アンテナ・まとめ RSS

2017年12月27日

柴崎岳、リーガ挑戦の2017年総まとめ テネリフェ移籍後、体調不良からの復活!昇格争いでの活躍!ヘタフェ移籍後バルセロナ相手にスーパーゴール

柴崎岳、リーガ挑戦の2017年総まとめ ヘタフェ移籍後、体調不良からの復活!昇格争いでの活躍!ヘタフェ移籍後バルセロナ相手にスーパーゴール

柴崎2017バルサ戦ゴール.jpg


管理人:柴崎岳選手と鹿島アントラーズ・テネリフェ・ヘタフェに関連する2017年の印象に残った記事を抜粋しました。 レスも少なめですが、いくつか載せてあります。 だいたいの雰囲気を掴んで頂くためにレス番号等でつじつまの無い所がございます。 予めご了承くださいませ。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:50 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元アーセナルDFエブエ、離婚で財産を失い窮状告白「洗濯機も無い」古巣ガラタサライやアーセナルが救いの手

元アーセナルDFが窮状を告白。「警察から隠れて暮らしている」「洗濯機もない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171225-00248441-footballc-socc
エブエインタビュー.jpg

かつてアーセナルなどで活躍した元コートジボワール代表DFエマヌエル・エブエが、妻との離婚を巡る争いの末に財産を失い、困窮に陥っていることを告白した。英紙『ミラー』のインタビューに語っている。

 エブエは2005年から11年までアーセナルに在籍し、チャンピオンズリーグ準優勝などに貢献。その後トルコの強豪ガラタサライでも5年間プレーした。コートジボワール代表としても2度のワールドカップに出場した主力選手だった。

 だが2016年3月にサンダーランドに加入した直後、元代理人とのトラブルにより国際サッカー連盟(FIFA)から1年間の出場停止処分を受けた。兄弟と祖父を亡くしたことによるショックも重なり、「自殺を考えたこともあった」と以前に告白していた。

 出場停止処分は解けたが、メンタルの問題のより現在もプレーできない状況だという34歳のエブエは、ベルギー人の妻オーレリーさんとの離婚を巡る争いに苦しんでいるという。ロンドンの自宅も妻に明け渡すことを裁判所に命じられており、「いつ警察が来るか分からない。中にいることを知られたくないから、電気を消して閉じこもっていることもある」とエブエは語る。

 自宅以外の財産はすでにほとんど失い、「弁護士を雇い続ける金もない」とのこと。車も妻に引き渡して公共交通機関で移動しており、洗濯機もないため「毎日自分でジーンズや服を洗っている。洗濯や料理や掃除など、若い頃に何でも教えてくれた祖母に感謝している」と話している。

 元チームメートのティエリ・アンリ氏などがサッカー解説者として活躍している姿をテレビで目にするのは複雑な思いだという。「ティエリを見ると、彼のために嬉しく思う一方で、自分の状況が恥ずかしくなる。一緒にプレーしたり対戦したりした友人たちをテレビで見るのは辛い」

「もし過去に所属したクラブが助けてくれならすごく嬉しい。若い選手たちを助けられるかもしれない。選手協会は代理人との問題の時にも助けてくれた。大きなものではなくても、何か仕事を貰えれば…」とエブエは、古巣のアーセナルや選手協会などに助けを求めようとしている。

窮地のエブエに古巣2クラブが救いの手「どうにかして助けることができれば」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00248861-footballc-socc

元アーセナル所属のエマヌエル・エブエが窮地に陥っている。英紙『デイリー・メール』が伝えた。

 エブエは、2016年のサンダーランド在籍時、元代理人とのトラブルが原因でFIFAから1年間の出場停止処分を下されると、その後は妻との離婚を巡る争いが勃発。最終的には裁判所の命令で自宅を明け渡すこととなり、現在は洗濯機のない生活に陥るなど窮地に立たされている。

 この窮状を知りいち早く反応したのは、エブエが2011年から4年間在籍したトルコのガラタサライだった。同クラブは、稼ぎ口のないエブエをアカデミーのコーチとして迎え入れようとしているようだ。

 さらにその後、イングランドのアーセナルがエブエの救済に声明を出した。同クラブのスポークスマンは、2005年から2011年の間チームに在籍したエブエに対し「最近のエマヌエルの苦難を知って本当に申し訳なく思っている。我々は、どうにか彼を助けることはできないか探ってみるつもりだ」と語っている。

 苦境に立たされているエブエだが、古巣の2クラブはかつてチームに貢献した選手に何らかの形で手を差し伸べようとしている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1201】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1514088647/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:37 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和MF梅崎司、湘南に完全移籍が正式決定!埼スタ凱旋時には「大きなブーイングでお願いします」

浦和レッズMF梅崎司が湘南ベルマーレへ完全移籍…埼スタ“凱旋”時は「大きなブーイングお願いします」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000001-goal-socc
梅崎2017ACL決勝後.jpg

浦和レッズは27日、元日本代表MF梅崎司が湘南ベルマーレへ完全移籍すると発表した。

現在30歳の梅崎は大分トリニータのアカデミー出身。2005年7月のサンフレッチェ広島戦でJ1リーグデビューを果たすと、翌シーズンは主力として活躍した。2007年1月からはグルノーブル(フランス)へ期限付き移籍し、半年間の海外経験も積んだ。大分復帰後の2008年に浦和へ完全移籍すると、負傷に悩まされながらもチームを支えた。2016年のJリーグYBCルヴァンカップ優勝などのタイトル獲得に貢献。今季はAFCチャンピオンズリーグを制し、クラブワールドカップ出場も果たした。

移籍に際して梅崎はクラブを通じて以下のようにコメントした。

「浦和レッズを愛するみなさま、長年僕を応援してくれたみなさま、来季違う色のユニフォームを来てプレーすることになりました。浦和で10年選手となることができ、このまま大好きな浦和でずっとプレーしたい気持ちと環境を変えて勝負したい気持ちが混在していました。ありがたいことにレッズから最大限に評価してもらい延長オファーもいただきましたが、僕は一選手として、もっと成長したい、ピッチに立って躍動したい、その思いが日に日に強くなり、移籍を決断しました」

「本当にみなさんには感謝の言葉しか思いつきません。そして、ここまでプレーできたのは何度怪我を繰り返しても変わらぬ情熱でサポートし続けてくれた浦和レッズというチーム、ファン・サポーターのみなさんがいたからです。何度苦しい場面に陥っても帰りを待ってくれている人たちが、僕の走り回るプレーを見せてくれという人たちが、また積極的な梅らしいプレーを期待しているという人たちが、多くいたからです。どんなときも見捨てず、待っていてくれてありがとうございました」

「最後の最後にみんなとACLのトロフィーを掲げられたときはなんとも言い表せない感動がありました。でもそれ以上に怪我を乗り越え、みんなと喜び合えた1つひとつの瞬間が僕にとって宝物です」

「長くなりましたが、大きな決意を持って湘南でプレーします。埼スタに帰って来たときは大きなブーイングお願いします。そして、梅らしいプレーを見せます。10年間、本当にありがとうございました」

◆レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1514294621/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:34 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンUモウリーニョ監督「450億円使っても十分じゃない」首位マンCとの格差に嘆き

【サッカー】<マンユナイテッド>「450億円使っても十分じゃない」 モウリーニョ監督、首位シティとの“格差”に嘆き節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514343933/
モウリーニョ2017第20節.jpg

1: 数の子 ★ 2017/12/27(水) 12:05:33.95 ID:CAP_USER9.net

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00010007-soccermzw-socc 
マンチェスター・ユナイテッドは、現地時間26日に行われたプレミアリーグ第20節バーンリー戦で2-2のドローに終わった。試合終盤に追いつき勝ち点1を拾ったものの、首位マンチェスター・シティの背中が遠のく展開に、ジョゼ・モウリーニョ監督は「450億円使っても十分じゃない」と、ペップ・グアルディオラ監督率いるシティとの資金力差を嘆いた。

 試合は前半3分にセットプレーからいきなり先制を許し、同36分にも直接FKで2点目を奪われるなど、バーンリーの勢いに後手に回った。後半に入って目覚めたユナイテッドは8分にイングランド代表MFジェシー・リンガードの巧みなバックヒールシュートで1点差に詰め寄ると、後半アディショナルタイムにセットプレーの混戦から再びリンガードが右足で蹴り込み、辛くも勝ち点1を確保した。

 2-2のドローに持ち込み、2位の座を確保したユナイテッドだが、首位シティとの勝ち点差は12にまで開いてしまった。その状況に、カリスマ指揮官は「我々が世界のベストチームの1つではないことを知ってるだろう? 再建2年目のチームだから」と前置きし、同都市のライバルをこのように表現した。

“隣の芝生は青く見える”心境か
「シティはストライカーを獲得するような金額でサイドバックを獲得する。3億ポンド(約450億円)を使うことは十分じゃない。ビッグクラブにとっての価格は他のクラブと比べて違うものだ。歴史あるクラブはその歴史によって、移籍市場で罰せられるものだから」

 今夏の移籍市場でユナイテッドは、ベルギー代表FWロメル・ルカクに7500万ポンド(約112億円)、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフに3100万ポンド(約46億5000万円)、セルビア代表MFネマニャ・マティッチに4000万ユーロ(約60億円)を費やした。前年のフランス代表MFポール・ポグバらを含めれば、移籍金に費やした額は莫大だ。しかし、それ以上の金額で選手をかき集めるシティにはお手上げといった具合だ。

 隣の芝生は青く見える――。モウリーニョ監督にとってシティはそのように映っているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トッテナム、エース・ケインがハットトリック達成!サウサンプトンに5-2大勝!吉田麻也はフル出場(関連まとめ)

【サッカー】<プレミアリーグ第20節>ケインがハットトリック&22年ぶり快挙!…トッテナム、吉田出場のサウサンプトンに快勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514325562/
ケイン2017第20節ハット.jpg
1: Egg ★ 2017/12/27(水) 00:17:21.23 ID:CAP_USER9.net

プレミアリーグ第20節が26日に行われ、トッテナムと日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦した。吉田はキャプテンマークを巻き、センターバックで先発出場した。

試合は開始22分、左サイドからのFKでクリスティアン・エリクセンのボールを、中央のハリー・ケインが頭で叩き込み、ホームのトッテナムが先制した。 ケインは、2017年のリーグ戦で通算37得点目となり、1995年に当時ブラックバーンのアラン・シアラー氏が樹立したプレミアリーグ年間最多得点記録を22年ぶりに塗り替えた。

さらにトッテナムは39分、DFの裏をとったソン・フンミンがエリア内左に走り込み、デレ・アリのスルーパスをダイレクトで折り返すと、ファーでフリーのケインが左足で合わせて追加点。前半を2点リードで折り返した。

後半に入っても勢いが止まらないトッテナムは49分、アリが左サイドから中央に切り込み、右足で狙いすましたシュートをゴール右隅に沈める。51分にはアリのスルーパスを受けたソン・フンミンが右足シュートを決め、一気に4点リードに広げた。

反撃したいサウサンプトンは64分、エリア内左に進入したソフィアン・ブファルが強烈な左足シュートでニアを貫き、1点を返す。しかし、トッテナムも67分、アリのパスでエリア内左に抜け出したケインが、吉田を振り切りつつ、ループシュートを沈めて、2試合連続のハットトリックを達成。今シーズン18点目を決め、2017年のプレミアリーグ年間得点数も39に伸ばした。

サウサンプトンは82分、左CKの流れでクリアボールを拾ったドゥシャン・タディッチが左足で狙うと、ループ気味のシュートはGKウーゴ・ロリスに触れられたが、そのままゴールに吸い込まれた。試合はこのままタイムアップを迎え、トッテナムが5−2で勝利。敗れたサウサンプトンは7試合未勝利となった。なお、吉田はフル出場した。

【スコア】
トッテナム 5−2 サウサンプトン

【得点者】
1−0 22分 ハリー・ケイン(トッテナム)
2−0 39分 ハリー・ケイン(トッテナム)
3−0 49分 デレ・アリ(トッテナム)
4−0 51分 ソン・フンミン(トッテナム)
4−1 64分 ソフィアン・ブファル(サウサンプトン)
5−1 67分 ハリー・ケイン(トッテナム)
5−2 82分 ドゥシャン・タディッチ(サウサンプトン)

12/26(火) 23:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00690485-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171226-00690485-soccerk-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大宮MF長谷川アーリアジャスール、名古屋に完全移籍が決定「凄く悩みました」(関連まとめ)

「すごく悩みました」大宮MF長谷川アーリアが名古屋移籍を決断
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-01648390-gekisaka-socc
長谷川大宮.jpg

 名古屋グランパスは27日、大宮アルディージャに所属するMF長谷川アーリアジャスール(29)が完全移籍で加入することを発表した。

 埼玉県出身の長谷川は今季から大宮でプレーし、J1リーグ戦16試合、カップ戦3試合、天皇杯3試合に出場。しかし、チームはリーグ戦18位に終わり、3年ぶりのJ2降格となった。

 長谷川は大宮のクラブ公式サイトで「今回の移籍に関しては、すごく悩みました」と胸中を明かし、「降格という責任も感じている中、プロサッカー選手として色々と考えた結果、新たに勝負したい、チャレンジしたいと思い、決断しました」と移籍に至った理由を説明。そして「この気持ちを胸に次のチームでしっかりプレーし、より一層頑張っていきたいと思います。一年間、本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

 また、新天地の名古屋に対しては「皆さんに早く認めてもらえるよう、グランパスの勝利のために自分の全てを懸けて戦います!ぜひスタジアムでお会いしましょう!!」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF長谷川アーリアジャスール
(はせがわ・アーリアジャスール)
■生年月日
1988年10月29日(29歳)
■身長/体重
186cm/76kg
■出身地
埼玉県
■経歴
坂戸ディプロマッツFC-横浜FMユース-横浜FM-FC東京-C大阪-サラゴサ(スペイン)-湘南-大宮
■代表歴:
2003年:U-15日本代表
2005年:U-18日本代表
2006年:U-19日本代表
2012年:日本代表
■国内出場歴
J1リーグ:203試合14得点
J2リーグ:19試合3得点
カップ戦:32試合4得点
天皇杯:24試合

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9867
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1514342288/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:37 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎MF家長昭博、古巣G大阪のオファー断る!川崎残留へ(関連まとめ)

【サッカー】<MF家長昭博(川崎フロンターレ)>残留へ ガンバ大阪からのオファー断る
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514322867/
家長2017ルヴァン杯準々決勝第1戦.jpg

1: Egg ★ 2017/12/27(水) 06:14:27.14 ID:CAP_USER9.net

G大阪から正式オファーを受けていた川崎の元日本代表MF家長昭博(31)が、来季も残留する意向を固めたことが26日までに分かった。複数の関係者によると、この日までにG大阪側に断りを入れたという。

家長はG大阪ジュニアユース出身で、C大阪に在籍した10年には来季G大阪が迎え入れるレヴィー・クルピ監督(64)の下でプレー。同年に31試合4得点で、クラブ最高タイの3位に導いた。G大阪は生え抜きであることに加え、新監督への戦術理解度などを高く評価し、獲得に動いていた。

 リーグ初制覇した川崎は、主力がそろって残留する見込み。さらに、F東京からFW大久保嘉人(35)、 鹿島からG大阪に期限付き移籍していたFW赤崎秀平(26)が加入するなど、リーグ断トツ(71得点)の得点力はさらに高まりそうだ。

12/27(水) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000012-sph-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、コウチーニョ絶妙先制ミドルやフィルミーノ2得点などスウォンジーに5-0大勝!リーグ11戦無敗で4位キープ

リヴァプールが5発大勝…プレミア11試合負け無しで4位を死守
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000036-goal-socc
フィルミーノとコウチーニョ2017第20節ゴール.jpg

イングランド・プレミアリーグ第20節が27日に行われ、リヴァプールはスウォンジーに5-0と大勝を収めた。

前節、アーセナル相手に2点を先行しながらも3−3と引き分けたリヴァプール。指揮官を解任したばかりのスウォンジーを本拠地「アンフィールド」に迎えた試合で、圧巻のゴールラッシュを見せる。

開始6分でコウチーニョが先制点を奪うと、52分にはフィルミーノが追加点。するとその後3点を追加し、後半だけで4ゴールを奪って大勝を収めた。

これでリヴァプールは公式戦14試合、リーグ11試合負け無し。勝ち点38で4位につけている。一方大敗を喫したスウォンジーは、勝ち点13で最下位に沈んでいる。


※得点者

フィリペ・コウチーニョ(前半6分)
ロベルト・フィルミーノ(後半7分)
トレント・アーノルド(後半20分)
ロベルト・フィルミーノ(後半21分)
アレックス・オックスレイド・チェンバレン(後半37分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11043010

〓〓 Liverpool FC 〓 856 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1514265632/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、リンガード2ゴールで2点差追い付きバーンリーと2-2ドロー!

マンチェスター・U、2点差追いつきバーンリーとドロー/プレミアリーグ第20節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000035-goal-socc
リンガード2017第20節ゴール.jpg

■プレミア第20節 マンチェスター・U 2-2 バーンリー
マンチェスター・U:リンガード(53分、90+1分)

バーンリー:バーンズ(3分)、デフール(36分)
現地時間26日、イングランド・プレミアリーグ第20節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはホームのオールド・トラッフォードでバーンリーと対戦し2-2のドローに終わった。

前節のレスター・シティ戦で、終了間際に被弾し勝ち点2を失ったユナイテッド。首位のマンチェスター・シティを追いかける身としてはこれ以上の取りこぼしは避けたいが、7位につけるバーンリーについてジョゼ・モウリーニョ監督は「欧州の舞台を争うライバル」と警戒感をあらわにした。

その評価の正否は、皮肉にも自分たちとの試合で証明されることとなる。開始わずか2分、ペナルティーエリア左でマルコス・ロホが与えたFKをヨハン・グズムンズ=ソンが蹴ると、ゴール前でこぼれたボールをアシュリー・バーンズが押し込み、バーンリーがあっさりと先制してみせた。

その後も効率よくカウンターからチャンスを作るバーンリーは11分、右サイドのグズムンズ=ソンが左足でクロスを入れると、ゴール前に飛び込んできたスコット・アーフィールドが合わせるもゴール上へとわずかに外れる。

追いつきたいユナイテッドだが、中央でそれほど動かないロメル・ルカクとズラタン・イブラヒモヴィッチが連動性を欠き、19試合で15失点と堅守を誇るバーンリーの守備陣を前に決定機を作ることができない。

すると迎えた36分、ゴール正面やや左、ゴールまで約25メートルの位置でバーンリーがFKのチャンスを得る。これをスティーヴン・デフールが短い助走から蹴ると、壁のギリギリ上を越えたボールがゴール左隅へと吸い込まれ、バーンリーが大きな追加点を挙げた。

自分たちのホームで2点を追いかける展開のまま前半を終えたユナイテッドは後半、ロホに代えてジェシー・リンガード、イブラヒモヴィッチに代えてヘンリフ・ムヒタリャンを投入。2枚替えで流れを変えようと試みる。

するとこの采配はすぐさま実を結ぶ。53分、右サイドで縦に仕掛けたヤングが低いボールを折り返すと、これをゴール前のリンガードがヒールでゴール左へと流し込み、1点差に詰め寄る。

その後も中盤でリンガード、ムヒタリャン、フアン・マタがよくボールに絡みながら攻撃を組み立て、バーンリーは前半ほどボールを保持できずになかなかカウンターのチャンスも生み出せない。

圧倒的に攻め込むユナイテッドだが、時間が進むにつれて防戦一方のバーンリーも守り慣れしてしまい、残り10分ともなれば一段と守備に比重を置いて逃げ切りを図る。ユナイテッドは両サイドからシンプルにゴール前へと放り込むが、堅守バーンリーのゴール前は固く、跳ね返され続ける。

しかし迎えたアディショナルタイム、マタのFKは跳ね返されるが、こぼれ球をヤング、さらにはリンガードがボレーで押し込む。これがDFの密集地帯を上手く抜けてゴール右隅へと突き刺さり、土壇場でユナイテッドが同点に追いつく。

これで勢いづいたユナイテッドが残り少ない時間で逆転ゴールを目指して猛攻をしかけたが、バーンリーもそれ以上の失点は許さず、敵地で貴重な勝ち点1を手にした。ユナイテッドはこれで3試合白星のない状況となった。
† Red Devils Manchester United 1263 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1514297251/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、クラシコで「歩いてプレー」の時間が83.1%!地元紙も衝撃のデータ

【サッカー】<メッシ>レアル戦で衝撃データ “歩いてプレー”が90分間で「83.1%」…地元紙も驚愕
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514300789/
メッシ2017第18節クラシコ.jpg
1: Egg ★ 2017/12/27(水) 00:06:29.91 ID:CAP_USER9.net

レアル戦1得点1アシストのバルサFWメッシ、スペイン地元紙トラッキングデータ公開
 
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第17節レアル・マドリード戦で試合を決定づけるPKに加え、片方のスパイクが脱げながらアシストもマークするなど、1得点1アシストの活躍を見せた。

バルセロナの地元紙「エル・ペリオディコ」はトラッキングデータを公開し、メッシが90分間のうち83.1%の時間で「歩いていた」と伝えている。

クラシコでのメッシは前半こそ相手MFダリオ・コバチッチのマンマークを受けて存在感が希薄だったが、バルサの攻撃にエンジンがかかった後半に入って調子を上げた。 後半19分のPKを沈めると、アディショナルタイムにはスパイクが脱げながらも左足アウトサイドキックでDFアレイクス・ビダルのダメ押し弾をアシストするなど、相変わらずの“クラシコ王”ぶりを見せつけた。

印象的なプレーぶりだったが、ボールを持っていない時のメッシのデータもまた驚きのものだった。同紙調べのデータではこんなデータが出ている。
「歩き:83.1%(6.67km)、ジョギング:10.8%(ジョギング867m)、走る:4.95%(397m)、スプリント:1.15%(92.3m)、最高時速33.59km」

緩急つけたプレー称賛「監視されていても…」
 
同紙はメッシの歩いた距離についてを「バルセロナのエスパーニャ広場からバゾス川くらいまで」とご丁寧に紹介。そして「メッシはベルナベウで歩いていた。クラシコで歩いてプレーしていた」と驚きを持って伝えている。もっとも、それは緩急をつけたプレーをしていた証でもあり、ここぞの場面で爆発的なスピードを見せたということの裏返しだろう。

「彼がどんなに監視されていたとしても、スペースがどこかしらにあることを見つけていた」と、タイミングの良いプレーぶりを称賛している。試合を決めるのは走行距離ではなく質の高い動き――。世界一流のメッシだからこそとも言えるが、非常に興味深いデータと言えそうだ。

12/26(火) 22:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00010021-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggR0iUgRQEjUBBDkDtvMUhLQ---x900-y642-q90-exp3h-pril/amd/20171226-00010021-soccermzw-000-view.jpg

【サッカー】<クラシコの戦犯は監督ジダンか?>多くのメディアの批判の的に..
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514200117/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☔ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、先制点の起点となり奮闘も…レスターはワトフォードに1-2逆転負け

逆転負けのレスターは3戦未勝利…久々先発の岡崎は決定機を逸して途中交代
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00034150-sdigestw-socc
岡崎2017第20節競り合い.jpg

肉弾戦のなかで岡崎は身体を張るも…。
 現地時間12月26日、プレミアリーグ20節が行なわれ、8位のレスターは、敵地ヴィカレイジ・ロードに乗り込んで10位ワトフォードと対戦した。
 
 後半ロスタイムに追いつき、劇的な形で勝点を拾った前節のマンチェスター・ユナイテッド戦から中2日でこの一戦を迎えたレスターは、先発メンバーを一部変更して臨んだ。
 
 4-4-2の右サイドバックに主力のダニー・シンプソンではなく、夏に補強したオーストリア代表DFのアレクサンドル・ドラゴビッチをプレミアリーグで初めて起用。そして注目の岡崎慎司は、2トップの一角に据えた。
 
 試合序盤、両チームは中長距離のパスを前線に当てるサッカーを展開。そのなかで選手同士が球際で激しくぶつかり合うシーンがいくつも見られ、立ち上がり間もなくはファウルで試合が止まる場面が多かった。
 
 そうした肉弾戦の様相を呈するなか、岡崎も見せ場を作る。18分には、この試合のファーストシュートなるヘディングシュートを見舞ったが、相手守護神エウレリョ・ゴメスの好守に阻まれた。
 
 互いに一歩も引かない状態が続くなか、先手を取ったのはレスター。岡崎を起点としたプレーからゴールを呼び込む。
 
 37分、敵陣左サイドでボールを持った岡崎のスルーパスに抜け出したマーク・オルブライトンがボックス内へクロスを供給。この絶妙なボールをファーサイドでリャド。マハレズがヘディングで押し込んだ。
 
 アルジェリア代表MFのシーズン6ゴール目で先制に成功したレスター。一気に試合の主導権を握りたいところだったが、前半終了間際に失点を喫してしまう。
 
 前半ロスタイムにCKの場面でボックス内の混戦からこぼれたルーズボールを、元レスターのマリ代表CBのモラ・ワゲに押し込まれてしまったのだ。
 
 かつての同僚の手痛い一発を食らい、タイスコアに戻されて迎えた後半もレスターは、最前線のジェイミー・ヴァーディーにボールを集めて得点機を伺う。そうした組み立てのなかで岡崎はエースの近くでプレーしてボールタッチの回数を増やす積極的なプレーを披露した。
 
 岡崎の地味ながら、献身的な働きもあり、一時はホームチームを押し込んだレスターだったが、またもセットプレーから失点してしまう。
 
 65分、右サイドからのFKをボックス内に蹴り込まれると、ファーサイドで待っていたアブドゥライ・ドゥクレが角度ないところから合わせる。するとこのボールが守護神キャスパー・シュマイケルの手をすり抜けてゴールへと転がり込んでしまったのだ
 
 逆転を許したレスターは交代策に打って出る。
 
 73分にドラゴビッチと岡崎を下げて、デマライ・グレイとイスラム・スリマニを投入。さらに84分にはアンディ・キングに代えてアルゼンチン人FWのレオナルド・ウジョアを送り込んだ。
 
 レスターは、捨て身の交代策に加え、ウェズ・モーガンとハリー・マグワイアの両CBをゴール前に上げたパワープレーにも出たが、いずれも7戦ぶりの白星を目指して身体を張ったプレーで応戦するワトフォード守備陣の前に決定機は訪れなかった。
 
 結局、試合は1-2で終了。前節の勢いを活かすことはできずに敗れたレスターは、中4日でリバプールとのビッグマッチを迎えることとなった。

≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★136
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1513672382/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:46 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング