アンテナ・まとめ RSS

2018年01月29日

マンCサネ、悪質タックル受け約1カ月の離脱か?ペップ監督、審判に怒り「もっと選手を守って欲しい」

「もっと選手を守って」悪質タックルにペップ怒り…サネは約1ヶ月の離脱か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00708164-soccerk-socc
サネ2018FA杯4回戦被タックル02.jpg

マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督(愛称:ペップ)がFA杯4回戦終了後、審判に怒りを露わにした。クラブ公式サイトが28日に伝えている。

 28日、FA杯4回戦が行われ、マンチェスター・Cは2部のカーディフ・シティと対戦。その試合中、アクシデントが起きた。自陣で相手のロングスローからボールを受けたドイツ代表MFリロイ・サネが一気に駆け上がると、後方からカーディフ・シティのDFに悪質なスライディングを受けて負傷。アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとの交代を余儀なくされていた。試合はその後もラフプレーが目立ち、アディショナルタイムには、サネにスライディングを食らわせたDFが2枚目のイエローカードで退場していた。

 試合中ラフプレーの対し、審判に詰め寄っていたジョゼップ・グアルディオラ監督は、試合後のインタビューで次のようにコメント。怒りを露わにした。

「サネは離脱する。どのくらいかかるのかは分からない。僕は医者ではないからね。とにかく、数週間か数か月になるか、今後の検査で確認するつもりだ」

「彼ら(審判たち)は選手を守る必要がある。私の選手だけでなくすべての選手をね。彼らは選手を守るためにそこにいるはずだ。そこにファールがあれば、ファールはあるし、危険があれば、それは危険なんだ」

「(オフサイド判定となった)ベルナルド・シウバのゴールは大丈夫だ。我々はそれを受け入れることができる。しかし、彼らは選手を守る必要があるだろう。もっと選手を守って欲しい。彼らは仕事をしなければならない」

 サネは今季公式戦32試合で11ゴール14アシストを記録していた。

サネ2018FA杯4回戦被タックル.jpg

※下記記事と一部レスが重複する箇所が御座いますが、ご了承くださいませ。

マンC、デブライネ絶妙コロコロFK弾など2-0完勝!2部カーディフとの荒れた試合を制しFA杯5回戦進出

BLUEMOONマンチェスターシティ 265cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517145539/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2水戸、廃校利用しクラブハウス設立!城里町七会町民センター(愛称・アツマーレ) 村井チェアマン「トップクラスの設備」(関連まとめ)

【サッカー】<J2水戸ホーリーホック>新拠点完成!城里で式典 廃校活用クラブハウス村井チェアマン「全54クラブでトップクラスの設備」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517175533/
水戸新拠点001.jpg

1: Egg ★ 2018/01/29(月) 06:38:53.18 ID:CAP_USER9.net

サッカー・J2水戸ホーリーホック初の本格的なクラブハウスとなる城里町七会町民センター(愛称・アツマーレ)が同町小勝に完成し、竣工(しゅんこう)式が28日開かれた。Jリーグで唯一の廃校活用のクラブハウスで、旧七会中を改修。七会公民館、町役場支所の機能が一体化され、サッカーグラウンド、体育館も備える。式には上遠野修町長、Jリーグの村井満チェアマンらが出席し、大きな一歩を祝った。

昨年7月に着工した旧校舎部分は築19年とまだ新しく、延べ床面積2975平方メートル。クラブハウスは選手用のシャワー室や更衣室、トレーニングルーム(町民は無料で利用可)、監督室、クラブ用事務室、プレスルームなどの部屋がそろう。同3月着工の旧校庭部分は、散水設備のある芝生のサッカーグラウンドに生まれ変わった。

総改修費は約3億2755万円。国から大半が償還される合併特例債などを財源に、町の実質負担は2割強の約8千万円に抑えた。

J2水戸の現練習拠点は水戸市水府町の那珂川河川敷とその周辺で、グラウンドは冠水被害に遭いやすく、芝生の散水設備がないなど難点を抱える。クラブハウスも選手寮の役割が主で機能を十分に果たせず、拠点整備は悲願だった。

この状況を踏まえ、上遠野町長が2015年3月に閉校した旧七会中の活用をJ2水戸の沼田邦郎社長に打診。16年2月に住民懇談会で構想を示し、関係予算の成立を目指してきた。グラウンドの追加工事の契約を巡り、町議会で2度否決されるなど紛糾したが、式直前の17日に可決された。

式には町やJ2水戸の関係者ら約100人が出席。上遠野町長は「アツマーレをきっかけに城里を知って来てもらい、好きになってもらいたい」と期待を寄せ、沼田社長は「(この地で)J1を目指す。世界に通じる選手を育て、地域の皆さんと歩んでいく」と力強く語った。村井チェアマンは式後の取材に「全54クラブでトップクラスの設備。高齢化し人口が減る日本で(廃校利用の同施設は)モデルになる」と話した。

アツマーレのクラブハウスとグラウンドは、J2水戸が沖縄キャンプを終える2月13日以降に供用開始。支所、公民館は同日から利用できる。(今井俊太郎)

1/29(月) 4:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000001-ibaraki-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180129-00000001-ibaraki-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:52 | 大阪 ☀ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテル、下位SPALと引き分けリーグ7戦未勝利…長友佑都は出場せず

【サッカー】<インテル>またも勝ちきれず…90分に同点弾を許し7試合未勝利、長友佑都は出番なし/セリエA第22節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517147091/
インテル第22節.jpg

1: Egg ★ 2018/01/28(日) 22:44:51.28 ID:CAP_USER9.net

■セリエA第22節 SPAL 1-1 インテル

SPSL:パロスキ(90分
インテル:オウンゴール(48分)

イタリア・セリエAは28日に第22節が行われ、SPALとインテルが対戦した。

現在リーグ戦6試合勝ちがないインテル。去就が注目されるDF長友佑都は、この一戦でもスタメンから外れ9試合連続のベンチスタートとなった。左サイドバックには、右サイドが本職のカンセロが入っている。また、今冬加入したMFラフィーニャとDFリサンドロ・ロペスがベンチに入っている。

SPALのホームに乗り込んだインテルだが、なかなか攻撃の形を作れない。前半終了間際にようやくイカルディにチャンスが訪れたが、エリア内でボレーシュートを狙ったエースはボールを上手くミートできず。前半の両チームのシュートは3本ずつと、決定機はほとんど無く前半を折り返す。

ゴールの欲しいインテルは、後半頭からカンドレーヴァに替えてエデルを投入。先制点を奪いに行く。すると48分、左サイドからカンセロが挙げたクロスを、クリアを試みたヴィカーリが自陣ゴールに押し込んでしまう。思わぬ形で、インテルが先制点を挙げた。

リードを手にしたインテルは、左サイドから攻撃のリズムを手にし、ベシーノのチャンスやカンセロのシュートなど、徐々にゴールに近づいていく。71分にはブロゾヴィッチがミドルを放つも、GKメレトが好セーブを連発しなかなか追加点を奪えない。

逆に後半終盤にはSPALにチャンス。79分には、エリア内でパロスキのヘディングを許すも、ここは枠を外れて事なきを得た。

しかし、このまま終了かと思われた90分、SPALが同点に追いつく。CKの流れから、クリアボールを拾ったアントヌッチが低いクロスをエリア内に入れる。すると、パロスキが頭で合わせ、ネットを揺らした。

その後、新加入のラフィーニャを投入したインテルだが、勝ち越し点は奪えず。土壇場で追いつかれたインテルは、リーグ戦7試合勝利無しとなった。

1/28(日) 22:25配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000024-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180128-00000024-goal-000-4-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、デブライネ絶妙コロコロFK弾など2-0完勝!2部カーディフとの荒れた試合を制しFA杯5回戦進出

マンCがFA杯5回戦進出! デ・ブライネの華麗FK弾などで2部に快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00708138-soccerk-socc
デブライネ2018FA杯4回戦ゴール.jpg

FAカップ4回戦が28日に行われ、2部のカーディフ・シティとマンチェスター・Cが対戦した。

 立ち上がりから押し込んだマンチェスター・Cは試合開始早々、先制に成功する。8分、ペナルティエリア手前でFKを獲得するとキッカーはケヴィン・デ・ブライネ。壁の下を抜く華麗なFKで、巧みにネットを揺らした。

 さらに25分、ベルナルド・シウバが右サイドから切れ込み、左足で豪快にゴール右に叩き込んだ。しかし、サネがシュートコースに入っているというオフサイドの判定でゴールは取り消された。それでも37分、左サイドでシウバがボールを受けるとゴール前へクロス。フリーになっていたスターリングがこれに合わせ、マンチェスター・Cがリードを2点に広げた。

 その後、マンチェスター・Cは悪質なファールによるリロイ・サネの負傷交代などアクシデントがありながらも、ペースを掴み試合を進める。しかし、追加点は生まれず、2−0のまま試合は終了。マンチェスター・CがFA杯5回戦への進出を決めた。

【スコア】
カーディフ・シティ 0−2 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 8分 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
0−2 37分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

BLUEMOONマンチェスターシティ 264cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1516616457/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、オバメヤン移籍でアーセナルと合意!各社一斉報道!ジルーは含まれず85億円!元ケルンFWモデストが後釜候補(関連まとめ)

【サッカー】アーセナルとドルトムントがオーバメヤン移籍で合意…ジルーは含まれず移籍金85億円
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517185246/
オバメヤン指さし.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/29(月) 09:20:46.03 ID:CAP_USER9.net

1/29(月) 8:01配信
アーセナルとドルトムントがオーバメヤン移籍で合意…ジルーは含まれず移籍金85億円

アーセナルとドルトムントが、FWピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍でついに合意に至ったようだ。

アーセナルとオーバメヤンはすでに個人合意をしていると伝えられていたが、これまで移籍金のオファー額がドルトムントを納得させることができていなかった。これまで2度オファーを送っていたが、いずれもドルトムントは拒否し、6500万〜7000万ユーロ(約88億〜95億円)でない限り取引に応じない構えであることを示していた。

そして、ドイツ誌『キッカー』によると、アーセナルは6300万ユーロ(約85億円)のオファーを提示し、ついにドルトムントは折れる形で合意に至ったようだ。また、取引に含まれると見られていたFWオリヴィエ・ジルーはチェルシーに行くことが濃厚となり、ドルトムント行きは消滅したという。

オーバメヤン流出が決定的となったドルトムントは、元ケルンのFWアンソニー・モデストの獲得に3000万ユーロ(約40億5000万円)を準備していると伝えられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000038-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180129-00000038-goal-000-3-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:42 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏レイソルU18、レアルマドリード・ユース撃破!アルカス国際杯(関連まとめ)

【サッカー】柏レイソルU-18がアルカス国際杯でレアル・マドリー撃破!終盤の決勝点で劇的勝利[18/01/28]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517135352/
柏レアルユース戦.jpg

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/01/28(日) 19:29:12.39 ID:CAP_USER9.net

柏U-18がアルカス国際杯でレアル・マドリー撃破!終盤の決勝点で劇的勝利
1/28(日) 18:39配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-01649994-gekisaka-socc

https://lpt.c.yimg.jp/im_sigg6RcikePxnDlZRxOG9N9EJA---x900-y675-q90-exp3h-pril/amd/20180128-01649994-gekisaka-000-view.jp

カタールで開催されているアルカス国際杯に出場している柏レイソルU-18が、準々決勝でレアル・マドリーの下部組織に勝利した。

U-17の選手が出場するアルカス国際杯は、レアルやミラン(イタリア)、トッテナム(イングランド)、パリSG(フランス)など、世界の強豪12チームが出場。4つのグループリーグに分けられ、上位2チームが決勝トーナメントに進み、優勝チームを決める。

柏U-18は、パリSGとトッテナムが同居するグループDに入り、初戦でトッテナムに3-2で勝利。第2戦はパリSGと1-1で引き分けたが、2位でグループリーグを突破した。そして、27日にグループBを首位通過したレアルとの一戦を迎えた。

試合は開始早々に動いた。柏U-18は前半9分、相手パスミスから敵陣中央でボールを奪うと、MF鵜木郁哉がPA内へスルーパス。MF斉藤騎斗はシュートを打てなかったが、こぼれたボールをMF細谷真大がGKに止められながらも押し込み、先制に成功した。

直後に自陣でのパスミスから同点に追いつかれた柏U-18だったが、前半23分に勝ち越しに成功する。スルーパスで中央を抜け出した鵜木のシュートはGKに止められたが、相手のクリアボールをPA手前で奪い、最後はFW奥田陽琉が右足でゴールに流し込んだ。

後半13分には、レアルに再び同点とされた柏U-18。なかなか引き離せず、苦しい状況が続きながらも粘り強い守備でレアルの攻撃を耐え凌ぐと、終了間際に決勝点が生まれる。44分、MF田村蒼生の中央突破からPA右でパスを受けたMF揖斐俊斗が左足アウトで中央へ折り返し、細谷が合わせて3-2。柏U-18が劇的勝利でレアルを撃破した。

同大会の公式ツイッターによると、山中真監督は「私たちは、耐える時間がほとんどだった。だけど、選手たちがとてもハードワークをしてくれて、その結果がこの勝利につながった。(レアルとの)過去2年間の敗戦があったからこそ、私たちは彼らに勝つためにトレーニングを重ねられたし、モチベーションを高くサッカーに励むことができた」と振り返った。

なお、準決勝は29日にベンフィカ(ポルトガル)と対戦する。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

メッシ、バルセロナ好調の理由語る「ネイマールが去り、バランスを取るようにした」

【サッカー】<メッシが語るバルサ好調の理由!>「彼(ネイマール)が去り、バランスを取るようにした」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517130294/
メッシ2018第20節ゴール.jpg

1: Egg ★ 2018/01/28(日) 18:04:54.82 ID:CAP_USER9.net

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、チームが好調な理由を語った。イギリスメディア『ミラー』が伝えている。

 昨夏にレギュラーだったブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマンへ去り、不安が囁かれていたバルセロナだったが、蓋を開けてみれば、リーガ・エスパニョーラで2位のアトレティコ・マドリードと勝ち点「11」差で首位を独走。不振に陥るライバルのレアル・マドリードとは、勝ち点「19」差をつけている。

 メッシは好調の理由を「バランスをとったこと」と明かした。「ネイマールがクラブを出て行ったことで、僕たちはやり方を変えなくてはいけなかったんだ。絶大な攻撃力を持った選手がいなくなったんだからね」

「だから僕たちは守備の力をつけようと考えたんだ。以前は中盤でプレーする時間が多かったけど、今のチームはディフェンスが強くなっている」

 メッシの言葉を裏付けるように、バルセロナはリーグ戦第21節終了時点で9失点と、アトレティコ・マドリードと並び失点数1位タイである。未だリーグ戦で無敗のバルセロナは次節、28日にアラベスとホームで対戦する。 

1/28(日) 17:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00707935-soccerk-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180128-00707935-soccerk-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:40 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川島永嗣、フランスでPKストップ記録を作る!加入後3本連続PK阻止したGKはここ10年で初!ニース戦勝利に貢献!

【サッカー】<GK川島永嗣(メス)>フランスで最初のPK3本を阻止した初のGKに! この10年で1人しかいない
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517113934/
川島ニース戦PKストップ.jpg

1: Egg ★ 2018/01/28(日) 13:32:14.18 ID:CAP_USER9.net

リーグアン第23節、メスはホームでニースと対戦した。

後半12分にはPKの大ピンチが到来。GK川島永嗣が、マリオ・バロテッリと対峙すると…。

コースを読み切ってセーブ!だが、こぼれ球を押し込まれ、無念の失点…。

ただ、記録上はPK阻止となるようだ。Optaによれば、「川島はここ10年間以上のリーグアンにおいて最初のPK3本を阻止した初のGKになった」とのこと。

川島は昨年5月のトゥールーズ戦、10月のサンテティエンヌ戦でもPKを阻止している。リーグアン加入後にPKを3本連続してストップしたのは、この10年で彼しかいないということのようだ。

一方、PK職人として知られるバロテッリは、2016年10月以降一度も失敗がなかったようなのだが…。

そんな試合は最下位メスが2-1で勝利する大金星!ニースは前半に退場者を出したことも響いた。

2018年1月28日 8時
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14220496/



GK川島は仏リーグ有数の“PKストッパー” 初出場から3連続セーブは過去10年で初
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180128-00010009-soccermzw-socc

ニース戦でバロテッリのPKをセーブ こぼれ球を決められるも偉大な記録を達成
 フランス1部メスの日本代表GK川島永嗣は、現地時間27日に行われたリーグ・アン第23節の本拠地ニース戦に先発出場し、PKのこぼれ球を決められて1失点を奪われたものの、6位の強豪を2-1で破る白星に貢献した。

 試合は前半38分に、ニースのMFピエール・レース=メルーが一発退場。数的優位に立ったメスが、後半5分にFWノーラン・ルーのゴールで先制した。

 だがその7分後、ペナルティーエリア内でDFムサ・ニアカテが相手選手を倒してしまい、ニースにPKを献上。キッカーは元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ。ゴール右隅を狙ったシュートは、川島が抜群の反応を見せて防ぐも、ボールは運悪くバロテッリの前に転がってしまい、これをゴール左隅に蹴り込まれた。

 失点の瞬間、ピッチに仰向けとなり両手で顔を覆って悔しさを露わにした川島。だが、PKによる失点を防いだことは近年のリーグ・アンで一つの記録になったようだ。データ分析会社「オプタ」の公式ツイッターによれば、「エイジ・カワシマは過去10シーズンのリーグ・アンで、最初のペナルティーを3本止めた初めてのゴールキーパーになった」という。

W杯に向けて頼もしい守護神の充実ぶり
 川島は昨年5月のトゥールーズ戦(1-1)と10月のサンテティエンヌ戦(1-3)でPKをストップしており、5大リーグの舞台で世界有数の“PKストッパー”であることを証明し続けている。日本代表の守護神としても、PKが運命を左右することが多い今夏のワールドカップに向けて、頼もしいデータと言えるだろう。

 試合は1-1とされた4分後に、メスのルーがこの日2点目のゴールを奪って2-1と勝ち越し、そのまま勝利を収めた。順位は依然として最下位ながら、直近のリーグ戦6試合で4勝1分1敗と勝ち点を積み重ねるメスは、残留圏の暫定17位トロワと「6差」にまで迫っている。勝負の終盤戦に向けて、川島の存在感もさらに高まりそうだ。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、2戦連続先発も交代後に失点…ケルンはアウクスブルクと1-1ドローで4連勝のがす

大迫交代後に失点…ケルンは引き分けで4連勝逃す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-01649975-gekisaka-socc
大迫2018第20節ドリブル.jpg

[1.27 ブンデスリーガ第20節 ケルン1-1アウクスブルク]

 ブンデスリーガは27日、第20節2日目を行い、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンはホームでアウクスブルクと対戦し、1-1で引き分けた。2試合連続で先発した大迫は2トップの一角で後半26分までプレー。交代後にチームは失点し、連勝は3でストップした。

 開幕から16試合未勝利(3分13敗)が続いたケルンは初勝利から3連勝中。4連勝を目指した一戦は前半21分、ケルンのMFマルコ・ヘーガーとアウクスブルクの韓国代表MFク・ジャチョルが空中戦で互いに頭を打ち合い、ピッチに倒れこんだ。ク・ジャチョルは止血のためにピッチ外へ。試合は一時中断となり、前半24分、ヘーガーは負傷交代となり、ク・ジャチョルは止血を終えてピッチに戻った。

 その直後の前半26分、ケルンがビッグチャンスを迎える。左サイドでボールを奪ったDFミロシュ・ヨイッチがスルーパスを入れ、抜け出したFWシモン・テロッデが左の大迫に横パス。大迫のリターンは相手DFにカットされたが、こぼれ球に反応したテロッデがPA内で左足に持ち替えてシュート。決定的な形だったが、至近距離でGKがセーブし、わずかにゴール右に外れた。

 絶好の先制機を逸したケルンだったが、前半40分にスーパーFK弾で均衡を破る。キッカーのヨイッチがPA左手前から右足で狙うと、回転のかかったブレ球シュートが壁の上を越えて落下し、GKの手をかすめてゴールイン。先制に成功すると、前半アディショナルタイムにはヨイッチが左CKを蹴り込み、ニアサイドの大迫がヘッドで合わせたが、惜しくも追加点とはならなかった。

 1-0で折り返した後半26分、最後の交代枠で大迫はベンチに下がった。このまま逃げ切りたいケルンだったが、後半31分、アウクスブルクは右CKからファーサイドのMFカイウビが高い打点からヘッドで合わせ、試合を振り出しに戻した。

 終盤、ケルンは怒涛の猛攻をかけ、後半アディショナルタイムには後方からのフィードをテロッデが落とし、FWセルー・ギラシーが決定的な左足シュート。これは惜しくも枠を捉えらえず、1-1のままタイムアップ。ケルンの連勝は3で止まったが、今季初勝利から4試合負けなし(3勝1分)とした。

大迫勇也 73
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1512906227/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、2点差からホッフェンハイムに5-2逆転勝利!ワグナーが移籍後初ゴール

バイエルンがホッフェンハイム下す、ホームで2点先行されるも5発で逆転
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000012-jij_afp-socc
ワグナー2018第20節初ゴール.jpg

【AFP=時事】17-18ドイツ・ブンデスリーガ1部は27日、第20節の試合が行われ、2点を先行されたバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)は、ロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)の今季18点目などで1899ホッフェンハイム(899 Hoffenheim)に5-2で逆転勝利を収めた。

 公式戦ここ19試合で18勝目を挙げたバイエルンは、リーグ戦では2位に勝ち点16差をつけて独走している。なお、バイエルンがホームで2点を先行されたのは、リーグ戦では1977年以来のこととなった。

 立ち上がりにバイエルンは、ヨシュア・キミッヒ(Joshua Kimmich)がペナルティーエリア内でサージ・ナブリー(Serge Gnabry)を倒すと、審判はPKを指示。ナブリーのPKはGKスヴェン・ウルライヒ(Sven Ulreich)がセーブしたものの、マルク・ウート(Mark Uth)に詰められて前半3分に失点した。

 さらに12分にホッフェンハイムは、期限付き移籍が終わる来季はバイエルンでプレーするものとみられているナブリーがジェローム・ボアテング(Jerome Boateng)のパスを奪うと、ゴール左隅にシュートを沈めてリードを広げた。

 しかしバイエルンは、同25分までの間に試合を振り出しに戻した。21分にキミッヒのシュートにレワンドフスキが触ったボールがゴールに吸い込まれ1点を返したバイエルンは、ボアテングがミスを帳消しにするヘディングシュートを沈めて追いついた。

 後半18分にキングスレイ・コマン(Kingsley Coman)のゴールでこの日初めてリードを奪ったバイエルンは、同21分にはアルトゥーロ・ビダル(Arturo Vidal)のヘディングで4点目を挙げると、終了間際にはホッフェンハイムから今冬に獲得したザンドロ・ヴァーグナー(Sandro Wagner)が移籍後初得点を決めた。

 試合後にボアテングは「われわれは最初は眠っていた。消極的で相手に多くのボールを渡してしまった。だがそこからの対応は本当に良かった。勝利に値したよ」とコメントしている。【翻訳編集】 AFPBB News

得点

バイエルン

レヴァンドフスキ[前半21分]
ボアテング[前半25分]
コマン[後半18分]
ビダル[後半21分]
ヴァグナー[後半45分]

ホッフェンハイム

ウート[前半3分]
グナブリー[前半12分]

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 260
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1516553699/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、今夏770億円補強を実行か?アザール、ケイン、デヘア獲得の可能性 英紙報道(関連まとめ)

【サッカー】<レアル・マドリード>今夏衝撃の「770億円補強」と英紙報道! “銀河系”復活へプレミアリーグの3選手に照準
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517033858/
ケインデヘアアザール02.jpg
1: Egg ★ 2018/01/27(土) 15:17:38.33 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリードは今季のリーガ・エスパニョーラで首位バルセロナと勝ち点差19の4位に沈み、スペイン国王杯も8強敗退という苦境に陥っている。

そうしたなか、今夏の移籍市場で総額770億円もの“爆買い補強”に打って出る可能性が浮上していると、英紙「デイリー・メール」が報じた。

 レアルは来季の巻き返しに向けて、プレミアリーグから3人の大物獲得に照準を定めたという。チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールに移籍金2億ポンド(約308億円)、今季もプレミア得点ランク首位を走るトットナムのイングランド代表FWハリー・ケインも2億ポンド、そしてマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア獲得にも1億ポンド(約154億円)を準備していると報じられている。

 総額770億円というフットボール史上最大の爆買いで、レアルは再び“銀河系軍団”完成を目指しているという。

 ジネディーヌ・ジダン監督は、以前からアザールの獲得を熱望。今季絶不調のFWカリム・ベンゼマに代わるセンターフォワードの補強は急務となっており、これまでもたびたびケインの名前は浮上している。そしてデ・ヘアは2015年夏に手続き上のトラブルで破談となって以降も、フロレンティーノ・ペレス会長が獲得に執念を燃やしていると言われている。

 パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール獲得の噂も浮上するなか、レアルはプレミアの実力者トリオを引き抜くことで再びスペインの頂点を目指すことになるのだろうか

1/27(土) 12:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00010007-soccermzw-socc

【サッカー】<ジダン監督が辞任を示唆!>国王杯敗退から立ち直れなければ「明日にも去る」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1516986869/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英誌、「世界のベストFWトップ10」を発表!1位メッシ、2位Cロナウド、3位ネイマール、英代表ハリー・ケインは9位に

【サッカー】<世界最高のFWは誰だ!?>英紙が「ワールド・ベストFWトップ10」を発表!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517024616/
Cロナウドメッシネイマール.jpg

1: Egg ★ 2018/01/27(土) 12:43:36.42 ID:CAP_USER9.net

現地時間25日に英メディア『フォー・フォー・トゥ』が「世界のベストFWトップ10」を発表した。

このランキングは、昨年一年間のパフォーマンスから優れたFWを10人選び抜いて順位が決められている。1位にはバルセロナ所属のリオネル・メッシが選出された。

寸評では「レアル・マドリーがリーガエスパニョーラやチャンピオンズリーグ(CL)などのタイトルを獲得したため、メッシは2016/2017シーズンにコパ・デル・レイだけ獲得した。しかし、スペイントップクラスの得点者としてシーズンを終えた同選手は、欧州最高リーグでの成績はクリスティアーノ・ロナウドよりも優れていた」とコメントした。

2位にはレアル・マドリーのC・ロナウドが選出された。CL6試合出場で9得点を記録した点、2017年のバロンドールを受賞した点、そして2016/2017シーズンのパフォーマンスが評価されている。

昨年夏の移籍市場でバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したネイマールは3位にランクイン。2017年末までにバルセロナとPSGで合計29得点27アシストを記録したことが、強く印象に残ったようだ。

一方で、2シーズン連続のプレミアリーグ得点王であり、2017年の欧州年間得点王でもあるハリー・ケインは9位となっている。「世界のベストFWトップ10」は以下の通り。

??【世界のベストFWトップ10】

1位 リオネル・メッシ(バルセロナ)
2位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
3位 ネイマール(PSG)
4位 ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)
5位 ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
6位 セルヒオ・アグエロ(マンC)
7位 エディンソン・カバーニ(PSG)
8位 ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)
9位 ハリー・ケイン(トッテナム)
10位 マウロ・イカルディ(インテル)

1/26(金) 11:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180126-00253010-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング