アンテナ・まとめ RSS

2017年10月31日

ハリル監督、本田・香川・岡崎の招集外の理由説明「本来のパフォーマンスを見せる事が出来てない」

【サッカー】本田・香川・岡崎が衝撃の落選! 理由は「本来のパフォーマンスを見せてないから」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509441347/
ハリル監督1031代表会見.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/31(火) 18:15:47.24 ID:CAP_USER9.net

11月10日のブラジル戦と11月15日のベルギー戦に向けた日本代表メンバーが31日に発表された。その中で、これまで招集された経験が豊富な本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の3人が落選している。

その理由についてヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「他の選手を選んだということ。それはテストするため。ただ、その選んだ選手たちのパフォーマンスは良いですよ。今、名前の挙がった選手たち(本田、香川、岡崎)は前回の合宿で評価していない。やはり、彼ら本来のパフォーマンスを見せることが出来ていないと言うこと。そして、他の選手よりも良いパフォーマンスを出し続けてくれればここにもちろんいることになります」とコメント。

改めて初招集された長澤和輝の名前を出し「例えば長澤は最近見ていて、A代表でどうなるかという興味が湧きました。もちろん、他の選手のパフォーマンスが高ければここにいますから。私の就任1日目の会見でも言いましたけど、各自が戦って席を勝ち取らなければならない」と語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171031-00238325-footballc-socc
10/31(火) 16:05配信


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:29 | 大阪 | Comment(86) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルビア代表、W杯出場決定もムスリン監督を電撃解任…元名古屋ストイコビッチ監督が後任候補に

【サッカー】<W杯出場のセルビア代表>功労者を電撃解任!ピクシーがW杯で指揮を執る? 後任候補に急浮上!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509425871/
ムスリン監督.jpg

1: Egg ★ 2017/10/31(火) 13:57:51.10 ID:CAP_USER9.net

ウェールズらと同居したW杯欧州予選は首位通過も解任 サッカー協会が声明「感謝する」

 来年のロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に向けたヨーロッパ予選で、D組を首位で終えて本大会出場権を獲得したセルビアが、スラボルユブ・ムスリン監督を解任したことを発表した。英公共放送「BBC」などの欧州メディアが一斉に報じている。

 セルビアサッカー協会は「ムスリン氏と同意し、違う道を歩むことになった」と発表。さらに「我々はムスリン氏との良い協力関係と業績に感謝する」と声明を出している。

 セルビアはW杯欧州予選のD組で、昨年の欧州選手権4強のウェールズなどと同居しながら首位で本大会出場を獲得。2010年の南アフリカ大会以来2大会ぶりの出場決定となったが、まさかの監督電撃解任という決断に至った。

 ムスリン監督は3-4-3システムを軸に戦っていたが、現在ラツィオで中心選手の一人として活躍するMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチとの確執が度々話題になっていた。旧ユーゴ圏の国で愛されるテクニカルな選手の起用を求める国民や、それに同調する協会側との折り合いの悪化も一因として考えられるという。

 当面、コーチを務めていたムラデン・クルスタイッチ氏が、新監督決定までの指揮を執り、11月に予定されている韓国と中国を相手にした国際親善試合を戦う見込みとなっている。

10/31(火) 11:30配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171031-00010005-soccermzw-socc

■功労者を電撃解任! ミリンコビッチ=サビッチとの確執も原因か

10月30日、セルビア・サッカー協会(FSS)が衝撃の文書をリリースした。
 
「FSSは代表チームの監督であるスラボリュブ・ムスリンと、双方合意の下で契約を解除した。後任が正式に決まるまでは、アシスタントコーチのムラデン・クルスタイッチが暫定的に指揮を執る」
 
 同国出身のムスリン監督は、2016年5月に就任。ブラジル・ワールドカップ、フランス開催のEURO2016と立て続けにメジャー大会出場を逃していた母国代表チームを見事に立て直した功労者だ。アイルランド、ウェールズ、オーストリアと鎬を削ったロシア・ワールドカップ予選で堂々のグループ1位突破。母国を2大会ぶり12回目の本大会出場(旧ユーゴスラビア、セルビア・モンテネグロ時代を含む)に導き、11月中旬の中国、韓国とのテストマッチ2連戦でリスタートを切る予定だった。
 
 セルビアの全国紙『Novosti』は、FSSとの協議を終えて出国しようとしていたムスリンを直撃。前代表監督は手短かにこうコメントした。
 
「残念ながら袂を分かつことになった。我々はロシアでのワールドカップに向けて、同じ方向性を持ちえなかったんだ。それでは十分には戦えない」
 
 契約解除の明確な理由については語られなかったが、国内有力ウェブサイトの『Alo』は「グループを1位で突破したとはいえ褒められたチームパフォーマンスではなかった」としたうえで、「代表チームの近未来を担うミリンコビッチ=サビッチとの確執が影を落としたのかもしれない」と推測した。
 
 現在ラツィオで活躍する22歳のセルビア人MF、セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ。スケールの大きさが売りのボランチは、ムスリンが代表監督になったばかりの頃、試合に出場できないことに不満を爆発させ、指揮官に直訴した。口論の末にチームの合宿所から去った。以降何度か招集されているが、いまだA代表デビューは果たせていない。ベテランに偏りがちな選手起用を含め、そうしたムスリンのマネジメント能力に対して、FSSが不信感を募らせていたというのだ。
 
 さらに『Alo』は、「後任の有力候補に挙がるのはドラガン・ストイコビッチだ」と報じている。だがその一方で、現在中国スーパーリーグの広州富力で指揮を執る“ピクシー”の招聘には大きな障壁があるとした。「彼は中国のクラブと(2020年までの)長期契約を結んでいる。引き抜くのは容易ではない。加えて彼は、500万ユーロ(約6億5000万円)とも言われる高額年俸を得ているからだ」と説明している。
 
 ワールドカップ出場を決めたにも関わらず、風雲急を告げているセルビア代表チーム。感情的になりやすいバルカン気質ゆえのお家騒動である。

10/31(火) 5:19配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171031-00031873-sdigestw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:22 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラブW杯、2018年大会を最後に消滅へ 新大会案はドイツやイングランドが反対

【サッカー】クラブW杯 2018年大会で消滅
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509443179/
クラブW杯2016.jpg

1: Marine look ★ 2017/10/31(火) 18:46:19.83 ID:CAP_USER9.net

10/31(火) 16:45配信

クラブW杯 2018年大会で消滅

 クラブW杯が2018年大会を最後に消滅することが確実となった。各大陸のクラブ王者が世界一を争う同大会は今年と18年はUAEで開催されるが、各クラブのレベル差があり過ぎるため世界王者を決めるという意義は有名無実化。大会方式の変更などを求める声が大きくなっていた。

 今月にインドで行われた国際サッカー連盟(FIFA)の理事会でも議題に上がり、各大陸代表国が王座を競うコンフェデレーションズカップを廃止し、新設するクラブの世界大会を21年から行う方針という。理事会に出席した田嶋会長は30日、「24チームで3チームの8グループか、16チームで4チームの4グループになっている」と説明。各大陸の出場枠や代表クラブ決定法などについては「それは今後の課題」と語った。

 また現時点で、ドイツやイングランドは選手の負担増を理由に、欧州サッカー連盟はチャンピオンズリーグ(CL)が潰されるとの懸念から大会新設には反対しているという。真の意味でクラブ世界一を決める大会ができるかはまだ不透明だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000024-tospoweb-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFA、親善試合を廃止し「ワールドリーグ」設立を検討

【サッカー】FIFAが親善試合廃止を検討…「ワールドリーグ」設立へ!他の国にとってはヨーロッパのチームと対戦する機会を失うことに

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509425638/
インファンティノ会長2017FIFA.jpg
1: 豆次郎 ★ 2017/10/31(火) 13:53:58.97 ID:CAP_USER9.net

2017年10月31日 11時50分
『Estadao』は27日、「国際サッカー連盟(FIFA)は、代表チームによる『ワールドリーグ』を設立することを検討している」と報じた。

先日欧州サッカー連盟(UEFA)は、代表チームによるコンペティション「UEFAネイションズリーグ」を設立することを決定。

これまで行われてきた親善試合を廃し、欧州の代表チームによるリーグ戦を行っていこうというものだ。

一方、これは他の国にとってはヨーロッパのチームと対戦する機会を失うことになり、大きな影響を及ぼす。

FIFAはそれらの問題を解決することを目的に、2019年から「ワールドリーグ」を設立するというプランを検討しているとのこと。

これは全世界の代表チームをFIFAランキングを基準に3部に分け、1年間に渡ってリーグ戦を行うものだという。

真剣勝負の場が増加することはファンにとって楽しいものではあるが、サッカー界のスケジュールを更に過密にする可能性もある。それらの兼ね合いをどう処理していくかが課題になるだろう。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13825295/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:03 | 大阪 ☀ | Comment(28) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【インモービレ無双】ラツィオ、インモービレ1G3Aで5-1大勝!ナポリは3-1快勝し首位キープ!ユーべはイグアインがセリエA通算100G達成しミランに2-0完勝(関連まとめ)

ナポリ快勝で首位キープ、ラツィオも5ゴール大勝/セリエ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000014-ism-socc
インモービレ第11節ゴール.jpg


イタリア・セリエAは現地時間29日(以下現地時間)、第11節の7試合が行なわれ、首位ナポリはホームで15位サッスオーロに3対1と勝利した。

 序盤は苦しんだナポリだが、その後は試合の主導権を握ると、22分にアランのゴールで先制。41分にファルチネッリの同点弾を許したが、3分後にCKからカジェホンの得点で再びリードを奪う。すると後半、メルテンスが今季10点目となるゴールを挙げて勝負を決した。

 10勝1分けで首位を維持したナポリだが、サッリ監督は「タイトルについて話すのは早すぎる。今は11月1日のマンチェスターC(イングランド)との試合のことしか考えていない」とコメント。「我々は素晴らしいチームで、やれると信じているが、厳しい戦いになると分かっている」と、優勝争いに関して慎重な姿勢を崩していない。

 そのほかの試合では、3位タイのラツィオが敵地で最下位ベネヴェントに5対1と勝利。得点ランク首位に立つインモービレの今季14点目などで快勝し、ナポリとの勝ち点3差を維持した。ベネヴェントは開幕から11連敗を喫している。

 6位サンプドリアはホームで9位タイのキエーヴォに4対1と白星。7位タイのフィオレンティーナは敵地で16位タイのクロトーネに1対2と敗れた。19位スパルは16位タイのジェノアにホームで1対0と競り勝ち、13位タイのウディネーゼは9位タイのアタランタに、12位トリノは13位タイのカリアリに、それぞれホームで2対1と勝利している。(STATS-AP)

インモービレは“欧州最高”のFW!? 得点&アシストランクともに5大リーグでトップ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00010012-theworld-socc

昨季に続いて、ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレは、今季もゴールを量産している。チームの絶対的スコアラーとして、現在セリエAの得点ランクトップを独走する同選手だが、今季はアシストでも目に見える結果を残している。

ラツィオは29日、セリエA第11節で今季全敗中のベネヴェントとアウェイで対戦した。試合は、開始4分のバストスのゴールを皮切りに、インモービレやナニなどがゴールを決め、圧巻のゴールショーを披露。ラツィオが5-1でベネヴェントを退け、リーグ戦6連勝を飾っている。

この一戦では、今季14ゴール目を決めただけでなく、3アシストも記録したインモービレ。大活躍を見せた同選手が試合後、伊『sky SPORT』などのインタビューに応じ、次のように語った。

まず「僕らは正しい態度や決意を持っていなかったとき、少しの罠にはまってしまった。前半は非常に素晴らしかったと思う。ただ、後半の頭は集中力が欠け、リラックスし過ぎてしまったよ。僕も前半と同じような姿勢で、後半へ入ることができていなかった。これはメンタル的な問題だと思うよ。きちんと改善しないといけないね」とベネヴェント戦を振り返った。

さらに、自身の得点シーンについて聞かれると「(得点よりも)3アシストを決めれたのが嬉しい。チームメイトのみんなは僕に『ボールを持ったらパスなんかしなくていい。得点さえ決めてくれればいい』と言うんだよ。でも、この結果なら文句は言えないんじゃないかな」と答えている。

セリエA第11節を終えた時点で、14ゴール6アシストを記録しているインモービレ。データサイト『WhoScored』によると、インモービレは得点ランクでもアシストランクでも欧州5大リーグでトップに立っている(プレミアリーグ、ブンデスリーガ、リーガ・エスパニョーラは消化試合が1つ少ない)。自身が得点を取るだけでなく、仲間に得点を取らせるプレイで、「欧州最高のFW」になりつつある。

サッカー=ユベントスがミランに快勝、イグアイン2得点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000002-reut-spo


[ミラノ 28日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは28日、各地で試合を行い、王者ユベントスは敵地でACミランに2─0で快勝。11試合を消化して勝ち点28とし、10試合消化の首位ナポリに並んだ。

ユベントスのゴンサロ・イグアインは前半23分に先制ゴールを決め、ナポリ所属時代を含めてセリエAでの通算100ゴールを達成。イグアインは後半18分にも得点した。

イグアインはレアル・マドリード(スペイン)でも通算107ゴールを記録しており、過去20年間、欧州5大リーグの2つ以上で通算100ゴール以上を記録したのはイグアインとズラタン・イブラヒモビッチの2人となった。

ローマはステファン・エルシャーラウィの得点でボローニャに1─0で勝利し、10試合で勝ち点24の5位。ミランは11試合で同16の暫定8位。

セリエAをみるぞ!No.159
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1509239227/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:07 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、欧州遠征25名発表!香川・本田・岡崎が招集外に…浦和MF長澤和輝が初選出!森岡・興梠らが復帰(関連まとめ)

【サッカー】親善試合(対ブラジル戦と対ベルギー戦)の日本代表メンバー25人発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509431268/
香川本田岡崎.jpg

17: 豆次郎 ★ 2017/10/31(火) 15:29:47.84 ID:CAP_USER9.net

日本代表、強豪国ブラジル&ベルギーと腕試し! 本田、香川外れる…森岡はハリルJ初招集
10/31(火) 15:27配信

 日本サッカー協会は31日、11月に行われるブラジル代表戦及びベルギー代表戦を戦う日本代表のメンバーを発表した。

 海外組ではベルギーでプレーするMF森岡亮太(ワースラント・ヴェフェレン)もヴァイッド・ハリルホジッチ体制では初招集されている。2014年以来3年ぶりの代表復帰となった。

 国内組ではMF長澤和輝(浦和レッズ)が日本代表に初招集されている。

 ほかにもGK西川周作(浦和レッズ)、三浦弦太(ガンバ大阪)、が日本代表に選ばれている。

 ブラジル代表とは10日に、ベルギー代表とは14日に対戦する。

 発表された25名のメンバーは以下のとおり。

■GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)

■DF
▼サイドバック
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)

▼センターバック
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
三浦弦太(ガンバ大阪)
昌子源(鹿島アントラーズ)
槙野智章(浦和レッズ)

■MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
遠藤航(浦和レッズ)
倉田秋(ガンバ大阪)
長澤和輝(浦和レッズ)
森岡亮太(ワースラント・ヴェフェレン/ベルギー)

■FW
久保裕也(ヘント/ベルギー)
浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
杉本健勇(セレッソ大阪)
興梠慎三(浦和レッズ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00663187-soccerk-socc



※一部追記編集し直しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:51 | 大阪 ☀ | Comment(107) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1川崎、タイ人選手3名が練習参加へ!今オフのキャンプに招待か「Jリーグのビッグクラブが僕たちに注意を払ってくれて光栄」

【サッカー】<川崎フロンターレ>タイ人選手3人をキャンプに招待?「Jリーグのビッグクラブが僕たちに注意を払ってくれて光栄」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509369300/
パタヤユナイテッド.jpg

1: Egg ★ 2017/10/30(月) 22:15:00.16 ID:CAP_USER9.net

タイメディア『Siamsport』は30日、タイ・プレミアリーグ(1部)のパタヤ・ユナイテッドに所属する3選手が来季開幕に向けたプレシーズン中に川崎フロンターレの練習に参加すると報じた。

名前を挙げられたのはタイA代表歴を持つ25歳のMFピーラドン・チャムラタミーと、同U-23代表で21歳のMFピチャー・ウートラ、そして24歳のDFスパナン・ブリーラットである。

強豪ムアントン・ユナイテッドからの期限付き移籍でパタヤ・ユナイテッドに在籍するピーラドンのコメントが掲載されており、「Jリーグのビッグクラブが僕たちに注意を払ってくれて光栄。自分たちの能力を見せるために頑張りたい。チャナティップと話をして、攻撃面での規律が非常にしっかりしていると聞いている」と日本からの関心を認めているようだ。

今季はJ1の北海道コンサドーレ札幌でタイ代表の英雄的存在であるチャナティップ・ソングラシンがセンセーショナルな活躍を披露し、J3の鹿児島ユナイテッドFCではシティチョーク・パソがプレーしている。夏にバンコク・ユナイテッドから半年間の期限付き移籍でFC東京に加入したジャキット・ワクピロムはJ3のFC東京U-23で徐々に出場時間を伸ばし始めているところだ。

記事によればパタヤ・ユナイテッドは3選手が川崎Fのプレシーズンキャンプに練習参加することを許可しており、Jリーグ移籍の可能性もあるとしている。
タイ人選手はJリーグにおいて「提携国枠」での登録になるため外国籍選手として扱われない。

川崎Fには韓国人のGKチョン・ソンリョン、ブラジル人のDFエドゥアルド、Fハイネル、MFエドゥアルド・ネット、DFエウシーニョ、フィリピンとガーナのハーフDFタビナス・ジェファーソンが在籍しており外国人枠は埋まっているが、タイ人選手ならばその枠に縛られることなく獲得できる。

セントラルMFのピーラドン、攻撃的MFのピチャー、右サイドバックのスパナンと、それぞれ異なった特徴を持つ3人はJリーグのピッチに立つ権利を得られるだろうか。実際に川崎Fの練習に参加するのかにも注目が集まる。

10/30(月) 20:25配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171030-00238171-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171030-00238171-footballc-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:30 | 大阪 ☀ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、神戸DF岩波拓也の獲得調査!今後正式オファーを出す方向(関連まとめ)

【サッカー】<ガンバ大阪>守備陣改善へ!ヴィッセル神戸DF岩波拓也の獲得調査!今後、正式オファーを出す方向
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509399036/
岩波拓也2017.jpg
1: Egg ★ 2017/10/31(火) 06:30:36.48 ID:CAP_USER9.net

 ガンバ大阪が来季の新戦力としてヴィッセル神戸のリオデジャネイロ五輪代表DF岩波拓也(23)の獲得を目指していることが30日、分かった。

 センターバック(CB)の補強リスト最上位とし、今季限りで神戸と契約が切れる岩波を調査。今後、正式オファーを出す方向だ。G大阪はリーグ17試合連続失点中の守備を改善するため、CBを補強ポイントに挙げていた。

 岩波は神戸の下部組織育ちで、昨年はリオ五輪代表に選出。今季は26試合1得点で、守備の要として活躍している。浦和など複数クラブも獲得に動いており、争奪戦は必至となりそうだ。

10/31(火) 4:54配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00041020-nksports-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171031-00041020-nksports-000-3-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、5戦連続先発でフル出場し勝利に貢献!インテルはペリシッチ豪快ミドルでベローナ下し11戦無敗!首位ナポリを追走

【サッカー】インテル長友5戦連続で先発 ペリシッチの豪快ミドルで勝利 首位を2差で追走/セリエA第11節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509400492/
長友2017第11節祝福.jpg

1: 動物園φ ★ 2017/10/31(火) 06:54:52.50 ID:CAP_USER9.net

■セリエA第11節 ヴェローナ 1−2 インテル

ヴェローナ:パッツィーニ(59分)

インテル:バレロ(36分)、ペリシッチ(67分)

現地時間28日、イタリア・セリエA第11節が行われ、インテルはヴェローナに2−1で勝利した。

今季未だ負け無しで2位につけるインテルは、18位と低迷するヴェローナでの一戦に臨んだ。長友佑都は5試合連続での先発出場。ルチアーノ・スパレッティ監督は、4試合連続で同じスターティングメンバーを起用した。

前半から優勢に進めるインテルは、36分に先制点。カンドレーヴァのアシストから、バレーロが決めてリードを手にする。

しかし59分、思わぬ形から失点する。GKハンダノヴィッチが、自陣エリア付近で相手FWと交錯。するとビデオ判定の結果、エリア内でファールがあったとしてPKとなる。このPKを、判定直後に投入されたFWパッツィーニが確実に決め、インテルは同点に追いつかれる。

それでも67分に勝ち越し弾。CKのこぼれ球を、ペリシッチがダイレクトで豪快に蹴り込みネットを揺らした。

その後はイ・スンウら攻撃的なカードを切ったヴェローナに苦戦を強いられたが、敵地でこの1点を守りきって勝利をあげた。

インテルはこれで開幕11試合で9勝2分。絶好調を維持し、首位ナポリを勝ち点2差で追走している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000032-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:34 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポドルスキ、神戸との契約延長の可能性示唆「居心地が良いし、安全である事が大きい」ケルン復帰の可能性も言及

【サッカー】<ポドルスキ>神戸で現行契約を延長する可能性も示唆!「僕たちはここでの生活をとても楽しんでおり、高く評価している」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509355953/
ポドルスキサムズアップ.jpg

1: Egg ★ 2017/10/30(月) 18:32:33.86 ID:CAP_USER9.net

ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、もう一度古巣ケルンでプレーするという願望を抱いているようだ。だがその一方で、ドイツ紙『ヴェルト』のインタビューでは神戸で現行契約を延長する可能性も示唆している。

今夏にガラタサライから神戸に向かったポドルスキは、かつてブレイクを果たしたケルンのブンデスリーガ最下位に沈む姿に心を痛めている。「もちろん何も感じないわけではない。僕は良いときも悪いときもファンなので」と切り出す同選手だが、古巣が蘇ることを信じているようだ。

「ケルンには冬までできるだけの勝ち点を獲得して、移籍市場で有意義な行動を取るように臨んでほしい。だが、これに関して忘れていけないことがある。このクラブが象徴する感情のことだよ。ヨーロッパリーグ、アーセナル戦の映像を見たとき、ケルンの人間としてとても誇り高かった。2万人のファンがロンドンで最高な雰囲気を作っていたことはファンタスティック。これこそ僕が愛するフットボールだよ」

ケルンのほか、バイエルン・ミュンヘンやアーセナル、インテルでプレーしてきたポドルスキ。過去にも何度か最終的には自身の原点に戻る希望を口にしていたが、今回のインタビューでもそれについて触れている。

「ケルンのためにもう一度プレーしたいことは否定したことはない。それについての話を避けることはないよ。でも自分を売り込むようなことはしないけどね。ただケルンは僕のクラブであり、僕にとって大きな意味を持っているんだ。もう一度、雄山羊(ケルンのシンボル)が付いたユニフォームを着ることができれば、とても誇りに思うだろう」

だが、ケルンへの帰還については具体的には考えていないという。「家族と一緒にいることは僕にとって大切なこと」と語るポドルスキは、日本での生活について「日本人はとてもフレンドリーだし、受け入れてくれている。本当に居心地が良いし、安全であることも大きい」と話し、次のように続けた。

「もちろん僕たち家族は故郷を恋しく思うこともある。故郷はやはり故郷なのでね。だけど、明日にも荷物をまとめてここを離れたく思うことなんてない。むしろその逆だよ。僕たちはここでの生活をとても楽しんでおり、高く評価しているんだ」

「契約はまだ2年間ほど残している。クラブは数年以内に1つのトロフィーを獲得する目標を掲げた。今はまだ(チームとして)それに十分な力を備えていないが、これからその方向に進めるかもしれない。その後(2年後)は何が起きるのか分からない。契約を延長することも考えられるし、新たな冒険を求める可能性もある」

10/30(月) 17:48配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00010005-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171030-00010005-goal-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

本田圭佑、現地メディアやファンが称賛「美しいショット」「俺たちのサムライ」

【サッカー】<本田圭佑(パチューカ)の活躍をメディアもファンもベタ褒め!>「ホンダ効果がメキシコを侵略!」「俺たちのサムライ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509352854/
本田2017第15節ゴール01.jpg

1: Egg ★ 2017/10/30(月) 17:40:54.38 ID:CAP_USER9

■チームは勝てずとも高まるばかりのホンダ評。

またも炸裂した伝家の宝刀に、現地メディアもパチューカのファンも唸った。
 
 現地時間10月29日、メキシコリーグ後期15節が行なわれ、パチューカは敵地に乗り込んでサントス・ラグーナと対戦した。
 
 右サイドハーフで公式戦5試合連続先発出場した日本代表MFの本田圭佑は、立ち上がりから相手ゴールを強襲するなど積極果敢な姿勢を見せる。すると、1点リードで迎えた41分、得意の左足シュートが煌めく。
 
 右サイドからのグラウンダーのクロスをエリア内中央で、フランコ・ハラがダイレクトで落とすと、走り込んできた本田が狙いすましたシュートを放つ。必死に飛びつく相手GKを嘲笑うかのような背番号2のシュートは美しい軌道を描き、ファーサイドのネットを揺らした。
 
 その後、パチューカはサントス・ラグーナの猛攻に屈して同点とされ、試合は2-2のドロー決着となったが、メキシコ・メディアの本田への評価はポジティブなものばかりだ。
 
 メキシコの有力サッカー専門誌『Univision Deportes』は、華麗な連動から得点を奪った本田について、「数多の期待を向けられるケイスケ・ホンダが最高のコンビネーションから冷静に、美しいショットでトドメを刺した」と称えた。
 
 また、メキシコ版『ESPN』は、公式戦2試合連続ゴールを決めた本田の好調さが経済面にも良い影響を及ぼしていると記している。
 
「リーガMX(メキシコ・リーグ)で“ホンダ効果”が続く」と銘打った同メディアは、サントス・ラグーナの本拠地エスタディオ・コロナのメインスタンドで、背番号2のユニホームを身に付けた日本人ファンが多く確認できたとし、「ホンダはパチューカの本拠地であるエスタディオ・イダルゴや他会場でも、日本のファンのために貢献している。メキシコは彼を追う日本人によって侵略されている」と、国際的なファン層が増えた事実を紹介した。

つづく

10/30(月) 17:09配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171030-00031849-sdigestw-socc

■本田の活躍に沸いているのは日本人ファンだけでなく──。

もちろん、本田の殊勝な活躍に興奮しているのは、日本人ファンだけではない。

 現地のパチューカファンも同様に日本代表MFを称賛している。同クラブのツイッターが本田の得点についてつぶやくと、それに対して次のような反応が見られた。
 
「この日本人の力は凄い」
「俺たちのサムライ、ケイスケ・ホンダ」
「いままでのホンダのゴールはすべてゴラッソだ!」
「ホンダはリーグ戦で貢献してくれる。これぐらいの格の選手がもっと欲しい」
 
 そのほかにも多くの返信が寄せられたが、いずれも「ゴラッソ」と本田の鮮やかな一撃を称えるものばかりだった。

 東洋の島国からやってきて、早4か月。日本代表復帰の期待もかかるサムライは、その真価をようやく発揮してはじめている。


写真

本田2017第15節アップ中.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:15 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、昇格組ジローナに痛恨の逆転負け…イスコ先制ゴール守り切れず

レアルが昇格組ジローナを相手に痛い黒星…イスコの先制点を守りきれず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00662375-soccerk-socc
ジローナ2017第10節レアル戦ゴール.jpg

リーガ・エスパニョーラ第10節が10月30日に行われ、ジローナとレアル・マドリードが対戦した。

 試合が動いたのは12分。カウンターからの流れでボールを持ったクリスティアーノ・ロナウドが、左サイドからミドルシュートを放つ。この一撃はGKに阻まれたものの、そのこぼれ球をイスコが押し込んでレアル・マドリードが先行した。

 先制を許したジローナだが、前線の機動力を活かしながらレアル・マドリードの守備陣に対して積極的な仕掛けを見せる。すると54分、ドリブルで中央突破を図ったペレ・ポンスに対してディフェンスに行ったレアル・マドリードの選手にボールが当たり、そのこぼれ球がクリスティアン・ストゥアーニの元へ。このチャンスを逃さず、ストゥアーニがゴール前にボールを運んでからシュートを突き刺し、ホームのジローナが同点へと追いついた。

 勢いに乗るジローナが攻勢を強める中で迎えた58分、勢いそのままにさらなるゴールが生まれる。中盤からの縦パスを受けたストゥアーニが放ったシュートはGKに弾かれるが、そのこぼれ球に対してパブロ・マフェオが右足を振り抜く。そのシュートに対してゴール前にいたポルトゥがコースを変えるとボールはゴールに吸い込まれていき、ジローナが一気に試合をひっくり返した。

 その後は得点が必要になったレアル・マドリードが波状攻撃を仕掛けたものの、ジローナは身体を張った守備を見せて得点を許さず。試合はそのまま終了し、ジローナがホームで強豪相手に大きな勝利を手にした。敗れたレアル・マドリードにとっては、首位追走に向けて痛い黒星となった。

 次節、ジローナは11月5日にアウェイでレバンテと、レアル・マドリードは11月6日にホームでラス・パルマスと対戦する。

【スコア】
ジローナ 2−1 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 12分 イスコ(レアル)
1−1 54分 クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ)
2−1 58分 ポルトゥ(ジローナ)

◆◇El Blanco Real Madrid 917◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1509296020/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:58 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング