アンテナ・まとめ RSS

2018年08月19日

U21日本、U23ベトナムに0-1で敗れグループ2位通過 ベスト16ではマレーシアと対戦へ アジア大会男子サッカー

【サッカー】U21日本代表、ベトナムに完封負け…グループ2位で決勝T進出 アジア大会男子サッカー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534676133/
U21日本ベトナムU23戦アジア大会.jpg

1: 動物園φ ★ 2018/08/19(日) 19:55:33.66 ID:CAP_USER9.net

8/19(日) 19:53配信

日本vsベトナムの一戦は白熱した展開に [写真]=Getty Images

 第18回アジア競技大会・グループD第3節が19日に行われ、U−21日本代表とU−23ベトナム代表が対戦し、日本は0−1で敗北した。

 ボールを支配しかけた日本だったが、思わぬ形で失点してしまった。3分、GKからボールを受けようとディフェンスラインまで下がってきた神谷優太がトラップミス。自陣ペナルティエリアすぐ外でボールを奪われると、ガラ空きのゴールに流し込まれた。

 素早い縦の攻撃を仕掛けてゴールに迫るベトナムとは対照的に、前半の失点こそなかったものの、日本はなかなかチャンスを作れず。時間が経つにつれて徐々にボールを支配し始め、前田大然の俊足を生かした攻撃を披露するも、日本は前半のうちに追いつくことはできなかった。

 70分には遠藤渓太が惜しいシュートを放ち、80分にはスルーパスに抜け出した前田がオフサイドの判定を受けるもいい動き出しを見せ、徐々にゴールの可能性が感じられた。さらに90分には、スルーパスに抜け出した上田綺世がGKをかわしシュートを放ったが、同点弾とはならず。

 最後までゴールを奪えなかった日本は、グループD2位で決勝トーナメント進出。1回戦は24日にグループEの1位と対戦する。

【スコア】
日本代表 0−1 ベトナム代表

【得点者】
0−1 3分 クゥワン・ハイ(ベトナム)

【スターティングメンバー】
オビ・パウエルオビンナ:杉岡大暉、原輝綺、立田悠悟:初瀬亮、三笘薫(46分 岩崎悠人)、三好康児、遠藤渓太、渡辺皓太、神谷優太:前田大然(80分 上田綺世)

SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00815542-soccerk-socc



【アジア大会】U-21日本代表がベトナムに敗れGS2位通過…ラウンド16でマレーシアと対戦

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180819-00045925-sdigestw-socc


試合は予想外の展開で幕を開ける。
[アジア大会]U−21日本代表0−1U−23ベトナム代表/8月19日/インドネシア
 
 U−21日本代表が8月19日、アジア大会のグループステージ3節でU−23ベトナム代表と対戦。0−1で敗戦を喫した。
 
 2節でパキスタンを下し、すでにグループステージ突破を決めていた日本にとって、このベトナム戦は、首位通過が懸かった試合だった。勝利を目指し、これまでの2試合と同じく3−4−2−1システムを採用する。
 
 GKは今大会初先発となるオビ・パウエル・オビンナ、3バックは右から原輝綺、立田悠悟、杉岡大暉。右ウイングバックに初瀬亮、左ウイングバックに遠藤渓太。2ボランチには渡辺皓太と神谷優太、2シャドーに三好康児と三笘薫、そして1トップには前田大然が入った。
 
 試合は予想外の展開で幕を開ける。
 
 開始からわずか3分、神谷が自陣でボールを奪われ、ベトナムのメッシことヌエン・クアン・ハイにゴールを奪われ、日本は先制を許してしまう。
 
 その後、先制点ですっかり勢いづいたベトナムに苦戦。左サイドを崩された13分の決定機をはじめ、前半は立て続けにチャンスを作られる。
 
 完全に後手に回った日本は攻めても、連動性を欠きスムーズにパスが回らず。前田の個人技とスピードで突破を試みるも、周囲のサポートが遅れがちでゴールに迫れない。1本(日本)対10本(ベトナム)というシュート数が、前半の劣勢を物語っていた。
 
 ペースを掴んだのは、後半からだった。神谷に代えて松本泰志を、三笘を下げて岩崎悠人を投入すると、スピーディな攻撃を展開していく。
 
 ところがゴールが遠かった。70分には遠藤がエリア外から強烈なミドルシュートを放ったが、枠を外れる。80分には岩崎のパスに抜け出した前田がGKと1対1を迎えるも、オフサイドの判定で得点には至らない。
 
 81分に1トップの前田に代えて上田綺世をピッチに送り、前線の活性化を図る。すると90分にエリア内に飛び出したその上田が、ビッグチャンスを得る。しかし、シュート精度を欠き、枠を捉えられない。
 
 結局最後までベトナムの壁を破ることができずにタイムアップ。日本は2位でのグループステージ通過が決まり、決勝トーナメントの1回戦・ラウンド16で、グループEの1位マレーシアと対戦することになった。日本の次戦は、8月24日の19:30キックオフ(日本時間)。
 
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:10 | 大阪 ☁ | Comment(48) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸、イニエスタとポドルスキが得点演出!三田・郷家弾で湘南に2-0快勝!鹿島は遠藤康ゴラッソ弾で横浜に勝利!磐田は大久保移籍後初ゴールなど柏に2-0完勝!仙台はG大阪に勝利!川崎は小林悠2得点で広島に勝利

【サッカー】J1第23節夜 鹿島×横浜FM、仙台×G大阪、湘南×神戸、磐田×柏、広島×川崎 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534679961/
三田2018第23節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/08/19(日) 20:59:21.31 ID:CAP_USER9.net

鹿島 1−0 横浜FM
[得点者]
49' 遠藤 康(鹿島)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:21,178人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081905/live/#live


仙台 2−1 G大阪
[得点者]
27' 渡邉 千真 (G大阪)
54' 西村 拓真 (仙台)
57' オウンゴール(仙台)

スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:16,110人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081906/live/#live


湘南 0−2 神戸
[得点者]
37' 三田 啓貴(神戸)
76' 郷家 友太(神戸)

スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
入場者数:15,351人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081907/live/#live


磐田 2−0 柏
[得点者]
6' 松本 昌也  (磐田)
13' 大久保 嘉人(磐田)

スタジアム:ヤマハスタジアム(磐田)
入場者数:13,515人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081908/live/#live


広島 1−2 川崎
[得点者]
56' パトリック(広島)
63' 小林 悠 (川崎)
77' 小林 悠 (川崎)PK

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:14,211人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081909/live/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:55 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋、ジョー不在も鳥栖に3-0完勝し5連勝!C大阪は丸橋1G1Aなど長崎に2-0完勝!清水と浦和は打ち合いの末3-3ドロー!J1第23節夕(関連まとめ)

【サッカー】J1第23節夕 清水×浦和、名古屋×鳥栖、長崎×C大阪 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534676379/
金井2018第23節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/08/19(日) 19:59:39.70 ID:CAP_USER9.net

清水 3−3 浦和
[得点者]
6' 金子 翔太  (清水)
11' 阿部 勇樹 (浦和)
51' ドウグラス (清水)
63' 金子 翔太 (清水)
61' ファブリシオ(浦和)
72' 槙野 智章 (浦和)


スタジアム:IAIスタジアム日本平
入場者数:14,914人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081902/live/#live


名古屋 3−0 鳥栖
[得点者]
21' 金井 貢史(名古屋)
64' 和泉 竜司(名古屋)
75' 前田 直輝(名古屋)
スタジアム:パロマ瑞穂スタジアム
入場者数:19,646人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081903/live/#live

長崎 0−2 C大阪
[得点者]
3' 丸橋 祐介    (C大阪)
89' マテイ ヨニッチ(C大阪)

スタジアム:トランスコスモススタジアム長崎
入場者数:12,366人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081904/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:35 | 大阪 ☁ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ杯王者フランクフルト、4部に敗れまさかの1回戦敗退…長谷部誠もフル出場

【サッカー】王者フランクフルトが1回戦敗退の波乱…長谷部フル出場も4部相手に敗戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534606897/
長谷部2018ポカール1回戦ドリブル.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/08/19(日) 00:41:37.22 ID:CAP_USER9.net

8/19(日) 0:26配信
王者フランクフルトが1回戦敗退の波乱…長谷部フル出場も4部相手に敗戦

 DFBポカール1回戦が18日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトはウルム(4部)と対戦し、1−2で敗れた。

 フランクフルトは昨シーズン、30年ぶりにDFBポカールを制覇。今シーズンは王者として臨んだが、4部クラブにジャイアントキリングを許し、1回戦敗退となった。長谷部は3バックの中央でフル出場。鎌田はメンバー外だった。

【スコア】
ウルム 2−1 フランクフルト

【得点者】
1−0 48分 ステファン・キーンレ(ウルム)
2−0 75分 ビタリ・ルクス(ウルム)
2−1 90分 ゴンサロ・パシエンシア(フランクフルト)

【スターティングメンバー】
フランクフルト(3−4−3)
レノウ;アブラーム、長谷部、サルセド(78分 ミュラー);ダ・コスタ、トロ(83分 パシエンシア)、デ・グズマン、ウィレムス(70分 ブラム);ヨヴィッチ、ハラー、ガチノヴィッチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00815080-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180819-00815080-soccerk-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、新加入マディソンのゴールなどウォルバーハンプトンに2-0完勝も…エース・ヴァーディが一発退場 岡崎慎司は出場せず(関連まとめ)

岡崎慎司は2戦連続ベンチ外。レスター、ホームで2-0の完封勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180819-00285904-footballc-socc
マディソン2018第2節ゴール.jpg

レスター 2-0 ウルバーハンプトン プレミアリーグ第2節】

 現地時間18日にプレミアリーグ第2節の試合が行われ、レスター・シティはホームにウルバーハンプトン・ワンダラーズを迎えて対戦。

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司は開幕戦に引き続きベンチ外となった。試合開始して22分、ウルバーハンプトンのラウール・ヒメネスに強烈なシュートを打たれるがゴールポストに弾かれて失点を免れる。

 すると29分、マーク・オルブライトンのクロスを、クリアしようとしたウルバーハンプトンのマシュー・ジェームズ・ドハーティが自陣のゴールにヘディングシュートを決めてしまい、レスターに先制点が入った。続く45分には、新加入のジェームズ・マディソンが追加点を決める。結局、リードを守り切ったレスターが2-0の勝利をおさめた。

【得点者】
29分 1-0 オウンゴール(レスター)
45分 2-0 マディソン(レスター)

レスターFWヴァーディ、一発退場の悪質タックルに酷評殺到 「無謀」「ノンリーグ級」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180819-00129358-soccermzw-socc

レスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは、現地時間18日のプレミアリーグ第2節のウォルバーハンプトン戦(2-0)で今季初スタメンを飾ったが、後半に悪質なタックルで一発退場。現地メディアでは「無謀」「ノンリーグ時代のタックル」と酷評された。

 レスターは前半にオウンゴールとイングランド人MFジェームズ・マディソンのゴールでリードを奪った。

 そして迎えた後半21分だった。相手陣内でドリブルをカットされたヴァーディは、ルーズボールを拾おうとした場面でアイルランド代表DFマット・ドハーティを左足で激しく蹴りつけた。主審はこの危険なタックルに迷わずレッドカードを提示し、レスターのエースへ一発退場を宣告。タックルをもろに足に食らったドハーティは負傷し、そのまま途中交代を強いられた。

 英公共放送「BBC」は「これはひどい。ジェイミー・ヴァーディは無謀なプレーでマット・ドハーティからボールを奪おうとした」と速報。「マイク・ディーン(主審)の目にも明らかだった」と退場となってしかるべきプレーだったと指摘した。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」も試合速報で「アウチ、アウチ、アウチ。これはノンリーグ時代のタックルだ。レスターは10人になった」と激しすぎるヴァーディのキックがアマチュアレベルのプレーだったと酷評した。

 レスターは2-0で今季初勝利を収めたもの、少なくとも次節のサウサンプトン戦ではエースストライカーを欠いて戦うことが確定した。


††【The Foxes】Leicester City FC††part4
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533970380/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、チェルシーとの大ロンドンダービーに2-3で敗れる…開幕2連敗

チェルシーが壮絶な打ち合いを制し開幕2連勝! アーセナルは2連敗
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00815158-soccerk-socc
アーセナル2018第2節.jpg

プレミアリーグ第2節が18日に行われ、チェルシーがアーセナルを3−2で下した。

 立ち上がりからボールを保持したのはホームのチェルシーだった。新戦力のジョルジーニョを起点に攻撃のリズムをつかむと、9分にジョルジーニョのパスから左サイドを抜け出したマルコス・アロンソが中に折り返すと、ペドロ・ロドリゲスが左足で流し込み、チェルシーがあっさりと先制に成功した。ペドロは2試合連続ゴールとなった。

 一方のアーセナルは17分、スルーパスに抜け出したピエール・エメリク・オーバメヤンがシュート。19分にはスルーパスから右サイドを突破したエクトル・ベジェリンの折り返しにオーバメヤンが決定機を迎えたが、シュートは枠を大きく外れ同点に追いつくことができない。

 再び試合を動かしたのはチェルシーだった。20分、セサル・アスピリクエタが前線にボールを送ると、裏に抜け出したアルバロ・モラタが切り返しでDFをかわすと、左足を振り抜き、追加点を挙げる。

 2点を先行されたアーセナルだったが反撃をみせる。37分、アレックス・イウォビのクロスがこぼれたところを、ヘンリク・ムヒタリアンのダイレクトシュートがゴール左隅に決まり、1点を返した。さらに、41分、ムヒタリアンのグラウンダークロスから今度はイウォビが右足を振り抜き同点に追いつく。アーセナルが前半のうちに試合を振り出しに戻して前半を折り返した。

 後半に入るとこう着状態が続き、チェルシーはエデン・アザールや新戦力のマテオ・コヴァチッチ、アーセナルは新戦力のルーカス・トレイラやアーロン・ラムジーを投入して、それぞれ攻撃陣の活性化を図る。

 均衡が破れたのは81分、アザールが左サイドをドリブルで突破して中に入れると、M・アロンソが左足で流し込み、再びチェルシーがリードに成功する。この1点を守り切ったチェルシーが、アーセナル戦7試合ぶりの勝利を収めた。

 今シーズン初の“ビッグロンドン・ダービー”を制したチェルシーが開幕2連勝を飾った一方、アーセナルは開幕2連敗スタートとなった。

 次戦、チェルシーは26日にアウェイで日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルと、アーセナルは25日にホームでウェストハムとそれぞれ対戦する。

【スコア】
チェルシー 3−2 アーセナル

【得点者】
チェルシー:ペドロ(9分)、モラタ(20分)、M・アロンソ(81分)
アーセナル:ムヒタリアン(37分)イウォビ(41分)

【スターティングメンバー】
チェルシー(4−3−3)
ケパ;アスピリクエタ、リュディガー、D・ルイス、M・アロンソ;ジョルジーニョ、カンテ、バークリー(60分 コヴァチッチ);ペドロ、ウィリアン(60分 アザール)、モラタ(75分 ジルー)

アーセナル(4−2−3−1)
チェフ;ベジェリン、ムスタフィ、パパスタソプーロス、モンレアル;ゲンドゥージ、ジャカ(46分 トレイラ);ムヒタリアン、エジル(68分 ラムジー)、イウォビ(75分 ラカゼット);オーバメヤン

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1284】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1534612498/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌、チャナティップ決勝スーパーゴールでFC東京に2点差から3-2大逆転勝利!暫定4位浮上 J1第23節昼(関連まとめ)

【サッカー】J1第23節昼 札幌×FC東京 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534658308/
チャナティップ2018第23節ドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/08/19(日) 14:58:28.77 ID:CAP_USER9.net

札幌 3−2 FC東京
[得点者]
33' ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)
45+1' チャン ヒョンス  (FC東京)
53' 都倉 賢       (札幌)
68' 白井 康介      (札幌)
72' チャナティップ    (札幌)

スタジアム:札幌ドーム
入場者数:18,521人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081901/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


12: 久太郎 ★ 2018/08/19(日) 14:59:27.68 ID:CAP_USER9.net

>>1
チャナティップ砲が炸裂!札幌が怒涛の後半3発で逆転勝ち、FC東京は今季初3連敗

[8.19 J1第23節 札幌 3-2 FC東京 札幌ド]

 J1リーグは19日、第23節を各地で行った。札幌ドームでは6位・北海道コンサドーレ札幌と3位・FC東京が対戦し、札幌が3-2で競り勝った。札幌は4試合ぶりの白星。一方のFC東京は今季初の3連敗を喫した。

 15日の前節・G大阪と1-1で引き分けた札幌は、先発2人を変更。MF宮澤裕樹とMF石川直樹に代え、MF荒野拓馬とMF菅大輝がスタメンに名を連ねた。一方、前節・柏(0-1)に敗れ、今季2度目の連敗を喫したFC東京。その試合から3人を変えて、DF森重真人とDF太田宏介、FWディエゴ・オリヴェイラが先発起用された。

 前半はFC東京ペースで進んだ。前半2分、左サイドからD・オリヴェイラがシュート性のクロスを入れ、FW永井謙佑がヒールで合わせたが、GKク・ソンユンのファインセーブに遭う。18分には、PA左深くまで進入したMF大森晃太郎のパスを受けたMF東慶悟が落ち着いて相手をかわし、右足を振り抜く。しかし、左ポストに嫌われてチャンスを逃した。

 それでもFC東京は前半33分、MF高萩洋次郎の浮き球パスから左サイドを突破したFW永井謙佑がPA左に進入。相手をひきつけてマイナスへ折り返し、D・オリヴェイラが冷静に右足で流し込んだ。さらにアディショナルタイム1分、右CKから太田が左足で蹴り込むと、ニアに飛び込んだDFチャン・ヒョンスが頭で合わせ、ゴール左に吸い込まれた。

 2点ビハインドの札幌は後半開始から荒野に代え、MF白井康介を投入。残り45分での逆転を目指した。すると、8分にペナルティーアーク手前からDF福森晃斗がダイレクトでゴール前に浮き球パスを供給。太田のマークを受けながらMF都倉賢がヘディングシュートを放つと、森重の顔面に当たってコースが変わり、ゴール右に吸い込まれ、1-2と1点を返した。

 後半は一転、札幌の時間が続く。14分、PA左手前からMFチャナティップが鋭いクロスを入れ、ファーサイドに走り込んだ都倉がジャンピングボレー。これは惜しくも外側のサイドネットだったが、23分に同点に追いつく。都倉がPA左手前へ縦パスを送り、DF室屋成にカットされたボールを白井が回収。中央へ運んで右足を振り抜くと、ゴール右に突き刺さり、2-2と試合を振り出しに戻した。

 こうなると札幌の勢いは止まらない。後半27分、ジェイのリターンパスを受けたチャナティップがペナルティーアーク手前から右足を一閃。これが左ポスト内側を叩いて、ゴールに吸い込まれ、3-2と逆転に成功した。

 まさかの3失点を喫したFC東京は、後半27分に永井と東を下げ、FW前田遼一とFWリンスを投入する。すると、直後に決定機が訪れる。31分、大森が相手を背負いながら右サイドのライン際からクロスを上げる。ファーサイドに走り込んだリンスが左足ボレーで合わせたが、左ポストを直撃。同点のチャンスを逃した。試合はそのまま3-2でタイムアップ。札幌が接戦をものにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-01686894-gekisaka-socc



※タイトルに間違いがありましたので修正します。チャナティップ選手がゴールを決めたのは前節G大阪戦ではなく前々節C大阪戦です

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:30 | 大阪 ☁ | Comment(18) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、絶妙FK弾など開幕戦2ゴール!バルセロナはコウチーニョ絶妙弾もありアラベスに3-0完勝!

【サッカー】<王者バルセロナ>主役は今季もメッシ!クラブのリーグ通算6000点目含む2発で、白星発進に導く/リーガ第1節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534632612/
メッシ2018開幕戦.jpg

1: Egg ★ 2018/08/19(日) 07:50:12.68 ID:CAP_USER9.net

ラ・リーガは18日に開幕戦が各地で行われ、バルセロナはアラベスと対戦した。

昨季圧倒的な強さでリーグ制覇を成し遂げたバルセロナ。大型補強を敢行した王者だったが、この試合では新加入選手のスタメンはゼロに。メッシやスアレス、ラキティッチやブスケツなどが先発している。

幸先の良いスタートを切りたいバルセロナだが、アラベスの中央を圧縮したブロックに攻めあぐねる展開が続く。ポゼション率も80%近い時間もあったが、なかなかゴールをこじ開けられない。

後半からコウチーニョを投入したが、GKパチェコらを中心としたアラベス守備陣を崩しきれない。アルバやメッシなどにエリア内でビッグチャンスが訪れるが、得点まで結びつけることができない。

嫌な時間帯の続いていたバルセロナが、やはりエースが試合を動かす。64分、ゴール手前でFKを獲得すると、キッカーはメッシ。今季から主将に任命された10番は、ジャンプした壁の下を通すシュートで直接決めた。なお、バルセロナにとってこれはラ・リーガ通算6000点目に。記念すべきゴールを、クラブ史上最高とも言えるメッシが挙げている。

その後もエリア内でポスト直撃のシュートを放つなど、メッシは勢いを増していく。しかし、アラベスも追加点は許さない。バルセロナは77分にデンベレに代え、イニエスタの8番を背負うアルトゥールが新天地デビューを果たした。

なかなか追加点を奪えなかったバルセロナだったが、83分にコウチーニョがカットインからエリア内で右足を振り抜き待望の追加点。余裕を持った王者は、84分にはビダルをデビューさせる。

その後はゆったりとボールを回しながら、相手にゴールを許さず。後半アディショナルタイムにはメッシが追加点。堅い守備を崩すのに苦労したバルセロナだったが、メッシの活躍もあり、3得点を奪って白星スタートを決めた。

■ラ・リーガ第1節

バルセロナ 3-0 アラベス

■得点者

バルセロナ:メッシ(64分)、コウチーニョ(83分)、メッシ(後半AT)

アラベス:なし

8/19(日) 7:06配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000035-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180819-00000035-goal-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:22 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、セリエAデビュー戦フル出場し無得点も好プレー披露!ユベントスは開幕戦キエーボに3-2劇的逆転勝利!(関連まとめ)

【サッカー】ユーベがギリギリ逆転で開幕戦勝利!セリエA初挑戦のC・ロナウドはフル出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534616077/
クリロナ2018セリエA開幕戦.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/08/19(日) 03:14:37.16 ID:CAP_USER9.net

8/19(日) 3:02配信
ユーベがギリギリ逆転で開幕戦勝利!セリエA初挑戦のC・ロナウドはフル出場

[8.18 セリエA第1節 キエーボ2-3ユベントス]

 セリエAは18日、第1節1日目を行った。ユベントスは敵地でキエーボと対戦し、3ー2で勝利。レアル・マドリーから加入したFWクリスティアーノ・ロナウドが開幕戦からフル出場した。

 昨季にセリエA史上初となる7連覇を達成したユベントス。守護神・GKジャンルイジ・ブッフォンがパリSGに移籍し、新たなスーパースターであるC・ロナウドが加入した。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は圧倒的なストライカーを生かすべく、4-2-3-1の布陣を選択している。

 GKボイチェフ・シュチェスニ、DFアレックス・サンドロ、DFジョルジョ・キエッリーニ、DFレオナルド・ボヌッチ、DFジョアン・カンセロらが守備につき、中盤はミラレム・ピャニッチ、MFサミ・ケディラがボランチの位置に入る。左のサイドハーフにMFダグラス・コスタ、右にMFファン・クアドラードを置き、トップ下にFWパウロ・ディバラ、CFにC・ロナウドが起用された。

 7連覇中の王者が前半3分に得点を挙げる。右サイドからのピャニッチのFKをファーサイドのキエッリーニが頭で落とし、最後はケディラが豪快な左足シュートでゴールネットを揺らした。しかしその後は追加点を奪えず。キエーボは同38分、MFエマヌエレ・ジャッケリーニのクロスをFWマリウシュ・ステピンスキが頭で合わせて1-1の同点とした。

 ユベントスは後半3分、C・ロナウドがPA外から鋭い右足シュートを放つが相手GKにはじかれる。するとキエーボが同9分に反撃。ジャッケリーニがPA左に進入すると、カンセロに体を当てられて倒され、PKを獲得する。同11分にはジャッケリーニがPKをゴール左に沈め、2-1と逆転に成功した。

 ユベントスは後半11分、クアドラードに代えてMFフェデリコ・ベルナルデスキを投入し、同19分にはD・コスタに代えてFWマリオ・マンジュキッチを出場させる。この采配は同30分に功を奏し、ベルナルデスキの右CKが相手のオウンゴールを誘発。2-2の同点にして試合を振り出しに戻した。

 勢いに乗る王者が後半42分にゴールに迫る。A・サンドロが左サイドを突破してクロス。C・ロナウドに当たって天高くボールが上がると、最後はマンジュキッチがヘディングシュートで押し込んだ。相手のブロックも、主審はゴールラインを割ったと判断してユベントスの得点を一時的に認めたが、直後にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を使用。C・ロナウドがハンドをしていたと判定し、結局ノーゴールとなった。

 しかしユベントスは諦めない。後半アディショナルタイム3分過ぎ、再びA・サンドロがPA左に進入してグラウンダーのクロスを上げ、最後はベルナルデスキが右足で押し込み、正真正銘の逆転弾を決め切った。そのまま試合は終了し、ユベントスが3-2で勝利。王者の意地をみせ、開幕戦を白星で飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-01684728-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180819-01684728-gekisaka-000-2-view.jpg



C・ロナウド、セリエAデビュー戦は無得点も好プレーを披露! ユベントスは大苦戦の末に終了間際の逆転勝利!!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180819-00045894-sdigestw-socc

VARで得点無効となった直後の決勝弾!
8月18日(現地時間)、2018-19シーズンのセリエAが開幕。ここまで7連覇中の王者ユベントスは3-2でキエーボを下した。
 
 今夏の移籍市場の主役となったクリスチアーノ・ロナウドにとって、初のセリエAの舞台。列の最後で入場してきたスーパースターは、レアル・マドリー時代同様、ジャンプしながらピッチに入り、新たな戦いの始まりを迎えた。
 
 彼に注目が集まるなか、アウェーのユベントスは他の選手も立ち上がりから奮起。開始2分でクアドラードが倒されて得た右サイドでのFK、ファーサイドのキエッリーニが頭で後方に戻すと、ケディラがダイレクトで詰め、あっさりと先制ゴールを奪った。
 
 早くもリードを得て強さを見せつけた王者。そしてその主役であるC・ロナウドは、4分に初めてボールに触れ、7分には縦パスをダイレクトでクアドラードに繋ぎ、直後にも左サイドでまたぎフェイントを披露。その都度、アウェーのスタンドは沸き上がった。
 
 ユベントスは8分、D・コスタが左サイドを抜け出してグラウンダーのクロスを入れ、これに走り込んだカンセロが合わせるが枠外。17分にはクアドラードがペナルティーエリア前でドリブル突破と見せかけて横パス、これをC・ロナウドが右足で叩くが、わずかにゴール左外に逸れる。
 
 C・ロナウドはフリックでボールを繋いでカウンターを発動させたり、D・コスタに立て続けにスルーパス、またディバラとの密集でのパス交換など、チャンスメイクにも積極的に関わっていった。
 
 しかし、前線でなかなかボールを受けられず、フィニッシュに絡む機会は少ない。それは、キエーボが人数をかけ、厳しいマークとプレッシャーを仕掛けてきたからだ。アウェーチームは守備で高い集中力を保ち、時間の経過とともに安定感を高めていった。
 
 そして37分、じっくりとユベントス陣内でじっくりパスを繋いでDF陣を揺さぶってから、左サイドのジャッケリーニが好クロスを上げると、ステピンスキが頭で合わせて、ゴール左隅に流し込んだ。
 
 追いついたホームチーム。ボールポゼッションでははるかに下回るものの、前半なかばからは、彼らがペースを掴んだと言っても良いほどだった。
 
 後半、開始からすぐにC・ロナウドが無回転のミドルでGKソレンティーノを慌てさせるが、キエーボは前半同様に堅守を見せ、一方で攻撃では前半よりも積極的な姿勢を示し、相手陣内に再三攻め入る。
 
 そして54分、ジャッケリーニがドリブルでエリアに入ったところでカンセロに倒されてPK獲得。これをジャッケリーニ本人が冷静にGKシュチェスニーの逆を突いて決め、王者相手に逆転してみせた。
 
 思わぬ展開で1点を追うこととなったユベントスは、60分、FKからC・ロナウドが競り勝ってのヘディングシュートを枠内に飛ばすが、ソレンティーノの正面。流れのなかでは、人数をかけてゴール前を固めるキエーボの“壁”に苦しめられ続ける。
 
 ユベントスは63分、悪い流れを変えようと、D・コスタに代えてマンジュキッチを投入する。その3分後、C・ロナウドが左サイドでボールを受けてカットイン。ターンでマーカーをかわしながら、巻いたシュートをゴール右隅に放つ。ソレンティーノの横っ飛びセーブに阻まれるも、ひとりで状況を打破できることを証明する見事なプレーだった。
 
 68分にも、ディバラのスルーパスを受けてC・ロナウドはエリア内で抜け出すが、すぐに寄せてきた相手DFにブロックされる。その3分後には、C・ロナウドからのクロスからマンジュキッチがヘディングシュートを放つが、これはゴールマウスを捉えられない。
 
 さらに、ディバラが個人技を駆使してフィニッシュまで持ち込むも決められないユベントス。しかし75分、CKでニアに走り込んだボヌッチに寄せた相手選手の身体に当たって軌道が変わったボールがゴールネットを揺らし、ついに試合を振り出しに戻した。
 
 ようやく追いついた王者は、勝点1では満足できない。勝利を求め、さらに攻撃のギアを上げるが、なかでもC・ロナウドは左サイドの角度のない位置からのFKで強烈なシュートを枠内に放ったり、サイドを鋭いドリブルで突破してクロスを入れるなど、前半以上の運動量と効果的なプレーを披露する。
 
 ユベントスはキエーボのカウンターの脅威にさらされながらも攻め続け、84分には交代出場したばかりのジャンがダイビングヘッド。これは防がれたが、87分、A・サンドロのクロスがゴール前の密集に当たって浮き上がったところを、マンジュキッチが頭で詰めた。
 
 ついにユベントス逆転! と思われたが、VARによる検証の結果、直前にC・ロナウドにファウル(おそらくハンド)があったとして無効となった。
 
 いったんは喜んだ後の衝撃的な無効判定だったが、ユベントスの面々はすぐに気持ちを切り替えて攻撃し、直後に再びA・サンドロがクロスを入れると、ベルナルデスキが合わせてゴールに流し込み、今度こそ正真正銘の逆転劇を成立させた。
 
 残り時間を乗り切ったユベントスは、苦しみながらも白星発進。C・ロナウドは期待されたゴールはなかったものの、随所にその良さを見せ、さらにこれまでに見られなかった面も新たに披露するなど、今後への期待を抱かせた。
 
 王者は次節(25日)、ホーム開幕戦でラツィオを対戦する。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠藤航、絶妙ゴールで2戦連続得点!冨安健洋もフル出場!シント・トロイデンは4戦連続ドロー(関連まとめ)

【サッカー】<遠藤航>早くも今季2点目!シント・トロイデン救う同点弾で2戦ぶりゴール
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534630658/
遠藤航2018第4節ドリブル.jpg
1: Egg ★ 2018/08/19(日) 07:17:38.02 ID:CAP_USER9.net

シント・トロイデンに所属する日本代表MF遠藤航が、18日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第4節のワースラント・ベフェレン戦で今シーズン2点目を記録した。

 遠藤は2試合連続の先発出場で、1点ビハインドの32分に同点ゴールを挙げた。5日の第2節ヘンク戦では、途中出場の2分後に初ゴールを挙げて鮮烈デビューを飾ったばかり。2試合ぶりに2ゴール目を記録した。

 試合は2−2で終了し、シント・トロイデンは開幕から4試合連続のドローとなった。なお、遠藤は2試合連続のフル出場で、DF冨安健洋も4試合連続のフル出場。MF関根貴大は2試合連続でベンチ入りしたが、出番はなかった。

8/19(日) 4:41配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00815236-soccerk-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180819-00815236-soccerk-000-2-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:58 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イニエスタ、新幹線移動でニッコリ!同僚三田との写真をSNSに投稿(関連まとめ)

【サッカー】<イニエスタ>新幹線移動に感動!グリーン車の隣席で笑顔を見せている僚友は…
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534593719/
イニエスタ新幹線.jpg
1: Egg ★ 2018/08/18(土) 21:01:59.75 ID:CAP_USER9.net

明日の湘南戦はチケット完売の満員札止めに
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180818-00045883-sdigestw-000-6-view.jpg

目下2戦連続ゴール中と絶好調のヴィッセル神戸MF、アンドレス・イニエスタが土曜日、自身のインスタグラム・ストーリーを更新した。
 
 明日日曜日はJ1リーグ第23節の湘南ベルマーレ戦が行なわれる。神戸から会場となる平塚のBMWスタジアムへの移動は、もちろん新幹線だ。元スペイン代表の魔法使いは車窓から見える景色を動画で撮影して掲載し、ローマ字で「SHINKANSEN」と添えた。メッセージがないため判然としないが、ひょっとしたら人生初の新幹線乗車だったのかもしれない。

【画像】イニエスタが移動中の新幹線車内でパシャリ! 隣席には感動秘話を生んだあの僚友が

 
 続けざまに画像も公開し、グリーン車で隣席になった僚友と笑顔でパシャリ。入団前にイニエスタに背番号8を譲ったMF三田啓貴だ(現在は背番号7)。イニエスタみずから三田に電話を掛けて、「大切な番号を譲ってくれてありがとう」と感謝の言葉を伝えたのは記憶に新しいところ。ピッチ上のみならずピッチ外でも、連携と信頼関係を深めているようだ。
 
 すでに湘南vs神戸戦のチケットは前売りの段階で完売しており、明日は満員札止め1万6000の観衆で埋め尽くされるだろう。イニエスタ初の関東上陸。どんなハイパフォーマンスを披露してくれるのか、実に興味深い。

8/18(土) 20:14 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00045883-sdigestw-socc

写真https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/45883_ext_04_1_1534590741.webp?v=1534590972

【サッカー】<イニエスタ>熱弁!「自分の家のよう、我が家のように感じている。アットホームなチームで、もっと上を目指していこう」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534543210/


※一部、レスを削除しました。ご迷惑をおかけし申し訳ありません
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、絶妙ヘッドでブレーメン公式戦初ゴール!ブレーメンはドイツ杯1回戦を6-1大勝(関連まとめ)

[DFB杯]大迫、新天地初陣で鮮烈ヘッド!!移籍後初得点がゴールラッシュの口火に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-01684245-gekisaka-socc

大迫2018ポカール1回戦ゴール.jpg


[8.18 DFBポカール1回戦 ボルマティア・ボルムス1-6ブレーメン]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は18日、各地で1回戦を行い、FW大迫勇也の所属するブレーメンは敵地でボルマティア・ボルムス(4部)と対戦し、6-1で快勝した。今季、ケルンから加入した大迫は移籍後初の公式戦でさっそく先発出場。3トップの右ウイングに入り、前半9分に移籍後初ゴールとなる先制点を決めた。

 大迫がいきなり結果を残した。ブレーメンは前半9分、PA左手前の位置でFKを獲得。MFフロリアン・カインツのキックに中央の大迫が頭で合わせ、ゴール右隅に流し込んだ。新天地での初陣で鮮烈な先制ヘッド。移籍後公式戦初ゴールでゴールラッシュの口火を切った。

 前半21分、カインツの豪快な左足ミドルでリードを2点に広げたブレーメンは同31分にも高い位置でボールを奪ったMFフィリップ・バルグフレーデがFWマックス・クルーゼとのワンツーでゴール前に抜け出し、追加点。同41分にはクルーゼのPKで4-0と突き放した。

 前半44分にCKから1点を返されたブレーメンだが、前半アディショナルタイム、左クロスから相手のクリアミスを突いてMFマキシミリアン・エッゲシュタインがゴール。5-1と大量リードで前半を折り返すと、後半も余裕を持ってゲームを進めた。

 大迫は後半19分に交代。後半はなかなか得点を奪えなかったが、後半34分、大迫と代わって入った20歳のFWヨハネス・エッゲシュタインがカウンターからダメ押しの6点目を奪い、6-1の大勝で1回戦を突破した。ブンデスリーガは24日に開幕し、ブレーメンは25日にホームでFW原口元気、FW浅野拓磨の所属するハノーファーと対戦する。

【サッカー】大迫勇也、ブレーメン加入後初ゴール!今季最初の公式戦で大きな結果

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534601277/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:51 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング