アンテナ・まとめ RSS

2018年03月11日

【宇佐美絶好調!】宇佐美貴史、絶妙股抜きゴールで4試合連続ゴール!原口元気も奮闘しデュッセルドルフ勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】止まらない宇佐美貴史、4試合連続ゴールで勝利に貢献。原口元気と2戦連続の先発
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520778511/
宇佐美2018第26節ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/03/11(日) 23:28:31.04 ID:CAP_USER9

【デュイスブルク 1-2 デュッセルドルフ ドイツ2部第26節】

 現地時間11日に行われたドイツ・ブンデスリーガ2部第26節でデュッセルドルフはデュイスブルクと敵地で対戦し、2-1の勝利を収めた。原口元気と宇佐美貴史は、ともに先発出場でどちらも終盤までプレー。宇佐美は4試合連続ゴールを記録している。

 原口と宇佐美が2試合続けてそろって先発したデュッセルドルフは、首位を維持するためにダービーで勝利がほしいところ。序盤は苦しんだが、32分に原口がチャンスをつくる。左サイドでボールを受けた原口は、中にカットインして右足でシュート。強烈なシュートをGKが正面に弾き、味方が詰めようとしたが、あと一歩のところでクリアされた。

 それでも40分には先制点を奪う。原口と宇佐美の2人で速攻を仕掛けて跳ね返されたボールをフィンクがつなぐ。パスを受けたヘニングスはペナルティエリア手前から強烈なシュートを叩き込んで1-0とした。

 後半は1点を追うデュイスブルクが好機をつくったが、得点は生まれない。1点差のまま時間が経過すると、84分に原口が退いた。

 すると88分、宇佐美がまたしてもゴールを決めた。原口との交代で入ったロブレンのパスを受けてダイレクトで右足のシュート。GKの股を抜いてゴールネットを揺らし、4試合連続得点を挙げた。

 デュッセルドルフはその2分後に1点を返されるが、宇佐美が決めた2点目がいき、チームは2連勝。貴重な勝ち点3を手にしている。

【得点者】
40分 0-1 ヘニングス(デュッセルドルフ)
88分 0-2 宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
90分 1-2 タスキ(デュイスブルク)

【了】

https://www.footballchannel.jp/2018/03/11/post260245/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:58 | 大阪 ☀ | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、FCポルトがローン契約でオファー準備か?現地紙「ベンフィカはじめ国外クラブも興味」

【サッカー】<FCポルトは中島翔哉を諦めず>ローン契約でオファーを準備か「ベンフィカを始め、国外のクラブも興味」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520759287/
中島翔哉2018ポルティモネンセ.jpg
1: Egg ★ 2018/03/11(日) 18:08:07.37 ID:CAP_USER9

今シーズン、ポルトガルでブレイクを果たしている中島翔哉に対し、冬の移籍市場ではステップアップのうわさが浮上していたが、移籍話はいずれも実現せず。国内の強豪クラブである、ポルトへの移籍話も消滅する形になったが、ポルトは中島獲得に向けて再び動きを見せているようだ。

ポルトガルメディア『zerozero』は「ポルトはナカジマを諦めていない」という見出しで、ポルティモネンセMF中島を狙うポルトの動向について次のように伝えた。「ポルト幹部はナカジマに引き続き関心を寄せており、青と白のクラブ(ポルト)は移籍市場再開に向け、動きを本格化させる見通し」

これまでポルティモネンセは中島の引き抜きに対し、契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を設定していると伝えられていたが、その問題については「ポルティモネンセから獲得するための一つの方法として、購入オプション付きのローン契約で、さらにポルト側が選手を譲渡することも十分に考えられる」と報じている。

記事では「ベンフィカを始め、国外のクラブもこの日本人選手に興味を示していると言われる」と締めくくった。

今シーズンの第7節、ポルトはポルティモネンセ相手に5−2で勝利したものの、この試合では中島にゴールを許している。その後中島はリーグ戦ゴール数を9まで積み重ね、ポルトガル国内にとどまらず、様々なチームが関心を寄せる状況だ。

中島にはポルトが冬の移籍市場でも関心を示していたものの契約まで至らず。
契約解除金が移籍のハードルとなるものと見られていたが、買い取りオプション付きのローン契約を、ポルティモネンセは承諾するのだろうか。

夏の移籍市場再開を前にして、中島への注目度が高まりつつあるようだ。

3/11(日) 16:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000019-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggPBpDyjBA5dVPreTCNj5knA---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20180311-00000019-goal-000-view.jpg

【サッカー】<中島翔哉>代表初選出へ 「ドリブルの国」では相手チームからも大絶賛!「今まで(代表)に選ばれたことがないのか?」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520695845/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:55 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口、オナイウ2ゴールなど5-2大勝!岡山と共に開幕3連勝し首位キープ!水戸、山形、岐阜、東京V、福岡、横浜FCが勝利!J2第3節(関連まとめ)

【サッカー】<J2第3節>オナイウ開幕3連発! 山口が岡山と共に開幕3連勝で首位キープ!白星遠い千葉、ホームで打ち合いに屈す
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520755198/
オナイウ2018第3節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2018/03/11(日) 16:59:58.49 ID:CAP_USER9.net

◆熊本 1(終了)2 山形 [えがおS]4,094人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031102/live/

[熊]田中達也(58分)
[山]小林成豪2(38分、71分)

◆栃木 2(終了)5 山口 [栃木グ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031103/live/#live
[栃]ネイツ・ペチュニク2(63分、67分)
[山]小野瀬康介(16分)、高木大輔(38分)、オナイウ阿道2(45分+3、88分)、大崎淳矢(54分)

◆千葉 2(終了)3 岐阜 [フクアリ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031104/live/#live
[千]茶島雄介(25分)、清武功暉(79分)
[岐]田中パウロ淳一(34分)、永島悠史(58分)、風間宏矢(90分)

◆東京V 2(終了)1 松本 [味スタ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031105/live/#live
[東]ドウグラス・ヴィエイラ(7分)、アラン・ピニェイロ(43分)
[松]永井龍(2分)

◆町田 0(終了)0 甲府 [町田]
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031106/live/#live

◆新潟 1(終了)1 京都 [デンカS]
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031107/live/#live
[新]矢野貴章(15分)
[京]染谷悠太(19分)

◆金沢 0(終了)1 福岡 [石川西部]
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031108/live/#live
[福]鈴木惇(57分)

◆岡山 1(終了)0 大分 [Cスタ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031109/live/#live
[岡]赤嶺真吾(43分)

◆讃岐 1(終了)2 水戸 [ピカスタ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031110/live/#live
[讃]重松健太郎(58分)
[水]ジェフェルソン・バイアーノ(53分)、伊藤涼太郎(82分)

◆横浜FC 3(後半)0 愛媛 [ニッパツ]
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031111/live/#live
[横]藤井悠太(39分)、イバ(45分)、野村直輝(80分)

順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:47 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋、湘南と0-0ドローで首位陥落…FWジョーは不完全燃焼で開幕3連勝ならず J1第3節(関連まとめ)

【サッカー】<J1第3節>名古屋FWジョーは不発…湘南との昇格組対決はスコアレスドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520758520/
ジョー2018第3節.jpg

1: Egg ★ 2018/03/11(日) 17:55:20.82 ID:CAP_USER9.net

◆湘南ベルマーレ 0‐0 名古屋グランパス [Shonan BMW スタジアム平塚]12,465人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/031101/live/#live

明治安田生命J1リーグ第3節が11日に行われ、Shonan BMW スタジアム平塚では湘南ベルマーレと名古屋グランパスが対戦した。

開幕戦を白星で飾り、続く第2節で王者の川崎フロンターレと引き分けた湘南が、開幕2連勝と勢いに乗る名古屋を迎えた一戦。湘南は7日に行われたJリーグYBCルヴァンカップのサガン鳥栖戦に出場した高山薫が先発入り。対する名古屋も、ルヴァンカップ浦和戦に先発フル出場した八反田康平が長谷川アーリアジャスールに代わってスタメン入りを果たした。

試合は前半から中盤で激しい攻防が繰り広げられる展開。名古屋は9分にジョーが前を向いてシュートを放つもこれはDFがブロック。16分にも青木亮太が左サイドで4人を抜き去るドリブルで切り込み、チャンスを演出する。その青木は42分にも鋭いミドルでゴールを襲ったが、GK秋元陽太のスーパーセーブに阻まれてしまう。

一方の湘南はカウンターからチャンスを作る。イ・ジョンヒョプが広大なスペースに抜け出すと、最後は杉岡大暉がミドルで名古屋ゴールを強襲するも得点には至らず。前半はスコアレスで終了した。

後半に入ると湘南が攻勢を強める。右サイドから流れてきたボールを秋野央樹がダイレクトで狙うが、GKランゲラックがスーパーセーブ。さらに、65分に投入された梅崎司が強烈なミドルを放ったが、これも名古屋のオーストラリア代表GKが難なくキャッチ。先制点を許さない。

対する名古屋も前線のガブリエル・シャビエルとジョーにボールを集めて一発を狙うが、GK秋元を中心とした堅守が立ちはだかる。後半はオープンな展開となったが、互いに最後までゴールを割ることができず。昇格組対決は0-0のスコアレスドローに終わっている。

3/11(日) 17:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000024-goal-socc

DAZN
https://watch.dazn.com/ja-JP/docomo/

元SKE大矢真那が湘南PR大使就任「魅力伝える」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00147140-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180311-00147140-nksports-000-view.jpg

【サッカー】<J2第3節>オナイウ開幕3連発! 山口が岡山と共に開幕3連勝で首位キープ!白星遠い千葉、ホームで打ち合いに屈す
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520755198/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリーズマン、やはりバルサ移籍か?妻がバルセロナで家を探し始める

【サッカー】<グリエズマン>バルセロナ移籍は既定路線か…妻が家探しを始める!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520732094/
グリーズマンバルサ噂.jpg
1: Egg ★ 2018/03/11(日) 10:34:54.21 ID:CAP_USER9.net

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマンのバルセロナ移籍は、すでに既定路線なのかもしれない。
同選手の妻エリカ・チョペレナさんが、バルセロナで家探しを始めたという。

アトレティコのエースがバルセロナと個人合意に至っていることは、常々報じられてきた。

そしてスペイン『TV3』や『カタルーニャ・ラディオ』によれば、エリカさんが先週にバルセロナを訪れ、
バルセロナFWリオネル・メッシ、ルイス・スアレスが住むカステイダフェルスなど高級住宅街で物件を探したとのことだ。

ただし報道によれば、エリカさんは今回の家探しに少しの失望を覚えたようだ。グリーズマン家族はマドリードで、様々な著名人が住み、
アクセス規制もあるラ・フィンカという高級住宅街に住んでいる。

しかしながらカタルーニャには、ラ・フィンカのように関係者以外の出入りが制限されている住宅街が存在せず、そのことに不満を持ったとされる。
いずれにしてもグリエズマンのバルセロナ移籍の準備は、着々と進んでいるのかもしれない。

3/11(日) 9:41配信 Goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000000-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggbbsHTo.WCF.kWQ0a9OHJWA---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20180311-00000000-goal-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤嘉紀、途中出場もマインツはシャルケに0-1で敗れる「状態いいし準備できてる」(関連まとめ)

【サッカー】武藤嘉紀「状態いいし準備できてる」代表発表待つのみ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520644683/
武藤嘉紀2018第26節試合前.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/03/10(土) 10:18:03.88 ID:CAP_USER9.net

3/10(土) 10:03配信
<ブンデスリーガ:マインツ0−1シャルケ>◇9日◇マインツ

 FW武藤嘉紀が所属するマインツはホームでシャルケに0−1で敗れた。

 前節先発した武藤はこの日はベンチスタートとなり、0−1とリードされた後半20分にMFデヨングに代わって出場したが、不発に終わった。「途中から入ったんで点を決めることしか考えていなかった、残念なのはロングボールに頼りすぎたこと。最後の方は崩せていた。シャルケがかなり今日はひどかった。ここで勝つべきだったと思います。ほんとうにもったいない。前半だったり、後半の初めに点を取るべきだったんじゃないかなと思います」と悔しがった。

 15日に日本代表の欧州遠征メンバーが発表されるが「俺に関しては本当にわからない」とした。「自分としては状態いいですし、いける準備はできている。今日も監督と話した。なんで自分がベンチにいるのかという理由がわからなかったから。すごい、むかむかするとかそういう気持ちもあるけど、それを抑えて。あとは発表を待つのみです」。次戦はMF長谷部誠が所属するフランクフルト戦。「長谷さんとやれるのはすごい楽しみ」としながらも、「このうっ憤を晴らさないといけない」と気合を入れた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00145946-nksports-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン1強支配にメスを!元独代表が斬新なブンデスリーガ改革案!「ノックアウト方式のプレーオフ導入を」

【サッカー】<バイエルンの退屈な1強支配にメス!>ブンデスリーガの斬新すぎリーグ改革案「ノックアウト方式のプレーオフ導入を」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520693160/
バイエルンポーズ.jpg

1: Egg ★ 2018/03/10(土) 23:46:00.01 ID:CAP_USER9.net

あまりにも強すぎる。ブンデスリーガ第25節終了時点で、バイエルンが2位のシャルケに勝ち点20差をつけて首位を独走しているのだ。

最後に負けたのは第13節(対ボルシアMG)で、それ以降は11勝1分けと非の打ちどころがない。

 最短では第27節終了時点で、絶対王者によるリーグ6連覇が確定する。リーグ戦における最大の関心事であるはずの優勝争いは、今シーズンもドイツには事実上存在しなかった。

 バイエルンの1強支配が長引き、ブンデスリーガの魅力が薄まっているのは否定しようがない事実だ。 

スポーツTVチャンネル『Sport1』のセバスティアン・ミッターク記者は「バイエルンの支配によって生み出された“退屈”が、人々のリーグへの関心を低下させている」と嘆く。バイエルンのホームタウン、ミュンヘンの『Abendzeitung』紙でさえ「ブンデスリーガは、もはやエキサイティングなプロダクトではない」と言い切るほどだ。

熱狂で包まれていたスタジアムに空席が。

 昨シーズンよりリーグ全体の平均観客動員数が増えているからと言って、ファンの絶対数が増えているとも限らない。なにしろ今季の昇格クラブはホームスタジアムの規模が大きいシュツットガルトとハノーファーなのだから。むしろ空席が目に付く試合も散見されるし、ファン離れが危惧されている状況だ。

 ボルシアMGの主将を務めるラース・シュティンドルは『WELT』紙のインタビューにこう答えている。

 「ヴォルフスブルクとのニーダーザクセン州ダービーで、ハノーファーのスタジアムに空席が目立ったのには驚いたよ。理由は分からない。キックオフが日曜の夜だったからかもしれない。でも、僕はハノーファーの人々がどれだけスポーツに熱狂的か知っている。リーグが誤った方向に向かわないように注意しなければいけないよ」

 リーグ全体の競争力も、一時期の“バブル”がはじけた印象が強い。今季のチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)に参加したドイツの7チームで、グループステージを突破したのはバイエルンのみ。

 ドルトムントとRBライプツィヒがCL敗退後に参戦したELで16強まで勝ち上がっているのがせめてもの救いだが、他の4チームは欧州の舞台から早々と姿を消している。当然、バイエルン以外が不甲斐ないという見方もある。

つづく

3/10(土) 11:31配信 Number
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180310-00830143-number-socc


2: Egg ★ 2018/03/10(土) 23:46:11.22 ID:CAP_USER9.net

ノックアウト方式のプレーオフ導入を。

 それこそ天変地異でも起きないかぎり、絶対王者の優位性は揺らがないだろう。

 バイエルン以外のドイツ勢にハメス・ロドリゲス級のスターを引き付けるブランド力や経済力はなく、外国資本の参入などを阻んでいる50+1ルール(例外を除き、個人や企業が1クラブの株式を49%までしか保有できない規則)が存在するかぎり、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティのようなリッチクラブが突如として出現することも期待できない。

 バイエルンと他クラブの間に横たわる溝が埋まらないとなると、リーグ戦をいかに盛り上げていけばいいのか。その解決策として話題になっているのがヴォルフガンク・ホルツホイザー氏による改革案だ。

 ドイツサッカー連盟の要職やレバークーゼンのマネージングディレクターを歴任し、現在はスポーツコンサルタントとして活躍する同氏は、かねてより「優勝プレーオフ」の導入を訴え続けている。理想とするのはアメリカのプロスポーツで、NBAやMLB、MLSのようにレギュラーシーズン終了後にノックアウト方式のトーナメントで年間王者を決めようという提案だ。同氏はこう主張する。

 「マイスター(チャンピオン)争いの行方が面白くなるし、優秀なチームとそうではないチームのギャップを減らせる。スポーツ的な部分だけでなく、(スポンサー収入が見込める意味で)財政的な観点からもいいだろう」

欧州カップ戦を含めた過密日程が問題。

 もちろん、問題はある。その1つが過密日程だ。欧州カップ戦で最終盤まで勝ち上がっているチームにとって、試合数の増加は諸手を挙げて賛成できないはずだ。心身ともに疲労のピークを迎えているはずの選手たちを無視した、マーケティング優先のイベントと揶揄されても不思議はない。

 現時点では反対の声が大きく、レバークーゼンのルディ・フェラーSDは「リーグ戦が歪められる」と慎重な姿勢を貫く。

 ただ、バイエルンのトーマス・ミュラーが「一種の改革を推し進めるのは良いアイデア」と語れば、『Sport1』がウェブサイト上で行ったアンケートでは約30%のユーザーが賛成の意を示してもいる。

つづく


3: Egg ★ 2018/03/10(土) 23:46:34.22 ID:CAP_USER9.net

名手エッフェンベルクの大改革案。

 一方で、元ドイツ代表のシュテファン・エッフェンベルクは、もっと大掛かりな改革を提案している。リーグの構造自体にメスを入れるというアイデアだ。

 まず開幕前の時点で、トップリーグの18チームをグループA、グループBに9チームずつ分ける。各チームは同じグループの対戦相手とクリスマスまでにホーム&アウェーの計16試合を消化。各グループの上位4チーム+グループAとBの5位で成績の良いチームがグループIに進出し、1月から5月にかけて優勝および欧州カップ戦出場権を争う。

 そして、残りの9チームはグループIIで残留を懸けたサバイバルに挑むという構図だ。前半戦の成績は反映させず、グループI、IIは勝ち点や得失点がゼロのフラットな状態でスタートする。

 この“エッフェ案”はギリシャやベルギーが導入済みの優勝プレーオフとは異なり、欧州の主要リーグでは類似例のない斬新なアイデアだ。もちろん、グループIへの参加権を逃したチームのモチベーション低下に加え、グループIIへのファンの関心度の低下など気がかりな点は思い浮かぶ。

 それでもエッフェは『Sport1』で「夏のドローイベントはドイツ中で注目を集める巨大なイベントになるだろう」と熱弁し、自身の改革案に自信たっぷりの様子だ。ちなみに、「ウインターブレイクは撤廃する」とも主張している。

 他にも50+1ルールの撤廃やテレビ放映権料の分配率の見直し、さらにはドラフトやサラリーキャップ制の導入など、ブンデスリーガを再びエキサイティングにするためのプランはいくつも挙がっている。はたして改革へと舵を切るのか、それとも伝統重視で変革を避けるのか。華々しく映るブンデスリーガが岐路を迎えているのは間違いない。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、ロシアW杯をボイコットか?英紙報道

【サッカー】<日本代表>ロシアW杯をボイコット?英国で報道・・・FIFAワールドカップ開幕まで100日
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520734163/
日本代表2017brazil.jpg

1: Egg ★ 2018/03/11(日) 11:09:23.76 ID:CAP_USER9

ロシアで開催されるを切った。そんななか、『Daily Mail』が気になる情報を伝えている。

それによれば、日本が今夏のワールドカップ参加をボイコットする可能性があるという。

その理由は開催国ロシアとイギリスとの関係悪化によるものとされている。

英国では先日、亡命したロシアの元スパイが何らかの薬物の影響によって重体に陥るという事件が起きた。

英国政府はウラジーミル・プーチン大統領らロシア政府の関与を疑っており、それが明らかになった場合にはイングランド代表がワールドカップをボイコットすることも示唆している。

国防関係筋は「ワールドカップのボイコットは間違いなくありうるオプションのひとつ」と述べているそうで、他国にも賛同を求めるかもしれないとのこと。

そして、その動きに日本、ポーランド、オーストラリアも続く可能性があるとされている。

日本代表とポーランド代表は奇しくも同じグループH。政治的な問題により、ボイコットなどということはあり得るのだろうか…。

2018年3月11日 7時40分 Qoly
http://news.livedoor.com/article/detail/14416043/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪社長、自虐ギャグ「苦ピー」2012年以来の開幕3連敗…18チーム制になり初の単独最下位(関連まとめ)

【サッカー】ガンバ大阪3連敗…18チーム制で初の単独最下位 山内社長は「苦ピー」と自虐的な冗談
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520723003/
G大阪川崎戦後.jpg

1: 首しめ坂 ★ 2018/03/11(日) 08:03:23.51 ID:CAP_USER9.net

G大阪3連敗…18チーム制で初の単独最下位 社長自虐「苦ピー」
明治安田生命J1第3節 G大阪0−2川崎F ( 2018年3月10日 等々力 )


不名誉な記録が、また一つ増えてしまった。G大阪は敵地で川崎Fに0―2完敗。リーグ開幕3連敗で、
05年にJ1・18チーム制になって以降で初の単独最下位となった。

「ここまでガンバらしさが出せないのは想像していなかった」。いつもはポジティブなクルピ監督もさすがに頭を抱える。 FW中村とMF井出が今季初先発。若手の奮起に賭けるも、シュートは後半ロスタイムに放った2本のみだった。

セホーン体制時だった12年は公式戦開幕5連敗を喫した時点で解任。クルピ体制では公式戦4連敗となった。山内社長は「苦ピー」と自虐的な冗談を飛ばしながら 「12年とは違う。当時の話を聞くと、チーム一丸ではなかった。選手もクルピさんのサッカーの考えに信頼を置いている」と体制の支持を明言した。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/03/11/kiji/20180310s00002179473000c.html

関連スレ
【サッカー】<ガンバ大阪>セホーン体制の2012年以来、クラブ史上二度目の開幕リーグ3連敗 驚愕の公式戦17戦未勝利…半年間白星なし
https://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520692529/

【サッカー/J1第3節昼1】川崎×G大阪、横浜FM×鳥栖 結果
https://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520661426/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァーディがスーパーゴール!岡崎復帰のレスター、WBAに4-1逆転勝利!6戦ぶりの勝利(関連まとめ)

バーディがスーパーゴール!岡崎復帰のレスター、WBAに逆転勝利で6戦ぶり白星
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-01651339-gekisaka-socc
ヴァーディ2018第30節ゴール.jpg

[3.10 プレミアリーグ第30節 WBA 1-4 レスター・シティ]

 プレミアリーグは10日、第30節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地でWBAと対戦し、4-1で勝利した。膝の負傷により2月3日の第26節スウォンジー戦を最後に欠場していた岡崎が復帰。早速スタメンで起用され、後半15分までプレーした。

 前節ボーンマスと1-1で引き分け、5試合白星から遠ざかっている(3分2敗)レスター。ボーンマス戦からスタメン5人を変更し、DFベン・チルウェルとDFダニー・シンプソン、MFビセンテ・イボーラ、MFデマライ・グレイ、岡崎がスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合は開始早々に動く。最下位に沈むWBAは前半8分、右サイドからMFオリバー・バークが低い弾道のクロスを入れると、DFウェズ・モーガンの前にFWサロモン・ロンドンが右足で触り、先制点。反撃に出るレスターは12分、PA右角あたりからMFリヤド・マフレズが左足でクロス。ファーサイドにFWジェイミー・バーディとグレイが飛び込んだが、合わせることができなかった。

 前半16分、WBAに決定機。ロンドンの浮き球パスをペナルティーアーク内からMFグジェゴシュ・クリホビアクが左足ボレー。相手に当たってコースが変わり、決まったかと思われたが、GKカスパー・シュマイケルが右手で弾き、クロスバーを叩いた。それでも22分、レスターが“スーパーゴール”で追いつく。ハーフェーライン付近でマフレズが左足でロングパス。PA内に走り込んだバーディが左足ダイレクトで合わせ、ゴール右隅に突き刺した。

 レスターは前半36分、左サイドからグレイがクロスを上げ、岡崎がヘディングシュートを放つがGKベン・フォスターにキャッチされてしまう。37分には、左サイドのチルウェルのスルーパスからバーディが抜け出し、右足ダイレクトで流し込んだが、オフサイドの判定。逆転ゴールとはならなかった。

 一進一退の攻防が続く中、先に動いたのはレスターだった。後半15分、岡崎に代えてFWケレチ・イヘアナチョを投入。すると、17分にイヘアナチョの浮き球パスに反応したマフレズがPA内でジャンプしながらトラップし、左足でGKフォスターの左側を抜き、2-1。レスターが逆転に成功した。

 さらにレスターは後半22分、グレイに代えてMFマーク・オルブライトンを入れる。31分には、左サイドに展開されたボールをオーバーラップしたチルウェルがダイレクトで中央へ入れ、イヘアナチョがヘディングシュートを叩き込み、3-1。リードを広げると、アディショナルタイム3分には、右CKからイボーラがダメ押し。4-1でレスターが逆転勝利をおさめ、1月20日の第24節ワトフォード戦以来、6試合ぶりの白星を飾った。

≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★141
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517673446/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ラッシュフォード2ゴールでリバプールに2-1勝利!ダービー戦を制し2位堅守(関連まとめ)

ラッシュフォード2発!…マンU、リヴァプールとのダービー制し2位堅守
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00726469-soccerk-socc
ラッシュフォード2018第30節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第30節が10日に行われ、マンチェスター・Uとリヴァプールが対戦した。

 現在2位のマンチェスター・Uが、勝ち点差「2」で3位のリヴァプールをホームに迎えての“ノースウェスト・ダービー”。試合は開始14分に動いた。マンチェスター・UはGKダビド・デ・ヘアのゴールキックをロメル・ルカクが頭でつなぐと、マーカス・ラッシュフォードがスピードに乗ってエリア内左へ進入。冷静に切り返しで相手DFをかわし、豪快な右足シュートをゴール右隅に突き刺した。

 さらにマンチェスター・Uは24分、再びGKデ・ヘアのゴールキックから、ルカクのスルーパスでフアン・マタがエリア内に抜け出すが、シュートはブロックされる。それでも、こぼれ球をエリア内左フリーのラッシュフォードが右足ダイレクトでゴール右隅に決めて、追加点を挙げた。

 39分にはアレクシス・サンチェスの左サイドからのクロスに、ゴール前フリーのマタがバイシクルシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れた。前半はマンチェスター・Uがリヴァプールの反撃も許さず、このまま2−0で折り返した。

 後半に入って攻勢に出るリヴァプールは66分、左サイドのサディオ・マネが鋭いクロスを送ると、ニアで対応した相手DFエリック・バイリーのオウンゴールを誘い、ラッキーな形で反撃に成功した。1点差に迫ったリヴァプールはその後も猛攻を仕掛けたが、相手の堅守に阻まれて攻撃陣が不発。逃げ切ったマンチェスター・Uが2−1でダービーを制し、2位の座を守った。

 マンチェスター・Uは、13日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでセビージャを、17日にFAカップ準々決勝でブライトンをそれぞれホームに迎える。リヴァプールは次節、17日にホームでワトフォードと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 2−1 リヴァプール

【得点者】
1−0 14分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
2−0 24分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
2−1 66分 オウンゴール(エリック・バイリー)(リヴァプール)
〓〓 Liverpool FC 〓 894 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1520690946/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:24 | 大阪 | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、レアル戦で躍動も決定機決めきれず…レアルはC・ロナウド2ゴールでエイバルに2-1勝利(関連まとめ)

【サッカー】レアル・マドリー、C・ロナウド2発でエイバルを下す…乾貴士は躍動も決定機逸/リーガ第29節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520690511/
乾とCロナウド2018第28節競り合い.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/03/10(土) 23:01:51.11 ID:CAP_USER9.net

■リーガエスパニョーラ第29節 エイバル 1−2 レアル・マドリー

エイバル:ラミス(51分)

レアル・マドリー:クリスティアーノ・ロナウド(34分、84分)

10日のリーガエスパニョーラ第29節、イプルーアでのエイバル対レアル・マドリーは1−2でレアル・マドリーの勝利に終わった。エイバルMF乾貴士は87分までプレーしている。

スペインでは13時キックオフと、日本でも見やすい時間に開催されたこの試合。立ち上がりからペースを握ったのはエイバルだった。ホームチームはイプルーアの狭いピッチで、得意のハイプレスを仕掛けてレアル・マドリーを自陣に押し込み、乾を交えて波状攻撃を仕掛ける。

エイバルは開始直後の1分、乾がグラウンダーのクロスに体勢を崩しながら合わせようとするが、これはボールに触れられない。また4分には乾のクロスにキケが合わせたものの、これは枠の上へと外れた。エイバルはさらに19分、乾のヒールパスからキケがミドルシュートを放ったが、これはGKケイロール・ナバスの好守に阻まれている。

自分たちのペースで試合を進めていくエイバル。しかしながら34分、レアル・マドリーがその流れに反して、わずか4タッチで先制点を獲得した。モドリッチがアルビージャのパスをカットすると、右足アウトサイドで浮き球のパスを出し、これに反応したC・ロナウドが最終ラインを突破。CR7は胸トラップでボールをコントロールしてからペナルティーエリア内左に侵入し、右足のシュートでニアサイドを破っている。C・ロナウドは今季リーガ17点目、公式戦ここ10試合では16得点目と好調を維持している。

レアル・マドリーに個の力を見せつけられ、冷水を浴びせられた格好のエイバルだったが、51分にはCKから同点に追いつくことに成功。ペドロ・レオンのクロスから、ラミスがヘディングシュートを突き刺した。エイバルはその後、レアル・マドリーの攻勢にさらされながらもさらなる失点を許さず、速攻を中心として勝ち越し弾を狙っていく。左サイドハーフとして出場した乾は、より前めにポジションを取りながら、エイバルの攻撃の起点となった。

エイバルのメンディリバル監督は66分、負傷したラミスとの交代でオリベイラを投入。一方、前半に負傷したヴァランをナチョに代えていたジダン監督は、71分にクロース&イスコをルーカス・バスケス&ベンゼマと代え、交代枠を使い切った。

エイバルは76分、乾が決定機を迎えた。ペナルティーエリア内でエスカランテが頭で落としたボールに、フリーとなっていた日本人MFが詰める。ヘディングシュートでゴールを狙ったが、バウンドするボールにうまく合わせられず、枠を捉えることはかなわなかった。そしてその8分後、逆にレアル・マドリーがゴールを獲得。カルバハルのクロスをC・ロナウドが頭で押し込み、ここ10試合の得点数を17とした。メンディリバル監督は87分に乾を下げ、チャルレスを投入する。

エイバルは後半アディショナルタイムもあきらめることなく攻め続けたが、レアル・マドリーに1点リードを維持されたまま試合終了のホイッスルを迎えている。3位レアル・マドリーは、リーガでは2連勝。2試合勝利なしのエイバルは暫定で8位に位置している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00000029-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:23 | 大阪 | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング