アンテナ・まとめ RSS

2018年01月14日

東京V比嘉祐介「俊さん、雇ってよ」中村俊輔「もうちょっと頑張れよ」俊輔のゲキでサッカー人生延びる(関連まとめ)

東京V比嘉「俊さん」ゲキでサッカー人生が延びた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00100356-nksports-socc
比嘉入団会見.jpg

 J2東京ヴェルディに新加入したDF比嘉祐介(28)が14日、ジェフユナイテッド千葉との契約が17年で満了した後、J1横浜F・マリノス時代の先輩のジュビロ磐田MF中村俊輔(39)に「雇ってよ」と相談し、ゲキを飛ばされ、プロサッカー選手としてのキャリア続行につながったと明かした。

 比嘉はこの日、都内で行われた新体制発表会に出席した。取材陣から背番号について聞かれると「背番号は25でいきたかった。俊さんが着けていたので。東京Vでは埋まっていたので、何でもいい」と13番に決めた経緯を語った。

 比嘉にとって、中村俊は「マネしようとしたって出来ない。俊さんや中田英寿さんを見てサッカーを始めた」憧れの存在。12年に横浜でプロデビューした当時、中村俊はキャプテンだった。その後、比嘉が京都サンガFC、千葉と移籍しても試合を見てくれ、話もしばしばする関係だという。

 東京Vへの移籍が決まり、中村俊と連絡を取ったかと聞かれると、比嘉は千葉との契約が満了になった際、電話したと明かした。「『俊さん、もうサッカー出来ねぇから雇ってよ』と、初めてガチに」相談すると「『もう、ちょっと頑張れよ。もっと出来るんだろ』と半分、説教じゃないけど」(比嘉)とゲキを飛ばされたという。

 その後、東京Vからオファーを受け、完全移籍が決まった。電話で報告すると「良かったじゃん。チーム、あったんだ。頑張れよ」と喜んでくれたという。「オファーをもらったのが、うれしかった。自分で先発を勝ち取れば、俊さんも(横浜DF栗原)勇蔵君も、自分の頑張っている姿を見てもらえる」と闘志を燃やした。

 2月25日の開幕戦の相手は、契約満了となった因縁の千葉とホーム味の素スタジアムで対戦することが決まった。比嘉は「スタメンで出られたら最高。楽しみしかない。思いっきり削ります。何もやらせたい。どうせ、あっちもガーっとくる。ファウルをもらわないように、うまくやりたい」とジョークを飛ばした。

 千葉では17年、リーグ戦の出場は8試合にとどまり無得点だったが、11月11日の名古屋戦(3−0勝利)と同19日の最終節・横浜FC戦(2−1勝利)と終盤の大事な試合に2戦連続で先発し、J1昇格プレーオフ進出に貢献。昇格を決めた名古屋グランパスとの準決勝(2−4敗戦)ではフル出場した。ファン・エスナイデル監督の厳しい練習、食事制限で体を鍛え「フタを空けてみれば、最後は良かった」と収穫も感じている。「開幕戦に勝って、頑張っている姿を見てもらいたい。アイツのクビ、切らなきゃ良かったって言わせたい」と笑みを浮かべた。【村上幸将】


※芸スポ分追記しました。


【サッカー】<比嘉>「俊さん」ゲキでサッカー人生が延びた!「俊さん、もうサッカー出来ねぇから雇ってよ」「もう、ちょっと頑張れよ』
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515935263/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:18 | 大阪 ☁ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、バーゼルDFアカンジ獲得でクラブ間合意!独スイスメディアが一斉報道

ドルトムント、バーゼルから22歳のDF獲得へ…約30億円でクラブ間合意との報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000007-goal-socc
アカンジバーゼル.jpg

ボルシア・ドルトムントは、DFマヌエル・アカンジの獲得でバーゼルと合意に至ったようだ。スイス『ブリック』、ドイツ『キッカー』『ビルト』が報じた。

報道によれば、アカンジは13日、バーゼルがスペインで行っているトレーニングキャンプから離れ、ドルトムントへ向かったという。22歳のセンターバックは、ドルトムント行きが最終段階に入ったと伝えられている。

『ブリック』や『ビルト』によると、ドルトムントはこれまで4キャップを記録したスイス代表DFの獲得に向けて、バーゼルとボーナス込みの移籍金2150万ユーロ(約29億円)で合意。また選手本人とも合意に至ったとされる。

また『キッカー』では、マンチェスター・ユナイテッドも同選手に興味を抱いており、オールド・トラッフォードが新天地となる可能性も残っていると指摘。だが、それでもアカンジのドルトムント移籍が成立に向かっていると見ているようだ。

【BVB09】Borussia Dortmund 798【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1515557660/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1神戸、タイ代表DFティーラトン獲得で大筋合意!1年間の期限付き移籍(関連まとめ)

【サッカー】<ヴィッセル神戸>タイ代表DFティーラトン(ムアントン)と大筋合意! 1年間の期限付き移籍
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515878475/
ティーラトン神戸.jpg

1: Egg ★ 2018/01/14(日) 06:21:15.00 ID:CAP_USER9.net

J1神戸が獲得に向け正式オファーを提示しているタイ・プレミアリーグのムアントンに所属する同国代表DFティーラトン・ブンマタン(27)について1年間の期限付き移籍で大筋合意に達したことが13日、分かった。

ムアントンは23日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)予選2回戦ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)戦を控えており、ティーラトンも出場予定。 勝てば30日にACLプレーオフで柏と対戦する。タイメディアによると、神戸への合流は沖縄キャンプ(23日〜2月4日)期間中になるという。

1/14(日) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000025-dal-socc

写真
http://livedoor.blogimg.jp/keydrop/imgs/f/f/ffe74ea5-s.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:43 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋、豪州代表GKランゲラックの獲得をサプライズ発表「ミッチと呼んでください!」(関連まとめ)

名古屋新体制会見で社長が豪州代表GKランゲラックの獲得をサプライズ発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-01649456-gekisaka-socc
ランゲラック名古屋入団03.jpg

名古屋グランパスの小西工己代表取締役社長が、14日に名古屋市内で行った新体制発表会で、レバンテからオーストラリア代表GKランゲラックを獲得したことを発表した。アジア枠での出場が可能となる。

 先日より獲得の噂のあった選手だが、小西社長は「もったいぶっていたわけではなく、本当に今朝方、契約が成立した」と説明。会場から万雷の拍手が沸き起こった。
 
 ランゲラックは1988年8月22日、オーストラリア出身の29歳。2007年にメルボルンでプロ生活をスタートさせると、2010年よりドルトムントと契約。15年にシュツットガルトに移籍し、17年よりレバンテでプレーしていた。

 公式サイトでの発表になり、「ミッチと呼んでください!」とした豪州代表GKは「このような機会をあたえていただき、ありがとうございます。今は日本へ来られてとてもワクワクしています。 日本・名古屋の環境、名古屋グランパスがビッククラブであることを香川真司選手やケネディ選手から聞いていました。ひとつでも多くチームの勝ち点に貢献できるよう誠実に頑張ります。 リーグ開幕が待ち遠しく、いち早くファン・サポーターの皆さまに会えることを楽しみにしています」とコメントした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9965
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1515904268/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英紙、岡崎慎司の奮闘を高評価「何度も地面に体を投げ出した」(関連まとめ)

【サッカー】<岡崎慎司(レスター)の積極守備にチェルシー苦戦!>英紙は高評価「何度も地面に体を投げ出した」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515878077/
岡崎2018第23節カンテ.jpg

1: Egg ★ 2018/01/14(日) 06:14:37.66 ID:CAP_USER9.net

【チェルシー 0-0 レスター プレミアリーグ第23節】

現地時間13日にプレミアリーグ第23節の試合が行われ、レスター・シティはチェルシーのホームに乗り込んで対戦。

レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司は先発出場を果たしたが得点ならず。
英紙『レスター・マーキュリー』は岡崎に対して高評価を与えている。

前半はレスターのペースで進む。岡崎は中盤で顔を出して守備で貢献。

38分には岡崎にシュートチャンスが訪れたが、チェルシーのアンドレアス・クリステンセンにブロックされて得点ならず。

68分にベン・チルウェルが退場して以降はおされる展開となったがチェルシーにゴールは許さず。結局、0-0の引き分けに終わっている。

同紙は退場処分を受けたチルウェルに対してチーム最低評価となる10段階中「5.0」の点数をつけた。
アレクサンダル・ドラゴヴィッチには「6.0」。ハリー・マグワイアとウィルフレッド・エンディディにはチーム最高評価となる「8.0」の評価を与えている。

岡崎を含むその他の選手には「7.0」の採点をつけた。
岡崎に対する寸評では「利他的に後ろに下がり、何度も地面に体を投げ出していた」とコメントし、積極的な守備でボール奪取にチャレンジした点を評価した。

1/14(日) 3:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00251055-footballc-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180114-00251055-footballc-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:45 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、アトレティコ戦でカットインの惜しいシュートも…GKオブラクの牙城崩せず エイバルはアトレティコに0-1惜敗(関連まとめ)

【サッカー】乾貴士先発のエイバル、GKオブラクの牙城を破れずアトレティコに敗戦/リーガ第19節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515871581/
乾2018第19節ドリブル.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/14(日) 04:26:21.60 ID:CAP_USER9.net

1/14(日) 4:18配信
乾貴士先発のエイバル、GKオブラクの牙城を破れずアトレティコに敗戦/リーガ第19節

■リーガ第19節 エイバル 0−1 アトレティコ

アトレティコ:ガメイロ(27分)

13日にリーガエスパニョーラ第19節が行われ、エイバルは本拠地イプルーアでアトレティコ・マドリーと対戦した。MF乾貴士は先発でフル出場している。

エイバルはメンディリバル監督が就任した2015−16シーズン以降、公式戦6試合でアトレティコ戦っているが、1分け5敗と惨憺たる結果に終わっている。昨季リーガの対戦では、エイバルはホームで0−2、アウェーで0−1といずれも敗れた。

アルビージャを出場停止で欠くエイバルは、負傷明けのイバン・ラミスが復帰する。サビッチ、ガビ、ジエゴ・コスタが出場停止で欠場したアトレティコは前線にグリエズマンとガメイロを据えて4−4−2を敷いた。

最初のチャンスをつくったのはアトレティコ。3分、ヴルサリコ、グリエズマンとつないで、最後はコレアがシュート。だが、これはわずかに左に外れる。

徐々にエイバル陣地でプレーする割合を増やすアトレティコは、27分に均衡を破る。カウンターに抜け出したグリエズマンが、ゴール前で待ち構えるガメイロにラストパス。ガメイロがGKディミトロビッチとの1対1を冷静に制して、先制点を挙げた。

エイバルは29分、エンリッチのオーバーヘッドのクロスから、チャルレスがヘディングシュートを放つ。しかし、ここまで18試合で11失点とバルセロナGKテア・シュテーゲンに次いで、リーガ2位の失点数の少なさを誇るGKオブラクの牙城を崩すことはできない。

メンディリバル監督は後半開始からイバン・アレホに代えてオレジャーナを投入する。63分には、この試合最大の決定機がエイバルに訪れる。ジョルダンの蹴ったFKに、エンリッチがヘディングを合わせる。これがゴディンの足に当たり、枠内へ向かったが、GKオブラクが辛くもセーブした。

アトレティコは74分、一瞬の隙を突く。カラスコのパスを受けたグリエズマンがGKディミトロビッチと1対1に。しかし、非利き足の右足でのシュートは、エイバル守護神の足によって防がれる。

エイバルは84分に乾がチャンスメーク。ダニ・ガルシアからのパスを左サイドで受けた乾は、カットインから右足を振り抜いた。だがGKオブラクが横っ飛びで乾のシュートを弾き出す。

敵地で苦しみながら勝ち点3を得たアトレティコは、暫定で2位をキープした。対するエイバルは7位に位置している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000034-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-00000034-goal-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:28 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ビジャレアルにホームで0-1敗戦…CL出場権争いに本格的に参戦(関連まとめ)

【サッカー】混沌のレアル・マドリー、ビジャレアルに0−1敗戦でCL出場権争いに本格参戦/リーガ第19節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515863787/
レアル2018第19節敗戦.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/14(日) 02:16:27.95 ID:CAP_USER9.net

1/14(日) 2:10配信
混沌のレアル・マドリー、ビジャレアルに0−1敗戦でCL出場権争いに本格参戦/リーガ第19節

■リーガエスパニョーラ第17節 レアル・マドリー 0−1 ビジャレアル

ビジャレアル:フォルナルス(43分)

13日のリーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦を0−1で落とした。

1試合未消化ながら、首位バルセロナに勝ち点16差をつけられ、優勝争いから事実上脱落したレアル・マドリー。今後はコパ・デル・レイ、そしてチャンピオンズリーグ(CL)に焦点を合わせたいところだが、来季CL出場権を確保するためにも、ここから調子を上げていくためにもリーガで力を抜き過ぎることはできない。ジダン監督はGKケイロール・ナバス、DFカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、MFカセミロ、モドリッチ、クロース、イスコ、FWクリスティアーノ・ロナウド、ベイルをスタメンとして起用した。

レアル・マドリーは序盤からボールを保持して、ビジャレアル陣地に果敢に攻め込む。不調を引きずるように連係がうまく取れず、素早い展開が求められるフィニッシュの場面でもボールを持ち過ぎるきらいもあったが、それでも時間が経つに連れてチャンスを生み出していった。ただ、得点力不足は相変わらず。23分にはC・ロナウドが直接FKからゴールを狙うが、これはGKアセンホに弾かれる。また30分にはモドリッチのスルーパスからC・ロナウドがダイアゴナルランで最終ラインを抜け出すも、ループシュートは枠の左へと外れた。

レアル・マドリーはさらに45分、ペナルティーエリア内右のイスコが折り返したボールにファーサイドから飛び出したC・ロナウドが合わせたが、またもアセンホのセーブに弾かれる。C・ロナウドはシュート時に背後からマリオの妨害を受けたと主張。だがウンディアーノ・マジェンコ主審はPKを取ることなく、前半終了のホイッスルを吹いた。冷たいこぬか雨が降りしきるベルナベウ。フラストレーションを溜め続けるファンは、ピッチから下がる審判団に対して容赦のないブーイングを執拗に浴びせていた。

後半、レアル・マドリーは応援団が陣取る南スタンドのゴールに向けて攻撃を仕掛けていく。が、得点という実りを得るには至らない。ファンのフラストレーションの矛先は、次第にチーム自身にも向かい、カウンター時にC・ロナウドがミスをするとスタンドのあちらこちらから指笛が吹かれた。

クロスからの攻撃一辺倒となり、さらにはビジャレアルのボール保持を許すなど、徐々に停滞していくレアル・マドリー。ジダン監督は69分に交代カードを切り、疲労が見えるイスコ、存在感がなかったベイルとの交代でルーカス・バスケス、アセンシオをピッチに立たせる。だが、この交代策も効果はなし。そして43分、CKからビジャレアルのカウンターを許すと、フォルナルスにK・ナバスを破られ失点を許した。観衆はこのゴールから家路につき始め、残った人々はチームに向けて渾身の指笛を吹いた。

レアル・マドリーはその後もあきらめずに南スタンドに向けてボールを運んで行ったが、そこに陣取る応援団以外からは指笛が聞こえ続ける。そうして試合は、レアル・マドリーが1点ビハインドを背負ったまま終了。マジェンコ主審がホイッスルを鳴らした瞬間に指笛はさらに強まり、マドリディスタスの神殿は混沌に支配されている。

3試合勝利から見放されている4位レアル・マドリーは5位ビジャレアルに勝ち点差を1まで縮められ、また明日にアラベス戦に臨む6位セビージャは同勝ち点に並ばれる可能性がある。そして首位バルセロナが明日のレアル・ソシエダ戦に勝てば、勝ち点差は19まで広がる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000033-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-00000033-goal-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:25 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、CKで同点アシスト!2得点に絡むもパチューカはクラブ・アメリカと2-2ドロー

【サッカー】本田圭佑が2ゴールに絡む活躍…パチューカは敵地でクラブ・アメリカとドロー決着/リーガMX後期第2節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515891908/
本田2018後期第2節ドリブル.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/01/14(日) 10:05:08.10 ID:CAP_USER9.net

1/14(日) 9:58配信
本田圭佑が2ゴールに絡む活躍…パチューカは敵地でクラブ・アメリカとドロー決着/リーガMX後期第2節

■メキシコリーグ後期第2節

クラブ・アメリカ 2−2 パチューカ

得点者

クラブ・アメリカ:ペラルタ(14分)、マルティン(75分)

パチューカ:ムリージョ(47分)、グスマン(89分)

リーガMX後期第2節、クラブ・アメリカvsパチューカの一戦が行われた。パチューカの本田圭佑は先発出場を果たしている。

試合は序盤から両チームともに好機を演出する展開となり、開始2分でクラブ・アメリカにPKが与えられる。だが、このチャンスにオリーベ・ペラルタがPKを決められず、先制とはならなかった。

その後14分に先制点が決まる。クラブ・アメリカはアレックス・イバーラがクロスを入れると、ペラルタがダイレクトシュートを叩き込み、クラブ・アメリカが先行する。

1点を追う展開になったパチューカは反撃を仕掛け、本田圭佑も中盤を幅広く動きながらボールに絡み、リズムを変えようとするも1点が遠い。決定機を演出するシーンもあったが、前半はクラブ・アメリカの1点リードでハーフタイムを迎えている。

後半に入り、パチューカが追い付くことに成功する。本田が右CKからクロスを入れると、オスカル・ムリージョが頭で合わせて1−1に。本田はCKでアシストを記録している。

56分には本田が正確なクロスを入れるも、ゴール前でフリーのフランコ・ハラがチャンスを逸し、逆転とはならなかった。

クラブ・アメリカは75分、右サイドでボールを受けたアンドレス・ウリベが縦に抜けてグラウンダーをゴール前に入れると、ファー側から飛び込んできたエンリ・マルティンがダイレクトで合わせ、再びリードに成功する。

このままクラブ・アメリカが勝利かと思われた89分、本田が起点となり、右サイドからパチューカはクロスを入れる。ファー側から折り返したボールをビクトル・グスマンがねじ込み、土壇場でパチューカが2−2の同点に追いついた。

試合はこのまま2−2でフルタイムを迎え、ドロー決着となった。パチューカはこれで後期の成績を1分け1敗としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000002-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-00000002-goal-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:27 | 大阪 ☀ | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、チェルシー戦先発出場し奮闘!10人のレスターは敵地でチェルシーと0-0ドロー(関連まとめ)

【サッカー】10人レスターが敵地でチェルシー苦しめるもスコアレスドロー、岡崎は後半28分まで出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515862631/
岡崎2018第23節カンテ.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/14(日) 01:57:11.59 ID:CAP_USER9.net

1/14(日) 1:53配信
10人レスターが敵地でチェルシー苦しめるもスコアレスドロー、岡崎は後半28分まで出場

[1.13 プレミアリーグ第23節 チェルシー0-0レスター・シティ]

 プレミアリーグ第23節が13日に行われた。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは敵地でチェルシーと対戦し、0-0で引き分けた。リーグ戦2試合連続でスタメンとなった岡崎は、激しいプレスでイエローカードを受ける場面もあったが、数的不利となった後半28分までプレーした。

 6日に行われたFA杯でフリートウッド(3部相当)とスコアレスドローに終わったレスター。その試合からDFアレクサンダル・ドラゴビッチとDFベン・チルウェル、MFダニエル・アマーティ、MFマッティ・ジェームズを除く7人を変更し、FWジェイミー・バーディや岡崎、MFリヤド・マフレズらが先発起用された。

 一方、カラバオ杯アーセナル戦(0-0)から中2日でこの試合を迎えたチェルシーは、DFアンドレアス・クリステンセンとMFダニー・ドリンクウォーターに代え、DFガリー・ケーヒルとMFティエムエ・バカヨコがスターティングメンバーに名を連ねた。

 チェルシーが優勢かと思われたが、序盤からレスターが高い位置でボールを奪い、縦に素早く攻撃を仕掛けた。左サイドのチルウェルのクロスから立て続けにチャンスが生まれ、前半8分に岡崎、9分にバーディとシュートを放つと、12分に決定機。マフレズの右CKからフリーとなっていたMFウィルフレッド・エンディディが決定的なヘッドも、GKティボー・クルトワのファインセーブに阻まれた。

 レスターの出足鋭いプレスに苦しみ、さらに疲れがあるのか、なかなか攻撃の形を作ることができないチェルシー。前半12分にMFセスク・ファブレガスがPA右の角度のないところから右足シュートを放ち、FWアルバロ・モラタが左サイドから切れ味抜群のドリブルで自らシュートまで持ち込むが、決定的な場面に至らない。さらに31分にはアクシデント発生。ケーヒルが右腿裏を痛め、クリステンセンとの交代を強いられた。

 スコアレスの後半もレスターがセカンドボールを回収し、球離れも早く、リズムよく攻撃を組み立てていった。後半12分には、右サイドからマフレズがカットイン。得意の形から左足で放ったシュートは、クリステンセンに当たって完全にGKクルトワの逆を飛んだが、わずかに枠を外れた。チェルシーは直後の13分、MFエデン・アザールとセスクに代え、MFウィリアンとFWペドロ・ロドリゲスを投入した。

 その後、球際で激しい攻防が続くと、互いにイエローカードが増え始め、後半23分にはチルウェルがこの日2枚目のイエローカードを受け、退場。10人となったレスターは28分、岡崎を下げてDFクリスティアン・フクスを入れ、前線の枚数を1枚減らした。

 数的優位に立ったチェルシーは、敵陣でボールを回す時間帯が長くなっていくが、引いて守るレスターの守備を崩すことができない。後半27分にMFエンゴロ・カンテ、31分にバカヨコがシュートを放ったが、ゴールネットを揺らすことができず、試合はスコアレスのままタイムアップ。勝ち点1を分け合う結果に終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-01649431-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-01649431-gekisaka-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤嘉紀、股抜き先制ゴールで2018年初得点!マインツはハノーファーに逆転負け(関連まとめ)

【サッカー】マインツの武藤嘉紀、チームの先制点を奪う! 今季4ゴール目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515857754/
武藤嘉紀2018第18節ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/01/14(日) 00:35:54.11 ID:CAP_USER9.net

1/14(日) 0:15配信
マインツの武藤嘉紀、チームの先制点を奪う! 今季4ゴール目
 ブンデスリーガ第18節が1月13日に行われ、マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀がハノーファー戦に先発出場した。

 武藤にチャンスが訪れたのは27分だった。左サイドからのクロスに反応すると、ワントラップして左足を振り抜き、相手の股を抜けたシュートをゴール右に突き刺す。

 チームの先制点を奪った武藤は、今シーズン4点目を記録。第7節のヴォルフスブルク戦以来のゴールである。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00701602-soccerk-socc




武藤嘉紀が今季4点目もマインツは逆転負け…リーグ戦6試合勝利なし/ブンデスリーガ第18節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000031-goal-socc

■ブンデスリーガ第18節 ハノーファー 3-2 マインツ

ハノーファー:ヒュルクルク(33分、37分、76分)

マインツ:武藤(26分)、ハック(31分)

ブンデスリーガ第18節が13日に行われ、ハノーファーとマインツが対戦した。マインツのFW武藤嘉紀は先発出場している。

マインツは1月に加わったばかりのナイジェル・デ・ヨングが先発。立ち上がりボールを持つ時間はマインツが長くなるものの、いい形で武藤ら前線に入る回数は多くない。逆にハノーファーがセットプレーから決定機を作り、マインツのロビン・ツェントナーにセーブを強いる。

しかし、突然試合は動き出す。26分、左サイドからのクロスに武藤が反応。ファーストタッチは流れたものの、フェイクから相手のタイミングを外し、左足を振り抜く。DFの股を抜いたシュートはゴール右に突き刺さる。

さらに直後の31分、フリーキックからマインツのDFアレクサンダー・ハックが高さを活かして、ファーでヘディングシュート。これがゴール右に転がり、マインツが追加点。アウェーのマインツが完全にペースを掌握したかに思われたが、ここからハノーファーが猛反撃に出る。

33分、コーナーキックからニクラス・ヒュルクルクが豪快に合わせて1点を返すと、37分にはデ・ヨングが相手を倒して、ハノーファーがPKを獲得。このチャンスをヒュルクルクが冷静に活かし、前半のうちに4点が入る打ち合いとなる。

後半に入り、逆転弾を狙うハノーファーが攻勢に出るものの、前半とは打って変わりゴールへとつながらない。それでも76分、絶好調のヒュルブルクが味方のシュートのこぼれ球をワントラップから左足を至近距離から振り抜き、ついに逆転弾をもたらす。

何とか勝ち点をもぎ取りたいマインツは81分、3人目の交代選手としてアンソニー・ウジャーを武藤に代えて投入する。

しかし、結局最後までゴールは生まれず、マインツは2-3の逆転負けを喫し、後期開幕戦を落とした。また、リーグ戦では6試合勝利なしとなっている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:48 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング