アンテナ・まとめ RSS

2018年03月05日

長谷部誠、独紙ベスト11に選出!地元紙が絶賛「守備ラインの支配者、リング内のボス」(関連まとめ)

【サッカー】長谷部がベストイレブン選出、独ビルト紙 1G1A宇佐美はチーム最高点の評価
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520257563/
長谷部2018第25節競り合い.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/03/05(月) 22:46:03.09 ID:CAP_USER9.net

長谷部がベストイレブン選出、独ビルト紙 1G1A宇佐美はチーム最高点の評価

2〜4日に行われたサッカーのドイツ1部リーグで、ハノーバー戦にフル出場し無失点勝利に貢献したアイントラハト・フランクフルトの長谷部誠が、5日付の大衆紙ビルトから今節のベストイレブンに選出された。同紙では今季2度目。最高が1で最低が6の採点で、同紙は長谷部にチーム最高点の2を、専門誌キッカーは3をつけた。

 2部リーグで、ザンクトパウリ戦に先発し1得点1アシストで勝利に貢献したデュッセルドルフの宇佐美貴史は、ビルト紙からチーム最高点の1を、キッカー誌からは2を与えられた。(共同)

http://www.sanspo.com/soccer/news/20180305/bun18030517320004-n1.html



【サッカー】リベロ復帰の長谷部を地元紙が絶賛「守備ラインの支配者」「際立ったアンティシペーション」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520251381/

1: 3倍理論 ★ 2018/03/05(月) 21:03:01.14 ID:CAP_USER9.net

フランクフルトは3日に行われたブンデスリーガ第25節でハノーファーをホームに迎え、1−0での勝利を収めている。この試合で日本代表MF長谷部誠が見せたパフォーマンスを地元紙が絶賛した。

2月初旬のDFBポカール準々決勝戦を含め、長谷部は9試合連続フル出場。DFダビッド・アブラハムが復帰してから最近2試合は本職のボランチでプレーしていたが、ハノーファー戦では3バックラインの中央に入り、アブラハムはその右側に置かれた。

そして長谷部のリベロとしての安定したパフォーマンスに、地元の『フランクフルター・ルンドシャウ』が絶賛の声をあげている。通常の採点とは異なり、学校のクラスに例えて選手たちのプレーを評価する同紙だが、長谷部はクラスのトップに輝いた。“良くできました”カテゴリーの1番目に寸評が掲載されている。

「(守備)ラインの支配者、リング内のボス。ほぼすべてのボールに走りで競り勝ち、危険になり得る状況をすべて封じ込めた。アンティシペーション(予測・予想)が際立っていた。素晴らしいパフォーマンス」

なお、長谷部に対する評価は『ビルト』ではチーム最高の「2」、『キッカー』では及第点の「3」となっている。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000027-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:34 | 大阪 ☔ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇佐美貴史、1G1Aで直近3試合5ゴールに絡む!フンケル監督「どんどん馴染んでいる」

【サッカー】宇佐美貴史、直近3試合5ゴールに関与…フォルトゥナ監督「どんどん馴染んできている」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520241794/
宇佐美2018第25節ゴール.jpg

1: 3倍理論 ★ 2018/03/05(月) 18:23:14.35 ID:CAP_USER9.net

4日に行われたブンデスリーガ2部第25節でフォルトゥナ・デュッセルドルフはザンクト・パウリをホームに迎え、2−1で下している。フリードヘルム・フンケル監督は、この試合で1ゴール1アシストと勝利の立役者となったFW宇佐美貴史への喜びを表した。

3試合勝ちなしと失速気味だったフォルトゥナだが、この日は左ウィングに戦列復帰の原口元気、右ウィングに2試合連続ゴールを決めていた宇佐美が先発。初めて2人の日本人をキックオフから起用して試合に臨んだ。

そして、宇佐美が序盤から違いを作る。8分に右CKをゴール前に送り込むと、フリーとなったDFアンドレ・ホフマンが押し込んでフォルトゥナが先制。さらに宇佐美は74分、ペナルティーアーク前の位置から左足を振り抜き、グラウンダーのミドルシュートを突き刺し、チームに4試合ぶりの勝ち点3をもたらした。また、同選手は最近3試合でチーム6得点中5得点に直接的に関与している。

この結果、フォルトゥナは2部首位の座に返り咲き。地元紙『WZ』によると、フンケル監督は試合後、「チームはレーゲンスブルク戦により平常心を失うことはなかった」と選手たちは3点リードから逆転負けを喫した前節を振り切ったと言及。宇佐美について「タカシはどんどん馴染んできており、私はそれを彼とともに喜んでいる」と続け、信頼を寄せている様子をうかがわせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000024-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:43 | 大阪 ☔ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊代表アストーリの訃報に、恩師らが体調不良…元同僚のカルロス・サンチェスは失神(関連まとめ)

【サッカー】31歳アストーリの訃報を受け、恩師らが体調不良に…元フィオレンティーナ同僚は失神
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520241988/
アストーリ02.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/03/05(月) 18:26:28.14 ID:CAP_USER9

31歳アストーリの訃報を受け、恩師らが体調不良に…元フィオレンティーナ同僚は失神

フィオレンティーナの主将DFダヴィデ・アストーリの急逝の知らせを受け、恩師であるカリアリの指揮官ディエゴ・ロペスらが体調不良を訴えた。『Goal』の取材により明らかとなった。

アストーリは2008年から2014年までカリアリに所属。1998年からカリアリでプレーし、引退後は下部組織やトップチームの指導者としてチームに残ったD・ロペスにとって、31歳のDFはチームメートであり、教え子だった。その後、ボローニャやパレルモの指揮官を経て、昨年10月、カリアリに復帰。4日は、ランチタイムにキックオフが予定されていたジェノア戦に向けて敵地で準備を進めていた。指揮官はアストーリの訃報の知らせを受けると、体調不良を訴えた。

一方、今冬の移籍市場でフィオレンティーナを退団し、エスパニョールに加入したMFカルロス・サンチェスも大きなショックを受けている。アストーリとは1年半にわたりフィレンツェでともにプレー。4日、リーガ・エスパニョーラでは第27節が通常通り開催され、コロンビア代表MFはレバンテ戦(1-1)終了後に元同僚の訃報を知らされた。C・サンチェスは直後に失神し、倒れないようチームメートに支えられる事態となった。ロッカールームへと引き上げた際は、涙を流し、悲嘆に打ちひしがれていたと伝えられている。

エスパニョールの主将MFビクトル・サンチェスは、「大丈夫だが、彼にとってつらい知らせだったようだ」とC・サンチェスの状態を説明した。なおスペインの報道によれば、コロンビア人MFはフィオレンティーナ時代のチームメートとともにアストーリの葬儀に出席するため、イタリアへ向かうようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000019-goal-socc

関連スレッド

【サッカー/訃報】現役イタリア代表が急死。フィオレンティーナ主将の31歳DF、イタリアサッカー界に衝撃
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520163877/

【サッカー/訃報】現役イタリア代表が急死。フィオレンティーナ主将の31歳DF、イタリアサッカー界に衝撃★2
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520173326/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、移籍後初アシストとOG誘発クロスでガラタサライ大勝に貢献!(関連まとめ)

【サッカー】長友佑都が移籍後初アシスト!7発大勝に貢献で「得点に絡めるのは格別ですね」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520123591/
長友ゴミス00.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/03/04(日) 09:33:11.74 ID:CAP_USER9.net

長友佑都が移籍後初アシスト!7発大勝に貢献で「得点に絡めるのは格別ですね」

シュペル・リガは3日に第24節が行われ、ガラタサライはカラビュックスポルに7−0と勝利。DF長友佑都は、加入後初アシストを記録した。

公式戦2連勝で敵地に乗り込んだガラタサライ。長友はリーグ戦5試合連続出場を果たすと、2点リードで迎えた18分に左サイドからのクロスでゴミスのゴールをお膳立て。加入後初アシストを記録した。

ガラタサライはこの試合で攻撃陣が爆発し、ゴミスの4ゴールなどで大量7得点を記録。そのうち3ゴールは長友のいる左サイドから生まれている。

試合後、日本代表DFも自身のツイッターで「僕のクロスをゴミスがきっちり決めてくれました。得点に絡めるのは格別ですね。得点後のパフォーマンスも決まってます。笑」と、喜んでいる。

3連勝のガラタサライは、勝ち点を50に伸ばして首位をキープしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000043-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和、オーストラリア人MFナバウトの獲得内定を発表!今季10得点7アシスト(関連まとめ)

【サッカー/Jリーグ】浦和レッズ、オーストラリア人のMFアンドリュー・ナバウト(25)の加入内定を発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520226113/
ナバウドゴールパフォ.jpg

1: かばほ〜るφ ★ 2018/03/05(月) 14:01:53.76 ID:CAP_USER9.net

【浦和】オーストラリア人アタッカー、ナバウトの加入内定
2018年3月5日12時4分

J1浦和は5日、オーストラリア1部ニューカッスル・ジェッツのMFアンドリュー・ナバウト(25)の加入内定を発表した。

ナバウトはレバノン系オーストラリア人で、178センチ、83キロ。今季は22試合10得点7アシストしている。決定力もあり、チャンスメイクもできる万能アタッカー。浦和は今季始動後、ブラジルFWラファエル・シルバ(25)が中国2部の武漢卓爾へ電撃移籍したため、アジア枠を中心に助っ人を探していた。

ナバウトは来週に合流する予定で、18日のホーム・横浜M戦(埼玉)で出場できるよう選手登録を急ぐ。浦和には現在、スロベニア人FWズラタン、ブラジル人DFマウリシオ、キュラソー代表MFマルティノスの3人の外国人がいる。ナバウトはアジア枠での登録になるため、4人同時出場も可能。

ナバウトはクラブを通じ、「日本で最も大きく、誇りある浦和レッズというクラブの一員になれることをとてもうれしく思っています。これからチームメイトになる選手を含め、多くの方々と日本で会えることを楽しみにしています。

そして、浦和レッズの素晴らしいファン・サポーターの前でプレーすることを今から待ちきれません。シーズンを通して、クラブに成功をもたらすことができるようベストを尽くして戦いたいと思います。ここまでサポートをしていただいた浦和レッズ関係者の方々にも感謝しています。また、ニューカッスル ジェッツのチームメイトやスタッフには今まで私のことをサポートいただき、このような素晴らしい機会を与えてくれたことに心からお礼を伝えたいです」とコメントした。

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180305-OHT1T50101.html

http://www.urawa-reds.co.jp/wp-content/uploads/2018/03/S__7372827.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元インテルMFスナイデル、オランダ代表引退を表明…通算133試合出場は同国歴代最多

【サッカー】スナイデルがオランダ代表からの引退を表明…通算133試合出場は同国歴代最多
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520172303/
スナイデルオランダ代表.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/03/04(日) 23:05:03.97 ID:CAP_USER9.net

スナイデルがオランダ代表からの引退を表明…通算133試合出場は同国歴代最多

カタール1部リーグのアル・ガラファに所属しているオランダ代表MFウェズレイ・スナイデルが、代表からの引退を表明した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が、4日付で報じている。

 同メディアによると、オランダ代表の新指揮官に就任したロナルド・クーマン監督がカタールへ向かい、スナイデル本人と代表での将来についての話し合いを行ったとのこと。その後、同選手は以下のように語っており、不振に陥ったオランダ代表の改革を進める同監督の決断を受け入れた様子だ。

「僕がカタールへ出発したとき、この動きが僕の代表でのキャリアに影響を与えることはもちろんわかっていた。そして、僕はクーマン監督が他の若い選手たちと新たなスタートを切っていることも理解しているよ。彼との対話はとてもオープンで快適なものだった。僕は彼の選択を尊重するよ」

 クーマン監督はスナイデルについて次のように話し、同選手の実力と功績に対して高いリスペクトを示しながらも、世代交代のために今回の決断を下す必要があったと語った。

「ウェズレイは近年最高のオランダ人サッカー選手のうちのひとりだ。卓越した視野を持った、素晴らしい選手だ。だが、私は新しいオランイェ(オランダ代表の愛称)を選び、作り上げていかなければならない。だから、決断をする必要があったんだ」

 インテルで主力として3冠達成に大きく貢献したスナイデルは、オランダ代表としても2003年のデビュー以降長年にわたって活躍を続け、2010 FIFAワールドカップ 南アフリカでは大会得点ランキングトップタイの5得点を挙げる大活躍を見せて、母国を準優勝へと導いている。

 2014 FIFA ワールドカップ ブラジルでもレギュラーとして奮闘し、決して前評判の高くなかったオランダ代表の3位躍進に貢献したスナイデル。同国歴代最多となる133試合に出場して31ゴールを記録し、得点力のある中盤の選手として一時代を築いたといえる存在だった。

https://twitter.com/onsoranje/status/970214764776513536?s=21

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00723741-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、ドリブル突破から絶妙ゴール!ロッベンの10代クラブ記録と並ぶ今季6得点目

【サッカー】フローニンゲン堂安、ロッベンに並ぶ 劣勢の中で2試合ぶり今季6点目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520212680/
堂安2018ドリブル突破.jpg

1: 数の子 ★ 2018/03/05(月) 10:18:00.48 ID:CAP_USER9.net

[3.4 エールディビジ第26節 トゥエンテ1-1フローニンゲン]

 フローニンゲンのMF堂安律が、2試合ぶりとなる今季6点目を決めた。

 押され気味だったフローニンゲンだが、堂安が個の力で先制点を奪い切った。後半12分、MFアルディン・フルスティッチがエリア内に縦パスを入れると、FWトム・バン・ウェアートが粘って落とす。これに走り込んだ堂安が、DFを強引にかわして、左足でゴールに流し込んだ。

 堂安のゴールは2月16日のVVV戦以来で、2試合ぶり今季リーグ戦6点目。またクラブによると、フローニンゲンで10代選手の6得点以上は過去に4選手。6得点は01-02シーズンにMFアリエン・ロッベン(バイエルン)が記録した数字に並んだ。残りのシーズンでFWルイス・スアレス(バルセロナ)とFWリハイロ・ジブコビッチ(オーステンデ)が記録した10得点までどこまで迫ることが出来るか、注目だ。

 試合は後半26分にFWトム・ブーレにゴールを許して、1-1のドローに持ち込まれてしまった。堂安はフル出場を果たしたが、フローニンゲンはこれで4試合連続のドローとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-01651162-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、チェルシーに1-0「完勝」!枠内シュート0本に抑える!ペップ監督は試合後に喜び爆発

マンC、チェルシーに1-0で「完勝」。点差以上の力の差を見せつける
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180305-00259134-footballc-socc
ベルナルド2018第29節ゴール.jpg

【マンチェスター・シティ 1-0 チェルシー プレミアリーグ第29節】

 現地時間4日に行われたプレミアリーグ第29節のマンチェスター・シティ対チェルシーは、1-0でホームのシティが勝利した。

 試合は序盤から首位シティが主導権を握る展開。20分、ザネの突破からチャンスをつくると、ベルナルド・シルバが惜しいシュートを放つ。27分にはデ・ブルイネのFKからザネがシュートを放つが、あと少しのところでアスピリクエタにクリアされた。

 対するチェルシーは、相手にボールを支配されて守るのみ。前半はシュートを1本も放てずに折り返す。

 シティが待ち望んだ先制点は、後半開始直後に決まった。チェルシー守備陣がクリアしきれなかったボールを奪って左サイドの深い位置からダビド・シルバがクロスを入れると、ファーサイドでベルナルド・シルバが決めて1-0となる。

 その後も試合展開は変わらない。シティがボールを支配し、チェルシーは反撃に転じることができなかった。

 状況を打開したいチェルシーは78分にジルーを投入。82分にはエメルソンも入れた。それでも流れを引き寄せられない。差はわずか1点だが、シュートまで行くことができなけば、当然同点に追いつくことはできない。

 結局、チェルシーのシュートは枠外に放った3本のみで試合終了。点差以上に力の差を見せつけたシティが1-0で勝利を収めた。

【得点者】
46分 1-0 ベルナルド・シルバ(マンチェスター・シティ)

マンCがチェルシーに“圧勝”! プレミア制覇へあと4勝のペップも確信「我々の手中にある」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180305-00036510-sdigestw-socc

2位との勝点差を「18」に広げてタイトルはほぼ手中に。
 現地時間3月4日に実施されたプレミアリーグ第29節、マンチェスター・シティ対チェルシーのビッグマッチは、1-0でホームのマンチェスター・Cが勝利した。
 
 立ち上がりから試合の主導権を握ったのは、今シーズンいまだホームで無敗のマンチェスター・Cだった。巧みなパスワークで相手を翻弄し、70%を越えるボール支配率を維持した。
 
 一方、5位に沈みトップ4入りにも黄色信号が灯っているチェルシーは、キックオフ直後から10人が自陣に構える守戦を選択し、ワンサイドゲームを展開されたものの、ビッグチャンスだけは作らせなかった。
 
“攻める”マンチェスター・C、“守る”チェルシーという構図で進んだ試合は、前半をスコアレスで折り返したが、後半開始早々に均衡が破れる。46分に左サイドの深い位置からダビド・シルバがクロスボールを送るとベルナウド・シウバが合わせてネットを揺らしたのだ。
 
 先制に成功してからはややペースダウンしたものの、危なげないゲーム運びで試合を進行したマンチェスター・Cに対して、チェルシーは頼みのエデン・アザール、ウィリアン、ペドロ・ロドリゲスの3トップが鳴りを潜め、反撃の糸口すら掴めないままだった。
  
 昨シーズン王者に引導を渡す完勝劇を演じたマンチェスター・C。そのスタッツは圧倒的で、英国国営放送『BBC』がまとめたところによれば、ボール支配率は71%-29%、総シュート数も12-2と大差がついた。ちなみにチェルシーの枠内シュート数は0本だった。
 
 試合後、完敗を喫してしまったチェルシーの指揮官アントニオ・コンテは素直に負けを認めている。
 
「我々は素晴らしいクオリティーを持ったチームを対戦したんだ。彼らの精神力は素晴らしいし、マンチェスター・Cには本当に最高の賛辞を贈りたい。本当に強いチームだ。慎重すぎたかって? もし、彼らにスペースを与えれば、1-0なんかじゃ済まない。リスクは冒せなかった」
 
 一方、試合終了直後に珍しく声を出して喜びを爆発させたジョゼップ・グアルディオラ監督は、「今日の勝利は優勝にもう一歩近づく意味で重要だった。チャンピオンになれるかどうかはもはや私たちの手の中にある。今日のような振る舞いができれば、間違いなく優勝できる」と、プレミア制覇に向けて自信を見せた。
 
 負けず嫌いでも知られる敵将に白旗を振らせたマンチェスター・C。この勝利で2位リバプールとの勝点差を「18」に広げたことで、残り8戦で4勝すれば、プレミアリーグのタイトルを手に出来るところまできた。いよいよ、栄光のVロードが見えてきた。

BLUEMOONマンチェスターシティ271cityzen
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1519958376/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、公式戦4連敗…オバメヤンゴールも昇格組ブライトンに1-2で敗れる

アーセナル、ブライトンに敗れて公式戦4連敗…「ベンゲルアウト」のバナー掲げるサポーターも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-01651159-gekisaka-socc
ブライトン2018第29節ゴール.jpg

[3.4 プレミアリーグ第29節 ブライトン2-1アーセナル]

 プレミアリーグは4日、第29節を行った。アーセナルは敵地でブライトンと対戦し、1-2で敗れた。

 2月22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第2戦エステルスンド戦(1-2)、シティと対戦した同25日のカラバオ杯決勝と、3月1日のプレミア第28節をともに0-3で落とし、公式戦3連敗中のアーセナル。プレミアのシティ戦からスタメンを3人変更し、DFカルム・チャンバースとMFジャック・ウィルシャー、FWアレックス・イウォビを先発で起用した。

 入りが良かったのはアーセナルだった。前半4分、FWピエール・エメリク・オーバメヤンがPA右手前に落としたボールをMFメスト・エジルが左足を一閃。わずかに枠を外れると、その後は昇格組ブライトンが押し込む展開に。7分、左CKからMFパスカル・グロスがインスイングのボールを入れ、GKペトル・チェフの前に走り込んだDFシェーン・ダフィーがヘッドで中央に折り返す。これに反応したDFルイス・ダンクが右足で押し込み、先制に成功した。

 先制点で勢いに乗るブライトンは前半18分、グロスの右CKからフリーとなっていたL・ダンクがヘディングシュート。20分には、MFアントニー・ノッカートが決定機を迎えるなど、アーセナルゴールに迫り続ける。すると26分、DFローラン・コシールニーのパスミスから追加点を奪う。右サイドからグロスが絶妙なクロスを供給。相手DF2人の間にうまく飛び込んだFWグレン・マレーがヘディングシュートを叩き込み、2-0とリードを広げた。

 「ベンゲルアウト」と指揮官の解任を求めるバナーが掲げられる中、アーセナルは不安定な守備により、思うように攻撃の形を作ることができない。それでも前半43分、PA左深くでルーズボールを回収したイウォビが後方に落とし、MFグラニト・ジャカが中央へ鋭いパスを入れる。これをオーバメヤンが右足アウトでうまく合わせ、1-2。1点を返すと、アディショナルタイム2分にもチャンスを迎えたが、コシールニーのヘッドは惜しくも左ポストに嫌われた。

 1点ビハインドのアーセナルは後半13分、エジルがイウォビとのパス交換から左足ミドルシュート。これはGKマシュー・ライアンに弾き出され、早い時間帯に追いつくことはできなかった。21分にはブライトンにアクシデント。DFセアド・コラシナツと激しく激突したDFエセキエル・スケロットがピッチに倒れ込み、治療を行ったが、DFブルーノとの交代を余儀なくされた。

 後半は相手陣内でプレーする時間帯が長いアーセナルだが、なかなか決定機を創出することができず、後半29分にイウォビを下げてFWダニー・ウェルベックを投入。37分には、チャンバースとMFヘンリク・ムヒタリアンに代え、DFエクトル・ベジェリンとFWエドワード・エンケティアをピッチに送り込み、勝負に出る。

 直後の後半39分には、ブライトンにゴールネットを揺らされるが、オフサイドの判定により事なきを得たアーセナル。エンケティアの治療により、アディショナルタイム7分と提示されたが、人数をかけて最後まで同点ゴールを狙うも1点が遠かった。試合はそのまま1-2でタイムアップ。アーセナルはプレミア3連敗、そして公式戦では4連敗を喫した。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1230】
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/football/1520171538/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、先制アシスト!ネット揺らすも幻ゴールに…ケルンはシュツットガルトに逆転負け

大迫が先制点アシスト、“幻”ゴールと好調もケルンは逆転負け…浅野はベンチ外
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-01651160-gekisaka-socc

大迫2018第25節祝福.jpg

[3.4 ブンデスリーガ第25節 ケルン2-3シュツットガルト]

 ブンデスリーガは4日、第25節3日目を行い、FW大迫勇也が所属するケルンはホームでシュツットガルトと対戦し、2-3で逆転負けを喫した。3試合連続で先発した大迫はシャドーの一角でフル出場し、先制点をアシストした。浅野はベンチ外だった。

 ケルンが幸先良く先制に成功した。前半7分、相手ボールを奪ったMFマルコ・ヘーガーがつなぐと、大迫は斜めにスルーパスを入れ、PA内に抜け出した新加入のFWクラウディオ・ピサーロがトラップから左足シュートを突き刺した。39歳のベテランFWはこれが移籍後初ゴール。大迫が先制点をアシストした。

 3-4-2-1の右シャドーでプレーする大迫はシンプルにつないで攻撃のリズムを生み出す。前半37分にはFWシモン・テロッデとの連携で前に出ると、GKが止めたボールをMFヴァンサン・コジエロがつなぎ、抜け出した大迫が無人のゴールに流し込んだ。しかし、VAR判定によりコジエロがファウルとされ、主審はゴールを取り消した。

 ここから流れが変わり、シュツットガルトが徐々に流れを引き寄せる。前半終了間際の45分、右クロスに反応したFWマリオ・ゴメスが右足ダイレクトで合わせ、1-1。前半アディショナルタイムにもマリオ・ゴメスのシュートをGKティモ・ホルンが防ぎきれず、シュツットガルトが逆転に成功。後半12分にはDFアンドレアス・ベックがダメ押しの3点目をマークした。

 1-3に突き放されたケルンは後半40分、PA左手前の位置でFKのチャンスを獲得する。キッカーのMFミロシュ・ヨイッチが右足を振り抜くと、壁を越えたキックは急速に落下し、ゴール左隅に突き刺さった。1点差に詰め寄ったが、反撃もここまで。ケルンは2-3の逆転負けで3試合ぶりに黒星を喫し、最下位脱出とはならなかった。シュツットガルトは監督交代後5試合負けなし(4勝1分)と波に乗り、12位から9位に順位を上げた。

大迫勇也 74
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1519581093/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【宇佐美無双】宇佐美貴史、絶妙ミドルなど1G1Aの大活躍!デュッセルドルフは2-1勝利し首位浮上(関連まとめ)

【サッカー】宇佐美貴史、1G1Aで4試合ぶりの勝利もたらす…デュッセルドルフは首位返り咲き
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520173689/
宇佐美デュッセルドルフ.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/03/04(日) 23:28:09.96 ID:CAP_USER9.net

宇佐美貴史、1G1Aで4試合ぶりの勝利もたらす…デュッセルドルフは首位返り咲き


ブンデスリーガ2部第25節が4日に行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフとザンクト・パウリが対戦した。

脳しんとうで離脱を余儀なくされていた原口元気が先発復帰、2試合連続でゴールを挙げている宇佐美貴史との共演が実現した。すると8分に幸先よく先制。宇佐美のコーナーキックからDFアンドレ・ホフマンが体に当てて、ネットを揺らす。

左サイドで先発した原口は、果敢な仕掛けで試合勘のなさを感じさせない。66分までプレーした。

さらに75分には、宇佐美がディフェンスラインから浮き玉のくさびを巧みなトラップで受けると、左足でミドルシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、貴重な追加点を挙げた。

終盤にザンクト・パウリが1点を返したものの、デュッセルドルフが2-1で逃げ切った。リーグ前半戦のザンクト・パウリ戦ではゴールを挙げた宇佐美が、同じ相手に今度は1ゴール1アシストの働きを披露。チームに4試合ぶりの勝利をもたらし、デュッセルドルフは首位へと返り咲いている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000030-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:00 | 大阪 ☀ | Comment(21) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング