アンテナ・まとめ RSS

2018年02月02日

岡崎同僚マフレズ、2日連続で練習欠席…マンC移籍破談でレスターに失望 3日のスウォンジー戦欠場へ(関連まとめ)

【サッカー】<マンC移籍破談のマハレズ>約束を破ったレスターに失望…元同僚からは「戦争をしなければ退団できない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517572990/
マフレズとマンC.jpg
1: Egg ★ 2018/02/02(金) 21:03:10.46 ID:CAP_USER9.net

今冬の移籍市場最終日となった現地時間1月31日、マンチェスター・シティはレスターのリャド・マハレズの引き抜きを目指したが、要求額が高すぎたために取引は成立しなかった。
 
 レスターは、総額6500万ポンド(約100億75000万円)というマンチェスター・Cのビッグオファーに対し、総額9500万ポンド(約147億2500万円)の移籍金を望んだが、この超高額の“逆オファー”には、さすがの金満クラブも手を引かざるを得なかったようだ。
 
 昨夏に続いてビッグクラブへのステップアップ移籍が実現しなかったことで、マハレズの胸中は察するに余りある。英国メディア『Sky Sports』の取材に応えた同選手の友人は、「この2日間の出来事に、リャドはとても落ち込んでいる。どうしてレスターがあんな振る舞いをしたのか理解できないんだ」と、アルジェリア代表MFの落胆ぶりを明かした。
 
「レスターが移籍を認めると言ったのは、今回の市場で4度目だ。彼はクラブのために全力を尽くしてきたと自負している。1年目は昇格に貢献し、2年目には歴史的なプレミア制覇も手助けして、チェアマンが望んだようにチームに残ってクラブの(プレミア)残留も成し遂げたのに……」
 
 さらにこの友人は、「レスターから出るには『戦争をしなきゃいけない』と、多くの元チームメイトから言われた。でも、彼はそれを避けようとしたんだ。このマーケットで移籍できるように、今シーズンもレスターのために全力を尽くした」と、仲違いをしないようにマハレズが努めてきたとし、それゆえにクラブの対応への失望は大きいと述べた。
 
「マンチェスター・Cへの移籍は、彼にとって夢の実現となるはずだった。彼はグアルディオラ監督の下でプレーしたがっていた。それが今や、ずっと先のことになってしまった。懸命に尽くしてきたクラブからの扱いに、彼は落ち込んでいる」
 
 一方、同日に行なわれたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦(プレミア25節)で、3-0と快勝したジョゼップ・グアルディオラ監督は、試合後に「彼はレスターの選手だ。我々が獲得を目指したのは周知のとおりだが、現時点で彼らが求める額は払えない。それは完璧に理解できるよ」と、一連の動向を振り返った。
 
「昨夏も我々はマハレズ獲得にトライし、この冬も彼を狙った。だが、去年の夏と同様に、彼らがドアの鍵をかけたんだ。不可能だった。次の夏にどうなるか、様子を見よう」
 
 レスターに対して失望感を抱くマハレズは、残りのシーズンの戦いでモチベーションを保てるだろうか。今夏の移籍にも影響するだけに、そのパフォーマンスに注目したい。

2/1(木) 18:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180201-00035256-sdigestw-socc




マンC行き消滅のマフレズ、2日連続で練習欠席 3日のスウォンジー戦も欠場か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180202-00010019-soccermzw-socc

クラブの対応に失望か 2日の練習も欠席と英メディア報道
 レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、冬の移籍市場最終日となる1月31日にオファーが届いたマンチェスター・シティへの移籍が叶わなかった。レスターを牽引するレフティーは1日の練習に姿を見せなかったのに続き、2日続けて練習を欠席したことが発覚。3日のプレミアリーグ第26節スウォンジー戦も欠場する見込みだと英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 マフレズにはリーグ首位を独走するマンチェスター・シティが移籍金6500万ポンド(約101億円)に加え、選手を譲渡するという好条件を出してきた。しかし、レスター側は9500万ポンド(約148億円)という法外な移籍金を要求したため、潤沢な資金を持つシティもさすがに撤退し破談に終わった。

 クラブの対応に失望したというマフレズは、移籍市場最終日の翌日に行われたチーム練習を欠席。メディアにも取り上げられて大きな話題を呼んでいるが、2日の練習も欠席したという。

 記事によれば、3日行われるスウォンジー戦も欠場するとの見通し。破談を巡る騒動が大きく波紋を広げている。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:19 | 大阪 ☁ | Comment(34) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元バルサMFソング、古巣アーセナルの施設でトレーニング…ルビン・カザンと契約解除

元カメルーン代表MFソングがルビン・カザンと契約解除…古巣アーセナルの施設でトレーニング
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=302944
ソングアーセナル.jpg

▽ロシア・プレミアリーグのルビン・カザンは31日、元カメルーン代表MFアレクサンドレ・ソング(30)との契約解除を発表した。

▽バスティアの下部組織出身のソングは、2005年8月にアーセナルへ完全移籍。ボランチやセンターバックなどで主力としてプレーすると、2012年8月にバルセロナへと完全移籍。その後はウェストハムへの2度のレンタル移籍を経験し、2016年7月にルビン・カザンへと完全移籍した。

▽ロシア・プレミアリーグでは22試合に出場し1ゴール3アシストを記録。昨シーズンは6試合に出場し1ゴールを記録していた。

▽なお、ソングはコンディション調整のため、古巣のアーセナルの施設でトレーニングを行っているようだ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1216】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517346017/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:51 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポドルスキ、神戸の新キャプテンに就任!「重い責任があるし、誇りに思う」(関連まとめ)

J1神戸・ポドルスキ、キャプテンに就任「重い責任があるし、誇りに思う」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000061-dal-socc

ポドルスキ2018キャンプ.jpg

J1神戸の今季キャプテンを元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が務めることが2日、決まった。神戸の外国人主将は、今季再加入した韓国代表MF鄭又栄が15年に務めて以来、クラブ史上2人目となる。副キャプテンにはDF渡部博文、MF鄭又栄、FW小川慶治朗の3人が就任した。

 キャンプ地の沖縄県読谷村で取材に応じたポドルスキは「どこの国、どこのチームでもキャプテンを任されることは重い責任があるし、誇りに思う」と意欲的に話した。ドイツ代表やドイツ1部ケルンなどで主将を務めた経験もあり、「役割は分かっている。チームに結果をもたらすことが最優先される。自分のスタイル、色を出して、チーム一丸となって戦っていきたい」と所信表明した。

 1日にポドルスキへ主将就任を正式に伝えた吉田孝行監督は「キャンプでも積極的にトライしていた。やる気満々だと思う。安心して任せられる」と信頼を寄せた。ポドルスキは先月31日に行われたJ2讃岐との練習試合(45分×3本)の1本目にキャプテンマークを巻いて出場し、左足でゴールも挙げた。指揮官は「キャプテンマークを巻くだけで意識が違っていた」と“主将効果”を実感した。

 ポドルスキは日本語が話せないこともあり、コミュニケーションに不安も残るが、吉田監督は「できない部分はみんなで助け合うのが今年のチーム」と強調。三浦淳寛スポーツダイレクターも「デメリットは一切考えてない。チーム全体を意識した行動も出てくるだろうし、責任感でプレーも良くなる。(ポドルスキの)今季に懸ける意気込みは周りにも伝わっている」と大きな期待を口にした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10022
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1517534272/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:22 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元広島FW前田俊介、沖縄SV加入が決定 九州リーグで現役続行(関連まとめ)

【サッカー】<FW前田俊介>沖縄SV加入決定…九州リーグで現役続行
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517493326/
前田俊介札幌.jpg

1: Egg ★ 2018/02/01(木) 22:55:26.34 ID:CAP_USER9.net

ガイナーレ鳥取との契約満了が発表されていたFW前田俊介が、九州リーグの沖縄SVへ加入することが決まった。両クラブが2月1日に発表した。

 前田は1986年生まれの31歳。サンフレッチェ広島ユース出身で、2004年にトップチームデビューを果たした。2007年に大分トリニータに移籍し、2010年途中にはFC東京への期限付き移籍も経験。2012年からコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)でプレーし、2016年からは鳥取でプレー。昨季は明治安田生命J3リーグで25試合出場4得点、天皇杯で1試合出場を記録した。そして昨年11月29日、契約満了が発表されていた。

 移籍先決定にあたり、前田は鳥取の公式HPにて「監督・コーチ、スタッフのみなさん、選手のみなさん、そしてファン・サポーターのみなさん、2年間ありがとうございました。また会える日を楽しみにしています!」とコメントしている。

 また、沖縄SV加入にあたり、前田は以下のようにコメントしている。

「ガイナーレ鳥取から加入することになりました前田俊介です。沖縄SVのみなさんよろしくお願いします。頑張ります」

2/1(木) 20:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00710059-soccerk-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180201-00710059-soccerk-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2新潟、元湘南GKアレックス・ムラーリャ(サンターナ)の加入内定を発表!2016年にブラジル代表に招集(関連まとめ)

新潟に元湘南GKアレックス・ムラーリャ加入…16年にはブラジル代表招集
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00706087-soccerk-socc
湘南アレックス.jpg

アルビレックス新潟が2月2日、フラメンゴ(ブラジル)からGKアレックス・ムラーリャ(アレックス・サンターナ)が移籍加入することが内定したと発表した。背番号は「38」。

 ブラジル出身のアレックス・ムラーリャは、1989年生まれの現在28歳。2013年7月には「アレックス・サンターナ」の登録名で湘南ベルマーレへ期限付き移籍で加入し、J1リーグ12試合に出場したが、シーズン終了後に帰国していた。以後はブラジル国内でプレーを続け、2016年には名門・フラメンゴに完全移籍。同年9月にはブラジル代表に初選出された。

 新潟は2017明治安田生命J1リーグで17位に終わり、今季はJ2からの再スタートとなる。1年でのJ1復帰に向けて、新守護神候補の加入は好材料となりそうだ。なお新潟は同選手について「瞬発力が高く、強烈なシュートも弾き出せるシュートストップが持ち味。的確なポジショニングをとることができ、足元の技術も併せ持つゴールキーパー」と紹介している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10022
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1517534272/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシとスアレス、5試合連続でアベック弾を達成!リーガで88年ぶりの記録

【サッカー】メッシ&スアレスで5試合連続ゴール! リーガで88年ぶりの快挙達成
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517368727/
メッシとスアレス2018第21節.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/01/31(水) 12:18:47.27 ID:CAP_USER9.net

1/31(水) 12:14配信
メッシ&スアレスで5試合連続ゴール! リーガで88年ぶりの快挙達成

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、また新たな金字塔を打ち立てた。30日付のスペイン紙『ラ・バングアルディア』が報じている。

 バルセロナは28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節でアラベスと対戦。相手に先制を許したものの、メッシとスアレスのゴールで2−1の逆転勝利を収めた。

 メッシとスアレスはこれで、リーグ戦5試合連続の“アベック弾”を達成。同紙によると、リーガ・エスパニョーラの歴代タイ記録になるという。1930−31シーズンの第6節から第10節にかけて、アスレティック・ビルバオに所属したギジェルモ・ゴロスティサとホセ・イララゴーリのスペイン人コンビが5試合連続でゴールを決めて以来、実に88年ぶりの快挙になるそうだ。

 なお、バルセロナがリーグ戦最近5試合で奪った17ゴールのうち、メッシとスアレスは2人だけで13ゴールをマークしている。またスアレスは個人として、リーグ戦8試合連続ゴールを記録。2015−16シーズンに打ち立てた7試合連続ゴールを上回る自己ベストを達成している。

 バルセロナは1日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝ファーストレグでホームにバレンシアを迎えた後、4日のリーガ・エスパニョーラ第22節でエスパニョールとのアウェイゲームに挑む。“バルセロナ・ダービー”となる敵地での大一番では、リーグ戦におけるクラブの開幕連続無敗記録の更新がかかっており、メッシとスアレスの両ストライカーにかかる期待は大きい。再び“アベック弾”は生まれるのか、そして新記録達成となるのか。注目が集まる。

(記事/Footmedia)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00709215-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180131-00709215-soccerk-000-1-view.jpg

※やや古い記事ですがご容赦ください。尚、国王杯準決勝第一戦はバルセロナが1-0で勝利しました。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:49 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC移籍破談のマフレズ、チーム練習欠席…友人「相当落ち込んでる」(関連まとめ)

マンチェスター・C移籍が潰えたマフレズ、チーム練習を欠席…「相当落ち込んでいる」と友人が明かす
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000053-goal-socc
マフレズ金髪指さし.jpg

レスター・シティのリヤド・マフレズが1日のチーム練習を欠席したことが分かった。『スカイスポーツ』が報じている。

1月の移籍市場の終盤にマンチェスター・シティがマフレズに対して6500万ポンド(約101億円)ともいわれるオファーを提示。しかし、レスターの要求額は9500万ポンド(約148億円)と双方の提示額には大きな溝があり、アルジェリア代表FWの移籍は不成立に終わった。

一方、マンチェスター・シティからのオファーを受け、レスターに“トランスファーリクエスト”を提出したマフレズは、その後の練習に欠席し、31日に行われた1-2で敗れたエヴァートン戦でもメンバー外に。そして、移籍が不成立に終わった後、マフレズの友人は同メディアに「彼は相当落ち込んでいる」と明かしていた。

エヴァートン戦に敗れた後、クロード・ピュエル監督は「リヤドは笑顔ですぐにチームに戻って来るだろう」と期待を口にしていた。しかし、この日の練習にマフレズの姿はなく、いつトレーニングに復帰するかは定かではないようだ。

BLUEMOONマンチェスターシティ 266cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517145539/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スナイデル、長友佑都のガラタサライ移籍に助言「考えずに行け」

【サッカー】<長友佑都>ガラタサライ移籍の裏にあった親友スナイデルの助言!「考えずに行け」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517476878/
スナイデルと長友.jpg
1: Egg ★ 2018/02/01(木) 18:21:18.80 ID:CAP_USER9.net

日本代表DF長友佑都が、ガラタサライへの移籍を決断した背景には親友ヴェスレイ・スナイデルの助言があったようだ。トルコ『futbolarena』が報じた。

長友は1月31日、7年を過ごしたインテルを離れ、ガラタサライへレンタル移籍する決断を下した。そこには、4年に渡りプレーしたスナイデルの影響もあったという。

スナイデルと長友は、インテルで2年に渡りともにプレー。元オランダ代表のスター選手はインタビューで度々長友を称賛するなど、仲がいいことで知られ、今回の移籍の際にも関わっていたと伝えられた。

当初、長友はガラタサライへのオファーに難色を示していたが、スナイデルが「考えずに行け。素晴らしいクラブで、素晴らしい街だ。きっと後悔しない」とアドバイス。それが長友の背中を押すことになったようだ。

“親友”スナイデルの言葉もあり、トルコ行きを決断した長友。正しい選択と振り返ることのできる半年間にしてほしいところだ。

2/1(木) 17:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00010003-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180201-00010003-goal-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、開始11秒で失点などトッテナムに0-2完敗…首位マンCと勝ち点15差に フェライニが途中出場も負傷交代

泣きっ面に蜂のマンU… 開始11秒で悪夢の失点、途中出場フェライニも7分で負傷交代
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180201-00010019-soccermzw-socc

サンチェス2018第25節ドリブル.jpg

敵地でトットナムに0-2と完敗
 プレミアリーグ2位のマンチェスター・ユナイテッドにとって、逆転優勝を狙うには痛すぎる1敗となった。現地時間31日にウェンブリーで行われた第25節トットナム戦で0-2と完敗。開始11秒で先制点を許し、MFマルアン・フェライニが途中出場後7分で負傷交代するなど、“赤い悪魔”にとっては散々な結果となっている。

 この日ユナイテッドは、アーセナルから獲得したFWアレクシス・サンチェスを早速スタメンに起用。上位を争うトットナムを叩いて勢いに乗りたいところだった。しかし、誤算はトットナムのキックオフ直後に待っていた。

 最終ラインからのロングボールに対してDFフィル・ジョーンズが相手MFクリスティアン・エリクセンに競り負けるとボールはゴール前へ。MFデレ・アリに打たれたシュートがDFに当たってこぼれると、それをエリクセンに詰められていきなり先制点を許してしまった。これにはジョゼ・モウリーニョ監督も、テクニカルエリアであきれた表情を浮かべるしかなかった。

 同28分にはオウンゴールでトットナムに追加点を献上と良いところのないユナイテッドに追い打ちをかけたのは、後半のフェライニの離脱だ。2点ビハインドの状況でMFジェシー・リンガードとの交代で後半18分に送り出されたフェライニだったが、プレーを始めてすぐに足を引きずる様子を見せた。結局7分後の同25分にピッチを去り、ユナイテッドとしてみれば泣きっ面に蜂の展開となった。

 英紙「デイリー・ミラー」によると、フェライニは膝を負傷したようで、離脱の可能性が高い。首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「15」に広げられ、5位トットナムとの差も「5」に詰められ、そして主力の負傷と三重苦の結果になってしまった。

† Red Devils Manchester United 1271 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517436679/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎同僚FWスリマニ、ムサ、ウジョアがレンタル移籍!MFキングもスウォンジーにレンタル移籍(関連まとめ)

【サッカー】岡崎のライバルのスリマニ、ムサ、ウジョアが移籍
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517452318/
スリマニニューカッスル00.jpg
1: 動物園φ ★ 2018/02/01(木) 11:31:58.32 ID:CAP_USER9.net

2/1(木) 9:38配信
日刊スポーツ

 レスターFW岡崎慎司(31)の同僚のアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(29)が1月31日(日本時間1日)、同じプレミアリーグのニューカッスルにレンタル移籍した。スリマニは公式サイトを通じて「この移籍は、僕とニューカッスルにとって大きなことだ。ここにはファンの力がある。監督と話し、正しい選択だと納得した」と語った。

 スリマニは、ポルトガル1部スポルティングで15−16年シーズンにリーグ戦33試合に出場し27得点を挙げ、16年夏に鳴り物入りでレスターに入団。5年契約を結び、岡崎の出場機会を脅かす存在になるとみられたが、16−17年シーズンは23試合に出場し7ゴール、17−18年シーズンは12試合に出場し1ゴールにとどまっていた。

 一方、岡崎は前線からの献身的な守備を含め、チーム全体の攻守に貢献してきたが、17−18年シーズンはリーグ戦で22試合に出場し、チーム2位の6ゴールと得点でも結果を出している。その中、29日にFWレオナルド・ウジョア(31)が同じプレミアリーグのブライトン、30日にはナイジェリア代表FWアーメド・ムサ(25)も古巣のロシア1部CSKAモスクワに、ともに今期末までの期限付きで移籍と、定位置を争うFW陣が次々、移籍の道を選んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00114106-nksports-socc



レスターの“10番”キング、スウォンジーへレンタル…自身初の移籍決断
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00709743-soccerk-socc

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのウェールズ代表MFアンディ・キングがスウォンジーへレンタル移籍で加入することが決まった。1月31日に両クラブが30日に発表した。移籍期間は今シーズン終了まで。

 キングは現在29歳。レスターの下部組織出身で、2007年のトップチームデビュー以来、同クラブ一筋でプレーを続けてきた。公式戦通算377試合に出場して62得点を記録。今シーズンは公式戦15試合に出場した。

 キングは2008−09シーズンにリーグ1(イングランド3部)、2013−14シーズンにチャンピオンシップ(同2部)、そして2015−16シーズンにプレミアリーグ制覇を経験。生え抜き選手として、レスターに貢献し続けてきた。

 今回、初めての移籍を決断したキング。レスターとスウォンジーは2月3日のプレミアリーグ第26節でさっそく対戦するが、同選手は契約により、同試合には出場できない。新天地でのデビューは10日のバーンリー戦以降となる。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング