アンテナ・まとめ RSS

2018年04月29日

堂安律、今季公式戦10ゴール達成!相手GKのミスを逃さずゴール!フローニンゲンの大勝に貢献!(関連まとめ)

【サッカー】堂安律、今季10ゴール達成! フローニンゲンの快勝に貢献、日本代表にアピールなるか
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525011889/
堂安律2018第33節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/04/29(日) 23:24:49.49 ID:CAP_USER9.net

現地時間29日に行われたオランダ・エールディビジ第33節でフローニンゲンはエクセルシオールと対戦し、ホームで4-0と快勝した。堂安律は9試合連続のフル出場で1ゴールを記録。今季公式戦のゴール数を10とした。

 10位エクセルシオールと12位フローニンゲンの中位対決。この日も先発で出場した堂安は、序盤からゴールへの意欲をのぞかせた。

 前半の終盤に立て続けに2ゴールを決めたフローニンゲンは、2点をリードして折り返す。

 すると71分、堂安が勝負を決定づける3点目を決めた。左サイドの低めの位置からファン・ニーフがクロスを入れると、前に出た相手GKが処理を誤る。これを見逃さなかった堂安が、無人のゴールに流し込んだ。

 2試合ぶりの得点となった堂安は、これがリーグ戦9点目。カップ戦での1ゴールを合わせると、今季2桁ゴールを達成だ。

 その後、さらに1ゴールを加えたフローニンゲンは、4-0で快勝した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00267491-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:57 | 大阪 | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、クリスタルパレスに0-5大敗…オルブライトンが一発退場 岡崎慎司は負傷欠場

レスター、大量5失点の悪夢…下位C・パレスに敗戦。負傷の岡崎慎司は欠場
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00267253-footballc-socc
オルブライトン退場2018第36節.jpg


【C・パレス 5-0 レスター・シティ プレミアリーグ第36節】
 
 現地時間28日にプレミアリーグ第36節の試合が行われ、9位レスター・シティは14位クリスタル・パレスのホームに乗り込んで対戦。

 レスターに所属する岡崎慎司は前節のサウサンプトン戦に続いて欠場した。試合開始して17分、ゴール前でパスを繋がれ最後はウィルフリード・ザハのシュートを許しC・パレスに先制されてしまう。続く38分には、ジェームズ・マッカーサーに追加点を決められてしまった。

 さらに57分、ザハの決定機をファールで防いだとしてマーク・オルブライトンが1発退場。81分にはルーベン・ロフタス・チーク、84分にはパトリック・ファン・アーンホルトにゴールを決められた。そして90分にはクリスティアン・ベンテケのPK弾で5失点目。結局レスターは0-5の敗戦を喫している。

【得点者】
17分 1-0 ザハ(C・パレス)
38分 2-0 マッカーサー(C・パレス)
81分 3-0 ロフタス・チーク(C・パレス)
84分 4-0 アーンホルト(C・パレス)
90分 5-0 ベンテケ(C・パレス)

≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★143
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1523151131/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:51 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウドら温存のレアル、ベイル先制ゴールなどでレガネスに2-1辛勝

C・ロナウド&S・ラモスらを温存のレアル、レガネス相手に辛うじて逃げ切る

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-01653207-gekisaka-socc

ベイル2018.レガネスjpg.jpg

[4.28 リーガ・エスパニョーラ第35節 R・マドリー2-1レガネス]

 リーガ・エスパニョーラ第35節2日目が28日に開催され、レアル・マドリーがレガネスをホームに迎えた。前半9分にFWガレス・ベイルの得点で先制したレアルは、同アディショナルタイムにFWボルハ・マジョラルが加点。後半21分にレガネスに1点を返されたものの、逃げ切ったレアルが2-1の勝利を収めた。

 5月1日にUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第2戦バイエルン戦、6日にバルセロナとの「クラシコ」が控えるレアルはFWクリスティアーノ・ロナウドやDFセルヒオ・ラモスを招集外。さらにMFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロース、DFマルセロ、GKケイラー・ナバスらをベンチスタートさせ、FWカリム・ベンゼマやベイルらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半9分に試合を動かしたのはホームのレアルだった。高い位置でボールを奪うと、MFダニ・セバジョスが左サイドのFWカリム・ベンゼマに展開。ドリブルでPA内に侵入したベンゼマの左足シュートはブロックされたものの、こぼれ球に反応したベイルが左足ボレーで押し込んでスコアを1-0とした。さらに同アディショナルタイムには左サイドからMFマテオ・コバチッチが送ったクロスがファーサイドに流れると、マジョラルが右足で押し込んでリードを2点差に広げた。

 2-0とレアルがリードしたまま後半を迎えると、同17分にレアルベンチが動き、ベンチスタートとなっていたクロースとMFマルコ・アセンシオを同時に投入する。しかし同21分、MFノルディン・アムラバトに左サイドを突破されて折り返されると、ゴール前でフリーになっていたMFダルコ・ブラシャナツに押し込まれ、レガネスに1点差に詰め寄られてしまう。

 その後もレガネスにゴールに迫られる場面を作られながらも、何とか逃げ切ったレアルが2-1の勝利を収めた。

◆◇El Blanco Real Madrid 941◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1523622279/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:01 | 大阪 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンチェロッティ氏、イタリア代表監督を断る…条件面で折り合いつかず

【サッカー】アンチェロッティ氏がイタリア代表監督就任要請を断る 年俸などで折り合いつかず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524988559/
アンチェロッティ黒スーツ指揮.jpg

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/04/29(日) 16:55:59.89 ID:CAP_USER9.net

アンチェロッティ氏がイタリア代表監督就任要請を断る 年俸などで折り合いつかず
4/29(日) 16:45配信 デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/soccer/2018/04/29/0011210012.shtml
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000102-dal-socc

カルロス・アンチェロッティ氏(撮影・PIKO=2003年12月11日)
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/img/201804250000578-w500_0.jpg

バイエルン・ミュンヘンなどの監督を務めていたカルロ・アンチェロッティ氏が、イタリアサッカー協会からの代表監督就任要請を断ったことが28日、分かった。29日のコリエレ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

各紙によると、23日に協会側とローマ市内のホテルで話し合いをした同氏だったが、協会側から明確なプロジェクトが伝わらなかったという。自身がまだクラブでの指導をしたいことや、年俸など金銭面での折り合いがつかず、最終的な結論を出した。

候補はロシア・ゼニットのロベルト・マンチーニ監督か、仏ナンツのクラウディオ・ラニエリ監督に絞られた。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:52 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セビージャ、モンテッラ監督解任を発表!モンテッラ氏はミランに続き今季2度目の解任

セビージャ、モンテッラ監督の解任を発表…後任はカパロス氏が就任
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00749897-soccerk-socc
モンテッラ監督手を振る.jpg

セビージャが28日、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任を発表した。

 昨年12月28日、解任されたエドゥアルド・ベリッソ監督の後任として、セビージャの指揮官に就任したモンテッラ監督。しかし、3月13日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのマンチェスター・U戦に勝利して以降、9試合白星がなかった。

 セビージャは、27日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節レバンテ戦に1−2で敗れたことでモンテッラ監督の解任を決断。就任以降28試合を指揮し、11勝7分け10敗という成績だった。なお、後任にはかつてセビージャを指揮したことがあるホアキン・カパロス氏が就任することを発表した。

 なお、モンテッラ監督は昨年11月にミランの監督を解任されており、今シーズン2回目の解任となった。


Sevilla FC part25
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1520397941/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:46 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、倉田の豪快先制ミドルなど鳥栖に3-0完勝!16位に浮上!J1第11節2日目(関連まとめ)

【サッカー】J1第11節2日目 G大阪×鳥栖 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524992334/
倉田2018G大阪.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/04/29(日) 17:58:54.22 ID:CAP_USER9.net

G大阪 3−0 鳥栖
[得点者]
68' 倉田 秋    (G大阪)
82' ファン ウィジョ(G大阪)
90+2' マテウス   (G大阪)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:18,642人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/042901/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/




16位と17位の直接対決はG大阪に軍配!倉田&マテウスが今季初得点!鳥栖は4試合ゴールなし
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00039602-sdigestw-socc

快勝のG大阪は、今季初の3ゴール
[J1リーグ11節]G大阪3−0鳥栖/4月29日/吹田S
 
 J1リーグ11節のG大阪対鳥栖が29日、パナソニックスタジアム吹田で行なわれ、3−0でG大阪が快勝した。
 
 ホームのG大阪は、前半から試合を優勢に進めた。攻守の早い切り替えを意識したホームチームは、中盤でのボールカットから速攻に持ち込んでチャンスメイク。とりわけ、前線で起用された米倉恒貴の動きが良く、積極的に相手ディフェンスラインの裏を突き、惜しいミドルシュートやクロスを供給した。
 
 前半はスコアレスで終えたが、迎えた68分。倉田秋が先制点を叩き込む。ペナルティエリア付近でボールを受けた背番号10は、そのまま前を向き、GKのポジションをしっかり見て、左足でコントロールショットを見舞った。倉田は今季初ゴールだった。
 
 その後、1点を狙ってきた鳥栖のサイド攻撃やカウンターにさらされてピンチを迎えたものの、相手のシュートミスもあって何とかしのぎ切る。そうして時間を消化しつつ、82分にファン・ウィジョが得意のドリブルシュートで試合を決める2点目を叩き込んだ。
 
 さらに、終盤にはマテウスが豪快なミドルを沈め、試合は3−0で終了。G大阪はホーム3連勝を飾り、鳥栖を抜いて16位に上がった。

 一方の鳥栖はリーグ6連敗で17位に後退。11節終了時点で1試合も無失点試合がなく、ここ4試合はゴールもゼロ。攻守ともに歯車が噛み合わず、低迷が続いている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:45 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、先発出場し9戦ぶりの勝利に貢献!サウサンプトンはボーンマス下し残留に向け前進(関連まとめ)

【サッカー】吉田麻也先発のサウサンプトンが9試合ぶり勝利!ヒューズ体制リーグ初白星/プレミアリーグ第36節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524933782/
吉田2018第36節ハイタッチ.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/04/29(日) 01:43:02.11 ID:CAP_USER9.net

■プレミアリーグ第36節 サウサンプトン 2-1 ボーンマス

サウサンプトン:タディッチ(25分、54分)

ボーンマス:キング(45+1分)

プレミアリーグは28日に第36節が行われ、サウサンプトンはボーンマスと対戦した。

34試合を終え、勝ち点29で18位に沈むサウサンプトン。直近のリーグ戦8試合で3分5敗と未勝利、絶不調の中、残り4試合での残留へ向け浮上のキッカケがつかみたい一戦で、吉田麻也は先発出場を果たした。

ホームのサウサンプトンは25分、自陣からのロングカウンターからタディッチが決めて先制に成功する。

その後前半終了間際に追いつかれたが、相手のトラップミスを見逃さずにボールを奪ったタディッチが、この日自身2ゴール目を決めて勝ち越し。吉田麻也も体を張った懸命なブロックなどで、追加点を許さない。

結局、試合はこのまま終了。サウサンプトンは9試合ぶりに勝利、ヒューズ体制初のリーグ戦白星となった。勝ち点を32に伸ばしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000040-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(0) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激闘イタリアダービー、ユーべが終盤劇的2発でインテルに3-2逆転勝利!10人のインテルは奮闘も交代策失敗(関連まとめ)

激闘イタリアダービー、ユーベが劇的勝利で優勝に迫る。10人インテル奮闘も残り5分に泣く
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00267400-footballc-socc
イグアイン2018第35節ゴール.jpg


【インテル 2-3 ユベントス セリエA第35節】

 現地時間28日に行われたセリエA第35節のインテル対ユベントスは、3-2でアウェイのユベントスが勝利を収めた。

 2位ナポリに勝ち点1差まで迫られている首位ユベントスと、チャンピオンズリーグ出場権獲得のために勝ち点3が欲しい5位インテルのイタリアダービー。序盤はアウェイチームが主導権を握った。

 14分、ユベントスはクアドラードが浮き球のボールをペナルティエリアに入れると、ドグラス・コスタがシュート。幸先良く先制する。すると18分には数的優位に。インテルはマンジュキッチの足を踏んだベシーノが一発退場となり、残り時間を10人で戦うことになった。

 荒れ模様のゲームは、前半のアディショナルタイムが6分と表示される。この長いアディショナルタイムにユベントスが追加点に迫ったが、マテュイディの得点として審判団が認めかけたゴールは、VARで取り消しとなった。

 後半に入ると、10人のインテルが逆襲に転じる。

 52分、右サイドからのセットプレーを得ると、カンセロの鋭いクロスにイカルディが合わせて同点とした。65分にはペリシッチが左サイドからドリブル。クアドラードをかわしてゴールライン際をえぐって中に入れると、戻りながらの守備となったバルザーリに当たって逆転に成功する。

 前半から10人で戦うインテルは疲労の色が出てくる。それでも、エースのイカルディも守備に戻って体を張る姿は、ホームの声援をより強くした。

 耐えるインテルは、85分にイカルディを下げてサントンを投入。逃げ切り態勢に入る。だが、結果的にはこれが良くなかった。

 ユベントスは87分、サントンのマークを外したクアドラードがペナルティエリア右の角度のないところから中に入れると、シュクリニアルに当たってゴール。2-2の同点とすると、89分にはディバラのフリーキックにイグアインが合わせて一気に逆転した。

 劇的勝利で勝ち点3を加えたユベントスは、優勝に向けて大きな一勝となった。ライバルを優勝から遠ざけることができなかったインテルは、チャンピオンズリーグ出場権獲得も危なくなっている。

【得点者】
14分 0-1 コスタ(ユベントス)
52分 1-1 イカルディ(インテル)
65分 2-1 オウンゴール(インテル)
87分 2-2 オウンゴール(ユベントス)
89分 2-3 イグアイン(ユベントス)


【スカパー】インテル・ミラノ vs ユヴェントス

https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/livefoot/1524936874/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、パチューカを今季限りで退団の見通し…延長交渉折り合わず

【サッカー】<本田圭佑>パチューカ退団決定!契約延長交渉折り合いつかず・・・“金狼”の今後に注目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524950374/
本田圭佑2018パチューカ斜め.jpg

1: Egg ★ 2018/04/29(日) 06:19:34.10 ID:CAP_USER9.net

メキシコリーグ・パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が、クラブを退団することが決定した。

27日(日本時間28日)、サンケイスポーツの取材で明らかになった。 複数の関係者の話を総合すると、クラブと契約延長に向けた交渉を行ってきたが両者の折り合いがつかずに、6月末の契約満了をもって退団する。早ければ28日(同29日)のアトラス戦(ホーム)がラストマッチとなる。

重大な決断だ。日本代表FW本田が6月末で契約満了となるパチューカの退団を決意。サンケイスポーツの取材に複数の関係者が明かした。

本田は27日(日本時間28日)、自身のツイッターを更新。「パチューカを離れる可能性があります。それは1年前にクラブとの契約にサインをしたときに決断したことです」と、スペイン語で退団を示唆した。だが、関係者は「可能性ではなく確定したこと。本田はチームを去る」と既に決定事項であることを認めた。

本田は昨年6月にACミラン(イタリア)との契約が満了となり、同7月、1年契約でパチューカに加入した。右ふくらはぎのけがで出遅れたが復帰後はチームの柱として活躍。リーグ戦は前後期で計10得点、公式戦総計で13得点を記録した(同28日時点)。

クラブは本田との契約延長を望んでいた。しかし、「本田の望む年俸は高すぎて払えない」とヘスス・マルティネス会長。400万ドル(約4億3600万円)以上とされる年俸からの減額を申し入れたが、合意に至らなかったという。

チームは後期リーグ最終節の結果次第でプレーオフ進出を逃し、本田は今月中にもメキシコを離れる。その場合、5月からオフとなり、自身3度目のW杯に向けてメキシコ国外で自主トレーニングを行う見通しだ。

本田にはJリーグやスペイン、米国などのクラブからオファーが届いているとみられる。仮に集大成とするW杯に出場できても移籍先が早期に決まらない場合、“浪人”としてW杯期間を過ごす可能性もある。“金狼”の今後に注目が集まる。

4/29(日) 5:00配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000500-sanspo-socc

【サッカー】<本田圭佑>パチューカ退団を示唆「パチューカから出て行くことになるかもしれませんが、それはお金が理由ではありません」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524883423/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫先発のケルン、ブンデス2部降格が決定…終盤意地見せるも一歩及ばず フライブルクに2-3敗戦

大迫先発のケルンが5季ぶり降格決定…終盤意地を見せるも一歩及ばず。直近20年で最多6度目/ブンデスリーガ第32節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000037-goal-socc
大迫2018第32節競り合い.jpg


■ブンデスリーガ第32節 フライブルク 3-2 ケルン


フライブルク:ペテルセン(13分、53分)、ヘラー(90+2)

ケルン:ビッテンコート(82分)

ブンデスリーガ第32節が28日に行われ、ケルンはフライブルクと対戦した。

勝ち点22で最下位のケルンは、この試合で引き分け以下なら2部降格が決定するという崖っぷちの状況の中、残留争いのライバル16位フライブルクの敵地に乗り込んだ。前節出場のなかったFW大迫勇也は、勝たなければいけない試合で先発復帰を果たしている。

7分にビッテンコートのシュートの起点になるなど、大迫は積極的に前線でパスを引き出し、立ち上がりからボールに絡んでいく。

しかし、早い段階で失点。13分、左サイドで簡単にクロスを許すと、エリア内でペテルセンに頭で合わされゴールを許した。

勝利が絶対条件のケルンだったが、さらに23分にエリア内ファウルを犯してPKを献上。絶体絶命のピンチに追い込まれるが、このPKは守護神ホルンがストップ。なんとか踏みとどまる。その後26分には、テロッデがヘディングで相手ゴールを脅かしたが、ビルドアップでのミスが連発。危険な場面が増えていく。前半は1点ビハインドで折り返す。

後半で逆転を目指したいケルンは4バックに布陣を変更し逆転を目指す。

しかし、53分に痛恨の失点。ゴールキックの目測を見誤ったハインツがクリアしきれず、後ろに逸れたボールにペテルセンが反応し、冷静にGKをかわしてゴールを奪った。

残留のためには3ゴールが必要と、窮地に立たされたケルン。CKにニアに飛び込んだ大迫が合わせ、相手の腕に当たったようにも見えたが笛は鳴らない。その後選手交代で活性化を図るも、チャンスは生み出せない。78分には大迫を下げ、ピサーロを投入。大ベテランに希望を託す。

ケルンは、82分にビッテンコートが1点を返し、さらに86分には再びビッテンコートがヘディングでゴールを奪って同点に追いつく。その直後に迎えた大ピンチも、GKのセーブやDFの体を張ったブロックで防ぎ、最後まで諦めずに戦い続ける。

しかし、後半アディショナルタイムのチャンスはピサーロが合わせられず。意地を見せたケルンだったが、終了間際に失点し万事休す。残留争いのライバル相手に2−3と敗れた。

この結果、5試合未勝利となったケルンは、直近20年でブンデスリーガ最多となる6度目の降格が決定。3節から最下位に沈み、27節でレバークーゼン相手に勝利を収めようやく脱出したものの、その翌節でホッフェンハイムに0−6と大敗で再び最下位に転落。32試合で20敗を喫した。

昨季は5位に入りヨーロッパリーグにも出場したが、リーグワーストの62失点と守備が崩壊。2014-15シーズン以来1部で戦っていたが、来季は5シーズンぶりに2部へ降格することとなった。


大迫勇也 75
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1524927997/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:35 | 大阪 | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、下位ストークと0-0ドロー!サラーら攻撃陣は得点ならず

シュート20本も枠内はわずか2本…CLローマ戦控えるリバプール、降格圏ストークとスコアレスドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-01653198-gekisaka-socc
サラー2018第36節競り合い.jpg


[4.28 プレミアリーグ第36節 リバプール0-0ストーク・シティ]

 プレミアリーグは28日、第36節を行った。リバプールはホームでストーク・シティと対戦し、0-0で引き分けた。

 24日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝第1戦ローマ戦を5-2で先勝したリバプール。5月2日にアウェーでの第2戦を控えているため6人を変更し、FWダニー・イングスやMFジョルジニオ・ワイナルドゥム、DFラグナル・クラバンらが先発起用された。その一方で、ローマ戦で右膝靱帯を損傷したMFアレックス・オクスレード・チェンバレン、26日のトレーニングを欠席したMFサディオ・マネはメンバーから外れた。

 2位マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点3差のリバプールは開始早々に決定機。前半5分、自陣でボールを奪ってMFジョーダン・ヘンダーソンが素早く前線へパスを送ると、FWモハメド・サラーが完全に抜け出す。飛び出したGKジャック・バトランドをあざ笑うように、サラーが得意のチップキックでゴールを狙うが、わずかにゴール右に外れ、先制点とはならなかった。

 リバプールは前半21分、左サイドのハーフェーライン付近でこぼれたボールをワイナルドゥムが大きく逆サイドへ展開。ゴール前に走り込んだDFトレント・アレクサンダー・アーノルドがサラーのパスを受けたが、足もとに入りすぎたのか、窮屈な形で放った右足シュートはGKバトランドに止められた。

 ストークの厳しいタックルに苦戦するリバプールは前半34分、PA右手前でFKを獲得。サラーが左足で蹴り込むが、右にカーブしたボールはわずかに枠を外れる。41分には、PA左に進入したイングスがマイナスに折り返し、ワイナルドゥムが右足シュート。相手に当たってこぼれたボールをイングスが右足でゴールネットを揺らすが、オフサイドと判定された。

 スコアレスで迎えた後半5分にストークにアクシデント発生。DFブルーノ・マルティンス・インディが鼠径部あたりを痛め、MFラマダン・ソブヒとの交代を余儀なくされた。リバプールは20分、アレクサンダー・アーノルドとイングスを下げてDFナサニエル・クラインとMFジェームス・ミルナーを投入。ストークも同じ時間にFWピーター・クラウチをMFダレン・フレッチャーに代え、中盤の枚数を増やした。

 降格圏に沈むストークが最低でも勝ち点1獲得を狙い、引いて守る中、リバプールはサラーのスピードを生かすことができず、得点のチャンスを作ることができない。DFフィルヒル・ファン・ダイクがミドルシュートを放つなど、スペースを作ろうとする。43分には、ストークに決定機。DFクルト・ズマが頭でPA左へ落とし、FWマメ・ディウフが中央に折り返すが、滑り込みながら合わせたDFライアン・ショウクロスのシュートはわずかに右に外れた。

 アディショナルタイムは治療などがあり、少々長めの6分。リバプールが一方的に攻め込んだが、ワイナルドゥムのヘディングシュートがクロスバー上に外れるなど、最後までスコアは動かず、スコアレスドロー。リバプールは20本のシュートを放ったが、枠内シュートはわずか2本だった。

〓〓 Liverpool FC 〓 917 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1524912071/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【伊藤最高や!】HSV伊藤達哉、絶妙クロスでアシスト!PK奪取も!残留争い直接対決のヴォルフスブルク戦勝利に貢献!酒井高徳はフル出場(関連まとめ)

【サッカー】降格危機HSVに救世主! 伊藤達哉がPK奪取&2点目アシストでヴォルフスブルク撃破
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524929696/
伊藤達哉2018第32節03.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/04/29(日) 00:34:56.75 ID:CAP_USER9.net

【ヴォルフスブルク 1-3 HSV ブンデスリーガ第32節】
 
 現地時間28日にブンデスリーガ第32節の試合が行われ、17位ハンブルガーSVは14位ヴォルフスブルクのホームに乗り込んで対戦。

 HSVに所属する伊藤達哉とキャプテンを務める酒井高徳は共に先発出場を果たした。試合開始して43分、ドリブルで仕掛けた伊藤がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。PKキッカーを務めたボビー・ウッドがゴールを決めてHSVに先制点が入る。続く44分にも伊藤がチャンスを作り出したが追加点はならず。

 それでも前半アディショナルタイム、伊藤のクロスにルイス・ホルトビーが頭で合わせてHSVに2点目が入った。しかし78分、フリーキックからヨシップ・ブレカロに直接ゴールを決められ1点を返されてしまう。

 ただ、後半アディショナルタイムにルカ・ヴァルトシュミットが追加点を決めて、HSVは3-1の勝利をおさめた。この結果、ヴォルフスブルクとの勝ち点差は2に。HSVは逆転残留に向けて望みを繋いでいる。

【得点者】
43分 0-1 ウッド(HSV)
45分+1分 0-2 ホルトビー(HSV)
78分 1-2 ブレカロ(ヴォルフスブルク)
90分+3分 1-3 シュミット(HSV)

https://www.footballchannel.jp/2018/04/29/post267251/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:16 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング