アンテナ・まとめ RSS

2018年05月06日

乾貴士、1G1Aでスペイン紙で満点評価「人を食ったようなプレー」「無慈悲さを見せた」(関連まとめ)

【サッカー】<乾(エイバル)>“人を食ったようなプレー”1得点1アシスト!スペイン紙が“満点評価” 「無慈悲さを見せた」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525560081/
乾エイバルアウェー.jpg

1: Egg ★ 2018/05/06(日) 07:41:21.00 ID:CAP_USER9.net

1点差で迎えた後半35分から“人を食ったようなプレー”で2ゴールに絡む活躍
 
エイバルの日本代表MF乾貴士は、現地時間5日に行われたリーガ・エスパニョーラ第36節ジローナ戦(4-1)で2試合連続の先発出場を果たし、1ゴール1アシストでチームの勝利に大きく貢献した。この活躍ぶりにスペイン紙「マルカ」も最高点をつけて賛辞を送っている。

乾に見せ場が来たのは、2-1とエイバル1点リードの状況からのラスト10分だった。まずは後半35分、センターサークル内で相手のファウルを受けた乾は、すぐさま起き上がってリスタート。スペイン人MFホアン・ジョルダンにスルーパスを通し、追加点を見事アシストした。

そして、後半44分には試合を決定づける。敵陣ペナルティーアーク付近でパスを受けると、ドリブルから右足を一閃。相手GKの手を弾くほどの豪快なミドルシュートが、ゴールに突き刺さった。乾はこれが今季リーグ戦5ゴール目となった。

マルカ紙の選手採点で乾は、2ゴールのスペイン人FWキケ・ガルシアとともにこの日最高点となる3つ星(3つ星満点)をマーク。そし、て「終盤にはイヌイの質の高いアシストもあった」と表現し、ゴールシーンについてそれぞれこう記している。

「イヌイは素早い動き、そして中盤にかけていた加速力で“人を食ったような”プレーを見せ、ジローナを突き放し、無慈悲さを見せた。日本人アタッカーは素晴らしい身のこなしによって4ゴール目を叩き込んだ」

西野朗監督体制となった日本代表でも、左のチャンスメーカー候補として期待される乾。4月中旬は2試合連続で出番なしに終わったが、前節バレンシア戦(0-0)では今季限りでのエイバル退団を宣言したこと、そして本人がラスト3試合に期する思いを語ったことが現地メディアでも取り上げられるなど、その注目度は高い。

このハイパフォーマンスを見せ続け、ロシア・ワールドカップ23人枠入りを果たせるか。

5/6(日) 7:10配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180506-00102159-soccermzw-socc

◆「相手の夢を打ち砕いた」「壮大なパフォーマンス」1G1Aの乾貴士をスペイン紙が大絶賛!

また、エイバルの地元紙『EL DIARIO VASCO』は、「素早いリスタートでジョルダンにゴールを与えたイヌイは試合終了間際に誰が支配者であるかを見せつける。卓越した日本人MFは、最後の瞬間にゴールを決めてみせた」と褒めちぎった。

5/5(土) 23:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180505-00039938-sdigestw-socc


写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180506-00102159-soccermzw-000-view.jp

動画 エイバルMF乾の強烈ミドル&技ありスルーパス…「ジローナvsエイバル」ハイライト(該当シーン:3分8秒付近〜/動画期限:18年6月4日)
https://www.football-zone.net/archives/102159/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=102159_6


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊川雄太、ELプレーオフで先制ゴール!ベルギー移籍後5ゴール目!オイペンは冨安所属シントトロイデンに3-1快勝!

【サッカー】<オイペン豊川雄太>ELプレーオフで先制ゴール!ベルギー挑戦から5カ月で5ゴール目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525583763/
豊川2018ELPO第7節ゴール.jpg

1: Egg ★ 2018/05/06(日) 14:16:03.50 ID:CAP_USER9.net

ジュピラーリーグのオイペンに所属する豊川雄太が、5日の国内ヨーロッパリーグ(EL)出場権プレーオフ、シント・トロイデン戦でゴールを決めた。

ELプレーオフ第7節のシント・トロイデン戦で豊川は先発出場を果たすと、16分に先制ゴールを記録。チームは59分までに3ゴールを決め、シント・トロイデンの反撃を1点に抑えて3-1で勝利を収めた。

豊川は62分に交代でベンチへ退いている。なお、シント・トロイデンの冨安健洋はベンチ入りしたが出場機会はなく、日本人同士の直接対決は実現しなかった。

豊川は4月21日に行われたアウェイでのシント・トロイデン戦に続き、ELプレーオフでは2ゴール目を記録。レギュラーシーズンと合わせると、ベルギー挑戦から5カ月で5ゴール目に達した。

5/6(日) 12:00配信 ゴール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00010011-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180506-00010011-goal-000-1-view.jpg

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:30 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

城福監督も飛び跳ねる!広島、青山・パトリックゴールで神戸に2-0完勝し首位独走!J1第13節2日目夕2(関連まとめ)

【サッカー】J1第13節2日目夕2 広島×神戸 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525600536/
青山2018第13節ゴール.jpg


1: 久太郎 ★ 2018/05/06(日) 18:55:36.36 ID:CAP_USER9.net

広島 2−0 神戸
[得点者]
44' 青山 敏弘 (広島)PK
90+3' パトリック(広島)

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:11,100人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/050603/livetxt/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


24: 久太郎 ★ 2018/05/06(日) 19:00:46.34 ID:CAP_USER9.net

>>1
佐々木が佐々木に倒されPK獲得…青山が決めて首位広島3連勝! 神戸は2年前のJ1得点王投入もパトリック弾浴びて力尽きる

[5.6 J1第13節 広島2-0神戸 Eスタ]

 首位サンフレッチェ広島がホームで9位ヴィッセル神戸に2-0で勝利した。前半44分にMF青山敏弘がPKで先制点を挙げ、後半アディショナルタイム3分にFWパトリックが追加点をマーク。3連勝を飾り、2位FC東京との勝ち点差8をキープした。

 強い雨が降る中で行われた一戦。互いにシュートの少ない静かな展開が続いたが、ホームの広島が次第に攻撃のリズムをつかんでいく。前半33分、MF柏好文の右クロスからFW渡大生が右足でボレーを放つも、DFに当たって枠外へ。同38分にはDF佐々木翔が左サイドから折り返し、ニアの渡が頭で軌道をわずかにそらす。だが、これもゴール右へ外れた。

 なおも攻撃の手を緩めない広島。前半42分、左サイドに開いてボールを受けた柏が内側から追い越してきた佐々木にパスを送ると、PA内左で神戸の18歳ルーキーFW佐々木大樹に後ろから倒され、PKを獲得する。同44分、キッカーを務めた青山が右足で豪快にゴール右上へ蹴り込み、先制してハーフタイムを迎えた。

 雨脚が強まった後半も広島が主導権を掌握。後半13分、MF柴崎晃誠の落としから、PA手前中央の青山が右足でカーブをかけたミドルシュートを放つ。しかし、左ポストに当たってゴールならず。同28分には柴崎との交代で入ったMF吉野恭平がPA手前左から右足で強烈なシュート。だが、クロスバーのわずか上を通過し、追加点は奪えなかった。

 神戸は前半からボール支配率こそ上回るが、効果的な攻撃には結び付かない。後半34分には最後のカードを切り、高卒ルーキーMF郷家友太との交代で前節・FC東京戦(0-0)で復帰したFWレアンドロを投入。2016年のJ1得点王の攻撃力に賭けたが、GK林卓人のビッグセーブにも遭い、ゴールを奪えず。逆に同アディショナルタイム3分にカウンターからFWティーラシンのパスを受けたパトリックに3戦連発となる今季8得点目を許し、0-2で完敗。2試合ぶりに黒星を喫し、4戦勝ちなし(2分2敗)となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-01653483-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:27 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台、野津田先制ゴールなど湘南に3-1勝利!PK3本の荒れた試合を制す J1第13節夕(関連まとめ)

【サッカー】J1第13節2日目夕 湘南×仙台 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525597022/
野津田2018第13節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/05/06(日) 17:57:02.09 ID:CAP_USER9

湘南 1−3 仙台
[得点者]
3' 野津田 岳人   (仙台)
35' 西村 拓真   (仙台)PK
49' イ ジョンヒョプ(湘南)PK
90+2' 西村 拓真  (仙台)

スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
入場者数:11,805人

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


3: 久太郎 ★ 2018/05/06(日) 17:58:08.72 ID:CAP_USER9

>>1
PK3本の荒れ試合!仙台が湘南に競り勝ち6戦ぶりの白星/J1第13節


明治安田生命J1リーグ第13節が6日に行われ、Shonan BMWスタジアム平塚では湘南ベルマーレとベガルタ仙台が対戦。ゴールデンウィーク最終日に開催されたゲームは3-1でアウェイの仙台が競り勝ち、6試合ぶりの白星を収めた

前節、柏に1-2で敗れてリーグ無敗が「3」でストップした湘南。ホームに戻って臨む仙台戦は、柏戦でターンオーバーでベンチスタートとなったアレン・ステバノヴィッチが先発に復帰。イ・ジョンヒョプと2トップを形成する。

対する仙台は、現在5試合勝利から見放されている。巻き返しを図る一戦には、6季ぶりに復帰した関口訓充が初のスタメン入りした。

開始3分、試合がいきなり動く。仙台は、蜂須賀孝治が右サイドからクロスを送ると、これに野津田岳人が合わせて先制。アウェイの仙台が幸先よく先制に成功する。

10分には、石原直樹がPA手前からシュートを放つが、これは枠の外に。すると28分、その石原がPA内で大野和成に倒されてPKを獲得する。このPKを倒された石原が蹴ったものの、GK秋元のスーパーセーブにより追加点ならず。

しかし、35分に今度は蜂須賀が菊地俊介に倒されて再びPKの判定。これを西村が左隅に決めて仙台が点差を広げた。西村はチームトップの5ゴール目をマークしている。

一方の湘南は前半、中盤でセカンドボールが拾えず、苦闘。それでも51分、イ・ジョンヒョプがPA内で金正也に倒されて今度は湘南がPKを獲得する。これをイ・ジョンヒョプ自身がきっちり決めて湘南が1点を返した。

57分に湘南はステバノヴィッチが足を痛めて負傷退場。ベテランの梅崎司を投入する。70分に、高橋諒のクロスにその梅崎が詰めたが、触ることができない。

果敢に同点ゴールを奪いに行く湘南だったが、後ろをがっちり固める仙台の堅守を崩すことができず。後半ATに、カウンターから西村に決められ勝負あり。3本のPKが飛び交った激戦をモノにできず、1-3で敗れた。

一方の仙台は悲願の6戦ぶり白星をマークした。仙台は次節、12日に首位のサンフレッチェ広島とホームで対戦、敗れた湘南は同日にアウェイで清水エスパルスと激突する。

■試合結果
湘南ベルマーレ 1-3ベガルタ仙台

■得点者
湘南:イ・ジョンヒョプ(49分)
仙台:野津田岳人(3分)西村拓真(35分、90+2分)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00010014-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:46 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖、連敗「7」でストップ!清水に3-1快勝!イバルボが途中出場で復帰!J1第13節2日目昼(関連まとめ)

【サッカー】J1第13節2日目昼 鳥栖×清水 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525593523/
原川2018第13節PK.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/05/06(日) 16:58:43.77 ID:CAP_USER9.net

鳥栖 3−1 清水
[得点者]
11' 原川 力   (鳥栖)PK
16' オウンゴール (清水)
26' 小野 裕二  (鳥栖)
51' 安 庸佑   (鳥栖)

スタジアム:ベストアメニティスタジアム
入場者数:14,103人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/050601/live/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


2: 久太郎 ★ 2018/05/06(日) 16:59:36.58 ID:CAP_USER9.net

>>1
鳥栖が連敗を「7」でストップ!清水に3発快勝でトンネル脱出/J1第13節

■J1第13節 鳥栖 3-1 清水

鳥栖:原川(11分)、小野(26分)、安庸佑(51分)
清水:OG(16分)

明治安田生命J1リーグ第13節が6日に行われ、ベストアメニティスタジアムでサガン鳥栖と清水エスパルスが対戦した。

11分、清水が不運な形でPKを献上。キッカーを務めたFW原川力がゴール左隅へシュートを放ち、GK六反勇治にコースを読まれるも、その手をはじいてネットへ突き刺した。ホームの鳥栖が先制。

清水は直後、右サイドをDF飯田貴敬が持ち上がり、素早くグラウンダーのクロスを供給。これを防ぎに行ったDF小林祐三の足にボールが当たり、そのままゴールへ。16分、オウンゴールという形でたちまち同点に。

1-1の26分、鳥栖は左サイドを攻略。DF吉田豊が浮き球のクロスを供給すると、ボールはピンポイントでFW小野裕二の頭上へ。巧妙にマークを外してヘディングを沈め、再び鳥栖がリード。

鳥栖はさらに51分、MF高橋義希の絶妙なヒールパスに反応したMF安庸佑が左足を振り抜き、2試合連続ゴールで追加点を奪った。

78分に小野がこの日2枚目のイエローカードで退場となるも、試合は3-1で鳥栖が勝ち、連敗を7で止めた。負けていれば最下位転落という状況の中、勝ち点3を手にして踏みとどまった形だ。清水は2連敗。

鳥栖の次戦は、9日に行われるJリーグYBCルヴァンカップ第5節。V・ファーレン長崎とホームで対戦する。清水は同日、同じくルヴァンカップ第5節でジュビロ磐田とのアウェイゲームに臨む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00010013-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:40 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウサンプトン、終了間際の失点でエバートンとドローで降格危機…吉田麻也はイエロー2枚で退場(関連まとめ)

【サッカー】サウサンプトン、終了間際の失点で痛恨ドロー降格のピンチ…吉田はイエロー2枚で退場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525548664/
吉田2018第35節.jpg

1: pathos ★ 2018/05/06(日) 04:31:04.55 ID:CAP_USER9.net

 プレミアリーグ第37節が5日に行われ、吉田麻也が所属するサウサンプトンがエヴァートンと対戦した。吉田はこの試合でも先発出場を果たしている。

 試合が動いたのは56分。縦パスに反応して右サイドの深い位置に走り込んだセドリック・ソアレスがクロスを供給すると、ペナルティエリア内に走り込んだ途中出場のネイサン・レドモンドが頭で合わせてネットを揺らした。指揮官の采配が見事に当たり、サウサンプトンが先制に成功する。

 85分にはエヴァートンのバイェ・ウマル・ニアッセを倒した吉田がこの試合2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を受けてしまう。数的不利となったサウサンプトンだったが、その後も集中した守りを見せてエヴァートンの攻撃陣にゴールを割らせない。

 そのまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、試合は再び動きを見せる。トム・デイヴィスが放ったミドルシュートがサウサンプトンのヴェスレイ・フートの脚に当たって方向が変わり、ボールはそのままゴールへと吸い込まれていった。最後まで諦めずに攻撃に出たホームチームが、土壇場で試合を振り出しに戻した。

 直後にタイムアップの笛が鳴り、サウサンプトンは前節に続くリーグ戦2連勝とはならず。土壇場で痛恨の失点を喫したことで、勝ち点2を落とす形となってしまった。なお、先発出場を果たした吉田は最終ラインで奮闘していたが、84分に退場処分を受けてピッチを後にしている。

 次節、サウサンプトンは8日にアウェイで、勝ち点「33」で並んでいるスウォンジーとの直接対決に臨む。

【スコア】
エヴァートン 1−1 サウサンプトン

【得点者】
0−1 56分 ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
1−1 90+6分 トム・デイヴィス(エヴァートン)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00753589-soccerk-socc



※一部追記しました

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:20 | 大阪 | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーク・シティ、2部降格が決定

ストーク・シティ、クリスタル・パレスに敗戦で2部降格が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00010023-goal-socc
ストーク拍手.jpg

5日のプレミアリーグ第37節、ストーク・シティはホームでのクリスタル・パレス戦を1−2で落とし、2部降格が決定した。

ストーク・シティはMFジェルダン・シャチリが先制点を記録。だが、その後にMFジェームズ・マッカーサー、DFパトリック・ファン・アーンホルトのゴールを許して逆転負けを喫した。これで残留圏にまで順位を上げることは不可能となり、来季チャンピオンシップでプレーすることが確定している。

2007−08シーズンにクラブ史上初となるプレミアリーグ昇格を決めたストーク・シティは、昨季まで14位以下でシーズンを終えたことがないなど同リーグに定着。2010−11シーズンにはFAカップ決勝進出も果たしていた。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 16
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517849819/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤達哉、ブンデス初ゴールも幻に…HSVはフランクフルトに完敗も今節の降格回避 残留争いは最終節に持ち越し(関連まとめ)

伊藤達哉の初ゴールは幻…HSV完敗も今節の降格決定回避、残留争いは最終節に持ち越し
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-01653450-gekisaka-socc
伊藤達哉2018第33節頭に手.jpg


[5.5 ブンデスリーガ第33節 フランクフルト3-0ハンブルガーSV]

 ブンデスリーガは5日、第33節を行い、DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは敵地でMF長谷部誠、FW鎌田大地所属のフランクフルトと対戦し、0-3で敗れた。伊藤は左ウイングで先発し、前半45分間プレー。酒井は右サイドバックで先発し、後半35分に途中交代。長谷部は出場停止、鎌田はベンチ外だった。

 伊藤の初ゴールは“幻”となった。前半25分、MFアーロン・ハントが斜めにスルーパスを入れ、猛然とエリア内に走り込んだ伊藤が左足シュートを流し込んだ。先制ゴールかと思われたが、オフサイドの判定が下された。

 試合を動かしたのはフランクフルトだった。前半30分、DFイェトロ・ウィレムスが左サイドを駆け上がり、FWセバスチャン・アレにパスを通す。アレのスルーパスで抜け出したMFマリウス・ボルフが冷静にGKとの1対1を制し、先制に成功した。

 0-1で折り返したハンブルガーSVは後半開始と同時に2枚を替え、伊藤はベンチに下がった。後半22分、スルーパスで抜け出したFWボビー・ウッドが決定的なシュートを放ったが、GKが至近距離でセーブ。後半24分にはDFドウグラス・サントスが約30mの位置から強烈ミドルで放ったが、惜しくも左ポストを叩いた。

 ハンブルガーSVの攻勢が続いたが、次の1点もフランクフルトが奪った。後半32分、スローインの流れからカウンターを仕掛け、最後はMFオマール・マスカレルが右足シュートでDF2人の間を射抜き、2-0にリードを広げた。ハンブルガーSVは最後の交代枠を使い、後半35分に酒井がベンチに下がった。

 フランクフルトは試合を優位に進め、後半アディショナルタイムには復帰戦となったFWアレクサンダー・マイヤーがダメ押しの3点目。3-0で完勝したフランクフルトは6試合ぶりの勝利。一方、17位ハンブルガーSVは勝ち点2差で追うプレーオフ圏16位ボルフスブルクが敗れたため、今節での降格決定は免れ、残留争いは最終節に持ち越されることになった。


Hamburger SV 伊藤達哉part1
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1509812668/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元マンU監督ファーガソン氏、脳出血で緊急手術「集中治療が必要な状態」(関連まとめ)

ファーガソン氏が脳出血で緊急手術…「集中治療が必要な状態」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00753619-soccerk-socc
ファーガソン拍手.jpg

 長年にわたってマンチェスター・Uの指揮官を務めたアレックス・ファーガソン氏が、緊急手術を受けたようだ。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、ファーガソン氏は現地時間の5日に脳出血の手術を受けたとのこと。クラブはこの件に関して、次のように声明を出している。

「手術は無事成功しましたが、回復のために集中治療を受ける期間が必要です」

 現在76歳のファーガソン氏は、1986年から2013年にかけてマンチェスター・Uを指揮し、プレミアリーグを13回、チャンピオンズリーグを2回制覇するなどクラブに数々の栄冠をもたらしてきた。

 引退後も古巣の試合を観戦するためにたびたびスタジアムを訪れていたファーガソン氏は、先月の29日にもマンチェスター・Uの本拠地であるオールド・トラフォードに赴き、今シーズン限りでの退任が決まっているアーセン・ヴェンゲル監督に記念のトロフィーを贈るなど、元気な姿を見せたばかりだった。

【サッカー】元マンU監督のアレックス・ファーガソンが脳出血で緊急手術
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525548473/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、絶妙ループなど1ゴール1アシスト!今季10得点10アシスト達成!(関連まとめ)

【サッカー】中島翔也、今季リーグ戦10ゴール目!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525539589/
中島2018第33節アシスト.jpg

1: 動物園φ ★ 2018/05/06(日) 01:59:49.32 ID:CAP_USER9.net

第33節
5/5(土)24:00
エスタディオ・ド・レステロ

ベレネンセス 3-2 ポルティモネンセSC

得点
0-1 中島翔哉(前半14分)
1-1 マウリデス・ロケ・ジュニオール(前半29分) PK
1-2 ファブリシオ・ドス・サントス・メシアス(前半39分)
2-2 リカ・カルロス・ペレイラ・カルネイロ(後半12分)
3-2 マウリデス・ロケ・ジュニオール(後半36分) PK

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11046468


2: 動物園φ ★ 2018/05/06(日) 02:00:21.94 ID:CAP_USER9.net

中島翔哉、今季10得点10アシスト! ダブルで二桁到達。W杯に向け猛アピール
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180506-00268243-footballc-socc

【ベレネンセス 3-2 ポルティモネンセ プリメイラ・リーガ第33節】
 
 現地時間5日にプリメイラ・リーガ第33節の試合が行われ、ポルティモネンセはベレネンセスのホームに乗り込んで対戦。

 ポルティモネンセに所属する中島翔哉は先発出場を果たした。試合開始して14分、中盤でボールを奪ってのカウンターからファブリシオが縦にスルーパス。DF裏に抜け出した中島が相手GKの頭上を超えるループシュートを放ち先制点を決めた。

 29分に同点に追いつかれたものの、39分には中島がゴール前に折り返したボールにファブリシオが合わせて再び勝ち越しに成功。この結果、中島は今季公式戦10得点10アシストを記録した。ただ、58分に同点に追いつかれ、82分には逆転ゴールを決められている。中島の活躍も虚しく、結局ポルティモネンセは2-3の敗戦を喫した。

【得点者】
14分 0-1 中島(ポルティモネンセ)
29分 1-1 マウリデス(ベレネンセス)
39分 1-2 ファブリシオ(ポルティモネンセ)
58分 2-2 リカ(ベレネンセス)
82分 3-2 マウリデス(ベレネンセス)


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【救世主武藤】武藤嘉紀、残留決める絶妙ヘッド!マインツはドルトムントに勝利しブンデス1部残留決定(関連まとめ)

【サッカー】マインツ、ドルトムント相手に勝利で残留決定!武藤嘉紀はゴールで貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525534106/
武藤2018第33節02.jpg


1: 久太郎 ★ 2018/05/06(日) 00:28:26.47 ID:CAP_USER9.net

 ブンデスリーガ第33節が5日に行われ、武藤嘉紀の所属するマインツがドルトムントと対戦した。

 残留のために負けられないマインツが先にチャンスを掴む。4分、ペナルティエリア内で右サイドからボールを受けたジャン・フィリップ・グバミンが左にそらすと、デビュー2戦目となったボテ・バクがダイレクトでシュートを放ち、ネットを揺らした。バクは前節のライプツィヒ戦でも得点を奪っており、2試合連続となるゴールを決めた。

 さらに13分、左サイドでボールを持ったパブロ・デ・ブラシスが中央へ早めのクロスを入れ、これに反応した武藤がヘディングでゴールを奪った。武藤は今シーズン8点目を記録している。

 しかし、すぐさまドルトムントの反撃を受ける。16分、左サイドからペナルティエリア内に侵入してきたサンチョが相手DFを交わして横にパスを出す。フリーで待っていたマキシミリアン・フィリップがそのままシュートを放ち点差を縮めた。

 後半は一進一退の攻防が続き、試合はそのまま終了。マインツは、ドルトムントのホームゲームで初めて勝利し、残留に向けて貴重な勝ち点3を獲得した。なお、武藤は87分に途中交代でピッチを後にした。

【スコア】
ドルトムント 1−2 マインツ

【得点者】
0−1 4分 ボテ・バク(マインツ)
0−2 13分 武藤嘉紀(マインツ)
1−2 16分 マキシミリアン・フィリップ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00753512-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:08 | 大阪 ☁ | Comment(25) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング