アンテナ・まとめ RSS

2017年12月28日

ブンデス、平均観客動員数が昨季比6.3%増の4.4万人!プレミアは5.7%増の3.8万人!欧州リーグ前半戦の平均観客動員数

【サッカー】<欧州リーグの前半戦平均観客数>最多はドイツで昨季比6.3%増の4.4万人!2位はプレミアリーグで、3万8021人。5.7%の増加
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514419393/
ドルトムントゴール裏.jpg

1: Egg ★ 2017/12/28(木) 09:03:13.58 ID:CAP_USER9.net

2017/18シーズンの前半戦を終えた欧州主要リーグで、最多の平均観客動員数を記録しているのはドイツのブンデスリーガであり、昨年比で約6.3%増加しているという。スペイン紙『アス』が27日付でデータを伝えた。

 シーズンの半分にあたる第17節までを戦い終えたブンデスリーガでは、全153試合で合計678万2232人の観客が試合を観戦。1試合平均4万4335人で欧州最多となっている。昨シーズン全体の平均4万1511人から約6.3%増加している。

 その理由として『アス』紙は、2006年ワールドカップ時に建設された近代的で快適なスタジアムが多いことや、平均31ユーロ(約4200円)という手頃な入場料金、また入場チケット提示によりスタジアムまでの公共交通機関が無料となる点などを挙げている。

 平均観客数の2位はイングランドのプレミアリーグで、3万8021人。こちらも昨シーズン比で5.7%の増加となっている。マンチェスター・ユナイテッドが平均7万4982人で最も多く、ウェンブリー・スタジアムを今季の本拠地として使用するトッテナムが2位に続く。

 平均観客数3位のリーグはスペインのリーガエスパニョーラで2万7165人だが、昨シーズンよりわずかに減少。その理由としては10月のバルセロナ対ラス・パルマス戦が無観客試合となったことや、一部スタジアムで工事のため収容人数が制限されたことなどが挙げられている。

 平均観客数4位はイタリア・セリエAで2万4481人。フランス・リーグアンが2万1859人で5位に続いている。

12/28(木) 8:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171228-00248893-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】FC東京、立石敬之GMの退任を発表!(関連まとめ)

FC東京、立石敬之GMの退任を発表「陰ながら応援させていただきます」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00691313-soccerk-socc

立石GM.jpg

 FC東京は28日、立石敬之ゼネラルマネジャーの退任を発表した。

 立石氏は2007年にFC東京の強化部入り。以降は強化部長、ゼネラルマネジャーを歴任した。立石氏はクラブ公式HPを通じて以下のようにコメントを発表している。

「このたび、2007年より11年間お世話になったクラブを離れることになりました。在籍時は、良い時も悪い時もありましたが、一緒に戦ってきた選手・スタッフのみなさんへの感謝の想いは、言葉では言い表すことができません。そして今シーズン、ファン・サポーターのみなさまの期待を大きく裏切る結果になってしまったことを、大変申し訳なく思っています。クラブを離れますが、FC東京が来シーズンに大きく飛躍を遂げ、悲願のリーグ優勝を勝ち獲れるよう、陰ながら応援させていただきます」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9873
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1514437667/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:45 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1仙台、野津田岳人がレンタル延長決定!平山相太の契約更新も発表(関連まとめ)

仙台、MF野津田岳人の“残留”が決定…FW平山相太の契約更新も発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00691417-soccerk-socc
野津田2017仙台.jpg

今年8月よりベガルタ仙台へ期限付き移籍していたサンフレッチェ広島のMF野津田岳人について、期限付き移籍期間の延長が決まった。両クラブが28日に発表している。期限付き移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日まで。契約により、同選手は広島と対戦する全ての公式戦に出場することができない。

 野津田は仙台のクラブ公式HPでコメントを発表。来季も仙台の一員として戦うことが決まり、意気込みを見せている。

「来シーズンもベガルタ仙台の一員としてプレーすることになりました。苦しい時期に手を差し伸べていただき、もう一度自分に選手としての自信を取り戻させてくれました。来シーズンも必要としてくれたチームの熱意に喜びを感じ、期待に応えたいと思い、仙台でプレーすることを決断しました。1試合でも多く勝利の喜びを届けるために、チームメートやサポーターのみなさんと共に、全力で戦いたいと思います。引き続き熱い声援をよろしくお願いします」

 また、所属元である広島のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、さらなる成長を誓った。

「来年も1年間仙台でプレーすることになりました。広島に帰ってプレーしたい気持ちは強かったですが、色々な葛藤や迷いがあり、とても悩みましたが自分自身もう1年、仙台でプレーすることを決断しました。1年間試合に出続けて必ず成長して、また広島の力になれるよう大きくなってきたいと思います!」

 野津田は1994年生まれの現在23歳。広島ユース出身の同選手は、今季開幕前に清水エスパルスへ期限付き移籍したが、8月7日に仙台への期限付き移籍が決まった。2017明治安田生命J1リーグでは、清水で11試合出場0得点、広島で12試合出場3得点を記録している。

 また、今季より仙台に完全移籍加入したFW平山相太の契約更新も併せて発表された。ヘラクレス(オランダ)、FC東京でプレーしてきた同選手は、ケガの影響で公式戦の出場がないままシーズン終了。クラブ公式HPで、巻き返しに向けての意気込みを述べている。

「今シーズンはけがで苦しみ、悔しい1年でした。来シーズンは悔しさを原動力に、ゴールを決めてチームの勝利に貢献したいです。応援よろしくお願いいたします」


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9872
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1514428712/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、破竹の18連勝!スターリング決勝ゴールでニューカッスルに1-0勝利し無敗で首位独走(関連まとめ)

【サッカー】<プレミアリーグ第20節>マンチェスター・シティの勢い止まらず…ニューカッスルを下し驚異の18連勝!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514412642/
スターリング2017第20節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2017/12/28(木) 07:10:42.97 ID:CAP_USER9.net

■プレミアリーグ第20節

ニューカッスル 0−1 マンチェスター・シティ

<得点者>

マンチェスター・C:スターリング(31分)


現地時間27日、プレミアリーグ第20節ニューカッスルvsマンチェスター・Cの一戦が行われた。

第2節エヴァートン戦で引き分けてから、リーグ戦で17連勝を飾っているマンチェスター・Cが、アウェーながら高いボール支配率を記録し、相手ゴールを脅かす展開が続いた。

開始直後からニコラス・オタメンディ、セルヒオ・アグエロ、カイル・ウォーカーらがシュートを放つ。すると11分にマンチェスター・CはDFヴァンサン・コンパニが負傷交代を余儀なくされ、早くも序盤で交代枠1枚を使うことに。

だが、ジョゼップ・グアルディオラ監督はDFコンパニに代えてFWガブリエウ・ジェズスを投入し、攻撃の枚数を増やす陣形にスライドする。

その後もマンチェスター・Cは攻勢をかけ続け、31分にようやく先制に成功する。ケヴィン・デ・ブライネが浮き球のパスをラヒーム・スターリングに通すと、スターリングは左足ダイレクトでゴールに流し込み、マンチェスター・Cが1点を先行する。

追う展開になったニューカッスルは35分、左サイドからローランド・アーロンズが相手GKの位置を見計らってループ気味にシュートを放つも、オタメンディがゴールライン上でかき出され、同点ゴールは決まらず。

後半に入ってからもマンチェスター・Cのハーフコートマッチのような状況が続く。66分、デ・ブライネが右足でミドルを放ち、バーに弾かれる。そのルーズボールに反応したアグエロが無人のゴールに押し込むも、アグエロはオフサイドポジションとの判定で追加点はならなかった。

防戦一方のニューカッスルはクリスティアン・アツを投入して流れを引き用せようとする一方で、マンチェスター・CはFWアグエロを下げてDFエリアカン・マンガラを入れ、守備陣の枚数を戻す形に。

ここからニューカッスルは反撃を見せるも1点が遠く、マンチェスター・Cが1点のリードを守りきって勝利を収めている。これでマンチェスター・Cは第3節からの連勝を18に伸ばした。

なお、フルタイムでのボール支配率は22−78%、シュート本数は6−21(枠内2−6)という内容だった。

マンチェスター・Cは勝ち点3を積み重ね、これで勝ち点を58に伸ばした。一方のニューカッスルは勝ち点18のまま、暫定15位となっており残留争いの様相を呈している。

12/28(木) 6:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000028-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171228-00000028-goal-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋、香川元同僚GKランゲラクに正式オファー!豪州代表で現在はレバンテに所属(関連まとめ)

【サッカー】<名古屋グランパス>豪州代表でスペイン1部レバンテGKミチェル・ランゲラクの獲得に乗り出す!香川真司の同僚として活躍
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514410683/
ランゲラクdortmund00.jpg

1: Egg ★ 2017/12/28(木) 06:38:03.77 ID:CAP_USER9.net

来季J1に昇格する名古屋が、オーストラリア代表でスペイン1部レバンテGKミチェル・ランゲラク(29)の獲得に乗り出していることが27日、分かった。複数のスペイン関係者によると正式オファーがレバンテに届いている。

 ハリルジャパンと対戦した8月31日のW杯アジア最終予選には招集されていなかったが、11月の大陸間プレーオフ・ホンジュラスとの2連戦には招集。国際Aマッチ8キャップで、14年W杯ブラジル大会にも出場。

10〜15年までドルトムント所属でMF香川真司の同僚として活躍したが、今季加入したレバンテではカップ戦1試合の出場にとどまっている。元ブラジル代表FWジョー(コリンチャンス)獲得も間近。外国人“傭兵(ようへい)部隊”で2年ぶりのJ1舞台へ殴り込む。

12/28(木) 4:55配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000004-spnannex-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171228-00000004-spnannex-000-0-view.jpg

【サッカー】<名古屋グランパス>「名古屋のジョー」誕生へ!3年総額年俸12億円の破格提示で、移籍金は日本サッカー史上最高金額
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514074409/



※一部追記編集しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、吉田同僚ファン・ダイク獲得で合意を発表!移籍金はDF史上最高額の114億円(関連まとめ)

【サッカー】<リヴァプール>ついにファン・ダイクと契約!移籍金はDF史上最高額の114億円
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514411090/
ファンダイクリバプールユニ.jpg
1: Egg ★ 2017/12/28(木) 06:44:50.36 ID:CAP_USER9.net

リヴァプールは、サウサンプトンとビルヒル・ファン・ダイクの移籍で合意したと発表した。

今夏からリヴァプールが強く獲得を求め、ファン・ダイク自身もアンフィールドでのプレーを望むなど相思相愛とされてきた両者。しかし、サウサンプトンは、リヴァプールが同選手と不正に接触したとリーグに訴え、契約が目前まで迫っていたものの、夏の移籍は破談に終わっていた。

結局サウサンプトンに残ることとなったファン・ダイクだが、移籍希望を隠さずクラブとの関係が悪化。メンバーを外れことも多く、マンチェスター・シティなどビッグクラブへの移籍が噂され続けていた。

そして27日、リヴァプールとサウサンプトンはついにファン・ダイクの移籍に合意。オランダ代表DFは来年の1月1日に新天地に活躍の場を移すことが決まった。移籍金はディフェンダーとして史上最高額となる7500万ポンド(約114億円)とされ、4番を着用するようだ。

ファン・ダイクは自身のインスタグラムで「世界のビッグクラブの1つに加入することが決まって誇りに思うよ。この名高い赤いユニフォームを纏ってピッチに立つことを待ちきれないよ。このクラブが特別なことを成し遂げる手助けができるように全力を尽くしたい」と喜びのコメントを投稿した。

12/28(木) 5:34配信 Goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000026-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171228-00000026-goal-000-3-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:50 | 大阪 ☁ | Comment(34) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オランダリーグ、凋落…史上初めて「CLストレート権」を失う

【サッカー/海外リーグ】オランダ勢の凋落 史上初めて「CLストレート権」を失う
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514383451/
オランダリーグ各クラブ.jpg

1: 数の子 ★ 2017/12/27(水) 23:04:11.40 ID:CAP_USER9.net

アヤックスやPSV、フェイエノールトなど、名門が揃うオランダ1部エールディヴィジ。

しかし、リーグの国際競争力は年々低下しており、UEFAが発表しているリーグランキングではトルコやオーストリアより下の12位となっている。

そんなエールディビジの衰退を象徴する事態が起きたようだ。英国『BBC』によれば、来シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではオランダのチームにストレートインの権利が与えられないのだという。

今シーズンのエールディヴィジでは、優勝チームのフェイエノールトにグループステージへの出場権が、2位のアヤックスに予備予選3回戦への出場権が与えられていた。

結局アヤックスは同ラウンドでニースに敗れ敗退となり、フェイエノールトもグループステージ最下位となってUEFAヨーロッパリーグにも進むことができなかった。

また、ELでもフィテッセがすでに敗退となっており、UEFA主催大会においてオランダ勢は早くも全滅に。これにより、オランダのUEFAカントリーランキングはさらに低下することが確実となっているという。

オランダのクラブにCLのストレート権が与えられないのはこれが初めてのこと。時代を感じさせるニュースである。
http://qoly.jp/2017/12/27/netherlands-cl-kwm-1


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

柴崎岳、リーガ挑戦の2017年総まとめ テネリフェ移籍後、体調不良からの復活!昇格争いでの活躍!ヘタフェ移籍後バルセロナ相手にスーパーゴール

柴崎岳、リーガ挑戦の2017年総まとめ ヘタフェ移籍後、体調不良からの復活!昇格争いでの活躍!ヘタフェ移籍後バルセロナ相手にスーパーゴール

柴崎2017バルサ戦ゴール.jpg


管理人:柴崎岳選手と鹿島アントラーズ・テネリフェ・ヘタフェに関連する2017年の印象に残った記事を抜粋しました。 レスも少なめですが、いくつか載せてあります。 だいたいの雰囲気を掴んで頂くためにレス番号等でつじつまの無い所がございます。 予めご了承くださいませ。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:50 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元アーセナルDFエブエ、離婚で財産を失い窮状告白「洗濯機も無い」古巣ガラタサライやアーセナルが救いの手

元アーセナルDFが窮状を告白。「警察から隠れて暮らしている」「洗濯機もない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171225-00248441-footballc-socc
エブエインタビュー.jpg

かつてアーセナルなどで活躍した元コートジボワール代表DFエマヌエル・エブエが、妻との離婚を巡る争いの末に財産を失い、困窮に陥っていることを告白した。英紙『ミラー』のインタビューに語っている。

 エブエは2005年から11年までアーセナルに在籍し、チャンピオンズリーグ準優勝などに貢献。その後トルコの強豪ガラタサライでも5年間プレーした。コートジボワール代表としても2度のワールドカップに出場した主力選手だった。

 だが2016年3月にサンダーランドに加入した直後、元代理人とのトラブルにより国際サッカー連盟(FIFA)から1年間の出場停止処分を受けた。兄弟と祖父を亡くしたことによるショックも重なり、「自殺を考えたこともあった」と以前に告白していた。

 出場停止処分は解けたが、メンタルの問題のより現在もプレーできない状況だという34歳のエブエは、ベルギー人の妻オーレリーさんとの離婚を巡る争いに苦しんでいるという。ロンドンの自宅も妻に明け渡すことを裁判所に命じられており、「いつ警察が来るか分からない。中にいることを知られたくないから、電気を消して閉じこもっていることもある」とエブエは語る。

 自宅以外の財産はすでにほとんど失い、「弁護士を雇い続ける金もない」とのこと。車も妻に引き渡して公共交通機関で移動しており、洗濯機もないため「毎日自分でジーンズや服を洗っている。洗濯や料理や掃除など、若い頃に何でも教えてくれた祖母に感謝している」と話している。

 元チームメートのティエリ・アンリ氏などがサッカー解説者として活躍している姿をテレビで目にするのは複雑な思いだという。「ティエリを見ると、彼のために嬉しく思う一方で、自分の状況が恥ずかしくなる。一緒にプレーしたり対戦したりした友人たちをテレビで見るのは辛い」

「もし過去に所属したクラブが助けてくれならすごく嬉しい。若い選手たちを助けられるかもしれない。選手協会は代理人との問題の時にも助けてくれた。大きなものではなくても、何か仕事を貰えれば…」とエブエは、古巣のアーセナルや選手協会などに助けを求めようとしている。

窮地のエブエに古巣2クラブが救いの手「どうにかして助けることができれば」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00248861-footballc-socc

元アーセナル所属のエマヌエル・エブエが窮地に陥っている。英紙『デイリー・メール』が伝えた。

 エブエは、2016年のサンダーランド在籍時、元代理人とのトラブルが原因でFIFAから1年間の出場停止処分を下されると、その後は妻との離婚を巡る争いが勃発。最終的には裁判所の命令で自宅を明け渡すこととなり、現在は洗濯機のない生活に陥るなど窮地に立たされている。

 この窮状を知りいち早く反応したのは、エブエが2011年から4年間在籍したトルコのガラタサライだった。同クラブは、稼ぎ口のないエブエをアカデミーのコーチとして迎え入れようとしているようだ。

 さらにその後、イングランドのアーセナルがエブエの救済に声明を出した。同クラブのスポークスマンは、2005年から2011年の間チームに在籍したエブエに対し「最近のエマヌエルの苦難を知って本当に申し訳なく思っている。我々は、どうにか彼を助けることはできないか探ってみるつもりだ」と語っている。

 苦境に立たされているエブエだが、古巣の2クラブはかつてチームに貢献した選手に何らかの形で手を差し伸べようとしている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1201】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1514088647/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:37 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和MF梅崎司、湘南に完全移籍が正式決定!埼スタ凱旋時には「大きなブーイングでお願いします」

浦和レッズMF梅崎司が湘南ベルマーレへ完全移籍…埼スタ“凱旋”時は「大きなブーイングお願いします」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000001-goal-socc
梅崎2017ACL決勝後.jpg

浦和レッズは27日、元日本代表MF梅崎司が湘南ベルマーレへ完全移籍すると発表した。

現在30歳の梅崎は大分トリニータのアカデミー出身。2005年7月のサンフレッチェ広島戦でJ1リーグデビューを果たすと、翌シーズンは主力として活躍した。2007年1月からはグルノーブル(フランス)へ期限付き移籍し、半年間の海外経験も積んだ。大分復帰後の2008年に浦和へ完全移籍すると、負傷に悩まされながらもチームを支えた。2016年のJリーグYBCルヴァンカップ優勝などのタイトル獲得に貢献。今季はAFCチャンピオンズリーグを制し、クラブワールドカップ出場も果たした。

移籍に際して梅崎はクラブを通じて以下のようにコメントした。

「浦和レッズを愛するみなさま、長年僕を応援してくれたみなさま、来季違う色のユニフォームを来てプレーすることになりました。浦和で10年選手となることができ、このまま大好きな浦和でずっとプレーしたい気持ちと環境を変えて勝負したい気持ちが混在していました。ありがたいことにレッズから最大限に評価してもらい延長オファーもいただきましたが、僕は一選手として、もっと成長したい、ピッチに立って躍動したい、その思いが日に日に強くなり、移籍を決断しました」

「本当にみなさんには感謝の言葉しか思いつきません。そして、ここまでプレーできたのは何度怪我を繰り返しても変わらぬ情熱でサポートし続けてくれた浦和レッズというチーム、ファン・サポーターのみなさんがいたからです。何度苦しい場面に陥っても帰りを待ってくれている人たちが、僕の走り回るプレーを見せてくれという人たちが、また積極的な梅らしいプレーを期待しているという人たちが、多くいたからです。どんなときも見捨てず、待っていてくれてありがとうございました」

「最後の最後にみんなとACLのトロフィーを掲げられたときはなんとも言い表せない感動がありました。でもそれ以上に怪我を乗り越え、みんなと喜び合えた1つひとつの瞬間が僕にとって宝物です」

「長くなりましたが、大きな決意を持って湘南でプレーします。埼スタに帰って来たときは大きなブーイングお願いします。そして、梅らしいプレーを見せます。10年間、本当にありがとうございました」

◆レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1514294621/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:34 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンUモウリーニョ監督「450億円使っても十分じゃない」首位マンCとの格差に嘆き

【サッカー】<マンユナイテッド>「450億円使っても十分じゃない」 モウリーニョ監督、首位シティとの“格差”に嘆き節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514343933/
モウリーニョ2017第20節.jpg

1: 数の子 ★ 2017/12/27(水) 12:05:33.95 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00010007-soccermzw-socc 
マンチェスター・ユナイテッドは、現地時間26日に行われたプレミアリーグ第20節バーンリー戦で2-2のドローに終わった。試合終盤に追いつき勝ち点1を拾ったものの、首位マンチェスター・シティの背中が遠のく展開に、ジョゼ・モウリーニョ監督は「450億円使っても十分じゃない」と、ペップ・グアルディオラ監督率いるシティとの資金力差を嘆いた。

 試合は前半3分にセットプレーからいきなり先制を許し、同36分にも直接FKで2点目を奪われるなど、バーンリーの勢いに後手に回った。後半に入って目覚めたユナイテッドは8分にイングランド代表MFジェシー・リンガードの巧みなバックヒールシュートで1点差に詰め寄ると、後半アディショナルタイムにセットプレーの混戦から再びリンガードが右足で蹴り込み、辛くも勝ち点1を確保した。

 2-2のドローに持ち込み、2位の座を確保したユナイテッドだが、首位シティとの勝ち点差は12にまで開いてしまった。その状況に、カリスマ指揮官は「我々が世界のベストチームの1つではないことを知ってるだろう? 再建2年目のチームだから」と前置きし、同都市のライバルをこのように表現した。

“隣の芝生は青く見える”心境か
「シティはストライカーを獲得するような金額でサイドバックを獲得する。3億ポンド(約450億円)を使うことは十分じゃない。ビッグクラブにとっての価格は他のクラブと比べて違うものだ。歴史あるクラブはその歴史によって、移籍市場で罰せられるものだから」

 今夏の移籍市場でユナイテッドは、ベルギー代表FWロメル・ルカクに7500万ポンド(約112億円)、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフに3100万ポンド(約46億5000万円)、セルビア代表MFネマニャ・マティッチに4000万ユーロ(約60億円)を費やした。前年のフランス代表MFポール・ポグバらを含めれば、移籍金に費やした額は莫大だ。しかし、それ以上の金額で選手をかき集めるシティにはお手上げといった具合だ。

 隣の芝生は青く見える――。モウリーニョ監督にとってシティはそのように映っているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トッテナム、エース・ケインがハットトリック達成!サウサンプトンに5-2大勝!吉田麻也はフル出場(関連まとめ)

【サッカー】<プレミアリーグ第20節>ケインがハットトリック&22年ぶり快挙!…トッテナム、吉田出場のサウサンプトンに快勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514325562/
ケイン2017第20節ハット.jpg
1: Egg ★ 2017/12/27(水) 00:17:21.23 ID:CAP_USER9.net

プレミアリーグ第20節が26日に行われ、トッテナムと日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦した。吉田はキャプテンマークを巻き、センターバックで先発出場した。

試合は開始22分、左サイドからのFKでクリスティアン・エリクセンのボールを、中央のハリー・ケインが頭で叩き込み、ホームのトッテナムが先制した。 ケインは、2017年のリーグ戦で通算37得点目となり、1995年に当時ブラックバーンのアラン・シアラー氏が樹立したプレミアリーグ年間最多得点記録を22年ぶりに塗り替えた。

さらにトッテナムは39分、DFの裏をとったソン・フンミンがエリア内左に走り込み、デレ・アリのスルーパスをダイレクトで折り返すと、ファーでフリーのケインが左足で合わせて追加点。前半を2点リードで折り返した。

後半に入っても勢いが止まらないトッテナムは49分、アリが左サイドから中央に切り込み、右足で狙いすましたシュートをゴール右隅に沈める。51分にはアリのスルーパスを受けたソン・フンミンが右足シュートを決め、一気に4点リードに広げた。

反撃したいサウサンプトンは64分、エリア内左に進入したソフィアン・ブファルが強烈な左足シュートでニアを貫き、1点を返す。しかし、トッテナムも67分、アリのパスでエリア内左に抜け出したケインが、吉田を振り切りつつ、ループシュートを沈めて、2試合連続のハットトリックを達成。今シーズン18点目を決め、2017年のプレミアリーグ年間得点数も39に伸ばした。

サウサンプトンは82分、左CKの流れでクリアボールを拾ったドゥシャン・タディッチが左足で狙うと、ループ気味のシュートはGKウーゴ・ロリスに触れられたが、そのままゴールに吸い込まれた。試合はこのままタイムアップを迎え、トッテナムが5−2で勝利。敗れたサウサンプトンは7試合未勝利となった。なお、吉田はフル出場した。

【スコア】
トッテナム 5−2 サウサンプトン

【得点者】
1−0 22分 ハリー・ケイン(トッテナム)
2−0 39分 ハリー・ケイン(トッテナム)
3−0 49分 デレ・アリ(トッテナム)
4−0 51分 ソン・フンミン(トッテナム)
4−1 64分 ソフィアン・ブファル(サウサンプトン)
5−1 67分 ハリー・ケイン(トッテナム)
5−2 82分 ドゥシャン・タディッチ(サウサンプトン)

12/26(火) 23:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00690485-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171226-00690485-soccerk-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング