アンテナ・まとめ RSS

2017年06月19日

大迫相棒モデスト、中国リーグ移籍か?天津権健とケルンがクラブ間合意との報道も

大迫の相棒モデストを中国クラブが爆買いか…天津とクラブ間合意との報道も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000016-goal-socc
モデストと大迫.jpg

今シーズン、ケルンでリーグ戦25ゴールを記録し、大迫勇也とともにケルン攻撃陣をけん引したフランス代表FWアントニー・モデストに、中国リーグ行きのうわさが急浮上している。

ケルンの地元紙『エクスプレス』が報じたところによると、モデストの売却を想定してクラブは天津権健とすでに接触しており、ケルンのスポーツディレクター、ヨルグ・シュマットケも交渉の席があったことを認めている。

また一部メディアによると、この移籍で発生する契約解除金や巨額の報酬は拒絶が難しいほどの好条件と見られ、すでにクラブ間で大筋合意に至っており、あとは詳細を詰めるのみという報道もある。天津権健はブンデスリーガ得点王のピエール・エメリク・オーバメヤン獲得に向けて破格のオファーを用意していたものの移籍は合意に至らず、そこで代案としてブンデス得点ランキング3位のモデストに白羽の矢を立てていた。

今後2週間以内に移籍騒動は収束するものと見られるが、果たしてフランス代表のモデストはロシア・ワールドカップ1年前のこのタイミングで中国リーグに新天地を求めるのか、その動向に注目が集まる。

なお、天津権健にはベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、元ブラジル代表FWパトが所属。現在、中国リーグでは第13節終了時点で首位から勝ち点15差の6位に付けている。

大迫勇也 part67
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1493734424/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:09 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、PSG・マンU・バイエルンが獲得検討!マンUはデヘア+249億円を用意か(関連まとめ)

【サッカー】<C・ロナウド>退団報道!パリ・サンジェルマン有力、マンU、バイエルンも獲得検討
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497841985/
クリロナサムズアップ.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 12:13:05.70 ID:CAP_USER9.net

【ロシア・カザン18日(日本時間19日)発】サッカーの各大陸王者が世界一を争うコンフェデレーションズカップ1次リーグA組で、欧州覇者のポルトガルは北中米カリブ海代表のメキシコに2―2のドロー。

B組の南米王者チリはアフリカ代表のカメルーンに2―0で勝利した。そんな中で、ポルトガルのエースFWクリスチアーノ・ロナウド(32)の退団報道が波紋を広げている。

 スペイン紙「マルカ」は、18日までにC・ロナウドが所属するレアル・マドリード(スペイン)からの退団を決意したと報道。

代表の同僚に「マドリードを離れると決めた。後戻りできない」と語ったという。理由は、スペインの税務当局に脱税の嫌疑で調査され、クラブがC・ロナウドを擁護していないことに不満を募らせたため。フロレンティーノ・ペレス会長は翻意を求めて説得する方針を示している。

 同紙によると、Rマドリード側は、C・ロナウドの契約解除金を10億ユーロ(約1240億円)に設定するものの、現実は2億ユーロ(約248億円)程度になるという。すでに代理人が接触したパリ・サンジェルマン(フランス)が有力視される中、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)も獲得検討との報道が出ている。

 また、ACミラン(イタリア)がGKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)と、チェルシー(イングランド)はMFエデン・アザール(26)とのトレードを計画中と伝えられるなど、しばらくは“Cロナ狂想曲”がサッカー界を騒がせそうだ

2017年6月19日 11時30分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13222188/



マンU C・ロナウド獲得の交換要員にデヘア+249億円用意か?

http://news.livedoor.com/article/detail/13223701/


レアル・マドリード(スペイン)からの退団を決断したと伝えられているポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウド(32)について、獲得を狙うマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がスペイン代表GKダビド・デヘア(26)を交換要員とする意向を持っていると、19日付の英紙デーリー・ミラーが報じた。

 Rマドリードはかねてからデヘアの獲得を熱望。15年夏には両クラブで移籍に合意しながら、事務手続きが期限最終日に間に合わず破談になったことがある。マンチェスターUはデヘア譲渡に加えて、移籍金として史上最高となる1億7500万ポンド(約249億円)をRマドリード側にオファーして、パリ・サンジェルマン(フランス)などとのロナウド争奪戦を制したい考えだ。

 また、英紙メトロによると、マンチェスターUはデヘアの後釜として、ACミラン(イタリア)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)の獲得に動く可能性があるという。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:39 | 大阪 | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際サッカー評議会、ゴールライン上のハンドは自動得点に?規則変更案を提出

【サッカー】<国際サッカー評議会>ライン上のハンドは自動で得点に? 「先進的」な規則変更を提案!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497844195/
スアレスハンド.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 12:49:55.98 ID:CAP_USER9.net

ゴールライン上で手で止めたボールの扱いなど、いくつかのルール改正案をまとめた提案を、サッカーの規則作成を行う国際サッカー評議会(IFAB)の技術委員長がまとめた。

 提案が認められれば、ゴールライン上で手で止めたシュートは自動的に得点と認められる日が来るかもしれない。「プレー・フェア」と名づけられた提案書には、その他にもFKやCKでキッカーが直接ボールを持ち出すことを認めるなど、いくつかの提案が盛り込まれている。

 提案内容はこれから9か月かけて議論された後、その翌月のIFABの会合で取り上げられる可能性がある。文書を確認した英紙タイムズ(The Times)によれば、提案の目的は実プレー時間を増やすことだという。

 IFABの技術委員長で、元一流審判でもあるデビッド・エルレイ(David Elleray)氏は、「先進的な文書だ。サッカーをさらに素晴らしいものにするための、静かな革命と言えるだろう」と話した。

「出発点は、規則を眺めて『これは一体なんのためのものだろう』と自問することだった。特に理由が見当たらなければ、変えた方がサッカーがもっとおもしろくなるはずだ」

 ゴールライン上で手で止めたボールをゴールと認める規則がもっと早くに導入されていれば、2010年のW杯南アフリカ大会(2014 World Cup)で4強入りを果たしていたのはガーナになったかもしれない。

 同大会のウルグアイ対ガーナ戦では、両チーム同点で迎えた延長戦も終了間際、ガーナのドミニク・アディイアー(Dominic Adiyiah)のシュートをウルグアイのルイス・スアレス(Luis Suarez)が手で防いだ。このプレーでスアレスは退場となり、ガーナにPKが与えられたが、キッカーのアサモア・ギャン(Dominic Adiyiah)はこれを失敗。結局、PK戦の末にウルグアイが勝利を収めた。

 エルレイ氏は他にも、ボールがピッチの外に出るまで前半終了や試合終了の笛は吹かないようにすること、GKが味方のバックパスを手で扱った場合は相手にPKを与えることなども提案している。

 またGK絡みでは、ゴールキックを味方がペナルティーエリア内で受けるのを認め、その際、相手選手はエリア内に入ってはならないようにすることも考えている。

 またPKでは、2回目のチャンスはもらえないようになるかもしれない。提案では、最初のキックが防がれ、跳ね返りがインプレーで残っている場合でも、自動的にゴールキックとすることを勧めている。

 文書では、「そうすれば、選手がペナルティーエリアの端に群がり、一刻も早く走り出そうと待ち構えることもなくなる」と記されている。さらには、「そうした試みをさらに減らすために、攻撃側の選手がキックより前にエリア内に侵入した場合、キックが『失敗』とみなされるようにする、あるいは守備側の選手が同じことをしてキックが失敗、あるいは阻止に終わった場合、キックをやり直す」とも書かれている。

6/18(日) 16:49配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000022-jij_afp-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、同僚も称賛「信じられないクオリティ。銅像を建てるべきだよ(笑)」

【サッカー】柴崎に集まる称賛…同僚MF「銅像を建てるべきだろう」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497837732/
柴崎2017昇格PO準決勝第2戦ゴール02.jpg

1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ c2ch.net 2017/06/19(月) 11:02:12.82 ID:CAP_USER9.net

http://www.sanspo.com/soccer/news/20170619/spa17061909290006-n1.html

 テネリフェのMF柴崎岳に指揮官、チームメートから称賛の声が集まっている。

 テネリフェは18日、昇格プレーオフ準決勝セカンドレグでカディスと対戦。ファーストレグを0−1で落としていたテネリフェはホームでの一戦を柴崎のゴールで1−0と制した。トータルスコアは120分を終えて1−1ながら、リーガ2部の順位で上回るテネリフェが決勝進出を決めている。MFアイトール・サンスは柴崎についてこのように語った。

 「満足しているんだろうけど、日本人はああいった感じだから(笑)。信じられないようなクオリティーを持っている選手だね。こんな最高の喜びを与えくれるならば、もうテネリフェに銅像を建てるべきだよ(笑)」

 また、Rマドリード戦やこの試合など、重要なゴールを挙げていることに関しては「いつも落ち着き払っていて、それが決定的な試合で強調されるんだろう。彼もほかの選手たちも素晴らしいプレーを見せるし、彼らがチームメートである事は喜ばしいね」と話した。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(23) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSGヴェラッティ、バルサ移籍を懇願か「バルセロナに行かせてくれ、パリにはもう戻らない」(関連まとめ)

【サッカー】<イタリア代表MFマルコ・ヴェラッティ>不満が爆発!「もうパリには戻らない、バルサに行かせて」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497843453/
ヴェラッティ2017PSG.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 12:37:33.66 ID:CAP_USER9.net

バルセロナの今夏のトップターゲットとされているパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティが、パリに戻る意思がないことを伝えたようだ。スペイン紙『マルカ』がイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道を引用して、18日に伝えている。

 同紙によると、ヴェラッティはクラブに「バルセロナに行かせてくれ、パリにはもう戻らない」というメッセージを送ったようだ。一方パリ・サンジェルマンは一貫してヴェラッティは「マーケットに出ていない」と主張している。

 現在オフを満喫しているヴェラッティはスペインのイビサ島にいたことが確認されている。同じくイビサ島でオフを過ごした、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと同じレストランで食事をしたこと、さらに自身が1面に写った、バルセロナを主に扱うスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』を持ってポーズを取っている写真などがスペイン各紙で報道されている。

 移籍金は1億ユーロ(約124億円)ともされているヴェラッティだが、今夏のバルセロナ移籍は起こるのだろうか。 

6/19(月) 12:02配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00602279-soccerk-socc

写真
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2017/06/GettyImages-635319134.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:33 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、香川同僚オバメヤンの獲得狙う!クロップ監督が熱望か?(関連まとめ)

オーバメヤン、リヴァプール移籍? “恩師”クロップが獲得を熱望か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00602276-soccerk-socc
クロップとオバメヤン.jpg

日本代表MF香川真司のドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、リヴァプールへ移籍する可能性が浮上しているようだ。フランス紙『Le Parisien』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が18日に伝えている。

 報道によると、リヴァプールのクロップ監督がオーバメヤンの獲得を熱望しているという。同監督はオーバメヤンがドルトムントに加入した2013年夏から、自身が退任した2015年4月まで同選手を指導していた。

 リヴァプールはオーバメヤンの獲得に向けて、ドルトムントが提示すると見られている移籍金6100万ポンド(約86億4000万円)を支払う用意があるという。

 クロップ監督とオーバメヤンがリヴァプールで再会することはあるのだろうか。今後の動向に注目が集まる。

【BVB09】Borussia Dortmund 715 【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1497827827/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、スペイン紙が絶賛「いまやスペインサッカーを体現する男」「決勝進出の立役者」(関連まとめ)

【サッカー】<柴崎岳>スペイン・メディアが称賛!「決勝進出の立役者はこの試合唯一のゴールを挙げた日本人プレーヤー」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497825366/
柴崎2017昇格PO準決勝第2戦トラップ.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 07:36:06.46 ID:CAP_USER9.net

すっかりチームの“顔”のひとりに。
 
柴崎岳の値千金弾と献身的なプレーを、スペイン・メディアが称えた。
 
6月18日、リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ準決勝、テネリフェ対カディスの第2レグが行なわれた。ホームの声援を背に攻勢を仕掛けたテネリフェだったが、カディスの粘り強い守備に手を焼き、なかなか得点を奪えない。そんななか、殊勲のゴールを決めたのが“GAKU”だ。
 
34分、右サイドから放ったスソのクロスがこぼれ、ゴール前に走り込んでいた柴崎が難なく決め、2戦合計のスコアを1−1とした。その後は両チームとも決め手を欠き、延長戦でも決着が付かずタイムアップ。規定により、レギュラーシーズンでの順位が上のテネリフェがプレーオフ決勝進出を果たした。まさに柴崎の同点弾は値千金となったのだ。
 
全国紙『MARCA』は「決勝進出の立役者はこの試合唯一のゴールを挙げた日本人プレーヤーと、二度のビッグセーブを見せた守護神ダニ・エルナンデス」だと紹介。 激賞したのが地元ウェブサイトの『deporpress.com』で、「GAKUが存在感を示した。いまやすっかりスペインのフットボールを体現する男だ。前半にスソの素晴らしい突破から得たチャンスで、慌てることなく冷静に蹴り込んだ。大きな仕事をやってのけた」と報じた。
 
さらに『Republica』紙は「もっとも躍動していたのは柴崎。攻守両面で献身的なプレーが光り、なにより貴重なゴールを決めた。ゴールキーパーのダニ・エルナンデスとともに称えられて然るべきだ」と記した。
 
シーズン最終盤にグッと声価を高め、ここにきてチームの“顔”のひとりとして取り扱われるまでになった。“GAKU”への注目度は増す一方だ。

プレーオフ決勝の相手はヘタフェに決まった。第1レグが6月21日、第2レグは同24日に開催される。

6/19(月) 7:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170619-00026981-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170619-00026981-sdigestw-000-view.jpg


MARCA Shibasaki mete al Tenerife en la final doblegando a un gran Cadiz
http://www.marca.com/futbol/segunda-division/2017/06/18/5946e2d5268e3ee64d8b4693.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:00 | 大阪 | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パルマ、セリエB昇格が決定!財政破綻で4部降格も最短で2部復帰!OBブッフォンも祝福「この昇格は未来への帰還だ」

【サッカー】パルマ、4部転落から“最短”で2部復帰 OBブッフォンも歓喜
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497806039/
パルマセリエB昇格.jpg

1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 02:13:59.93 ID:CAP_USER9.net

強豪復活なるか。中田英寿氏古巣のパルマ、4部転落から“最短”で2部復帰

6/18(日) 19:22配信

フットボールチャンネル

イタリア、レーガ・プロ(3部)からセリエB(2部)への昇格プレーオフ決勝が現地時間の17日に行われ、アレッサンドリアに2-0の勝利を収めたパルマが昇格を決めた。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが伝えている。

パルマはかつて、イタリアを代表する強豪チームの一角として大躍進。小都市を本拠地としながらもビッグクラブと互角に渡り合い、1990年代にはセリエAで2位が2回、UEFAカップ優勝2回などの結果を残した。元日本代表MFの中田英寿氏も「背番号10」として在籍していた。

だが財政難を抱えたクラブは苦境に陥り、2015年にはついに破産を余儀なくされる。かつて存在した「パルマFC」は消滅したが、新たに創設された「パルマ・カルチョ1913」が後継クラブとなり、4部にあたるセリエDからの再出発を切った。

1年での3部昇格を決めた新生パルマは、2016/17シーズンのレーガ・プロのレギュラーシーズンをグループBの2位で終了。60チームで構成される3部の中から28チームがプレーオフに進む(3チームは自動昇格)が、そこから1チームのみが昇格できるという“狭き門”を突破して最短での2部復帰を決めた。

パルマ出身のスーパースターであるユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンもこの快挙を喜び、SNSで祝福のメッセージを投稿。過去のパルマで活躍した選手らの画像とともに、「僕はパルマでGKとして生まれ、選手として育ち、現在への基礎を築いた。この昇格は見事な未来への帰還だ」とコメントしている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00217542-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【主人公・柴崎】柴崎岳、チームを救う値千金ゴール!昇格プレーオフ決勝に導く!テネリフェはカディスとの120分の激闘制す(関連まとめ)

【サッカー】<柴崎岳>値千金のゴール!テネリフェをPO決勝へ導く!/ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝第2戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497821499/
柴崎2017昇格PO準決勝第2戦ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 06:31:39.45 ID:CAP_USER9.net

■ ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝第2戦

テネリフェ1 - 0カディス 
http://www.marca.com/eventos/marcador/futbol/2016_17/promocion_ascenso/semifinal/vuelta/ten_cad/asilovivimos.html#alineaciones

34分[テ]柴崎岳 

<第1戦カディス 1-0 テネリフェ>

>>2試合合計 テネリフェ1-1 カディス
<延長0-0>

リーガ・エスパニョーラ2部昇格プレーオフ準決勝(ホーム&アウェー方式)第2戦が18日に開催され、MF柴崎岳が所属するリーグ4位テネリフェが5位カディスをホームに迎えた。前半34分に生まれた柴崎のゴールで延長戦を含む120分間を1-0、2試合合計1-1で試合終了を迎えたテネリフェだが、リーグ戦上位のためPO決勝進出を決めた。

 15日にカディスのホームで行われた第1戦を0-1で落としたテネリフェは、第1戦はボランチの位置でスタートした柴崎を左サイドハーフの位置で起用。前半22分にはゴール前でFKのチャンスを得ると、柴崎がキッカーを務めたものの、直接狙ったシュートは大きく枠を外してしまった。

 しかし前半34分、右サイドを突破したMFスソのグラウンダーのクロスがファーサイドまで流れてくると、走り込んだ柴崎が冷静に蹴り込み、テネリフェが先制に成功。柴崎にとって、5月28日のリーグ第40節アルコルコン戦以来、スペイン移籍後2ゴール目となった。

 2試合合計で1-1と追い付いたテネリフェだが、90分間でPO決勝進出を決めるにはあと1点が必要。1-0とリードしたまま迎えた後半も柴崎は積極的にボールに絡んで好機を生み出そうとするが、テネリフェにゴールは生まれず。しかし、カディスにも得点を許さなかったため、2試合合計1-1のまま延長戦に突入することになった。

 延長戦に入ると、120分間で決着がつかなければリーグ戦の順位が上位であるテネリフェがPO決勝進出を決めることになるため、カディスがゴールに迫ろうとするが、粘り強い対応で決定機を作らせず。柴崎も体を張った守備で奮闘する。延長前後半の30分間でスコアは動かず、1-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれ、2戦合計1-1ながらもリーグ戦上位のテネリフェがPO決勝進出を決めた。

ゲキサカ 6/19(月) 6:29配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-01641024-gekisaka-socc



※一部追記しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:47 | 大阪 | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザッケローニ氏「日本に行ったのは金銭面だけではない」現場復帰に意欲示す

【サッカー】<ザッケローニ氏>現場復帰に意欲!「日本へ行ったのは金銭条件じゃない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497802331/
ザックほほえみ.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 01:12:11.39 ID:CAP_USER9.net

元日本代表監督を務めたアルベルト・ザッケローニ氏が「日本からのオファーに応じたのは金銭的な事情ではなかった。今でも最高に素晴らしい経験をしたと考えている」などと話した。18日付のガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

それによると、現在は地元のアドリア海添いの街、チェゼナーティコでレストランなどを経営している。「日本のオファーに興味を持った。もちろん、金銭面だけで日本に行ったのではない」と明言した。

現在64歳で「年金生活者だといわれる年齢。でもまだサッカーへのアイデアや情熱もある。もし魅力的なオファーがあれば、再び現場に戻る」と意欲的だった。

6/18(日) 18:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000098-dal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170618-00000098-dal-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(31) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、先制アシスト!チチャリートがダイビングヘッド弾!ポルトガルとメキシコは2-2ドロー!コンフェデ杯第1節(関連まとめ)

退団報道のC・ロナは冷静に先制点アシスト…ポルトガル、メキシコとドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00602172-soccerk-socc
クリロナ2017コンフェデ杯メキシコ戦.jpg

FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループA第1節が行われ、ポルトガル代表とメキシコ代表が対戦した。

 ユーロ2016制覇を果たしたポルトガルと、ONCACAFカップ 2015王者のメキシコが激突。レアル・マドリード退団報道で話題となっているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも先発出場した。

 試合は20分、ペナルティエリア手前左のC・ロナウドがクリアボールに反応し、強烈な左足ボレーを放つが、これはクロスバーに直撃。こぼれ球をエリア内右のアンドレ・ゴメスが右足ダイレクトで叩き、ゴール左隅に決めたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定で、その前にオフサイドがあったとしてノーゴールとなった。

 それでも、ポルトガルは34分に先制する。ロングパスを受けたC・ロナウドがトラップで抜け出し、エリア内左でキープして横パス。エリア内右に走り込んだフリーのリカルド・クアレスマがキックフェイントでGKギジェルモ・オチョアをかわし、右足シュートでゴールネットを揺らした。

 失点したメキシコは38分、カルロス・ベラが右サイドからクロスを入れると、中央のハビエル・エルナンデスがヘディングシュートを放つが、これはGKの正面。だが、42分に反撃が実る。エリア内右で相手のクリアミスを拾ったベラが、中央に折り返すと、エルナンデスがダイビングヘッドで合わせてゴール右隅に決めた。

 前半は両チーム1点ずつ決めたが、後半は膠着状態が続く。スコアが再び動いたのは86分だった。右サイドのジェルソン・マルティンスがマイナスのグラウンダークロスを送るが、ニアの相手DFにブロックされる。だが、セドリックがこぼれ球にいち早く反応し、右足シュートを押し込み、ポルトガルが勝ち越しに成功した。

 このまま試合終了かと思われたが、メキシコは後半アディショナルタイム1分、左CKからエクトル・モレノがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込み、土壇場で同点に追い付いた。試合はこのまま2−2で終了し、ポルトガルとメキシコは勝ち点1を分け合った。

【スコア】
ポルトガル 2−2 メキシコ

【得点者】
1−0 34分 リカルド・クアレスマ(ポルトガル)
1−1 42分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ)
2−1 86分 セドリック(ポルトガル)
2−2 90+1分 エクトル・モレノ(メキシコ)

◆◇El Blanco Real Madrid 893◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1497763939/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:28 | 大阪 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング