アンテナ・まとめ RSS

2018年08月04日

乾貴士、ベティスデビュー戦で見えた今季の方向性と新たな役割!2シャドーの一角で出場!現地メディアは上々の評価

乾貴士がベティスで直面する熾烈な競争。新天地デビュー戦で見えた今季の方向性と現状
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00010001-footballc-socc
乾ベティス実戦デビュー02.jpg

 今季からスペイン1部のベティスに移籍した日本代表MF乾貴士が、3日のプレシーズンマッチでデビューを飾った。昨季はリーグ6位に入り、4年ぶりのヨーロッパリーグ出場権を獲得したチームはどのような戦術で、乾にどんな役割が与えられるのか。2-0で勝利したボーンマス戦での戦いぶりから分析する。(文:舩木渉)

●乾、デビュー戦の出番は約20分間

 日本代表MF乾貴士が、新天地ベティスで初めての実戦に臨んだ。現地時間3日に行われたボーンマスとのプレシーズンマッチに70分から途中出場して2-0の勝利に貢献。緑と白の縦縞をまとって新たな一歩を踏み出した。

 出場時間が短かったこと、初めての試合であることも考慮すれば、乾のプレーを評価する段階にないことは明らかだ。しかし、この時点で確実に言えるのは、ベティスのチーム内での競争はポジション問わずエイバルよりも熾烈だということである。

 キケ・セティエン監督は、ボーンマス戦で3バックを採用。この布陣自体は昨季の後半戦も多用していたので、今季も同様の路線を継続していくということだろう。

 先発メンバーはGKに新加入のジョエル・ロブレス、3バックに右からアイッサ・マンディ、マルク・バルトラ、アリン・トシュカ。右ウィングバックにベテランのアントニオ・バラガンが入り、左ウィングバックは21歳の若手ジュニオル・フィリポが務める。

 中盤の底にはレンタルから復帰したダルコ・ブラシャナツが入り、インサイドハーフにビクトル・カマラサと新加入のセルヒオ・カナーレス。10番のリヤド・ブデブズと9番のアントニオ・サナブリアが2トップ的に振る舞う布陣となった。

●充実するベティスの陣容。乾も厳しい競争の中へ

 昨季は3-4-3がメインで採用され、ファビアン・ルイスとハビ・ガルシアが中盤の中央でコンビを組んだが、大ブレイクしたファビアンがナポリに引き抜かれてしまった。他の戦力流出は最小限で、補強は乾をはじめとして各ポジションに実力者をそろえたが、躍進を支えたカンテラーノの抜けた大きな穴をどう埋めるかが、今季のチーム作りの大きな肝になるだろう。

 後半、時間とともに多くの選手が交代した。ボーンマス戦で出場時間の短かった乾らは、4日予定されているカーディフ・シティとのプレシーズンマッチで先発メンバーに入るということだろう。そして、70分過ぎからのメンバーの方が、リーグ戦で主力になるのではないか。

 カナーレスとの交代でピッチに立った乾は、チームの大黒柱ホアキンとともに2シャドーのポジションに入った。1トップには昨季途中にBチームから抜擢され、一気にレギュラー格へと駆け上がったロレン・モロンが。そして乾らの後ろを、メキシコ代表のアンドレス・グアルダード、ポルトガル代表のウィリアン・カルバーリョ、ともにロシアワールドカップに出場した2人が支える。

 ウィングバックも右にフランシス・ゲレーロ、左にクリスティアン・テージョと攻撃的で、3バックの中央にはセントラルMFが本職のハビ・ガルシアが入った。昨季後半戦をアキレス腱の負傷で棒に振ったズハイル・フェダルが完全復活を遂げて最終ラインに戻ってきたのも大きい。

 多少の入れ替わりはあっても、今季はボーンマス戦の後半のメンバー・布陣が基本線になりそうで、乾のポジションはエイバル時代の左サイドから、より内側に立つ2シャドーの一角か。ここまでに述べてきた通り、ベティスの戦力は充実しており、レギュラーポジションは一切確約されていない。

 スペインはトップチームの登録人数が25人、背番号1〜25までと決められている。そのうち1番、13番、25番はGKなので、フィールドプレーヤーに与えられる枠は22人分となる。乾は14番と決まっているので問題ないが、レンタル復帰組のトシュカやブラシャナツ、現状で昨季までと同じ26番以降を着けているフランシス、フィリポあたりも当然レギュラー争いに絡んでくるので、Bチーム登録のままではいたくないだろう。

●2シャドーの一角という新たな役割をいかに消化するか

 十分に2つのチームを作れるだけの戦力を揃えた状態で、エイバルとは比べ物にならない競争にさらされる。それが群雄割拠のラ・リーガで昨季6位に躍進したベティスの現状であり、在籍する選手にとっての宿命でもある。

 乾は2シャドーの左をメインに、隣のホアキンとのコンビネーションで相手ディフェンスを崩そうと試みるなど、新しい役割での動き方を習得しようとしている段階にある。エイバル時代のように左サイドでボールを持ったら迷わずドリブル突破に入れるような状況は少なく、デビュー戦の約20分間ではドリブルでの仕掛けをほとんど見せなかった。75分にはホアキンとスイッチして中央突破を試みてファウルをもらったが、そのような場面はエイバル時代に比べ明らかに少なかった。

 ベティスは前半も後半も一貫して中盤の中央から細かいパスワークで相手の守備組織を引きつけ、十分に収縮したところでフリーか1対1の状況を作れるどちらかのサイドに大きく展開、そこを突破してゴールへ…という形をベースに持っている。

 前半であればアンカーと2シャドー、2トップ、70分以降であれば2人のセントラルMFと2シャドー、1トップの5人が流動的に動きながら、縦方向に少ないタッチでボールを動かし続けることで相手の守備組織を揺さぶり、人とボールの動きのコンビネーションでバランスを崩そうとする。そこにオートマチックに絡めるようになれば、乾も自分の強みを生かせるタイミングを見出せるだろう。細かいコンビネーション自体は苦にしないはずだ。

 昨季からチームを率いるキケ・セティエン監督は、華麗なパッシングフットボールをベティスに植えつけてヨーロッパリーグ出場権獲得に導いた。前半戦は大味な試合も多かったが、3バックの導入は守備力を飛躍的に向上させた。さらにウィングバックの攻撃的な振る舞い、中盤のパスコース増加などが功を奏して攻撃力もアップした。

 今季は木曜日にヨーロッパリーグの試合をこなす週も増えるため、2チーム分の戦力が必要で、ローテーションの中で乾にも十分なプレータイムが与えられるはず。まずは1日も早くチームの戦術を理解し、ホアキンの相棒としての地位を確立したいところだ。


乾貴士、新天地ベティスで実戦デビュー。現地メディアでは上々の評価
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00284115-footballc-socc

スペイン1部のベティスに加入した日本代表MF乾貴士は、現地時間3日に行われたボーンマスとの親善試合で実戦デビューを飾った。

 乾は3年間在籍したエイバルを退団し、昨季リーガエスパニョーラ6位のベティスへ移籍。先月日本国内で入団会見を行い、その後スペインへ渡って新チームに合流していた。

 プレシーズンの準備を進めているベティスは3日に行われた試合でプレミアリーグのボーンマスと対戦。乾はチームが1点リードで迎えた70分から交代出場し、ベティスで初の実戦を経験した。

 20分あまりのプレーでゴールに絡むことはできなかった乾だが、軽快なパスワークに参加するプレーや、ペナルティーエリア手前でファウルを誘って相手にイエローカードが出る場面もあった。試合は後半アディショナルタイムにも1点を追加したベティスが2-0で勝利を収めている。

 現地メディアでは、同じくこの試合でデビューしたポルトガル代表MFウィリアン・カルバーリョとともにまずまずの評価を得ている。『エスタディオ・デポルティボ』は「カルバーリョと乾が早くもベティスの選手として輝く」、『エル・デスマルケ』も両者が「クオリティーの片鱗を見せた」と伝えた。

 英国遠征中のベティスは、現地時間4日にもプレミアリーグ昇格組のカーディフ・シティと対戦が予定されている。

Real Betis Balompie 乾貴士 part85
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1532787555/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:48 | 大阪 | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都、今季初の完封勝利!闘莉王は得点に絡むも一発退場!首位松本は前田大然独走ゴールなど千葉に逆転勝利!東京Vは大宮下し暫定3位浮上!J2第27節夜

【サッカー】J2第27節夜 千葉×松本、東京V×大宮、横浜F×町田、甲府×福岡、京都×山形、栃木×岐阜、徳島×水戸、愛媛×山口
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533384066/
前田大然2018第27節ドリブル.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/08/04(土) 21:01:06.16 ID:CAP_USER9.net

千葉 2−3 松本
[得点者]
41' 船山 貴之(千葉)PK
45' 前田 大然(松本)
52' 岩上 祐三(松本)
61' 岩間 雄大(松本)
90' 指宿 洋史(千葉)

スタジアム:フクダ電子アリーナ
入場者数:12,336人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/080401/live/#live


東京V 2−1 大宮
[得点者]
12' アラン ピニェイロ   (東京V)
45+3' ドウグラス ヴィエイラ(東京V)
71' 三門 雄大       (大宮)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:5,350人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/080402/live/#live


横浜FC 2−3 町田
[得点者]
40' 平戸 太貴(町田)
48' 鈴木 孝司(町田)
58' イバ   (横浜FC)
71' 平戸 太貴(町田)
85' 佐藤 謙介(横浜FC)

スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:3,873人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/080403/live/#live


甲府 1−2 福岡
[得点者]
3' 松田 力 (福岡)
6' 曽根田 穣(甲府)
29' 松田 力 (福岡)

スタジアム:山梨中銀スタジアム
入場者数:7,064人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/080404/live/#live


京都 1−0 山形
[得点者]
8' レンゾ ロペス(京都)

スタジアム:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
入場者数:3,949人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/080405/live/#live


栃木 4−1 岐阜
[得点者]
32' パウロン (栃木)
33' 中島 賢星(岐阜)
38' 大黒 将志(栃木)
56' 西谷 和希(栃木)
63' 大黒 将志(栃木)

スタジアム:栃木県グリーンスタジアム
入場者数:3,763人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/080406/live/#live


徳島 1−0 水戸
[得点者]
13' 島屋 八徳(徳島)

スタジアム:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
入場者数:4,457人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/080407/live/#live


愛媛 2−0 山口
[得点者]
17' 藤本 佳希(愛媛)
68' 神谷 優太(愛媛)

スタジアム:ニンジニアスタジアム
入場者数:3,370人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/080408/live/#live



J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:05 | 大阪 | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇佐美貴史、デュッセルドルフにレンタル移籍が正式決定「このクラブと街に戻ってくる事が出来て嬉しい」(関連まとめ)

【サッカー】<宇佐美貴史>デュッセルドルフ移籍が正式に発表! レンタルで慣れ親しんだ環境へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533381387/
宇佐美デュッセルドルフ.jpg

1: Egg ★ 2018/08/04(土) 20:16:27.71 ID:CAP_USER9.net

日本代表FW宇佐美貴史は昨シーズンに続き、再びフォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーすることが正式に決定した。クラブは4日、アウクスブルクから同選手をレンタルで獲得したことを発表した。なお、宇佐美はアウクスブルクとの契約を2021年まで延長している。

宇佐美は2016年夏にガンバ大阪からアウクスブルクに渡り、2度目のブンデスリーガに挑戦。しかし、新天地での1年目では出場機会に恵まれず、2017年夏には1年のレンタルで当時2部所属のデュッセルドルフに加入。同クラブは今年1月にヘルタ・ベルリンから同じく期限付きで原口元気(現ハノーファー)を迎えると、2人はチームの1部昇格に大きく貢献した。

そして、シーズン終了後から宇佐美の完全移籍での獲得に動き出していたデュッセルドルフだが、アウクスブルクとの交渉はスムーズに進まず、一旦中断されていた。しかし、先日に宇佐美がアウクスブルクへの合流を拒否したことも影響したとみられる形でクラブ間の交渉が再開し、話がまとまっている。

宇佐美は移籍に際して、「このクラブとこの街に戻ってくることができてとても嬉しいです。フォルトゥナと僕にとって、次のシーズンでのブンデスリーガは大きな挑戦になります。とても楽しみですね。ファンの皆さんから昨シーズンと同じようなサポートを得ることができれば嬉しいです」とコメントし、再びデュッセルドルフでプレーできることを喜んだ。

慣れ親しんだ環境で、“相棒“の原口がいなくなったなか、日本人アタッカーがどのようなシーズンを過ごすのか注目したいところだ。

8/4(土) 20:01配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00010003-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180804-00010003-goal-000-3-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:59 | 大阪 | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、アトレティコFWガメイロの獲得狙う?バレンシア内定も横取りか?(関連まとめ)

香川所属のドルトムント、バレンシア移籍内定のアトレチコFWを30億円で“強奪”へ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180803-00126164-soccermzw-socc
ガメイロアトレティコ.jpg


FW補強が急務のなか、18億円でバレンシア移籍に合意しているガメイロ獲りへ
 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWケビン・ガメイロを2300万ユーロ(約30億円)で獲得しようと大胆な動きに出ている。31歳のストライカーはバレンシア移籍に近づいていたが、ドルトムントがそれを上回る額のオファーで横槍を入れたという。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 アトレチコはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが残留を宣言。その周囲を固める存在として、ACミランからクロアチア代表FWニコラ・カリニッチやチェルシーのフランス代表FWオリビエ・ジルーとベルギー代表FWミシー・バチュアイらの獲得が取り沙汰されている。

 その一方で、放出候補となっているのがガメイロだ。すでにバレンシアへ1400万ユーロ(約18億円)での移籍で合意したと報じられ、アトレチコのカリニッチ獲得が決まり次第発表されるとも言われていたが、そこへ横槍を入れているのがドルトムントだという。

 記事によれば、バレンシアを上回る2300万ユーロ(約30億円)でガメイロ強奪に動いたと伝えられている。バレンシアとしてはさらにそれ以上の金額を準備する必要があるかもしれない。

 ドルトムントは昨季後半戦に活躍したバチュアイがレンタル元のチェルシーに復帰している。プレシーズンではサイドが本職のドイツ人MFマクシミリアン・フィリップをセンターフォワードとして起用。さらなるFW補強は急務となっている。リーガ・エスパニョーラで高い決定力を示すガメイロの獲得は実現するだろうか。

【BVB09】Borussia Dortmund 857【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1532957270/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:34 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルティモネンセ、鹿島FW鈴木優磨の獲得を諦めきれず「交渉を続けている」「契約解除金を支払う意志がある」(関連まとめ)

【サッカー】<ポルティモネンセ>鈴木優磨の獲得熱望?「契約解除金を支払う意志がある」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533340026/
鈴木優磨2018上海戦ゴール.jpg
1: Egg ★ 2018/08/04(土) 08:47:06.83 ID:CAP_USER9.net

ポルティモネンセは、鹿島アントラーズFW鈴木優磨の獲得を熱望しているようだ。ポルトガル『Record』が伝えた。

今季明治安田生命J1リーグで、19試合出場7ゴール4アシストを記録する鈴木。9位となかなか調子の上がらないなかで、チーム内得点王として気を吐いている。

そんな22歳のFWには、ポルティモネンセが獲得に興味をしめしていた。しかし、鹿島はオファーを拒絶。さらに、先日FW金崎夢生をサガン鳥栖へ放出したため、移籍実現の可能性は低いと見られている。

だが、ポルティモネンセは未だ獲得を諦めていないようだ。『Record』は、以下のように伝えている。

「クラブ関係者は日本におり、交渉を続けている。しかし、簡単ではない。ユウマ・スズキは鹿島サポーターを密接につながっており、ずば抜けたポテンシャルがあると評価されている」

「ポルティモネンセは契約解除金を支払う意志がある。大株主と鹿島は良好な関係を維持しており、クラブは成立することを熱望している」

金崎が移籍し、攻撃の中心として鹿島を背負う鈴木。しかし、ポルトガルの舞台で中島翔哉とチームメイトになる可能性はあるのだろうか。

8/4(土) 8:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000001-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(17) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、独代表ボアテング獲得に動く!マルシャルをトレード要員に提示もバイエルンは金銭を要求(関連まとめ)

マンU、ボアテング獲得に挑戦か。若手ウインガーを提示もバイエルンは…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180803-00284059-footballc-socc
マルシャルとボアテング.jpg

マンチェスター・ユナイテッドが、バイエルン・ミュンヘンのDFジェローム・ボアテングの獲得を検討しているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。

 ユナイテッドは現在、新シーズンに向けた補強がうまく進んでいない。特にセンターバックは以前から候補者の名前が挙がっているが、まだターゲットを獲得することはできていない状況だ。

 そこで新たに候補となっているのが、ドイツ代表のボアテングだという。『シュポルト・ビルト』は、ユナイテッドがFWアントニー・マルシャルをトレード要員とするつもりだと伝えた。人員整理と戦力強化を同時に実現させたい考えだ。

 しかし、バイエルンはマルシャルに興味がない模様。ボアテングの移籍を無理に引き留めることはないが、条件は5500万ユーロ(約73億円)の移籍金を支払うことだという。

 ボアテングに対しては、パリ・サンジェルマンも関心を示していると言われるが、ユナイテッドの守備補強はうまくいくだろうか。

† Red Devils Manchester United 1303 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533100384/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、チリ代表ビダルの獲得合意を公式発表!インテル加入目前から一転リーガ挑戦へ

【サッカー】<バルセロナ>ビダル獲得でバイエルンと合意! インテル入り目前から一転して初のリーガ挑戦へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533334996/
ビダルバイエルン2018.jpg

1: Egg ★ 2018/08/04(土) 07:23:16.59 ID:CAP_USER9.net

8月3日(現地時間)、バルセロナはチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを獲得することで、彼の現所属クラブであるバイエルンと合意に達したと、公式サイト等で発表している。
 
 契約期間は3年。メディカルチェックはこの数日のあいだに行なわれる予定だという。移籍金の額などは明らかにされていないが、欧州の各メディアは3000万ユーロ(約39億円)程度と報じている。
 
 ビダルについては、当初はインテルが獲得間近といわれており、一時はクラブ間の合意に達したとも報じられたが、逆転でのスペイン行きとなった。
 
 バルサはこのオフ、長く中盤に君臨したアンドレス・イニエスタが契約満了とともにヴィッセル神戸に新天地を求め、また昨シーズンに加入して存在感を示したパウリーニョが、レンタルで中国の広州恒大に戻ったことで、中盤の強化が急務とされていた。
 
 これまでは、パリ・サンジェルマンのアドリアン・ラビオに照準を絞って交渉を進めていたが、先方が難色を示したのを受け、急遽、ビダル獲得に切り替えて、電光石火の早業で交渉をまとめた。
 
 31歳のビダルは、抜群のスタミナを有し、ピッチを所狭しと走り回って、攻守で決定的なプレーができるMF。これまで、コロコロ(2005-07)、レバークーゼン(07-11)、ユベントス(11-15)、バイエルン(15-18)と、一流クラブを渡り歩いてきた。
 
 2007年から招集を受け続けているチリ代表では、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会と、2度のワールドカップに出場し、コパ・アメリカでは2015年、2016年(100周年記念大会)と連覇に大きな貢献を果たしている。
 
 これまで、多くの名手とプレーしてきたビダルにとって、キャリア初のリーガ・エスパニョーラ挑戦。バルサでセルヒオ・ブスケッツらと強力な中盤を構成し、リオネル・メッシ、ルイス・スアレスらの前線にボールを供給しながら、自らも積極的にフィニッシュに絡んでいく姿が見られるか、非常に興味深い。

8/4(土) 6:34配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00045067-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180804-00045067-sdigestw-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑と香川真司、夜の西麻布で遭遇し熱い握手「ケイスケ君、ケイスケ君!俺だよ、シンジ、シンジ」(関連まとめ)

【サッカー】<本田圭佑&香川真司> ふたりのエースが西麻布で熱い握手を交わした「ケイスケ君、ケイスケ君!俺だよ、シンジ、シンジ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533336623/
香川本田西麻布01.jpg

1: Egg ★ 2018/08/04(土) 07:50:23.97 ID:CAP_USER9.net

 W杯敗退から約1ヵ月。「サムライブルー」を牽引し、日本中を熱狂させた二人がなぜこんなところにいるのか――。

 このシーンから遡(さかのぼ)ること1時間。本誌は西麻布の高級フレンチで本田が関係者らと会食をしているという情報を得て、現場に急行していた。

 昨季限りでメキシコ1部リーグ『CFパチューカ』退団を決意した本田は、ベルギー戦後に日本代表からの引退も表明。今後の去就が取り沙汰されていたが、折しもこの日はオーストラリアの『メルボルン・ビクトリー』が獲得に乗り出したというニュースが報じられたばかり。さらに本田は同日、ツイッターで、

〈毎月10万円を1年間寄付しようと思います。家族を失われた方々にかける言葉は見つかりませんが、想っています〉

 と、西日本豪雨の被災者への寄付を宣言したところ、称賛する声があがる一方、「売名行為だ」という批判も出た。

 どこにいても、何をしていても常に“話題の人“として注目を浴びる本田。本誌はそんな彼の生の声を聞くべく、店から出てきたところを直撃した。

――本田さん、フライデーです!

「はい」

 ピッチ上での姿よろしく、堂々とした立ち居振る舞いで対応する本田。

――西日本での豪雨を受けて寄付を表明したばかりですが、被災者の方々に何かお言葉は。

「いや……もう、それは本当に……」

 本田が口を開こうとした、その瞬間。

「ケイスケ君、ケイスケ君! 俺だよ、シンジ、シンジ!」

 なんと、白Tシャツ姿でランニング中の香川がこちらに駆け寄ってくるではないか! それに気づいた本誌記者が本田に「あ、香川さんが来ました!」と声を掛けると、近づいてくる香川を見て「ウソやろ」という顔つきに。そして次の瞬間、冒頭の握手が交わされたのだ。

本田 「いま、フライデーに直撃されてて」
香川 「ええっ、ウソでしょ! 何してたん。あっ、飯食ってたん?」
本田 「うん」
香川 「へえ〜……」

 戦友との予想外の遭遇に、目を白黒させる香川。だが我に返ったのか、「じゃあ俺はこれで」と踵(きびす)を返す。これ以上ここにいると、思わぬ火の粉が降りかかってくる――。そう思ったのかは知らないが、香川はそのまま颯爽(さっそう)と走り去っていった。この間、わずか数十秒。大スターの共演に驚いた本誌記者だが、気を取り直して本田に質問を続ける。

――本田さん、話の続きを。被災者の方々に一言だけいただけますか。

「いや、もう本当に……早く復興して欲しいなと思っています」

――メルボルンに移籍というのは。

「ああ、いや……」

――今後のサッカー人生を、どうお考えでしょう。

「今後のキャリアのことについては、またゆっくり語らせてもらいますんで」

 本田はそう言い残し、タクシーに乗り込んでいった。

 結果的に思わぬツーショットを捉えることになった本誌だったが、実はさらなる偶然が重なっていたのだ。この前日、時計ブランド『タグ・ホイヤー』のイベントに出席した香川を本誌は目撃していた。

 この日、渋谷のホテルで開かれたイベントを終えた香川は、関係者らと共に新宿区内にある天ぷらの名店へ直行。一人あたりの予算5万円という超高級店の料理を堪能していた。さらに、同席していた面々の中に、なぜか、『関ジャニ∞』の村上信五(36)の姿も……。

「村上はジャニーズきってのサッカーファンで、ロシアW杯でもテレビ朝日の中継プレゼンターを務めていました。この日は香川を主役に、番組関係者らを交えての打ち上げをしていたんでしょう」(テレビ局関係者)

 W杯が終わり、新たな戦いが始まろうとしている本田と香川。2日には本田圭佑がインターネット放送局で「2年後の東京五輪を目指したい」と表明した。本田、香川、彼らの次なるステージはどこなのか? 日本代表を支えてきた功労者の動きに今後も目が離せない。

8/4(土) 7:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00010002-friday-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180804-00010002-friday-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:00 | 大阪 ☀ | Comment(24) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、キャプテンマーク巻きチャンス作る!ドルトムントはレンヌに追い付かれ1-1ドロー

“香川キャプテン”のドルトムント、土壇場PK失点でレンヌとドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-01656862-gekisaka-socc
香川2018ドル練習.jpg

スイスキャンプ中のドルトムントは3日、アルタッハでリーグ1のレンヌと親善試合を行い、1-1で引き分けた。日本代表MF香川真司は後半19分に途中出場。キャプテンマークを巻いてプレーしたが、得点には絡めなかった。

 ブンデスリーガ昨季4位のドルトムントは、前半2分に右CKからDFルーカス・ピシュチェクが強烈なヘディングシュートを叩き込んで先制に成功。1-0で前半を終え、後半19分には香川を投入する。しかし、キャプテンマークを巻いた香川ら攻撃陣が追加点を奪えずにいると、終了間際にPKを献上。これをFWロマン・デル・カスティージョに決められ、土壇場で勝利を逃す結果となった。

 ドルトムントは今後、7日にセリエAのナポリ、12日にラツィオと対戦。20日には2018-19シーズン最初の公式戦として、敵地で2部のグロイター・フュルトとのDFBポカール1回戦に臨み、26日のブンデスリーガ開幕戦で昨季6位のライプツィヒをホームに迎える。


【BVB09】Borussia Dortmund 858【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533323484/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、ベティス実戦デビュー!元スペイン代表ホアキンとの好連携など披露!ベティスはボーンマスとのPSMに2-0快勝

乾がベティスデビュー! 元スペイン代表ホアキンとの好連携など披露
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-01656863-gekisaka-socc
乾ベティス実戦デビュー.jpg


ベティスは3日、敵地で昨季プレミアリーグ12位のボーンマスとプレシーズンマッチを行い、2-0で勝利した。今夏から加入した日本代表MF乾貴士はベンチスタートとなり、後半25分に途中出場している。

 昨季リーガ・エスパニョーラを6位で終え、今季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したベティス。前半17分に相手守備陣のミスを突いたMFリアド・ブドゥブズが無人のゴールに流し込み、先制して前半を折り返した。

 後半25分には乾がピッチへ送られ、新天地での実戦デビューを果たす。乾は積極的にボールに絡み、ドリブル突破や元スペイン代表MFホアキンとの連携プレーなどで存在感を発揮。得点には絡めなかったが、同アディショナルタイム1分にFWロレンソ・モロンがダメ押し弾を奪い、乾の初陣を白星で飾った。

 ベティスのリーガ・エスパニョーラ開幕戦は今月17日となっており、ホームで昨季15位のレバンテと対戦する。

Real Betis Balompie 乾貴士 part85
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1532787555/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:56 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジーコ氏、鹿島TD就任に向け熱いメッセージ「第二の故郷へ帰る、その時が来た」「新たな始まりではない。やり残した仕事を続ける。そんな気持ち」

鹿島TD就任のジーコから熱い メッセージ。「第ニの故郷へ帰る理由」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180803-00010002-sportiva-socc
ジーコ鹿島来訪.jpg

今、私は非常にあわただしい日を過ごしている。しかし、それはうれしい忙しさだ。なぜなら私は再び日本に行くからだ。この8月から、私は愛する鹿島アントラーズのテクニカルディレクターに就任する。

鹿島に帰ることを決断した理由は、ごくシンプルなものだ。今が、第二の故郷へ帰るその”時”だと感じたからだ。

 W杯が終わり、多くの国やクラブチームから、さまざまなオファーが寄せられたが、そのどれにも私はあまり興味がわかなかった。スポーツチャンネルで解説を務め、自分の番組を発信し、さまざまな講演会やイベント出演のリクエストも多い。ブラジルでの落ち着いた生活に、私は十分満足をしていた。

 しかし、そこに鹿島からのサプライズともいえるオファーが届いた。この知らせを聞いたとき、正直、私の心臓は高鳴った。それまで何者も動かせなかった私の気持ちが、大きく動いた瞬間だった。

 私がかつていた時代と比べて、鹿島では多くのことが変わったという。この先、どのような方針で進んでいくかは非常に重要だ。そこで、彼らは私に連絡を取ってきた。ぜひ私に力を貸してほしいと言ってきたのだ。そのためにはできるだけチームの近くにいて、ともに進んでいく道を探ってほしいとも頼まれた。

 私とアントラーズのスタッフは、これ以上ないほどのミーティングを重ね、私自身も日本へ行き、実際に自分の目でチームの状況も見た。また、鹿島が私の人生のなかでどんな存在であるかを考え、近しい友人やスタッフなどと相談したすえ、日本に行くことを決断した。鹿島にとって重要な時期、クラブの未来を決める大事な役割……それが私を納得させたのだ。

 ジーコと鹿島が再びともに歩むことを、私は誇りに思う。この大役に私を抜擢してくれたチームには心より感謝している。よりプロフェッショナルで、より現代的な鹿島の未来を作っていけたら、と思う。何より日本のすばらしいサッカーファンのために。

 今後の予定としては、8月いっぱいは日本に留まり、チームの様子をじっくり見たいと思う。チームの近くにいて課題点を見つけ、テクニカル面を最優先で研究したいと思っている。選手ひとりひとりをよく知り、どうしたら彼らの能力を最大限に引き出せるか、利用できるかも考えたい。そのためには多少の時間が必要だろう。

 今のアントラーズで私が一番気にかかっているのは、チームのブラジル人選手たちだ。とにかくケガが多く、そのため彼らが持てる力を存分にチームのために使えないでいる。この点は絶対に改善すべきだ。鹿島の外国人選手は最大限のフィジカルとテクニックでチームに貢献しなくてはならない。

 ペドロ・ジュニオールはレンタル移籍(中国2部の武漢卓爾)したので、私はある優秀な選手を獲得するようチームに進言した。サントスからのレンタル移籍で、アメリカFCでプレーしていたセルジーニョだ。彼はすでに鹿島入りが決定している。しかし、レオ・シルバもレアンドロも膝を負傷していて、いつピッチに復帰できるか不明だ。

 私には、ブラジルだけでなく多くの優秀な外国人選手とコネクションがある。これは今後アントラーズにとって、もうひとつの大きなアドバンテージとなるはずである。監督の仕事ぶりも分析しなければいけないが、大岩剛監督は優秀な監督であると私は信じている。

 私が何よりもやりたいことは、選手やコーチ、すべてのスタッフに至るまで、鹿島のユニホームを着るとはどういうことかを理解させることだ。アントラーズは常に勝利し、戦い続けるチームだ。このユニホームに袖を通す者はその伝統を守り、最後まで勝利を目指す義務がある。チームの誇りを守る義務がある。

 その他にも私がやらねばならない仕事は多くあるだろうが、最初の1カ月はこのことを徹底したいと思う。

 2018年の終わりまでには、少なくとも連続して30日滞在することが3回は必要だろう。ただ、まだブラジルに残してきている仕事も多くあるので、それもこなさなくてはならない。その後、すべてうまくいき、チーム側も望めば、2019年はまるまる1シーズン、日本に滞在したいと思っている。

 今、アントラーズのスタッフにはブラジル人はたったひとり、フィジオセラピストのロドリゴしかいない。できることなら日本人スタッフとともにブラジル人スタッフも起用し、チームを成長させていきたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180803-00010002-sportiva-socc&p=2

ブラジルにいる間も、私はいつも日本を恋しく思っていた。日本食が食べたくなったときには、リオのお気に入りの日本食レストランに行って、その味を忘れないようにしていた。しかし、なにより私が郷愁を感じていたのは、日本の人々だ。私には多くの日本の友人がいる。それも真の友人と呼べる人々だ。鹿島で共にプレーした選手たち、クラブや代表でともに仕事をした人たち。そのうちの何人かは監督になっており、彼らと対戦するのも非常に楽しみだ。

 友人、礼儀正しく温かな人々、熱いが統制の取れたサポーター……何もかもが懐かしい。安全で他人をリスペクトする日本は本当に暮らしやすい国で、行くたびに私は喜びを感じる。だが、今回はその喜びがさらに大きい。私はただの旅行者ではなく、日本で暮らし、日本のために仕事をし、よりこの国に深く関わるために日本に行くからだ。

 日本は私の人生で大きな部分を占めている。私からもう日本を取り去ることはできない。日本の人々はいつも私を愛してくれ、私に敬意を払ってくれる。それに応えるため、私は常にベストを尽くしてきたし、今後も尽くすことを約束する。

 日本サッカーは多くの問題を乗り越え、ロシアW杯ではすばらしいパフォーマンスを見せてくれた。その最高の経験を活かし、今は大きな前進を遂げることのできるときだと私は思う。

 現在、日本のトップレベルの選手たちはヨーロッパのクラブでプレーしているが、Jリーグにもいい選手は数多く存在するはずだ。強く、優秀で、若くてやる気に満ちた選手たち。日本の次世代を担う選手たち。彼らを知ることができるのは非常にうれしいことだ。アンドレス・イニエスタやフェルナンド・トーレスなどの世界のトップクラスのプレーに触れることで、彼らはより成長していくことだろう。

 すばらしかったW杯と、戻ってきた世界のビッグネーム。日本サッカーは新たな活性の時代に入ったように思う。だからこそ、私も鹿島に戻ってきた。サッカーが盛り上がれば、Jリーグにもスポンサーが戻ってくる。そうすれば日本サッカーはさらに強く、面白いものとなっていくだろう。

 人生においても、サッカーと同じように”時”というものがある。日本はここ10年、いろいろな災害に苦しめられてきた。スポーツもそれと無関係ではいられなかっただろう。しかし、日本人は本当に強い。地震や津波から立ち直ったように、スポーツも立ち直りつつある。なかでもサッカーは、その復興のシンボルにふさわしいものだと思う。

 今がその”時”だ。日本の人々はサッカーを愛している。代表チームは強く、Jリーグの組織も最高だ。日本サッカーにとって、今はとてもポジティブなときであり、未来はとても明るい。そして、そんな新たな日本サッカーの発展に、また私も携われることを誇りに思う。

 日本で仕事をするのは、新たな始まりではない。何年も前にやり残していた仕事をまた続ける、そんな気持ちでいる。サポーターのみなさんもそんな私に力を貸してほしい。なにより愛する鹿島をより大きくするために。

 8月末にはACLの準々決勝、アレシャンドレ・パトを擁する天津権健戦がある。何がなんでも勝ち抜き、鹿島に唯一足りないタイトルを手にしたいと思う。私が何らかの幸運をチームに与えられることを心から願っている。


【サッカー】鹿島TD就任のジーコから熱いメッセージ。「第ニの故郷へ帰る理由」[08/03]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533278674/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士と大迫勇也、8/6「徹子の部屋」に出演!サッカー妙技に黒柳徹子さん「かわいい〜」と大興奮(関連まとめ)

黒柳徹子、乾貴士&大迫勇也“サッカーの妙技”が「かわいい〜」と大興奮
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533273179/
乾大迫徹子の部屋01.jpg

1: muffin ★ 2018/08/03(金) 14:12:59.00 ID:CAP_USER9.net

https://www.oricon.co.jp/news/2116855/full/
2018-08-03 12:00


日本中を熱狂させた『FIFAワールドカップ2018 ロシア』に日本代表として出場し、得点を挙げるなどの大活躍を見せた、乾貴士選手と大迫勇也選手が、6日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』(月〜金 正午)に初出演する。2人の写真パネルやシューズ、サッカー仕様の花束などが飾られた特別セットの中でやや緊張気味に座る乾と大迫を、黒柳徹子が質問攻めに。W杯の心境や、家族、海外生活について聞くほか、技を見せてもらう場面も。2人の妙技を見た黒柳はなぜか「うわ〜、かわいい!」と大興奮だった。

 番組収録は、乾と大迫が黒柳の前で華麗なボールパスを披露するところからスタート。実は今回の出演は乾が「ぜひ出たい」と希望したことから実現したそうで、「ホントなの?」と聞く黒柳に乾は「はい、ホントです!」と即答。黒柳は大迫にも「アナタもいいですか? 出ていただいて」と尋ね、大迫も笑顔で「はい、いいです」と返した。

 トークでは、2人の体格が気になった様子の黒柳。それぞれの身長を聞き、「立ってみてもらっていい?」と背くらべ。「そんなに(背の高さが)違うとは思わないけど…でも、やっぱりちょっと違うかな」と分析し、それを聞いた2人が思わず笑みを浮かべる。また「大迫さんは足の筋肉がすごいそうね。ちょっと触ってみていい?」と、黒柳が大迫のふくらはぎを触ってチェック。「うわ、あら〜…」と、その筋肉の硬さに感激する黒柳だったが、急にハッとした様子でカメラ越しの視聴者に向かい「ごめんなさい皆さん。私は今、代表として触っているので」とコメント。さらにペシペシと感触を確かめて「パンパンというか、バンバンね」と、伝えた。

 代表戦で実際に着ていたユニフォームをスタジオに持って来てくれた乾と大迫。2枚のユニフォームをそれぞれに広げながら「対戦したチーム名が(ユニフォームに)記載されているんです」と説明。それらをじっくりと眺める黒柳は「後ろもすごいの! 名前が書いてある。誰のかが分かるのよ」と、思いがけないところで感心。1枚を手に取らせてもらい「皆さん、うらやましいでしょ〜」と大はしゃぎだった。

 黒柳は、さらに2人に「サッカーの妙技を見せていただけますか?」とお願い。そこで乾は得意のリフティングをしてみせ、黒柳は「わ〜、かわいい〜!!」と大興奮。何回できるのかを聞かれた乾が「小学3年か4年生の時に5000回くらい数えて、もうそこから数えるのをやめました」と語り、さらに黒柳を驚かせた。

 また、黒柳が今度は大迫へ「ヘディングが有名だと伺ったんだけど」とおねだり。「ここでヘディング?  ど、どうしたらいいですか!?」と戸惑う大迫に乾が「俺が(ボールを)投げようか?」と提案し、軽快なヘディングを披露。「うわっ! うわっ!!」と、とてもビックリした黒柳は「頭は痛くならないの?」「(ボールが飛んで来たら)どいちゃうってワケにはいかないの?」と質問。「どいちゃう」というコメントに大笑いの2人だったが、そこで返した乾と大迫の言葉がまた、絶妙だった。

 話題はW杯で一気に流行語になった、「(大迫が)半端ない」という言葉についても及んだ。この言葉が生まれたきっかけや世間の反応について、また乾の学生時代のあだ名も判明。「めっちゃ恥ずかしいな(笑)」と互いの顔を見つめ合いながら照れる乾と大迫の仲良しぶりも見どころだ。乾はスペイン、大迫はドイツでの海外生活についてや、妻子とのプライベートな家庭生活にも言及する。黒柳とのトークに、やや(!?)振り回されながらも楽しくて仕方ない様子の乾と大迫の表情にも注目だ。



乾大迫徹子の部屋02.jpg

乾大迫徹子の部屋03.jpg

乾大迫徹子の部屋04.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:02 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング