アンテナ・まとめ RSS

2018年01月07日

乾貴士、スペイン紙でチーム最高評価!エイバルはラス・パルマスに逆転勝利

【サッカー】乾は惜しいヘディングシュートも3戦連発ならず…エイバルが逆転勝利で3連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515271446/
乾2018第18節.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/07(日) 05:44:06.74 ID:CAP_USER9.net

1/7(日) 5:25配信
乾は惜しいヘディングシュートも3戦連発ならず…エイバルが逆転勝利で3連勝

 リーガ・エスパニョーラ第18節が6日に行われ、日本代表MF乾貴士が所属するエイバルはアウェイでラス・パルマスと対戦した。乾は左FWで先発出場した。

 ここ6試合で5勝1分と好調のエイバルは14分、2試合連続ゴール中の乾にチャンス。右サイドのアンデル・カパがクロスを送ると、乾がエリア内中央に飛び込み頭で合わせるが、ゴール右隅を捉えたシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。

 だが、エイバルは31分、アナイツ・アルビージャが自陣エリア内でエルナン・トレドを倒してしまい、PKを献上。32分、これをジョナタン・ビエラが冷静にゴール右隅へ沈め、ラス・パルマスが先制した。

 1点を追うエイバルの反撃が実ったのは73分、乾が左サイドで獲得したFKから、エリア内右のシャルレスがダイレクトで折り返し、新加入のファビアン・オレジャーナがファーで押し込んで、試合を振り出しに戻した。

 これで勢いに乗ったエイバルは77分、左サイドで乾の落としを受けたホセ・アンヘルがダイレクトでクロスを送ると、ゴール前右のセルジ・エンリクがヘディングで合わせて逆転ゴールを決めた。エイバルが鮮やかな逆転劇で2−1の勝利を収め、3連勝。なお、乾はフル出場した。

【スコア】
ラス・パルマス 1−2 エイバル

【得点者】
1−0 32分 ジョナタン・ビエラ(PK)(ラス・パルマス)
1−1 73分 ファビアン・オレジャーナ(エイバル)
1−2 77分 セルジ・エンリク(エイバル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00697668-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180107-00697668-soccerk-000-1-view.jpg



スペイン紙、乾貴士にチーム最高タイの評価。エイバル逆転勝利に貢献
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180107-00250204-footballc-socc


リーガエスパニョーラ第18節の試合が現地時間の6日に行われ、エイバルがラス・パルマスにアウェイで2-1の勝利を収めた。エイバルの乾貴士はこの試合に先発でフル出場している。

 前節2ゴールの活躍を見せていた乾は3試合連続のフル出場。前半にはラス・パルマスに先制点を許して1点ビハインドで折り返したエイバルだが、73分と78分に立て続けにゴールを奪って逆転で勝ち点3を獲得した。

 スペイン主要紙はこの試合での乾のプレーに対して高い評価を与えてる。『マルカ』紙では、星ゼロから3までの4段階評価のうち2番目に高い「星2」。エイバルの得点を記録したファビアン・オレジャナとセルジ・エンリクなどに並び最高評価のひとりだった。

 一方、『アス』紙では乾にスペードマーク「3つ」の満点評価を与えている。チームメートのDFホセ・アンヘルと並び、試合全体で2人だけの最高評価だった。

 直接的に得点には絡まなかった乾だが積極的に攻撃に関与し、後半アディショナルタイムには相手エリア内で倒されたかに見える場面もあった。『マルカ』紙の試合速報ではこの場面について、「乾はなんて良いんだ!」「明らかなPKのようだった」と記述。エイバルにPKが与えられなかったのは不運な判定だったという見解を示している。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、先制点の起点に!サウサンプトンはフルハムを下しFA杯4回戦進出

吉田が決勝弾起点 サウサンプトン4回戦進出
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00094848-nksports-socc
吉田FA杯フルハム戦.jpg

<FA杯:フラム0−1サウサンプトン>◇3回戦◇6日◇ロンドン

 DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは2部のフルハムを1−0で下し、4回戦進出を決めた。

 吉田はセンターバックで出場。前半29分、左サイドからの吉田のロングフィードがMFブファルにつながり、FWロングとのワンツーを狙ったこぼれ球をMFウォードプラウズが左足で蹴り込み、これが決勝点となった。(山中忍通信員)

Southampton FC 吉田麻也 part835
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1509187797/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1札幌、広島FW宮吉拓実を完全移籍で獲得!「1つでも多くの勝利を喜び合えるように全力を尽くします」(関連まとめ)

札幌、広島FW宮吉拓実を完全移籍で獲得「1つでも多くの勝利を」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00697875-soccerk-socc
宮吉2017広島.jpg

サンフレッチェ広島に所属するFW宮吉拓実が、北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍で加入することが決まった。7日に両クラブが発表した。

 宮吉は1992年生まれの25歳。京都サンガF.C.の下部組織出身で、2008年にトップチームに登録された。2014年にはカターレ富山への期限付き移籍も経験。昨季から広島でプレーし、加入2年目の2017シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合にとどまった。

 完全移籍にあたり、宮吉は広島に対して以下のようにコメントしている。

「このたび、北海道コンサドーレ札幌に移籍することになりました。なかなかチームの力になることができず、申し訳なく思っています。サンフレッチェ広島で学んだことを糧に、環境を変えてチャレンジしていきたいと思いますので、これからも応援していただけたら嬉しいです。2年間、応援ありがとうございました。

 そして加入する札幌には以下のようにメッセージを寄せている。

「初めまして、サンフレッチェ広島から加入することになりました宮吉拓実です。札幌という魅力あるチームでプレーできることを嬉しく思います。サポーターの皆さんと、1つでも多くの勝利を喜び合えるように全力を尽くしますので、応援よろしくお願いいたします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9926
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1515284124/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

比嘉祐介、東京Vに入団!「『色』くらい漢字にしようぜ」と言われるも「むずかしい」(関連まとめ)

東京V、千葉からDF比嘉祐介を完全移籍で獲得「共に戦いましょう」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00696477-soccerk-socc
比嘉千葉.jpg

 東京ヴェルディは5日、ジェフユナイテッド千葉からDF比嘉祐介を完全移籍で獲得した。

 比嘉は1989年生まれの28歳。2012年に流通経済大から横浜FMへ入団。2014年は京都サンガF.C.へ期限付き移籍し、2015年からは再び横浜FMに復帰するも、2015年12月に千葉に加入していた。2017年シーズンは明治安田生命J2リーグで8試合に出場していた。

 比嘉はクラブ公式HPを通じて以下の通りコメントを発表している。

「東京ヴェルディを愛している皆さん、こんにちは!ジェフユナイテッド千葉から来た比嘉祐介です。伝統あるチームでプレーすることができ、とても嬉しいです。今シーズンはJ1昇格を目指して、チームに貢献できるように頑張りますので、サポーターの皆さん、ともに戦いましょう!一日でも早く皆さんに認められるように頑張ります」







◆◇◆ 横浜F・マリノス part1542 ◆◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1515015607/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海申花、テベスとの契約解除を正式発表!年俸50億円も振るわず中国挑戦を1年で終える(関連まとめ)

【サッカー】<上海申花>テベスとの契約解除を正式発表…年俸50億円での中国挑戦はわずか1年で終了
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515246765/
テベス上海アウェー.jpg

1: Egg ★ 2018/01/06(土) 22:52:45.96 ID:CAP_USER9.net

上海申花は、FWカルロス・テベスと契約解除したことを正式に発表した。

2016年に、上海申花と年俸およそ50億円の契約を結んだテベス。 しかし、中国スーパーリーグでは20試合4ゴールと不発に終わり、さらにクラブや中国に馴染めていないとの報道がされていた。また、無断で母国アルゼンチンに帰国するなど、ファンからも批判の対象となっていた。

そして先日、古巣ボカ・ジュニアーズはテベスが練習に参加していることを公式ツイッターで発表。復帰は確実となっていた中、6日に上海申花が契約解除したことを正式に発表している。

上海申花は、「昨シーズンの貢献に、クラブは感謝しています。これからの活躍を祈っています」と、声明で感謝の意を述べている。契約は2018年12月まで残していたテベスだが、世界最高給での中国挑戦はわずか1年で終りを迎えている。

1/6(土) 18:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000016-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggviwwuSobh.plmNH5DlEzkw---x900-y599-q90-exp3h-pril/amd/20180106-00000016-goal-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪内定の安藤瑞樹の肉体が凄い! 長崎総科大附属高校

長崎総附FW安藤瑞季、最後は出場停止で敗退も「絶対に泣かない」。C大阪での飛躍誓う
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180105-00250003-footballc-socc
安藤瑞樹シュート.jpg

第96回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝が5日に行われ、千葉県代表の流通経済大柏が長崎県代表の長崎総科大附属に3-0で勝利を収めて3年ぶりのベスト4進出を果たした。

 敗れた長崎総附は絶対エースが不在だった。2日の2回戦と3日の3回戦でそれぞれ1枚ずつイエローカードを受けていたFW安藤瑞季が累積警告で出場停止。5日の流経大柏戦は応援席から見守った。

「応援席から見ていて、自分は声援を届けようと一生懸命声を出していたんですけど、やっぱり勝負はそんなに甘くなかった。自分がピッチに立っていなくても、誰よりも自分が勝ちたいと思っていました。

負けて高校サッカーが終わったんですけど、最後試合には出られなくて、みんなあんなに思い切り戦ってくれて、その姿を見たら自分は3年間やってきた高校サッカーに思い残すことはない。できれば負けた姿は見たくなかったし、本当は自分が勝たせたいという気持ちがあったんですけど、それでも一生懸命戦ってくれた仲間に感謝しています」

 準々決勝の出場停止が決まった3日の青森山田戦後、「できることは宿舎とかにもいっぱいあると思う。そこは俺が率先して全部やって、チームの勝利にちょっとでもより良い方向に向けば。自分は信じます」と全力サポートを誓っていた。

 しかし、最後は流経大柏に力負け。それでも安藤に後悔はない。「(試合後は)みんな泣いていて、『ごめんな』と言われたんですけど、それはむしろ全然『ごめんな』じゃなくて、俺からは『お疲れ様』しかいえないと言うか…本当に頑張ってくれて、『俺は後悔ないから』ってみんなに言ったんですけど、本当に頑張ってくれた仲間には感謝しかないです」と、懸命に戦ってくれたチームメイトたちへの思いを口にする。

 特に苦楽を共にしてきた3年生への思いは強い。「(3年生は)最高っすよ。だからこそ勝ちたかったですし、勝たせてやりたかったという気持ちはすごくあった。今まで点を取って勝たせていた分、今日は出られないというのは、自分の中でうまく回っていない何かがあって、本当に悔しい。でもあいつらの前では自分が涙を見せてはいけないなと思っていたので、絶対に泣かないとは決めていました」と安藤は言葉を紡ぐ。

 高校サッカーでの戦いを終え、次なる戦いの舞台はプロの世界へと移っていく。安藤は新シーズンからセレッソ大阪への入団が内定しており、2017シーズンに国内二冠を達成したチームでの競争に身を置くことになる。選手権で不完全燃焼に終わった悔しさを新たな挑戦にぶつけていくつもりだ。

「これからはプロサッカー選手として生きていく、それでご飯を食べていくという中で、結果が求められると思います。だからこそこれからは歳上の選手たちがライバルなので、自分もサッカーの時は負けじとプレーして、コンスタントに点を取るだったり、結果を残して、FWとしての価値をどんどん出していけたらなと思います」


セレッソ大阪(1322)@水沼買うた?
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1515061162/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、岡崎同僚マフレズを75億円で獲得か?7日にもメディカルチェックへ!バルサ移籍のコウチーニョの後釜に(関連まとめ)

リヴァプール、コウチーニョ後釜としてマフレズ獲得か…約75億円を用意
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00697779-soccerk-socc
マフレズ2017金髪レスタードリブル.jpg

リヴァプールがレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ獲得に向け動いているようだ。イギリスメディア『エクスプレス』など複数メディアが伝えている。

 6日、リヴァプールのブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョのバルセロナ移籍が発表された。なお、移籍金は1億6000万ユーロ(約217億円)でバルセロナで史上最高額の選手となる見込みだ。また、イングランドのクラブに支払われる移籍金としても史上最高となる。

 同メディアによると、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督はすでにコウチーニョの後釜を切望しているようだ。候補としては、モナコのフランス代表MFトマ・レマルなどが挙げられているが、フランス紙『レキップ』によると、リヴァプールはマフレズとの交渉を開始しているようだ。同クラブはマフレズの獲得に4900万ポンド(約75億円)を用意した模様。イギリスメディア『デイリーミラー』によると、すでにクラブ間での話はまとまっており、7日にマフレズがメディカルチェックを受けるという。


≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★138
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1514909922/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、アグエロ2ゴールなどバーンリーに4-1逆転勝利!FA杯3回戦

シルバ、デ・ブライネが復帰のマンチェスター・Cがバーンリーに逆転勝ち/FAカップ3回戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000027-goal-socc
アグエロ2018FA杯3回戦ゴール.jpg

■FAカップ マンチェスター・C 4-1 バーンリー
マンチェスター・C:アグエロ(56分、58分)、サネ(71分)、B・シルバ(82分)

バーンリー:バーンズ(25分)
現地時間6日、イングランド・FAカップ3回戦が行われ、マンチェスター・シティはホームにバーンリーを迎え4-1で逆転勝ちを収めた。

年末年始の過密日程でガブリエウ・ジェズスとケヴィン・デ・ブライネが負傷したシティだが、デ・ブライネがベンチ入りメンバーに復帰。さらに、家庭の事情(息子の早産であることが判明)による離脱が続いていたダヴィド・シルバが戻ってきたことはこれ以上ないニュースといえた。

立ち上がりから地力で勝るシティが、復帰したシルバを起点にバーンリーゴールへと迫る。しかし、バーンリーも押し込まれることは織り込み済みで、ゴール前を固めてカウンターを狙う。

すると25分、バーンリーが狙い通りの形から先制点を奪う。GKニック・ポープがクリアしたボールを前線のサム・ヴォークスがバックヘッドで逸らすと、クリアしようとしたジョン・ストーンズからボールを奪ったアシュリー・バーンズがそのままゴール前まで持ち込む。最後はゴール右隅へと豪快に蹴り込み、敵地まで駆け付けたサポーターを歓喜させた。

1点を追いかける展開となったシティだが、バイタルエリアから先になかなかボールが入らず、ミドルレンジからシュートを狙うも枠を捉えられない。シティは前半だけで7本のシュートを放ったが、枠内に飛んだ回数はまさかのゼロ。逆にバーンリーは前半唯一のシュートをゴールへと結びつけた。

1点ビハインドのシティの猛攻が予想された後半、バーンリーがどこまで耐え切れるかがカギとなったが、同点ゴールは意外な形で生まれる。54分、ゴール前で獲得したFKをイルカイ・ギュンドアンがセッティングしていると、最前線のセルヒオ・アグエロが裏のスペースへと走り出す。一瞬のアイコンタクトですかさずギュンドアンがリスタートのパスを通すと、意表を突かれたバーンリー守備陣を完全に置き去りにしたアグエロがネットを揺らした。

狡猾なプレーで試合を振り出しに戻したシティはそのわずか2分後、高い位置でボールを奪い、ペナルティーエリア手前左でボールを受けたアグエロが中央のギュンドアンに預ける。DFを背にしたギュンドアンがヒールパスをエリア内に送ると、呼応したアグエロがGKをかわし、あっという間にシティが逆転に成功した。

さらに63分には、右サイドを抜けたダニーロが角度のない位置からシュートを放ち、GKがはじいたボールをレロイ・サネが押し込むもゴール上へと打ち上げてしまう。これが決まっていれば、その時点で試合は終わっていた。

首の皮一枚で助かったバーンリーだが、71分に決定的な追加点を奪われてしまう。ダニーロのサイドチェンジから、左サイドで受けたサネがシルバとのワンツーでエリア内に侵入。タックルに来たDFをかわして3点目を奪った。

こうなると試合は完全にシティのペースへ。ギュンドアン、アグエロを下げてデ・ブライネ、ベルナルド・シルバを投入したシティは効率よくカウンターも仕掛けるようになり、82分にはカウンターからデ・ブライネのパスに左サイドを抜けたサネが、飛び出したGKをかわしてゴール前に折り返す。最後はB・シルバが無人のゴールに流し込み、4-1として勝負あり。1点ビハインドで折り返したシティだったが、終わってみれば後半の4ゴールで大勝し4回戦へと駒を進めた。

BLUEMOONマンチェスターシティ 260cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515163517/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭祐、2018年初ゴール!パチューカは2点リードから2-3逆転負け

本田が新年初ゴールも…パチューカは2点リードからまさかの大逆転負け
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00697854-soccerk-socc
本田2018後期第1節ドリブル.jpg


 リーガMX後期第1節が6日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するパチューカとプーマスUNAMが対戦した。

 先発出場を果たした本田は、35分に先制点を演出する。左CKを本田が蹴ると、味方がそらしたボールを最後はフランコ・ハラがヘディングでゴール。パチューカが1点を先行する。その4分後には、本田が味方のシュートがこぼれたところを右足で押し込み追加点。本田は2018年初戦でゴールをマークした。対するプーマスUNAMも前半アディショナルタイム1分に1点を返し、前半はパチューカの1点リードで折り返す。

 53分、プーマスUNAMが試合を振り出しに戻す。FKから最後はヘスス・ガジャルドが詰めてスコアを2−2とした。さらに76分、プーマスUNAMはカウンターからニコラス・カスティージョがゴールを挙げ、逆転に成功。試合はこのまま終了し、プーマスUNAMが勝利を収めた。なお、本田はフル出場している。

【スコア】
パチューカ 2−3 プーマスUNAM

【得点者】
1−0 35分 フランコ・ハラ(パチューカ)
2−0 39分 本田圭佑(パチューカ)
2−1 45+1分 ニコラス・カスティージョ(プーマスUNAM)
2−2 53分 ヘスス・ガジャルド(プーマスUNAM)
2−3 76分 ニコラス・カスティージョ(プーマスUNAM)

【サッカー】<本田圭佑(パチューカ)>後期開幕戦で初ゴール!右足で押し込み新年から好調な幕開け
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515291525/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、長谷部・鎌田所属フランクフルトが獲得を検討!ポルティモネンセ会長「彼を残すことを望んでいるが、難しくなるだろう」(関連まとめ)

【サッカー】<中島翔哉>長谷部や鎌田の同僚に?フランクフルトが獲得を検討中と報道!会長「彼を残すことを望んでいるが、難しくなる」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515207999/
中島翔哉ポルティモネンセドリブル.jpg
1: Egg ★ 2018/01/06(土) 12:06:39.54 ID:CAP_USER9.net

日本代表MF長谷部誠や鎌田大地が所属するフランクフルトは、ポルティモネンセでプレーする元U−23日本代表MF中島翔哉に興味を抱いているようだ。ポルトガルメディア『ゼロゼロ』が伝えている。

昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタルで加入した中島は、これまでリーグ戦11試合に出場し6ゴールをマーク。昨年末にはポルトガル国内ではベンフィカやポルト、またドイツのヴォルフスブルクからの関心も伝えられていた同選手だが、フランクフルトが具体的な動きを見せているという。

『ゼロゼロ』によると、フランクフルトは中島の獲得に向けたオファーを準備しており、4日に関係者がポルティモネンセと接触したとのこと。一方、中島の保有権の20%を確保しているとされるポルティモネンセは、他クラブへの売却を進めるためには残り80%をFC東京から買い取ることが必要になる。レンタル契約に盛り込まれている移籍金400万ユーロ(約5億4000万円)で買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得することを検討しているようだ。

また、ポルティモネンセのロディネイ・サンパイオ会長は先日、『オ・ジョゴ』で中島の去就について「彼を残すことを望んでいるが、難しくなるだろう」と言及。さらに「どの選手にも定められた価値がある。大きなクラブが我々の選手を欲しがり、条件を受け入れれば、そのクラブが(移籍金を)支払うことになる。我々はそれに対して、何もできない」と認めていた

1/6(土) 9:21配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000000-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、コウチーニョ獲得を公式発表!リバプールと移籍金約218億円で合意(関連まとめ)

【サッカー】<バルセロナ>コウチーニョを違約金520億円で獲得!公式サイトで発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515274387/
コウチーニョ2017ゴールパフォ.jpg

1: Egg ★ 2018/01/07(日) 06:33:07.54 ID:CAP_USER9.net

バルセロナが6日(日本時間7日)、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)を獲得したと公式サイトで発表した

 契約期間は今季の残りと、来季以降の5年で、違約金はバルセロナがブラジル代表FWネイマールをパリ・サンジェルマンに引き抜かれた際に支払われた2億2200万ユーロを2倍近く上回る、4億ユーロ(約520億円)になるという。公式サイトは「コウチーニョは高い技術と戦術眼を誇り、中盤の攻撃を多彩にする」と絶賛した。

 バルセロナは、今季開幕時にも、コウチーニョの獲得に動き、リバプール側に7200万ポンド(約105億円)、9000万ポンド(約131億円)、1億1800万ポンド(約172億円)と3度、入札額を提示したが、拒否された経緯があった。今回、夏の3度目の提示額の、約3倍の違約金を提示し、ようやく獲得に至った模様だ。

 コウチーニョのバルセロナ移籍については、ユニホームを供給するナイキ社が運営するナイキ社が運営するバルセロナのオンラインショッピングサイトが「フィリペ・コウチーニョが(本拠地)カンプノウを燃え上がらせる準備は整った。マジシャン(コウチーニョのニックネーム)の名前が入った、バルサの17−18年シーズンユニホームを手に入れよう」と、フライングで移籍を発表してしまったことでも話題となった。

 バルセロナは今季、スペインリーグで首位を走る。コウチーニョ獲得で、国内、欧州戦線征圧を盤石なものにする。

1/7(日) 6:19配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00094606-nksports-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180107-00094606-nksports-000-3-view.jpg



コウチーニョが念願のバルサ移籍、移籍金218億円は史上3位
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000008-jij_afp-socc


【AFP=時事】スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)は6日、イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)からブラジル代表のフィリペ・コウチーニョ・コレイア(Philippe Coutinho Correia)を獲得。バルセロナは史上3番目に高額な移籍金1億6000万ユーロ(約218億円)を支払い、コウチーニョは念願のバルセロナ移籍を果たした。

 バルセロナは「リバプールとフィリペ・コウチーニョの移籍で合意に達した。コウチーニョは、今季の残り半分プラス5年間の契約を結び、契約解除金は4億ユーロ(約544億円)となる」と声明を発表している。

 コウチーニョの移籍金額は、昨夏にバルセロナからフランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)へ移籍したネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)、ASモナコ(AS Monaco)から同じくPSGへ加入したキリアン・エムバペ(Kylian Mbappe)に次ぐ史上3番目に高額となった。

 リバプールのユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)監督は、クラブの公式ウェブサイトで「非常に残念だが、チームとして、またクラブとして、良き友人であり、素晴らしい人間であり、驚異的な選手であるフィリペ・コウチーニョにお別れを言う準備をしている」とコメントした。

「バルセロナが最初に関心を示した昨年7月以来、フィリペが移籍を望んでいたのは知っての通りだ。私に対しても、オーナーに対しても、さらにはチームメートに対してもかたくなで、どうしても今回の移籍を実現させたいと考えていた」

 ブラジル・リオデジャネイロ出身で、現在25歳のコウチーニョは、2013年1月にイタリア・セリエAのインテル(Inter Milan)から850万ポンド(約13億円)でリバプールへ加入し、公式戦通算54ゴールを挙げたが、5年間の在籍中にタイトルには手が届かなかった。

 バルセロナは昨年の夏から狙っていた選手を手に入れた形になったが、リバプールにとっては好調な司令塔の離脱は痛手となる。コウチーニョは2017年最後の7試合で6得点を記録し、チームのチャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)出場圏内の維持に貢献していた。【翻訳編集】 AFPBB News
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:59 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、追加点ゴール!先制点の起点にもなりPSMで2得点に絡む活躍!ドルトムントはデュッセルドルフに2-0快勝!宇佐美貴史は後半出場(関連まとめ)

香川が新年初ゴール…テストマッチで2点に絡み勝利貢献、宇佐美と対決実現
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00697701-soccerk-socc
香川2018デュッセルドルフ戦ゴール.jpg

ドルトムントに所属するMF香川真司が6日、FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフ(2部)とのテストマッチで、全2得点に絡み勝利に貢献した。

 先発出場した香川は70分、FWアレクサンデル・イサクの落としを受け、素早くエリア内右にラストパス。これをFWアンドリー・ヤルモレンコがダイレクトでシュートを放つと、相手DFに当たってコースが変わったボールをファーのイサクが合わせてゴールネットを揺らした。先制点をお膳立てした香川は84分、エリア内中央でヤルモレンコからの折り返しを右足で押し込み、新年初ゴールを決めた。

 香川は2018年最初の実戦にフル出場し、2点に絡んで2−0の勝利に貢献。また、宇佐美も後半開始から途中出場し、日本人対決も実現した。

 3日からスペイン合宿をスタートしたドルトムントは、8日にベルギーの国内カップ王者ズルテ・ワレヘムとテストマッチを行う予定。そして14日にはブンデスリーガ第18節ヴォルフスブルク戦でシーズン後半戦の開幕を迎える。
【BVB09】Borussia Dortmund 796【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515257423/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:36 | 大阪 | Comment(25) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司途中出場のレスター、ヴァーディ古巣の3部クラブに苦戦し0-0ドローで再試合に FA杯3回戦(関連まとめ)

【サッカー】岡崎慎司途中出場のレスター、バーディの古巣に大苦戦…3部チームとスコアレスで再試合へ/FAカップ3回戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515250587/
岡崎2018FA杯3回戦.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/06(土) 23:56:27.66 ID:CAP_USER9.net

1/6(土) 23:39配信
岡崎慎司途中出場のレスター、バーディの古巣に大苦戦…3部チームとスコアレスで再試合へ/FAカップ3回戦

■フリートウッド・タウン 0-0 レスター

フリートウッド・タウン:なし

レスター:なし

FAカップ3回戦が6日に行われ、レスターは3部のフリートウッド・タウンと対戦した。

エースFWジェイミー・バーディが、5部時代に在籍していたフリートウッド・タウンと対戦することとなったレスター。しかし、バーディはケガのためベンチ外に。また、岡崎慎司もベンチからのスタートとなり、今冬からプレー可能となったMFアドリアン・シウヴァが先発出場を果たしている。

前半ゴールを奪えなかったレスターは、57分から岡崎を投入する。それでも、なかなかビッグチャンスを作れない。逆に、後半アディショナルタイムにはポストを叩くシュートを許す。これはなんとかGKハマーが抑えている。

結局、得点は生まれずスコアレスドローで試合は終了。レスターのホームに戻って再試合することとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000025-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180106-00000025-goal-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:29 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング