アンテナ・まとめ RSS

2017年08月20日

岡崎慎司、英紙が称賛「密猟者(ポーチャー)の動き」「プレミアの厳しさを教えた」シェイクスピア監督も重要性を語る

【サッカー】<岡崎慎司(レスター)を英紙と指揮官が絶賛!>「まるで密猟者!」 「チームに不可欠!」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503212803/
岡崎とシェイクスピア監督.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 16:06:43.83 ID:CAP_USER9.net

「彼は相手を脅かす」と指揮官のシェイクスピアも称える。
 
レスターの岡崎慎司に賞賛の声が集まっている。現地時間8月19日、日本代表FWはキングパワー・スタジアムで開催されたプレミアリーグ2節のブライトン戦で開幕節に続いて先発としてピッチに立ち、開始わずか52秒でいきなり魅せたのだ。

右サイドから仕掛けたリャド・マハレズがカットインからシュートを放つと、これを相手GKが弾き、そのこぼれ球に岡崎がすかさず反応。ゴールネットを揺らしたのだ。
 
この岡崎の先制弾で流れを引き寄せたレスターは、54分に新戦力のハリー・マグワイアがコーナーキックからヘディングで追加点。ブライトンを突き放し、2-0で本拠地開幕戦で今シーズン初白星を飾った。
 
開始早々に2試合連続ゴールを決めたほか、前線からの激しいプレッシングでチームに貢献した岡崎。76分にピッチを退く際にはスタンドのサポーターから万雷の拍手が送られてもいた。そんな日本代表FWへ英国メディアは高評価を寄せた。
 
英紙『ガーディアン』は、「オカザキとマグワイアがブライトンにプレミアリーグの厳しさを教えた」と綴り、昇格組のブライトンに格の違いを見せつけたことを評価した。
 
また、地元紙『レスターマーキュリー』は、寸評採点において、2点に絡んだマハレズにチーム最高評価の「9」を付けたうえで、岡崎にはそれに続く「8」を与え、 「オカザキは密猟者のような動きでシーズン2点目をゲットした。彼をチームから外すことは難しくなった」と、チームに必要不可欠な存在であると称えた。
 
また、指揮官のクレイグ・シェイクスピアも試合後に岡崎の重要性を説いている。
 
「彼はボールを持っていない時にとても勤勉だし、中盤の選手の周りを走り回って、かき回したり、ボールを奪う手助けをしてくれる。そして、彼はゴールを脅かす選手で、2試合で2点を決めた。彼自身も全体的なパフォーマンスに喜んでいるに違いない」
 
現地メディアと指揮官から高い評価を与えられ、幸先の良いスタートを切った岡崎。現地時間8月26日に行なわれる次節のマンチェスター・U戦でも、そのパフォーマンスに大いに注目だ。

8/20(日) 13:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170820-00029019-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170820-00029019-sdigestw-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
タグ:岡崎慎司
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:46 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸、吉田監督の初戦はマリノスとスコアレスドロー!連敗3でストップ J1第23節まとめその4(関連まとめ)

【サッカー】吉田監督の神戸、連敗を3でストップ…横浜FMは無敗記録を13に伸ばす
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503229816/
ポドルスキ2017第23節競り合い.jpg

1: 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 20:50:16.53 ID:CAP_USER9.net

8/20(日) 20:26配信
SOCCER KING

吉田監督の神戸、連敗を3でストップ…横浜FMは無敗記録を13に伸ばす

神戸と横浜FMの一戦はドローに終わった [写真]=JL/Getty Images for DAZN
 明治安田生命J1リーグ第23節が20日に行われ、ヴィッセル神戸と横浜F・マリノスが対戦した。


 ネルシーニョ監督解任に踏み切った3連敗中の神戸は、吉田孝行暫定監督の初陣となる。左サイドバックの位置には、松下佳貴を5試合ぶりのスタメンに抜擢した。対する12試合負けなしと好調の横浜FMは中澤佑二や齋藤学ら、前節と同じ11名で臨む。

 神戸は17分、藤田直之のクロスに渡部博文がヘディングで合わせるが、GK飯倉大樹が好セーブ。前半は両チームともにスコアレスで折り返す。

 後半に入り79分、横浜FMはエリア内に侵入したマルティノスの折り返しに、途中出場の富樫敬真が合わせるも枠を捉えられず。

 試合は0−0で終了。神戸は連敗を3でストップ。対する横浜FMは無敗記録を13に伸ばした。

 次節、神戸はアウェイでジュビロ磐田と、横浜FMはホームでFC東京と対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 0−0 横浜F・マリノス

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00630255-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170820-00630255-soccerk-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:51 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【シャビエル無双】名古屋、青木5戦連続ゴールで福岡撃破!シャビエルが3得点演出し直近3戦全12点に絡む大活躍!J2第29節まとめその1(関連まとめ)

Q.神はいると思う?→A.瑞穂にいた…“シャビエル様”が直近3戦全12点に絡む活躍! 名古屋が福岡撃破で5連勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01643176-gekisaka-socc
青木2017第29節ゴール.jpg

[8.20 J2第29節 名古屋3-1福岡 パロ瑞穂]

 3位名古屋グランパスがパロマ瑞穂スタジアムで2位アビスパ福岡に3-1で勝利した。降格組同士の対決を制した名古屋は今季初の5連勝。福岡は今季初の2連敗となり、名古屋との勝ち点差が3に縮まってしまった。

 名古屋は前節・町田戦(4-3)から先発2人をチェンジ。DFイム・スンギョム、出場停止明けのMF田口泰士がそれぞれ2試合ぶりにスタメン復帰した。一方の福岡も前節・長崎戦(1-0)からの変更は2人。FW松田力が2試合ぶりに先発出場し、FW仲川輝人が加入後初スタメンを果たした。

 リーグ最多得点の名古屋と最少タイ失点の福岡の“矛盾対決”。15ゴールでチーム得点王のFWウェリントンを出場停止で欠く福岡だったが、名古屋のお株を奪う分厚い攻撃で序盤の主導権を握る。前半11分、左サイドのMF亀川諒史がクロスを送り、ファーの松田が頭で折り返す。これは相手DFに阻まれるが、こぼれ球に反応したMF山瀬功治が右足を伸ばしてボールを落とすと、PA内中央で待っていたMF三門雄大が左足でボレー。コースを突いた低いシュートがゴール右隅に吸い込まれ、アウェーの福岡が先制した。

 それでも名古屋にはこの男がいる。加入後5試合で3ゴールを奪い、直近2試合の全9得点に絡んでいるMFガブリエル・シャビエルだ。スーパー助っ人は前半19分に左CKから左足で高精度のクロスを送る。ニアのMF青木亮太が頭で軌道をずらすと、GK兼田亜季重に弾かれたボールを最後はFWシモビッチが右足で押し込んだ。シモビッチの今季13ゴール目で同点に追いついた名古屋は、その後もシャビエルを中心に攻勢を強める。先制点の献上以降、福岡にシュートを打たせることなく優勢のまま1-1で前半を終えた。

 後半もボールを保持して攻撃の時間を増やす名古屋。後半7分に相手陣内の左でFKを獲得し、キッカーのシャビエルが左足でゴール前へ送る。相手DFにクリアされたボールの落下地点にFW佐藤寿人が入り、体勢を崩しながら右足のボレーで合わせるが、シュートは大きく枠外へ。佐藤にとってはこれが最後のチャンスシーンとなり、同11分にFW永井龍との交代でベンチに退いた。

 名古屋が勝ち越しに成功したのは後半16分。左サイドでDF冨安健洋を背負ったシャビエルが意表を突くヒールパスを繰り出すと、内側から追い越してきたDF秋山陽介が左足で折り返す。ニアのシモビッチ、PA内中央の田口を通り過ぎたボールを、ファーの青木が右足のアウトでゴール左に流し込んだ。青木は直近5試合で6得点目とし、今季通算7ゴール。さらにクラブタイ記録となる5試合連続得点を達成した。

 勢いづく名古屋は後半33分に仕上げの3点目。右CKからキッカーのシャビエルが左足で鋭く曲がるクロスを送ると、ニアの相手DFに当たったボールがファーへ飛ぶ。左ポスト付近に詰めていたDFイム・スンギョムが左足で合わせ、移籍後初ゴールを挙げた。

 ダメ押し点を導いたシャビエルは、これで直近3試合の全12得点に絡む活躍。風間八宏監督が前節に「シャビエル様」と称えたブラジル人MFのキレは最後まで落ちず、名古屋は優勢を維持したまま3-1で逃げ切った。これで今季初の5連勝。自動昇格圏内の2位福岡との勝ち点差を3に縮めた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9338
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1503225519/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:16 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、開幕戦アウェーのビルバオ戦で先発出場へ!スペイン紙は先発を予想(関連まとめ)

【サッカー】<柴崎岳>開幕戦アウェーのビルバオ戦に先発出場へ!アス紙はトップ下で、マルカ紙では左MFでの先発を予想
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503211212/
柴崎2017PSM青ユニ.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 15:40:12.62 ID:CAP_USER9.net

ヘタフェに加入したMF柴崎岳(25)は、20日(日本時間21日午前1時15分開始)に行われるリーグ開幕戦、アウェーのビルバオ戦に先発すると、スペイン紙が報じた。

招集メンバーに入っており、アス紙は本職であるトップ下でマルカ紙では左MFでの先発を予想している。

アス紙では注目選手として取り上げ「プレシーズンでそのタレントと度胸の良さを見せた。ラストパスとゴール前の良い飛び出しを持っている」と紹介した。

8/20(日) 15:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01875049-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170820-01875049-nksports-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ストークの新戦力ヘセの一撃浴び0-1で敗れる

アーセナル、猛攻実らず開幕2連勝を逃す…ストークがヘセの1点で勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00630010-soccerk-socc
エジル2017第2節ドリブル.jpg

プレミアリーグ第2節が19日に行われ、ストークとアーセナルが対戦した。

 試合は0−0で迎えた後半立ち上がりに動く。47分、スルーパスでペナルティエリア内左に抜け出したヘセ・ロドリゲスが左足でゴール右に流し込み、ホームのストークが先制した。

 1点を追うアーセナルは72分、エリア内へのパスに反応したアレクサンドル・ラカゼットが左足のシュートをゴールに突き刺す。しかし、オフサイドの判定で得点は認められなかった。

 その後はアーセナルが猛攻を仕掛けたが、最後までゴールを割ることはできず、試合は1−0でタイムアップを迎えた。ストークはこれで今シーズン初白星、一方のアーセナルは初黒星となり、開幕2連勝を逃した。

 次節、ストークは27日にウェスト・ブロムウィッチと、アーセナルは同日リヴァプールと、それぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
ストーク 1−0 アーセナル

【得点者】
1−0 47分 ヘセ・ロドリゲス(ストーク)

SOCCER KING
【Gunners】 Arsenal F.C.【part1165】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1503164300/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤嘉紀、1トップでフル出場も決定機決めきれず マインツはハノーファーに敗れる(関連まとめ)

マインツFW武藤はワントップで先発フル出場も…決定機を生かせず昇格組ハノーファーに敗戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01643158-gekisaka-socc
武藤嘉紀2017開幕戦トラップ.jpg

[8.19 ブンデスリーガ第1節 マインツ0-1ハノーファー]

 ブンデスリーガは19日、開幕節の2日目を行い、FW武藤嘉紀が所属するマインツはホームでハノーファーと対戦し、0-1で敗れた。武藤は1トップでフル出場したが、決定機を生かせず、無得点に終わった。

 マインツは前半11分、武藤が前線でボールを収めようとしたところでファウルを受け、DFユリアン・コープにイエローカードが提示される。同18分には武藤が敵陣で相手ディフェンダーからボールを奪い、PA内にドリブルで進入したが、クロスが阻まれてチャンスを逃した。

 最大の決定機は前半23分に訪れる。MFダニー・ラッツァがヘディングで落としたボールを武藤がPA内で拾うと、左足で振り向きざまにシュート。相手GKと1対1となったが、左足で防がれた。マインツはその後も敵陣に攻め込んだがゴールを挙げることはできず、前半を0-0で終えた。

 ハーフタイムが明けてもホームのマインツが主導権を握ったが、ハノーファーが後半28分に試合を動かす。FWマルティン・ハルニクがドリブルで持ち上がり、左サイドのDFマティアス・オストルツォレクに展開すると、折り返しをハルニクがGKの脇下に決めた。

 その後も、1点リードされたマインツがボールを動かし続けたが、最後までハノーファーのゴールを割ることはできず、開幕戦で昇格組に痛い敗戦となった。


【サッカー】マインツ武藤、開幕戦不発…試合最多シュート5本も1号ならず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503177511/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、レスターサポが2戦連続ゴールに驚き「アジアのロナウドになった」地元紙でも高評価「8」(関連まとめ)

【サッカー】<地元紙も岡崎慎司に“8点“評価!>サポーターも2戦連発に驚き「止まらない。アジアのロナウドに」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503193600/
岡崎2017第2節ゴール02.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 10:46:40.48 ID:CAP_USER9.net

今季の岡崎慎司は一味違うと感じさせてくれる開幕2連戦だった。開幕節のアーセナル戦でも得点を決めていたレスター・シティFW岡崎は、第2節のブライトン・ホーヴ・アルビオン戦でも開始早々にゴールを記録。チームの2−0勝利に大きく貢献した。

この活躍を英メディアも称えている。まず『The Guardian』は「オカザキとマグワイアがブライトンにプレミアでの厳しさを教えた」と伝え、昇格組のブライトンにショックを与えたことを称えている。

『Daily Mail』は岡崎に相棒のジェイミー・バーディと並んで7・5点の高い評価をつけており、ゴールに加えて相変わらずの献身性も称賛されている。最も高い評価を得たのは2得点に絡んだリヤド・マフレズで8点だったが、岡崎も高く評価されたことに変わりない。

地元紙『Leicester Mercury』もマフレズに最高の9点を与えているが、岡崎も8点と高く評価し、「彼をチームから外すのは難しくなる」と伝えている。

また、サポーターもこの活躍を喜んでいると同時に驚いている。レスターは今夏にマンチェスター・シティからFWケレチ・イヘアナチョを獲得したこともあり、岡崎の序列は下がるとの予想が多かった。しかし開幕から2戦連発と岡崎はアピールしており、これにサポーターも良い意味で驚いている。

「序列が下がるかもしれないとの恐れがオカザキのベストを引き出した」

「オカザキが止まらない。止まるつもりもないだろう」

「オカザキがアジアのロナウドになった」

「オカザキはファンタスティックだ」

サポーターも岡崎のことは評価していたはずだが、まさか開幕から2試合連続で得点を記録すると予想していた者は少なかっただろう。それだけに岡崎のスタートにはインパクトがある。これではイヘアナチョに先発の座を与えるのが難しくなってくるが、岡崎はポジションを守ってみせるか。

8/20(日) 7:10配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00010003-theworld-socc


▼記事の続きを読む▼
タグ:岡崎慎司
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、マネ決勝ゴールで今季初勝利!新戦力ロバートソンとソランケが躍動

リヴァプール、マネの決勝ゴールでクリスタル・パレス下し今季初勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00629979-soccerk-socc
マネ2017第2節ゴール.jpg


プレミアリーグ第2節が19日に行われ、リヴァプールがクリスタル・パレスと対戦した。

 移籍報道が絶えないフェリペ・コウチーニョが招集外のリヴァプールは、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、ダニエル・スターリッジらが先発入り。対するクリスタル・パレスは古巣との対決になるクリスティアン・ベンテケらがスタメンに入った。

 フィルミーノの強烈なミドルシュートやベンテケの決定的なシュートなど、一進一退の攻防が続いたゲームが動いたのは後半の半ば過ぎだった。

 69分、左サイドからワンツーでマネがペナルティエリアに進入。コントロールに失敗したが、こぼれ球をドミニク・ソランケが触る。これがDFに当たってマネの下にくると、迷わずシュート。ゴール左に押し込みリヴァプールが待望の先制点を決める。

 その後もマネ、フィルミーノ、モハメド・サラーを中心に攻め立てるが追加点は奪えず試合終了。開幕戦を引き分けたリヴァプールが今シーズン初勝利を上げた。

 次節、リヴァプールは27日にホームでアーセナルと、クリスタル・パレスは26日にホームでスウォンジーと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 1−0 クリスタル・パレス

【得点者】
1−0 69分 サディオ・マネ(リヴァプール)

〓〓 Liverpool FC 〓 805 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1503153070/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ルカク・ポグバ・マルシャル2戦連続ゴールでスウォンジーに4-0大勝!ムヒタリアン2アシストでゴールラッシュ演出

マンチェスター・Uが敵地でスウォンジー相手に4発快勝…開幕2連勝を飾る/プレミアリーグ第2節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000027-goal-socc
ルカク2017第2節ゴール.jpg


■プレミアリーグ第2節
スウォンジー 0−4 マンチェスター・ユナイテッド

得点者
マンチェスター・U:バイリー(45分)、ルカク(80分)、ポグバ(82分)、マルシャル(84分)

開幕戦でウェスト・ハム相手に4−0で快勝したマンチェスター・Uは、第2節敵地でのスウォンジーとの一戦に臨んだ。

スウォンジーは攻撃の要だったアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンがエヴァートンに移籍決定。そのため、この試合では苦戦が予想されたが、組織的な守備を披露し、格上のマンチェスター・Uになかなか決定機を与えない展開が続く。

試合は前半終了間際にスコアが動いた。マンチェスター・UはCKのチャンスからポール・ポグバがヘディングで合わせ、バーに弾かれてバウンドしたところをエリック・バイリーが押し込んで、先制ゴールを記録した。

マンチェスター・Uの1点リードで試合はハーフタイムを迎える。

後半に入っても一進一退の攻防は続くものの、両チームともになかなかネットを揺らすことができず。74分にマンチェスター・Uは2枚替えを見せ、マルアーヌ・フェライニを投入し、セントラルMFのポール・ポグバを1列前にスライドさせる采配を見せた。

すると80分、後方からのフィードをロメル・ルカクが一度落とし、混戦の中からヘンリク・ムヒタリャンが再びルカクにラストパスを送る。ルカクが冷静に左足で押し込んで追加点を記録した。

その直後の82分にはマンチェスター・Uがセンターサークル付近でボールを奪うと、ショートカウンターを展開。最後は裏に抜け出したポグバがループシュートでネットを揺らし、3−0とした。

集中力の切れたスウォンジー相手にマンチェスター・Uは容赦せず、84分には再びカウンターからマルシャルがゴールを決めて、点差を4点に広げている。試合はこのまま90分が終了。

マンチェスター・Uは第1節のウェスト・ハム戦に続いて、2試合連続4−0で勝利する形になり、開幕2連勝を飾っている。

† Red Devils Manchester United 1241 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1503128910/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:17 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、終盤パワープレイで決勝PKゲット!サウサンプトンはウエストハムに3-2劇的勝利(関連まとめ)

【サッカー】吉田麻也、終了間際にPKゲットで劇勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503160018/
吉田2017第2節競り合い.jpg

1: ranran roo ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 01:26:58.07 ID:CAP_USER9.net


8/20(日) 1:18配信
日刊スポーツ

ウェストハム戦でPKをもらうサウサンプトン吉田麻也(ロイター)

<プレミアリーグ:サウサンプトン3−2ウェストハム>◇19日◇サウサンプトン

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(28)がウェストハム戦の終了間際の土壇場で、本来の仕事場ではない相手ゴール前で、試合を決める活躍をみせた。

 2−2の後半ロスタイムに、ゴール前で相手からファウルをもらい、貴重なPKを獲得。このPKを味方が決め、競り勝った。

 開幕戦から前線に上がると、得点のにおいをプンプンさせる活躍ぶり。2試合連続のフル出場で、攻守にフル回転。引き分けた開幕戦に続き、2試合連続で勝ち点をつかんだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01874775-nksports-socc
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured



吉田、終了間際にPKをゲット! サウサンプトンが難敵ウェストハムに劇的勝利

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00010002-theworld-socc


19日にプレミアリーグ第2節が行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンがウェストハムと対戦した。

試合開始から互いにカウンターを仕掛けあう展開となったが、先制点を奪ったのはサウサンプトン。11分、敵陣バイタルエリアの左寄りでボールを受けたレドモンドがペナルティエリア内にパスを送ると、相手最終ラインの背後を陥れたガッビアディーニが低い弾道のシュートを放ち、ゴールを陥れた。

反撃に転じたいウェストハムだが、33分にアルナウトヴィッチがパスを出し終えたスティーブンスの首付近に肘打ちを見舞い、一発退場。さらに38分にはフォンテが自陣ペナルティエリア内でデイヴィスを倒してPKを献上すると、タディッチに落ち着いて決められ、窮地に立たされた。

数的優位に立ったことを受け、攻勢を仕掛けるサウサンプトン。しかし、45分に自陣バイタルエリアでアントニオにシュートを放たれると、フォースターが弾いたこぼれ球をJ・エルナンデスに押し込まれ、1点差に詰め寄られた。サウサンプトンが1点をリードする展開で、前半を終える。

後半、サウサンプトンは敵陣でショートパスを回してチャンスをうかがうも、ウェストハムの体を張った守りに苦しめられる。逆に74分、ウェストハムに左サイドからのクロスを許すと、サコのヘディングシュートのこぼれ球に反応したJ・エルナンデスにシュートを放たれ、同点に追いつかれてしまう。

その後も自陣深くでブロックを敷くウェストハムの守備に手を焼き、ゴールを奪えない時間帯が続いたサウサンプトン。しかし、後半アディショナルタイムにパワープレイで攻め上がった吉田が右サイドからのクロスに反応すると、サバレタが吉田をたまらず押し倒し、PKを獲得。このPKを途中出場のオースティンが決め、サウサンプトンが土壇場で勝ち越しに成功した。

試合はこのまま終了。サウサンプトンはリードした後の守備に課題を残したものの、粘り強い戦いぶりで何とか勝利をモノにした。

[メンバー]
サウサンプトン:フォースター、セドリック、スティーブンス、吉田、バートランド、レミナ(→ウォード・プラウズ 64)、ロメウ、デイヴィス(→ロング 80)、タディッチ、レドモンド、ガッビアディーニ(→オースティン 80)

ウェストハム:ハート、サバレタ、オグボンナ、フォンテ、クレスウェル、ライス(→オビアング 76)、ノーブル、A・アイェウ(→フェルナンデス 67)、アントニオ(→サコ 67)、アルナウトヴィッチ(→退場 33)、J・エルナンデス

[スコア]
サウサンプトン 3-2 ウェストハム

[得点者]
サウサンプトン:ガッビアディーニ(11)、タディッチ(38)、オースティン(90+3)

ウェストハム:J・エルナンデス(45)、(74)

※タイトルに間違いがありましたので修正しました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:45 | 大阪 ☔ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、プリシッチ1G1Aで開幕戦3-0完勝!香川真司は終盤に途中出場

ドルトムントが開幕戦で3発快勝!香川は終盤に出場/ブンデスリーガ第1節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000033-goal-socc
プリシッチ2017開幕戦ゴール.jpg

■ブンデス第1節 ヴォルフスブルク 0-3 ドルトムント
ドルトムント:プリシッチ(22分)、バルトラ(27分)、オーバメヤン(60分)

現地時間19日、ドイツ・ブンデスリーガ第1節が行われ、香川真司の所属するドルトムントは敵地フォルクスワーゲン・アレーナでヴォルフスブルクと対戦し、3-0と快勝し開幕白星スタートを切った。ベンチスタートとなった香川は86分から途中出場を果たした。

立ち上がりからペースを握ったのはアウェーのドルトムント。移籍問題で揺れるウスマン・デンベレ、エムレ・モルを招集外としたドルトムントだが、代謝障害を克服したマリオ・ゲッツェが復帰した中盤で主導権を握り、前線ではピエール=エメリク・オーバメヤンが起点となってチャンスを作っていく。

すると22分、オーバメヤンにロングパスが渡り、一度はボールを失ったものの、フォローに入ったゲッツェがすかさず右のクリスティアン・プリシッチへ。エリア内に侵入したところでDF2人と対峙するが、2人の間にシュートを通し、これがゴール左隅へと決まって攻勢のドルトムントが先制する。

さらに27分、CKのこぼれ球を拾ってつなぐと、ペナルティーエリア左でボールを受けたマルク・バルトラがシュートを選択。これが綺麗な弧を描いて逆サイドネットに決まり、ドルトムントが点差を2点に広げる。

その後も試合のペースを握るドルトムントに対し、なかなかシュートチャンスを作れないヴォルフスブルクは43分、古巣対決となるヤクブ・ブワシュチコフスキが負傷交代を強いられ、ランドリ・ナニ・ディマタが投入される。

結局、枠内シュート0本のまま前半を終えたヴォルフスブルクは、キャプテンのマリオ・ゴメスが完全に抑え込まれ、攻め手がない状況。後半は何かしらの工夫が必要となるが、その効果が発揮される前にドルトムントが試合を決定付ける3点目を奪う。

60分、右サイドを抜けたプリシッチがDFとGKの間に折り返すと、ファーサイドでフリーとなっていたオーバメヤンが難なく押し込んだ。

直後にゲッツェを下げてマフムード・ダフードを投入したドルトムントはその後も試合の主導権を渡さず、69分にはセットプレーからゴメスにネットを揺らされるが、ビデオ判定の結果オフサイドとなりノーゴール。ドルトムントは課題とされる守備でもしっかりとヴォルフスブルクの攻撃陣を封殺していた。

86分には、プリシッチに代わって香川を投入。残り少ない時間でアピールする場面はなかったが、ヴォルフスブルクの反撃をゼロに抑えたドルトムントが開幕戦で白星スタートを切った。

【BVB09】Borussia Dortmund 732【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1503155216/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☔ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、電光石火の2戦連続ゴール!マフレズのシュートのこぼれ球を押し込む!レスターはブライトンに2-0完勝(関連まとめ)

【サッカー】レスター岡崎が開始50秒でゴール! こぼれ球を押し込み2試合連発
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503151880/
岡崎2017第2節ゴール.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/08/19(土) 23:11:20.29 ID:CAP_USER9.net

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、19日に行われたプレミアリーグ第2節で今シーズン2点目を記録した。

 ブライトン戦に先発出場した岡崎は1分、リヤド・マフレズが放ったシュートのこぼれ球を押し込み、先制ゴールをマークした。

 岡崎は開幕節のアーセナル戦でもゴールを決めており、2試合連続の得点となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629923-soccerk-socc



【サッカー】岡崎、開始50秒で2戦連続弾!レスターが昇格組に勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503158165/
1: ranran roo ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 00:56:05.90 ID:CAP_USER9.net


2017年08月20日(Sun)0時53分配信

レスターに所属する岡崎慎司【写真:Getty Images】

【レスター 2-0 ブライトン プレミアリーグ第2節】

 現地時間19日にプレミアリーグ第2節の試合が行われ、レスター・シティはプレミアリーグ昇格組のブライトンと対戦。日本代表FW岡崎慎司などがゴールを積み重ね、レスターは2-0の勝利をおさめている。

 試合開始して1分、カウンターからパスを繋いで攻め上がると、右サイドを駆け上がったリヤド・マフレズがシュートを放つ。GKマシュー・ライアンに弾かれたが、こぼれ球を岡崎がゴールに押し込みレスターが先制した。岡崎にとっては開幕戦のアーセナル戦に続く2戦連続ゴールとなっている。

 続く54分には、コーナーキックからハリー・マグワイアがヘディングシュートを決めてレスターに追加点が入った。75分に岡崎はイスラム・スリマニとの交代でベンチに下がったが、席に座っていた観客はスタンディングオベーションで迎えている。結局、リードを守りきったレスターが2-0の勝利をおさめた。

【得点者】
1分 1-0 岡崎(レスター)
54分 2-0 マグワイア(レスター)

https://www.footballchannel.jp/2017/08/20/post226885/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:16 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング