アンテナ・まとめ RSS

2018年06月09日

吉田麻也、スイス戦のPK献上を反省「結果が出ていないのでしゃべっても説得力ない」

【サッカー】<DF吉田麻也>痛恨のPK献上を反省!「結果が出ていないのでしゃべっても説得力ない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528507851/
吉田2018スイス戦.jpg

1: Egg ★ 2018/06/09(土) 10:30:51.96 ID:CAP_USER9.net

DF吉田がPK献上を反省した。

前半40分、DF酒井高が交わされ、日本の右サイドからエリア内に進入を許した。そこで相手を引っかけ、PKの判定。42分にネットを揺らされた。

「止めるならボックス外で止めるべきでしたね。(前半の)残り時間も少しのところで、サコ(大迫)が負傷退場して、(プレーが切れたことから)集中力が少し切れやすいところで、締めなきゃいけないという話は(ピッチで)していたんですけどね。そこのところは個人のミスなので」と悔いた。

 この失点でスイスに余裕を持たれ、逆に日本はバランスを崩し、後半にはカウンターから2失点目を喫した。

2失点目については「(W杯)予選のときから、こういう危ないシーンっていうのがあって、もうちょっと早めに芽を摘むというか、プロフェッショナルファウルじゃないですけど、鼻の利くプレーをしなければいけないと思います」と指摘。

最後はDFリーダーとして「結果が出ていないのでしゃべっても説得力ない。言い訳に聞こえるでしょ?だからピッチで(示したい)」と結んだ。

6/9(土) 8:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000064-sph-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180609-00000064-sph-000-3-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(44) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、フランス代表FWフェキル獲得で合意!英BBC報道

リバプール移籍で合意! 仏代表FW、明日メディカルチェック。気になる移籍金は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180608-00273306-footballc-socc
フェキルリヨン.jpg

リヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキルが、リバプールに移籍することで合意に至ったようだ。7日に英メディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、リバプールが移籍金4835万ポンド(約71億2000万円)+最大でボーナス440万ポンド(約6億5000万円)を支払うことで合意に至ったという。また、英紙『ガーディアン』によれば、フェキルがクレールフォンテーヌでメディカルチェックを受けた後、早ければ現地時間8日に契約が成立する見通しとのこと。

 フェキルは今季公式戦40試合に出場し23得点8アシストを記録。主将としてチームを牽引していた。ロシアワールドカップに臨むフランス代表にも招集されており、グループステージではオーストラリア代表、ペルー代表、デンマーク代表と対戦する。


〓〓 Liverpool FC 〓 941 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1528298759/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポーランド紙「日本の弱点はゴールキーパー」

【サッカー】“GK大国”ポーランド地元紙「日本のGKは彼らの弱点だ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528507572/
川島2018スイス戦試合後.jpg

1: pathos ★ 2018/06/09(土) 10:26:12.04 ID:CAP_USER9.net

 8日、日本代表は国際親善試合でスイス代表と対戦し、0-2で敗れた。日本とロシアW杯で戦うポーランドの地元紙『プシェグロンド・スポルトビ』は、「日本のゴールキーパーは彼らの弱点だ」と伝えた。

 5月30日のガーナ戦(0-2)は3-4-2-1で臨んだ日本だが、この試合は4-2-3-1に変更。しかし、前半42分にDFリカルド・ロドリゲスにPKを決められると、後半37分にはFWハリス・セフェロビッチに追加点を許し、完封負けを喫した。

 偉大なGKを何人も輩出してきた“GK大国”ポーランドの地元紙は、日本の敗戦を伝えるとともに、GK川島永嗣のミスについて言及。前半36分、敵陣中央からMFバロン・ベーラミがPA内へロングパスを送ると、飛び出したGK川島がクリアできず、FWマリオ・ガブラノビッチがヘディングシュート。これに反応したFWブレール・エンボロが頭で合わせるが、角度がなく左ポストに助けられた。

 さらに後半30分、カウンターを仕掛けようとMF乾貴士を目掛けて、GK川島が前線のスペースにスローを試みるが、MFシェルダン・シャキリがカット。シャキリの左足シュートはわずかに枠を外れ、事なきを得た。同紙は川島のミスについて、「彼は“ショー”を続けたが、幸運だった」と直接失点につながらなかったが、「日本のゴールキーパーは彼らの弱点だ」と伝えた。

 日本は12日に本番前最後の強化試合でパラグアイ戦と戦う。西野朗監督は試合終了後のインタビューで、「今日のバックアッパーを起用する」と明言したが、正守護神の座は誰が掴むのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-01654815-gekisaka-socc


川島永嗣、ハリルとの3年間振り返り「選手が成長する事を考えている監督だった」
https://www.footballchannel.jp/2018/04/10/post264791/

 解任されたハリルホジッチ監督に対しては「感謝の気持ちは伝えたくても伝えきれない。それは彼が残したW杯出場という功績に対してだけでなく、本気で自分を成長しようとぶつかってきてくれた情熱に対してもだ」と感謝の気持ちを述べている。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(34) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王者ドイツ代表、サウジに2-1辛勝し6戦ぶり白星 レーヴ監督は内容を反省も「心配してない」(関連まとめ)

【サッカー】世界王者ドイツがサウジにまさかの苦戦…レーヴは内容反省も「心配はしていない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528509623/
ヴェルナードイツ代表サウジ戦.jpg
1: 数の子 ★ 2018/06/09(土) 11:00:23.70 ID:CAP_USER9.net

ドイツ代表は8日にサウジアラビアと親善試合を行い、2-1と勝利した。試合後、ヨアヒム・レーヴ監督がコメントした。

ロシア・ワールドカップへ世界王者として臨むドイツ。しかし、サウジアラビア戦では8分にヴェルナーのゴールで先制するも、その後はオウンゴールでの追加点のみに。さらに終了間際には失点を喫する展開となり、なんとか1点を守りきっての勝利となった。

FIFAランキング67位のサウジアラビア相手に苦戦したレーヴ監督は試合後、以下のように語っている。

「心配はしていない。内容を改善しなければいけないことはわかっているが、トーナメントが始まったときにはベストの状態になることを約束する」

「スタートは本当に良かったし、前半は問題ない。しかし、後半は試合の主導権を手放してしまった。多くのチャンスを逃し、あまりに相手の決定機を許した。パスがうまく繋がった場面は少なかったかもしれないが、選手のランは良かったよ」

「改善しなければいけないことは明らかだ。たぶん、みんな少し疲れている。だが、2週間のキャンプ後では普通のことだ。来週には、これまで通りの強さを見せることが出来るだろう」

2日にはオーストリアに1-2と敗れていたドイツ。これで本大会前の親善試合を終えた世界王者は、18日にメキシコとの開幕戦を迎えたあと、24日にスウェーデン、27日に韓国と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000038-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガーナ政府、ガーナサッカー協会を突如解体!ニャンタキー会長らが汚職で逮捕

【サッカー】 あまりに異例…ガーナサッカー協会、政府命令で突如閉鎖![06/08]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528463171/
ニャンタキー会長.jpg
1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/06/08(金) 22:06:11.83 ID:CAP_USER9.net

2018/06/08 06:30 編集部K

『BBC』など各メディアは、「ガーナ政府は、ガーナサッカー協会の活動を停止させた」と報じた。

先日からガーナではサッカー協会の汚職疑惑が伝えられており、クウェシ・ニャンタキー会長が逮捕されていた。66名のガーナ人審判と14名の協会職員が賄賂を受け取っていると報じられており、その疑惑の中心にニャンタキー氏がいると考えられている。

この事件はメディアによる「おとり取材」から広がったもので、ガーナに投資しようとしている実業家を装った記者から、ケニア人審判のアデル・レンジ・マーワが600ドル(およそ6万6000円)の賄賂を受け取った場面が映されていたとのこと。

マーワは今回のワールドカップでもアシスタントレフェリーとして参加する予定だったが、この事件が発覚したことによって辞退することになった。

映像では、マーワが試合の結果を操作することを約束してはいないものの、そもそも審判は贈り物を受け取ることを禁止されている。

また、ガーナサッカー協会会長のニャンタキー氏や副会長らが「ニセのスポンサー」から6万5000ドル(およそ713万円)の賄賂を受け取っている映像も含まれていたとのこと。

ガーナ政府はこの取材が含まれたドキュメンタリー映画を受け取り、即座に腐敗への対応を行い、ガーナサッカー協会を閉鎖させる決断をしたとのことだ。

ただ、ガーナ大統領にサッカー協会を解散させられる権限はなく、FIFAの規約で禁止されている「第3者の干渉」にもあたる。さらに協会側は汚職の疑惑を否定しており、FIFAと協力の上で反証していくと宣言している。

なお、ガーナは今年女子アフリカネイションズカップをホストする予定であったが、もし活動が不可能になれば開催できなくなる。また現在行われているU-20ワールドカップ予選からも失格となる可能性が高い。

https://qoly.jp/2018/06/08/ghana-football-association-was-dissolved-kgn-1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、エムレ・ジャンとフラナガン退団を公式発表!ジャンはユベントス移籍が決定的

リバプール、2選手の退団を発表…カンはユーベ移籍が決定的に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-01654823-gekisaka-socc
ジャンとフラナガン.jpg

 リバプールは8日、MFエムレ・カン(24)とDFジョン・フラナガン(25)が退団することを発表した。

 2014年6月にレバークーゼンから加入したカンは、在籍4シーズンで公式戦167試合に出場。アカデミー出身のフラナガンは、2011年のデビュー以降51試合に出場し、今シーズンはボルトンでプレーしていた。

 なお、カンはユベントスへの移籍が決定的と報じられている。


〓〓 Liverpool FC 〓 942 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1528471963/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本と同組のセネガル、クロアチアに逆転負け!ポーランドはチリに追い付かれ2-2ドロー(関連まとめ)

【サッカー】<日本と同組>セネガル、MFモドリッチら擁するクロアチアに1-2逆転負け!ポーランド、2点リード守れずチリとドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528492374/
セネガル2018強化クロアチア戦.jpg

1: Egg ★ 2018/06/09(土) 06:12:54.86 ID:CAP_USER9.net

【ポーランド 2-2 チリ 国際親善試合】

 ロシアワールドカップで日本と同組のポーランド代表は現地時間8日、チリ代表と国際親善試合を行い、2-2で引き分けた。

90分の悲痛な叫び…! ハリルホジッチ前日本代表監督が心境を吐露【記者会見ノーカット】

 FFIAランキング8位ポーランドと9位チリの強国対決。ロシアワールドカップ出場権を逃したチリを相手に、本番間近のポーランドは序盤から主導権を握る。

 先制点は30分に決まった。高い位置でボールを奪ったポーランド。ペナルティエリア手前でパスを受けたレバンドフスキは前を向いて左足を振り抜き、強烈なシュートを突き刺した。

 その4分後には味方が呼応。相手のミスもあって左サイドを抜け出したグロシツキが折り返し、フリーのジエリンスキがゴールネットを揺らした。レバンドフスキとジエリンスキは、韓国戦に続いて2試合連続得点だ。

 しかし、チリも意地を見せる。38分、パチューカで本田圭佑とチームメートのサガルがクロスを入れると、バルデスが合わせて1点を返した。56分にはアルボルノスが決めて、2-2の同点に追いつく。

 交代枠を積極的に使ったポーランドは75分、途中出場のミリクが決定機を迎えるも枠を外して勝ち越しに失敗。試合は2-2のまま終了した。

 ポーランドは12日にリトアニアと対戦したあと、本番に突入する。先月27日の韓国戦では勝利したものの2失点していただけに、守備に課題が残っているのかもしれない。

【得点者】
30分 1-0 レバンドフスキ(ポーランド)
34分 2-0 ジエリンスキ(ポーランド)
38分 2-1 バルデス(チリ)
56分 2-2 アルボルノス(チリ)

フットボールチャンネル 6/9(土) 5:41
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00273476-footballc-socc


【クロアチア 2-1 セネガル 国際親善試合】

 現地時間8日に国際親善試合が行われ、ロシアワールドカップのグループステージで日本代表と同組のセネガル代表はクロアチア代表と対戦。

【2018年ロシアW杯】グループリーグ組み合わせ

 セネガルはリバプールでプレーするサディオ・マネやナポリ所属のカリドゥ・クリバリなどを先発起用した。対するクロアチアは、レアル・マドリーのルカ・モドリッチ、ユベントスのマリオ・マンジュキッチ、インテルのイバン・ペリシッチなどがスタメン出場を果たしている。

 お互いに強力な攻撃陣を抱えるチーム同士の戦い。試合開始して48分、イスマイラ・サールがゴールを決めてセネガルに先制点が入る。しかし63分にクロアチアのペリシッチに同点ゴールを決められると、78分にはアンドレイ・クラマリッチに逆転ゴールを決められてしまう。結局、リードを奪われたまま試合が終了し、セネガルは1-2の敗戦を喫した。

 セネガルは現地時間11日に韓国代表と親善試合を行なった後、ロシアワールドカップに臨む。本大会のグループステージでは、日本代表、ポーランド代表、コロンビア代表と同組のグループHに入った。

【得点者】
48分 0-1 サール(セネガル)
63分 1-1 ペリシッチ(クロアチア)
78分 2-1 クラマリッチ(クロアチア)

フットボールチャンネル 6/9(土) 2:58
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00273316-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 🌁 | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、C大阪FW柿谷曜一朗に4億円オファー!宇佐美貴史にもオファー(関連まとめ)

【G大阪】J史上かつてない“大事件”ライバルC大阪から禁断の柿谷獲り 宇佐美にもオファー

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000289-sph-socc
柿谷2018大阪ダービー.jpg

サッカーJ1のG大阪が、C大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗(28)に獲得オファーを出したことが8日、明らかになった。すでに移籍金等も含めた交渉は進行しており、実現の可能性は高いとみられる。C大阪のエースナンバー「8番」を背負う選手が、大阪のライバルクラブへの移籍となれば史上初。Jリーグ史上でもかつてないほどの“禁断の移籍”となる。

 J1で16位と低迷するG大阪が、衝撃的な補強プランを進めていることが判明した。ターゲットは、C大阪の顔と言える柿谷だ。大阪ダービーで熱くぶつかるライバルクラブから、史上初めてエースナンバー8を背負う生え抜きのエース格を引き抜くとなれば、両クラブのサポーターにとっても“事件”と言える。

 G大阪は今季、かつてC大阪を率いたレヴィー・クルピ監督(65)を招へい。しかしエースとしての活躍が見込まれていたFWアデミウソンの負傷離脱などが影響し、低迷が続く。6日の天皇杯2回戦ではベストメンバーをそろえたにもかかわらず、関西学院大に敗戦。チーム状況は好転の兆しどころか、さらなる深みにはまっている。W杯後に再開(7月18日)となるリーグ後半戦に向け、日本代表FW宇佐美=デュッセルドルフ=にもオファーを出しており、柿谷との“ダブル獲得”をチーム浮上の起爆剤にしたいともくろんでいる。

 柿谷は今季リーグ戦で出場した12試合中、フル出場はわずか3試合。4ゴールは挙げているが、途中交代の多い尹晶煥監督(45)の起用法に不満を漏らしていた。G大阪のクルピ監督は、かつて指導を受けた恩師。若手時代に遅刻を繰り返し、J2徳島に放出された過去もあるが、13年には同監督の下でブレイク。自己最多の21得点を挙げて14年ブラジルW杯の日本代表入りも果たした。

 C大阪への愛着も強い柿谷だが、自身の現状とクルピ監督の存在もあり、移籍に前向きな姿勢を見せている模様。禁断の移籍は実現するのか。柿谷の決断に注目が集まる。

 ◆禁断の移籍メモ Jリーグでは18年1月、横浜Mの主将で10番を背負う元日本代表MF斎藤が、同じ神奈川県内のライバルクラブ・川崎へと移籍。海外では2000年、スペイン1部で永遠のライバルと言われるバルセロナからRマドリードへと移籍した元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴが有名。マンチェスターCとマンチェスターU、ともにロンドンをホームとするアーセナルとチェルシーなど、同じ街をホームタウンとし、ダービーマッチが盛り上がるクラブ間の移籍は、禁断の移籍として敬遠される。G大阪は10年に当時C大阪の得点源だったFWアドリアーノを獲得したが、日本人選手の主力クラスを引き抜いた例はない。

柿谷に“禁断オファー”日本人初のセレッソからガンバ移籍へ!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000001-spnannex-socc


J2降格圏16位に低迷するG大阪がC大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗(28)に今夏の獲得へ向け、正式オファーを出したことが8日、分かった。過去、C大阪からG大阪へ移籍した日本人選手は皆無な上、柿谷はエース番号を背負うC大阪の象徴。禁断の移籍成立へ向けて、ピッチ外での“大阪ダービー”が勃発した。

 苦しい現状が、禁じ手を解かせた。G大阪は今季からレヴィー・クルピ監督(65)が就任したものの、戦術が浸透せず、リーグ戦は4勝3分け8敗の16位。ルヴァン杯こそプレーオフに進出しているが、ベストメンバーを送り出した天皇杯2回戦ではアマチュアの関学大に1―2で敗れた。この窮地から抜け出すため、指揮官がかつての愛弟子に救いの手を求めた。複数の関係者によると移籍金は国内では破格の4億円超という。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10484
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1528479896/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、スイスに0-2完敗…槙野智章「監督が目指すのは4バックか3バックかはまだ分からないですけど」まとめその4(関連まとめ)

「監督が目指すのはまだ分からないですけど…」槙野は危機感を募らせつつ「前を向いてやるだけ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-01654802-gekisaka-socc
槙野2018スイス戦.jpg

[6.8 国際親善試合 日本0-2スイス ルガーノ]

 本番を目前に控えた今も不安を拭えずにいる。日本代表はガーナ戦(0-2)での3バックから4バックに変更して臨んだが、根本的な課題を克服することはできず、同スコアで完敗。DF槙野智章は「チーム全体で危機感を持ってやらなくてはいけない」と反省を口にしつつ、「これをしっかり受け止めて前を向いてやるだけ」と語った。

 攻撃面ではガーナ戦に続く無得点。「自分たちがディフェンスでいいアクションを起こしてシュートまで持っていけるシーンは数多くありました。最後のところでシュートの精度、パスの精度を欠いていましたけど、攻撃は非常にいい部分がありました」。槙野と同様に西野朗監督も「形は作れている」と強調したが、ゴールの匂いを感じさせるチャンスシーンを作っていたとは言い難い。

 格上を倒す上で生命線となる守備でも再び脆さをのぞかせた。失点はPKとカウンターから。GK川島永嗣の軽率なミスなど自らピンチを招く場面も目立ち、さらにリードを広げられていた可能性もある。

 槙野は今回の4バックについて「いつもやっているメンバーで組んでいたので、何の戸惑いもなくやれたと思います。ラインの統率、セカンドボールへの意識、攻撃時のリスクマネジメントのところでも非常にいいものもありました」と語る一方、「もう少し隙なくやらなくてはいけない」と自戒を込めて話す。

「監督の目指す、4バックなのか3バックなのかまだ分からないですけど、監督の求めるものをしっかりピッチの上で表現できればなと思っています」

 W杯に向けて残されたテストマッチは12日のパラグアイ戦のみ。その後、19日にグループリーグ初戦のコロンビア戦に臨むことになる。

◆ルヴァンの日 レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1528483437/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(46) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、スイスに0-2完敗 大島僚太「個の対応をするためにチームとして守る必要がある」まとめその3(関連まとめ)

守備に手応え感じる大島僚太、課題は「個の力への対応。チームでどう守るか」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000031-goal-socc
大島2018スイス戦ドリブル.jpg


日本代表は現地時間8日、国際親善試合でスイスと対戦。西野朗監督体制になり、2戦目となる試合で勝利を目指したが、見せ場を作ることができずに0-2で敗れた。

試合後のフラッシュインタビューでMF大島僚太は以下のように振り返った。

「入りがあまりよくなくて、もう少し前につけるシーンができれば良かったと思います。前の選手に気分よくプレーしてもらうために。自分たちのところはスペースがありましたし、サイドのスペースが空いていたので、そこの使い分けも必要だったと思います」

「チームとして準備していたことができた時間もありました。そこは良かった点ではあると思います」

「まずは守備に関して、どう入るか、どう守るか、はっきりできた部分はありました。ただ個の力に対応するために、チームとして守る必要があるとも感じました」

日本代表は、このあと12日に本大会前最後となる親善試合でパラグアイと対戦。そしていよいよ、19日にコロンビアとの初戦を迎える。24日にはセネガル、28日にポーランドと対戦する。

☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1231〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1528120239/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:27 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、強豪スイスに0-2完敗 香川や乾を途中投入も得点ならず まとめその2(関連まとめ)

西野J、強豪スイスに0-2完敗 新体制で2連敗とロシアW杯に向けて不安露呈
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00109536-soccermzw-socc
香川スイス戦ドリブル.jpg

吉田がPKを献上して1点ビハインドで後半へ
日本代表は現地時間8日、スイスとの国際親善試合に臨み、前半、後半にそれぞれ1点ずつを奪われて0-2で完敗した。

 FIFAランキングではスイスが6位、日本は61位と格差がある対戦となったなか、西野朗監督は就任2戦目で4バックをチョイス。トップ下にはMF本田圭佑が入り、サイドは右にMF原口元気、左にMF宇佐美貴史と、ドイツ2部デュッセルドルフのチームメイトを据えた。

 試合は開始から間もなくボールの空気圧の不備がスイスの選手から指摘される事態があったが、落ち着いた立ち上がりを見せた。クロスやシュートなどの大きなプレーで終わるスイスに対し、日本はボールをつなぎながら攻撃したい意図は見えたものの、最終的な勝負に持ち込む前でパスやコントロールが乱れ、決定機に持ち込めないシーンが目立った。

 結局、日本はペナルティーエリア外からダブルボランチのMF長谷部誠とMF大島僚太が枠内にミドルシュートを放ったもののゴールには至らず。スイスも前半36分にロングボールから日本のGK川島永嗣の中途半端な飛び出しから得たチャンスをFWブリール・エンボロがゴールポストに当てて先制点はならなかった。

 日本は前半40分にFW大迫勇也が相手DFファビアン・シェアーとの接触で腰を痛めてFW武藤嘉紀と負傷交代となるアクシデントに見舞われた。さらにその直後には、左サイドからドリブルでカットインしてきたエンボロにDF酒井高徳とDF吉田麻也の間をドリブルで割られ、吉田が倒したとしてPKの判定。これをDFリカルド・ロドリゲスがゴール右に蹴り込み、日本は0-1のビハインドで前半を終えた。

後半31分から香川を投入するも…
 後半に入ると1点ビハインドの日本は、前半同様にショートパスをつないで攻撃する意図を見せた。同10分には負傷を抱えていたDF酒井宏樹とMF乾貴士を投入。しかし、前線では武藤がボールを収めることがほとんどできず、スイスのペナルティーエリア内を攻略する場面は作れないまま試合が進んだ。トップ下の本田も、ペナルティーエリアすぐ外の中央でボールを受けながら、コントロールが決まらずシュートも打てずと、存在感はほとんどなかった。

 結局、日本が後半に初めてシュートを打ったのは同26分の原口がペナルティーエリア外側から打ったものになったことからも、攻撃の迫力不足や機能不全を露呈。決定力を問題にしようにも、決定機自体がなかった。逆に後半29分には、川島からのスローをMFジェルダン・シャキリに読まれてカットされ、あわやというループシュートを打たれるなど、要所でスイスに脅威を与えられてしまった。

 後半31分には本田を諦めてMF香川真司をピッチへ。しかし、その香川もまたスイスの守備陣を前にボールを触る機会も少なく脅威にはなれなかった。すると同37分、中盤でのボールロストから左右に揺さぶられ、最終的にFWハリス・セフェロヴィッチに追加点を許して0-2で完敗した。

 日本代表は西野監督体制で5月30日の国際親善試合ガーナ戦に続き無得点で連敗。欧州入りしての初戦でも監督交代の効果やプレー内容の向上といった明るい兆しは全く見られなかった。今後、12日に国際親善試合パラグアイ戦を行って19日にワールドカップ(W杯)本大会初戦のコロンビア戦を迎えるが、明るい材料を探すことすら困難な状況が続いている。

≠1.FSV Mainz 05≠ 武藤嘉紀 Part20
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1521348196/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:25 | 大阪 ☁ | Comment(26) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、スイスに0-2完敗…FW大迫勇也が腰強打し負傷交代 まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】≪日本 0−2 スイス≫ 日本代表がスイスに敗れる!!、国際親善試合
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528483771/
大迫2018スイス戦キープ.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/09(土) 03:49:31.68 ID:CAP_USER9.net

6/8(金) 26:00
国際親善試合
スタディオ コルナレド

【結果】
日本代表 0−2 スイス

【得点者】
リカルド ロドリゲス (前半42分)
ハリス セフェロビッチ (後半37分)


[日本代表]
GK 1 川島永嗣
DF 5 長友佑都
DF 20 槙野智章
DF 21 酒井高徳 → DF 19 酒井宏樹
DF 22 吉田麻也
MF 4 本田圭佑 → MF 10 香川真司
MF 8 原口元気
MF 11 宇佐美貴史 → MF 14 乾貴士
MF 17 長谷部誠
MF 18 大島僚太 → MF 7 柴崎岳
FW 15 大迫勇也 → FW 13 武藤嘉紀


https://russia2018.yahoo.co.jp/game/score/2018060801/



大迫勇也が38分に負傷交代…直前の接触プレーで腰を強打
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00041737-sdigestw-socc

 6月8日(日本時間9日)、スイス・ルガーノで国際親善試合のスイス戦に臨んでいる日本代表をアクシデントが襲った。

 0−0で迎えた38分、1トップに入っていた大迫勇也がフィールド中央付近で倒れ込んだ。直前のプレーで腰を打撲し、何とかピッチに立っていたが、プレー続行が難しかったようで、ベンチは代わりに武藤嘉紀を投入。武藤はほとんどアップをしていない状況で、慌ただしくピッチに入る形となった。

 開幕まで10日を切ったなかで、まさかの負傷交代となった大迫の容態は気になるところだ。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:20 | 大阪 ☁ | Comment(74) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、スイス戦メンバー発表!本田、大島、酒井高徳らが先発!(関連まとめ)

西野ジャパン、本田はトップ下で起用か…日本代表がスイス戦のスタメンを発表!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00010001-goal-socc
日本代表ガーナ戦先発.jpg

日本時間9日に行われる国際親善試合のスイス代表戦に臨む日本代表のスターティングメンバーを発表した。

5月21日から国内で行われた合宿で、西野朗監督は3バックシステムを用いたトレーニングを実施。そして、西野ジャパン初陣となった5月30日のガーナ戦で、3バックを敷いたものの、0-2で敗戦。試合後にはブーイングに包まれるなど厳しい壁に直面していた。

そして、翌日の5月31日にロシアW杯最終メンバーを発表。指揮官は選考について「過去の経験値や実績を考慮した」とし、「ベストパフォーマンスを出してくれる選手を選んだ」と語っていた。3大会連続の出場となる本田圭佑をはじめ、香川真司や岡崎慎司といった代表で経験豊富なベテランを招集した。

オーストリア入りしてからの合宿では、一転して4バックでのトレーニングを積み重ねてきた。それもあって、今回のスイス戦は4-2-3-1の慣れ親しんだ布陣で臨むことが予想される。

GK川島永嗣、DFは右から酒井高徳、吉田麻也、槙野智章、長友佑都、MFはダブルボランチで長谷部誠と大島僚太、2列目は右に原口元気、左に宇佐美貴史、トップ下中央に本田圭佑を置き、1トップに大迫勇也が入る見込みだ。

西野監督はスイス戦について「先日のスペイン戦を見ても、かなりのプレッシングをしている。それを回避してポゼッションを求めながら入れるかというところをアグレッシブにトライしたい」とポイントを挙げていた。

そのうえで「仮想・ポーランドという位置づけで臨むことはない」と一蹴。「スイス、パラグアイ戦は、すべてコロンビア戦にベストな状態で入るためのゲーム」という位置づけを崩さなかった。

FIFAランク6位の強豪、スイスに対し、果たして西野ジャパンはどんな戦いを見せてくれるのか。注目の一戦は日本時間9日午前2時にキックオフを迎える。

《日本代表先発メンバー》

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)

DF
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
20 槙野智章(浦和レッズ)
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

MF
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
18 大島僚太(川崎フロンターレ)
4 本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
11 宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
8 原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)

FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

《控えメンバー》

GK
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)

DF
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
6 遠藤航(浦和レッズ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
2 植田直通(鹿島アントラーズ)

MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
14 乾貴士(エイバル/スペイン)
16 山口蛍(セレッソ大阪)

FW
9 岡崎慎司(レスター/イングランド)
13 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ

【サッカー】≪スタメン発表≫ スイス戦スタメン発表!!4-2-3-1のトップ下で本田先発へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528473814/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:19 | 大阪 ☔ | Comment(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング