスブルク戦で足首を骨折したことを発表した。『ビルト』などドイツ複数メディアによると、同選手は3〜4カ月の離脱を強いられるという。

13日に行われたブンデスリーガ第33節、アウクスブルク戦(1−1)に先発出場したヴァイグル。この試合の20分、競り合いで右足をひねってしまい、そのまま負傷交代となった。試合後、同選手はこの場面で右足首を骨折したことが明かされた。

ドルトムントの発表によれば、ヴァイグルは「長期離脱」を余儀なくされるという。またドイツ紙『ビルト』では復帰時期は3〜4カ月と伝えられ、同選手は今月27日のDFBポカール決勝・フランクフルト戦はもちろん、ドイツ代表としても来月のコンフェデレーションズカップにも出場できないとされる。

一方、先月足首の外側側副じん帯の部分断裂といったケガを負ったトルコ代表MFヌリ・シャヒンは先週、個人練習に復帰している。DFBポカールではヴァイグルの代役を務めることになるかもしれない。

【BVB09】Borussia Dortmund 704 【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1494683593/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、独キッカー紙でチーム単独最高点「2」の高評価

地元紙、同点弾アシストの香川に揃ってチーム最高点「常に存在感を発揮」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00587379-soccerk-socc香川2017第33節ドリブル02.jpg


ブンデスリーガ第33節が13日に各地で行われ、日本代表MF香川真司の所属する3位ドルトムントは、同FW宇佐美貴史所属の13位アウクスブルクと敵地で対戦し、1−1で引き分けた。

 2試合ぶりに先発起用となった香川は、第29節以来となるフル出場。1点を追う32分には、香川が放ったシュートをガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンがコースを変え、同点弾につなげた。宇佐美は3戦連続のベンチ外だった。

 ドルトムントの地元紙『Ruhr Nachrichten』は、試合後の採点に「常に存在感を発揮した香川、試合に絡めなかった(マルコ)ロイス」との見出しをつけ、今シーズン5アシスト目をマークした香川に、他2選手とともに最高点となる「2.5」を与えた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 寸評では「ゴンサロ・カストロの出場停止の恩恵を受けたのが、このすばしこい10番(ゲームメーカー)だった。前節のホッフェンハイム戦からメンバー変更があったのは、そこだけだった。前後半ともに、ちょっとしたアクションながらも、ビッグチャンスを引き出すような動きが数多くあり、先発抜擢に相応しいパフォーマンスだった」と、巡ってきたチャンスを生かした点を高く評価。

 さらに、「同点ゴールも彼による部分が大きい。ピエール・エメリク・オーバメヤンは、香川のシュートに足を合わせるだけでよかったのだから」と得点シーンを描写し、ほとんど香川のゴールだったとの見方を示した。

『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』紙も、香川にチーム最高タイとなる「2.5」の高い点数をつけた。

 寸評では「同点ゴールをアシスト。ただし、これは意図的にアシストしたものではなかっただろう」と、自らのシュートが、予期せぬかたちでオーバメヤンのゴールになったと説明。

 続けて、「良い面もあれば、そうでない面もあった。良かったのはドリブル突破で、61分にはオーバメヤンへ鋭いセンタリングを上げている。良くなかったのは、パスミスだ。それでも攻撃陣の中ではベストプレーヤーだった」と、完璧なパフォーマンスには届かなかったものの、攻撃の中心として上々の出来だったとした。

 ドルトムントは4位ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれたが、3位をキープ。20日の最終節はホームにブレーメンを迎える。自動降格の可能性はなくなったものの14位に後退したアウクスブルクは、アウェイでホッフェンハイムと対戦する。

※↓キッカー紙採点
香川2017第33節キッカー採点.jpg

【BVB09】Borussia Dortmund 704 【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1494683593/
▼記事の続きを読む▼
タグ:香川真司
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:21 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング