アンテナ・まとめ RSS

2017年11月05日

久保建英、プロ契約後初ゴールと2アシストの大活躍!FC東京U-23はG大阪U-23に3-4で敗れる(関連まとめ)

【F東京U―23】久保建英がプロ初ゴールと2アシストの大活躍。久保の一問一答
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000191-sph-socc
久保建英J3第30節.jpg

◆明治安田生命J3リーグ第30節 G大阪U―23 4―3 F東京U―23(5日・吹田スタジアム)

 1日にプロ契約を締結したF東京U―23のMF久保建英(16)がプロ初ゴールと2アシストの活躍を見せた。

 3日のJユース杯準々決勝の京都U―18戦でフル出場したため、0―2の後半17分から出場した。2分後に相手DFのクリアを得意の左足で流し込んだ。「ゴールを決めるのが好きなので、うれしいです。どんなゴールでも1点は1点と言いますけど、まさにそのようなこぼれ球のゴールだった。信じて走った中で、10回に1回のチャンスが来た」と、15歳10か月11日でJリーグ最年少ゴールを記録した4月15日のJ3・C大阪U―23戦以来、約6か月半ぶりとなる2得点目を振り返った。

 後半22分には相手からボールを奪って、FWユ・インス(22)の同点弾につなげ、2―4の後半ロスタイム1分にはFW内田宅哉(19)のゴールをアシストした。チームは1点差で敗れて3試合連続未勝利となったが、約30分の出場時間で存在感を示した。

 以下は一問一答

 ―プロになってからの初ゴール

「J3で2得点目を奪うことができた。初ゴールは本当にうれしかったんですけど、ゴールを決めた時はうれしさというより『あと1点取らなきゃいけない』という気持ちの方が強かった。チャンスをもらったのに決めきれずに1点でとどまってしまった。今後は2本あったら、2本決められるぐらいの気持ちで臨みたいなと思います」

 ―2得点目を振り返って

「チームの特長の一つでもある、奪ってからのショートカウンターでゴールまでつなげる形ができてよかった。自分が奪った後はサポートに回っていたんですけど、ユ・インス選手の個人技で素晴らしいゴールだった」

 ―中1日の試合で体力的には

「試合に出てしまえばきつくなかったですけど、スタッフの方が話し合ってベストなプレーができる時間帯に出させてもらって感謝しています」

 ―どういう考えでピッチに入った

「後半最初の方からずっとこっちの時間帯になっていたので、それを崩さずにフィニッシュまでもっていけたらいいな、と思いながら入っていった。3分で2点入って、自分が思っていた以上にいいスタートが切れた」

 ―プロ契約を結んで気持ちの変化は

「ありますね。この前も練習場に行った時にファンサービスをさせていただいて、サポーターの皆様に『頑張って』と声をかけてもらって『やっとスタートラインに立てた』と改めて会見の時とは違った形で感じることができました」

 ―今季中のJ1デビューに向けて手応えは

「手応えはそこでやって、どうだったかだと思う。まだ試合にも出場していないのに、手ごたえは正直よく分からないんですけど、J3で結果を残していければチャンスはもらえるんじゃないかなと思います」

 ―今後に向けて

「今日みたいに自分がゴールを決めても負けてしまう試合がある。自分のゴールよりも大切なのはチームの勝利。自分はいつも言ってるんですけど、チームの勝利に少しでも貢献できればいい。そのためのゴールであったり、アシストであったり、プレーだと思うので、今回はゴールを決めましたけど、チームの勝利に貢献していないので、来週は直結できるようなプレーをしたいです」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9588
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1509848072/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:05 | 大阪 | Comment(3) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンシア、レガネス下しリーグ7連勝でクラブ新記録!エースザザが途中交代で連続得点記録途切れ不満露わに

エースがまさかのブチ切れ!好調バレンシアに何があった?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00032108-sdigestw-socc
ザザ2017第11節不満.jpg

リーガ・エスパニョーラ第11節、レガネスを3-0で下し、クラブ新記録のリーグ戦7連勝を飾ったバレンシア。だが、この絶好調のチームに水を差すような事態が起きてしまった。
 
 主砲のシモーネ・ザザが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督への怒りを露わにしたのだ。
 
 2-0で迎えた77分だった。サンティ・ミナとの交代を命じられたザザは、明らかに不満げな表情を浮かべてベンチへ下がると、指揮官との握手を拒否し、捨て台詞を残してドレッシングルームへ去ってしまった。
 
 激怒したのには理由があった。このイタリア代表FWは、6試合連続ゴール中だったのだ。このゲームではネットを揺らしておらず、途中交代は不本意だったのだろう。
 
 ザザがこのような態度を取ったのは初めてではない。第4節のレバンテ戦で先発を外れた際も、試合後のサポーターへの挨拶をせずにひとりロッカールームへと下がっている。そのうえ、恋人のキアラ・ビアージさんが、SNSでマルセリーノ監督を非難する投稿をして物議を醸していた。
 
 その時は、続くマラガ戦で鬱憤を晴らすかのようにハットトリックを決め(連続ゴールはこの試合から始まった)、「監督とのわだかまりはない」とコメントしたが、今回の件もあっさり水に流せるだろうか。
 
 逆に、規律に人一倍厳しい指揮官が、何らかの制裁を科す可能性もなくはないだろう。
 
 幸いなのは、ここからインターナショナルウィークに入ることだ。状態の良さを買われ、約1年ぶりにアッズーリへ招集されたザザもチームを離れるため、頭を冷やす時間は十分にある。
 
 飛ぶ鳥を落とす勢いで首位バルセロナを追走するバレンシア。この一件が尾を引かなければいいのだが……。

※一部編集し直しました

☆☆☆VALENCIA C.F.part150☆☆☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504796886/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:10 | 大阪 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田村ゆかりさん応援の福岡、首位湘南下し自動昇格に望み繋ぐ!長崎は水戸に2-0完勝し2位キープ!3位名古屋は岡山に勝利!千葉5連勝でPO進出に望み!J2第40節(関連まとめ)

【サッカー】<J2第40節>長崎が完封勝ち!2位キープ勝ち点74 3位名古屋と福岡ともに勝利で勝ち点72 千葉5連勝!PO進出に望み
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509871387/
石津2017第40節キック.jpg

1: Egg ★ 2017/11/05(日) 17:43:07.83 ID:CAP_USER9.net

■福岡 2−1 湘南 [レベスタ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2017/110510/livetxt/#live

[福]ウェリントン(27分)、石津大介(66分)
[湘]石川俊輝(59分)

■水戸 0−2 長崎 [Ksスタ]

[長]飯尾竜太朗(43分)、中村慶太(90分+4)

└長崎が完封勝ち!11戦負けなしで2位キープ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230067-230067-fl

■横浜FC 2−0 熊本 [ニッパツ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2017/110505/live/#live

[横]ジョン・チュングン(2分)、イバ(40分)

└横浜FCが新監督ホーム初陣で6戦ぶり勝利
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230064-230064-fl

■岡山 0−1 名古屋 [Cスタ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2017/110507/live/#live

[名]青木亮太(37分)

└3位名古屋が接戦制して7戦無敗
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230072-230072-fl

■千葉 2−1 町田 [フクアリ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2017/110503/live/#live

[千]為田大貴(10分)、船山貴之(21分)
[町]戸島章(62分)

└千葉が4年ぶり5連勝
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230082-230082-fl

■金沢 1−1 岐阜 [石川西部]
https://www.jleague.jp/match/j2/2017/110506/live/#live

[金]佐藤洸一(19分)
[岐]風間宏矢(32分)

└“残留決定済”の金沢はドローで10月から無敗
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230077-230077-fl


■讃岐 1−1 松本 [ピカスタ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2017/110508/live/#live

[讃]森川裕基(60分)
[松]高崎寛之(50分)

└讃岐がMF森川のJ初弾でドロー
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230081-230081-fl


■大分 1−1 山形 [大銀ド]
https://www.jleague.jp/match/j2/2017/110511/live/#live

[大]大津耀誠(90分)
[山]阪野豊史(88分)

■東京V 1−2 山口 [味スタ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2017/110504/live/#live

[東]高木善朗(13分)
[山]オウンゴール(72分)、小野瀬康介(74分)

└“奇策”見せた降格圏・山口が3分間の逆転劇!敗れた東京VはPO圏外の7位転落
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230089-230089-fl

■愛媛 1−3 徳島 [ニンスタ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2017/110509/live/#live

[愛]有田光希(82分)
[徳]渡大生(19分)、山ア凌吾(50分)、杉本太郎(75分)

└愛媛との“四国ダービー”を制した徳島がJ1昇格プレーオフ圏内の6位浮上!
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230093-230093-fl

■群馬 19:00 京都 [正田スタ]

▲順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/

DAZN
https://www.dazn.com/ja-JP

DAZN for DOCOMO
https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:22 | 大阪 ☀ | Comment(23) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】J1大宮、鹿島前監督・石井正忠氏の新監督電撃就任を発表!(関連まとめ)

大宮 前鹿島監督・石井正忠氏が新監督に電撃就任 伊藤監督解任
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000142-spnannex-socc
石井監督CWC.jpg

 J1の大宮は5日、伊藤彰監督(45)を解任し、今季途中まで鹿島の監督を務めた石井正忠氏(50)が新監督に就任すると発表した。石井氏は7日に就任会見を行う。

 大宮は現在J2降格圏の17位で、18日に行われる次節の結果しだいではJ2降格が決まる可能性がある。

 また、松本大樹強化本部長(39)を解任し、西脇徹也スカウト担当(40)が新たに強化本部長へ就任することも併せて発表している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9589
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1509863753/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:46 | 大阪 ☀ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、レアンドロ股抜き決勝ゴールで浦和に1-0勝利!J1連覇に王手!J1第32節(関連まとめ)

【サッカー】<J1第32節>鹿島がJ1連覇に王手! レアンドロの一撃で浦和を1-0撃破、18日に2位川崎黒星ならV決定
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509865214/
レアンドロ2017第32節ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2017/11/05(日) 16:00:14.05 ID:CAP_USER9.net

■鹿島アントラーズ 1-0 浦和レッズ 
[県立カシマサッカースタジアム]

[鹿]レアンドロ(80分)

https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/110520/live/#live


引き締まった好ゲームは、首位の鹿島アントラーズが勝負強さを見せて優勝に王手をかけた。5日のJ1第32節、浦和レッズをホームに迎えた鹿島は、後半35分の決勝ゴールで1-0の勝利を収めた。

 浦和がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝に進出し、この試合のみ本来の18日から前倒しでの開催になった。両チームとも現状のベストメンバーを揃え、白熱の一戦になった。

 最初のチャンスをつかんだのは浦和だった。前半5分にDF遠藤航が右サイドから上げたクロスに得点ランキング首位のFW興梠慎三が合わせたが、ボールはクロスバーを越えた。一方の鹿島は同9分、右サイドのFKでMF遠藤康が意表をつきニアサイドを襲うシュートを直接放ったが、ゴールポストに嫌われてゴールならず。すると試合はその後、膠着状態に陥った。

 鹿島は両サイドの低い位置を起点にFW金崎夢生やMFレアンドロが斜めの動きでゴール前に入り込もうとしたが、浦和の最終ラインや中盤も最後までマークを外さずにフリーでシュートを打たせなかった。一方の浦和も自陣からのビルドアップでは鹿島のプレスをかいくぐったが、ラスト30メートルでは最終ラインを崩せず。そのまま0-0でハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると7分、鹿島は速攻で左サイドに展開すると、最後はFW土居聖真がゴール正面から強烈なミドルシュートを放った。しかし、浦和GK西川周作が鋭く反応してボールを弾き出してゴールならず。

 浦和は同26分にアンカーのMF青木拓矢が足を痛め、自ら交代を要求するアクシデント。堀孝史監督はFWズラタンを投入してMF長澤和輝をアンカー、興梠をインサイドハーフに下げるという策に出た。一方の鹿島は同33分に交代の切り札であるFW鈴木優磨を土居に代えて投入し、ホームでの勝利を狙う姿勢を見せた。

 そして、ラスト10分となった同35分に遂に均衡が破れた。鹿島のDF西大伍が右サイドから大きなクロスを上げると、ファーサイドから入ってきたMFレアンドロが合わせてゴール。これが決勝ゴールとなり、鹿島が1-0で勝利して勝ち点を70に伸ばした。

 これにより、18日のゲームで勝ち点7差の2位川崎フロンターレがガンバ大阪に敗れると、2試合を残して鹿島の優勝が決まる。浦和は18日のACL決勝第1戦、敵地アル・ヒラル(サウジアラビア)戦に向け、青木の負傷が気がかりな状況になった。

11/5(日) 15:54配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00010014-soccermzw-socc


◆Jリーグ公式サイト:順位
https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

◆DAZN公式サイト
http://www.dazn.com/ja-JP

◆DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)
http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:31 | 大阪 ☀ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、サラー2ゴールなどウエストハムに4-1大勝!攻撃陣好調で公式戦3連勝

サラー2発のリヴァプール、4得点で快勝…攻撃陣好調、公式戦3連勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00664647-soccerk-socc
サラー2017第11節ゴール.jpg


 プレミアリーグ第11節が4日に行われ、ウェストハムとリヴァプールが対戦した。

 公式戦2試合連続で3ゴールを挙げ、連勝を果たしているリヴァプール。アウェイで迎える今節、先発メンバーにはエムレ・ジャンやモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノらが名を連ねている。

 均衡を破ったのはリヴァプールだった。21分、相手のCKをクリアしてカウンターを発動。サディオ・マネがドリブルで中央を突破してペナルティーエリア手前まで持ち込むと、右側を並走していたサラーにラストパスを送る。サラーはトラップから左足で冷静に押し込んだ。

 さらに24分、リヴァプールは左CKからこぼれ球に詰めたジョエル・マティプが難なく押し込み、2点目を記録。2−0でハーフタイムを迎えた。

 後半立ち上がり、ウェストハムが反撃のゴールを挙げる。55分、セットプレーからペナルティーエリア内で混戦となり、マヌエル・ランツィーニが巧みな右足ボレーを決めた。

 1点差となったが、リヴァプールが失点直後に貴重な3点目を挙げる。56分、ペナルティーエリア右側でパスを受けたアレックス・オックスレイド・チェンバレンが強烈な右足シュート。相手GKに弾かれたが、左足で蹴り込んでゴールネットを揺らした。

 再び2点差としたリヴァプールは75分、マネが敵陣中央まで突破すると、ペナルティーエリア左側へ浮き球のパス。サラーがトラップから左足を一閃。グラウンダーのシュートがゴール右隅へ決まった。

 試合は4−1で終了。好調を維持するリヴァプールの攻撃陣がゴールラッシュを見せ、敵地で勝ち点3を獲得した。次節は18日、日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンをホームに迎える。

【スコア】
ウェストハム 1−4 リヴァプール

【得点者】
0−1 21分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0−2 24分 ジョエル・マティプ(リヴァプール)
1−2 55分 マヌエル・ランツィーニ(ウェストハム)
1−3 56分 アレックス・オックスレイド・チェンバレン(リヴァプール)
1−4 75分 モハメド・サラー(リヴァプール)

〓〓 Liverpool FC 〓 839 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1509447639/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森岡亮太、豪快ヘッドで先制ゴール!今季7得点目を決め全2点に絡む活躍!ベフェレンの2-0完勝に貢献

【サッカー】<森岡亮太(ワースランド・ベフェレン)>今季7ゴール目は豪快なヘディング弾!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509828286/
森岡2017第14節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2017/11/05(日) 05:44:46.96 ID:CAP_USER9.net

に所属するMF森岡亮太が今シーズン7ゴール目を挙げ、チームに先制点をもたらした。

ベフェレンは4日、ジュピラー・リーグ第14節でムスクロンと対戦。先日、日本代表メンバーにも招集された森岡は25分、

左サイドからのクロスに完璧なタイミングで飛び込み、ヘディングでゴールを奪った。チームに貴重な先制点をもたらしている。

GOAL 11/5(日) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00000035-goal-socc

【動画】ベフェレン森岡亮太、今季7ゴール目は豪快なヘディング弾!
http://www.goal.com/jp/ニュース/ベフェレン森岡亮太今季7ゴール目は豪快なヘディング弾/1xm1vpfpe8sqe1i935xgr5cn36

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171105-00000035-goal-000-view.jpg


森岡亮太が代表復帰の祝砲含む全2点に絡む!!今季14戦7G7Aと絶好調でブラジル&ベルギー戦へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-01645903-gekisaka-socc

[11.4 ベルギーリーグ第14節 ベフェレン2-0ムスクロン]

 ベルギーリーグ第14節が4日に行われ、MF森岡亮太の所属するベフェレンはホームでムスクロンと対戦し、2-0で勝利した。開幕14試合連続スタメンの森岡はトップ下でプレーし、前半25分に先制点を記録。今季7ゴール7アシストとすると、後半16分には追加点の起点にもなり、全2ゴールに絡む活躍で日本代表の欧州遠征に弾みをつけた。

 先月31日に今月10日のブラジル戦(リール)、同14日のベルギー戦(ブルージュ)に臨む日本代表メンバーが発表され、森岡はアギーレジャパン時代の14年11月以来、約3年ぶりの代表復帰。ハリルジャパンでは初招集となった。

 新天地のベルギーで高いパフォーマンスを見せ続ける森岡は、前半25分に代表復帰の祝砲となる先制ゴールを奪取。早いリスタートから左サイドのDFエアディン・デミルにボールがつながると、デミルが左足で送った鋭いクロスにPA内中央の森岡がヘディングで合わせ、ゴール左に叩き込んだ。

 森岡は10月25日の第12節コルトライク戦(2-1)以来、2試合ぶりの得点を挙げ、今季7ゴール目。1-0で迎えた後半16分には相手のCKを防いだ流れから森岡がルーズボールを拾い、右サイドに展開する。受けたデミルがFWアレクサンダル・ボリェヴィッチとのパス交換からPA内中央に進入し、ワンタッチで左横へ落とすと、大外から走り込んだMFオポク・アンポマーが右足で豪快にゴール右へ蹴り込み、リードを2点に広げた。

 その後も優勢に試合を進め、2-0で逃げ切ったベフェレン。後半アディショナルタイム2分までプレーした森岡は全2ゴールに絡む活躍を見せ、チームの2試合ぶりとなる白星に貢献した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:29 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、バイエルン戦独紙でまずまずの評価 3失点もGKビュルキにチーム最高評価

香川真司、攻撃陣の中では比較的高い評価。完敗も守護神ビュルキにチーム最高評価
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00238916-footballc-socc
香川2017第11節02.jpg


現地時間4日にブンデスリーガ第11節の試合が行われ、ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンをホームに迎えて対戦し1-3の敗戦を喫した。この試合で先発出場を果たした日本代表MF香川真司は68分にマリオ・ゲッツェと途中交代している。

 試合開始して17分、アリエン・ロッベンにゴールを決められ先制されてしまう。一方でドルトムントは30分、アンドリー・ヤルモレンコに決定機が訪れ31分にも香川にチャンスが訪れたがゴールを決めることは出来ず。反対に失点を積み重ね、結局ドルトムントは1-3の敗戦を喫した。

 独紙『WAZ』はGKロマン・ビュルキにチーム最高評価となる「2.0」の点数をつけた。一方でトプラクにはチーム最低評価となる「5.5」の採点を与えている。印象を残せなかったFWピエール・エメリク・オーバメヤンには「5.0」、決定機を外したアンドリー・ヤルモレンコには「4.0」の低い点数をつけた。

 攻撃陣の中で最も高い評価を受けたのはクリスティアン・プリシッチで「2.5」。香川にはゴンサロ・カストロと同じ「3.5」の点数をつけている。ユリアン・ヴァイグルは「4.5」となった。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分けて表され、数字が小さいほど評価が高いことを意味する)

【BVB09】Borussia Dortmund 774【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1509816526/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:00 | 大阪 | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤達哉、決勝点の起点に!2得点に絡みシュツットガルト戦勝利に貢献!浅野拓磨も先発出場(関連まとめ)

伊藤達哉が勝ち越し弾の起点に!HSV、10人の浅野シュツット撃破で9試合ぶり勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-01645897-gekisaka-socc
高徳伊藤2017第11節祝福.jpg

[11.4 ブンデスリーガ第11節 ハンブルガーSV3-1シュツットガルト]

 ブンデスリーガは29日、第10節3日目を行い、DF酒井高徳とFW伊藤達哉の所属するハンブルガーSVはホームでFW浅野拓磨の所属するシュツットガルトと対戦し、3-1で勝利した。酒井はボランチでフル出場。3試合ぶりの先発出場となった伊藤は右サイドハーフで後半23分までプレー。浅野は右サイドハーフで先発し、3試合連続フル出場を果たした。

 シュツットガルトは前半3分、DFベンジャマン・パバールの絶妙なスルーパスで背後に抜け出したギンチェクがDFを外し、GKとの1対1から右足シュート。立ち上がりはボールを保持していたが、前半13分のアクシデントで流れを失う。MFジェニス・ブルニッチが2枚目の警告で退場となり、残り時間を10人で戦うことになった。

 数的優位に立ったハンブルガーSVが試合を動かす。前半20分、酒井のパスで縦に仕掛けようとした伊藤が倒され、PA手前の位置でFKを獲得。キッカーはMFアーロン・ハント。左足で低い軌道のシュートを放つと、バウンドしたボールをGKロン・ロバート・ツィーラーがこぼして左ポストに当たり、それがGKツィーラーの足に当たってゴールマウスに吸い込まれた。

 伊藤が獲得したFKで先制に成功したハンブルガーSVはボールポゼッションを高め、何度も決定機をつくる。前半アディショナルタイムには酒井が鋭いターンでDFをかわし、ドリブル突破からミドルシュートを放ったが、GKがファインセーブ。1人少ないシュツットガルトは前半シュート1本と守勢に回った。

 0-1で折り返した後半はシュツットガルトは浅野がカウンターからチャンスを演出。すると後半7分、劣勢のチームにビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が“味方”した。PA左で倒されたMFチャドラック・アコロがFKを獲得。自らキッカーを務め、ファーサイドにクロス。PA内右のDFデニス・ディークマイアーがクリアを試みたプレーでボールが手に当たり、主審が映像を確認した結果、ハンドの判定が下された。

 PKを獲得したシュツットガルトはFWダニエル・ギンチェクが右足でGKの逆を突き、ゴール左下隅に突き刺した。1-1に追いつかれたハンブルガーだったが、後半20分、数的優位を生かして勝ち越しに成功する。伊藤が鋭いカットインから縦パスを入れ、ハントが流し、右サイド深い位置からディークマイアーがクロス。飛び込んだMFフィリプ・コスティッチがヘッドで押し込み、2-1にスコアを動かした。

 2点目の起点になった伊藤は足をつったか、直後にピッチに座り込み、後半23分にピッチを退いた。勢いは止まらず、後半25分には17歳FWヤン・フィーテ・アープがDFをかわし、強烈な右足シュートを突き刺し、ダメ押しゴール。U-17W杯で大会5得点をマークしたドイツの“新星”が2試合連発で勝利を決定付けた。

 3-1で勝利したハンブルガーは8月25日の第2節ケルン戦(3-1)以来、9試合ぶりの白星で今季3勝目。バイエルン、ブレーメンに続く史上3クラブ目でホーム通算500勝を達成した。シュツットガルトはまたも連勝を逃し、開幕からアウェー6連敗となった。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9587
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1509809616/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:00 | 大阪 | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、2戦連続先発し惜しいシュートも…ドルトムントは王者バイエルンに1-3で敗れ公式戦4戦未勝利(関連まとめ)

【サッカー】<ドルトムント、>王者バイエルンに屈し4戦未勝利…香川真司は惜しいシュートもゴールならず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509823839/
香川2017第11節ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2017/11/05(日) 04:30:39.37 ID:CAP_USER9.net

 【スコア】
ドルトムント 1−3 バイエルン

【得点者】
0−1 17分 アリエン・ロッベン(バイエルン)
0−2 37分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0−3 67分 ダヴィド・アラバ(バイエルン)
1−3 88分 マルク・バルトラ(ドルトムント)

https://keiba.yahoo.co.jp/race/denma/1708050211/

 ブンデスリーガ第11節が4日に行われ、MF香川真司所属のドルトムントとバイエルンが対戦した。香川は公式戦2試合連続、リーグ戦では4試合ぶりとなる先発出場を果たした。

 勝ち点20で2位のドルトムントと同23で首位に立つバイエルンの直接対決。ドルトムントは香川のほか、ピエール・エメリク・オーバメヤンやアンドリー・ヤルモレンコがスタメンに名を連ねた。一方のバイエルンはロベルト・レヴァンドフスキやアリエン・ロッベン、ハメス・ロドリゲスらが起用された。

 先制したのはバイエルン。17分、左サイドからチアゴ・アルカンタラがエリア内右にクロスを入れると、このパスを受けたハメスがワントラップから後方に落とす。最後はロッベンが左足ダイレクトのシュートをゴール左隅に蹴り込んだ。

 1点を失ったドルトムントは30分、スルーパスでエリア内に抜け出したヤルモレンコが決定機を迎えたが、右足のシュートはGKに阻まれる。さらに32分にはカウンターからエリア手前右の香川にパスが渡ると、勝負を仕掛けた香川が左足でシュート。DFの股下を抜けたボールはGKの逆を突いたが、惜しくも右ポストの外側を叩いた。

 するとピンチを凌いだバイエルンが追加点を奪う。37分、右サイドを駆け上がったジョシュア・キミッヒがグラウンダーで折り返したボールをレヴァンドフスキが右足ヒールでシュート。DFに当ってコースが変わったボールがネットを揺らし、スコアは2−0となった。

 後半も先にゴールを奪ったのはバイエルンだった。67分、左サイドからダヴィド・アラバがクロスを上げると、GKの手前に走り込んだレヴァンドフスキが右足で狙う。レヴァンドフスキは足に当てることができなかったが、流れたボールがそのままゴール右に吸い込まれた。

 3点ビハインドとなったドルトムントは68分、香川に代えてマリオ・ゲッツェをピッチへ送り出す。しかし、なかなかゴールを奪うことができずに時間が経過。終盤の88分にマルク・バルトラがエリア内右から右足の強烈なシュートを突き刺して1点を返したが、反撃もここまで。このまま3−1でタイムアップを迎えた。

 敗れたドルトムントはこれでリーグ戦4試合白星なし。一方のバイエルンは4連勝となった。

 次節、ドルトムントは18日にアウェイで日本代表FW浅野拓磨所属のシュトゥットガルトと、バイエルンは同日にホームでアウクスブルクと対戦する。


11/5(日) 4:25配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00664631-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171105-00664631-soccerk-000-view.jpg

【サッカー】<香川真司>ツイッターを更新!代表落選も「目標を見失わず」W杯メンバー入り諦めん
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509796445/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:18 | 大阪 | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司先発のレスター、ストークと2-2ドロー!イボーラ・マフレズ弾で2度リードするも守り切れず プレミア第11節

岡崎先発のレスター、2度のリードを守り切れず…ストークとドローで連勝ストップ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00664558-soccerk-socc
岡崎第11節競り合い.jpg

プレミアリーグ第11節が4日に行われ、ストークとFW岡崎慎司所属のレスターが対戦した。岡崎はリーグ戦2試合ぶりにスタメンに名を連ねた。

 先制したのはアウェイのレスター。33分、右CKからのボールがゴール前にこぼれたところをビセンテ・イボーラが左足ボレーで叩き込んだ。

 だが、ストークも前半のうちに追い付く。39分、前線で縦パスを受けたエリック・マキシム・チュポ・モティングがダイレクトでスルーパス。これでペナルティエリア内右に抜け出したジェルダン・シャチリがGKとの一対一を制してネットを揺らした。

 後半に入り58分、レスターは岡崎に代えてケレチ・イヘアナチョを投入した。すると直後の60分、右サイドでボールを受けたリヤド・マフレズがエリア内に侵入し、左足でシュート。ボールはGKの手を弾いてゴール左に収まり、レスターが勝ち越しに成功した。

 しかしストークも譲らない。73分、左CKにピーター・クラウチがヘディングで合わせ、再び試合を振り出しに戻した。

 その後は互いに3点目を狙ったがゴールは生まれず、試合は2−2でタイムアップ。レスターの連勝は2でストップした。

 次節、ストークは20日にアウェイでブライトンと、レスターは18日にホームでマンチェスター・Cと対戦する。

【スコア】
ストーク 2−2 レスター

【得点者】
0−1 33分 ビセンテ・イボーラ(レスター)
1−1 39分 ジェルダン・シャチリ(ストーク)
1−2 60分 リヤド・マフレズ(レスター)
2−2 73分 ピーター・クラウチ(ストーク)

≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★132
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1509548939/
▼記事の続きを読む▼
タグ:岡崎慎司
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:38 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング