アンテナ・まとめ RSS

2017年09月14日

レヴァンドフスキ、レアル移籍の噂が再燃!バイエルンの補強方針を批判(関連まとめ)

【サッカー】レヴァンドフスキ、レアル移籍の噂が再燃…バイエルンの補強方針批判で
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505312446/
レヴァンドフスキ2017ゴール.jpg

1: プエルトリコ ★@\(^o^)/ 2017/09/13(水) 23:20:46.37 ID:CAP_USER9.net

たったひとりの選手の在、不在で破綻するシステム

補強方針を巡ってクラブ首脳陣を批判したバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキだが、これによりレアル・マドリード移籍の可能性が浮上している。スペイン紙『マルカ』が12日付で報じた。

 先日、レヴァンドフスキはドイツの週刊誌『シュピーゲル』に対して「国際舞台での成功を望むのであれば、バイエルンは考える必要があると思う」と発言し、クラブの補強方針を批判。これに対してバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が「このような発言は残念なこと。彼はチームメイトへの批判も言っていたしね」と苦言を呈し、話題となっていた。

 また、同CEOはレヴァンドフスキの「アジアツアーは何の役にも立っていない」との不満についても「彼のお気に入りといわれているレアル・マドリードは、我々よりも長く、アジアに2倍の滞在日数を割いていたのだがね」と言及したが、今回『マルカ』紙はそのレアル・マドリード移籍の可能性について伝えている。

 長らくの間、レアル・マドリードはレヴァンドフスキへの関心を報じられていた。その始まりは2012−13シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝まで遡る。当時ドルトムントに所属していた同選手は、レアル・マドリードとの準決勝で4得点をマーク。この活躍がフロンティーノ・ペレス会長の目に留まり、レアル・マドリードは同選手の獲得を目指したが、先に動き出していたバイエルンが移籍を成立させ、“夢”は叶わなかった。その2年後にもレアル・マドリードは同選手の獲得に動いたが、この時はバイエルンが売却を拒否。移籍は実現を見ることなく、現在に至っている。

 だが、今回の首脳陣批判が引き金となり、レアル・マドリードへの移籍可能性が再燃している模様。「レヴァンドフスキとレアル・マドリードが共にする夢」と題して記事を組んだ同紙は、「レアル・マドリードのサポーターがレヴァンドフスキの白いシャツ姿に興奮するように、ストライカー自身もいつかスペイン王者のためにプレーしたいと思うだろう」と述べ、両者が相思相愛の関係にあると報じた。

 バイエルンでコンスタントに得点を量産してきたレヴァンドフスキだが、果たしてスペインに新天地を求めることとなるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00641855-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:05 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、FIFAランクでハリルジャパン過去最高40位に浮上しアジア2番手に!ドイツがブラジル抜き2カ月ぶり首位に

【サッカー】<最新FIFAランク発表!>日本がハリル最高位40位でアジア2番手…ドイツがブラジル抜いて2か月ぶり首位
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505379410/
日本代表豪州戦.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/14(木) 17:56:50.54 .net

国際サッカー連盟(FIFA)は14日、最新のFIFAランキングを発表した。日本代表は前回の44位から4つ順位を上げ、40位にランクイン。バヒド・ハリルホジッチ監督の就任後、最高順位となったが、アジアトップは25位のイラン代表で変わらず、2番手のままとなっている。

 日本は8月31日にホームで行われたW杯アジア最終予選でオーストリア代表に2-0で勝利し、6大会連続6回目のW杯出場を確定。9月5日の敵地でのサウジアラビア代表戦は0-1で敗れていた。同じグループBではオーストリアが50位、サウジアラビアが53位、UAE代表が72位、イラク代表が88位、タイ代表が137位にランクインしている。また、グループAで2位に入り、辛くもW杯出場権を獲得した韓国代表は51位でアジア4番手となった。

 そのほか上位では、ドイツ代表がブラジル代表を抜き、2か月ぶりに首位の座を奪還。ポルトガル代表が3つ順位を上げ、3位に浮上した。なお、次回発表は10月16日の予定となっている。

順位は以下の通り※()は前回順位

1.(2)ドイツ
2.(1)ブラジル
3.(6)ポルトガル
4.(3)アルゼンチン
5.(9)ベルギー
6.(5)ポーランド
7.(4)スイス
8.(10)フランス
9.(7)チリ
10.(8)コロンビア
11.(11)スペイン
12.(15)ペルー
13.(18)ウェールズ
14.(14)メキシコ
15.(13)イングランド
16.(17)ウルグアイ
17.(12)イタリア
18.(16)クロアチア
19.(22)スロバキア
20.(23)北アイルランド
21.(21)コスタリカ
22.(20)アイスランド
23.(19)スウェーデン
24.(27)ウクライナ
25.(24)イラン
26.(46)デンマーク
27.(33)トルコ
28.(26)アメリカ
29.(36)オランダ
30.(25)エジプト
……………
40.(44)日本
50.(45)オーストラリア
51.(49)韓国
53.(59)サウジアラビア
72.(74)UAE
88.(102)イラク
137.(130)タイ

9/14(木) 17:31配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-01644067-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:42 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村俊輔、第5子となる男の子誕生!「無事に誕生しました」(関連まとめ)

【サッカー】<ジュビロ磐田MF中村俊輔>5人目の子宝!「無事に誕生しました」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505379226/
中村俊輔岩田02.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/14(木) 17:53:46.65 ID:CAP_USER9.net

ジュビロ磐田は14日、元日本代表MF中村俊輔(39)の第5子となる男の子が今月10日に誕生していたことを発表した。中村は2004年に一般女性と入籍。

クラブ公式サイトを通じ、「この度、第5子となる男の子が無事に誕生しました。新たな家族が増え、より一層チームに貢献できるよう、プレーしたいと思います」とコメントしている。

9/14(木) 17:51配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-01644068-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧米メディア、浦和の奇跡の大逆転劇を報道「出来過ぎのドラマ」「絵に描いたような奇跡」

【サッカー】<欧米メディア>浦和レッズの大逆転劇を詳報!「出来過ぎのドラマ」「絵に描いたような奇跡」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505361315/
ラファシルバACL準々決勝第2戦01.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/14(木) 12:55:15.52 ID:CAP_USER9.net

なす術がない川崎は「まるで戦術が機能せず」。

一時は2戦合計1−4の窮地に立たされながら、その後4ゴールを奪って見事に逆転突破。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2レグ、浦和レッズが川崎フロンターレを相手にやってのけた鮮やかな逆転劇は、欧米でも驚きをもって報じられた。
 
 まずは、北米最大のスポーツ放送局『ESPN』だ。「レッズはゴールキーパーのイージーミスで先制される苦しい展開も、力強くリカバリーを果たした」と評し、「興梠慎三がチームを勇気づけるゴールを決めると、相手が10人になる幸運に恵まれ、怒涛のラッシュを仕掛けた」と記述。

一方でなす術がない川崎を「まるで戦術が機能せず、手も足も出せなかった」とし、その後の浦和の3ゴールを「いずれもクオリティーの高い美弾」と称えた。そして、「レッズは、まさに絵に描いたようなミラクルを現実のものとした。準決勝、フッキを擁する上海上港と雌雄を決する」との一文で締めた。
 
 フランスの老舗スポーツ紙『L'Équipe』も、試合終了の1時間後に速報。「浦和が川崎をひっくり返した」との見出しを付け、得点経過をはじめゲーム展開を細やかに伝えた。「先制されてからのレッズは圧巻の一語。10人の相手に豪快なゴールラッシュを決め込み、出来過ぎたドラマを完遂させた。ベスト4への切符をかすめ取ったのだ」。
 
 英国のサッカー専門誌『FourFourTwo』が銘打ったのは、「高木が鮮やかな反攻の仕上げを担う」とのヘッドライン。「2007年のアジア王者はエウシーニョのゴールで(2戦合計)1−4という大ピンチに見舞われたが、1点を返すと、ひとつのレッドカードが潮目を大きく変えるポイントに。そこからは手が付けられない猛攻。117分の高木俊幸のセンセーショナルな一撃で勝負あった」と熱っぽく報じている。

『Globo』は、元クリチーバの選手であり、国内での知名度も高いラファエル・シルバの活躍を中心に報道。「アジア王者を決める大会の準決勝は、日本勢同士の決戦に。

浦和は圧倒的な劣勢を跳ね返し、数的優位に立つラッキーもあって(第2レグに)4ゴールを挙げた。なんと2戦合計5−4でこの激闘を制したのだ。貴重な1ゴールを決めたラファエル・シルバも主役のひとりになった」。
 
 ACL準決勝のカードは、浦和v上海上港、アル・ヒラル(サウジアラビア)vsペルセポリス(イラン)に決まった。第1レグは9月26&27日、第2レグは10月17&18日に開催される。

9/14(木) 5:25配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00029957-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170914-00029957-sdigestw-000-7-view.jpg

【サッカー】<ACL>ミラクル浦和、大逆転でACL4強入り!! 数的不利に陥った川崎Fは第1戦の貯金生かせず…
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505305501/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:20 | 大阪 ☁ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CL初出場のライプツィヒ、フォルスベリ先制弾もモナコと1-1ドロー!ナポリはシャフタールに1-2で敗れる(関連まとめ)

「CL初ゴールは特別な気持ち」。ライプツィヒでクラブ史上初得点を決めた選手は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00231281-footballc-socc
フォルスベリ2017CL第1節ゴール.jpg

地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、RBライプツィヒはホームでモナコと対戦し1-1で引き分けた。

 クラブ史上初のCL出場となったライプツィヒは33分にスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリが初ゴールを決めるも、直後に失点し初勝利とはならなかった。

 試合後フォルスベリは「ライプツィヒにとってCLで初めてのゴールを決めることが出来て特別な気持ちだし誇りに思っている。直後に失点したのは残念だったが、強豪モナコ相手に引き分けられたのは上出来だ」とコメントしている。

 次節ライプツィヒは26日にアウェイでベジクタシュと対戦する。今度はCL初勝利を挙げることが出来るのだろうか。
【CL】C・ロナウド、2ゴールで存在感を発揮! 王者マドリー、マンCが大勝スタート!! etc.
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00029968-sdigestw-socc

同グループでは、シャフタール・ドネツクがホームでナポリを2-1で下している。今シーズンは開幕から公式戦での連勝を続けている好調なチーム同士の対決だったが、ナポリの記録は5でストップ。一方、シャフタールは7連勝となった。
 
 CL初出場のRBライプツィヒは、昨シーズン、快進撃を見せたモナコと1-1。エミル・フォシュベリのパワフルな一撃によるリードは守り切れなかったが、初戦で難敵相手に勝点を得たことは、少なからず今後に向けての自信となったことだろう。

【RasenBallsport】 RB Leipzig レッドブル4本目
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1493377106/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、C・ロナウド2ゴールとセルヒオ・ラモスのオーバーヘッド弾でアポエルに3-0完勝!CL第1節

C・ロナ2発にS・ラモスのオーバーヘッド弾! 王者レアル、3連覇へ快勝スタート
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00642096-soccerk-socc
Cロナウド2017CL第1節ゴール.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が13日に行われ、レアル・マドリードとアポエルが対戦した。

 早くも開幕を迎えた今シーズンのCL。3連覇に挑む王者レアル・マドリードは初戦でアポエルをホームに迎えた。先発にはリーグ戦を出場停止で欠場しているFWクリスティアーノ・ロナウドのほか、FWギャレス・ベイルやMFイスコらが起用された。

 先制したのはレアル・マドリード。12分、左サイド高い位置でボールを受けたベイルが鋭いラストパスを通すと、ファーサイドのC・ロナウドが右足で流し込んだ。

 1点リードで後半を迎えたレアル・マドリードは51分、ベイルのクロスが相手DFのハンドを誘ってPKを獲得。これをC・ロナウドがしっかりとゴール左下に決め、リードが2点に広がった。

 さらに61分、左サイドからマルセロが上げたクロスがゴール前にこぼれたところを、攻め上がっていたセルヒオ・ラモスがオーバーヘッドで押し込み、試合を決定づける3点目となった。

 試合はこのまま終了し、王者レアル・マドリードが3連覇へ向けて好スタートを切っている。

 次節、レアル・マドリードは26日にアウェイで日本代表MF香川真司所属のドルトムントと、アポエルは同日にホームでトッテナムと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 3−0 アポエル

【得点者】
1−0 12分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
2−0 51分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(レアル)
3−0 61分 セルヒオ・ラモス(レアル)

◆◇El Blanco Real Madrid 909◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505037300/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、コウチーニョ復帰もセビージャに終盤追いつかれ2-2ドロー!CL第1節(関連まとめ)

コウチーニョ復帰のリバプール、セビージャに終盤追いつかれCL初戦はドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00231267-footballc-socc
コウチーニョ2017CL初戦.jpg


【リバプール 2-2 セビージャ チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦】

 現地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦の試合が行われ、リバプールはセビージャと対戦。一時勝ち越しに成功するも、後半に追いつかれリバプールはセビージャと2-2の引き分けに終わっている。

 試合開始して5分、セビージャのウィサム・ベン・イェデルに先制点を奪われてリードを許すが、21分にアルベルト・モレノが得点して同点に追いついた。37分には新加入のモハメド・サラーがゴールを決めて勝ち越しに成功。しかし72分、ホアキン・コレアに同点ゴールを決められてしまった。

 76分には、移籍騒動の渦中にあったフィリッペ・コウチーニョがエムレ・ジャンとの交代で今季初出場を果たす。後半アディショナルタイムにはジョー・ゴメスが2枚目のイエローカードを提示されて退場した。結局、リバプールは勝ち越し点を奪うことはできず2-2の引き分けに終わっている。

【得点者】
5分 0-1 ベン・イェデル(セビージャ)
21分 1-1 モレノ(リバプール)
37分 2-1 サラー(リバプール)
72分 2-2 コレア(セビージャ)

〓〓 Liverpool FC 〓 824 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505311985/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ストーンズ2ゴールなど敵地でフェイエノールトに4-0完勝!CL第1節

マンチェスター・Cが敵地でフェイエノールト相手に4発大勝/CLグループF第1節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000041-goal-socc
ストーンズ2017CL初戦ゴール.jpg


■UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節

フェイエノールト 0−4 マンチェスター・シティ

得点者

マンチェスター・C:ストーンズ(2分、63分)、アグエロ(10分)、G・ジェズス(25分)

現地時間13日、UEFAチャンピオンズリーグ、グループリーグの第1節フェイエノールトvsマンチェスター・Cが行われた。

オランダ王者フェイエノールトのホームに乗り込んだマンチェスター・Cは序盤からゲームを支配し、開始2分で先制に成功する。CKの流れからジョン・ストーンズがヘディングで合わせて、マンチェスター・Cが早くも試合を先行する形に。

10分にはカイル・ウォーカーからのクロスにセルヒオ・アグエロがダイレクトシュートを叩き込み、スコアが2−0に。25分には波状攻撃からGKのディフレクトをガブリエウ・ジェズスが押し込んで、25分にしてマンチェスター・Cが3点のリードに成功する。試合は3−0のまま前半終了。

後半に入ってもマンチェスター・Cのペースで進み、63分にはケビン・デ・ブルイネのクロスにストーンズがまたしても頭でねじ込み、この試合2ゴール目を記録している。

ホームのフェイエノールトは反撃を狙うも1点が遠く、0−4でアウェーのマンチェスター・Cが勝利を収めている。なお、ボール支配率は28−72%、シュート本数は8−11本という内容だったが、フェイエノールトの枠内シュートはわずか1本だった。


BLUEMOONマンチェスターシティ 235cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504967693/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、CL初戦で好アシストも ドルトムントは「幻のゴール」もありトッテナムに敗れる CL第1節(関連まとめ)

【サッカー】香川が1アシストも…ドルトムントが「幻のゴール」の不運もありトッテナムに敗戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505336079/
香川2017CL第1節.jpg
1: 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/09/14(木) 05:54:39.76 ID:CAP_USER9.net

9/14(木) 5:38配信

香川が1アシストも…ドルトムントが「幻のゴール」の不運もありトッテナムに敗戦

 現地時間9月13日、チャンピオンズ・リーグのグループステージH組1節で、トッテナムが3-1でドルトムントを下した。
 
 ホームのトッテナムは、デル・アリが出場停止で3-4-2-1システムを採用。一方のドルトムントは4-3-3を選択し、香川真司を左インサイドハーフで先発させた。
 
 トッテナムは4分、いきなり先制に成功する。カウンターから左サイドを抜け出したソン・フンミンが、巧みなフェイントでパパスタソプーロスを交わして、左足でゴールネットを揺らした。
 
 するとドルトムントも11分、すぐさま同点に追いつく。ヤルモレンコが香川とのコンビネーションで敵陣を崩し、得意の左足で見事なシュートを叩き込んだ。
 
 しかし15分、トッテナムが再び突き放す。クリアボールから身体を張って左サイドを強引に抜け出したケインが、そのまま左足でニアサイドを突き刺した。
 
 その後はドルトムントが攻勢を仕掛け、31分にオーバメヤン、37分にプリシッチが決定機を迎えるがゴールは奪えず。トッテナムの1点リードでハーフタイムを迎えた。
 
 後半は一進一退の続き、56分にオーバメヤンがクロスを足で合わせてゴールネットを揺らす。しかし、線審がその手前にいた選手と見誤ったかオフサイドの判定が下り、不運な「幻のゴール」となった。
 
 直後の60分、トッテナムが3点目を奪う。デンベレ、デイビス、エリクセンと細かく繋いだボールを受けたケインが、左足でコントロールショットを叩き込んだ。
 
 2点のビハインドを背負ったドルトムントは、66分に香川をゲッツェに、72分にダフードをカストロに、80分にトプラクをザガドゥに代えて状況の打開を図るも、大きな変化が生まれるまでには至らなかった。
 
 トッテナムはゲッツェの顔に手を当ててしまったヴェルトンゲンが、92分に二枚目のイエローカードで退場するも、最後までドルトムントの攻撃を跳ね返す。このまま3−1で勝利した。
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00029960-sdigestw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170914-00029960-sdigestw-000-3-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:29 | 大阪 ☁ | Comment(26) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング