アンテナ・まとめ RSS

2018年06月18日

スウェーデン代表、韓国を撃破!VAR判定で獲得したPK弾で1-0勝利!ロシアW杯F組第1節(関連まとめ)

【サッカー】スウェーデン、VARで獲得したPKで韓国に辛勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529329958/
スウェーデン韓国戦ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/18(月) 22:52:38.75 ID:CAP_USER9.net

6/18(月) 22:50配信
スポーツ報知

スウェーデン、VARで獲得したPKで韓国に辛勝
グランクビストが決めたPKに喜ぶスウェーデンイレブン(ロイター)
◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 スウェーデン1―0韓国(18日、ニジニノブゴロド)

 ロシアW杯1次リーグF組の韓国(FIFAランク57位)―スウェーデン(同24位)は1―0でスウェーデンが完封勝ちした。

 前半はお互いが決定機を生かせず、0―0で折り返したが、均衡を破ったのはスウェーデン。

 後半19分。ペナルティーエリアに侵入したクラーソンが倒され、VARの結果、PK獲得。これをDFグランクビストが冷静に沈め、先制。その後もスウェーデンは安定した試合運びで、韓国に反撃を許さず。欧州予選でイタリアとオランダを敗退に追い込んだ勝負強さを発揮し、貴重な勝ち点3をあげた。

 同組は前回大会王者のドイツがメキシコに0―1で敗れる波乱が起きていたが、この試合はFIFAランク通りの結果となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010003-spht-socc




※一部編集し直しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:24 | 大阪 ☁ | Comment(43) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア、カリニッチを代表チームから追放か?ナイジェリア戦で残り5分出場拒否

【サッカー】<クロアチアに激震!> 初戦で途中出場拒否のFWカリニッチ、チーム追放で母国へ帰国か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529320752/
カリニッチクロアチア代表.jpg

1: Egg ★ 2018/06/18(月) 20:19:12.11 ID:CAP_USER9.net

ダリッチ監督からマンジュキッチとの交代を指示されるも拒否

ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦でナイジェリアに2-0で快勝したクロアチアに激震が走った。地元メディア「24SATA」は、FWニコラ・カリニッチ(ACミラン)がチームから追放されたと報じた。

 カリニッチは2-0でリードしていたナイジェリア戦の終了約5分前、ズラトコ・ダリッチ監督からFWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)との交代出場を指示された。しかし、カリニッチはこれを拒否し、結局はFWマルコ・ピアツァ(シャルケ)が出場した。

 試合後の記者会見で、指揮官は「一つ問題があった」と話していたとしたが、それがこの不協和音だったという。

 ダリッチ監督はすでにカリニッチの追放を決断し、ロシアからクロアチアへ帰国させたという。クロアチアサッカー連盟からの正式発表はされていない。

 カリニッチは今季、イタリア・セリエAのフィオレンティーナからミランへ移籍したが、リーグ31試合に出場しながら6ゴールに終わり、期待に応える活躍を見せたとは言い難かった。現在30歳、今回は最初にして最後のW杯になる可能性があったが、自らそのチャンスを手放す格好となった。

 クロアチアは主将のMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)を中心に粒揃いのチームで、1998年フランスW杯で初出場ながら3位に輝いたチームに勝るとも劣らないという評判を得ている。初戦の快勝後に走った激震を乗り越えることはできるだろうか

フットボールZONE 6/18(月) 19時35分
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00112748-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180618-00112748-soccermzw-000-3-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコ代表39歳ラファエル・マルケス、W杯5大会連続出場で史上3人目の偉業達成!

【ロシアW杯】元バルサの39歳ラファエル・マルケス、史上3人目の偉業。W杯5大会連続出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529290970/
ラファエルマルケス独戦勝利.jpg

1: pathos ★ 2018/06/18(月) 12:02:50.57 ID:CAP_USER9.net

【ドイツ 0-1 メキシコ ロシアワールドカップ・グループリーグF組第1節】

 現地時間17日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグF組第1節でメキシコはドイツに1-0で勝利した。メキシコ代表のDFラファエル・マルケスが、史上3人目となるワールドカップ5大会連続出場を果たしている。

 かつてバルセロナで活躍し、現在はメキシコのアトラスでプレーしている39歳のマルケスは、1997年にA代表デビューを飾った大ベテランだ。

 マルケスはドイツ戦で先発から外れたものの、チームが苦しむ74分に投入され、逃げ切りに貢献。5度目のワールドカップで白星スタートを飾っている。

 ワールドカップ5大会連続出場は過去に2人のみ。1950年から5大会連続で出場した元メキシコ代表のGKアントニオ・カルバハルと、1982年から5大会連続出場した元ドイツ代表(西ドイツ時代も含む)のローター・マテウスだ。

 マルケスは過去4回のワールドカップを常にベスト16で敗退している。自身の記録を更新するため、最高のスタートを切ったと言えそうだ。

【了】
https://www.footballchannel.jp/2018/06/18/post275374/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、浅野との入れ替え判断は直前に…4日連続別メニューで調整(関連まとめ)

【サッカー】<岡崎慎司>入れ替えは直前に判断…決戦の地へ浅野も帯同
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529278474/
岡崎別メニュー.jpg

1: Egg ★ 2018/06/18(月) 08:34:34.17 ID:CAP_USER9.net

サッカー・日本代表合宿(17日、ロシア・カザン)左足首や右膝が万全でない上、右ふくらはぎにも痛みを訴えたFW岡崎慎司(32)は2日連続で室内調整となった。

カザン入り後、4日連続で別メニュー調整。状況は極めて厳しい。19日のコロンビア戦の欠場は濃厚だが、日本協会広報によると現状では離脱せず、会場となるサランスクにチームとともに帯同した。

大会規定では、初戦開始の24時間前までメンバー変更が可能(日本時間18日午後9時)。

それ以降の変更は不可能となるだけに、西野監督は締め切りギリギリまで岡崎の回復具合を見定めた上で、サポートメンバーのFW浅野拓磨(23)との入れ替えの判断を下す見通しだ。

W杯直前合宿での入れ替えは、2006年ドイツ大会で左ふくらはぎ肉離れのDF田中誠(当時磐田)に替え、DF茂庭照幸(当時FC東京)を緊急招集した例がある。

6/18(月) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000010-sanspo-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国紙、ドイツの敗戦に嘆く「我々にとって最悪のシナリオ」

【サッカー】韓国紙、ドイツの黒星スタートに「我々にとって最悪のシナリオだ!」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529291804/
ドイツ代表メキシコ戦後02.jpg

1: pathos ★ 2018/06/18(月) 12:16:44.30 ID:CAP_USER9.net

 ドイツ代表は17日、ロシアW杯のグループF第1節でメキシコ代表と対戦し、0-1で敗れた。前回王者の黒星スタートに嘆いたのは自国だけではなかったようだ。韓国『朝鮮日報』は「ドイツ独走の中、2位でベスト16進出を狙っていた韓国としては最悪のシナリオだ」と報じた。

 ドイツ、メキシコ、スウェーデンと同居する韓国代表は、18日の第1戦でスウェーデンと対戦する。その後、23日の第2戦でメキシコ、27日の第3戦でドイツと対決。同紙はドイツが開幕2連勝を飾り、グループリーグ突破を決めた状態で韓国戦を迎えることを期待していたのだろう。

「勝ち点3を手にしたメキシコは第2戦の相手である韓国に対し、ベスト16行きを決めるために総力を傾けると思われる。メキシコに敗れたドイツも、グループリーグ最後の対戦相手である韓国に死力を尽くす立場となるはずだ」

 同紙は「F組は混乱に陥った」と、韓国が予想外の事態に見舞われたことを伝え、「スウェーデンとの初戦の勝利がより一層切実になった」としている。

以下、グループFの日程と結果

第1節
6月17日(日)
ドイツ 0-1 メキシコ [モスクワ/ルジニキ]
6月18日(月)
スウェーデン 21:00 韓国 [ニジニ・ノブゴロド]

第2節
6月23日(土)
韓国 24:00 メキシコ [ロストフ・ナ・ドヌ]
ドイツ 27:00 スウェーデン [ソチ]

第3節
6月27日(水)
韓国 23:00 ドイツ [カザン]
メキシコ 23:00 スウェーデン [エカテリンブルク]

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-01655211-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪北部地震の影響で、G大阪は急遽練習中止に C大阪も午後練習を中止(関連まとめ)

地震でG大阪は急きょオフ C大阪は午後練習を中止
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00242601-nksports-socc
大阪地震.jpg


18日朝に大阪・北部で発生した地震の影響で、関西のJリーグ各クラブも対応に追われた。震度5強の地震に見舞われた大阪・吹田市に本拠地を置くガンバ大阪は、この日から練習再開の予定だったが、急きょオフに変更となった。

 大阪市此花区の舞洲を練習拠点とするセレッソ大阪も、この日から練習を再開。当初は2部練習の予定を午後の練習を中止し、午前の練習だけで終えた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10545
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1529263281/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独紙、メキシコに敗れた独代表を酷評「自分たちの基礎となる美徳を失った」「最後まで小さくまとまっていた」

【サッカー】<ドイツ紙>「我々の世界王者はどこだ?」「美徳を失った」 36年ぶりの歴史的敗北を喫したドイツ代表を酷評!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529279582/
ドイツ代表メキシコ戦後.jpg

1: Egg ★ 2018/06/18(月) 08:53:02.43 ID:CAP_USER9.net

「歴史的アップセット」を食らった36年前。
連覇を目指す王者が、歴史的な黒星スタートを余儀なくされた。

 現地6月17日、大会4日目に満を持して登場した前回大会の覇者ドイツは、グループステージ初戦でメキシコと対戦した。

 互いにアグレッシブな展開のなかで始まった試合は、35分にメキシコが先手を取る。自陣からの速攻で抜け出したイルビン・ロサーノがネットを揺らした。

 電光石火の早業で名手マヌエル・ノイアーの牙城を崩したメキシコは、試合後にファン・カルロス・オソリオ監督が「6か月前から練ってきた」というプランを、その後も堅実に実行。一方のドイツは、相手を押し込みはしたものの、時間の経過とともに焦りが募り、効果的な攻撃をクリエイトできなかった。

 結局、最後までメキシコの守壁を破れなかったドイツは0-1で敗戦。W杯初戦を落とすのは、アルジェリアに足元をすくわれた1982年スペイン大会以来の出来事である。

 当時も、戦前の下馬評はドイツの圧倒的優勢という見方が大半だった。というのも、予選を全勝で通過した当時のチームは、カールハインツ・ルムメニゲら名手が多く揃い、さらに相手が本大会初出場のアルジェリアというだけあって、楽勝ムードが漂っていたのだ。

 しかし、非常に士気が高く、統率の取れた優れた集団であったアルジェリアは、ユップ・デアバル監督が率いる西ドイツ(当時)を徹底的に研究していた。そして、素早いパスワークと豊富な運動量で相手の意表を突き、54分にラバ・マジェールが先制点を奪い、同点とした直後の67分には、ラフダル・ベルミが決勝ゴールを決めた。

 戦前の予想を大きく覆され、「歴史的アップセット」といわれる敗北を喫した直後、デアバル監督は「信じられない……」と語るに止まった。

 批判と嘲笑を浴びた敗北から36年後、ドイツはW杯で負けたことがなかったメキシコを相手に、大会初戦を落とした。ディフェンディングチャンピオンという立場にあっただけに、今度も「番狂わせ」と言っていいだろう。

サッカーダイジェスト 6/18(月) 5:34
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00042349-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180618-00042349-sdigestw-000-19-view.jpg


4: Egg ★ 2018/06/18(月) 08:54:25.90 ID:CAP_USER9.net

指揮官レーブは「とても失望している」と嘆き節…。

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180618-00042349-sdigestw-001-19-view.jpg

メキシコに敗れた直後、ドイツ指揮官ヨアヒム・レーブは「とても失望している。我々は初戦を落とすことに慣れていない」と声を落としたが、そんな代表チームに対して、母国メディアは辛辣な言葉を浴びせている。

 ドイツ全国紙『Bild』は、「世界王者の面影はなかった」と銘打って、具体的な選手名も挙げ、不甲斐ないパフォーマンスに終始した代表チームに怒りをぶつけている。

「我々の世界王者はどこにいたのだろうか? 少なくとも、モスクワのピッチにはいなかった。エジルはピッチから完全に消え、ヴェルナー、クロース、ドラクスラー、プラッテンハルトは物足りない。不十分すぎる。ドイツは全体的に遅れていた。

 次のスウェーデン戦は、言うまでもなく生き残りを懸けた一戦になる。もし敗れれば、我々のワールドカップは、正常に始まる前に終わりを迎えることになる」

 また、専門誌『Kikcer』も代表チームに危機感を募らせ、「失速し始めたドイツイレブン」と記したマッチサマリー内で、次のように続けている。

「メキシコは遊び心があり、要所でピリッと締まっていた。一方の王者はどうだっただろうか? 自分たちの基礎となる美徳を見失い、その攻撃力と精度に欠けていた。ドイツは最後の最後まで小さくまとまり、プレースピードも遅かったことで罰せられたのだ」

 初戦を落としたことで、早くも敗退危機の声が強まっているドイツは、ここから立ち直ることができるのか? 「歴史的アップセット」を食らった前述の82年スペインW杯では、決勝まで勝ち進んでいるが……。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00042349-sdigestw-socc&p=2


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(40) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルグアイの劇的ゴールに喜ぶ園児たちが可愛すぎる

【サッカー】これがW杯!サッカー狂のウルグアイ、劇的ゴールに園児たちも大変なことに
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529235673/
ウルグアイW杯エジプト戦ゴール.jpg
1: 3倍理論 ★ 2018/06/17(日) 20:41:13.95 ID:CAP_USER9.net

ついに開幕したワールドカップ。グループAのウルグアイ代表はエジプトとの初戦に1-0で勝利した。

スコアレスで迎えた後半44分にDFホセ・ヒメネスが決勝ゴールを叩き込むという劇的な展開だった。

2006年からチームを率いるオスカル・タバレス監督は「殺るか殺られるかであり、今日の経験は成長の助けになる」と初戦勝利の喜びと価値を口にしていた。

そのウルグアイはサッカー熱が非常に高く、学生数1万人を超える大学がW杯試合日には休校にしちゃうほど。

また、学校でこの試合を見ていたウルグアイの子供たち(と先生も)も、決勝点の瞬間には狂喜していたようだ。











みんな大騒ぎ!

ウルグアイは20日の第2戦でサウジアラビアと対戦する。

https://qoly.jp/2018/06/17/uruguay-schoolkids-on-gimenez-goal-iks-1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モウリーニョ監督、アイスランド代表を絶賛「素晴らしいスピリットと努力を見せた」「PA内で9人守る戦術を誰も咎められない」

【サッカー】モウリーニョ、アイスランドの守備を称賛「PA内で9人守る戦術を咎められはしない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529241482/
モウリーニョアイスランド称賛.jpg

1: 3倍理論 ★ 2018/06/17(日) 22:18:02.48 ID:CAP_USER9.net

マンチェスター・ユナイテッドを率いるポルトガル人指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督が、ロシア・ワールドカップのグループD第1節アルゼンチン対アイスランド(1?1)で、アイスランドが見せたパフォーマンスを称賛している。

優勝候補と目されるFWリオネル・メッシ擁するアルゼンチンの攻撃をほぼ無効化することに成功し、勝ち点1を分け合ったアイスランド。モウリーニョ監督はロシア『RT』に対して、アイスランドの守備戦術が見事に機能していたとの見解を示している。

「アイスランドのプレーについて頭に浮かぶ言葉は、コンパクトであったということだ。試合を通じて彼らは密集し、最後にはペナルティーエリア内に9人を位置させた。しかし、メッシやほかのアルゼンチンの才能を前に、1対1となることは決してなかった」

「アイスランドの姿勢について、誰も咎めることはできない。彼らは素晴らしいスピリットと努力を見せた。子供の頃から朝食で肉を食べていたことがうかがえるし、全員がとても強靭だ。一方でアルゼンチンはボールを保持していたが、メッシは常にエリア外でのプレーを強いられ、いちいち驚異のドリブルを見せなければならなかった」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000027-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイス代表、ブラジルと価値ある1-1ドロー!コウチーニョ豪快ミドルで先制されるもツバー強烈ヘッドで追い付く!(関連まとめ)

【サッカー】ブラジル、先制も追いつかれスイスとドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529265384/
ネイマールW杯スイス戦02.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/18(月) 04:56:24.71 ID:CAP_USER9.net

6/18(月) 4:54配信
スポーツ報知

ブラジル、先制も追いつかれドロー発進
後半5分、CKからのヘディングで同点ゴールを奪ったスイスのツバー
 ◆W杯ロシア大会▽1次リーグE組 ブラジル―スイス(17日、ロストフナドヌー)

 優勝候補ブラジルが、スイスとの初戦を1―1で引き分けた。

【写真】先制ゴールを決め祈りを捧げるブラジルのコウチーニョ

 前半20分、クリアボールを正面やや左で拾ったMFコウチーニョが右足を一振り。スイスDFの頭上を超えてゴール右上へ突き刺す得意のミドルシュートを決め、先制した。

 ブラジルの一方的な展開も予想されたが、FIFAランキング6位のスイスはやはりしぶとかった。ボール支配率を五分に近いところまで戻され、前半を終了。そして後半5分、左CKからMFツバーに同点ゴールをたたき込まれた。その後も優勢に試合を運んだが、再び突き放すことはできなかった。

 4年前の自国開催大会の準決勝でドイツに1―7で敗退。そのリベンジを果たす舞台の初戦。この一戦の直前には、前回王者ドイツがメキシコに0●1で敗れる番狂わせが起きたばかり。百戦錬磨のセレソンであっても、1か月という長丁場の大会初戦から会心の一戦とはいかなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010001-spht-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:28 | 大阪 ☔ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大番狂わせ】メキシコ、前回王者ドイツ撃破!ロサーノ高速カウンター弾を守り切り歴史的勝利!ロシアW杯F組第1節(関連まとめ)

【サッカー】メキシコがドイツ破る大波乱…ドイツの初戦黒星は82年以来
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529254287/
ロサノ2018W杯ドイツ戦ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/18(月) 01:51:27.22 ID:CAP_USER9.net

6/18(月) 1:50配信
スポーツ報知
メキシコがドイツ破る大波乱…ドイツの初戦黒星は82年以来

歓喜のメキシコイレブン(ロイター)
 ◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 ドイツ―メキシコ(17日、モスクワ)

  グループF注目のカードで波乱が起きた。メキシコがFIFAランク1位で連覇を目指すドイツを1―0で下し、下克上に成功した。

 前半35分。自陣でボールを奪ったメキシコが、カウンターへ。FWエルナンデスがFWベラとの素早いパス交換で前を向いた。ドリブルで持ち運ぶと、左サイドを駆け上がってきたFWロサーノへ。22歳の有望株はエリア左で鋭く切り返し、DFを置き去りに。すぐさま右足を振り抜き、ゴール左スミへと突き刺して先制した。

 ドイツは序盤からボールを支配して主導権を握ったが、メキシコの高速カウンターでピンチを招くシーンが目立った。後半15分にMFケディラを替えてFWロイスを投入すると、同34分にDFプラッテンハルトをFWゴメスに変更。攻撃の枚数を増やして攻勢を強めたが、前回大会でブレイクしたメキシコGKオチョアの壁を破れなかった。

 7大会連続1次リーグ突破を目指すメキシコは、後半28分にスペイン・バルセロナなどで活躍した39歳のベテランDFマルケスを投入。これで5大会連続出場を果たしたレジェンドを中心に守り切った。メキシコの過去最高は70、86年大会のベスト8。前回はオランダに敗れてベスト16止まりだったが、優勝候補から勝ち点3を奪う最高の滑り出しとなった。

 ドイツは、W杯では06年母国開催の準決勝(対イタリア)以来、2大会8試合ぶりの黒星。初戦黒星は82年スペイン大会以来の屈辱となった。1934、38年のイタリア、58、62年のブラジルに続き史上3チーム目となる大会2連覇へ、好スタートを切れなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010000-spht-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:13 | 大阪 ☔ | Comment(45) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング