アンテナ・まとめ RSS

2018年01月10日

ドルトムント、9人がウィルス性胃腸炎に感染 2名がキャンプ中に負傷離脱

オーバメヤン、9選手の病欠、復帰組…、ドルトムント冬季キャンプ総括
http://kicker.town/dortmund/2018/01/78128.html
ドルトムント.jpg

今冬は3人のGKを含む、実に9人の選手がウイルス性胃腸炎に見舞われたボルシア・ドルトムント。さらに主将マルセル・シュメルツァ(ふくらはぎ)、ラファエル・ゲレイロ(大腿筋)がキャンプ中に負傷離脱となり、セバスチャン・ローデとマキシミリアン・フィリップ(ともにリハビリ中)、そして復帰途中にあるマルコ・ロイスも含め、29選手中わずか14選手がオプションという状況でキャンプ最終日を迎えた。

それでもペーター・シュテーガー監督は「いいチームをピッチに送り出せるだけのオプションは十分にある」とテストマッチ後にコメント。「いいチームだよ」と満足感を示している。つまり別の言い方をするならば、前任者のボシュ氏とは異なり、新指揮官は新戦力を迎え入れる必要はないと考えているようだ。ただ今回のとう期間が短い分だけ、練習での不在の痛手は大きかったといえるのかもしれない。

それでも今回は多くの選手たちが復帰を果たしており。ピシュチェクが最初のハードテストとなったテストマッチを無事に克服、さらに同じく長期離脱組のゴンザロ・カストロやマリオ・ゲッツェ、エリック・ドゥルムらも、揃って実戦復帰を果たしている。「長期離脱していた選手たちが、週末の試合ではオプションになれるところを見せていたね。これは今回のキャンプにおける、重要なポイントとなるよ」とシュテーガー監督は語った。

さらに前十字靭帯断裂から復活をめざすマルコ・ロイスも、チーム練習に多く参加している姿を見せており、2月なかばにも戦列に加わることができるかもしれない。「いい感じだし、ここまでは順調だよ」と、キャンプ地マルベリャにて語ったロイス。これまで負傷離脱から一気にトップスピードで復活劇を見せてきたことでも知られるが、今回はあくまで「すぐにチームの助けになれるということではないさ。それは確かだよ」と慎重な姿勢を崩していない。

その一方でアフリカ年間最優秀サッカー選手賞の授賞式参加のために合流が遅れたピエル=エメリク・オーバメヤンについては、今回はチームが宿泊するホテルに実の父と二人の兄弟をガーナから招待するなど、再び話題を振りまく結果に。今回のキャンプではチームに落ち着きを持たせること、そして新たなスピリットを持つことも注目点であったことを踏まえれば、今回のオーバメヤンのこの行動は決してプラスに働くようなものではない。

確かにシュテーガー監督は「私自身はあまり気にはしていないんだけどね。別にチームにとっても問題ではないと思うよ。彼の家族を目にすることもないし」とコメント。しかしこれはシュテーガー監督が就任したばかりかどうかにかからず、非常にデリケートな問題だ。それは主将のマルセル・シュメルツァの発言からも感じ取れる。「僕たちは些細なことをおおごとにするようなことはしないようにしないと。ちょっとした煙が出ただけでも、それを消さないと大火事になることだってあるんだ」。確かにこれはあくまで一般的な言い方ではあるのだが、しかしながらメディアではこれは暗にオーバメヤンに対して向けられたものとの憶測が伝えられた。

ただその一方でシュテーガー監督は今回のキャンプに先駆け、信頼を置くヴェルナー・ツェヒリング氏にチームビルディング向上を任せており、こういった問題をカバーしていくためにまさに適切な判断だったといえるだろう。タスクはあくまで、チームを1つの方向に向けさせていくこと。それでも不満を再び抱え込まないためには、いずれにせよシュテーガー監督には後半戦から、再び勝利を収めつづけていくことが求められることにかわりはない。

そしてそのためには、今冬2試合目のテストマッチで露呈した守備面での問題の改善も求められることにもなるだろう。「キャンプではじめたことを、これからも数日にわたって継続していくことになる。オフェンス面での動きもそうだが、危険な場面での守備面でも同様だ」と指揮官はコメント。

特にヨーロッパリーグが再開するまでのしばらくの間は、ドルトムントは週に1回のペースで試合が行われることも、就任したばかりのシュテーガー監督にとってはプラス材料であり、これから中期、長期的視点で、チームの改善をはかってくことが可能。つまりまさにいまは、そのためのまたとないチャンスともいえ、おそらくそのことはシュテーガー監督の頭のなかにもあるはずだ。

※管理人、インフルエンザにかかりしばらく記事数が少なくなるかもしれません。大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ

【BVB09】Borussia Dortmund 797【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515422342/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:44 | 大阪 ☔ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋FWシモビッチ、J2大宮へ完全移籍が正式決定「J1復帰に貢献するのが楽しみです」(関連まとめ)

名古屋グランパスFWシモビッチ、大宮アルディージャへ完全移籍「J1復帰に貢献する」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000013-goal-socc
シモビッチ2017名古屋.jpg

名古屋グランパスは10日、FWロビン・シモビッチが大宮アルディージャへ完全移籍すると発表した。

シモビッチはスウェーデン出身の26歳。2010年に母国クラブでプロデビューし、2016年より名古屋グランパスへ加入。2シーズンを通じてJ1リーグ戦29試合11得点、J2リーグ戦40試合18得点を記録し、名古屋のJ1復帰に貢献した。

シモビッチは大宮の公式サイトを通じ、「大宮アルディージャへの加入をうれしく思います。NACK5スタジアム大宮のファン・サポーターの前でプレーし、チームのJ1復帰に貢献するのが楽しみです。全てのファン・サポーターの皆さま、一緒に我々の旅路をサポートしてください!」とコメントしている。

※管理人、インフルエンザにかかりしばらく記事は少なくなりそうです。大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ

◇集え!!名古屋グランパスファン part 1925◇
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1515547604/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 ☔ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画有】中村俊輔、最大のライバルと再会「相手にもならなかった」(関連まとめ)

中村俊輔が「相手にもならなかった」天才の今…20年ぶりの再会にかわした約束とは
http://news.livedoor.com/article/detail/14128873/
俊輔全く相手にもならなかった.jpg

7日放送、テレビ東京「追跡LIVE! Sports ウォッチャー」では、J1・ジュビロ磐田に所属する中村俊輔(39)が、かつて「相手にもならなかった」というライバルと再会した。

39歳になった今も輝きを放つ天才レフティーが、中学生時代に舌を巻いた人物は、かつてのチームメートである富田学さん。中村は「背も大きくて、うまくて、かっこよくて、全部そろっている」富田さんを「天才でしょ」「もう別格」と絶賛した。

だが、そんな富田さんは、シニアに昇格してから1年と経たないうちに横浜マリノスを退団した。日本クラブユース選抜の主将も務めたほどの男が、ケガでもないのにサッカーを辞めたのはなぜなのか。理由を問わなかったという中村は、引き留めようとしなかったことが引っかかっていた。

かつての恩師たちのツテをたどり、現在は大手保険会社でエリートビジネスマンとなっていることを突き止めた番組の取材に、富田さんが明かした理由は、天才ゆえのものだった。

文武に秀で、本気で「東大生Jリーガー」となることを目指していた富田さんは、センター試験で好成績を収めたものの、二次試験で不合格に。さらに、高校3年生の夏から半年ほど受験勉強に専念したことが、サッカーにも大きく影響したという。

「それまで積み重ねてきたものがその半年でだいぶ薄まれてしまった」「感覚もうまく取り戻せない」と、富田さんはプロに入ってから9カ月ほどで退団。天才ゆえに、精密すぎる歯車が、二度と戻らなかったのだ。

「二兎を追って一兎をも得ずじゃないですけど、今思えばすごく甘かった」という富田さんは、滑り止めで受かった慶應大学でサッカーを続け、背番号10を纏って活躍した。だが、一度失った自信は戻らない。富田さんはサッカー選手として「いろいろ後悔するポイント」があったと振り返る。中村の活躍には「素直に応援する気持ちと、うらやましいなって気持ち」の両方があったと認めた。

20年ぶりに再会した中村が、辞めようとしていた同期に声をかけられなかったことへの悔いを漏らすと、富田さんも「もうちょっと続けていれば良かったな」という気持ちがあると認めつつ、「ガキだから相談もできなかったね。周りにも」と打ち明けた。

ジュニアユースからユースに昇格できず、挫折を味わった中村が、プロ入りの際に数あるオファーからマリノスを選んだのも、「富田とかトップに上がれた人にもう1回挑戦して、自分のレベルを上げて抜きたい」と、自らの成長を確かめたいという想いがあったからという。

そんな中村に、プロに入ったときには「もう俊輔のほうが上だと思っていた」と富田さんが明かすと、中村は「早く言えよ、そういうの。自信がついたはずなんですけど」と笑って返答。さらに、「よし、勝ったーってなれる」と、自身の引退試合に出るように要請した。

富田さんが「ぜひ呼んで」と快く応じると、中村は「これは刺激になった。来季ヤバいぞ、オレ。頑張れる」と、新たなモチベーションになると喜んだ。

※管理人、インフルエンザにかかりしばらく記事数が少なくなるかもしれません。大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ


【中村俊輔】ていうか何が甲子園だよ……1167
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1515305337/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(27) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスターに超大金持ちの選手が存在!メッシ、クリロナ超える2兆7000億円、ロールスロイス600台

【サッカー】メッシ CR7より裕福な選手がレスターに 2兆7,000億円、600台のロールスロイス
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515507668/
ファイク・ボルキア.jpg

1: pathos ★ 2018/01/09(火) 23:21:08.28 ID:CAP_USER9.net

多くの人がレオ・メッシかクリスティアーノ・ロナウドが最も裕福なサッカー選手だと思っているかもしれない。もしかしたら、2017年夏に史上最高額の移籍金でパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したネイマールと考える人がいる可能性もある。

しかし、それはどれも見当違いである。最も裕福なサッカー選手はレスター・シティの下部組織におり、ブルネイ国王の甥っ子である。

彼の名前はファイク・ボルキアであり、弱冠19歳。フォーブス誌によれば、彼は200億ドル(約2兆7,000億円)を相続することになり、世界で最も裕福なサッカー選手となる。

また、英紙ミラーによれば、ファイク・ボルキアは高級車、高級時計、ホワイトゴールドなどを購入し、1ヶ月で3,500万ドル(約47億円)使ったこともあるという。

さらに、同選手は虎や豹をペットとして飼っており、彼の家族は600台のロールスロイスを所有し、1,700室と257個のバスルームがある世界で最も広大な場所を所有している。そして、なんとその豪邸の価値は3億5,000万ドル(約470億円)と言われている。

ファイク・ボルキアはレスターの下部組織に所属しているが、その前はサウサンプトンのアカデミーがブルネイにできるまでイングランド南部のAFCニューベリーに所属し、そこで優れたプレーを見せていた。

サウサンプトンは契約をオファーしなかったが、4年が経ちアーセナルに同選手は加入、アーセナルでは1年プレーし、その後チェルシーと契約している。そして、イングランドでの長い旅路を経て現在のレスターに加入している。彼にとってお金は問題ではない。
http://sport-japanese.com/news/id/14757


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:58 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、PSGドラクスラーを獲得か?コウチーニョの後釜として確保へ

リバプールがコウチーニョの後釜獲得へ PSG、バルサ間の半年越し“三角トレード”実現か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00010014-soccermzw-socc
ドラクスラーPSG.jpg

フットボール史上歴代2位となる1億6000万ユーロ(約218億円)でブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョをバルセロナに売却したリバプールは、すでにその資金を使った後釜の確保に動いているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 コウチーニョは、バルセロナにとって2017年夏に2億2200万ユーロ(約290億円)で売却したブラジル代表FWネイマールの後釜となる。しかし、今度はリバプールがパリ・サンジェルマンから選手の獲得に動いているようだ。

 その対象はドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー。17年からPSGでプレーするアタッカーは左サイドからの突破を得意とするが、今季はリーグ戦16試合2得点とネイマールの加入で存在感が失われつつある。チームにはフランス代表FWキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニも健在で、ドラクスラーが置かれている状況は厳しい。

 ドラクスラーがPSGに加入した際の移籍金は4000万ユーロ(約54億円)で、コウチーニョ売却による資金で十分に獲得できる状況にある。バルセロナ、PSG、リバプールの間で、半年越しの“三角トレード”は、実現することになるだろうか。

※管理人、インフルエンザにかかりしばらく記事数が少なくなるかもしれません。大変申し訳ございませんが、ご了承下さいませ

〓〓 Liverpool FC 〓 867 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515397066/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング