アンテナ・まとめ RSS

2017年12月14日

レアル、開催国枠アルジャジーラに大苦戦!C・ロナウドとベイル弾で2-1逆転勝利!グレミオの待つクラブW杯決勝へ(関連まとめ)

【サッカー】<アルジャジーラ 1-2 レアル・マドリード>レアルが勝利!グレミオと決勝へ、FIFAクラブワールドカップ 準決勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513191214/
ベイル2017CWCアルジャジーラ戦ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2017/12/14(木) 03:53:34.97 ID:CAP_USER9.net

FIFAクラブワールドカップ UAE 2017
【M6】準決勝

アルジャジーラ 1−2レアル・マドリード

[得点者]
ロマリーニョ/アルジャジーラ (前半41分)
クリスティアーノ ロナウド/レアル (後半8分)
ベイル/レアル (後半36分)


前半41分【アルジャジーラ】GOOOOOAL!!
ブスファからのパスを収めたロマリーニョがペナルティエリア左からDFをかわしてシュートを放つ。
これがゴール右隅に決まり、先制に成功する。

後半8分【Rマドリー】GOOOOOAL!!
モドリッチが右サイドの敵陣中央から鋭い縦パスを送る。
収めたクリスティアーノロナウドはペナルティエリア右から低く抑えた強烈なシュートを放つ。
これがゴール左隅に決まり、同点に追い付く。

後半36分【Rマドリー】GOOOOOAL!!
マルセロからの浮き球のパスをルーカスバスケスがペナルティエリア右で収める。
ルーカスバスケスはグラウンダーのラストパスを送ると、これに反応したのはベイル。
左足で合わせてネットを揺らし、投入直後に値千金の逆転ゴールを挙げる。

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2017121302


26: 豆次郎 ★ 2017/12/14(木) 03:55:38.31 ID:CAP_USER9.net

>>1
12/14(木) 3:54配信
レアルがアルジャジーラに大苦戦 先制許し、あわや2失点目も…C・ロナウド&ベイル弾で逆転勝利
[12.13 クラブW杯準決勝 R・マドリー2-1アルジャジーラ アブダビ]

 FIFAクラブワールドカップ2017の準決勝が13日に行われ、欧州王者のレアル・マドリーが開催国王者のアルジャジーラ(UAE)と対戦し、2-1の逆転勝利を収めた。勝利したレアルは16日の決勝で南米王者のグレミオ(ブラジル)と、敗れたアルジャジーラは同日の3位決定戦で北中米カリブ海王者のパチューカ(メキシコ)と対戦する。

 大会初戦を迎えたレアルは4-3-3のシステムを採用。GKにケイラー・ナバス、最終ラインは右からDFアクラム・ハキミ、DFラファエル・バラン、DFナチョ・フェルナンデス、DFマルセロを並べ、中盤はアンカーにMFカゼミーロを置き、右にMFルカ・モドリッチ、左にMFマテオ・コバチッチ、3トップは右からMFイスコ、FWカリム・ベンゼマ、FWクリスティアーノ・ロナウドを配置した。

 序盤から主導権を握って試合を進めるレアルは前半5分、イスコのクロスから最終ライン裏に抜けたC・ロナウドが強烈なヘディングシュートを放つが、好反応を見せたGKアリ・ハセイフに阻まれてしまう。さらに同7分にはイスコのCKからC・ロナウドがヘディングシュートを、同8分にはモドリッチが強烈なミドルシュートを枠内に飛ばしたがハセイフのビッグセーブに遭ってネットを揺らすには至らず。

 攻勢を掛けるレアルは前半17分、右サイドのイスコが送ったクロスをベンゼマがドンピシャのタイミングでヘディングで合わせるが、叩き付けたボールはハセイフに横っ飛びで弾き出され、同20分にはベンゼマの落としに反応したモドリッチの強烈なシュートがまたもやハセイフにストップされ、なかなかゴールを奪えない。同21分にはアルジャジーラがカウンターからレアルゴールに迫るが、FWアリ・マブフートが放った右足シュートはゴール左に外れた。

 前半31分にはイスコのクロスからMFカゼミーロがヘディングでネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴールに。一時は主審がゴールを認めたものの、アルジャジーラ側が抗議。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により映像を再度チェックすると、ノーゴールの判定となった。

 すると同41分、レアルに一方的に押し込まれていたアルジャジーラが一瞬の隙を突いて先制に成功する。高い位置でボールを奪ったMFムバルク・ブスファのラストパスからPA内に入り込んだFWロマリーニョが、右足のシュートでネットを揺らしてスコアを0-1とした。

 0-1とアルジャジーラがリードしたまま後半を迎えると、同2分にアルジャジーラが高速カウンターを発動。左サイドを独走したマブフートのラストパスをブスファが蹴り込んでネットを揺らし、場内が騒然となるが、これはVARによってノーゴールの判定に。さらに同6分にはアルジャジーラをアクシデントが襲い、ビッグセーブを連発していたハセイフが負傷のためにプレー続行不可能と判断され、GKアルセナーニとの交代を余儀なくされた。

 すると後半8分にレアルのエースが、試合を振り出しに戻す一撃を叩き込む。モドリッチの縦パスを相手選手がカットミスしてPA内のC・ロナウドに渡ると、右足の強烈なシュートを叩き込み、スコアを1-1とした。一気に逆転を狙いたいレアルは同17分、カゼミーロのパスを受けたベンゼマが枠を捉えたシュートを放つが、横っ飛びしたアルセナーニに弾き出されてしまう。さらに同21分にはモドリッチの鋭いスルーパスを受けたベンゼマが決定的なシュートを放ったものの、これはポストに阻まれて勝ち越しゴールとはならず。

 後半23分にはレアルベンチが動き、コバチッチとイスコに代えてFWルーカス・バスケスとMFマルコ・アセンシオを同時投入。直後のプレーで再びベンゼマに決定機が訪れるが、左サイドから送られたクロスを受けて放ったシュートはポストに直撃してしまう。1-1のまま試合が進むと、レアルは同35分にベンゼマに代えてMFガレス・ベイルをピッチへと送り込む。すると同37分、L・バスケスの折り返しを交代直後のベイルがダイレクトで流し込み、ついにレアルが逆転に成功。そのまま逃げ切ったレアルが2-1の逆転勝利を収めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-01647631-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171214-01647631-gekisaka-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【世界よ!これが岡崎だ】岡崎慎司、2ゴール1アシストの大活躍!吉田もゴール!レスターがサウサンプトンに4-1大勝し4連勝!(関連まとめ)

【サッカー】岡崎2ゴール1アシスト!吉田1ゴール!レスターがサウサンプトン下し4連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513201052/
岡崎第17節ゴール02.jpg
1: 動物園φ ★ 2017/12/14(木) 06:37:32.93 ID:CAP_USER9.net

第17節 12/13(水)28:45
セント・メリーズ・スタジアム

サウザンプトン 1-4 レスター・シティ

0-1 リヤド・マフレズ(前半11分)
0-2 岡崎慎司(前半32分)
0-3 アンディ・キング(前半38分)
1-3 吉田麻也(後半16分)
1-4 岡崎慎司(後半24分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11042983



岡崎慎司が2ゴール!吉田麻也も負けじと今季2点目!プレミア日本人対決はレスターに軍配
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-01647635-gekisaka-socc


[12.13 プレミアリーグ第17節 サウサンプトン1-4レスター・シティ]

 プレミアリーグ第17節が13日に行われ、DF吉田麻也の所属するサウサンプトンとFW岡崎慎司の所属するレスター・シティが対戦し、4-1でレスターが勝利した。吉田と岡崎は揃って先発フル出場。岡崎は2ゴールを挙げるなど攻守で躍動し、吉田も後半16分に今季2点目を決めた。

 前節ニューカッスルに3-2で競り勝ち、今季初の3連勝としたレスター。その試合からスタメンを3人変更し、MFマーク・オルブライトンとMFデマライ・グレイ、MFビセンテ・イボーラに代えて、DFクリスティアン・フクスと岡崎、MFアンディ・キングがスターティングメンバーに名を連ねた。また、クロード・ピュエル監督は古巣対決となる。

 開始早々の前半1分、サウサンプトンが左CKからニアで吉田が合わせるシーンを作ったが、その後はレスターの切れ味鋭いカウンター攻撃が冴えわたり、スコアが立て続けに動いた。前半11分、カウンターから岡崎のパスを受けたMFリヤド・マフレズがドリブルで中央を突破。相手のマークが甘いとみるや、PA手前から左足を振り抜き、低い弾道のシュートをゴール右隅に決めた。

 先制点を決めたレスターは、これで勢いに乗ると、前半20分にFWジェイミー・バーディのパスを受けた岡崎が右足ミドル。これは相手に当たってGKフレイザー・フォスターに防がれてしまう。22分にも岡崎がカウンターからボールを運び、バーディに預けてこぼれたボールを岡崎が左足で狙うも、MFマリオ・レミナにライン上でクリアされた。

 さらにレスターの攻勢は続く。前半31分、カウンターからPA左に侵入したマフレズの折り返しをバーディが左足で合わせる。GKフォスターが弾いたボールに岡崎が反応したが、直前で吉田にクリアされた。それでも、これで得た右CKからPA左のフクスが左足ダイレクトシュート。GKフォスターが止めたボールを岡崎が押し込み、2-0とリードを広げた。岡崎は10月21日の第9節スウォンジー戦以来、7試合ぶり今季5点目となった。

 レスターは前半38分、FKからマフレズの浮き球パスを胸で受けたPA右のDFハリー・マグワイアが反転して中央へ折り返す。ニアに飛び込んだ岡崎は合わせることができなかったが、ファーサイドにいたキングが難なく右足で押し込み、3-0。一気に突き放した。

 サウサンプトンは後半開始からMFオリオル・ロメウに代えてFWマノーロ・ガッビアディーニを投入する。レスターの縦に早い攻撃に手を焼くサウサンプトンだが、後半16分にDFライアン・バートランドの右CKから吉田が打点の高いヘディングシュート。MFドゥサン・タディッチが触ったと主張していたが、プレミアリーグ公式サイトによると、得点者は吉田となっている。吉田は9月30日の第7節ストーク・シティ戦以来、10試合ぶり今季2点目となった。

 1点を返され、立て続けにピンチを迎えるなど嫌な流れとなったレスターだが、後半24分に試合を決定づけるゴールを挙げる。相手のパスミスからハーフェーライン付近でボールを受けたマフレズがすかさず前線にスルーパスを送る。バーディがPA右から上げたクロスを吉田の前に走り込んだ岡崎が右足で合わせ、4-1。岡崎のプレミアリーグでの1試合2ゴールは初となった。

 レスターは後半27分、マフレズとバーディを下げ、グレイとオルブライトンを投入する。38分には、DFベン・チルウェルに代えてFWレオナルド・ウジョアを入れる余裕をみせ、試合はそのまま4-1で終了。レスターが4連勝を飾った。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:42 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村憲剛、エル・クラシコのDAZN特別ゲスト解説に!「楽しみでしょうがない」(関連まとめ)

【サッカー】<中村憲剛(川崎フロンターレ)>DAZN「エル・クラシコ特別ゲスト解説」に登場!「楽しみでしょうがない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513173930/
中村憲剛インタビュー.jpg
1: Egg ★ 2017/12/13(水) 23:05:30.61 ID:CAP_USER9.net

DAZNは13日、12月23日(土)21:00(日本時間20:25放映開始予定)より開催されるラ・リーガ サンタンデール第17節「レアル・マドリーvs バルセロナ」 (通称:エル・クラシコ)の特別ゲスト解説に、川崎フロンターレのMF中村憲剛が登場することを発表した。

この「至高の一戦」に先立ち、DAZNでは特別ゲスト解説に登場する中村の独占インタビューを13日より公開。 現役Jリーグ所属選手が解説を担当する他では観ることのできない注目の一戦。エル・クラシコにかける並々ならぬ想いや試合の見所などを中村が語っている。

今回クラシコの中継解説は「初めて」と語る中村。「だからこの話を受けたときにはすぐ予定を空けました。これはやりたいな」とクラシコ開催を心待ちにしているようだ。

「小さいころはバルセロナが好きだった」と語る中村にとって、クラシコとはどんな存在か問われると、「レアルとバルサのプライドのぶつかり合い。 世界でも断トツで観られている試合なので、プロサッカー選手というよりも純粋なサッカーファンとして観させてもらってます」と答えた。

今年のクラシコは12月23日に開催。日本時間の21:00キックオフされるため、日本にとってはゴールデンタイムのスタートとなる。中村も「初めて生で観るんじゃないかな。楽しみでしょうがない」と笑みを浮かべる。

「プロの解説ではないので、自分なりの観たときの感想を尺通りにやれればと思います。思いが強すぎてダラダラしゃべりそうなので、うまくコントロールしてもらえれば(笑)誰もが知っている世界最強の2クラブのガチンコ対決なので、すべてを楽しみたいと思います」と解説への意気込みを語っている。

■試合詳細
ラ・リーガ サンタンデール第17節
レアル・マドリー vs バルセロナ
日時:2017年12月23日(土)21:00キックオフ(日本時間20:25より放映開始予定)
実況:桑原学
解説:水沼貴史
特別ゲスト解説:中村憲剛

■中村憲剛 プロフィール

川崎フロンターレ MF14 中村憲剛(なかむら・けんご)

1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。中央大卒業後、2003年に川崎フロンターレへ加入。卓越したパスセンスと抜群の空間把握能力で日本代表としても活躍し、 2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場した。プロ入り後は川崎F一筋でプレーし、J2からJ1の強豪へと成長するチームをけん引。何度も目前でタイトル獲得を逃してきたが、 今シーズンの明治安田生命J1リーグを制し、悲願の初タイトルを獲得した。Jリーグ屈指の“海外サッカーフリーク”としても知られ、多くのメディアで持ち前のサッカー観と巧みな話術を存分に披露。

今回、「DAZN」初登場にして、自身初となるエル・クラシコの解説に挑む。J1リーグ通算405試合出場64得点。 Jリーグベストイレブン(2006年、2007年、2008年、2009年、2010年、2016年、2017年)、JリーグMVP(2016年)も受賞。

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171213-00000016-goal-000-view.jpg

12/13(水) 18:10配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000016-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】鳥栖イバルボの凄さ

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9786
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1513161204/
イバルボ2017鳥栖.jpg

464: U-名無しさん 2017/12/13(水) 23:03:12.46 ID:u3qyNOwe0.net

イバルボこそチートレベルだな
あれに決定力があればどうなることか、というか決定力あればそもそも日本に来てないか


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:22 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

井手口陽介、英2部リーズ移籍後はスペイン2部にレンタルか?移籍金は約1億3400万円の見込み(関連まとめ)

【サッカー】<MF井手口陽介(G大阪>スペイン2部レンタル浮上 労働許可証の取得微妙で
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513113090/
井手口2017G大阪ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2017/12/13(水) 06:11:30.88 ID:CAP_USER9.net

今冬イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)リーズへの完全移籍が内定したMF井手口陽介(21=G大阪)が、スペイン2部クルトゥラル・レオネサへ期限付き移籍する可能性が出てきた。スペイン紙「ディアリオ・デ・レオンが」が12日付で報じた。

イングランドでプレーするには労働許可証の認可が必要。E―1選手権の結果次第ではリーズでプレーする選択肢も残されているが、認可が下りなかった場合は保有権だけがリーズに移り、他の欧州クラブでプレーすることになる。その候補の一つとしてリーズと提携しているレオネサが浮上した。

またこの日、英BBC放送(電子版)が移籍を報道。違約金は50万ポンド(約7500万円)と報じられたが、関係者によると100万ユーロ(約1億3400万円)になる見込みという。

12/13(水) 5:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000010-spnannex-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171213-00000010-spnannex-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:56 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、MF大島僚太が左脚肉離れでE-1選手権を負傷離脱(関連まとめ)

日本代表、大島僚太が左太もも肉離れで途中離脱「残った選手にタイトルを取って貰いたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000015-goal-socc
大島2017中国戦負傷.jpg


日本サッカー協会(JFA)は13日、EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会に参加している日本代表からMF大島僚太(川崎フロンターレ)が離脱することを発表した。

大島は12日に行われたE-1 サッカー選手権の第2戦・中国代表戦に先発出場していたが、30分に負傷により交代を余儀なくされていた。JFAの発表によると、左大腿二頭筋肉離れと診断された。

第3戦を残しての離脱となった大島は、協会を通じて以下のようにコメントした。

「ケガにより離脱することになってとても残念です。このチームで優勝を目指していたので残念ですけど、残った選手に頑張ってタイトルを取って貰いたいと思います。自分はしっかりとケガを治して、またここに戻って来られるよう頑張りたいと思います」

日本代表は16日に第3戦で韓国代表と対戦する。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9785
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1513145337/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:52 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、秋春制案を否決!村井チェアマンが9項目に渡り移行しない理由を説明

【サッカー】<Jリーグ>秋春制移行案を否決!反対意見8割 村井チェアマンは9項目で「移行しない理由」を説明
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513115573/
村井チェアマン説明.jpg
1: Egg ★ 2017/12/13(水) 06:52:53.78 ID:CAP_USER9.net

Jリーグは12日に開催された理事会において、22シーズンより検討していた秋春制へのシーズン移行案を否決した。秋春制へのシーズン移行は、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長から提案があり、Jリーグも1年をかけて議論を重ねてきた。

同日、会見した村井満チェアマンは「移行しない理由」として9つの項目を挙げて説明。「いろんな角度から検証してきたが、日本はまだまだサッカーの途上国。ファン・サポーターの皆様と一日でも長く、ちゃんとした試合を継続していくことを原点として意思決定をした」と話した。Jリーグとしては今後、18年5月をめどに、日本サッカーの強化と普及に向けたビジョンと施策案を発表することにしているという。

村井チェアマンが説明した「移行しない理由」

1、移行しない方が、リーグ戦実施可能期間が1か月以上長い。

2、移行するとシーズン終盤の4、5月にAFCチャンピオンズリーグのグループステージ終盤やラウンド16が入る。出場4クラブだけがリーグ戦最終局面を厳しい日程で戦うことになる。

3、移行しても1月に移籍する選手は減らない可能性が高い。また夏のウインドーならば移籍金が少なく済むとは言い切れない。

4、シーズン末に決勝が集中することは世界基準で違和感がない。

5、「雪国に相当設備のスタジアム等が整備されるだろう」という期待を前提とした移行を、経営リスクととらえるクラブ経営者が多い。

6、移行期の0.5年または1.5年での収益確保は、Jリーグ54クラブそれぞれの課題で難易度が高い。

7、現シーズンは学校年度と完全ではないが、ほぼ揃っている。移行して半年ずれてしまうマイナスは大きい。

8、企業との期ずれも、企業側でヒアリングしたところ、修正は難しいとの見方が多い。

9、移行カレンダーの1、2月に計4試合予定されているルヴァン杯は、検証したところ他の期日にプロットできない。Jリーグはルヴァン杯を全国のホームタウンで通年開催したいと考えており、移行カレンダーではルヴァン杯が成立しておらず、Jリーグの考えではカレンダー自体が成立していない。

会見に同席した原博実副理事長も「代表の強化が重要なのはよく分かる」と理解を示した上で、育成面では学校カレンダーと一緒になっていた方がいいと強調。「欧州もサッカーがありきじゃなくて、世の中の流れ、文化がシステムに合っている。大会カレンダーのそのものを変えれば上手くいくという考え方ではなく、大きな視野を持ってやっていきたい」と力説した。

12/12(火) 22:59配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-01647554-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171212-01647554-gekisaka-000-view.jpg

J理事会でシーズン制移行を正式拒否、反対意見8割
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00075774-nksports-socc

【サッカー】<Jリーグ>夏開幕の「夏春制」移行せず!理事会で決まる
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513068834/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:33 | 大阪 ☀ | Comment(30) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1清水、名古屋前社長の久米一正氏のGM就任を発表!11年ぶりの復帰(関連まとめ)

清水 前名古屋社長・久米一正氏がGMに就任 11年ぶり復帰
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000118-spnannex-socc
久米名古屋社長時代.jpg

J1清水は13日、前名古屋社長の久米一正氏(62)が来年元日付でゼネラルマネージャー(GM)に就任することが決定したと発表した。久米氏の清水復帰は11年ぶりとなる。

 静岡県浜松市出身の久米氏は浜名高、中央大を経て1978年4月に日立製作所へ入社。91年6月に日本サッカー協会へ出向して日本サッカーリーグ(JSL)事務局長などを務め、94年4月に柏へ出向し、取締役強化本部長などを務めて02年12月に退社した。

 翌03年2月に清水入り。強化育成本部長、常務などを歴任して07年12月に退社した。08年2月に名古屋のGMに就任すると10年にはクラブ初のリーグ優勝。15年4月に社長に就任したが、クラブ初のJ2降格を受けて16年11月に退任していた。

しみじみ清水エスパルス1756
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1513083449/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:36 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブッフォン、イタリア代表の復帰示唆?「ユーロ2020の出場を否定しない」

【サッカー】<ブッフォン>イタリア代表復帰を示唆? 「必要とされる限りは…」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513139788/
ブッフォン表彰式.jpg
1: 豆次郎 ★ 2017/12/13(水) 13:36:28.58 ID:CAP_USER9.net

12/13(水) 13:02配信
ブッフォンがイタリア代表復帰を示唆? 「必要とされる限りは…」

 ユヴェントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、代表への復帰をほのめかしたようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が12日に報じた。

 同紙主催のイタリア人スポーツ選手を対象とした『ガゼッタ・スポーツ・アウォーズ 2017』で、「今年最も活躍した人物」の部門に選出されたブッフォンは「トリプルの達成? 人生が続く限り、望みは捨てない。複数のコンペティションを戦える幸運に恵まれてれば、選択するような必要もない。ユヴェントスのようなクラブは、最も高い頂を目指さなければいけない。あとはなるようになるだけだ。昨シーズンは、全てが上手くいったが、最後のカーディフでの大舞台だけが、上手くいかなかった」とリーグ、カップ戦、チャンピオンズリーグ(CL)の3冠達成を目指していることを強調した。

 そして、先日引退を表明した代表については「『自分が必要とされる限りは……』とこのように答えたい。スウェーデンに敗れ、たくさんの愛情が溢れたメッセージを受け取った。人々は、私がキャリアにおいて、一度もごまかしてプレーしていないことを理解している。これが評価されたのだと思うよ。ユーロ2020への出場? 自分は1日1日を生きている。出場を否定しない」と現役続行を示唆した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00683812-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171213-00683812-soccerk-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、ブンデス公式MOMに選出!独地元紙でも最高点タイ!シュティーガー監督初陣でゴール決め2得点に絡む活躍

香川真司、ブンデス公式でMOMに…シュテーガー新監督の初陣飾る活躍
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000042-goal-socc
香川2017第16節ゴール03.jpg

ドルトムントのMF香川真司が、マインツ戦で見事な活躍を見せてドイツメディアで高い評価を獲得している。

ドルトムントは12日、ブンデスリーガ第16節でマインツと対戦。9試合勝利なしと不振に陥っていたドルトムントはピーター・ボス監督を解任し、ペーター・シュテーガー監督を招へいして初めての試合となった。

試合は後半にソクラティス・パパスタソプロスのゴールでドルトムントが先制すると、終了間際に香川のダメ押し弾が決まり、2-0で勝利。久々の勝利に貢献し、フル出場を果たした香川には賛辞が贈られている。

地元紙『ルールナハリヒテン』では、香川のパフォーマンスはソクラティス・パパスタソプロスと並び、チーム最高タイの「2.5」。評価記事を「香川が(ゲームを)整えた」と題しながら、「たくさん動き、常にボールを受けられる形をつくった。(78分)2−0を決めなければいけなかったが、幸いにも試合終了間際にそれができた」と寸評した。

そのほかほとんどの選手たちに「3」〜「3.5」と及第点を与えた同紙だが、ラファエル・ゲレイロやアンドリ―・ヤルモレンコ、クリスチャン・プリシッチには最低タイとなる「4」と低めな評価を下している。

またブンデスリーガ公式ウェブサイトは香川をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。

プレーについては「香川はドルトムントが記録したシュート15本中4本に関与しており、自らチーム最多シュート数となる3本を放った。機敏な日本人選手はたくさん走り(12.6キロ)、競り合いにおいては47%とアタッカーにしては高めの勝率を記録している」と記された。

【BVB09】Borussia Dortmund 789【jjj】
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513114292/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:30 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表FW川又堅碁「俊さんに『お前もっと練習しろ!』って毎日言われてる」先輩・中村俊輔の「愛の鞭」を暴露(関連まとめ)

「お前、もっと練習しろ」川又堅碁が明かす先輩・中村俊輔の“愛のムチ”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000028-goal-socc
川又2017E1中国戦02.jpg

12日に行われたEAFF E-1サッカー選手権第2戦で日本代表が中国代表に2-1で勝利した。2戦連続で途中出場し、先制点の起点になったジュビロ磐田の川又堅碁が試合を振り返った。

「チームが結果出てるから嬉しいけど、結果が出てねえ。FWだからね」と勝利したものの、自身はノーゴールに終わったことを悔やんだ川又。

途中出場ながらもフィジカルの強さは「出せていた」としながらも「落ち着いてプレーはできているなと思いますけど、その先がほしい」と、最終的にはゴールを欲した。

しかし、川又は前線で身体を張ったポストプレーをいかんなく発揮し、終盤に小林悠が決めた先制ゴールの起点となった。2年前の東アジア選手権では…?と質問が飛ぶと「過去なんて覚えてない(笑)。いや、覚えてるよ。でも、過去は過去や」と一蹴した。

川又は今回の代表では追加招集という立場だが「そんなの関係ない。呼ばれたら呼ばれたで代表。そりゃ追加だから、最初はギャグで『追加の川又です』って言いましたけど(笑)。でも、それはギャグですから。来たからには関係ない」とジョークを交えながらも、強い気持ちをしっかりと見せる。

今季名古屋グランパスから磐田へ移籍。名波浩監督のもと、明治安田生命J1リーグで14ゴールを挙げエースとしての信頼を勝ち取った。川又自身も磐田で成長したことを実感している。「ナナ(名波監督)さんに教えてもらったからね。俊(中村俊輔)にも。いや、やっぱ呼び捨てはダメ。俊ちゃんね(笑)」

ロシアW杯メンバーのサバイバルで生き残るためには?という質問には「俺がそんなこと発言したら、俊さんに怒られる…。お前、もっと練習しろって毎日言われる。飯食いに行っても言われるし(笑)」と謙遜した。

「(俊さんは)怖いよ。動けよって言われるし。怖いんじゃなくて愛があるんだけどね(笑)」

この試合でも前線でボールを収めてタメを作り、攻撃の流れを変えた川又。安定したプレーを続ける要因は、磐田での厳しくも愛がある先輩たちによる指導のおかげなのかもしれない。

ジュビロ磐田 part.966
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1512960729/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【香川最高や!】香川真司、新監督初戦でゴール!オバメヤンとの絶妙なコンビネーションで今季リーグ3得点目!2得点に絡む活躍でマインツ戦2-0勝利に貢献!(関連まとめ)

【サッカー】<香川真司( ドルトムント>試合を決める追加点! オーバメヤンとのコンビネーションから今季3点目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513114292/
香川2017第16節ゴール02.jpg
1: Egg ★ 2017/12/13(水) 06:31:32.01 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ第16節が12日に行われ、香川真司が所属するドルトムントはマインツと対戦した。

先発した香川はFKから1点目の起点になると、89分にピエール・エメリク・オーバメヤンとのコンビネーションから2人で相手守備陣を崩してチーム2点目をゲット。香川のリーグ戦3点目でリードを広げた。

試合はそのまま2−0で終了。ドルトムントはペーター・シュテーガー監督体制初戦で勝利を飾り、第7節以来の勝ち点3を手にした。

12/13(水) 6:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00683688-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171213-00683688-soccerk-000-view.jpg"


42: Egg ★ 2017/12/13(水) 06:37:19.32 ID:CAP_USER9.net

>>1 追加ソース

■香川が今季4点目!ドルトムントがシュテーガー新監督の初陣飾る/ブンデスリーガ第16節

■ブンデス第16節 マインツ 0-2 ドルトムント

ドルトムント:パパスタソプーロス(55分)、香川(89分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11046010

現地時間12日、ドイツ・ブンデスリーガ第16節が行われ、香川真司の所属するドルトムントは敵地で武藤嘉紀の所属するマインツと対戦し2-0で久々の勝利を手にした。
先発した香川はフル出場を果たし、終了間際に今季公式戦4点目となる追加点を挙げた。背中の負傷からの復帰を目指す武藤はベンチ入りメンバーから外れている。

公式戦9試合勝利のなかったピーター・ボス監督を解任したドルトムントは、後任として今シーズンのケルンでリーグ14試合未勝利の末に解任されたばかりのピーター・シュテーガー監督を招聘。
この驚きの監督人事の裏では、ホッフェンハイムを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督をシーズン終了後に引き抜くとの報道もあり、そのナーゲルスマンがスタンドから視察(週末にドルトムントと対戦)する中で注目の初陣となった。

試合は立ち上がりから地力で勝るドルトムントがボールを支配するものの、なかなか攻撃のスイッチが入らず、シュートチャンスの少ない展開に。
むしろ決定機の数ではカウンターを狙うマインツの方が上回っており、7分にはスアト・セルダルのシュートがクロスバーを叩いた。

パス回しが単調で、誰がチャレンジするのか、どこでリスクを冒すのかがチームとして見えてこないドルトムントは、エースのピエール=エメリク・オーバメヤンにいい形でボールが入らず、怖さのある攻撃を仕掛けることができない。

右のインサイドハーフでプレーする香川はボールを受ける位置がやや低く、仕掛けるよりもつなぐプレーを重視。32分にはペナルティーエリア手前から左足でミドルシュートを放ったが、精度を欠きゴール上へと外れた。

41分、カウンターからユリアン・ヴァイグルの浮き球パスにオーバメヤンが抜け出すも、滑り込みながらのシュートはゴール右へ。前半のボール支配率は65%でドルトムントが上回ったものの、、シュート数は6対5でマインツが上回る結果となった。

どちらも積極的にはリスクを冒したがらず、手堅い内容でスコアレスとなった前半を経て迎えた後半、試合が動いたのはセットプレーだった。
55分、左サイドからのFKを香川が右足で蹴ると、ファーサイドのウメル・トプラクが頭で合わせるも右のポストを直撃。しかしこのこぼれ球をソクラティス・パパスタソプーロスがボレーで叩き込み、ドルトムントが先制する。

ここで畳み掛けるのが以前のドルトムントだが、反撃に出たいマインツが攻勢を強めたこともあり、シュテーガー新監督はバランスを取ることを優先する。
70分、唯一“仕掛け役”としてアクセントを加えていたクリスティアン・プリシッチに代えてマハムード・ダフードを投入。これによって香川がプリシッチの務めていた左のウイングに移り、ダフードがインサイドハーフに入った。

しかしこれがなかなか機能しないことを受け、香川がサイドもこなせるラファエル・ゲレイロとポジションチェンジして香川は再びインサイドハーフとして中央でプレー。
すると79分、ショートカウンターからエリア内右を抜けたアンドリー・ヤルモレンコの折り返しをゴール前でフリーの香川が合わせる。しかし、この絶好機をGKの足にブロックされてしまう。

またも決定機を逸してしまった香川だが、終了間際の89分にようやく歓喜の瞬間が訪れる。香川のパスに抜け出したオーバメヤンがGKをかわし、戻ったDFにシュートコースを防がれた中でラストパスを選択。
走り込んだ香川が今度はキッチリと決め、ドルトムントが大きな追加点を挙げた。

2点リードを得たドルトムントは、残り少ない時間でマインツの反撃をゼロに抑え、新監督の初陣を飾っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000038-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:32 | 大阪 ☀ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング