アンテナ・まとめ RSS

2017年10月03日

元英代表FWリッキー・ランバート、現役引退!元同僚の吉田麻也「真のレジェンド」(関連まとめ)

【サッカー】吉田麻也、“元チームメイト”現役引退のFWランバートは「真のレジェンド」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507022002/
吉田とランバート.jpg

1: プエルトリコ ★ 2017/10/03(火) 18:13:22.18 ID:CAP_USER9

 サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、10月2日に現役引退を表明した元イングランド代表FWリッキー・ランバートに対し、自身のSNSでメッセージをつづっている。

 ランバートは1982年生まれの35歳。リヴァプールの下部組織出身で、ブラックプールやブリストル・ローヴァーズなどを渡り歩いた。2009年夏にサウサンプトンへ移籍すると、当時リーグ1(3部相当)だったチームで得点を量産。2010−11シーズンにチャンピオンシップ(2部)昇格に貢献すると、翌2011−12シーズンにはプレミアリーグ昇格の立役者となった。

 2013年8月には31歳でイングランド代表に初招集。代表通算11試合に出場し、3ゴールを挙げている。2014年夏には出身クラブであるリヴァプールへの移籍を果たし、1年後にはウェスト・ブロムウィッチへ加入。昨シーズンまでカーディフでプレーしていたが、現在は所属クラブがない状態だった。

 吉田は2012年8月、VVVフェンロ(オランダ)からサウサンプトンに移籍。約2年にわたり、ランバートと共にプレーした経験を持つ。DFとしてトレーニング中に、同選手と対峙した時の思い出を記している。

「Truly legend!!!ランボーが引退。初めてサウサンプトンに来てマッチアップした時の衝撃半端じゃなかった。ありがとう。お疲れ様!#rickielambert」

 吉田は現在、日本代表に合流するため帰国中。日本代表は6日に豊田スタジアムでニュージーランド代表と、10日に日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00651100-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘタフェSD、柴崎岳の魅力と獲得理由を語る「テクニックは最大の動機ではない」

【サッカー】<柴崎岳の魅力と獲得した理由>ヘタフェSD「テクニックは最大の動機ではない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507025100/
柴崎2017バルサ戦ゴール.jpg

1: Egg ★ 2017/10/03(火) 19:05:00.76 ID:CAP_USER9

日本代表MF柴崎岳は、リーガ・エスパニョーラ1部初年度ながら目覚ましい活躍を続けている。

『Goal』ではヘタフェのラモン・プラネスSD(スポーツディレクター)にインタビューを実施し、柴崎の評価と獲得を求めた理由について話を聞いた。

プラネス氏はエルチェとラージョ・バジェカーノでスポーツディレクターを務めていたときから柴崎の獲得を考慮に入れていたと明かす。しかし、その念願が叶ったのは今年の8月。当時リーガ2部のテネリフェに所属していた柴崎の獲得を試み、実現に至った。

では、リーガ1部では実績のなかった柴崎のどのような部分に魅力を感じていたのだろうか。

「もちろん、彼は非常に優れたテクニックの持ち主ですが、それが私の心を突き動かした最大の動機ではありません。目を見張った部分は、その明晰さです。ガクの最たる長所は、試合の流れを読めるところにあります。ほかの選手では見つけられない相手チームの穴に、決定的なパスを通すことができるのです。彼の緩急をつけられるプレーは、初めて見たときから目を引くものでした」

そして、プラネス氏の目に狂いはなく、柴崎はリーガで確かな一歩を踏み出している。しかし、同氏は「ガクの場合は、期待を裏切るどころか、見込んだ以上でしたよ」と驚きを隠さない。

また、獲得をクラブ首脳陣に進言した際、説得するのは容易であったことも話している。

「今もヘタフェで働いている前スポーツディレクターのトニ・ムニョスはガクのことを知っていましたし、良い印象を持っていたようです。会長は獲得を提案すると、すぐさま了承してくれました。(監督の)ボルダラスも2部のライバルクラブに所属していたガクのことを知っていましたし、獲得には大賛成でしたよ」

柴崎と長くともに冒険を続けることを望んだプラネス氏。そのためにはヘタフェがリーガ1部に定着しなければならない。柴崎はケガで離脱しているため、ヘタフェにとっては大きな痛手となっているが、偉大な選手を残すために残留は最低条件だ。

10/3(火) 11:04配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010001-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171003-00010001-goal-000-3-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
タグ:柴崎岳
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:56 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英解説者、吉田麻也をベスト11に選出し絶賛「あのようなボレーを打てるCBは少ない」

【サッカー】<英メディア解説者も絶賛!>吉田麻也のようなボレーを打てるDFが他にいるか? 
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507000784/
吉田2017第7節ボレー.jpg

1: Egg ★ 2017/10/03(火) 12:19:44.85 ID:CAP_USER9

チームは負けてもベスト11に選ばれる

サウサンプトンでレギュラーを掴んでいる日本代表DF吉田麻也は、攻撃面でも力を発揮できる選手だ。センターバックながらボールを持つことに苦手意識がなく、サウサンプトンでも攻撃の出発点になる機会が多い。足下の技術が優れていることも吉田の大きな魅力だ。

その技術の高さを証明したのが30日のストーク・シティ戦だ。吉田はクロスボールが流れてきたところをジャンピングボレーで合わせ、GKの頭上を抜くスーパーゴールを決めている。しっかりとインパクトする技術がなければできないプレイだ。かつてトッテナムなどでプレイし、解説を務めるガース・クルックス氏もこのシュートを絶賛している。

英『BBC』によると、同氏は吉田を今節のベストイレブンに選んでいる。サウサンプトンはストーク戦を1-2で落としているため、負けたチームのDFをベストイレブンに選ぶのは不自然かもしれない。しかし同氏は吉田のようなボレーシュートを打てるDFは少ないと語り、結果など関係なく吉田をベストイレブンに選びたかったようだ。

「これを読んでいる者は負けたチームのDFが入っていることを疑問に感じるかもしれないし、そう感じるのは正しいだろう。しかしながら、マヤの同点ゴールは素晴らしかった。あのようなボレーシュートを打てるセンターバックは少ないよ」

その他のベストイレブンはGKエデルソン・モラレス(マンC)、DFジェームズ・ターコウスキ(バーンリー)、DFナチョ・モンレアル(アーセナル)、DFキーラン・トリッピアー(トッテナム)、DFベン・デイビス(トッテナム)、MFマルアン・フェライニ(マンU)、MFフィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)、MFケビン・デ・ブライネ(マンC)、FWマーカス・ラッシュフォード(マンU)、FWハリー・ケイン(トッテナム)が選ばれている。

吉田はあくまでセンターバックの選手だが、あのボレーシュートは多くのサッカーファンを興奮させたはずだ。ケインやコウチーニョらプレミアでもトップレベルの選手たちとともにベストイレブンに入るのは当然だろう。

10/3(火) 11:50配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00010003-theworld-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171003-00010003-theworld-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:38 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラカゼット、仏代表グリーズマンをアーセナルに勧誘か?

ラカゼット、仏代表で同僚の“親友”グリーズマンをアーセナルへ勧誘? 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00650720-soccerk-socc
ラカゼットとグリーズマン仏代表.jpg

アーセナルに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが、アトレティコ・マドリードの同代表FWアントワーヌ・グリーズマンを勧誘しているようだ。2日付でイギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 今夏の移籍市場でリヨンからアーセナルへ加入したラカゼットは、ここまで公式戦8試合に出場し4ゴールと、早速高い得点能力を見せつけている。

 グリーズマンも同じく、今夏マンチェスター・Uへの移籍に迫りイングランドへ上陸するかに思われたが、補強禁止処分を受けているアトレティコ・マドリードへの忠義を見せ、残留を決断していた。

 今夏のオフを共にアメリカで過ごすなど、まさに“親友”同士の関係にあるという両選手。ラカゼットはクラブへの忠誠を強調するグリーズマンとアーセナルで共にプレーしたいという願望があるようだ。

 イギリス国営メディア『BBC』内の番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』のインタビューでラカゼットは「グリーズマンは僕の最高の仲間だよ。僕たちはとても仲がいいんだ。お互いのニックネームは、“Griezzy(グリージー)”と“Lacaz(ラカズ)”だよ。グリージーがロンドンへ僕を訪ねてくれば、アーセナルとサインするようにもちろん頼むよ!」と、“親友”をアーセナルへと勧誘する意思があると明かした。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1184】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1506784806/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルシーFWモラタ、ハムストリング負傷し2カ月の離脱へ

【サッカー】チェルシーに大打撃…絶好調モラタは約2カ月の離脱、ストライカーが手薄に
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1507009315/
モラタ2017第7節負傷.jpg

1: 動物園φ ★ 2017/10/03(火) 14:41:55.84 ID:CAP_USER9

10/3(火) 12:11配信
GOAL

モラタの復帰は11月中旬以降に(C)Getty Images

チェルシーFWアルバロ・モラタは、ハムストリングスの負傷により離脱が長期化する可能性があるようだ。

30日に行われたマンチェスター・シティ戦に出場したモラタだが、35分にふとももを痛め、ピッチを後にした。今夏クラブ史上最高額の7000万ポンド(約101億円)でレアル・マドリーから加入したスペイン代表FWだが、代表戦だけではなく、再開後のリーグ戦も欠場する可能性があるようだ。

スペイン・サッカー連盟は(RFEF)は、MRIの検査により、モラタがハムストリングにグレード2の筋損傷を負っていると発表。同選手は10月中の復帰は絶望的で、再びピッチに立てるのは11月中旬以降になる見込みであるようだ。

移籍後8試合で7得点と、絶好調だったモラタを失ったチェルシー。ストライカーとしてプレーできるのは、FWミヒー・バチュアイのみとなった。アントニオ・コンテ監督は、エースを欠いてクリスタル・パレス戦、ワトフォード戦、マンチェスター・ユナイテッド戦、ボーンマス戦、さらにチャンピオンズリーグのローマ戦を戦うことになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000009-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:29 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンゲル監督、バルサの他国リーグ参戦報道に言及 プレミアを24チームにするなら「スコットランドを優先するべき」

【サッカー】<ベンゲル監督>バルサの“他国リーグ参戦”報道に言及! プレミアを「24チームにするなら…」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507001120/
バルサ無観客試合.jpg

1: Egg ★ 2017/10/03(火) 12:25:20.75 ID:CAP_USER9

リーガ・エスパニョーラのバルセロナは、カタルーニャ独立を問う州民投票の影響を受け、1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節ラス・パルマス戦を無観客試合で戦うことになった。

もし独立となった際はリーガからの脱退、そして他国リーグに所属するとの憶測も流れているが、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督がこの問題について言及したと、バルセロナの地元紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 バルサの“移籍先”としては隣国であるフランスのリーグアン、そしてイングランドのプレミアリーグといった報道も流れている。それについてベンゲル監督は、2-0で勝利したブライトン戦後、報道陣に対して「カタルーニャ語を学ぼうとしないとね」と冗談めかしつつ、こう語ったという。

「もしバルサがプレミアリーグに加入したいとなれば、誰にとっても物事はとても難しいことになるだろう。ただもちろん、我々は彼らが入ってくることになったとは思わないけどね。今回の件は興味深い出来事で、バルサは非常に政治的なクラブとしての側面を持っている。それがスポーツ面にも影響を及ぼしている」

「スコットランドのクラブを優先すべきだ」

 今回の投票だけでなく、本拠地カンプ・ノウで独立を巡るメッセージを発信するファンが多く、スペイン代表DFジェラール・ピケのような存在がいることも示唆している。

 ただベンゲル監督はその一方で「我々はすでに(プレミアリーグで)20チーム存在している。もし24チームにするならば、リーガのチームよりもスコットランドのクラブを優先すべきだ」とも指摘している。今回持ち上がったバルサの問題は、各国の名将にとっても気になる出来事であることは間違いない。

10/3(火) 12:10配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171003-00010005-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン・サニョル暫定監督「我々は最早ドイツ最強ではない」

【サッカー】バイエルン暫定監督、痛恨ドローに辛辣 「我々はもはやドイツ最強じゃない」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506943455/
サニョル監督バイエルン.jpg

1: 数の子 ★ 2017/10/02(月) 20:24:15.69 ID:CAP_USER9

バイエルン・ミュンヘンはカルロ・アンチェロッティ前監督を電撃解任し、ウィリー・サニョル暫定監督がその後を引き継いだ。しかし、新体制初戦となるヘルタ・ベルリン戦(1日/2-2)では前節ヴォルフスブルク戦(9月22日/2-2)に続いて2点のリードを守れずにドローに終わった。


 サニョル暫定監督はヘルタ戦後のインタビューで、「我々はもはやドイツ最強のチームじゃない」と辛辣な思いを吐き出した。ブンデスリーガ公式サイトがコメントを報じている。

 バイエルンはヘルタを相手にDFマッツ・フンメルス、FWロベルト・レバンドフスキのゴールでリードを奪った。しかし、後半6分に日本代表FW原口元気の鋭いドリブルを止めることができず、FWドゥダにゴールを許した。その5分後にはFWサロモン・カルーにも決められ、2試合連続で勝点3を逃した。

 初めてチームの指揮を撮ったサニョル暫定監督は「我々はもはやドイツ最強チームじゃない」と語るなど肩を落とした。

「多くのチャンスがあったのにそれを生かせなかった。2-0でリードをした時にもっと集中してプレーする必要があった。2-2で引き分けてはいけなかった」

サニョル暫定監督「アンチェロッティは…」
 現役時代にバイエルンでプレーしたフランス人指揮官は「カルロ・アンチェロッティはチームにとって素晴らしいリーダーだったと信じている。選手たちも彼がいなくなって悲しんでいる」とコメントしている。

 ドイツメディアでは「アンチェロッティは5人の選手と対立しており、すでに修正不可能な状況」と選手と監督の軋轢が報じられていたが、サニョル暫定監督は「今まで以上に団結する必要がある」とチームの結束を強調していた。

 5連覇中の絶対王者は、不振にあえぐこの状況から立ち直ることができるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171002-00010015-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:02 | 大阪 ☁ | Comment(28) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、ラスベガス銃乱射事件でお悔やみと持論「銃の流通を徹底的阻止すべき」

本田圭佑がラスベガス銃乱射事件におくやみと持論
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00018196-nksports-socc
本田パチューカ.jpg

日本代表から外れたパチューカの本田圭佑(31)が2日、ツイッターで米西部ネバダ州ラスベガス中心部で起きた銃乱射事件について、つぶやいた。

 ホテル上層階から近くの屋外コンサート会場に向けて銃が乱射され、地元の警察によると50人が死亡、400人以上が負傷したとされる。米史上最悪の銃乱射事件とも報じられている。

 オフには必ず米国に滞在する本田は、まず英語でおくやみを述べ、続けて日本語で「あかんやろ。ホンマに。これで市民は自己防衛の為に銃を携帯しようとするやろうけど、それでは何も解決しない。銃の市民への流通を徹底的に阻止するべき。」と持論を述べた。

http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506956195/
▼記事の続きを読む▼
タグ:本田圭佑
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:51 | 大阪 ☁ | Comment(27) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、イスコ2ゴールでエスパニョールに2-0勝利!今季初のリーグ連勝

レアルがイスコ弾2発で連勝…C・ロナはまたもリーグ初得点逃し不満顔も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00650309-soccerk-socc
イスコ2017第7節ゴール.jpg

リーガ・エスパニョーラ第7節が10月1日に行われ、レアル・マドリードとエスパニョールが対戦した。

 試合はレアルが立ち上がりから攻め込む。開始わずか20秒、セルヒオ・ラモスからのロングパスで、イスコがペナルティエリア内に抜け出すが、右足シュートはGKにブロックされる。

 24分、クリスティアーノ・ロナウドからの左クロスをファーのS・ラモスが頭で合わせるが、ゴール右上隅を捉えたシュートはGKの好セーブに阻まれる。すると30分に攻撃が実る。エリア手前左のC・ロナウドがスルーパスを送ると、イスコが抜け出して右足トーキックでゴール右隅に沈めた。

 1点を追うエスパニョールは44分、クロスのこぼれ球をジェラール・モレノが左足でシュートを放つが、これは左ポスト直撃。するとその直後、逆にレアルはカウンターを仕掛け、マルコ・アセンシオがエリア内右から左足で狙うが、シュートはGKにキャッチされる。これにファーでフリーだったC・ロナウドは不満を露わにしていた。

 1点リードで折り返したレアルは71分、自陣でイスコがボールを奪い、即カウンター。C・ロナウドが持ち上がり、左サイドに展開すると、アセンシオがマイナスに折り返す。中央でフリーのイスコが右足を振り抜き、ゴール右隅に決めて追加点を挙げた。

 84分、C・ロナウドがイスコのスルーパスでエリア内左に抜け出すが、DFのタックルでシュートまで持ち込めない。C・ロナウドは今節もノーゴールに終わり、リーグ初得点を逃した。試合はこのまま終了し、レアルが2−0の快勝で今シーズンのリーグ戦初の連勝を飾った。

 レアルは次節、14日にアウェイでヘタフェと対戦。エスパニョールは13日にレバンテをホームに迎える。

【スコア】
レアル・マドリード 2−0 エスパニョール

【得点者】
1−0 30分 イスコ(レアル)
2−0 71分 イスコ(レアル)

◆◇El Blanco Real Madrid 913◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1506680493/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、独2大紙でベスト11に選出!チーム最高点タイの評価 独国営放送でもベスト11入り

衝撃のループ弾を決めた香川真司、独2大メディアではチーム最高タイの評価&ベスト11入り
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000017-goal-socc

香川とヤルモレンコ.jpg


日本代表MF香川真司は9月30日に行われたアウクスブルク戦で芸術的なループシュートを決め、2−1でのボルシア・ドルトムントの勝利に大きく貢献。『キッカー』『ビルト』でそれぞれの第7節ベストイレブンに選出されている。

アウクスブルク戦に先発出場を果たした香川は23分、FWアンドリー・ヤルモレンコがダイレクトで流したボールを相手GKの頭上を越えたループシュートでファーサイドに流し込んだ。メディアではそのゴールは「ドリームゴール」、「神技」などと形容され、ドイツのサッカーファンたちにも衝撃を与えた。

一方、地元紙『WAZ』『ルールナハリヒテン』ではゴールそのものは高く評価されるも、香川のパフォーマンスへの採点はいずれも及第点の「3」と伸びず。『WAZ』では失点場面で相手のクロスを許してしまったこと、『ルールナハリヒテン』では「後半は姿を消した」ことを指摘されていた。

だが、後日に発表される『キッカー』では、香川のパフォーマンスに対する評価は高かった。分析記事では「ヤルモレンコと香川はそれぞれのゴールシーン以外でもその実力を証明した」と評して「2」の採点。ヤルモレンコ、GKロマン・ビュルキとともにチーム最高の採点をつけた上で、第7節のベストイレブンにも選出した。

『ビルト』でも香川のプレーをヤルモレンコとビュルキと並び、チーム最高タイの「2」と評価。同紙にも香川はヤルモレンコとともにベストイレブンに選ばれ、香川についてはマッチレポートで、得点場面のほかCKを獲得しヤルモレンコによる先制点の起点となったことが言及された。

なお『ビルト』が選んだ第7節のベストイレブンには、バイエルン・ミュンヘンのDF陣をドリブルで突破し、ゴールをアシストしたFW原口元気も含まれている。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

【BVB09】Borussia Dortmund 755【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1506844048/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:53 | 大阪 ☔ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング