アンテナ・まとめ RSS

2018年01月28日

香川同僚バルトラ、スペイン1部ベティスに移籍か?長友とタッグの可能性も

香川の同僚DFバルトラ、長友佑都と新天地でタッグ!? ベティスが水面下で獲得交渉か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00010015-soccermzw-socc
長友とバルトラ.jpg

スペイン紙は交渉が進んでいると報道、買取オプション付きの期限付き移籍の可能性も
 インテルの日本代表DF長友佑都がスペイン1部12位のレアル・ベティスに電撃移籍する可能性が浮上するなか、ベティスは最終ラインの強化のためにドルトムントのスペイン代表DFマルク・バルトラの獲得に動いていることが明らかとなり、長友とタッグを組む可能性が浮上している。スペイン地元紙「マルカ」が報じた。

 1月31日の移籍市場閉幕に向けてベティスは慌ただしい動きを見せている。サイドバックの補強としてポルトのメキシコ代表DFミゲル・ラジャン、そして長友との獲得交渉を進めていると報じられるが、その一方でセンターバックの強化も図ろうとしているようだ。

 狙いは2シーズン前にバルセロナからドルトムントに移籍したバルトラだという。すでに獲得交渉は水面下で進んでいると報じられている。買い取りオプション付きの期限付きになる可能性もある模様だ。

 昨季はバイエルンに移籍したドイツ代表DFマッツ・フンメルスの後継者として活躍。UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝モナコ戦ではバス爆破事件で骨折する被害者となった。

 今季ペーター・ボス前監督では先発で出場していたが、成績不振から解任され、ペーター・シュテーガー監督が就任すると控えめとなっていた。バルトラは6月のロシア・ワールドカップでスペイン代表の一員として招集が予想されるなか、新天地移籍を希望しているという。

バルトラに興味を示す3つのビッグクラブは?
 バルトラにはユベントス、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているというが、出場機会を確約しているのはベティスと報じられている。ベティスにとってもバルトラのボール技術とスピードは「チームの哲学に完璧にフィットする」と分析されている。

 MF香川真司のチームメートで昨季のDFBポカール優勝をともに喜んだバルトラはベティスで長友と最終ラインを結成することになるのだろうか。

【BVB09】Borussia Dortmund 804【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1516736554/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、今季5ゴール目!後期は全4試合で得点に絡む パチューカはティグリスに敗れる

【サッカー】パチューカ本田圭佑が敵地で今季5点目!猛アピール
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517110579/
本田2018後期第5節ドリブル.jpg

1: 動物園φ ★ 2018/01/28(日) 12:36:19.56 ID:CAP_USER9.net


パチューカ本田圭佑が敵地で今季5点目、猛アピール
[2018年1月28日12時30分]

競り合うパチューカの本田(共同)

<メキシコリーグ:ディグレス3−2パチューカ>◇27日◇ディグレス

 パチューカFW本田圭佑が敵地でのディグレス戦に先発フル出場し、今季5点目となるゴールを決めた。

 後半35分、1点を追う展開で右サイドからのクロスをゴール前に走り込み左足で合わせた。一時同点となるゴールに敵地スタンドは静まりかえった。

 試合はその後、ティグレスに再び勝ち越され、パチューカは敗れた。

 本田は20日のBUAP戦でも2アシストを決め、チームを後期初勝利に導いた。後期開幕戦のUNAM戦では1ゴールを挙げて全得点に絡むなど、ロシアW杯(ワールドカップ)へ向け、好調を維持して代表復帰へ猛アピールした。

 パチューカは1勝1分け2敗で勝ち点4のまま。

https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201801280000322.html
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured



本田が今季5点目決めた!後期は全4戦で得点に絡む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-01649984-gekisaka-socc

[1.27 メキシコ1部 ティグレス3-2パチューカ]

 パチューカのMF本田圭佑が、今季5点目を決めた。

 本田は18年に入って始まったメキシコ1部後期開幕戦のUNAM戦で1ゴールの活躍。第2節のクラブ・アメリカ戦で1アシスト。第3節のロボス・ブアプ戦では2アシストと、しっかりと結果を残している。

 27日に敵地で行ったティグレス戦でパチューカは前半だけで2点のビハインドを背負う苦しい展開となったが、後半3分のFWアンジェロ・サガルのゴールで反撃の1点を返す。

 そして後半35分、右サイドからFWセバスティアン・パラシオスが上げたクロスをゴール中央の本田が左足に当てて流し込み、同点弾を奪った。本田のゴールは3戦ぶり。前期を含めると、リーグ戦は今季5点目となった。

 しかしパチューカは直後の後半39分にFWアンドレ・ピエール・ジニャックに勝ち越し弾を許してしまう。試合は2-3で敗戦。後期リーグは1勝1分2敗となった。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:47 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、芸術ボレーに独紙称賛!2戦連続ゴールでチーム最高評価に(関連まとめ)

【サッカー】<香川真司(ドルトムント)>「芸術的ジャンピングボレー」をドイツ紙称賛!2戦連続弾でチーム最高評価タイ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517094611/
香川2018第20節ゴール.jpg

1: Egg ★ 2018/01/28(日) 08:10:11.74 ID:CAP_USER9.net

【ドルトムント 2-2 フライブルク ブンデスリーガ第20節】
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11046040

 現地時間27日にブンデスリーガ第20節の試合が行われ、ドルトムントはホームにフライブルクを迎えて対戦。この試合でフル出場を果たした日本代表MF香川真司はスーパーボレーを決めて2戦連続ゴールを記録。独紙は及第点の評価を与えている

  試合開始して9分、浮き玉に香川がタイミングよく合わせてスーパーボレー。先制点を決めたが、21分と69分に失点し逆転されてしまう。それでも後半アディショナルタイムにジェレミー・トルヤンが土壇場で同点ゴールを決め、ドルトムントは2-2の引き分けに持ち込んでいる。

 独紙『ルール・ナハリヒテン』は香川に対しチーム最高評価となる「3.5」の採点をつけた。GKロマン・ビュルキとオマル・トプラク、マリオ・ゲッツェにも同じ点数をつけている。土壇場同点弾のトルヤンは「4.0」で、バックパスミスのヌリ・シャヒンは「5.0」の評価に。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分けて表され、数字が小さいほど評価が高いことを意味する)

 また、独紙『WAZ』はトプラクだけにチーム最高評価となる「3.0」の点数を与え、香川に対しては「3.5」の点数をつけた。寸評では「試合開始早々にドルトムントをリードする芸術的なザイト・ファルツィーアー(ジャンピングボレーの意味)を決めた。ドルトムントMFの中では一番優れていたが、彼のトップフォームからは程遠いだろう」とコメントしている

1/28(日) 2:42配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180128-00253219-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180128-00253219-footballc-000-1-view.jpg

ゴール動画




香川真司の“美弾”に賞賛の嵐!「最も美しいハイライト」「自信を持って打ち抜いた」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180128-00035127-sdigestw-socc

香川真司、ケルン戦は「ある意味ダービー」。復調気味の相手に警戒「最下位だが一番厄介」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180128-00253297-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、3位バレンシアに4-1大勝!CロナウドPK2発、マルセロとクロース絶妙弾で公式戦連敗阻止(関連まとめ)

レアル、3位バレンシアとのアウェイゲームで4ゴール!“直接対決”に快勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517073474/
クリロナ2018第21節ゴール.jpg

リーガ・エスパニョーラ第21節が28日に行われ、レアル・マドリードがバレンシアと対戦した。

 現在リーグ戦4位のレアルと、同3位につけるバレンシアの直接対決。試合が動いたのは16分だった。カウンターの場面からパス交換を行い、ペナルティエリア内で前を向いてボールを受けたクリスティアーノ・ロナウドが相手DFに倒される。このプレーに対して主審がPKを宣告すると、これをロナウドが自ら決めてレアルが貴重な先制点を手にした。

 リードを得たレアルは、37分に突き放すチャンスを得る。右サイドから供給されたクロスに合わせるためにカリム・ベンゼマが跳び上がろうとしたシーンで相手DFに妨害を受けたとして、主審は再びレアルにPKを与える。ロナウドがこの日2本目となるPKを冷静に沈め、レアルが前半のうちにリードを2点に広げた。

 アグレッシブな攻勢を続けていたバレンシアも、後半に入ってからスコアを動かすことに成功。右サイドからのCKにサンティ・ミナが合わせてゴールネットを揺らし、大歓声を受けながらプレーするホームチームが1点差に詰め寄った。

 勢いに乗って攻め込むバレンシアの攻撃を耐えたレアルは、84分に再び試合を動かす。左サイドでボールを持ったマルセロがカットインからのワンツーを使って突破を見せると、豪快なシュートでGKを破ってゴールを記録。得意の攻め上がりを披露したマルセロが、貴重な追加点をもたらした。

 リードを広げたレアルは、89分にも攻勢に出る。ペナルティエリア外でワンツーを見せたトニ・クロースがその流れでミドルシュートを放つと、強烈な弾道のボールがゴールに突き刺さる。流麗な攻撃を披露したレアルが、ダメ押しの4点目を記録した。

 試合はそのまま終了。重要な一戦で大量4得点を挙げたレアルが、直接対決を制して大きな白星を手にした。次節は2月4日、アウェイでレバンテと対戦する。

【スコア】
バレンシア 1−4 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 16分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
0−2 38分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
1−2 59分 サンティ・ミナ(バレンシア)
1−3 84分 マルセロ(レアル・マドリード)
1−4 89分 トニ・クロース(レアル・マドリード)

【サッカー】ロナウド2発などでレアルがバレンシアに快勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517073474/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:55 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、新加入ディアバテがデビュー戦2ゴールなど3部クラブに5-1大勝!岡崎慎司は負傷欠場 FA杯4回戦

岡崎に強力ライバル出現!今冬加入の22歳FWが2発デビュー、レスターを5回戦進出に導く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-01649973-gekisaka-socc
ディアバテ2018FA杯第4回戦ゴール.jpg

[1.27 FA杯4回戦 ピーターバラ1-5レスター・シティ]

 FA杯は27日、4回戦を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地でピーターバラ(3部相当)と対戦し、5-1で勝利。5回戦進出を決めた。岡崎はベンチ外だった。

 公式戦5試合負けなし(3勝2分)のレスターは、20日のワトフォード戦からDFハリー・マグワイアを除く10人を変更。DFクリスティアン・フクスやMFデマライ・グレイ、FWケレチ・イヘアナチョのほか、負傷離脱から復帰したDFダニー・シンプソン、今月レンタル復帰したMFハーベイ・バーンズ、アジャクシオから加入のFWフセニ・ディアバテが先発に名を連ねた。また、長期離脱のDFロベルト・フースが今季初めてベンチ入りしている。

 控え組主体のレスターは前半9分、MFアドリエン・シウバのパスをPA右で受けたディアバテが一気に相手DF2人の間を抜けて左足シュート。トゥーキックでゴール左に流し込み、デビュー戦で早速ゴールを記録した。さらに12分、相手のパスミスから敵陣でボールを受けたイヘアナチョがペナルティーアーク手前から左足を一閃。ゴール左に突き刺し、2-0とリードを広げた。

 攻撃の手を緩めないレスターは前半29分にも追加点を奪う。左サイドでディアバテのパスを受けたフクスがDFとGKの間に鋭いクロスを供給。絶妙なタイミングでゴール前に走り込んだイヘアナチョが右足で合わせ、3-0とした。なお、レスターは前半、ポゼッション率64%、シュート本数は10本(枠内4本)だった。

 しかし、後半になってピーターバラが逆襲。13分、右CKからDFスティーブン・テイラーがヘッドで落としたボールをDFアンドリュー・ヒューズが体勢を崩しならも左足ボレーでねじ込み、1点を返す。

 押し込まれる時間が続いたレスターは後半19分、バーンズとMFビセンテ・イボーラを下げ、MFウィルフレッド・エンディディとMFマーク・オルブライトンを投入。22分には、グレイのパスを受けたディアバテが相手DFをかわして左足シュートを放ったが、わずかにゴール右に外れた。

 レスターは後半35分、2得点のイヘアナチョに代えてDFベン・チルウェルをピッチに送り込む。42分には、グレイがドリブル突破から放ったシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球をディアバテが左足で押し込み、4-1。さらにアディショナルタイム2分にも、ディアバテの折り返しをエンディディが右足で合わせ、ダメ押し。レスターが5-1で快勝し、4回戦を突破した。

≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★139
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515859200/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、スーパーボレーで2戦連続ゴール!芸術弾で今季6得点目!ドルトムントは終盤追い付きフライブルクと2-2ドロー

【サッカー】香川真司、2戦連続ゴールで今季6点目! 芸術的なバイシクルシュートで先制点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517065132/
香川2018第20節ゴール02.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/27(土) 23:58:52.54 ID:CAP_USER9.net

1/27(土) 23:42配信
香川真司、2戦連続ゴールで今季6点目! 芸術的なバイシクルシュートで先制点

 現地時間27日にブンデスリーガ第20節の試合が行われ、ドルトムントはホームにフライブルクを迎えて対戦。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は前節に引き続きスタメン出場を果たした。試合開始して10分、ゴール前の浮き玉を香川がバイシクルシュート。2試合連続ゴールで今季公式戦6点目となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00253217-footballc-socc



香川、先制ボレーで2戦連発今季5点目!!ドルトムントは終盤の劇弾でドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-01649974-gekisaka-socc

[1.27 ブンデスリーガ第20節 ドルトムント2-2フライブルク]

 ブンデスリーガは27日、第20節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでフライブルクと対戦し、2-2で引き分けた。香川は前半9分に2戦連発となる先制点。今季5得点目を決めると、チームはその後逆転を許したが、後半アディショナルタイムに追いつき、引き分けに持ち込んだ。

 香川の右足が試合を動かした。前半9分、PA手前からMFゴンサロ・カストロが浮き球のパス。ゴール前にこぼれたボールをDFルーカス・ピシュチェクが右足で狙うと、DFに当たったこぼれ球を香川が右足ボレーで叩き込んだ。

 香川は2試合連続となる今季通算5ゴール目。幸先よくリードを奪ったが、フライブルクも前半21分、MFヤニク・ハベラーの右クロスにニアでFWニルス・ペテルセンが合わせ、1-1の同点に追いついた。

 ドルトムントは前半32分、右サイドからカストロがアーリークロスを入れ、FWピエール・エメリク・オーバメヤンが頭で合わせるが、クロスバーを越える。3試合ぶりに先発復帰したエースが果敢にゴールを狙ったが、勝ち越しゴールとはならなかった。

 1-1で折り返した後半開始からカストロに代わってMFマリオ・ゲッツェが入ったドルトムントは香川とゲッツェがインサイドハーフでコンビを組む。後半15分には左サイドで起点になったMFジェイドン・サンチョのスルーパスに香川が走り込み、PA内左の角度のない位置から左足でシュートを打ったが、惜しくもゴール左に外れた。

 すると後半23分、痛恨のミスからスーパーゴールで試合をひっくり返された。ハーフウェーライン手前でビルドアップしていたドルトムントはMFヌリ・サヒンのバックパスがペテルセンにカットされる。ペテルセンはGKの位置を見逃さず、ゴールまで約35mの距離から右足でロングシュート。山なりのループシュートにGKロマン・ビュルキは下がりながら必死に腕を伸ばしたが、わずかに届かず、ボールは鮮やかにゴールネットを揺らした。

 1-2と逆転を許したドルトムントは後半29分、ゲッツェの左クロスにピシュチェクが飛び込むが、ヘディングシュートはGKの正面を突く。同33分からはサヒンに代えてFWアレクサンデル・イサクを投入。必死の反撃に出ると、後半アディショナルタイム、途中出場のFWアンドリー・ヤルモレンコが右サイドから左足でクロスを入れ、こぼれ球をDFジェレミー・トルヤンが右足で蹴り込んだ。

 土壇場の同点ゴールで2-2の引き分けに持ち込んだドルトムントはこれで3試合連続ドロー。2018年に入って3引き分けとまだ勝利はないものの、ペーター・シュテーガー監督就任後は5試合負けなし(2勝3分)と無敗をキープしている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:54 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、1ゴール1アシスト!自ら得たPKで移籍後初得点!宇佐美も3点目に絡む!デュッセルドルフの3連勝に貢献(関連まとめ)

ドイツ2部で原口元気と宇佐美貴史が競演! 原口1得点1アシスト&宇佐美3点目演出
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000217-sph-socc
原口2018第20節ゴール.jpg

 サッカー、ドイツ2部リーグは27日、各地で第20節が行われた。日本代表FW原口元気が所属するデュッセルドルフは、敵地で最下位のカイザースラウテルンと対戦した。原口は移籍後初先発を果たし、1得点1アシストの活躍。3―1の勝利に貢献した。日本代表への復帰を目指すMF宇佐美貴史は、3点目を演出した。

 2トップの1角として先発した原口は、前半開始早々に積極的にシュートを放つも、相手GKにセーブされた。序盤からゴールへの執念を見せた日本代表FWだが、ドイツ2部では初得点よりも先に初警告を記録してしまった。同10分過ぎ、主審が笛を鳴らす前にFKを蹴ったとして、イエローカードを受けた。厳しいとも思える判定にも動じず、同42分には左サイドからシュート。しかしボールは惜しくもゴールを外れた。前半は0―0で折り返した。

 後半開始早々、相手にPKを決められ先制点を献上した。だが後半15分過ぎに、自らが倒されて得たPKを決めて、1―1とした。原口にとっては記念すべきドイツ2部初ゴールとなった。チームはその後に加点すると、MF宇佐美貴史が後半40分過ぎから出場。試合終了間際、宇佐美のパスを受けた原口が3点目をアシストして3―1。日本人選手が競演して、敵地で快勝した。

 24日、ホームでのアウエ戦には後半17分から出場し、新天地デビューを果たした。試合後には「まあなんか(点に)絡みたかったですけどね。「監督と『ヘルタではこんな感じだったけど』という話をしたら、ここではもっとゴールに絡んでほしいということは言われた。それを求めて、それがより伸ばせると思ったからここに来た」と語っていた。宣言通りの活躍となった。
【サッカー】<原口元気>デュッセルドルフ加入後初先発で初ゴール!自ら得たPKを沈める
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517059874/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:03 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

久保建英、トップチームで絶妙2ゴール!FC東京はインドネシア王者に4-2逆転勝利(関連まとめ)

【サッカー】16歳・久保建英が圧巻の2発!FC東京がインドネシア王者に4発快勝/Jリーグアジアチャレンジ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517051650/
久保インドネシア戦ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/01/27(土) 20:14:10.42 ID:CAP_USER9.net

1/27(土) 20:07配信
16歳・久保建英が圧巻の2発!FC東京がインドネシア王者に4発快勝/Jリーグアジアチャレンジ

■Jリーグアジアチャレンジ バヤンカラ 2-4 FC東京

Jリーグアジアチャレンジがインドネシアのジャカルタで27日に行われ、FC東京がインドネシアリーグチャンピオンのバヤンカラFCに4-2で勝利した。

日本とインドネシアの国交樹立60周年を記念して行われた今年のJリーグチャレンジ。FC東京は昨季までガンバ大阪を率いていた長谷川健太監督を今シーズンから招聘し、横浜F・マリノスからFW富樫敬真、柏レイソルからFWディエゴ・オリベイラを期限付き移籍で獲得するなど、積極的な補強を敢行してきた。

冬真っ只中の日本とは裏腹に、インドネシアは気温が高く、この試合も灼熱のなか行われることとなった。FC東京のスターティングメンバーには、GKに林彰洋、DFラインに室屋成、森重真人、丸山祐市、太田宏介の4人で形成。中盤には橋本拳人、東慶悟、永井謙佑に加えて神戸から加入した大森晃太郎を置き、2トップに新加入のディエゴ・オリベイラと富樫が入った。なお、ベンチには16歳の久保建英も入った。

試合は開始3分、太田宏介のFKから森重真人が頭で合わせてFC東京が幸先よく先制に成功する。さらに9分、またもや太田のCKからの折り返しを永井が頭で合わせたが、これはGKが手を伸ばしてセービングする。

序盤から圧倒的にボールを保持するFC東京は、サイドから効果的な攻撃を仕掛け、前線のディエゴ・オリベイラと富樫にボールを集めていく。

43分にFC東京はカウンターからダ・シルバに突破を許し、シュートを許したがこれは枠外。前半はFC東京の1点リードで折り返した。

後半に入ると54分、反撃を試みるバヤンカラはCKのチャンスからシュートを放つと、ブロックに入った森重がハンドの判定となり、バヤンカラにPKが与えられる。このPKをダ・シルバが冷静に決めてインドネシア王者が同点に追いついた。バヤンカラはさらに69分、そのダ・シルバの突破から追加点を奪取する。

しかし75分、大森が前線へロングボールを送ると、前で受けた萩洋次郎が頭ですらして、フリーの久保建英へ。これを左足のハーフボレーで冷静に流し込んで2-2の同点とした。そしてFC東京は84分、橋本のクロスから東が競り合うと、そのこぼれ球を途中出場の前田遼一がコースを突いたシュートを叩き込み、3-2と逆転。

さらに、10分となったアディショナルタイムに再び久保が左足で冷静に流し込んで勝負あり。FC東京が4-2でインドネシア王者に辛勝。途中出場の久保と前田が結果を残すなど、長谷川監督の采配が光る試合となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000021-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180127-00000021-goal-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:35 | 大阪 ☀ | Comment(18) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、「キャプテン翼」高橋陽一氏から岬君グッズを貰う!エイバルとビルバオのバスク対決は1-1ドロー

乾貴士&エイバルが「キャプテン翼」作者の訪問に興奮 SNSに笑顔の2ショット投稿
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00010010-soccermzw-socc
高橋乾.jpg

世界で愛される「キャプテン翼」 高橋陽一氏の訪問をツイッターで報告
 現地時間26日にリーガ・エスパニョーラ第21節、アスレチック・ビルバオ対エイバルのバスク勢対決が行われた。日本代表MF乾貴士は先発フル出場を果たした一方で、エイバル公式ツイッターアカウントによると日本から“ビッグ”なゲストが訪れたことが紹介されている。

 冷たい雨が降りしきるコンディションでのキックオフとなったが、バスク勢同士の対決らしく激しさが前面に出た戦いとなった。その中で乾は、この日も2列目左サイドに入った。チャンスを創出する場面は少なかったものの、前半17分のシュート、同35分には右サイドのクロスに対してペナルティーエリア内に入り込むなど果敢な姿勢は見せた。

 試合は後半に動く。同5分にビルバオの俊足FWイニャキ・ウィリアムズの突破からのクロスを、得点源のFWルイス・アドゥリスが頭で押し込み先制点を奪う。しかしエイバルも同29分に、ロングボールからFWシャルレスのシュートのこぼれ球をFWキケ・ガルシアが詰めて同点ゴールを挙げた。

 両チームともタイムアップの直前まで勝ち越し点を狙い、乾も得意のドリブルから仕掛ける場面があったが、1-1のまま終了し、お互い勝ち点1を得るにとどまった。ただ、この白熱の一戦のハーフタイムのタイミングで、エイバルはこんなツイートを発信している。

乾は岬くんのグッズを手に笑顔
「ヨウイチ・タカハシ、『オリベル&ベンジー』の作者は我々のアマイア・ゴロスティサ会長と会った。エイバルのユニフォームをプレゼントしました」

 後ろにはアスレティック・クラブと刻まれており、この写真は今回の試合が行われたビルバオの本拠地サン・マメスで撮られたもののようだ。「オリベル&ベンジー」とは世界中で人気になったサッカー漫画「キャプテン翼」のスペイン語名で、作者の高橋陽一氏がリーガ観戦に訪れたことを伝えている。

 また乾も試合後に自身の公式ツイッターを更新し、高橋氏と笑顔で写る2ショットを投稿。登場人物の岬太郎が描かれたグッズを手に、「キャプテン翼グッズも貰うて嬉しい限りです」と喜びのコメントを添えている。試合には勝ち切れなかったものの、世界で愛される“キャプテン翼”の作者訪問に、クラブも乾も興奮を隠しきれなかったようだ。


Sociedad Deportiva Eibar 乾貴士 part77
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1516954098/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内田篤人、同点アシスト!鹿島と徳島の練習試合は1-1ドロー

DF内田篤人が同点アシスト! 鹿島と徳島の練習試合は1-1ドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-01649963-gekisaka-socc
内田2018徳島戦02.jpg

宮崎キャンプ中の鹿島アントラーズは27日、徳島ヴォルティスと練習試合を行い、1-1で引き分けた。前半のうちに先制を許した鹿島だったが、約7年半ぶりに復帰したDF内田篤人のクロスから、MF田中稔也がダイビングヘッドで同点弾を奪取。後半はスコアが動かず、そのままタイムアップとなった。

 鹿島は28日の午前練習後に鹿嶋へ移動し、2月3日に『いばらきサッカーフェスティバル2018』で水戸ホーリーホックと対戦する予定。一方、宮崎で二次キャンプを続ける徳島は31日にヴァンフォーレ甲府と練習試合を実施する。
鹿島アントラーズPart2441
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1516886118/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、オバメヤンが3戦ぶりメンバー入り!シュティーガー監督「完全に集中している」

去就騒動のオーバメヤンが3戦ぶりメンバー入り ドルトムント監督「完全に集中している」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00010009-soccermzw-socc
シュティーガー監督とオバメヤン.jpg

 チームの規律違反で2戦連続メンバー落ちとなっているドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、27日に行われる本拠地フライブルク戦の招集メンバー入りを果たした。ペーター・シュテーガー監督は「完全に集中している」と、エースの状況を語った。

 今季も公式戦22試合で20得点とゴールを量産するオーバメヤン。しかし、チームトレーニングへの遅刻を繰り返すなどピッチ外での問題が露見。この冬はアーセナルからの接触が伝えられ、去就問題でもメディアを賑わせている。

 14日のヴォルフスブルク戦(0-0)、19日のヘルタ・ベルリン戦(1-1)と2試合連続でメンバー外となっていたオーバメヤンだが、次節のフライブルク戦では招集メンバーに入ることが公式サイトで発表された。

 チームを率いるシュテーガー監督も「オーバは今週素晴らしいトレーニングをした。完全に集中できているし、プロフェッショナルだ」と話した。クラブ公式サイトの予想スタメンにも名を連ねており、昨年12月16日のホッフェンハイム戦(2-1)以来となるエースの復活に期待がかかる。

【BVB09】Borussia Dortmund 804【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1516736554/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、フランクフルト100試合を達成!フランクフルトはBMGに勝利し暫定2位浮上(関連まとめ)

【サッカー】<長谷部誠>フランクフルト“100試合”出場を達成! 2018年無敗キープで暫定2位浮上
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517023216/
長谷部2018第20節.jpg
1: Egg ★ 2018/01/27(土) 12:20:16.93 ID:CAP_USER9.net

[1.27 ブンデスリーガ第20節 フランクフルト2-0ボルシアMG]

ケビン・プリンス・ボアテング(前半43分)
ルカ・ヨビッチ(後半47分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11046044

ブンデスリーガは27日、第20節1日目を行い、MF長谷部誠とFW鎌田大地所属のフランクフルトはホームでボルシアMGと対戦し、2-0で勝利した。キャプテンとしてリベロでフル出場した長谷部にとっては、同クラブでの記念すべき100試合目。鎌田はメンバー外だった。

先にスコアを動かしたのは7位のフランクフルトだった。前半43分、左サイドで味方の縦パスを受けたDFティモシー・チャンドラーが縦に突破し、グラウンダーのクロスを配給。ボランチの位置から飛び込んだMFケビン・プリンス・ボアテングがダイレクトで押し込んで先制に成功した。

ところが、後半はボルシアMGがたびたび決定機をつくった。12分、中盤でのショートカウンターからMFミカエル・クイザンスが斜め前方へのスルーパスを送ると、右サイドを飛び出したのはMFパトリック・ヘアマン。PA内に走り込んで強烈な右足シュートを放ったが、ボールはクロスバーに阻まれた。

さらにボルシアMGは後半31分、人数をかけた攻撃で相手を押し込むと、PA内ゴール正面でFWラファエルがボアテングに倒されてPKを獲得。目の前でシュートブロックに入っていた長谷部が猛抗議を見せるも判定は覆らない。ところが、このPKはMFトルガン・アザールがクロスバーに当ててしまい、同点に追いつくことはできなかった。

クロスバーに救われる場面が目立ったフランクフルトは後半アディショナルタイム2分、待望の追加点を奪う。自陣からのロングボールを収めたFWルカ・ヨビッチが胸で収め、MFアイメン・バルコックに落とすと、リターンパスが再びヨビッチの元へ。背番号8が豪快に左足を振り抜いて、グラウンダーでゴールネットを揺らした。

終盤に突き放したフランクフルトはそのまま試合を締め、2-0で勝利し、2018年無敗(2勝1分)をキープ。さらに2位から7位が勝ち点1差につけていた中、勝ち点3獲得で順位を一気に上げ、暫定2位となった。

1/27(土) 7:30配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-01649949-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggnRMcJlNEOWTtFl2NY7XTzQ---x900-y675-q90-exp3h-pril/amd/20180127-01649949-gekisaka-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング