アンテナ・まとめ RSS

2018年01月15日

ベンゲル監督不在のアーセナル、ボーンマスに1-2逆転負け エジルやサンチェスは帯同せず

指揮官不在のアーセナル、敵地でボーンマスに逆転負け/プレミアリーグ第23節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000032-goal-socc
ボーンマス2018第23節ゴール.jpg

■プレミア第23節 ボーンマス 2-1 アーセナル
ボーンマス:ウィルソン(70分)、アイブ(74分)

アーセナル:ベジェリン(52分)
現地時間14日、イングランド・プレミアリーグ第23節が行われ、アーセナルは敵地でボーンマスと対戦し1-2で逆転負けを喫した。

4日前にチェルシーとのカラバオカップ準決勝を行ったアーセナルだが、中3日で迎えたこのボーンマス戦ではGKをダヴィド・オスピナからペトル・チェフに代えただけで、フィールドプレーヤーはチェルシー戦と同じ10人が先発。去就問題で揺れるアレクシス・サンチェスやメスト・エジルが遠征メンバーから外れ、アーセン・ヴェンゲル監督は3試合のベンチ入り禁止処分でこれが3試合目となった。

指揮官もエースも司令塔も不在のアーセナルは、1週間休みのあったボーンマスのアグレッシブなプレスに苦しめられる。そんな中で一人気を吐いたのは、古巣対決となるジャック・ウィルシャー。チェルシー戦で負傷交代を強いられていたが、引き続き先発すると、昨シーズンまで所属していたボーンマス相手に中盤で存在感を発揮する。

8分、そのウィルシャーの縦パスを受けたアレクサンデル・ラカゼットがペナルティーエリア内右をえぐって折り返すと、ファーサイドでトラップしたエインズリー・メイトランド=ナイルズのシュートはクロスバーを叩いた。

幸先よくチャンスを作り出したアーセナルだが、その後は疲労の影響か細かいミスが目立ち、本来のパスワークが鳴りを潜める。一進一退の攻防の中、35分にはアーセナルに久々のチャンス。アレックス・イウォビからのパスに抜け出したダニー・ウェルベックが戻ったDFをブロックしながらシュートを放つも、GKアスミール・ベゴビッチが飛び出してブロックした。

一方のボーンマスも40分、右サイドを突破して折り返すと、これがファーサイドに流れてライアン・フレーザーがフリーで受ける。決定機だったが、シュートはカラム・チェンバースが身を挺してブロック。互いに無得点でハーフタイムを迎えた。

後半も拮抗した展開が予想されたが、アーセナルは一瞬の隙を見逃さなかった。52分、自陣左サイドからボールをつなぎ、ハーフェーライン付近でで前を向いたイウォビがスルーパスを送る。ボールウォッチャーとなっていたDFの裏を取ったエクトル・ベジェリンが抜け出すと、ペナルティーエリア内右からGKベゴビッチを破ってアーセナルが均衡を破った。

1点を追いかける展開となったボーンマスはチャーリー・ダニエルズに代えてリース・ムセを投入。すると70分、そのムセとのワンツーで右サイドを突破したフレーザーがゴール前に低いアーリークロスを送る。このボールに飛び出したGKチェフよりも一瞬速くウィルソンが触り、ボーンマスが同点に追いついた。

これを受け、アーセナルも動く。74分、チェンバースに代えて負傷明けのアーロン・ラムジーを投入。3バックから4バックへと移行するが、その直後、左サイドからの浮き球パスをエリア内でウィルソンが受けると、走り込んできたジョーダン・アイブが決めてボーンマスが逆転に成功する。アーセナルはシステム変更で生じた一瞬の隙をボーンマスに突かれる格好となった。

ビハインドを背負ったアーセナルは、イウォビに代えてセオ・ウォルコットを投入。前線の枚数を増やすが、ボーンマスもゴール前を固めて対抗する。さらには前掛かりになった裏のスペースをボーンマスが突き、鋭いカウンターでアーセナル守備陣を脅かす。

アーセナルはウォルコットのスピードを生かそうと裏へのパスを多用するが、ボーンマスの最終ラインの裏にはそれほどスペースがなく、オフサイドにかかるなどチャンスが生まれない。また手薄となった中盤にボーンマスが圧力をかけることで前線までなかなかボールを運ぶことができず、手詰まり感が拭えないまま時間だけが経過していく。

ブロックの外側でのパス回しが続き、焦れたグラニト・ジャカがミドルレンジからシュートを放つも枠の外。アディショナルタイムの4分間で、ボーンマスはDFではなくFWのベニク・アフォビを投入し、引いて守って逃げ切るのではなく、前線からの活動量を落とさずに逃げ切りを図る。

結果的にこれが奏功し、最後までアーセナルにチャンスらしいチャンスを与えなかったボーンマスが対アーセナル戦初勝利を手にした。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1207】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515906741/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川同僚オバメヤン、規律違反で急遽メンバー外に…練習早退しミーティングも参加せず

オーバメヤン、規律違反でメンバー外処分 ドルトムント同僚が不満露わ「愚かな行為」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00010003-soccermzw-socc
オバメヤン不満顔.jpg

本拠地ヴォルフスブルク戦でオーバメヤンは急きょメンバー外、試合は0-0ドローに
 MF香川真司の所属するドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは、またも規律違反によって14日に行われたブンデスリーガ第18節の本拠地ヴォルフスブルク戦で急遽メンバー外となった。香川は先発フル出場を果たしたが、絶対的エースを欠いたチームは決定力を欠き、2018年初戦をスコアレスドローで終えている。

 ウインターブレイクが空け、後半戦のスタートを迎えたブンデスリーガでドルトムントは本拠地にヴォルフスブルクを迎えた。しかし、スターティングイレブンにエースの名前はなかった。

 ドルトムントはオーバメヤンが規律の問題から欠場することになったと発表している。昨年11月のシュツットガルト戦も度重なる遅刻を理由にクラブからメンバー外となる処分を受けていた“問題児”が再び規律違反を起こした形だ。

 ドイツ公共放送「ドイチェ・ヴェレ」によれば、オーバメヤンはヴォルフスブルク戦前のトレーニングを早退し、チームミーティングにも参加しなかったという。過去15カ月間で三度目の処分となる。

 スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク氏は「彼の頭のなかで何が起こっているのか分からない」のコメント。「このような振る舞いは今までなかった」とエースの問題行為に頭を抱えている。

同僚GKはクラブ支持「筋の通った決定」
 また、同僚のスイス代表GKロマン・ビュルキは試合後、「決定を支持する」とクラブの決定に理解を示している。「彼がいくらゴールを決めようとも、ルールは全ての選手に当てはまるものだから、これは筋の通った決定。愚かな行為によって、彼が再び試合を欠場することになったというのは恥ずべきことだ」と語った。

 衛星放送「スカイ・スポーツ」は、オーバメヤンがチリ代表FWアレクシス・サンチェスの放出が濃厚なアーセナル移籍の噂が浮上していることを報じたうえで、「オーバメヤンは移籍を画策しているわけではないが、彼の振る舞いは数名のチームメートの怒りを買っている」と指摘。選手の中には規律違反を繰り返すエースの行動に不満を持つ者もいるようだ。

 チームの空中分解にもつながりかねない問題を引き起こしているオーバメヤン。今季も23試合で21得点とゴールを量産しているが、ピッチ外での悪癖を露呈している。

【BVB09】Borussia Dortmund 799【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515927416/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋加入のFWジョー「本場の寿司を食べられるのは嬉しい」

【サッカー】<名古屋グランパス>元ブラジル代表FWジョー「本場の寿司を食べられるのはうれしい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515936066/
ジョー名古屋入団.jpg
1: Egg ★ 2018/01/14(日) 22:21:06.22 ID:CAP_USER9.net

J1に復帰した名古屋は14日、名古屋市内で新体制を発表し、コリンチャンスから完全移籍した元ブラジル代表FWジョー(30)は日本食が大好物ということを明かした。

 17年のブラジル全国選手権で得点王、MVPに輝き、鳴り物入りで加入した14年ブラジルW杯メンバー。「日本のサッカーは技術が高く、スピードがある。ブラジルとは違うので、早く慣れてチームに貢献できるよう頑張ります」と控えめながら自信をのぞかせた。

その助っ人が楽しみにしていることがある。「自分が初めてブラジルから出て、ロシアでサッカーをやった時に初めて日本食を食べたら、とてもおいしかった。それから色んなところで日本食を食べてきた。やっと本場で食べられるのはうれしいよ。本場でしか味わえないものを食べたいね」。好物はと問われると、「寿司!」と笑顔で即答した。

 ジョーは05年、コリンチャンスからCSKAモスクワに移籍し、マンチェスターC、エバートン、ガラタサライ、江蘇蘇寧などでプレーした経験を持つ。身長191センチ、96キロ。ブラジル代表として20試合5得点を記録している。

1/14(日) 20:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000197-sph-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-00000197-sph-000-0-view.jpg

<J1名古屋>新体制発表会にサポーター700人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000068-mai-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【神試合】リバプール、首位マンCとの激闘に4-3勝利!マンCは無敗記録が遂にストップ(関連まとめ)

マンCの無敗記録がついにストップ! リヴァプールが大量4得点奪い首位撃破
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00701876-soccerk-socc

サラー2018第23節ゴール.jpg


プレミアリーグ第23節が14日に行われ、リヴァプールとマンチェスター・Cが対戦した。

 開始早々の8分、アレックス・オックスレイド・チェンバレンが相手陣内でボールを奪うと、そのままドリブルで持ち込み右足でシュートを流し込んだ。一方のマンチェスター・Cは30分にアクシデント発生。左サイドバックを務めるファビアン・デルフが負傷し、ダニーロとの交代を余儀なくされる。それでも前半終了間際の40分、レロイ・サネが得意のドリブルで仕掛け、ニアサイドに強烈なシュートを決めた。前半は1−1で折り返す。

 後半に入り59分、チェンバレンのスルーパスにロベルト・フィルミーノが反応。ジョン・ストーンズとの球際の攻防に競り勝つと、切り返しからふわりと浮かせたシュートでゴールネットを揺らした。直後の61分にはモハメド・サラーのパスを受けたサディオ・マネが左足で豪快な追加点。さらに68分にはGKエデルソンのクリアミスを拾ったサラーがロングシュートを決めた。

 リードを3点差に広げられたマンチェスター・Cは、84分に途中出場のベルナルド・シウバが1点を返す。後半アディショナルタイムにはセルヒオ・アグエロのクロスをイルカイ・ギュンドアンが胸トラップから右足で決めて1点差まで詰め寄ったが、反撃もここまで。

 試合は4−3で終了。首位撃破に成功したリヴァプールはリーグ戦4連勝を飾った。一方、開幕から無敗を維持してきたマンチェスター・Cはリーグ戦23試合目でついに初黒星を喫した。

 次節、リヴァプールはアウェイでスウォンジーと、マンチェスター・Cはホームでニューカッスルと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 4−3 マンチェスター・C

【得点者】
1−0 8分 アレックス・オックスレイド・チェンバレン(リヴァプール)
1−1 40分 レロイ・サネ(マンチェスター・C)
2−1 59分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
3−1 61分 サディオ・マネ(リヴァプール)
4−1 68分 モハメド・サラー(リヴァプール)
4−2 84分 ベルナルド・シウバ(マンチェスター・C)
4−3 91分 イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C)

〓〓 Liverpool FC 〓 870 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515944887/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、フル出場でチャンスメイク連発も…ドルトムントは決定機生かせずヴォルフスブルクと0-0ドロー

18歳イサク&17歳サンチョが初先発も…ドルトはスコアレスで連勝止まる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-01649489-gekisaka-socc
香川2018第18節ドリブル.jpg

[1.14 ブンデスリーガ第18節 ドルトムント0-0ボルフスブルク]

 ブンデスリーガは14日、第18節3日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでボルフスブルクと対戦し、0-0で引き分けた。公式戦6試合連続の先発となった香川はフル出場。ペーター・シュテーガー監督就任後、2連勝中だったが、リーグ再開初戦はスコアレスドローに終わった。

 ウィンターブレイク明け初戦のホームゲームでFWピエール・エメリク・オーバメヤンが「懲罰的な理由」(クラブ公式ツイッター)でメンバー外となったドルトムントはMFクリスティアン・プリシッチも負傷欠場。シュテーガー監督は3トップの中央で18歳のFWアレクサンデル・イサク、左サイドで17歳のMFジェイドン・サンチョをブンデスリーガ初先発に抜擢し、FWアンドリー・ヤルモレンコと3トップを形成した。

 序盤から試合の主導権を握ったドルトムントだが、最後の精度を欠く。前半31分、カウンターから香川が中央をドリブルで持ち上がり、ヤルモレンコにパス。PA内右から右足を振り抜いたが、大きく枠を外れた。同42分にはMFマリオ・ゲッツェからの鋭い縦パスをPA内のイサクがワントラップから右足シュート。決定的な場面だったが、右ポストを叩き、先制点とはならなかった。

 スコアレスで折り返した後半立ち上がりにもビッグチャンスをつくった。後半3分、細かいパス交換からPA内左に抜け出したゲッツェがゴール前に折り返し、ヤルモレンコがフリーで飛び込んだが、右足のシュートはクロスバーを越える。同8分にもPA内右の深い位置まで進入した香川のグラウンダーのクロスにファーサイドのサンチョが左足で合わせたが、左ポストを直撃した。

 1点が遠いドルトムントは後半11分、ゲッツェに代えてMFマフムード・ダフード、同23分にはイサクに代わってMFアンドレ・シュールレがセンターフォワードに入る。さらに後半33分、最後の交代カードでヤルモレンコに代えてMFヌリ・サヒンを投入し、香川が右ウイングの位置に入った。ゴールを目指し、終盤は攻勢を強めたが、ボルフスブルクの守備を崩し切れず、0-0のままタイムアップ。ウィンターブレイク明け初戦はスコアレスドローに終わり、連勝は2でストップした。

【BVB09】Borussia Dortmund 799【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515927416/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:37 | 大阪 | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

東京V比嘉祐介「俊さん、雇ってよ」中村俊輔「もうちょっと頑張れよ」俊輔のゲキでサッカー人生延びる(関連まとめ)

東京V比嘉「俊さん」ゲキでサッカー人生が延びた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00100356-nksports-socc
比嘉入団会見.jpg

 J2東京ヴェルディに新加入したDF比嘉祐介(28)が14日、ジェフユナイテッド千葉との契約が17年で満了した後、J1横浜F・マリノス時代の先輩のジュビロ磐田MF中村俊輔(39)に「雇ってよ」と相談し、ゲキを飛ばされ、プロサッカー選手としてのキャリア続行につながったと明かした。

 比嘉はこの日、都内で行われた新体制発表会に出席した。取材陣から背番号について聞かれると「背番号は25でいきたかった。俊さんが着けていたので。東京Vでは埋まっていたので、何でもいい」と13番に決めた経緯を語った。

 比嘉にとって、中村俊は「マネしようとしたって出来ない。俊さんや中田英寿さんを見てサッカーを始めた」憧れの存在。12年に横浜でプロデビューした当時、中村俊はキャプテンだった。その後、比嘉が京都サンガFC、千葉と移籍しても試合を見てくれ、話もしばしばする関係だという。

 東京Vへの移籍が決まり、中村俊と連絡を取ったかと聞かれると、比嘉は千葉との契約が満了になった際、電話したと明かした。「『俊さん、もうサッカー出来ねぇから雇ってよ』と、初めてガチに」相談すると「『もう、ちょっと頑張れよ。もっと出来るんだろ』と半分、説教じゃないけど」(比嘉)とゲキを飛ばされたという。

 その後、東京Vからオファーを受け、完全移籍が決まった。電話で報告すると「良かったじゃん。チーム、あったんだ。頑張れよ」と喜んでくれたという。「オファーをもらったのが、うれしかった。自分で先発を勝ち取れば、俊さんも(横浜DF栗原)勇蔵君も、自分の頑張っている姿を見てもらえる」と闘志を燃やした。

 2月25日の開幕戦の相手は、契約満了となった因縁の千葉とホーム味の素スタジアムで対戦することが決まった。比嘉は「スタメンで出られたら最高。楽しみしかない。思いっきり削ります。何もやらせたい。どうせ、あっちもガーっとくる。ファウルをもらわないように、うまくやりたい」とジョークを飛ばした。

 千葉では17年、リーグ戦の出場は8試合にとどまり無得点だったが、11月11日の名古屋戦(3−0勝利)と同19日の最終節・横浜FC戦(2−1勝利)と終盤の大事な試合に2戦連続で先発し、J1昇格プレーオフ進出に貢献。昇格を決めた名古屋グランパスとの準決勝(2−4敗戦)ではフル出場した。ファン・エスナイデル監督の厳しい練習、食事制限で体を鍛え「フタを空けてみれば、最後は良かった」と収穫も感じている。「開幕戦に勝って、頑張っている姿を見てもらいたい。アイツのクビ、切らなきゃ良かったって言わせたい」と笑みを浮かべた。【村上幸将】


※芸スポ分追記しました。


【サッカー】<比嘉>「俊さん」ゲキでサッカー人生が延びた!「俊さん、もうサッカー出来ねぇから雇ってよ」「もう、ちょっと頑張れよ』
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515935263/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:18 | 大阪 ☁ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、バーゼルDFアカンジ獲得でクラブ間合意!独スイスメディアが一斉報道

ドルトムント、バーゼルから22歳のDF獲得へ…約30億円でクラブ間合意との報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000007-goal-socc
アカンジバーゼル.jpg

ボルシア・ドルトムントは、DFマヌエル・アカンジの獲得でバーゼルと合意に至ったようだ。スイス『ブリック』、ドイツ『キッカー』『ビルト』が報じた。

報道によれば、アカンジは13日、バーゼルがスペインで行っているトレーニングキャンプから離れ、ドルトムントへ向かったという。22歳のセンターバックは、ドルトムント行きが最終段階に入ったと伝えられている。

『ブリック』や『ビルト』によると、ドルトムントはこれまで4キャップを記録したスイス代表DFの獲得に向けて、バーゼルとボーナス込みの移籍金2150万ユーロ(約29億円)で合意。また選手本人とも合意に至ったとされる。

また『キッカー』では、マンチェスター・ユナイテッドも同選手に興味を抱いており、オールド・トラッフォードが新天地となる可能性も残っていると指摘。だが、それでもアカンジのドルトムント移籍が成立に向かっていると見ているようだ。

【BVB09】Borussia Dortmund 798【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515557660/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1神戸、タイ代表DFティーラトン獲得で大筋合意!1年間の期限付き移籍(関連まとめ)

【サッカー】<ヴィッセル神戸>タイ代表DFティーラトン(ムアントン)と大筋合意! 1年間の期限付き移籍
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515878475/
ティーラトン神戸.jpg

1: Egg ★ 2018/01/14(日) 06:21:15.00 ID:CAP_USER9.net

J1神戸が獲得に向け正式オファーを提示しているタイ・プレミアリーグのムアントンに所属する同国代表DFティーラトン・ブンマタン(27)について1年間の期限付き移籍で大筋合意に達したことが13日、分かった。

ムアントンは23日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)予選2回戦ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)戦を控えており、ティーラトンも出場予定。 勝てば30日にACLプレーオフで柏と対戦する。タイメディアによると、神戸への合流は沖縄キャンプ(23日〜2月4日)期間中になるという。

1/14(日) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000025-dal-socc

写真
http://livedoor.blogimg.jp/keydrop/imgs/f/f/ffe74ea5-s.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:43 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋、豪州代表GKランゲラックの獲得をサプライズ発表「ミッチと呼んでください!」(関連まとめ)

名古屋新体制会見で社長が豪州代表GKランゲラックの獲得をサプライズ発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-01649456-gekisaka-socc
ランゲラック名古屋入団03.jpg

名古屋グランパスの小西工己代表取締役社長が、14日に名古屋市内で行った新体制発表会で、レバンテからオーストラリア代表GKランゲラックを獲得したことを発表した。アジア枠での出場が可能となる。

 先日より獲得の噂のあった選手だが、小西社長は「もったいぶっていたわけではなく、本当に今朝方、契約が成立した」と説明。会場から万雷の拍手が沸き起こった。
 
 ランゲラックは1988年8月22日、オーストラリア出身の29歳。2007年にメルボルンでプロ生活をスタートさせると、2010年よりドルトムントと契約。15年にシュツットガルトに移籍し、17年よりレバンテでプレーしていた。

 公式サイトでの発表になり、「ミッチと呼んでください!」とした豪州代表GKは「このような機会をあたえていただき、ありがとうございます。今は日本へ来られてとてもワクワクしています。 日本・名古屋の環境、名古屋グランパスがビッククラブであることを香川真司選手やケネディ選手から聞いていました。ひとつでも多くチームの勝ち点に貢献できるよう誠実に頑張ります。 リーグ開幕が待ち遠しく、いち早くファン・サポーターの皆さまに会えることを楽しみにしています」とコメントした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9965
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1515904268/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英紙、岡崎慎司の奮闘を高評価「何度も地面に体を投げ出した」(関連まとめ)

【サッカー】<岡崎慎司(レスター)の積極守備にチェルシー苦戦!>英紙は高評価「何度も地面に体を投げ出した」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515878077/
岡崎2018第23節カンテ.jpg

1: Egg ★ 2018/01/14(日) 06:14:37.66 ID:CAP_USER9.net

【チェルシー 0-0 レスター プレミアリーグ第23節】

現地時間13日にプレミアリーグ第23節の試合が行われ、レスター・シティはチェルシーのホームに乗り込んで対戦。

レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司は先発出場を果たしたが得点ならず。
英紙『レスター・マーキュリー』は岡崎に対して高評価を与えている。

前半はレスターのペースで進む。岡崎は中盤で顔を出して守備で貢献。

38分には岡崎にシュートチャンスが訪れたが、チェルシーのアンドレアス・クリステンセンにブロックされて得点ならず。

68分にベン・チルウェルが退場して以降はおされる展開となったがチェルシーにゴールは許さず。結局、0-0の引き分けに終わっている。

同紙は退場処分を受けたチルウェルに対してチーム最低評価となる10段階中「5.0」の点数をつけた。
アレクサンダル・ドラゴヴィッチには「6.0」。ハリー・マグワイアとウィルフレッド・エンディディにはチーム最高評価となる「8.0」の評価を与えている。

岡崎を含むその他の選手には「7.0」の採点をつけた。
岡崎に対する寸評では「利他的に後ろに下がり、何度も地面に体を投げ出していた」とコメントし、積極的な守備でボール奪取にチャレンジした点を評価した。

1/14(日) 3:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00251055-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180114-00251055-footballc-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:45 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、アトレティコ戦でカットインの惜しいシュートも…GKオブラクの牙城崩せず エイバルはアトレティコに0-1惜敗(関連まとめ)

【サッカー】乾貴士先発のエイバル、GKオブラクの牙城を破れずアトレティコに敗戦/リーガ第19節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515871581/
乾2018第19節ドリブル.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/14(日) 04:26:21.60 ID:CAP_USER9.net

1/14(日) 4:18配信
乾貴士先発のエイバル、GKオブラクの牙城を破れずアトレティコに敗戦/リーガ第19節

■リーガ第19節 エイバル 0−1 アトレティコ

アトレティコ:ガメイロ(27分)

13日にリーガエスパニョーラ第19節が行われ、エイバルは本拠地イプルーアでアトレティコ・マドリーと対戦した。MF乾貴士は先発でフル出場している。

エイバルはメンディリバル監督が就任した2015−16シーズン以降、公式戦6試合でアトレティコ戦っているが、1分け5敗と惨憺たる結果に終わっている。昨季リーガの対戦では、エイバルはホームで0−2、アウェーで0−1といずれも敗れた。

アルビージャを出場停止で欠くエイバルは、負傷明けのイバン・ラミスが復帰する。サビッチ、ガビ、ジエゴ・コスタが出場停止で欠場したアトレティコは前線にグリエズマンとガメイロを据えて4−4−2を敷いた。

最初のチャンスをつくったのはアトレティコ。3分、ヴルサリコ、グリエズマンとつないで、最後はコレアがシュート。だが、これはわずかに左に外れる。

徐々にエイバル陣地でプレーする割合を増やすアトレティコは、27分に均衡を破る。カウンターに抜け出したグリエズマンが、ゴール前で待ち構えるガメイロにラストパス。ガメイロがGKディミトロビッチとの1対1を冷静に制して、先制点を挙げた。

エイバルは29分、エンリッチのオーバーヘッドのクロスから、チャルレスがヘディングシュートを放つ。しかし、ここまで18試合で11失点とバルセロナGKテア・シュテーゲンに次いで、リーガ2位の失点数の少なさを誇るGKオブラクの牙城を崩すことはできない。

メンディリバル監督は後半開始からイバン・アレホに代えてオレジャーナを投入する。63分には、この試合最大の決定機がエイバルに訪れる。ジョルダンの蹴ったFKに、エンリッチがヘディングを合わせる。これがゴディンの足に当たり、枠内へ向かったが、GKオブラクが辛くもセーブした。

アトレティコは74分、一瞬の隙を突く。カラスコのパスを受けたグリエズマンがGKディミトロビッチと1対1に。しかし、非利き足の右足でのシュートは、エイバル守護神の足によって防がれる。

エイバルは84分に乾がチャンスメーク。ダニ・ガルシアからのパスを左サイドで受けた乾は、カットインから右足を振り抜いた。だがGKオブラクが横っ飛びで乾のシュートを弾き出す。

敵地で苦しみながら勝ち点3を得たアトレティコは、暫定で2位をキープした。対するエイバルは7位に位置している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000034-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-00000034-goal-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:28 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ビジャレアルにホームで0-1敗戦…CL出場権争いに本格的に参戦(関連まとめ)

【サッカー】混沌のレアル・マドリー、ビジャレアルに0−1敗戦でCL出場権争いに本格参戦/リーガ第19節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515863787/
レアル2018第19節敗戦.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/14(日) 02:16:27.95 ID:CAP_USER9.net

1/14(日) 2:10配信
混沌のレアル・マドリー、ビジャレアルに0−1敗戦でCL出場権争いに本格参戦/リーガ第19節

■リーガエスパニョーラ第17節 レアル・マドリー 0−1 ビジャレアル

ビジャレアル:フォルナルス(43分)

13日のリーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦を0−1で落とした。

1試合未消化ながら、首位バルセロナに勝ち点16差をつけられ、優勝争いから事実上脱落したレアル・マドリー。今後はコパ・デル・レイ、そしてチャンピオンズリーグ(CL)に焦点を合わせたいところだが、来季CL出場権を確保するためにも、ここから調子を上げていくためにもリーガで力を抜き過ぎることはできない。ジダン監督はGKケイロール・ナバス、DFカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、MFカセミロ、モドリッチ、クロース、イスコ、FWクリスティアーノ・ロナウド、ベイルをスタメンとして起用した。

レアル・マドリーは序盤からボールを保持して、ビジャレアル陣地に果敢に攻め込む。不調を引きずるように連係がうまく取れず、素早い展開が求められるフィニッシュの場面でもボールを持ち過ぎるきらいもあったが、それでも時間が経つに連れてチャンスを生み出していった。ただ、得点力不足は相変わらず。23分にはC・ロナウドが直接FKからゴールを狙うが、これはGKアセンホに弾かれる。また30分にはモドリッチのスルーパスからC・ロナウドがダイアゴナルランで最終ラインを抜け出すも、ループシュートは枠の左へと外れた。

レアル・マドリーはさらに45分、ペナルティーエリア内右のイスコが折り返したボールにファーサイドから飛び出したC・ロナウドが合わせたが、またもアセンホのセーブに弾かれる。C・ロナウドはシュート時に背後からマリオの妨害を受けたと主張。だがウンディアーノ・マジェンコ主審はPKを取ることなく、前半終了のホイッスルを吹いた。冷たいこぬか雨が降りしきるベルナベウ。フラストレーションを溜め続けるファンは、ピッチから下がる審判団に対して容赦のないブーイングを執拗に浴びせていた。

後半、レアル・マドリーは応援団が陣取る南スタンドのゴールに向けて攻撃を仕掛けていく。が、得点という実りを得るには至らない。ファンのフラストレーションの矛先は、次第にチーム自身にも向かい、カウンター時にC・ロナウドがミスをするとスタンドのあちらこちらから指笛が吹かれた。

クロスからの攻撃一辺倒となり、さらにはビジャレアルのボール保持を許すなど、徐々に停滞していくレアル・マドリー。ジダン監督は69分に交代カードを切り、疲労が見えるイスコ、存在感がなかったベイルとの交代でルーカス・バスケス、アセンシオをピッチに立たせる。だが、この交代策も効果はなし。そして43分、CKからビジャレアルのカウンターを許すと、フォルナルスにK・ナバスを破られ失点を許した。観衆はこのゴールから家路につき始め、残った人々はチームに向けて渾身の指笛を吹いた。

レアル・マドリーはその後もあきらめずに南スタンドに向けてボールを運んで行ったが、そこに陣取る応援団以外からは指笛が聞こえ続ける。そうして試合は、レアル・マドリーが1点ビハインドを背負ったまま終了。マジェンコ主審がホイッスルを鳴らした瞬間に指笛はさらに強まり、マドリディスタスの神殿は混沌に支配されている。

3試合勝利から見放されている4位レアル・マドリーは5位ビジャレアルに勝ち点差を1まで縮められ、また明日にアラベス戦に臨む6位セビージャは同勝ち点に並ばれる可能性がある。そして首位バルセロナが明日のレアル・ソシエダ戦に勝てば、勝ち点差は19まで広がる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000033-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-00000033-goal-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:25 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング