アンテナ・まとめ RSS

2017年10月02日

柴崎岳、左足中足骨骨折の手術成功 ヘタフェ公式が発表 全治は2カ月前後か(関連まとめ)

【サッカー】ヘタフェ、柴崎が左足亀裂骨折の手術を受けたと発表…離脱期間は2カ月前後
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506948684/
柴崎ヘタフェ2017.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/02(月) 21:51:24.02 ID:CAP_USER9

ヘタフェは2日、MF柴崎岳が手術を受けたことを発表した。

柴崎は9月16日のリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦(1-2)でボレーシュートで得点を決めた後、左足甲を痛めて途中交代を余儀なくされていた。

ヘタフェはその後、柴崎の容態について沈黙を貫いていたが、2日に「ガクの左足中足骨亀裂骨折の手術は完全に成功しました。回復の時期にいます」と手術をしたことを報告した。

『Goal』が入手した情報によれば、柴崎の離脱期間はバルセロナ戦から2カ月前後となる模様。約1カ月半で練習に復帰し、実戦で起用できるのが約2ケ月後になる。
柴崎は今後、リーガではレアル・マドリー戦、レバンテ戦、レアル・ソシエダ戦、ベティス戦、さらに国王杯のベスト32も欠場する見込み。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000029-goal-socc
10/2(月) 21:40配信


▼記事の続きを読む▼
タグ:柴崎岳
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:06 | 大阪 ☔ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川・武藤・原口、今節ブンデスMVP候補に日本人3選手が選出!

【サッカー】<香川か原口か武藤か…>大活躍の日本人3選手、ブンデスリーガ第7節のMVP候補に選出!
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506937487/
香川武藤原口.jpg

1: Egg ★ 2017/10/02(月) 18:44:47.44 ID:CAP_USER9

欧州全土をカバーするスポーツネットワーク『ユーロスポーツ』のドイツ版は、週末に行われたブンデスリーガ第7節のMVP候補10人を発表した。

 リストの一番上には、ボルシア・ドルトムントに所属する香川真司の名前が記されている。同選手は現地時間30日のアウクスブルク戦で芸術的なループシュートを決め、チームの4連勝と首位キープに大きく貢献した。

 10人の中には、香川以外にも2人の日本人選手の名前があった。ヘルタ・ベルリンの原口元気は現地時間1日のバイエルン戦で圧巻のドリブル突破からアシストを記録し、チームを王者相手の2-2ドローに導く活躍を見せた。

 マインツの武藤嘉紀は、ヴォルフスブルク戦で豪快なヘディングシュートを叩き込み今季リーグ戦3ゴール目を記録。チームは1-1で引き分けて勝利を逃したが、公式戦8試合で5ゴールと好調をキープしている。

 以上の3人が『ユーロスポーツ』のMVP候補に入った。他にはボルシアMGのDFマティアス・ギンターや、シャルケのMFレオン・ゴレツカ、RBライプツィヒのFWユスフ・ポウルセン、DFルーカス・グロスターマン、MFマルセル・ザビツァーらが名を連ねている。なお、MVPは読者の投票によって決まることになっている。

10/2(月) 17:58配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171002-00233850-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171002-00233850-footballc-000-1-view.jpg

【サッカー】<日本人選手が怒涛のゴールラッシュ!> 各国メディアがこぞって高評価!香川、武藤に続き、吉田もゴールをゲット!
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506831503/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:36 | 大阪 ☔ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元柏ユース伊藤達哉、HSV先発デビュー!ギズドル監督「『彼にボールを集めろ!』と望んでしまう」(関連まとめ)

【サッカー】<伊藤達哉(ハンブルガーSV)が先発デビュー…指揮官も称賛!「『彼にボールを集めろ!』と望んでしまう」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506832248/
伊藤達哉2017第7節ブンデスデビュー.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/10/01(日) 13:30:48.93 ID:CAP_USER9.net

ハンブルガーSV(HSV)は、9月30日に行われたブンデスリーガ第7節でブレーメンと対戦し0-0と引き分けた。この試合ではHSVのFW伊藤達哉が、初めてトップチームで先発出場を果たしている。

ドルムント戦からトップチームでベンチ入りを果たした伊藤は、前節レヴァークーゼン戦で終盤に途中出場し、1部のリーグ戦デビューを果たす。そして、その6日後に行われたブレーメンとの”ノルトダービー”(”北のダービー”)ではDF酒井高徳とともに先発出場することになった。

左ウィングでプレーした伊藤は前半、何度かドリブルからチャンスをつくった。52分で筋痙攣のために交代を強いられ、ゴールには絡むことはできなかった。しかし、その勇敢なプレーは早くもHSVサポーターの心を掴んだようで、ボールを触る度に声援が響き、交代の際も大きな拍手が送られた。

そしてその堂々としたプレーぶりには、指揮官も満足したようだ。試合後、マルクス・ギスドル監督は『スカイ』に対し20歳の日本人MFを称賛している。

「イトウは我々のプレーを信じられないほど活性化した。この試合でファンの人気プレーヤーにもなったようだね。ふくらはぎが両方ともつったので交代させた。ケガしたわけではない。だが、彼のような若手がいることは、将来に向けて我々の希望となる」

また試合後の会見でも、指揮官は再び伊藤について言及。「『イトウにボールを集めろ!』と望んでしまうね。彼は素晴らしいアクションを見せる選手だ。うちのユースの選手なので、なおさら喜ばしいことだ」とも話し、下部組織から現れた新戦力に期待を寄せている様子だ。

ブレーメンと引き分けたHSVだが、これで450分間得点を決められず。インターナショナルウィーク明けの次節では、武藤嘉紀が所属するマインツとのアウェーマッチに臨むことになる。ファンや監督の心をつかんだ伊藤は、酒井高徳とともに2試合連続の先発出場を狙う。

10/1(日) 7:20配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000043-goal-socc

🌑独1部初先発の伊藤達哉「ここは完全に別物」。トップリーグのインテンシティに驚く
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00233672-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171001-00000043-goal-000-4-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
タグ:伊藤達哉
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、バイエルン戦ブンデス公式MOMに選出!ヘルタ公式はメッシとコラージュし絶賛「×メッシ ✓元気」(関連まとめ)

【サッカー】<原口元気>バイエルン戦でアシストを記録!リーグ公式のMOMに選出「手品のようなパス」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506893519/
原口2017第7節ドリブル.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 06:31:59.14 ID:CAP_USER9.net

現地時間1日、ブンデスリーガ第7節が行われ、原口元気所属のヘルタ・ベルリンはバイエルン・ミュンヘンに2−2と引き分けた。この試合でアシストを記録した原口が、公式の選ぶマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれている。

今夏移籍が噂されていた原口は新シーズン、これまで公式戦6試合に出場するもいずれも途中出場とレギュラーから遠ざかっていた。しかしパル・ダルダイ監督は、カルロ・アンチェロッティ監督を解任したばかりのバイエルンとの大一番で、同選手の先発起用を決断した。

するとこの日本代表MFは、チームが2点ビハインドで迎えた51分に、反撃の狼煙を挙げるゴールをお膳立て。エリア手前でパスを受けると、相手を交わしながらエリア内にドリブルで侵入し、GKもひきつけてラストパス。フリーとなっていたオンドレイ・ドゥダがこれを押し込んだ。

原口の華麗なアシストからのゴールで勢いに乗ったヘルタは、56分にサロモン・カルーのゴールで追いつき、バイエルン相手にホームで引き分けに持ち込んでいる。

試合後、チームの1点目を決めたドゥダは『BERLINER KURIER』に対し、原口について以下のように語り賛辞を送っている。「ゲンキはいつもバイエルン戦で活躍するよね。これが彼から手品のようなパスを貰った理由さ。ゲンキの先発は正しかったよ。新鮮さとダイナミックな選手が必要だったからね。バイエルンと戦う唯一の方法だった」

なおこの試合で87分までプレーした原口は、リーグ公式の選ぶMOMに選出されている。

10/2(月) 6:01配信 Goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000040-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171002-00000040-goal-000-view.jpg

動画
http://www.goal.com/jp/ニュース/手品のようなパス今季初先発でアシスト記録の原口元気リーグ公式のmomに選出/ch169f0nl78i1unycd8oway52



魅惑のドリブルに歓喜…ヘルタ、原口のとある画像をSNSに投稿
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00650349-soccerk-socc

日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが、SNSにとあるおもしろ画像を投稿している。

 1日に行われたブンデスリーガ第7節でヘルタ・ベルリンはバイエルンと対戦した。2点を先行されたチームは51分、原口の見事なドリブルからチャンスを作る。エリア手前中央でパスを受けた原口がドリブルでドイツ代表DFジェローム・ボアテング、同代表MFジョシュア・キミッヒ、同代表DFフンメルスを次々とかわし、エリア内右から折り返し。これをゴール前のスロヴァキア代表MFオンドレイ・ドゥダが合わせて1点を返した。

 これで勢いに乗ったヘルタ・ベルリンはもう1点を追加し、昨シーズンのブンデス王者バイエルンと2−2で引き分けている。チームは原口のドリブルに歓喜し、とある画像を作成した。

 ヘルタ・ベルリンが『ツイッター』に、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの体に原口の顔をコラージュでくっつけた画像を投稿。さらに、メッシの名前の横に×マークがつけてあり、下にある原口の名前にはチェックマークが付いている。華麗なドリブルでアシストをした原口に、最大級の賛辞を送った。

 バイエルン相手に目に見える結果を残した原口は、6日に日本代表としてニュージーランド代表と、10日にハイチ代表と対戦する。



▼記事の続きを読む▼
タグ:原口元気
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:05 | 大阪 ☔ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、先制ゴールの起点に!インテルはベネヴェントに2-1勝利!

【サッカー】長友が先制点の起点に!インテル、最下位ベネヴェントに競り勝つ/セリエA第7節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506871397/
長友2017第7節指示.jpg

1: 数の子 ★@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 00:23:17.07 ID:CAP_USER9.net

■セリエA第7節 ベネヴェント 1−2 インテル
ベネヴェント:ダレッサンドロ(42分)

インテル:ブロゾビッチ(19分、22分)
現地時間1日、イタリア・セリエA第7節が行われ、長友佑都の所属するインテルは敵地スタディオ・チーロ・ヴィゴリートでベネヴェントと対戦し、2-1で競り勝った。2試合ぶりに先発復帰した長友は、85分までプレー。先制点の起点になるなど、印象的な活躍を見せた。

今シーズンいまだ勝利どころか引き分けすらなく、0勝6敗で最下位に沈む昇格組のベネヴェントに対し、インテルが立ち上がりから主導権を握る展開に。迎えた19分、ペナルティーエリア内左に走り込んだ長友に浮き球のパスが渡り、長友からのパスを受けたアントニオ・カンドレーヴァがクロスを上げる。これをゴール前に飛び込んできたマルセロ・ブロゾビッチが頭で合わせ、攻勢のインテルが先制する。

さらに22分、ゴール正面の位置でFKを獲得すると、ブロゾビッチのキックはゴール右隅へと吸い込まれ、インテルが追加点を挙げる。34分には、ブロゾビッチのスルーパスに抜け出したマウロ・イカルディがネットを揺らすが、これはオフサイドの判定によりノーゴール。決まっていれば、前半だけで試合は終わっていた。

すると42分にベネヴェントが反撃。ドリブルで突破を図ったピエトロ・イエメッロのスルーパスに抜け出したマルコ・ダレッサンドロが、右のポストに当てながらもGKサミル・ハンダノヴィッチを破りベネヴェントが1点を返す。

1点差で迎えた後半、先に動いたのはインテル。52分、アントニオ・カンドレーヴァに代えてジュアン・マリオを投入する。

しかし、1点を追うベネヴェントは前半よりも攻撃に勢いを感じさせ、58分にロレンツォ・ヴェヌーティの右サイドからのクロスをファーサイドのマルコ・ダレッサンドロがヘディング。しかし、これは左ポストに阻まれ、インテルは肝を冷やす。

その後もカウンターから効率よく攻めるベネヴェントに手を焼くインテルは78分、ボルハ・バレロに代えてロベルト・ガリアルディーニ、さらに85分には、長友に代えてダルベルト・エンリケを投入し逃げ切りを図る。

アディショナルタイムは5分と長めに取られたが、インテルは試合を決定付ける3点目を奪えないまま、しかしベネヴェントに同点ゴールを許さず、逃げ切ったインテルが2連勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000032-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
タグ:長友佑都
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トゥヘル氏、バイエルンの監督候補に挙がるも就任は人間性次第?独紙報じる(関連まとめ)

【サッカー】<トゥヘル>バイエルン監督就任は人間性次第?と独紙
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506892201/
トゥヘルドルトムント監督指示.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 06:10:01.38 ID:CAP_USER9.net

バイエルン・ミュンヘンがカルロ・アンチェロッティ監督を解任後、後任監督の可能性としてトーマス・トゥヘルの名前が挙がり、9月29日からトゥヘル自身もミュンヘンにいると1日の独紙ビルト日曜版が伝えている。

 同紙によると、利点はトゥヘルが現在所属クラブがないということと、ドイツ人監督だということ。だが、トゥヘルは本当にBミュンヘンの監督にふさわしいだろうか。ドルトムントでもマインツでも問題があった。

 ドイツ代表MFサミ・ケディラは「トーマスのことは僕がユース時代から知っている。とてもクレバーな人間で、サッカーについての知識が豊富だ。彼のプレーアイデアはBミュンヘンにすごく合うと思う」とコメントする。

 専門性は間違いない。だが人間性となると違う。そのためにBミュンヘンもためらいを見せている。代表取締役カールハインツ・ルンメニゲはドルトムント代表取締役ハンスヨアヒム・バッツケと、元ドルトムントのマッツ・フンメルスにアドバイスを求めている。2人ともトゥヘルの友達といえる関係性ではない。

 Bミュンヘンではペップ・グアルディオラがチームドクターのハンスビルヘルム・ミュラーボルファールトと衝突したり、アリエン・ロッベンやフランク・リベリーといった簡単ではない選手がいる。それでも大丈夫だろうか。

 元Bミュンヘン選手のアレクサンダー・ツィックラーは「最も大事なのは専門性だ。トーマス・トゥヘルがそれをもたらすことを、マインツでもドルトムントでも証明されている。人間性も非常に大事だ。でも遠くから私がそれを判断することは難しい」とコメントした。

 元選手のジョバンニ・エウベルは「トゥヘルの監督を非常によくイメージできる。ドイツ人監督がBミュンヘンを指揮する。言葉の面でもやりやすいだろう」と賛同。元ドイツ代表ディットマー・ハマンは「ドルトムントで問題があったからと自動的にBミュンヘンでも問題が起こるとは限らない」と指摘した。

 かつてドイツ代表とBミュンヘンで主将を務めたローター・マテウスは「(ホッフェンハイムの)ナーゲルスマンが筆頭候補なのだと思う。ヘーネス会長の望む候補者だ。何かを手にしたいときは、最高の解決策を模索しようとする。(ナーゲルスマン獲得を目論むならば)それまでの橋渡しを見つけなければならない。だからトゥヘルが監督になるとは思わないんだ。彼は長期的な解決策だからだ」と持論を展開していた。

10/1(日) 20:11配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00017230-nksports-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☔ | Comment(23) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井宏樹、先発フル出場し逆転勝利に貢献!マルセイユは2点差から4-2大逆転勝利!3連勝で3位浮上!

【サッカー】<DF酒井宏樹>フル出場!マルセイユ、2失点から大逆転の3連勝で3位浮上!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506893221/
酒井宏樹第8節試合後.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 06:27:01.70 ID:CAP_USER9.net

[10.1 リーグ1第8節 ニース2-4マルセイユ]

リーグ1は1日に第8節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユは敵地でニースと対戦し、4ー2で勝利した。9月28日のヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグ第2節ザルツブルク戦(0-1)はターンオーバー採用でベンチ外となった酒井だが、この試合はフル出場した。

酒井と同じくELをベンチ外となっていたFWディミトリ・パイェ、GKスティーブ・マンダンダが先発復帰。前節・トゥールーズ戦(2-0)で2連勝を収めたマルセイユはリーグ戦4勝1分2敗で順位を5位に上げ、好調の中でニースに挑んだ。

ニースが“南仏ダービー”の先制点を決める。前半8分、右CKをFWマリオ・バロテッリが頭で合わせて公式戦4試合連続となる得点を決めた。また同16分にはDFジャン・ミシェル・セリのミドルシュートがDFアディル・ラミに当たってそのままゴールへ。マルセイユは序盤で2失点を食らった。

しかし前半25分にマルセイユが反撃を開始。右サイド深い位置からのパイェのバックパスをMFアンドレ・ザンボ・アンギッサがダイレクトでクロス。MFフロリアン・トバンが潰れて流れたところをMFルーカス・オカンポスが押し込み、1-2と点差を縮めた。

勢いに乗るマルセイユは前半40分、PA右のトバンの折り返しがMFピエール・レース・メルのオウンゴールを誘発し2-2の同点に。また同45分、PA左手前からのMFルイス・グスタボのシュートを相手GKが頭上高くにはじいたところにオカンポスが頭で押し込み、3-2と逆転に成功した。

後半2分、グスタボが豪快な左足ミドルで4-2とリードを広げるが、同21分には強引なスライディングで一発レッドを受けてしまう。数的不利になったマルセイユだが最後までリードを守り切り、4-2で試合終了。大逆転でリーグ戦3連勝を達成し、順位を5位から3位に上げた。

10/2(月) 6:16配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-01644699-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171002-01644699-gekisaka-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
タグ:酒井宏樹
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:38 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、モンレアルとイウォビ弾でブライトンに2-0勝利!今季初の連勝

アーセナル、完封勝利で今季初の連勝! モンレアル&イウォビ弾でブライトン下す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00650210-soccerk-socc
モンレアル2017第7節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第7節が1日に行われ、アーセナルとブライトンが対戦した。

 16分、グラニト・ジャカのFKから得点が生まれた。ゴール前の混戦から最後はナチョ・モンレアルが蹴り込み、アーセナルが先制に成功する。後半に入り56分、流れるようなパスワークからエリア中央でパスを受けたアレクシス・サンチェスがヒールパス。走り込んだアレックス・イウォビがシュートを突き刺し、アーセナルが追加点を挙げる。

 試合は2−0で終了。アーセナルは今シーズン初の連勝。一方のブライトンは2試合ぶりの黒星を喫した。

【スコア】
アーセナル 2−0 ブライトン

【得点者】
1−0 16分 ナチョ・モンレアル(アーセナル)
2−0 56分 アレックス・イウォビ(アーセナル)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1184】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1506784806/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、渾身ヘッドで今季初ゴール!ケルンはライプツィヒに1-2で敗れる(関連まとめ)

【サッカー】大迫も決めた!強烈ヘッドで今季初ゴール!ケルンはライプツィヒに敗れる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506881054/
大迫2017第7節ゴール.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 03:04:14.10 ID:CAP_USER9.net

[10.1 ブンデスリーガ第7節 ケルン1-2ライプツィヒ]

 ブンデスリーガは1日、第7節3日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンはホームでライプツィヒと対戦し、1-2で敗れた。6試合連続で先発した大迫は2トップの一角でフル出場し、2点ビハインドの後半37分には今季初ゴールをあげた。9月30日に欧州各地で行われたリーグ戦ではMF香川真司(ドルトムント)やFW武藤嘉紀(マインツ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)ら日本人選手が得点を決めたが、大迫もゴールラッシュの波に乗った。

 大迫は4-4-2の最前線に入り、下がり目の位置で中盤のスペースを埋め、攻撃の起点となった。ゴール前に張る時間は限られたが、立て続けに今季初ゴールのチャンスも訪れた。前半14分、MFミロシュ・ヨイッチが右足で蹴り込んだ左CKにニアサイドの大迫が飛び込み、ヘディングシュート。後半18分にも左サイドを縦に仕掛けたMFレオナルド・ビッテンコートのアーリークロスを高い打点からヘッドで叩いたが、いずれもGKのセーブに阻まれた。

 今季ここまでわずか1得点で最下位に沈むケルンが攻撃の形をつくったが、試合を動かしたのはライプツィヒだった。前半31分、7がヒールで流したボールに走り込み、PA内右の角度のない位置から右足を振り抜き、先制点。対するケルンも押し返し、FWジョン・コルドバやMFミロシュ・ヨイッチが決定的なチャンスを迎えたが、惜しくもネットは揺らせなかった。

 0-1で折り返した後半立ち上がりにチャンスを逸したコルドバは同9分に交代となり、9月29日に電撃加入した38歳の元ペルー代表FWクラウディオ・ピサロが新天地デビューを飾った。大迫はピサロと2トップを形成したが、次の一点を奪ったのはライプツィヒ。FWユスフ・ポウルセンがヘディングシュートを突き刺した。

 それでも2点ビハインドに突き放されたケルンだったが、エースが一矢報いる。後半37分、左サイドからMFレオナルド・ビッテンコートが鋭いクロスを入れると、これに飛び込んだ大迫が渾身ヘッド。この試合“3度目”となる頭でゴールネットを揺らし、待望の今季初ゴール。最下位に低迷するケルンにとってもこれが今季2得点目。しかし、反撃もここまで。チームは1-2で敗れ、開幕から6敗目(1分)で未勝利が続いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-01644695-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:51 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤嘉紀、独複数紙が絶賛「スーパーヘッドだ!」「実にパワフル」「圧巻のゴールセンス」(関連まとめ)

【サッカー】<武藤嘉紀(マインツ)>同点弾をドイツ紙が軒並み称賛!「スーパーヘッドだ」「圧巻のゴールセンス」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506812405/
武藤2017第7節ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/10/01(日) 08:00:05.35 ID:CAP_USER9.net

昨季の指揮官との対決で「特別な満足感を得られたことだろう」

ブンデスリーガ第7節のヴォルフスブルク戦、武藤嘉紀は74分に殊勲の同点ゴールを豪快ヘッドで決めた。これで今シーズン3得点目だ。

 レビン・エズトゥナリの右からのクロスに合わせたプレーは、非常にダイナミックであり、また技巧的でもあった。
 
 このゴールを高く評価したのがドイツの地元メディアだ。全国紙の『BILD』は「スーパーヘッドだ!」と称えつつ、以下のように記している。
 
「エズトゥナリからのクロスは最高のものではなかったが、武藤が頭を前に向けてこれに合わせると、ボールは美しくゴールの隅に飛び、GKカステールスは止めることができなかった! ヴォルフスブルクは、ギラボギの1点だけでは勝つのに十分ではなかった」
 
 また同紙は、ヴォルフスブルクの新監督が、昨シーズンまで武藤のボスだったマルティン・シュミットであることにも触れている。
 
「ムトウは、特別な満足感を得られたことだろう。シュミット時代のマインツでは、彼はベンチ要員であり、大きな役割を担っていなかった。彼はこの試合でリベンジを果たしたのだ」
 
 またサッカー専門誌『KICKER』は「一見の価値があるゴール。実にパワフルだったし、上手くコントロールされていた」と評し、地元紙『Allgemeine Zeitung』紙は「一瞬でマークを外し、圧巻のゴールセンスを発揮した。チームとシュバルツ監督に今季リーグ戦初のアウェーゴールとアウェーポイントをもたらしたのだ」と報じた。

10/1(日) 6:20配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00030600-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171001-00030600-sdigestw-000-7-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
タグ:武藤嘉紀
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、バイエルン相手に超絶3人抜きドリブルから絶妙アシスト!ヘルタはバイエルンに追い付き2-2ドロー(関連まとめ)

【サッカー】<速報>原口元気、バイエルンから“3人抜き”超アシスト!(動画あり)
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506871637/
原口2017第7節先発.jpg

1: 数の子 ★@\(^o^)/ 2017/10/02(月) 00:27:17.92 ID:CAP_USER9.net

ヘルタの原口元気が1日のドイツ・ブンデスリーガ第7節、バイエルン戦に今季初先発。

2点ビハインドで迎えた51分、素晴らしいアシストを記録した。




右サイドからのクロスを左から内に絞って受けた原口。

ドリブルで颯爽と2人を置き去りにすると、さらにもう1人を巧みな足技でかわし中央へ。これをドゥダが詰めてアシストとなった。

原口はこれが今季の初アシスト。試合は現在も続いている。

http://qoly.jp/2017/10/01/hertha-genki-haraguchi-assist-vs-bayern-hys-1


初先発の原口が絶妙ドリブルで反撃弾演出…ヘルタ、監督解任バイエルンとドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00650232-soccerk-socc


 ブンデスリーガ第7節が10月1日に行われ、日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンはバイエルンと対戦した。原口は今シーズン初の先発出場を果たした。

 現在2勝2分2敗で2試合ぶりの白星を目指すヘルタ。対するバイエルンはカルロ・アンチェロッティ監督解任後、初の試合で同じく2試合ぶりの勝利を狙う。試合はウィリー・サニョル暫定監督率いるバイエルンが先制に成功した。10分、FKの流れからペナルティエリア手前右のジェローム・ボアテングがクロスを送ると、中央でフリーのマッツ・フンメルスが頭で合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。

 追い付きたいヘルタは17分、ウラジミール・ダリダがエリア内でハビ・マルティネスに倒されると、一度はPKが与えられたが、ビデオ判定により取り消しとなった。33分には、カルーが右サイドからドリブルでエリア内に切り込み、2人をかわしたところで潰される。そのこぼれ球に反応したダリダが右足ダイレクトシュートを放つが、相手GKにセーブされた。

 後半に入って49分、バイエルンが追加点を挙げる。コランタン・トリッソが前線にロングボールを送ると、レヴァンドフスキが競り合ったこぼれ球を拾い、エリア内左からシュートをゴール左隅に沈めて、リードを2点に広げる。

 だが、直後の51分、ヘルタは原口が反撃の一撃をお膳立てする。エリア手前中央でパスを受けた原口がドリブルでボアテング、ジョシュア・キミッヒ、フンメルスを次々とかわし、エリア内右から折り返し。これをゴール前のオンドレイ・ドゥダが合わせて1点を返した。

 勢いに乗ったヘルタは56分、エリア手前左からのFKでマルヴィン・プラッテンハルトがエリア内にボールを送ると、カリム・レキクに当たったこぼれ球をサロモン・カルーが流し込んで試合を振り出しに戻した。

 2点差を追い付かれたバイエルンにさらなるアクシデント。62分、フランク・リベリーが負傷でプレー続行不可能となり、キングスレイ・コマンとの交代を余儀なくされた。ヘルタは87分、原口を下げてアレクサンダー・エッスヴァインを送り出した。

 試合はこのまま2−2でタイムアップ。ヘルタが2点差を追い付いて貴重な勝ち点1を獲得した。なお、原口は87分までプレーし、今シーズン初アシストを記録した。

 ヘルタは次節、14日にホームでシャルケと対戦。バイエルンは同日にフライブルクをホームに迎える。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 2−2 バイエルン

【得点者】
0−1 10分 マッツ・フンメルス(バイエルン)
0−2 49分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
1−2 51分 オンドレイ・ドゥダ(ヘルタ)
2−2 56分 サロモン・カルー(ヘルタ)


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:06 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング