アンテナ・まとめ RSS

2018年06月24日

日本代表、セネガル戦メンバー発表!初戦コロンビア戦先発から変更は無し(関連まとめ)

【サッカー】≪日本代表スタメン≫ 決勝T進出へ!西野ジャパン、”半端ない”大迫らが先発…日本代表対セネガル戦のスタメン発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529848368/
日本コロンビア戦前.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/24(日) 22:52:48.24 ID:CAP_USER9.net

6/24(日) 22:50配信
決勝T進出へ!西野ジャパン、”半端ない”大迫らが先発…日本代表対セネガル戦のスタメン発表
現地時間24日(日本時間25日)に行われるロシア・ワールドカップグループH第2戦、セネガル戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。

22日に合宿地のカザンからチャーター機で第2戦の地、エカテリンブルクに到着した日本代表。コロンビアとの激闘から中4日で臨むセネガル戦は、勝てばグループリーグ突破が決まる大一番だ。

前日会見で西野朗監督は「3戦目(ポーランド戦)は敗者復活のゲームであって、2戦目で決めなければいけない。多少リスクがあっても勝負をかける2戦目でなければならない」と、セネガル戦に必勝態勢で臨むことを明言。仮にセネガル戦を引き分けても、最終節のポーランド戦は敗れなければグループリーグ突破となるが、この試合で突破を決めるべく、連勝を目指す一線となる。先発はコロンビア戦と「ベースは同じ」であることを明かしていた。

2010年の南アフリカW杯以来2大会ぶりの決勝トーナメント進出へ連勝したい日本。セネガル戦は、コロンビア戦と同じく4-2-3-1で臨むことが予想される。

スターティングメンバーには、GKには川島永嗣が入り、最終ラインは昌子源と吉田麻也がセンターバックを組み、長友佑都と酒井宏樹がサイドバックを務める。中盤は柴崎岳と長谷部誠のダブルボランチで、2列目は右に原口元気、左に乾貴士が入り、トップ下にはコロンビア戦で先制点を決めた香川真司を配置。1トップには初戦で値千金の決勝弾を決めた大迫勇也が入った。一方で大迫の決勝点をアシストした本田圭佑、岡崎慎司らはベンチスタートとなった。

いよいよ迎える運命の第2戦は、25日日本時間0時にキックオフを迎える。

【日本代表 スターティングメンバー】

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)

DF
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
14 乾貴士(ベティス/スペイン)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

【日本代表 控えメンバー】

GK
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)

DF
2 植田直通(鹿島アントラーズ)
20 槙野智章(浦和レッズ)
6 遠藤航(浦和レッズ)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

MF
4 本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
11 宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
16 山口蛍(セレッソ大阪)
18 大島僚太(川崎フロンターレ)

FW
9 岡崎慎司(レスター/イングランド)
13 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:11 | 大阪 ☁ | Comment(38) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイス代表ジャカとシャキリ、政治パフォで2試合出場停止の可能性…FIFAがセルビア戦の「双頭の鷲」ポーズを調査

【サッカー】FIFAがスイス代表の「双頭のワシ」ポーズを調査開始、2試合出場停止も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529831975/
シャキリ2018セルビア戦ゴールパフォ.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/06/24(日) 18:19:35.64 ID:CAP_USER9.net

【AFP=時事】22日に行われたサッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)のセルビア対スイス戦で、スイスのグラニト・ジャカ(Granit Xhaka)とシェルダン・シャキリ(Xherdan Shaqiri)がゴール後に取ったポーズに政治的な意図があったと指摘されている問題で、国際サッカー連盟(FIFA)は両選手の調査を懲罰委員会が始めたと明かした。

 コソボにルーツを持つジャカとシャキリは、どちらもセルビア戦で得点を決めた後に手で「双頭のワシ」をつくるポーズでゴールを喜んだ。双頭のワシはアルバニア国旗に描かれているマークで、コソボでは人口の多くを占めるアルバニア人が、このマークを自らのアイデンティティーの象徴として捉えている。セルビアの自治領だったコソボは2008年に独立を宣言したが、セルビア側は独立を認めていない。

 FIFAはスタジアム内で政治的なメッセージやシンボルを掲示するのを禁止している。FIFAが規定に違反したという判断を下せば、2選手には最大で2試合の出場停止処分が科される可能性がある。

 一方でFIFAは、セルビアのムラデン・クルスタイッチ(Mladen Krstajic)監督に対する調査も開始した。クルスタイッチ監督は、自分たちにPKを与えなかった主審を裁判にかけろと批判したことが問題視されている。

 問題の場面は後半21分に起こり、セルビアのアレクサンダル・ミトロビッチ(Aleksandar Mitrovic)がスイスのDF2人にペナルティーエリア内で押し倒されたように見えたが、ドイツの主審はPKを取らなかった。

 この判定にセルビア側は激高。クルスタイッチ監督は試合後、国内メディアに対して「勝利を盗まれた。私なら主審にイエローカードもレッドカードも出さない。ハーグ(Hague)に送り、裁判を受けさせる。われわれがさせられたように」と話し、オランダ・ハーグで行われた旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)を引き合いに出して主審を批判した。

 さらにこの試合では、セルビアのファンが政治的かつ挑発的なメッセージを掲げており、FIFAは監督責任のあるセルビアサッカー協会(FSS)に対しても懲罰委員会で調査を進めている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000016-jij_afp-socc

関連スレッド

【サッカー/W杯】スイス代表が苦境!? ジャカ&シャキリ、セルビア戦での“政治的ゴールパフォーマンス”で処分の可能性
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529731301/

【サッカー/W杯】スイス代表が苦境!? ジャカ&シャキリ、セルビア戦での“政治的ゴールパフォーマンス”で処分の可能性★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529744280/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(27) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サネッティ、代表を助けて」アルゼンチン代表サポが涙の訴え

【サッカー】アルゼンチンサポ涙、サネッティに「代表を助けて」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529823560/
サネッティ副会長スーツ.jpg

1: 3倍理論 ★ 2018/06/24(日) 15:59:20.44 ID:CAP_USER9

 アルゼンチンのサポーターが、元同国代表でインテルの副会長であるサネッティに「あなたがアルゼンチン代表を助けてくれ」と涙ながらに訴えた。23日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。サネッティは「まだ終わってはいない。最後まで私は信じ続ける」と答えたという。

 元同国代表のマラドーナはアルゼンチンが0−3でクロアチアに敗れた試合を現地で観戦しており、その悲しむ姿の映像が世界中に流れた。同紙によると、1986年メキシコ大会でマラドーナに「神の手ゴール」決められた元イングランド代表GKシルトンは「今日、神様は私とともにいた。神の手ゴールの記念日(6月22日)にアルゼンチンは、W杯で最低の試合をした」とツィッターに書き込んだという。


https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806230000684.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、今夜セネガルと対戦!日本時間0時にキックオフ

【サッカー】1次リーグ 日本、今夜セネガル戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529821742/
西野監督と吉田イヤホン.jpg

1: 3倍理論 ★ 2018/06/24(日) 15:29:02.97 ID:CAP_USER9.net

<Russia 2018 WorldCup>

 【エカテリンブルク(ロシア)大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からエカテリンブルクでの第2戦でセネガルと対戦する。西野監督は23日、試合会場で前日の公式記者会見に臨み「恐れてはいない」と意気込みを語った。

 日本は試合会場で冒頭以外を非公開として約1時間調整した。ウオーミングアップでは選手23人全員がそろった。記者会見に同席したDF吉田(サウサンプトン)は「課題となっているセットプレーからの失点をなくしたい」と語った。

 両チームとも初戦に勝利して勝ち点3で首位に並んでいる。日本はセネガルに勝てば、24日午後9時(日本時間25日午前3時)からのポーランド−コロンビア戦の結果次第で2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる可能性がある。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本61位、セネガル27位。過去の対戦成績は日本の1分け2敗。日本は28日、1次リーグ最終第3戦でポーランドと対戦する。
日本、リスク覚悟 突破懸け、パスで崩す

 「セネガルが規律、肉体的に優れているというなら、どうやって崩すのか」。23日の記者会見で海外メディアから、こう質問を受けた西野監督は真顔で語り出した。「ここ数日、(小柄な)乾(ベティス)、大島(川崎)に5キロ増量せよ、5センチ身長を伸ばせと言った。そういう調整に失敗して、それ以外で対応することを余儀なくされている」。会場が笑いに包まれた。

 ジョークが言えるのは心身両面で準備が整っている表れか。あるいは大一番を前にした重圧を和らげるためか。西野監督は「軽い体でも考えられることはある。俊敏性を生かしたり、ボールをしっかり動かしたりすることで対応していく」と対策を披露した。

 快速ウイングのマネら身体能力に優れる選手がそろうセネガルについて西野監督は「組織的に守ろうとしても個々の力で粉砕される状況も考えられる。さらに、その個の力を爆発的に出すために整備されたチームの規律はおそらく想像以上のものがある」と警戒する。一方で「恐れてはいない。どう攻略したいかを見せたい」とプライドものぞかせた。

 勝てば決勝トーナメント進出の可能性がある一戦に「3戦目は敗者復活の試合で、2戦目で決めないといけないと選手に伝えた。リスクがあっても勝負を懸ける2戦目でないといけない」と力を込めた西野監督。勝利のみを狙う。【大島祥平】

https://mainichi.jp/articles/20180624/ddm/035/050/148000c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(25) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアW杯、PK数が既に前回大会上回る…VARの影響か?

【サッカー】ロシアで与えられたPKの数が前回大会を既に上回る…VARや新技術の影響か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529788465/
VAR判定ロシアW杯.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/24(日) 06:14:25.55 ID:CAP_USER9.net

6/24(日) 4:37配信
ロシアで与えられたPKの数が前回大会を既に上回る…VARや新技術の影響か

 2018 FIFA ワールドカップ ロシアは27試合が終了した段階で13本のPKが与えられている。この数字は4年前のブラジル大会全体のPK本数と並ぶ数値である。


 今回のワールドカップで試合の勝敗に影響を与えているのがPKである。各試合において、試合終了の段階で、ペナルティーキックの結果が大きく試合を左右していると言える。

 日本代表MF香川真司や、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは自国のために冷静にPKを得点へと変えている。そんな中、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシはチャンスをものにすることができず、同国のアイスランド代表戦は悔しくもドローに終わっている。

 このPKの本数に影響しているのはVAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)の導入が一つと言える。VARを利用し選手の悪質タックルや、逆にペナルティエリア内のシミュレーションを的確に判断し、より試合を公平に裁くことができているのではないであろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00782746-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180624-00782746-soccerk-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1清水、元広島FWドウグラスを獲得へ!FC東京など複数クラブとの争奪戦を制す

【清水】元広島のブラジル人FWドウグラスを獲得へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000216-sph-socc
ドウグラス広島.jpg


 J1清水エスパルスがトルコ・アランヤスポルのFWドウグラス(30)の獲得に動いていることが23日、分かった。関係者によると交渉は順調で、入団は濃厚となっているという。

 ブラジル人のドウグラスは10年にJ2徳島入り。15年にJ1広島に移籍すると33試合でリーグ2位の21ゴールをマークし、同年のベストイレブンにも選ばれた。

 清水はW杯による中断前の15試合で勝ち点18の10位。リーグ再開後さらなる浮上を図るため、前線の補強を模索していた。早い段階で決定力のあるドウグラスをリストアップ。F東京など複数クラブとの争奪戦を制した。新助っ人は来日後、必要な手続きが済み次第正式に入団が発表される。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10602
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1529773083/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザッケローニ氏、日本代表に助言「セネガルは強敵。しかし引き分け狙いは避けるべき」

【サッカー】ザッケローニ氏 セネガルはとにかく強敵!しかし引き分け狙いはもう古い
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529812156/
ザック講演.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/06/24(日) 12:49:16.35 ID:CAP_USER9.net

◇W杯ロシア大会1次リーグH組 日本−セネガル(2018年6月24日 エカテリンブルク)

 14年W杯ブラジル大会で日本代表を指揮したアルベルト・ザッケローニ氏(65=現UAE代表監督)が、セネガル対策を語った。百戦錬磨の指揮官が語る勝ち点3への秘策とは――。

 日本は初戦のコロンビア、とくに3戦目のポーランドとの勝負に懸けるべきだ。実は日本の1次リーグの組み合わせが決まったとき、私はそう思っていた。

 セネガルはそれほど強い。良い選手が多く、よく走り、そしてフィジカルも強力。中でもナポリでプレーしているDFクリバリはとてもクレバーな選手だ。私が知る限り、世界最強センターバックの一人。日本のFW陣もそう簡単に仕事はさせてもらえないだろう。

 もう一人の注目選手が、プレミアリーグのウェストハムでプレーしているMFクヤテ。身長1メートル89と体は大きいが、身のこなしはしなやか。攻撃でも守備でも、大きな役割を担っている。この2選手は、まさにセネガルのキーマン。日本も十分に警戒すべきだろう。

 とにかくセネガルは侮れない相手。日本にとっては、1次リーグ突破へ引き分けでも良い結果と言えるが、引き分け狙いという戦い方は避けるべき。そういった戦い方はもう古い。コロンビア戦前にも言ったが、相手に関係なく、まずは日本らしいサッカーを心掛けるべきだ。私がRマドリード、またはバルセロナの監督だったら、決して守りを固めるような戦い方はしない。配管工は配管工、大工は大工。だから日本もプレーゾーンがいつもより10メートル前であろうが、後ろであろうが、まずは自分たちの特長を最大限に生かすことに集中すべきだろう。それはセネガルが相手だろうと変わらない。

 あと重要なのはマリーシア(ずる賢さ)。決して相手を欺くプレーではない。状況に応じて時間を稼いだりすることも、時には必要だ。日本サッカーが欠如しているまさに弱点で、W杯のような大きい大会では、なおさらそういったずる賢いプレーが必要となる。(14年W杯日本代表監督)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000086-spnannex-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:10 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本×セネガル戦の主審はロッキ氏!過去にカード連発し1試合にレッド2枚&PK3本も…

【サッカー】日本対セネガルの主審はカード連発の要注意人物。1試合にレッド2枚&PK3本の過去も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529788752/
ロッキ主審ポルトガル戦.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/24(日) 06:19:12.82 ID:CAP_USER9.net

6/23(土) 23:48配信
日本対セネガルの主審はカード連発の要注意人物。1試合にレッド2枚&PK3本の過去も【ロシアW杯】

 国際サッカー連盟(FIFA)は23日、翌日に行われるロシアワールドカップのグループH第2節、日本対セネガルの審判団を発表した。


 メインの審判団はイタリアのセットで、主審をイタリア人のジャンルカ・ロッキ氏が務め、副審はエレニート・ディ・リベラトーレ氏とマウロ・トノリーニ氏が担当する。第4審判はカタール人のアブドゥルラフマン・アル・ジャシーム氏、サブ副審に同じくカタール人のタレヴ・アル・マーリ氏が任命された。

 主審のロッキ氏は15日に行われたグループBの初戦・スペイン対ポルトガルも裁いていた。3-3のドローに終わった試合では、開始3分でポルトガルにPKを与える笛を吹いた。ファウルは22回、イエローカードは両チームに1枚ずつ、計2枚提示していた。

 前回大会の決勝で笛を吹いたニコラ・リッツォーリ氏が国際主審から引退し、初めてワールドカップで試合を裁く権利を手にしたロッキ氏。国際試合における日本との接点もあり、2012年ロンドン五輪準決勝の日本対メキシコで主審を務めていた。

 2000年にイタリア・セリエCで審判キャリアをスタートさせたロッキ氏は、2010年から国際主審として活動している。セリエAでの経験も豊富で、リッツォーリ氏やパオロ・タリアベント氏、ダニエレ・オルサート氏らとともに、ビッグマッチのジャッジを任されることも多い。

 ところが不安もある。ロッキ氏は2014年10月に行われたセリエAのユベントス対ローマにおいて、3つのPKに2枚のレッドカードを提示し、その判定が物議を醸した。この試合では前半からイエローカードが6枚も乱れとび、3つのPKのうち2つは議論の余地が残るもの。さらにローマのリュディ・ガルシア監督(当時)に退席処分も言い渡した。

 この一件のあと、ロッキ氏はイタリア審判協会から約1ヶ月の休養を命じられた。このように制御不能に陥って試合を壊してしまうことは、過去に何度もあった。今季のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、レアル・マドリー対パリ・サンジェルマン(PSG)でセルヒオ・ラモスのペナルティエリア内でのハンドを見逃した可能性も指摘されていた。この試合はPSGが1-3で敗れた。

 なお、ロッキ氏は今季のセリエAで16試合を担当し、1試合あたり平均24.95回のファウルをとり、平均0.56回のPKを与えている。イエローカードは合計75枚を提示し、1試合平均に直すと4.69枚となっている。レッドカードは合計8枚、1試合平均0.5枚だった。

 特筆すべきは1試合平均のPK回数で、これは今季のセリエAを10試合以上裁いた主審の中で2番目に多い数字となっている。1試合平均のイエローカード枚数もリーグ2番目の多さで、同じようにレッドカードも2番目に多い。

 もちろんイエローカードやレッドカードの総枚数も多く、前者はリーグ3番目、後者はリーグ2番目と、厳し目の判定を下す傾向にある。カードによる抑制にも頼りがちで、累積2枚で次の試合が出場停止になってしまうワールドカップでは要注意の主審と言えるかもしれない。

 日本では初戦のコロンビア戦でイエローカードを受けたGK川島永嗣が、警告の累積による出場停止にリーチがかかっている。

 グループリーグ突破に向けて重要な日本対セネガルは、日本時間の24日24時(25日0時、現地時間24日20時)キックオフ予定となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180623-00277040-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180623-00277040-footballc-000-3-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(32) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルカク、幼少期の貧困語る「母親が牛乳を水で薄めていた」

【サッカー】<ベルギー代表FWルカク>幼少期の貧困を語る「水で牛乳を薄めていた」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529761923/
ルカクベルギー代表.jpg

1: Egg ★ 2018/06/23(土) 22:52:03.45 ID:CAP_USER9.net

サッカーベルギー代表のFWロメルー・ルカクは、母親が水で牛乳を薄めているのを見たとき、自分の家庭がどれだけ貧しいのかを認識した。彼がW杯ロシア大会の舞台で見せるその才能は、家族が貧困を抜け出すためのパスポートとなった。

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属するルカクは、ベルギー・アントワープでの成長の過程、そして批判を無視するための解決策を明かし、今はロシアの地を楽しんでいる。

 ルカクはウェブサイト、ザ・プレイヤーズ・トリビューンで、成功するという決意はサッカー界最大の祭典から遠くかけ離れた、ベルギー2番目の都市のほこりだらけの郊外で築かれたと明かした。

 コンゴ民主共和国人の移民の子であるルカクは、小さいころによく食べ物が不足していたこと、そしてアパートの電気料金を支払うお金がなかったため、暗闇の中で祈ることもあったと振り返った。

「一週間を暮らしていくだけの余裕がなく、お金が全くなかったんだ。単に貧しかったのではなく、一文無しだった」

「私の父親はプロのサッカー選手だったが、キャリアの晩年のころにはお金は尽きた」

 現在25歳のルカクは、6歳の時に母親が牛乳の量を増やすために水を注ぎ足しているのを見て、どれほど自分の家庭が悲惨な状況にあるのかを知ったという。

 そして、プロサッカー選手としてのキャリアが貧困から抜け出す方法だと決心したのはそのときだった。

 またルカクは子どものころ、対戦相手の親に出身地を尋ねられ、プレーする資格を持っているのか質問されるなど、偏見の目で見られていたことを明かした。

「『何だって?自分はアントワープで生まれ、ベルギーの出身だ』と思ったよ」と話している。

 さらにルカクは「アパートにはネズミが走り回っていて、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)も見ることもできず、他人の親からの視線もあって、大きな怒りの気持ちを持ってプレーしていた」と続けた。

「必死だった。12歳のときには34試合で76点を決めたよ」

 ルカクは16歳の時にベルギー1部リーグのRSCアンデルレヒト(RSC Anderlecht)と契約を結び、それから11日後に代表デビューを飾った。W杯に臨むベルギー代表の初戦となったパナマ戦では、2得点を挙げる見事なスタートを切っている

6/23(土) 21:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000029-jij_afp-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マラドーナ「クロアチアなんかに負けちゃならない」母国アルゼンチン完敗に激怒

【サッカー】「クロアチアなんかに負けちゃならない」アルゼンチンの英雄マラドーナが激怒
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529763211/
マラドーナロシアW杯クロアチア戦応援.jpg
1: 3倍理論 ★ 2018/06/23(土) 23:13:31.51 ID:CAP_USER9.net

元アルゼンチン代表選手及び監督のディエゴ・マラドーナ氏が、ロシア・ワールドカップで同チームがクロアチアに敗れたことに憤りを表した。

クロアチアに0−3で敗れ、グループステージ敗退の危機に陥ったアルゼンチン。マラドーナ氏は「テレスル」の番組で、この敗戦について次のように振り返っている。

「表現できない苛立ちを覚えているし、内から怒りが煮えくり返ってくる。アルゼンチンのユニフォームに袖を通した男たちが、ドイツでもブラジルでもオランダでもなく、クロアチアなんてチームに叩きのめされるなど、あっちゃならない。それが真実なんだ」

マラドーナ氏はまた、問題がFWリオネル・メッシではなく、他選手にあることも強調している。

「レオはプレーすべきプレーを、できるプレーをした。彼がチームメートの問題も解決しなくてはならないなど、とても難しいことだ」

「アルゼンチンはどうプレーすべきかを理解していないし、何の解決法も有していない。中盤も、守備も、攻撃でもだ、だ。アルゼンチンは壁パスもしなければ、ポストプレーでも勝てず、ボールを持つことができなかった」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000027-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【クロース奇跡起こす】10人のドイツ代表、クロース魂の超絶FKゴールでスウェーデンに薄氷の劇的逆転勝利!ロシアW杯F組第2節(関連まとめ)

クロースの劇的FK弾で王者ドイツが逆転勝利!…スウェーデン破り突破に希望つなぐ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00782697-soccerk-socc
クロース2018W杯スウェーデン戦ゴール.jpg

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が23日に行われ、ドイツ代表とスウェーデン代表が対戦した。

 前回王者のドイツは初戦でまさかの黒星スタート。負ければ敗退が決まる第2戦はスタメンを4名変更し、メスト・エジルやマッツ・フンメルスらの代わりにマルコ・ロイスやアントニオ・リュディガーなどが入った。一方、白星スタートを切ったスウェーデンのスタメン変更は1人のみ。ポントゥス・ヤンソンが外れて初戦病欠のヴィクトル・リンデロフが先発出場となった。

 前半はドイツが立ち上がりから相手ゴールに迫ったが、最後のところで相手の堅守に苦しむ。逆に12分にはスウェーデンにショートカウンターを許し、マルクス・ベリに抜け出されて初戦の悪夢が過るが、ここは戻ったジェローム・ボアテングとGKマヌエル・ノイアーの好守でピンチをしのぐ。

 ドイツはルディが鼻を負傷するアクシデントに見舞われ、31分にイルカイ・ギュンドアンを送り出す。試合が動いたのは、その直後の32分。スウェーデンは高い位置でボールを奪うと、右サイドのヴィクトル・クラエソンが絶妙なアーリークロス。エリア内に走り込んだオラ・トイヴォネンが胸トラップから右足ループシュートをゴール左隅に沈め、先制点を奪った。

 2試合連続で1点ビハインドの折り返しとなったドイツは、ユリアン・ドラクスラーに代えてマリオ・ゴメスを投入し後半を迎える。すると48分、ティモ・ウェルナーが左サイドからグラウンダーのクロスを入れ、ゴメスの触ったこぼれ球をロイスが押し込み、ドイツが試合を降り出しに戻した。

 その後もドイツが猛攻を見せるが、82分にはDFリーダーのボアテングが2枚目のイエローカードを受けて退場。しかし後半アディショナルタイム5分、トニ・クロースがエリア左脇のFKをゴール右隅に突き刺し、ドイツが土壇場で逆転。試合はこのまま2−1で終了した。グループF第3戦は27日に行われ、ドイツは韓国代表と、スウェーデンはメキシコ代表と対戦する。

【スコア】
ドイツ代表 2−1 スウェーデン代表

【得点者】
0−1 32分 オラ・トイヴォネン(スウェーデン)
1−1 48分 マルコ・ロイス(ドイツ)
2−1 90+5分 トニ・クロース(ドイツ)

【サッカー】前回王者ドイツ、見せたゲルマン魂!崖っぷちの一戦でスウェーデンに逆転勝ち
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529783757/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:22 | 大阪 ☁ | Comment(45) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコ、チチャリート絶妙ゴールで韓国に2-1勝利!韓国は終盤ソンフンミン意地のミドルも追い付けず ロシアW杯F組第2節(関連まとめ)

【サッカー】メキシコ、韓国撃破で2連勝…エルナンデスが代表最多50点目をマーク!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529772822/
チチャ2018W杯韓国戦ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/24(日) 01:53:42.41 ID:CAP_USER9.net

6/24(日) 1:52配信
メキシコ、韓国撃破で2連勝…エルナンデスが代表最多50点目をマーク!
 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が22日に行われ、韓国代表とメキシコ代表が対戦した。

 27分、チャン・ヒョンスがエリア内でハンドを犯し、メキシコがPKを獲得。これをカルロス・ベラが決めてメキシコが先制した。対する韓国はソン・フンミンがメキシコゴールに迫るも得点は奪えず。メキシコの1点リードで前半を折り返す。

 後半に入ると、韓国はイ・スンウを投入し得点を狙う。しかし、GKのギジェルモ・オチョアを中心としたメキシコ守備陣を崩せない。すると66分、メキシコは中盤でボールを奪うと、得意のカウンターが発動。パスを受けたハビエル・エルナンデスが追加点をマークし、リードを2点に広げた。なお、このゴールでエルナンデスは同代表の最多得点記録を50点に更新した。

 その後、アディショナルタイムにソン・フンミンが1点を返すも、試合は1−2で終了。メキシコはドイツ戦に続く2連勝で勝ち点を6とし、グループステージ突破へ大きく前進した。一方の韓国は2連敗となった。

 両チームは27日、韓国はドイツ代表と、メキシコはスウェーデン代表と対戦する。

【スコア】
韓国代表 1−2 メキシコ代表

【得点者】
0−1 27分 カルロス・ベラ(メキシコ)
0−2 66分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ)
1−2 93分 ソン・フンミン(韓国)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00782675-soccerk-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:28 | 大阪 ☁ | Comment(53) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング