アンテナ・まとめ RSS

2018年03月03日

U17日本代表、バーレーンを14-1粉砕!斉藤光毅4ゴールやブラウンノア賢信がハットなど圧巻のゴールショー

【サッカー】大量14ゴール!!U-17日本代表、斉藤光毅4発&ブラウンノアのハットなどでバーレーン粉砕
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520052165/
U-17日本代表バーレーン戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/03/03(土) 13:42:45.54 ID:CAP_USER9.net

 UAE遠征中のU-17日本代表は2日、UAEフットボールカップ第2戦でU-17バーレーン代表と対戦し、14-1で勝利した。この結果、日本は2勝1分で勝ち点7。前節まで勝ち点で並んでいたU-17ロシア代表がU-17UAE代表に1-1で引き分けたため、同大会で優勝を飾った。

 日本は2連敗中のバーレーンに対し、立ち上がりから攻勢に出る。前半9分にFW藤尾翔太のヘディングで先制すると、同33分までに4ゴールを奪取。同44分にPKでバーレーンに1点を返されたが、4-1でハーフタイムを迎えた。

 後半は怒涛のゴールラッシュ。9-1の後半37分にFW斉藤光毅がハットトリックを達成し、直後の同40分には自身4点目を奪う。さらに同42分に相手のオウンゴールで加点すると、すでに1ゴールを挙げていたFWブラウンノア賢信が同43分、同45分にネットを揺らし、この日3得点として14-1。日本が圧巻のゴールショーでバーレーンを撃破し、有終の美を飾った。

 4得点をマークした斉藤は日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じ、「個人では点は決められたものの、ミスやフィジカルなどとても多くの課題がでたので、チームに帰り、本当に日々の練習で意識して取り組みたいと思います。満足のいくプレーヤーになれるようにもっともっと頑張りたいと思います」とコメントしている。

以下、試合記録

U-17日本代表 14-1(前半4-1)U-17バーレーン代表

▽得点
9分:藤尾翔太(U-17日本代表)
10分:宮城天(U-17日本代表)
23分:木村誠二(U-17日本代表)
33分:山本理仁(U-17日本代表)
44分:失点(U-17バーレーン代表)
47分:藤尾翔太(U-17日本代表)
55分:斉藤光毅(U-17日本代表)
60分:斉藤光毅(U-17日本代表)
68分:馬場晴也(U-17日本代表)
81分:ブラウンノア賢信(U-17日本代表)
82分:斉藤光毅(U-17日本代表)
85分:斉藤光毅(U-17日本代表)
87分:オウンゴール(U-17日本代表)
88分:ブラウンノア賢信(U-17日本代表)
90分:ブラウンノア賢信(U-17日本代表)

▽スターティングメンバー
GK:板橋洋青
DF:畑大雅、馬場晴也、木村誠二、橋本柊哉
MF:松田詠太郎、岩本翔、山本理仁、宮城天
FW:藤尾翔太、斉藤光毅

▽サブメンバー
GK:三井大輝
DF:半田陸、岩井龍翔司、有田恵人、山崎大地
MF:松本凪生、小林夏生
FW:ブラウンノア賢信、山崎稜介

▽交代
HT:松田詠太郎→有田恵人
HT:木村誠二→小林夏生
55分:藤尾翔太→ブラウンノア賢信
55分:橋本柊哉→岩井龍翔司
57分:山本理仁→松本凪生
78分:畑大雅→半田陸


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-01651081-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 | Comment(10) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2-0は危険な…】長崎、2点先制も鳥栖に追い付かれホームで2-2ドロー!J1初勝利は持ち越し J1第2節(関連まとめ)

【サッカー/J1第2節】長崎、ホームで痛恨ドロー 2点差も鳥栖に追いつかれJ1初勝利は持ち越し
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520078375/
鈴木武蔵第2節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/03/03(土) 20:59:35.79 ID:CAP_USER9

長崎、ホームで痛恨ドロー 2点差追いつかれJ1初勝利は持ち越し

明治安田J1第2節第2日(3日、トラス)初昇格の長崎はホームで鳥栖と2−2で引き分け、念願のJ1初勝利は持ち越された。

 長崎は前半2分、FWファンマが落としたボールにMF沢田が反応。マークに来た鳥栖のDF吉田の股を抜いてうまくかわし、ペナルティーエリア付近から右足を振り抜くと、豪快にネットを揺らし先制点を挙げた。

 35分にはセンターサークル付近でボールを受けたMF碓井が前線にパス。MF鈴木が反応してドリブルで駆け上がるとペナルティーエリアに進入。落ち着いてゴールに流し込み追加点を奪い、2−0で折り返した。

 鳥栖は後半15分、相手のクリアボールにDF小林が反応してパス。ペナルティーエリア手前からMF高橋秀がダイレクトでシュートを放ち1点を返した。

 39分には左サイドでFW小野が粘り、CKを獲得。クロスが入ると、ペナルティーエリアでDF鄭昇玄が頭で合わせ同点に追いついた。長崎は開幕戦で湘南に1−2で敗れており、J1初白星はならなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000557-sanspo-socc

長崎 2-2 鳥栖

得点者
2' 澤田 崇  (長崎)
35' 鈴木 武蔵(長崎)
60' 高橋 秀人(鳥栖)
84' 鄭 昇R (鳥栖)


スタジアム:トランスコスモススタジアム長崎
観客数:14,125人

https://www.jleague.jp/match/j1/2018/030305/live/#live


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:47 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J史上初、「ん」から始まる名前の選手が誕生!水戸DF「ンドカ・ボニフェイス」

【サッカー】Jリーグ史上初!「ん」から始まる名前の選手が今シーズン登場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520054119/
ンドカ・ボニフェイス.jpg
1: 3倍理論 ★ 2018/03/03(土) 14:15:19.83 ID:CAP_USER9.net

前田大然、林 陵平という両エースを失いながらもJ2の開幕戦でモンテディオ山形を3-0で下した水戸ホーリーホック。

新外国人FWジェフェルソン・バイアーノが2得点をあげる活躍を見せ、白星スタートを切った。

ンドカ・ボニフェイスは1996年2月15日生まれの22歳。

ナイジェリアにルーツを持つ彼は埼玉県で生まれ、大宮アルディージャJr.ユースから浦和東高校、日本体育大学へと進学。身長183cm、体重89kgという恵まれた体格を持つセンターバックで、今年水戸へ加入した。

「ンドカ」はナイジェリア人に見られる名前だが、スペルは「Udoka」である。しかし読みは「ンドカ」が近いようで、Jリーグにも「ンドカ・ボニフェイス」として登録されている。

Jリーグの公式データサイトには計5394人が登録されているが、五十音で「ん」から始まる選手はンドカが初めてのこと。これでJリーガー縛りのしりとりをしても、「ん」で終わらないぞ!

ちなみに、アフリカ系で母音の付かないNやMが名前の最初に来る場合も、実は「ん」の発音が一番近い。具体的には、Jリーグのレジェンドでもあるエムボマ(ンボマ)、現役選手ではPSGのエンクンク(ンクンク)、セビージャのエンゾンジ(ンゾンジ)などだ。こちらもサッカー選手しりとりの際は強い味方である。

https://mainichi.jp/articles/20180302/gnw/00m/040/004000c


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:44 | 大阪 | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水、19歳立田決勝ゴールで神戸との打合いに4-2勝利!鹿島は金崎決勝ゴールでG大阪に1-0勝利!J1第2節(関連まとめ)

【サッカー/J1第2節】清水、神戸との打合い制し4-2勝利!鹿島は金崎決勝弾でG大阪下しホーム開幕戦を白星
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520068031/
立田2018第2節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/03/03(土) 18:07:11.34 ID:CAP_USER9.net

鹿島 1-0 G大阪

得点者
78' 金崎 夢生

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
観客数:24,545人


神戸 2-4 清水

得点者
13' クリスラン(清水)
26' 北川 航也(清水)
32' 田中 順也(神戸)
69' チョンウヨン(神戸)
72' 立田 悠悟(清水)
82' 金子 翔太(清水)


スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
観客数:24,058人

https://www.jleague.jp/


鹿島、金崎V弾でホーム開幕戦制す!!開幕連敗のG大阪は半年間勝利なし…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-01651093-gekisaka-socc


クリスランの初弾皮切りに清水が大量4発!!神戸との打ち合い制し今季初白星
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-01651094-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:24 | 大阪 | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台、石原絶妙ボレー弾で鬼門・味スタを攻略!FC東京に1-0勝利し開幕2連勝!J1第2節(関連まとめ)

【サッカー/J1第2節】仙台が“鬼門”味スタで初勝利!石原弾でFC東京下して開幕2連勝!!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520063904/
石原2018第2節ドリブル.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/03/03(土) 16:58:24.83 ID:CAP_USER9.net

仙台が“鬼門”味スタで初勝利…石原弾でFC東京下して開幕2連勝!!

[3.3 J1第2節 FC東京0-1仙台 味スタ]

 J1は3日に第2節2日目を開催し、味の素スタジアムではFC東京とベガルタ仙台が対戦。スコアレスで折り返した試合は、後半12分にFW石原直樹のゴールで先制した仙台が逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。味の素スタジアムで行われたリーグ戦では過去1分8敗と勝利のなかった仙台だったが、同スタジアム初勝利で開幕2連勝を飾った。

 開幕戦で浦和と1-1で引き分けたFC東京は、同試合から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。一方、柏との開幕戦を1-0で制して白星スタートを切った仙台も先発の入れ替えはなく、同試合で決勝点を奪った新戦力のDF板倉滉らが先発出場を果たした。

 前半4分、DF太田宏介のCKからMF大森晃太郎が放ったシュートのこぼれ球に反応したMF東慶悟がPA外から右足で狙うも、枠を捉えたシュートはGK関憲太郎にストップされてしまう。さらに同15分には左サイドからFWディエゴ・オリヴェイラが送ったグラウンダーのクロスに飛び込んだ大森が合わせるが、至近距離から放ったシュートは関に阻まれてしまった。

 主導権を握って試合を進めるFC東京は前半23分、MF高萩洋次郎のパスから前線に駆け上がったD・オリヴェイラの折り返しがファーサイドまで抜けると、待ち構えていたFW前田遼一がフィニッシュに持ち込もうとするが、ハンドを取られて好機を生かせなかった。一方の仙台はボールをなかなか前線まで運べず、チャンスらしいチャンスを作れないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

 0-0のまま後半を迎えると、後半12分に仙台が先制に成功する。左サイドでボールを受けたMF永戸勝也が折り返すと、石原が右足で放ったシュートが右ポスト、そして左ポストに当たりながらも、ゴールマウスに収まってスコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負ったFC東京は後半25分にMF米本拓司に代えてMF久保建英、同26分には前田に代えてFW富樫敬真をピッチへと送り込む。さらに同38分にはDF室屋成に代えてMF橋本拳人を投入して状況を打開しようと試みる。同点に追い付こうとFC東京が圧力を掛けたものの、仙台の粘り強い対応に遭って最後までゴールを奪うことができず。逃げ切った仙台が1-0の完封勝利を収めて開幕2連勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-01651088-gekisaka-socc

得点者
57' 石原直樹(仙台)

スタジアム:味の素スタジアム
観客数:16,990人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/030302/live/#livetxt


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:54 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋、シャビエル2戦連続ゴールで磐田下し開幕2連勝!GKランゲラクのビッグセーブもあり1-0完封勝利 J1第2節(関連まとめ)

【サッカー/J1第2節】名古屋シャビエル連発で開幕2連勝!!磐田は後半の好機決めきれず連敗発
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520060315/
シャビエル2018第2節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/03/03(土) 15:58:35.25 ID:CAP_USER9.net

名古屋シャビエル連発で開幕2連勝!!磐田は後半の好機決めきれず連敗発進

[3.3 J1第2節 名古屋1-0磐田 豊田ス]

 名古屋グランパスがホーム開幕戦となったジュビロ磐田との一戦に1-0で勝利した。名古屋は開幕2連勝。磐田は連敗スタートになった。

 名古屋は敵地で戦った開幕戦、G大阪と打ち合いの末に3-2で勝利。新外国人のFWジョー、DFホーシャ、そしてFWガブリエル・シャビエルの強力ブラジル人トリオが揃ってゴールを決めるなど、幸先のいいスタートを切った。第2節は17歳DF菅原由勢を含め、先発メンバーに変更なし。

 対する磐田はホームで行った開幕戦で川崎Fに0-3と完敗。名波浩監督はシステムを3-6-1から4-2-3-1に変更した。古巣戦となるMF田口泰士が今季初スタメン。またGKカミンスキーの欠場により、GK三浦龍輝がJ1初出場を初スタメンで飾ることになった。
 
 名古屋が勢いよく試合に入った。前半5分にはスルーパスに反応したMF青木亮太の左クロスをFWジョーが頭で合わせる。これは三浦の好セーブに阻まれたが、同8分、DF宮原和也が入れたアーリークロスが相手のクリアミスを誘う。こぼれ球を拾ったFWガブリエル・シャビエルが右足で蹴り込み、先制点を奪った。

 磐田もポゼッションを高めて反撃の機会を伺うが、名古屋の集中した守りを前になかなかゴール前までボールを運べない。逆に名古屋は安定した守りからカウンターを発動。前半30分の青木のミドル、同44分にジョーが迎えたGKとの1対1はいずれも三浦の好セーブに阻まれたが、名古屋が危なげなく前半をリードして折り返した。

 後半に入ると磐田がポゼッションをより高めて攻め出す。しかし後半14分、MFムサエフのラストパスからFW川又堅碁がGKと1対1の場面を作るが、GKランゲラックが好反応。シュートストップを見せると、直後にもムサエフが右サイドを抜け出すが、これもランゲラックの好セーブに阻まれた。

 磐田はその後も名古屋DFの裏を狙い続ける。ただ後半29分には川又が左サイドからの浮き球で完全に抜け出すが、シュートが枠上に外れる。直後にはMFアダイウトンも裏を取るが、シュートは枠を捕らえなかった。

 磐田は後半37分にMF松本昌也を投入するなど、交代枠を使い切って勝負に出る。ただ最後まで名古屋のゴールネットを揺らすことは出来ない。後半は運動量の落ちた名古屋だが、しっかりと逃げ切り、開幕2連勝を決めた。


8' ガブリエル・シャビエル

スタジアム:豊田スタジアム
入場者数:38,916人
主審:佐藤隆治

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-01651084-gekisaka-socc
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/030301/live/#live


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:33 | 大阪 | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南、川崎と1-1ドロー!ルーキー松田天馬のプロ初ゴールで追い付く!J1第2節(関連まとめ)

【サッカー】“J1王者”川崎、ホーム開幕戦で白星飾れず 湘南との“神奈川ダービー”は1-1の痛み分け[18/03/02]

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519992237/
松田2018第2節初ゴール.jpg
1: サイカイへのショートカット ★ 2018/03/02(金) 21:03:57.65 ID:CAP_USER9

“J1王者”川崎、ホーム開幕戦で白星飾れず 湘南との“神奈川ダービー”は1-1の痛み分け
3/2(金) 20:56配信 Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180302-00010024-soccermzw-socc

後半にエース小林の一撃で先制も…【写真:Getty Images】
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggJAq61VV4F.v4n840_jqLNg---x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20180302-00010024-soccermzw-000-view.jpg" />

◆後半にエース小林の一撃で先制も松田に決められ追いつかれる

川崎フロンターレは2日、J1リーグ第2節でクラブ創設50周年を迎える湘南ベルマーレとのホーム開幕戦に挑み、昨年の“J1・J2王者対決”となった神奈川ダービーは、激しい攻防の末にドロー決着となった。

試合は前半からホームの川崎が圧倒していく。
ピッチに立つ全員がボールに絡み、人とボールが動く華麗なフットボールを展開する川崎は、積極的な姿勢を見せて湘南ゴールを強襲。
得点には至らなかったが、MFエドゥアルド・ネットやFW知念慶がミドルシュートを狙うなど、ゴールに何度も近づいた。

しかし、J2王者の湘南も無抵抗とはいかなかった。
ディフェンス陣が体を張った守備を披露すれば、GK秋元陽太が好セーブを連発。
攻撃では高い位置でボールを奪取し、切れ味鋭いカウンターを発動した。
枠内シュートはゼロに終わったもののゴールに迫る場面は作っており、最低限のスコアレスで前半を折り返した。

後半は互いにゴールを目指して攻撃的に出るなかで、先制点を奪ったのは昨季のJ1王者だった。
後半11分、左サイドでボールを受けたMF家長昭博が中央へ鋭いクロスを入れると、これをFW小林悠がヘディングで合わせて先手を奪った。

だが、湘南も簡単には屈しない。
同21分に左サイドのCKを得ると、中央の混戦から最後は大卒ルーキーのFW松田天馬が押し込んで同点に追いついた。

終盤、川崎はFW大久保嘉人を投入して攻撃に出るも、最後まで湘南ゴールを割ることができず。
試合は1-1で終了し、ドロー決着となった川崎はホーム開幕戦を飾ることができなかった。



湘南 ルーキー松田のプロ初得点で追いつく 昨季王者にドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000041-spnannex-socc

◇明治安田生命J1第2節 湘南1―1川崎F(2018年3月2日 等々力)

 湘南は鹿屋体大出身のルーキー、MF松田のプロ初ゴールで追いつき1―1で引き分けた。

 0―1の後半21分、左CKのこぼれ球を右足でゴール右に決めた。「あの場面で初めてゴール前に入った。こぼれてきてよかった」。1メートル64と小柄ながら、開幕長崎戦でも先制点をアシスト。「試合に出るからには結果を出さないと」と貪欲だ。

 曹貴裁(チョウ・キジェ)監督も「22歳はどのチームでも主力。攻守どこでも存在感のある選手になってほしい」と激励した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川同僚ロイス、ドルトムントから新契約掲示されず?恩師クロップ監督が獲得希望か(関連まとめ)

【サッカー】香川同僚ロイス、新契約が提示されず…恩師クロップが獲得を希望か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519974248/
ロイス2018ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/03/02(金) 16:04:08.87 ID:CAP_USER9.net

香川同僚ロイス、新契約が提示されず…恩師クロップが獲得を希望か

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、MF香川真司所属のドルトムントでプレーするドイツ代表FWマルコ・ロイスの獲得に興味を示している模様だ。2日にイギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 同紙によると、来シーズン限りで契約が満了するロイスは現段階で新契約を提示されていないという。理由として、クラブ側が同選手の頻繁なケガに懸念を抱いているからだと伝えられている。そこで、かつてドルトムントでロイスを指導した経験のあるクロップ監督が、元教え子の獲得を狙っている模様だ。

 ロイスは2月10日に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦でケガからの復帰を果たすと、同18日の第23節ボルシアMG戦で今シーズン初ゴールをマーク。さらに同26日の第24節アウクスブルグ戦でも2試合連続となるゴールをマークするなど、復帰後は好調ぶりを見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00722837-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏、小泉慶が初得点や珍オウンゴールでマリノスに2-0快勝!今季リーグ戦初勝利!J1第2節(関連まとめ)

【サッカー】小泉慶の移籍後初ゴールなどで柏が横浜に勝利! 前半の劣勢を跳ね返す[18/03/02]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519993740/
小泉2018第2節ドリブル.jpg

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/03/02(金) 21:29:00.75 ID:CAP_USER9.net

小泉慶の移籍後初ゴールなどで柏が横浜に勝利! 前半の劣勢を跳ね返す
3/2(金) 21:24配信 SOCCER DIGEST Web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180302-00036397-sdigestw-socc

小泉が移籍後初ゴールを決め、リーグ初勝利を飾った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180302-00036397-sdigestw-000-view.jpg

■前半は横浜が大きくボール支配率で上回ったが…。

J1リーグは3月2日、2節の3試合を開催。
三協フロンテア柏スタジアムでは、柏レイソル対横浜F・マリノスの一戦が行なわれ、2-0で柏が今季初勝利を飾った。

試合は立ち上がりから横浜がポゼッションで大きく上回る。
ポステコグルー新監督のもと、しっかりとパスをつなぐサッカーを志向する横浜が、柏のお株を奪うポゼッションサッカーでペースを握る。

しかし、前半をなんとか無失点で凌いだ柏は後半立ち上がりの49分、ボランチで先発の小泉慶がクリスティアーノとのワンツーからペナルティエリア内に進入すると、相手DFともつれるものの、自ら押し込んでネットを揺らす。小泉の移籍後初ゴールで柏が先制する。

これでリズムを掴んだ柏は一転して攻勢に転じ、75分には途中出場の大谷秀和のシュートがオウンゴールを誘い、2点目をゲット。
横浜を突き放した。

結局、試合は2-0でタイムアップ。
柏がリーグ戦今季初勝利を挙げた。
柏は3月7日のACL・キッチーFC戦を経て、ホームで3節・C大阪戦(10日)を迎える。
一方の横浜は次節、ホームで鳥栖戦(10日)となる。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:00 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこJ、宇津木劇的ヘッドでアイスランドに2-1勝利!アルガルベ杯グループ第2戦

なでしこジャパン、アルガルベ杯初勝利。宇津木瑠美が執念のヘッド弾…アイスランドに辛勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520010928/
菅澤2018アルガルベ杯第2戦.jpg

【アイスランド 1-2 日本 アルガルベカップ グループリーグ】

 現地時間2日、アルガルベカップのグループリーグ第2戦が行われ、日本はアイスランドと対戦した。

 初戦でオランダに2-6の大敗を喫したなでしこジャパン。アイスランド戦は中1日ということもあり、オランダ戦からスタメンを10人入れ替えて臨んだ。

 2戦連続スタメン出場はMF隅田凜のみ。GKに山下杏也加、最終ラインに右から清水梨紗、熊谷紗希、高木ひかり、宇津木瑠美、中盤の底に隅田と猶本光が入り、右サイドに増矢理花、左サイドに横山久美、2トップに菅澤優衣香と岩渕真奈が起用された。

 試合が動いたのは15分だった。熊谷からのパスを受けた右サイドバックの清水がアーリークロスを上げると、アウト回転がかかったボールに反応した菅澤が飛び出し、GKの鼻先で触ってゴールネットを揺らす。今大会初勝利を目指す日本が先制に成功した。

 その後も日本がペースを握り、増矢や岩渕がゴールまであと一歩のところまで迫るチャンスを作る。守っては大黒柱の熊谷が入ったことでオランダ戦に比べて安定感が向上し、1点のリードを保ったまま前半を終えた。

 後半も体格で上回るアイスランドの攻撃にうまく対応しながら攻め手をうかがうなでしこジャパン。63分には増矢と先制ゴールの菅澤を下げ、長谷川唯と大矢歩を投入する。横山が左サイドからトップに回り、長谷川が左サイドへ。右サイドバックが本職の大矢は右サイドハーフに入った。

 68分、ドリブルで突破した横山が岩渕とのワンツーで抜け出してシュートを放つ。これはGKにセーブされてしまったが、徐々に追加点の匂いが漂い始める。70分には長谷川からのクロスに大矢が飛び込みシュート。ともに途中出場の2人でGKを強襲するチャンスを作った。

 しかし、そんな流れも束の間、セットプレーで一瞬の隙を突かれ同点に追いつかれてしまう。74分、コーナーキックの処理の場面で日本の選手たちがボールを見失ってしまい、混戦からグロディス・ペルラ・ビゴスドッティルに押し込まれた。

 再び勝ち越したい日本は77分、横山に代えて田中美南を投入する。そして85分、途中出場の中島がグラウンダーのコーナーキックを蹴り、長谷川からリターンを受けてクロスを上げる。最後は宇津木が相手選手に体を預けながら執念のヘディングシュートをねじ込み、待望の勝ち越しゴールを奪った。

 大敗の屈辱を晴らしたかった日本は、アイスランドに辛くも勝利を収めて今大会初白星。勝ち点3を獲得した。5日のグループリーグ最終戦では昨年の欧州選手権準優勝のデンマークと対戦する。

【得点者】
15分 0-1 菅澤優衣香(日本)
74分 1-1 ビゴスドッティル(アイスランド)
85分 1-2 宇津木瑠美(日本)

【サッカー】なでしこジャパンがアイスランドに2−1で勝利!、アルガルベカップ2018
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520010928/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:41 | 大阪 | Comment(2) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング