アンテナ・まとめ RSS

2018年04月13日

酒井宏樹所属マルセイユ×南野所属ザルツブルク、アーセナル×アトレティコ!EL準決勝組合せが決定!(関連まとめ)

【サッカー】EL準決勝で日本人対決! アーセナル対アトレティコの優勝候補対決も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523614833/
南野と酒井宏樹.jpg
1: 数の子 ★ 2018/04/13(金) 19:20:33.50 ID:CAP_USER9.net

 スイスのニヨンで13日、ヨーロッパリーグ準決勝の組み合わせ抽選会が行われた。準決勝の対戦カードは、マルセイユ対ザルツブルク、アーセナル対アトレティコ・マドリーに決定している。

 マルセイユのDF酒井宏樹とザルツブルクのFW南野拓実。2人の日本人選手が所属するクラブが準決勝まで勝ち進んだ今季のヨーロッパリーグ。2人はこのラウンドで激突することになった。つまり、どちらかの日本人選手が決勝に進出することは確実となっている。

 もう1カードは、アーセナルとアトレティコ・マドリーだ。優勝候補同士の対戦となった。

 準決勝ファーストレグは今月26日に、セカンドレグは5月3日に開催される。左側のクラブが、ホームでファーストレグを戦う。

マルセイユ(フランス) 対 ザルツブルク(オーストリア)
アーセナル(イングランド)対 アトレティコ・マドリー(スペイン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00265301-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:28 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、ガラタサライに完全移籍でクラブ間合意!今季終了後に正式発表!移籍金は約3億4千万円 

【サッカー】長友佑都のガラタサライ完全移籍がクラブ間で合意
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523615502/
長友佑都ガラタサライ腕のバス.jpg
1: 動物園φ ★ 2018/04/13(金) 19:31:42.83 ID:CAP_USER9.net

4/13(金) 19:29配信
日刊スポーツ

 インテルミラノからガラタサライへ期限付き移籍中の長友佑都について、完全移籍でクラブ間で合意に達したと13日のトルコ紙ゴール電子版が伝えた。

 移籍金は250万ユーロ(約3億3800万円)で、今シーズン終了を待って正式な手続きに入るという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00178487-nksports-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:22 | 大阪 | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル×バイエルン、リバプール×ローマ!CL準決勝組合せが決定!(関連まとめ)

CL準決勝組み合わせが決定!王者レアルはバイエルンと、リヴァプールはローマと対戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000028-goal-socc
CL準決勝組合せ.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝の組み合わせ抽選会が13日に行われ、対戦カードが決定した。

CL史上初めてベスト8を4大リーグ(スペイン、ドイツ、イングランド、イタリア)のチームが占めた準々決勝。準決勝の4枠も4大リーグで分け合う形となり、決勝進出だけではなく各リーグの誇りを掛けたより熱い戦いが期待される。

準決勝の組み合わせは以下の通り。

バイエルン・ミュンヘンvsレアル・マドリー
リヴァプールvsローマ

左側のチームがファーストレグをホームで戦う。また、バイエルンとレアルの勝者が決勝でホーム扱いとなる

なお、準決勝は4月24,25日、5月1,2日に分けて開催される。

■チャンピオンズリーグ準決勝以降の日程

準決勝:4月24・25日/5月1・2日

決勝:5月26日

【サッカー】CL準決勝組み合わせ バイエルンvsレアル リヴァプールvsローマ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523618160/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:50 | 大阪 | Comment(23) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSG監督濃厚のトゥヘル氏、ドルトムントからヴァイグルとゲレイロの獲得検討

トゥヘル PSG就任濃厚で既に補強準備も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00010003-sportes-socc
ヴァイグルとゲレイロ.jpg

まだ公式発表は行われていないが、PSGの監督ウナイ・エメリの後任として今後2シーズンの契約を結ぶ可能性が高いトーマス・トゥヘルは既に新チームの選手構成を考え始めている。そして、このドイツ人指揮官は彼の古巣、ボルシア・ドルトムントからゲレイロとユリアン・バイグルを獲得する事を検討している。

クルザワの疑問符のつくパフォーマンスを理由にトゥヘルはドルトムント時代に最も厚い信頼を置いていた選手の1人、ラファエル・ゲレイロの獲得に関心を抱いている。ゲレイロは度重なる筋肉系の怪我を理由に安定した出場機会を得られていないにも関わらず、トゥヘルはこの24歳のポルトガル人サイドバックを信頼し続けている。

そして、トゥヘルが獲得を望むもう1人のドルトムントの選手は既に欧州の複数のビッグクラブが関心を示す22歳の若きMFユリアン・バイグルである。
しかし、ドルトムントは近年失ってきた主力選手達同様に彼を手放すつもりはないと思われる。

さらにPSGのスポーツディレクターはゲレイロのポジションにアレックス・サンドロ(ユベントス)、バイグルのところにカンテ(チェルシー)を獲得する事を望んでおり、早くもトゥヘルとの間で意見が割れている可能性がある。今後の動向に注目しよう。

(文:SPORT)

トゥヘルPSG.jpg

【BVB09】Borussia Dortmund 835【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1523338898/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表DF加地亮、カフェで働く男の充実感(関連まとめ)

元日本代表・加地亮、カフェで働く男の充実感
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00215897-toyo-soci&p=1
加地亮カフェ.jpg

「毎日朝9時には店に行き、帰るのは0時ごろ。ランチの時間帯は皿洗いに奔走しています。サッカー選手よりはるかに労働時間が長いですよね(笑)」

2017年限りで現役引退した元日本代表・加地亮(かじ あきら)は、大阪府箕面市で自ら経営する「CAZI CAFE」で今年2月から働いている。妻でオーナーの那智さんやスタッフたちと過ごす日々は多忙だが、これまでにない充実感も味わっている。(前編記事:12年前の苦い記憶、加地亮が語るドイツW杯)

■現役引退後、カフェで働くセカンドキャリア

 1998年のJ1・セレッソ大阪入団を皮切りに、J2・大分トリニータ、J1・FC東京、J1・ガンバ大阪、アメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のチーバスUSA、J2・ファジアーノ岡山でプレーし、20年間のプロキャリアに終止符を打った加地。年明けの1月には一家全員で大阪へ引っ越し、新生活をスタートさせた。

 「CAZI CAFE」は加地がガンバでプレーしていた2011年7月にオープン。彼がアメリカ、岡山でプレーしていた間はスタッフに営業を任せていたが、この2月からようやく2人そろって店で働けるようになったのだ。

 「『カフェをやりたい』と言い出したのは嫁。開店約半年前から経営計画を練り始め、海AZIを設立。僕が代表取締役に就任し、嫁が店のオーナーになる形で準備を進めていきました。銀行で資金を借り入れ、古民家を探してリフォームして、家具や食器をそろえるといった作業をしたのはすべて彼女。

 淡路島の民宿・大倉荘の長女として生まれた嫁はもともと飲食業になじみがあった。料理を作るのも好きで、ウチに選手仲間を呼んで食事を振る舞うこともよくありました。滝川第二高校の同期で、サッカー部のマネジャーをしていたんですが、その経験もあって決断力と実践力も伴っている。カフェの仕事は天職だと思いますね」と加地はやり手の妻に最大級のリスペクトを払っている。

続き
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00215897-toyo-soci&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00215897-toyo-soci&p=3
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00215897-toyo-soci&p=4

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10252
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1523551636/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 | Comment(9) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新クラブW杯構想、ソフトバンクなど参加か?2兆6800億円の投資計画

【サッカー】FIFA新大会を検討、ソフトバンクなどが約2兆6800億円の投資計画 英紙フィナンシャル・タイムズ報じる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523549622/
孫正義.jpg

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/04/13(金) 01:13:42.68 ID:CAP_USER9.net

https://www.sankei.com/sports/news/180412/spo1804120045-n1.html

英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は12日、日本のソフトバンクを含む投資家グループが国際サッカー連盟(FIFA)に250億ドル(約2兆6800億円)を投資し、新たな大会を創設する計画があると報じた。
グループには中国、サウジアラビア、米国などの投資家も含まれる。

現在7チームで行われているクラブワールドカップ(W杯)を、2021年から24チームに増やして4年に1度の開催とする案や、代表チームによる新大会を2年に1度実施することが検討されているという。(共同)


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ひやひやでEL準決勝進出!CSKAに2点追い付かれるもウェルベック弾などで2戦合計6-3勝利!

“バルサの悲劇”よぎるも…ウェルベック弾でCSKAの希望打ち砕き、アーセナルが2戦合計6-3で4強入り
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-01652612-gekisaka-socc
ウェルベック2018EL準々決勝第2戦ゴール.jpg

[4.12 EL準々決勝第2戦 CSKAモスクワ2-2アーセナル]

 ヨーロッパリーグは12日、準々決勝第2戦を行った。第1戦を4-1で制したアーセナル(イングランド)は敵地でCSKAモスクワ(ロシア)と対戦し、2-2で敗戦。しかし、2戦合計6-3とし、準決勝進出を決めた。なお、組み合わせ抽選会は13日に行われる。

 公式戦6連勝中のアーセナルは、第1戦から2人、8日のサウサンプトン戦(3-2)から6人を変更し、DFローラン・コシールニー、MFモハメド・エルネニー、FWダニー・ウェルベック、FWアレクサンドル・ラカゼットらが先発起用された。一方のCSKAは、第1戦から3人、9日のディナモ・モスクワ戦(1-2)から5人を入れ替えた。

 慎重な入りとなった。ポゼッション率こそ高いが、攻めの意識があまり高くないアーセナルは、前半27分にカウンター発動。一気にゴールへと迫ったが、ウェルベックのパスをPA右で受けたラカゼットが右足を振り抜くが、DFアレクセイ・ベレズツキのスライディングに阻まれた。CSKAは38分、ベンチに交代を要求していたMFアラン・ザゴエフがFWビチーニョと代わると、直後に待望のゴールが生まれる。

 CSKAは前半39分、左サイドからMFコンスタンチン・クチャエフがクロスを上げると、DFキリル・ナバブキンがヘディングシュート。GKペトル・チェフが弾いたボールをFWフェドル・チャロフが左足で押し込み、先制に成功する。さらに攻勢を強め、43分には右CKのこぼれ球からMFクリスティアン・ビストロビッチが右足シュート。これはわずかにゴール右に逸れ、前半のうちに2戦合計の点差を縮めることができなかった。

 それでもCSKAは後半の早い時間に追加点を挙げる。5分、MFアーロン・ラムジーのパスミスから敵陣でボールを奪うと、MFアレクサンドゥル・ゴロビンが思い切りよく右足を振り抜く。ミドルシュートは枠を捉え、GKチェフに弾かれたが、こぼれ球に反応したナバブキンが右足で押し込み、2-0。2戦合計4-3で1点差に詰め寄る。さらに8分、左45度の位置でFKを獲得。ゴロビンのキックはゴール右隅に飛んだが、GKチェフの好セーブに阻まれた。

 アーセナルにバルセロナのような“悲劇”が頭をよぎる。10日、バルセロナはアウェーでUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第2戦ローマ戦を戦った。ホームでの第1戦を4-1で終えたが、まさかの3失点で2戦合計4-4、アウェーゴール差で敗退となってしまった。この試合も第1戦のスコアは4-1と全く同じ。悪いイメージを払拭したいアーセナルは12分、PA右からDFエクトル・ベジェリンのクロスをエルネニーがヘディングシュート。ゴールネットを揺らしたが、オフサイドにより得点は認められなかった。

 アーセナルは後半23分、前半終了間際に右足首を痛めて座り込んでいたウィルシャーに代え、DFカルム・チャンバースを投入する。対するCSKAは26分、右クロスからエルネニーのクリアボールをDFセルゲイ・イグナシェビッチが右足を一閃。強烈なシュートを浴びせたが、惜しくもゴール左に外れる。

 嫌な流れの中、アーセナルはついにゴールをこじ開ける。後半30分、左サイドから中央へボールを運んだウェルベックが後方のエルネニーに落とし、リターンパスをPA中央からダイレクトで流し込み、1-2。貴重なアウェーゴールを奪い、2戦合計5-3と勝ち抜けへ一気に優位な状況に立った。直後にアーセナルはラカゼットを下げて、FWアレックス・イウォビをピッチに送り込んだ。

 これでアーセナルは精神的に楽になり、一方のCSKAはテンションが下がった様子。失点前までみせていた攻撃の勢いはなくなった。後半43分、アーセナルはカウンターからMFメスト・エジルがPA左へラストパス。イウォビが右足で丁寧に狙ったがゴール右に外れる。それでもアディショナルタイム2分、エルネニーのスルーパスで抜け出したラムジーが右足で決め、ダメ押し。第2戦は2-2で引き分けに終わったが、2戦合計6-3としたアーセナルがベスト4進出を決めた。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1240】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1523331013/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニコ・コバチ監督、バイエルン次期監督に就任へ!今季は長谷部所属フランクフルトで指揮(関連まとめ)

【サッカー】ニコ・コバチ監督、バイエルンの次期監督就任へ!今季は長谷部所属フランクフルトで指揮
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523576300/
ニココバチ監督.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/04/13(金) 08:38:20.30 ID:CAP_USER9.net

長谷部にハリルショック再び…? 躍進のフランクフルト指揮官が来季はバイエルンへ

MF長谷部誠、FW鎌田大地所属のフランクフルトを躍進に導いているニコ・コバチ監督が来季はバイエルンの指揮官に就任するようだ。46歳の元クロアチア代表DFはすでに退団を申し出ていると、ドイツのサッカー専門メディア『キッカー』が報じている。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督解任に続いて、長谷部にとっては続けざまでの衝撃となった。2016年3月、フランクフルトにやって来たコバチ監督は、降格危機に陥っていたチームを入れ替え戦で勝利させ、ブンデス残留に貢献。2年目の昨季は一時は2位に立つなど上位進出をうかがうと、今季は欧州CL圏内まで勝ち点差2に迫る5位につけている。

 記事によると、すでにフランクフルトのフレディ・ボビッチSDに退団を申し出ており、移籍に際しては契約時に交わしていた移籍金220万ユーロ(約3億円)の例外条項を行使。1週間前の記者会見では「来シーズンもここに残ることを疑う理由はない」とフランクフルト残留の姿勢を示していた同監督だったが、現役時代の2001〜03年に所属した古巣からのオファーに応じたようだ。

 バイエルンは今季、序盤戦の不調でカルロ・アンチェロッティ前監督を解任し、ユップ・ハインケス監督が通算3回目の就任。ブンデスリーガでは首位を独走し、5試合を残して前人未到の6連覇を決めると、欧州CLでも準決勝に進出している。一方、ハインケス監督は今季終了までの契約だったため、就任直後から後任の動向が取り沙汰されていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-01652615-gekisaka-socc

※一部追記しました


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】酒井宏樹、マルセイユで愛され過ぎww

酒井宏樹ダメ押し弾 マルセイユが5発逆転4強
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00177972-nksports-socc
酒井宏樹2018EL準々決勝第2戦ゴール後.jpg

<欧州リーグ:マルセイユ5−2ライプチヒ>◇準々決勝◇12日◇マルセイユ

 第2戦が行われ、マルセイユ(フランス)がホームでライプチヒ(ドイツ)に5−2で逆転勝ちし、2戦合計5−3で4強進出を決めた。DF酒井宏樹は右サイドバックでフル出場し、試合終盤にダメ押しゴールを決め勝利に貢献した。

 第1戦のアウェーを0−1で落としていたマルセイユは、前半2分に先制を許す苦しい立ち上がりだったが、同6分にCKからのこぼれ球がオウンゴールを誘ってまず1点を返し、同9分には,カウンターからMFサンソンのシュートが相手GKにはじかれたこぼれ球をMFサルが押し込んで2戦合計2−2とした。さらに同38分、MFパイエのFKにMFトバンが右足を合わせ2戦合計3−2とついに勝ち越しに成功した。後半10分に失点し、2戦合計3−3でアウェーゴール数で再びライプチヒに優位に立たれたが、同15分、パイエがドリブル突破から右足シュートを決めて2戦合計4−3と再び勝ち越し、同ロスタイムには相手GKも上がった相手CKからの攻撃でボールを奪い、酒井宏が駆け上がってMFロペスのパスを受け無人のゴールに流し込んで勝負を決定付けた。

【サッカー】EL準々決勝第2戦 マルセイユ×ライプツィヒ、CSKA×アーセナル、スポルティング×アトレティコ、ザルツブルク×ラツィオ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523566972/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【神試合】酒井宏樹、終盤劇的ロングゴール!マルセイユはライプツィヒに5-3勝利しEL準決勝進出!EL準々決勝第2戦(関連まとめ)

【サッカー】EL準々決勝第2戦 マルセイユ×ライプツィヒ、CSKA×アーセナル、スポルティング×アトレティコ、ザルツブルク×ラツィオ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523566972/
酒井宏樹2018EL準々決勝第2戦ドリブル.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/04/13(金) 06:02:52.99 ID:CAP_USER9.net

オリンピック・マルセイユ 5−2 RBライプツィヒ
2戦合計          5−3

[得点者]
ブルマ(前半2分)     ライプツィヒ
OG(前半6分)       マルセイユ
ブナ・サル(前半9分)   マルセイユ
トヴァン(前半38分)    マルセイユ
アウグスティン(後半10分) ライプツィヒ
パイェ(後半15分)     マルセイユ
酒井宏樹(後半49分)    マルセイユ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11151651



CSKAモスクワ 2−2 アーセナル
2戦合計 3−6
[得点者]
フェドル・チャロフ(前半39分)CSKA
キリル・ナバブキン(後半5分)CSKA
ダニー・ウェルベック(後半31分)アーセナル
アーロン・ラムジー(後半47分) アーセナル
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11151652



スポルティングCP 1−0 アトレティコ・マドリード
2戦合計      1−2
[得点者]
フレディ・モンテロ・ムノス(前半28分)スポルティングCP

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11151653



RBザルツブルク 4−1 ラツィオ
2戦合計     6−5
[得点者]
チーロ・インモービレ(後半10分)   ラツィオ
アマドウ・ダブール(後半11分)    ザルツブルク
アマドウ・ハイダラ(後半27分)    ザルツブルク
ファン・ヒチャン(後半29分)     ザルツブルク
シュテファン・ライナー(後半31分)  ザルツブルク
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/43



酒井宏が移籍後初ゴールでダメ押し5点目!!乱打戦制したマルセイユが14年ぶりELベスト4進出
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-01652614-gekisaka-socc

[4.12 EL決勝T準々決勝第2戦 マルセイユ5-2ライプツィヒ]

 ヨーロッパリーグ(EL)は12日、決勝トーナメント準々決勝第2戦を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)はホームでライプツィヒ(ドイツ)と対戦し、5-2で勝利。第1戦は0-1で敗れたものの、2試合合計5-3として2003-04シーズン以来の4強入りを決めた。酒井は3バックの右CBとして先発。途中から右WBとしてプレーし、試合終了間際には移籍後初ゴールを記録した。

 第1戦を0-1で落としたマルセイユは、守備の要であるDFロランド、DFアディル・ラミ、GKスティーブ・マンダンダが引き続き負傷のため先発をはずれた。第1戦と同じく、DFブバカル・カマラ、DFルイス・グスタボ、酒井が3バックを務め、3-5-1の布陣を敷いている。

 勝利しかないマルセイユは前半2分、ライプツィヒのパスワークに翻弄され、FWブルマに右足シュートを決められて先制を許してしまう。しかし6分にライプツィヒのオウンゴールにより同点に追いつくと、9分にはMFフロリアン・トバンが起点となり一気にカウンター。左サイドのFWディミトリ・パイェが大きくアーリークロスを放ち、MFモルガン・サンソンの2度のシュートは相手GKに防がれるも、こぼれ球をMFブナ・サールが押し込み、2-1と逆転した。

 マルセイユの勢いは止まらず、前半16分にはパイェの鋭い左足シュートがゴール左に突き刺さるが、直前のFWコスタス・ミトログルのファウルによりノーゴールとなった。すると28分にアクシデントが発生。逆転弾を決めたサールが左肩を負傷し、交代を余儀なくされる。ラミが投入されて右CBに入ると、酒井が代わりに右WBへ移動した。

 前半38分にマルセイユが再び得点を決める。中盤からのパイェのFKをトバンが右足で合わせ、ゴールに流し込んで3-1として前半を折り返した。この時点で2試合合計でも3-2と逆転に成功している。

 敵地で劣勢になったライプツィヒは後半9分に司令塔FWエミル・フォルスベリを投入。すると直後の10分、MFナビ・ケイタがPA内に進入してヒールで横にパスを出すと、FWジャン・ケビン・オギュスタンが右足ダイレクトで豪快に蹴り込み、ゴール右に突き刺した。点差を2-3と縮めたライプツィヒは2試合合計3-3とし、アウェーゴール差で再び優勢となる。

 しかしホームの声援を背にしたマルセイユが発奮。後半15分、右サイドでパスを受けたパイェがそのままシザースを駆使しPA内に進入する。ノーマークでゴールが見えると、右足アウトサイドで器用にシュートを放ち、ゴール左隅に流し込んだ。

 ライプツィヒは終了間際のCKでGKも出てきて全員攻撃に出る。しかし防ぎ切ったマルセイユはカウンターを仕掛け、中盤でパスを受けた酒井は無人のゴールにロングシュートを放ち、ダメ押しの5点目を決めた。酒井は昨季加入したマルセイユで公式戦初ゴールを記録。試合はそのまま5-2で終了。マルセイユは2試合合計5-3で14年ぶりのベスト4進出を決めた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:43 | 大阪 | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング