アンテナ・まとめ RSS

2018年08月10日

ポルトガル代表ゲデス、熱望するバレンシアへの完全移籍なるか?イングランドからのオファー断る(関連まとめ)

“C・ロナウドの再来”グエデス、熱望するバレンシア完全移籍なるか? 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00809800-soccerk-socc

ゲデスバレンシアゴール.jpg

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するポルトガル代表FWゴンサロ・グエデスが、昨シーズンにレンタル移籍で在籍したバレンシアへの完全移籍に少し近づいたようだ。スペイン紙『マルカ』が9日に報じている。

 9日にプレミアリーグの移籍期間が終了したため、PSGからの退団が既定路線となっているグエデスの移籍先の選択肢が絞られることになった。同メディアによると、2018 FIFAワールドカップ ロシアの終了後にイングランドのクラブからPSGの要求額を満たす高額のオファーが届いたが、バレンシアでのプレーを望む同選手が拒否していたという。これによりグエデスは現在トップチームのトレーニングから外されている。

 また、現在バレンシア側は4000万ユーロ(約50億円)のオファーを提示しているとみられており、他クラブの入札がなくなった今、PSG側の決断が待たれているようだ。昨シーズンはバレンシアでレギュラーに定着し、33試合に出場して5得点を記録するなど“C・ロナウドの再来”と謳われた才能の片鱗を見せつけた21歳のグエデスだが、希望は叶うのだろうか。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 18
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1531365160/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:40 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、アデミウソン劇的ゴラッソでFC東京に2-1勝利!宮本監督就任後、初勝利!(関連まとめ)

【サッカー】J1第21節金曜開催 G大阪×FC東京 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533902277/
アデミウソン2018第21節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/08/10(金) 20:57:57.29 ID:CAP_USER9.net

G大阪 2−1 FC東京
[得点者]
34' ファビオ       (G大阪)
86' ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)
90+5' アデミウソン    (G大阪)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:24,879人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081001/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/




アデミウソン劇的V弾でツネ様G大阪が初勝利!!最下位転落危機回避
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-01660656-gekisaka-socc

[8.10 J1第21節 G大阪2-1FC東京 吹田S]

 17位と降格圏に低迷するガンバ大阪はホームで2位のFC東京に2-1で勝利した。宮本恒靖監督になって4戦目でようやく初勝利をあげた。G大阪のリーグ戦の勝利は5月2日のホーム仙台戦以来で9戦ぶり。

 宮本監督になって4戦目。ここまで2分1敗と勝ちのない新生G大阪は、アジア大会に出場する韓国代表に合流したFWファン・ウィジョに代わって、3年目FW一美和成がJ1初先発。4試合連続で先発起用されているMF高宇洋とともに、“宮本チルドレン”が起爆剤となりたいところだった。

 一方の2位と好調のFC東京。鹿島、神戸との上位対決を制して勢いに乗る。試合前、昨季までG大阪を指揮した長谷川健太監督や、古巣戦となるMF大森晃太郎がアナウンスされると、G大阪のサポーター席からは大ブーイングが飛んでいた。スタメンは前節からMF田邉草民とMF東慶悟が入れ替わった。

 序盤、チャンスを多く作っていたのはFC東京だった。ただしG大阪の守護神・東口順昭が立ちはだかる。前半8分のDF太田宏介、同22分の大森の決定機のいずれもが弾き出され、先制点にならない。

 すると前半34分、G大阪は右CKの流れからMF遠藤保仁がクロスを入れ直すと、ファーサイドでDF三浦弦太が競り合う。こぼれ球をDFファビオが押し込み、先制に成功した。

 FC東京には更なるアクシデントが襲う。前半39分、DF菅沼駿哉との接触で右足を痛めた東が、治療後にピッチに戻るが、再び倒れ込んでしまう。同アディショナルタイムに田邉との交代を余儀なくされた。

 それでもFC東京は後半に入ると猛反撃に出る。しかし後半2分のオフサイドラインぎりぎりを抜け出した富樫のシュートは東口の好セーブに防がれる。同6分にはMF高萩洋次郎が浮き球でゴールを狙うが、カバーに入った菅沼に頭でかき出されてしまった。

 FC東京は後半20分から、途中出場で2試合連続決勝点を奪っているFWリンスを投入。古巣戦ということもあり、G大阪のゴール裏からは万雷の拍手が鳴り響いていた。

 宮本ガンバ初勝利まであと15分。G大阪はMF藤本淳吾に代えてMF高江麗央、MF倉田秋に代えてMF小野瀬康介、そして一美に代えてDF米倉恒貴を投入と、守備意識を高めて逃げ切りを目指す。

 しかし後半41分、エリア内でFWディエゴ・オリヴェイラに左足を振り抜かれ、同点弾を許してしまう。だがG大阪は後半アディショナルタイム5分、FWアデミウソンが左足で千金弾。宮本監督に初勝利をプレゼントした。最下位の名古屋とは勝ち点1差で迎えた今節。最下位に転落する可能性もあったが、劇的弾で危機を回避した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:29 | 大阪 ☀ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モドリッチ、インテル移籍を希望か?代理人がレアル・ぺレス会長と会談へ

モドリッチ、インテル移籍を希望? 代理人がレアル会長と交渉へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00809463-soccerk-socc
モドリッチ2017-18レアル.jpg

レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、インテルへの移籍を希望しているようだ。スペイン紙『マルカ』が10日に報じている。

 同紙はスペインのラジオ局『オンダ・セロ』の報道を引用し、モドリッチが移籍を希望していると伝えた。同選手の代理人が10日にもレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長と会談の場を持ち、移籍交渉を行うようだ。

 インテルはモドリッチに対し、年俸1000万ユーロ(約12億8000万円)の4年契約を提示している模様。さらに、中国の『蘇寧電器』グループが同クラブのオーナーであることから、さらに2シーズンに渡って中国でプレーする条項も盛り込まれているようだ。中国でも同額のサラリーが用意される模様で、破格の条件となっている。

 なお8日付の同紙によれば、レアル・マドリードにモドリッチ売却の意思はないという。インテル側に7億5000万ユーロ(約972億円)もの契約解除金を要求するほか、現在は800万ユーロ(約10億2000万円)の年俸を増額することも検討しているようだ。

 果たして、モドリッチの移籍は実現するだろうか。今後の動向に注目が集まる。


◆◇El Blanco Real Madrid 965◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533194163/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏、元ジローナFWオルンガの獲得を正式発表!初のケニア人Jリーガーが誕生(関連まとめ)

Jリーグに初のケニア出身選手が誕生!柏に長身FWが完全移籍で加入…昨季スペインで3得点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000012-goal-socc
オルンガジローナ.jpg

柏レイソルは10日、中国の貴州智誠よりケニア代表FWオルンガが完全移籍で加入することを発表した。なお、ケニア出身選手がJリーグに参戦するのは史上初となる。

現在24歳の同選手は193センチ・85キロの長身大型ストライカー。ケニアのケニアン・プレミアリーグでプロキャリアをスタートすると、2016年にスウェーデンのユールゴーデンIFに完全移籍で加入。12ゴールを決めてスウェーデンリーグの年間最優秀若手選手にノミネートされた経験がある。

2017年からは中国スーパーリーグの貴州智誠に移籍し、シーズン途中からはスペインのジローナへ期限付き移籍。リーガ・エスパニョーラでは14試合に出場し、3ゴールをマークしている。

加入にあたりオルンガは「まず、このレイソルファミリーに迎えてくださったチームや関係者の皆さん、チームメイトに大変感謝しています。レイソルは昨年のリーグ戦でいい成績を残し、今年はACLにも出場した、環境の整った良いチームだと感じています。自分の役割は得点を獲ることで、サポーターの皆さんにはそこを見てもらいたいと思います。高いモチベーションを持って柏に来ましたし、今のチーム状況を上向きに変えていけるように、練習からしっかり取り組み、結果を残していきたいです」とコメントしている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10894
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1533834738/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、トルコ代表DFソユンク獲得を発表!フライブルクと移籍金27億円で合意

レスター、トルコ代表DFソユンクを獲得…移籍金は約27億円に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00809724-soccerk-socc
ソユンクトルコ代表.jpg

岡崎慎司が所属するレスターは10日、フライブルクからトルコ代表DFチャグラル・ソユンクを獲得したと発表した。2023年までの5年契約で、移籍金は1900万ポンド(約27億円)と推定されている。

 現在22歳のソユンクは2016年にフライブルクへ加入。2シーズンでリーグ戦合計50試合に出場し、1得点を記録した。トルコ代表としても2016年3月にデビューし、以降16試合に出場している。

 今夏にアトレティコ・マドリードやアーセナルからの関心が伝えられた有望株DFの加入で、レスターは昨シーズンにリーグワースト5位となる60失点を喫した守備を改善できるのだろうか。11日にマンチェスター・Uとの開幕戦を迎える。


††【The Foxes】Leicester City FC††part3
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1525896799/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昇格組フラム、アトレティコFWビエットら5選手を最終日に獲得!大型補強のウォルバーハンプトンは最終日にベルギー代表デンドンケル獲得

フルアム、移籍市場閉幕直前に5人と契約成立…アトレティコのビエットなど
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00809305-soccerk-socc
ビエットアトレティコ.jpg

プレミアリーグに昇格したフルアムが移籍市場が閉幕する8月9日に5人との契約を成立させた。

 今季からリーグ開幕前の9日が締切にあたり、移籍市場閉幕直前に各クラブが大きな動きを見せている。そして今季からプレミアリーグで戦うフルアムは締切直前に積極的な補強をみせた。

 マルセイユからカメルーン代表MFアンドレ・フランク・ザンボ・アンギサを5年契約で獲得。また、セビージャのスペイン代表GKセルヒオ・リコ、アトレティコ・マドリードのアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット、ブリストル(イングランド2部)のイングランド人DFジョー・ブライアン、マンチェスター・Uのオランダ代表DFティモシー・フォス・メンサーを1年間のレンタルで手に入れた。

 アンギサは昨季マルセイユで公式戦54試合に出場。22歳ながらカメルーンのA代表でもプレーしている。24歳のリコは下部組織からセビージャでプレーし、2015年にはセビージャでヨーロッパ・リーグ(EL)制覇を達成した。24歳のビエットはビジャレアルからアトレティコ・マドリードに加入すると、セビージャやバレンシアへレンタルでプレー。U−20アルゼンチン代表でもプレーした経験を持っている。

 ブライアンは昨季ブリストルで48試合出場を果たし、すでに開幕している2018−19シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)の開幕戦に出場。マンチェスター・Uで通算21試合に出場している現在20歳のフォス・メンサーは、昨季クリスタル・パレスにレンタル移籍してプレーしていた。

 プレミアリーグの挑戦へ向け積極補強を展開するフルアムは、これまでコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリやセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロヴィッチ、ドイツ代表MFアンドレ・シュールレ、イングランド人DFカラム・チェンバースなどを獲得している。

 フルアムは8月11日にクリスタル・パレスとホームでプレミアリーグ開幕戦を行う。


ウォルバーハンプトンがアンデルレヒトからベルギー代表MFデンドンカーをレンタルで獲得
http://news.livedoor.com/article/detail/15137919/
デンドンケル.jpg

ウォルバーハンプトンは9日、アンデルレヒトからベルギー代表MFリーンデル・デンドンカー(23)を1年間のレンタル移籍で獲得した。

デンドンカーは、アンデルレヒトの下部組織出身で、2013年7月にトップチームに昇格。トップチームでは、ここまで公式戦171試合に出場し11得点4アシストを記録していた。昨シーズンはセンターバックを中心にベルギー・ジュピラーリーグで27試合、チャンピオンズリーグで6試合に出場していた。

また、世代別のベルギー代表でプレーした経験を持つデンドンカーは、2015年6月にA代表デビュー。これまで6試合に出場しており、今夏に行われたロシア・ワールドカップにも選出されると、グループステージ1試合に出場していた。


【中下位専用】ENGLAND Premier League 18
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1531365160/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルユース中井卓大、カデーテA(U16)に昇格が判明!トップチームまで残り「5」(関連まとめ)

【サッカー】レアル中井卓大、U-16「カデーテA」昇格が判明! トップチームまで残り「5」に迫る
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533871400/
中井卓大2018-03.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2018/08/10(金) 12:23:20.86 ID:CAP_USER9.net.net

レアル・マドリードの下部組織カデーテB(U-15)で昨季プレーしていた中井卓大くんが、世界最高峰の逸材がひしめく狭き門を突破し、新シーズンはU-16年代のカデーテA(U-16)に昇格することが分かった。

“ピピ”の愛称で知られる中井くんは、UEFAチャンピオンズリーグで最多13回の優勝を誇る“白い巨人”の下部組織に11歳から加入。昨年インファンティールA(U-14)からカデーテBに昇格した際には、チームメイト8人が足切りにあっていた。

 毎年パフォーマンスに応じて昇格を果たせず、涙を呑む神童が続出するなか、中井くんは熾烈な生存競争を勝ち抜いたという。レアル関係者によると、
持ち前のドリブルの技術のみならず、ゲームメイク能力の高まりも評価されてカデーテAへの昇格が決定。今月中に新チームへ合流する予定だという。

 中井くんのポテンシャルは、スペインメディアでもすでに高く評価されている。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は以前、ユベントスに移籍した元スーパーエースと比較し、「クリスティアーノ・ロナウドよりも重要」と将来的な伸びしろを称賛していた。

 レアルのトップチーム昇格まで、残すはカデーテA、フベニールC、B、A、そしてカスティージャの5カテゴリー。中学3年生ながらも2022年カタール・ワールドカップに向けた新星としても期待される“ピピ”は、世界的名門の下部組織で順調に階段を上っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00127431-soccermzw-socc
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2018/08/efc2e80f1c3f2203a2101efe5da30e5a.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(29) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FM山中亮輔、トルコ強豪バシャクシェヒルが正式オファー!本人もオファー認める(関連まとめ)

【サッカー】 横浜Mの山中にトルコ1部・バシャクシェヒルからオファー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533860207/
山中亮輔2018横浜FM.jpg
1: shake it off ★ 2018/08/10(金) 09:16:47.97 ID:CAP_USER9.net

横浜MのDF山中亮輔(25)にトルコ1部・バシャクシェヒルが完全移籍での正式オファーを出したことが9日、分かった。関係者によると、横浜Mとの契約を残しており違約金も発生するが、複数年契約での準備をしているという。

 22年カタールW杯を狙うレフティーに、昨季トルコリーグ3位の強豪からオファーが届いた。山中は正確なクロスと積極的な攻撃参加が持ち味で、今季は19試合に出場し2得点。16年リオ五輪アジア予選では主力として活躍し、五輪出場権獲得に貢献。
16強入りしたロシアW杯メンバーの大枠にも入っており、カタールW杯を目指す森保ジャパンでは日本代表DF長友佑都(31)=ガラタサライ=の後釜としての期待も大きい。国内屈指のサイドバックの動向に注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000032-sph-socc




【横浜M】DF山中のトルコ1部・バシャクシェルからのオファーを認める
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000125-sph-socc


横浜MのDF山中亮輔(25)は10日、トルコ1部・バシャクシェヒルから完全移籍での正式オファーが届いていることを認めた。

 9日に、昨季トルコリーグ3位のバシャクシェヒルから複数年契約の獲得オファーが届いたことが判明。横浜市内で湘南戦に向けた前日練習を終えたDF山中は「試合前日なので、試合に集中したい」とコメントしつつ、「(バシャクシェヒルから)オファーが届いたのは本当ですし、素直にうれしい」と話した。

 横浜Mは今夏にDF金井貢史が名古屋へ、DF下平匠がJ2千葉へと左サイドバックでプレーできる選手がそろって移籍したこともあり、アイザック・ドル・スポーティングダイレクター(56)は「オファーがあったのは事実だが、このタイミングで送り出すのは難しい」と慰留に努める構えを示した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(30) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、CB5人にオファーも全員失敗…現有戦力で新シーズンへ

手当たり次第のマンU、CB5人全員にフラれる…現有戦力で新シーズンへ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00284847-footballc-socc
ミナボアテングマグワイアトビー.jpg

センターバックの補強に動いていたマンチェスター・ユナイテッドだが、一人も獲得出来ずにプレミアリーグ開幕を迎えることになった。

 これまでバルセロナのコロンビア代表DFジェリー・ミナ、トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴェイレルト、レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングと名前が浮上し、最後にアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンを獲得する噂が流れた。しかし、いずれも交渉失敗に終わっている。

 ついに現地時間9日を迎え、プレミアリーグの移籍期間が終了した。実に5人のセンターバックの名前が浮上しながら一人も獲得成功せず。現有戦力で2018/19シーズンを迎えることになる。


ゴディンマンU報道.jpg


† Red Devils Manchester United 1304 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533639735/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エバートン、大型補強!バルサDFミナとMFゴメス、ブラジル代表ベルナルジの3選手獲得を公式発表!

エバートンが“駆け込み”で大型補強 ミナ、A・ゴメス、ベルナルジの代表3選手を獲得
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00127413-soccermzw-socc

ミナゴメスベルナルジ.jpg


ブラジルW杯出場のベルナルジは移籍金ゼロで4年契約 ミナは買い戻しオプション付き
 プレミアリーグの移籍マーケットが現地時間9日の17時にクローズした。期限最終日に最も積極的な補強を敢行したのは、どうやらエバートンだったようだ。バルセロナからコロンビア代表DFジェリー・ミナとポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス、そしてシャフタールから2014年ワールドカップ(W杯)のブラジル代表MFベルナルジと各国代表クラスの3選手を獲得した。

 25歳のベルナルジは母国ブラジルのアトレチコ・ミネイロでキャリアをスタートさせ、2013年に移籍金4000万ポンド(約57億円)でウクライナのシャフタールへ移籍。ブラジル代表としても14試合に出場し、14年のブラジルW杯にも出場した。

 ベルナルジは昨季限りでシャフタールと契約満了。移籍金はかからず、エバートンとの4年契約にサインした。背番号は20となる。

 昨夏にバルサへ加入したミナは完全移籍でエバートンへ移籍。英公共放送「BBC」によると、移籍金は3025万ユーロ(約39億円)となるが、契約にはバルサが買い戻しできるオプションが含まれるという。一方のゴメスは1年間の期限付き移籍。ローン費用は225万ユーロ(約2億9000万円)で、選手の年俸もエバートン側が負担する。

今夏だけでバルセロナから3選手を獲得
 ミナは今年1月にブラジルのパルメイラスから加入したが、わずか半年でバルサ退団となった。ゴメスも2016年にバレンシアからステップアップを果たしたが、タレント揃いのバルサの中盤でレギュラーポジションを手にすることができなかった。

 すでにフランス代表DFリュカ・ディニュもエバートン移籍が決定済みで、今夏だけでバルセロナからエバートンへ3選手が移籍することになった。そして、エバートンはイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードらを獲得した昨夏に続く大型補強を実現させた。

【The Toffees】 Everton FC part19
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1526340828/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング