アンテナ・まとめ RSS

2018年02月18日

乾貴士、バルサ戦で攻守に奮闘も…エイバルは退場者出しバルサに0-2完封負け(関連まとめ)

【サッカー】乾はフル出場も…数的不利に陥ったエイバル、バルサに完封負け
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518887317/
乾2018第24節シュート.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/02/18(日) 02:08:37.79 ID:CAP_USER9.net

2/18(日) 2:07配信
乾はフル出場も…数的不利に陥ったエイバル、バルサに完封負け

[2.17 リーガ・エスパニョーラ第24節 エイバル0-2バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラ第24節2日目が17日に開催され、MF乾貴士が所属するエイバルがバルセロナをホームに迎え、0-2の完封負けを喫した。スターティングメンバーに名を連ねた乾は左サイドハーフの位置に入って、フル出場を果たしたが得点には絡めなかった。

 序盤からともに好機を作る中、前半6分にエイバルがカウンターを発動させてゴールに迫る。左サイドでボールを受けた乾がドリブルで運び、右アウトサイドで送った鮮やかなパスからFWファビアン・オレジャナがシュートチャンスを迎えるが、右足から放ったシュートは枠を捉えることはできなかった。

 その後もエイバルがゴールを脅かす場面を作り出すが、前半16分に試合を動かしたのはアウェーのバルセロナだった。FWリオネル・メッシのスルーパスから最終ライン裏に抜け出したFWルイス・スアレスが、距離を詰めたGKマルコ・ドミトロビッチまでかわしてゴールに流し込み、スコアを0-1とした。さらに同37分にはバルセロナが決定機を創出するが、L・スアレスがドミトロビッチを釣り出して送ったラストパスからメッシが左足で狙ったシュートはポストを叩いてしまった。

 0-1とバルセロナがリードしたまま後半を迎えると、同11分には右サイドを突破したオレジャナのグラウンダーのクロスに乾がフリーで走り込むが、右足で合わせたシュートはゴール右に外れた。すると同21分、オレジャナが2度目の警告を受けて退場となり、1点のビハインドを背負うエイバルが数的不利に陥った。

 何とか同点に追い付きたいエイバルは後半35分、左サイドでボールを受けた乾が中央に切れ込んでフィニッシュまで持ち込んだものの、右足から放ったシュートはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの守備範囲に飛んでしまう。すると同43分、メッシのシュートのこぼれ球をDFジョルディ・アルバが右足で蹴り込み、バルセロナが0-2の完封勝利を収めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-01650651-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、半端無いゴール!ケルンはまたもVARに泣きハノーファーと1-1ドロー(関連まとめ)

大迫勇也、復帰初戦で鮮烈ゴール…ケルンはまたもVARに泣きドロー/ブンデスリーガ第23節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000045-goal-socc
大迫2018第22節ゴール.jpg

■ブンデスリーガ第23節 ケルン 1-1 ハノーファー

ケルン:大迫(29分)

ハノーファー:フュルクルク(37分)

ブンデスリーガ第23節が17日に行われ、ケルンとハノーファーが対戦した。

過去最悪とも呼べる前半戦を過ごし、年明けは病気にも苦しまされていた大迫勇也がついに先発復帰。求められるは、最下位に沈むチームの攻撃陣をけん引する働きだ。

なかなか試合は動かない様相を見せるが、セットプレーから動く。29分、セットプレーのこぼれ球を拾った大迫がワントラップから、ニアを抜いて先制点を奪う。大迫の今季2ゴール目でケルンが先手を取る。

しかしリードは長く続かない。37分、ハノーファーで好調をキープするニクラス・フュルクルクがワントラップからペナルティエリア内に侵入。冷静にキーパーとの一対一を制し、ハノーファーが同点弾を手にした。

ホームでケルンは幸先よく先制したものの、前半を1-1で終えている。

後半もトップ下の大迫を起点に攻め立てるケルン。リンクプレーヤーとしてラストパスやミドルシュートで、攻撃陣をけん引していく。

それでも、なかなかスコアは動かず。しかし、試合終了間際にドラマがあった。右サイドのクロスから途中出場のクラウディオ・ピサーロがダイビングヘッドで飛び込み、値千金の勝ち越し弾を奪う。と思いきやビデオ・アシスタントレフェリーによって判定は覆り、オフサイドでゴールは無効に。そしてそのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。

【DAZN】ケルン×ハノーファー【大迫スタメン】
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1518876192/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:02 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

宇佐美貴史、スーパーゴール!今季3得点目でチームを1-1ドローに持ち込む(関連まとめ)

宇佐美スーパーボレー弾!!5か月ぶり今季3点目でドローに持ち込む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-01650643-gekisaka-socc
宇佐美デュッセルドルフ.jpg


[2.17 ブンデスリーガ2部第23節 デュッセルドルフ1-1グロイター・フュルト]

 ブンデスリーガ2部は17日、第23節を各地で行い、FW原口元気とFW宇佐美貴史所属のデュッセルドルフはホームでグロイター・フュルトと対戦し、1-1で引き分けた。第21節ザントハウゼン戦で脳震盪を起こした原口は2戦連続でメンバー外。宇佐美は後半15分から途中出場し、後半31分に同点ゴールを叩き込んだ。

 グロイター・フュルトが直接FK弾で試合を動かした。前半9分、右サイドからのスローインを受けたDFハレド・ナレイがPA右を縦に仕掛けると、DFニコ・ギーセルマンに倒され、FKを獲得。キッカーのDFマクシミリアン・ビッテクがPAから左足を振り抜くと、強烈なシュートはGKの手をかすめてゴール左隅に突き刺さった。

 デュッセルドルフが圧倒的なボール支配率で試合を進めたが、0-1で前半を折り返した。迎えた後半15分、宇佐美がピッチに入り、右サイドハーフの位置でプレー。後半22分には宇佐美が右CKのキッカーを務め、右足で蹴り込むと、ニアサイドのホフマンが強烈ヘッドで合わせたが、枠を捉えられなかった。

 迎えた後半30分、右後方からのFKをFWハーバード・ニールセンがワンタッチで落とすと、走り込んだ宇佐美が巧みな左足トラップから強烈な右足ボレーでゴールを射抜いた。宇佐美は9月23日の第8節ザンクト・パウリ戦(2-1)以来、約5か月ぶりの得点。今季3点目となるスーパーゴールを叩き込み、1-1の引き分けに持ち込んだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10058
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1518850138/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:14 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川同僚バチュアイ、チェルシー時代の不遇語る「とても難しい状況だった」「ここは完璧」

「ここは完璧」 “3戦5発”と躍動のドルトムント新FW、チェルシー時代の不遇を告白
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00010022-soccermzw-socc
バチュアイEL1回戦第1戦ゴール2.jpg

バックアッパーだったチェルシー時代から一転、移籍後は3戦5発と定位置を確保
 今年1月にチェルシーからドルトムントへ期限付き移籍したベルギー代表FWミシー・バチュアイは、加入から公式戦3試合で5得点と水を得た魚のように躍動している。出番の限られたチェルシー時代を振り返り、「良い時間を過ごせなかった」「アタッカーにとっては折り合いをつけるのが難しかった」と語った。ベルギーメディア「Sporza」が報じている。

 2016年夏にマルセイユからチェルシーへ渡ったバチュアイ。初年度はスペイン代表FWジエゴ・コスタ(現アトレチコ・マドリード)、今季はスペイン代表FWアルバロ・モラタの陰に隠れてバックアッパーの域を脱することができず。2016-17シーズンはリーグ優勝を決めたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦で決勝ゴールを決めるなどインパクトも残したが、レギュラー奪取には届かなかった。

 そして、今冬の移籍市場ではフランス代表FWオリビエ・ジルー(アーセナル→チェルシー)、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント→アーセナル)が絡んだ“三角トレード”のような形でドルトムントへ加入。デビュー戦となった2日のリーグ戦第21節ケルン戦(3-2)で2ゴールを決めるなど公式戦3試合5得点と早速定位置を確保している。

 そのバチュアイは、ロンドンでの生活は辛いものだったと吐露している。

「同僚、サポーターから信頼を受けている」
「チェルシーでは良い時間を過ごせなかったが、ここ(ドルトムント)では上手くいっている。同僚からも、サポーターからも、信頼を受けている。ベンチに座り、ゴールを決めてもすぐにベンチに戻るというのは、アタッカーにとっては折り合いを付けるのがとても難しい状況だった」

 記事では、バチュアイのコメントを紹介。チェルシーではゴールを決めても定位置確保にはつながらず、モチベーションを保つのが難しかったという。その一方で、ドルトムントでは加入から3試合連続スタメン出場を果たし、いずれの試合もゴールを決めた。

 オーバメヤンの代役としてプレッシャーも大きかったはずだが、監督からの起用に結果で応えている。「若い選手が成長するには、多くのプレー時間が必要。ここは完璧だ。みんなから信頼してもらっている」と充実した様子を示した。

 これまでも多くの若手選手をトッププレーヤーに成長させてきたドルトムント。ベルギー期待の存在である24歳のバチュアイも、このクラブで大きな飛躍のきっかけをつかんでいるようだ。

【BVB09】Borussia Dortmund 816【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518749149/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:14 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレミアWBA4選手、タクシーを窃盗…元マンUエバンスや大ベテランのバリーも関与 選手らはクラブ公式で謝罪

プレミア4選手がまさかのタクシー泥棒! 歴戦のベテランたちの愚行に英国内は…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00035785-sdigestw-socc
WBAタクシー窃盗.jpg

マクドナルドからホテルまで“足”がなかったから
 前代未聞の事件が起こったのは、現地時間の木曜日早朝だった。
 
 土曜日のFAカップ5回戦・サウサンプトン戦に向け、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)はスペインのバルセロナで3日間のミニキャンプを張った。その最終日に、チームの主軸であるジョニー・エバンス、ガレス・バリー、ジェイク・リバモアと第2GKボアズ・マイヒルの4選手が、街中で窃盗事件を犯したというのだ。高級紙『The Guardian』や国営放送『BBC SPORTS』など英国メディアが一斉に報じている。
 
 水曜日深夜に繁華街へ繰り出した4人組だったが、ほとんどの店がすでに閉店していたため、マクドナルドで数時間談笑。ホテルへ帰ろうとしたところ、移動手段が見つからなかったため運転手のいないタクシーに乗り込み、無断で運転して戻ったという。車をホテル前に乗り捨てる明らかな窃盗行為で、運転手がすぐさま通報。逮捕にこそ至らなかったが、地元の警察署で事情聴取を受けたという。
 
 4選手ともプレミアリーグを代表する選手たちだ。エバンスは北アイルランド代表でWBAのキャプテンを務め、バリーはアストン・ビラ、マンチェスター・シティで名声を築き、イングランド代表としても活躍した大ベテラン。リバモアは現役のイングランド代表MFで、35歳のマイヒルも元ウェールズ代表の守護神である。国際経験が豊富な面々のあり得ない愚行に、関係者は怒りを隠せない。アラン・パーデュー監督もそのひとりだ。
 
「いったい我々はなんのために遠征したんだ? こんなことは起こってはいけないし、まったく望ましくない。間違いないのは、彼らが外出禁止のルールを破ったこと。許される行為ではない」
 
 現在プレミアリーグで最下位のWBA。降格の安全圏まで7ポイントも開いており、まさに崖っぷちだ。ミニキャンプは直近のFAカップだけでなく、シーズン終盤の巻き返しを期すための“決起集会”の意味合いが濃かったという。それだけに指揮官パーデューは、歴戦の勇士たちの裏切り行為に激高しているのだ。
 
 クラブは4選手の共同声明を公式HPに掲載。「誰が事件に関わったのかを明らかにするのが大事だと感じ、公表に至りました。外出禁止令を破ったのは間違いなく、素直に認め、クラブとチームメイトに謝罪します」といったもの。そしてクラブは「誠心誠意、当局の捜査に協力する。4選手の処分については捜査が終わった段階であらためて発表します」と記した。
 
 当然のことながら、英国内でバッシングに晒されている4選手。パーデュー監督は「私には指導者として積み上げてきた経験がある。彼らの処分がどうなるかは分からない。だが、今一度チームを結束させ、良い方向に持っていく自信はある」と気丈に話した。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 16
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517849819/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:49 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル代表、異例の速さでロシアW杯メンバー15名を発表(関連まとめ)

前代未聞!?…ブラジル代表がW杯に臨むメンバー15名を異例の早期発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00716617-soccerk-socc
ブラジル代表2018.jpg

ブラジル代表が異例の速さで、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨む代表メンバー15名を発表した。16日付で、アメリカ紙『スポーツ・イラストレイテッド』など複数のメディアが伝えている。

 今回、ブラジル代表監督であるチッチ監督は、W杯登録選手23名のうちの15名のメンバーを異例の早期発表。多くはパリ・サンジェルマンに所属するネイマールやバルセロナに移籍したフィリペ・コウチーニョなど、代表チームに欠かせない“主力級”の選手たちだ。一方で、残り8名の代表メンバーに関しては未定としており、3カ月後に改めて正式発表する予定だと報じられた。

 ブラジル代表は5月下旬に開催国ロシア代表と強豪ドイツ代表との親善試合を行い、本大会に臨む。同代表はグループEに入り、セルビア代表、スイス代表、コスタリカ代表と決勝トーナメントをかけて争うことになっている。南米予選を12勝5分け1敗という圧倒的な強さで突破した同代表。6回目のW杯制覇に向けて、着々と準備を進めている。

 今回発表された代表メンバー15名は以下の通り。

▽GK
アリソン(ローマ)

▽DF
ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)
ミランダ(インテル)
マルセロ(レアル・マドリード)

▽MF
カゼミーロ(レアル・マドリード)
レナト・アウグスト(北京国安)
パウリーニョ(バルセロナ)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)

▽FW
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
ウィリアン(チェルシー)
ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10057
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1518840805/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:06 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤嘉紀の途中出場のマインツ、クアイソン2得点でヘルタ下し11試合ぶりの完封勝利

マインツが11試合ぶりの完封勝利、暫定12位に浮上…武藤は途中出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00716487-soccerk-socc
クアイソン2018第23節ゴール.jpg

 ブンデスリーガ第23節が16日に行われ、武藤嘉紀の所属するマインツが敵地でヘルタ・ベルリンと対戦した。武藤は7試合ぶりに先発を外れベンチスタートとなっている。

 試合は拮抗するが40分、チャンスを掴んだのはマインツだった。ジュリオ・ドナーティの縦パスをロビン・クアイソンがペナルティーエリア手前で受けると、巧みなコントロールで相手守備陣をかわし、右足でミドルシュート。ボールはゴール左隅に吸い込まれマインツが貴重な先制点を奪った。

 1−0で前半を折り返すと65分、自陣でボールを奪った流れからジャン・フィリップ・グバミンが相手DFライン裏にロングフィードを蹴り出すと、抜け出したのはクアイソン。冷静にGKとの1対1を制してゴールに流し込み、マインツはリードを2点に広げた。

 68分、2得点を挙げたクアイソンと交代で武藤が途中出場する。すると74分、武藤のスルーパスに抜け出したゲリット・ホルトマンがGKとの1対1を迎えるがこれは決められず。武藤のアシストとはならなかった。

 その後も武藤は前線で奮闘したがゴールは生まれず試合はそのまま2−0でマインツが11試合ぶりの完封勝利。4試合ぶりの白星で暫定12位に浮上し、入れ替え戦圏内を脱出した。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 0−2 マインツ

【得点者】
0−1 40分 ロビン・クアイソン(マインツ)
0−2 65分 ロビン・クアイソン(マインツ)

≠1.FSV Mainz 05≠ 武藤嘉紀 Part19
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1512694729/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、次節BMG戦の欠場が確実に…シュテーガー監督「今週末の試合に出すことは無い」

香川真司の次節ボルシアMG戦欠場が確実に…ドルトムント指揮官「足首にまだ問題が…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000001-goal-socc
香川2018走る.jpg

ドルトムントは18日、ブンデスリーガ第23節ボルシアMG戦が控えている。だが、この試合で日本代表MF香川真司は、欠場することが確実となっているようだ。指揮官ペーター・シュテーガーが明言している。

香川真司は昨年12月のシュテーガー体制スタート以来、主力としてフル出場を続けていた。しかし、前節のハンブルガーSV戦では先発出場を果たしたものの、62分に負傷でピッチから退いている。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグのアタランタ戦では、香川は負傷を理由にメンバー外となっていた。

シュテーガー監督はボルシアMGを前にした会見で「シンジは足首にまだ問題を抱えており、今週末の試合で出場させることはない」と述べている。

ドルトムントはシュテーガー監督を招へいした第16節のマインツ戦から、リーグ戦で4勝3分けと無敗をキープしている。今冬の移籍市場で加わったミヒー・バチュアイがここ3試合で5ゴールを決めるなど、得点力も高まりようやく軌道に乗り始めたドルトムント。だが、香川の負傷離脱は不安材料となっているようだ。
【BVB09】Borussia Dortmund 816【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518749149/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、絶妙ゴールで今季5得点目!フローニンゲンはVVVと1-1ドロー(関連まとめ)

【サッカー】堂安律が今季5ゴール目を記録…フローニンゲンはアウェーでVVVとドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518820552/
堂安律2018第24節.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/02/17(土) 07:35:52.93 ID:CAP_USER9.net

2/17(土) 7:06配信
堂安律が今季5ゴール目を記録…フローニンゲンはアウェーでVVVとドロー

エールディヴィジ第24節VVVvsフローニンゲンの一戦で、堂安律が今シーズン5ゴール目を決めた。

試合は開始2分でホームのVVVが先制。1点を追うフローニンゲンは15分、バイタルエリアで縦パスを受けた堂安は前を向くと、タッチでボールをコントロールしながら左足で巻くシュートを放ち、ゴール左スミへと決めた。堂安はこれでフローニンゲン加入後、リーグ戦5ゴール目となる。

試合は1−1のままフルタイムを迎え、フローニンゲンは敵地で勝ち点1を獲得。勝ち点を24に伸ばしたが順位は13位のまま変わらなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000040-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、絶妙スルーパスと芸術ループで1G1Aの大活躍!今季9点目でポルティモネンセの3-1勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】中島翔哉、見事なスルーパスで決勝アシスト&ダメ押しゴールの大活躍! 今季通算9点目!!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518821591/
中島2018第28節ドリブル.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/02/17(土) 07:53:11.10 ID:CAP_USER9.net

2/17(土) 7:44配信
前回対戦では初ゴールを挙げた相手から再び!

 2月16日(現地時間)、リーガNOS(ポルトガル1部リーグ)第23節が行なわれ、ポルティモネンセは敵地でフェイレンセに3-1の勝利を飾った。


 この試合の69分、ポルティモネンセはウェリントンが決勝点となるチームの2点目を挙げたが、彼にスルーパスを通したのが中島翔哉。ハーフウェーライン付近でボールを受けると、右サイドから前線に駆け上がったウェンリントンに、正確なキラーパスを送った。
 
 さらに中島は88分、右サイドからのクロスをファーサイドで受けると、浮き球でGKの頭上を越す頭脳的なシュートでダメ押し。3試合ぶりのゴールで、リーグでの通算得点を9に伸ばした。
 
 この試合でも定位置である前線左サイドで先発出場を果たした中島は、ポルトガルでの初ゴールを決めた思い出深い相手であるフェイレンセ(6節での対戦で2ゴールを挙げて2-1で勝利)に対し、得意の突破力で再三勝負を仕掛けていく。
 
 自らドリブルからシュートを狙う他、急所を突くパスでもフェイレンセに脅威を与え、またセットプレーのキッカーとしても、味方の惜しいフィニッシュを引き出した。
 
 試合は26分にウェリントンの右からのクロスをファブリシオが合わせて、今シーズン自身通算12点目となるゴールでアウェーチームが先制したが、フェイレンセはその6分後、FKからL・ローシャがヘディングでゴールに押し込んで試合を振り出しに戻した。
 
 しかし、攻勢を続けたポルティモネンセは後半、冒頭に記した通り、中島の鮮やかなスルーパスと冷静かつ頭脳的なループシュートにより、敵地で勝利を飾った。
 
 次節(25日)の相手は、首位のポルト。今冬に中島の移籍先候補として名前が挙がったチームだ。前回の対戦では見事なアウトサイドでのシュートで名手イケル・カシージャスの牙城を崩した中島は、再び同様の活躍を見せ、その価値を高められるか。要注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00035780-sdigestw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:45 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】ライプツィヒMFケイタvsナポリ

CL敗退組の好カードはヴェルナー2発のライプツィヒがナポリに敵地で3発先勝《EL》
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=304389
ケイタELナポリ戦.jpg

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ナポリvsライプツィヒが15日に行われ、1-3でライプツィヒが勝利した。

▽マンチェスター・シティ、シャフタールの前に3位でチャンピオンズリーグ敗退となったナポリは、セリエAで首位に立ちユベントスと激しいスクデット争いを展開中。そのナポリは4-1で勝利した直近のラツィオ戦のスタメンから5選手を変更。インシーニェやジョルジーニョ、アルビオルらがベンチスタートとなり、出場停止のメルテンスが欠場となった。

▽一方、ベシクタシュやポルト、モナコらと同居したグループで3位に終わったライプツィヒは、ブンデスリーガで2位に浮上。そのライプツィヒは2-0で勝利した直近のアウグスブルク戦のスタメンからイルザンカーに代えてサビツァーのみを変更した。

▽開始2分、ヴェルナーに際どいシュートを打たれたナポリは、3トップに右からウナス、カジェホン、ジエリンスキと並べた。そのナポリが立ち上がりからボールを保持し、ライプツィヒがカウンターを狙う構図で試合は展開していく。しかし、攻撃の核であるメルテンスとインシーニェを欠くことから、なかなかシュートに持ち込むには至らない。

▽すると18分、ロングボールに抜け出したY・ポウルセンがボックス左まで侵攻し、シュートを浴びせる。

▽ひやりとしたナポリは20分、カジェホンがGKを強襲するシュートを浴びせたが、前半半ば以降はこう着状態が続き、静かな展開で推移。ハーフタイムにかけても互いにチャンスが生まれず前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半もライプツィヒがショートカウンターで流れを引き寄せると、51分にヴェルナーが際どいシュートを浴びせていく。

▽しかし52分、ナポリがワンチャンスを決め切った。ログの縦パスを受けたボックス右のウナスが右足でシュート。これがポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。ウナスの移籍後初ゴールで先制したナポリは、ハムシクとヒサイに代えてインシーニェとマリオ・ルイを投入。

▽だが、ここからライプツィヒが攻勢に出ると、61分に追いついた。ショートカウンターに転じ、右サイドに流れたカンプルのマイナスの折り返しをヴェルナーが受け、ゴール左へシュートを流し込んだ。

▽その後、ナポリの反撃を受けたライプツィヒだったが、74分に逆転する。ロングボールに抜け出したY・ポウルセンがボックス内まで侵攻。並走していたブルマにラストパスを送り、シュートを蹴り込んだ。

▽アウェイゴール2つを獲得したライプツィヒは、負傷明けのフォルスベリを投入。終盤にかけてはナポリの反撃を許さずにいると、終了間際に突き放した。ロングカウンターに転じ、フォルスベリが中央を持ち上がってラストパス。これをボックス左のヴェルナーが決めて3-1で勝利。来週ホームで行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。
〓〓 Liverpool FC 〓 885 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518639753/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、脳震盪で車を運転できず宇佐美が代わりに運転…次節も欠場が決定(関連まとめ)

原口、2週間前の脳震とうで今週末も欠場。めまいで車も運転できず、宇佐美は先発か
https://football-tribe.com/japan/2018/02/16/34085/
原口デュッセルドルフ正面.jpg

 2週間前のザントハウゼン戦で脳震とうを起こしたフォルトゥナ・デュッセルドルフの日本代表MF原口元気が、今週末のグロイター・フュルト戦も欠場することになった。15日、ドイツ紙『エクスプレス』が報じた。

 別メニューで練習には復帰した原口だが、「まだめまいがある」と脳震とうの影響が残っていることを認めている。そのため現在は車の運転も許可されておらず、チームメートのFW宇佐美貴史が練習場まで運転しているという。

 しかし復帰は遠くない見込みで、「来週のレーゲンスブルク戦ではプレーできることを願っている」と語っている。

 原口に加えてベルギー人MFベニト・ラマンが出場停止となるため、代役として宇佐美またはクロアチア人MFダボル・ロブレンの先発が濃厚とみられている。宇佐美にとっては出場機会増加へ大きなチャンスとなりそうだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10056
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1518781459/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:11 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング