アンテナ・まとめ RSS

2018年09月02日

久保裕也、2戦連続フル出場もゴールならず…ニュルンベルクはマインツと1-1ドロー(関連まとめ)

【サッカー】 久保、新天地で2戦連続フル出場も決定機逸…初ゴール&ニュルンベルク初白星はお預け
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535868903/
久保2018第2節ドリブル.jpg

1: shake it off ★ 2018/09/02(日) 15:15:03.68 ID:CAP_USER9.net

9.1 ブンデスリーガ第2節 ニュルンベルク1-1マインツ]

 ブンデスリーガは1日、第2節2日目を行い、FW久保裕也の所属するニュルンベルクはホームでマインツと対戦し、1-1で引き分けた。久保は3トップの左ウイングで先発し、後半からはインサイドハーフでプレー。2試合連続で先発フル出場した。

 合流から1週間足らずで開幕スタメンをつかみ、2試合連続で先発した久保。チームはリードを許す展開となり、前半25分、左後方からDFアーロン・マルティンがアーリークロスを入れ、FWジャン・フィリップ・マテタがヘッドで押し込んだ。

 ニュルンベルクは1点ビハインドで前半を折り返すと、後半開始早々に試合を振り出しに戻す。後半3分、右CKのサインプレーからFWミカエル・イシャクが強烈な右足シュートを突き刺した。

 後半からインサイドハーフに移った久保もチャンスに顔を出す。後半12分、DFティム・ライボルトがPA左から折り返し、イシャクが滑り込みながらシュート。GKが蹴り出すと、こぼれ球に久保が反応。ペナルティーアーク内から右足ミドルを放ったが、シュートはクロスバーを越えた。

 久保は後半28分、ドリブル突破したイシャクからパスを呼び込み、ペナルティアーク内から右足で狙うが、GKが横っ飛びでセーブ。最大の決定機は後半43分、PA内右で切り返してマークを外し、左足に持ち替えて決定的なシュートを放ったが、わずかにゴール右へ。
試合は1-1のドローに終わり、初白星はまたもお預けとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01751946-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:12 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖、トーレス好スルーパスも2戦連続ゴールはならず…FC東京と0-0ドロー J1第25節3日目夜(関連まとめ)

【サッカー】J1第25節3日目夜 FC東京×鳥栖 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535889501/
トーレス2018第25節競り合い.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/09/02(日) 20:58:21.05 ID:CAP_USER9.net

FC東京 0−0 鳥栖

[得点者]
なし
スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:30,867人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/090208/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


18: 久太郎 ★ 2018/09/02(日) 21:00:04.72 ID:CAP_USER9.net

>>1
F・トーレス連発ならず、ゴールレスドロー…FC東京はリーグ戦5試合未勝利/J1第25節

明治安田生命J1リーグ第25節のFC東京対サガン鳥栖が1日に味の素スタジアムで行われた。

ここまで12勝5分け7敗で3位につけるFC東京と、同6勝7分け11敗で16位の鳥栖が相まみえた。FC東京は、0−0で引き分けた前節の湘南ベルマーレ戦から丹羽、米本、リンスに代えてチャン・ヒョンス、橋本、永井を起用。一方、前節のガンバ大阪戦でリーグ戦初ゴールを記録した注目のF・トーレスが先発した鳥栖は、小林、原川に代えて藤田、高橋義を起用した。

試合は、ホームサポーターの声援を背にするFC東京が序盤から攻勢に出る。すると、17分に最初の決定機を演出。味方のシュートがブロックされてこぼれたボールをペナルティアーク付近の大森がダイレクトで叩く。しかし、この強烈なシュートはバーに弾かれて、先制点とはならない。

ハーフタイムにかけては鳥栖も反撃。コンパクトな陣形で守るFC東京に対して、F・トーレスを使いながら、ロビングボールなどで早めに前線にパスを供給する。しかし、アタッキングサードでの仕掛けのプレーの質を欠き、なかなかチャンスをつくれない。前半はそのままゴールレスで終了する。

ハーフタイム明け、鳥栖は前半よりも攻撃への比重を強める。すると、56分にゴールへ迫る。ボックス右で仕掛けた高橋義が入れたクロスに正面のF・トーレスがヘッド。しかし、このヘディングシュートはわずかに枠をはずれた。

終盤にかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。FC東京は59分に橋本を下げて米本、そして68分には永井に代えてリンスを投入する。一方、鳥栖のフィッカデンティ監督は78分、福田を下げて安在を送り出す。

その後も両者勝ち点3を目指したことでオープンゲームとなったが、最後の部分で決定打を欠いてゴールを割るに至らず、そのままゴールレスドローで試合終了。勝ち点を分け合った。FC東京は、これでリーグ戦5試合未勝利となっており、首位を走るサンフレッチェ広島との勝ち点差は13ポイントに開いている。

■試合結果
FC東京 0−0 サガン鳥栖
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00010006-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:41 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ、Jリーグ人気高まる!札幌チャナティップ加入後にFB閲覧数30倍!グッズ販売や観光ツアーに動き(関連まとめ)

【サッカー】タイ、高まるJリーグ人気 チャナティップ選手コンサで活躍 FB閲覧30倍、グッズやツアーも
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535865890/
チャナティップゴールパフォ.jpg
1: ホイミン ★ 2018/09/02(日) 14:24:50.55 ID:CAP_USER9

サッカータイ代表MFのチャナティップ選手(24)がJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌に加入してから、タイでJリーグの人気が高まっている。
Jリーグのタイ語版フェイスブック(FB)のフォロワー(閲覧者)数は30倍に増え、グッズ販売や日本への観戦ツアーの動きもある。タイ人選手のJ1加入も増えており、注目度はさらに高まりそうだ。

 「『J』(チャナティップ選手の愛称)のゴールに感動!鳥肌が立った」「ゴールの動画を100回も見てしまった」―。チャナティップ選手が得点を決め、コンサドーレがFC東京に逆転勝ちした8月19日。
Jリーグのタイ語版FBには、タイ語のコメントが続々と投稿された。動画の再生は1週間で44万回を超え、「チャナティップ効果」の大きさをあらためて示した。

 「タイのメッシ」と呼ばれるチャナティップ選手はタイ国内で絶大な人気を誇る。昨年7月にコンサドーレに期限付きで移籍し、J1初のタイ人Jリーガーになると、タイでのJリーグ人気を一気に押し上げた。

https://news.goo.ne.jp/article/hokkaido/sports/hokkaido-224120.html



タイ代表の主力3人がプレー 関連ビジネスも広がる
 Jリーグによると、タイのJリーグへの関心度は昨年7月時点の調査では30%だったが今年2月には40%に上昇。試合情報や動画を流すJリーグのタイ語版FBは、以前は1万程度だった閲覧者数が、チャナティップ選手加入後に30万を超えた。

 さらに今年に入り、国民的英雄とされるティーラシン選手が広島に、ティーラトン選手が神戸に加入し、タイ代表の主力3人がJ1に所属することに。タイ人の若手選手2人もJ3でプレーしている。「タイ人が出る試合は全部応援している」(会社経営の40代男性)というサッカーファンは多い。

 関連ビジネスも広がる。タイではJリーグのグッズ販売が始まっており、バンコクの高級商業施設「エンポリアム」はタイ人Jリーガーのユニホームを販売。「1番人気はチャナティップ選手」(販売員)という。コンサドーレのスポンサーでホテル運営のトーホウリゾート(札幌)は、広島戦の観戦ツアーを12月に企画。8月にタイで開かれた国際旅行博覧会でもコンサドーレのパネルを展示し、北海道観光をPRした。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ベンゼマ2戦連続2得点などレガネスに4-1大勝!2戦連続4得点で開幕3連勝

レアル、2戦連続4得点で開幕3連勝。ベンゼマが2戦連続2得点と好調
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00287769-footballc-socc
ベンゼマ2018第3節ゴール.jpg


【レアル・マドリー 4-1 レガネス リーガ・エスパニョーラ第3節】

 現地時間1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節でレアル・マドリーはレガネスをホームに迎え、4-1の勝利を収めた。


 今夏の移籍市場で加入したGKクルトワが初先発となったレアル・マドリーは、17分に先制する。ベイルが左に展開して後ろに下がったボールをセルヒオ・ラモスがペナルティエリア右にフィード。抜け出したカルバハルが折り返し、ベイルがリーガ7試合連続弾を決めた。

 その後、カゼミーロのファウルで与えたPKを決められて1-1で折り返したレアル・マドリーだが、後半は一方的な展開になる。

 48分、アセンシオのクロスにベンゼマがヘディングで合わせてゴールネットを揺らすと、VARでファウルの有無が確認されたが結局得点が認められて勝ち越しに成功。61分にもベイルが決めて、2試合連続の2得点を達成する。

 66分には前節に続いてセルヒオ・ラモスがPKを決めて4-1。危なげなく勝利を収めた。

 奇しくも前節ジローナ戦と同じ4-1、得点者まで同じという偶然でレアル・マドリーは快勝。開幕3連勝を飾った。

【得点者】
17分 1-0 ベイル(レアル・マドリー)
24分 1-1 カリージョ(レガネス)
48分 2-1 ベンゼマ(レアル・マドリー)
61分 3-1 ベンゼマ(レアル・マドリー)
66分 4-1 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
◆◇El Blanco Real Madrid 970◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1534744248/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋FWジョー、6戦12ゴール!チームのリーグ7連勝に貢献

【サッカー】ジョー6戦12発!名古屋 今季最多6発で11年以来の7連勝 23試合18得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535841580/
ジョー名古屋2018第25節ゴール.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/02(日) 07:39:40.91 ID:CAP_USER9.net

◇明治安田生命J1第25節 名古屋6―1磐田(2018年9月1日 ヤマハ)

名古屋は09年10月以降、12戦無敗中の“お得意さま”を相手に同一シーズンでは11年以来となるリーグ7連勝を飾った。

前半にDF金井の先制点で試合を優位に進めると、後半に一挙5点を追加
今季最多6得点で暫定11位に浮上した元ブラジル代表FWジョーは後半に2得点し、出場した直近6戦12得点と量産態勢を継続。「後半はチーム全体で決めきることができた」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000042-spnannex-socc
9/2(日) 6:00配信

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
順位表



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画有/小ネタ】日本代表の乾・大迫・酒井宏樹、野球をする 他、大迫勇也、地元紙でチーム最高タイ評価「最初から危険だった」

◆超貴重映像!乾の鬼ノックに大迫半端…!?
http://post.tv-asahi.co.jp/post-58776/
乾野球01.jpg

この夏、日本中を熱狂させたサッカー日本代表。
今回同番組には、そんな日本代表から乾貴士・大迫勇也・酒井宏樹の豪華3人が参戦するが彼らが収録前にグランドでやっているのは…?

ウォーミングアップするのかと思いきや、始めたのはなんと野球!たまたまおいてあったバットとグローブを手に、キャッチボールを始めたのだ。

ここで驚きなのは、3人のキャッチボール能力!

3人は素早く、そして落とすこともなく球を回していき、特に乾においてはバウンド玉も見事にキャッチ。
乾はかなり野球がすきなようで、そして彼らはこの後、ノックへ移行。
ここで驚きの好プレーを見せたのが、大迫勇也だ。

大迫は乾が打った難しい球を連続でダイビングキャッチ!野球においてもまさに「半端無いって!」な一面を見せつけいた。

乾野球02.jpg

超貴重と言える野球姿を見せてくれたサッカー日本代表の面々。これでリラックスした彼らは番組でとんねるず・木梨憲武とどんな対決を繰り広げるのか?見逃せない!

番組:『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!2018夏の決戦スペシャル』
2018年9月2日(日)夜9:00〜放送 テレビ朝日系24局

  


今季ブンデス初得点の大迫、地元紙がチーム最高タイ評価「最初から危険だった」
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20180902/823924.html
大迫2018第2節ゴール03.jpg

 9月1日に行われたブンデスリーガ第2節のフランクフルト戦で、ブレーメンのFW大迫勇也が先制ゴールを挙げた。ブレーメンの地元紙『Weser-Kurier』は同試合に出場した選手の採点を掲載し、大迫にチーム最高タイ評価を与えた。

 大迫はフランクフルト戦で3トップの左で先発出場。21分、浮き球に反応して最終ラインの背後へ抜け出すと、相手GKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。副審はオフサイドのジャッジを下したが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)により得点が認められた。

 同紙は大迫に「2」点(6点満点、1が最高)を与え、「最初から危険だった。20分のゴールで氷を叩き割った(均衡を破った)」とプレーを振り返っている。なお、大迫とともにスイス人DFミロシュ・ヴェリコヴィッチにも「2」が与えられている。

 ブレーメンは次節、16日にFW久保裕也のニュルンベルクをホームに迎える。

  


大迫勇也 77
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533997782/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:39 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ウォーカー低空スーパーゴールなどニューカッスルに2-1勝利!武藤嘉紀は出場せず(関連まとめ)

武藤嘉紀は今季初の出番なし…マンチェスター・Cがウォーカーのスーパーゴールなどでニューカッスル撃破/プレミアリーグ第4節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00010002-goal-socc
ウォーカー2018第4節ゴール.jpg


プレミアリーグ第4節、マンチェスター・シティ対ニューカッスルが1日にエティハド・スタジアムで行われた。

前節のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦の引き分けで勝ち点を落としたマンチェスター・Cと、1分け2敗でいまだ未勝利のニューカッスルが激突した。マンチェスター・Cのグアルディオラ監督は前節からコンパニ、ギュンドアン、ベルナルド・シウバに代えてストーンズ、マフレズ、ガブリエウ・ジェズスを起用。アグエロとG・ジェズスの2トップという攻撃的な布陣で臨んだ。一方、ニューカッスルの武藤嘉紀はベンチスタートとなっている。

試合は開始からギアを上げていったマンチェスター・Cが早い時間帯にスコアを動かす。8分、ボックス左でメンディからボールを受けたスターリングがカットインシュート。ゴール右にシュートを突き刺し、スターリングの今季2得点目でマンチェスター・Cが先行した。

アウェーで先行される厳しい展開となったニューカッスルだが、カウンターから一瞬の隙を突いて追いつく。30分、ケネディのポストワークからボールを受けたロンドンがボックス左でクロス。最後は正面に全速力で走りこんだイェドリンが合わせてシュートを叩きこみ、ニューカッスルが試合を振り出しに戻した。

1−1で迎えた後半も先に試合を動かしたのはマンチェスター・C。ボックス右手前の遠めの位置でボールを受けたウォーカーが右足を一閃。強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺し、ウォーカーのスーパーゴールでマンチェスター・Cが勝ち越した。ウォーカーはマンチェスター・Cでの初ゴールとなった。

終盤にかけてもマンチェスター・Cが試合をコントロールしながら押し気味に試合を進める。66分にはカウンターから連続でチャンス。左サイドからアグエロがクロスを入れると、ボックス右に走りこんだフェルナンジーニョがダイレクトシュートを放つ。これがGKドゥブラフカにセーブされると、こぼれ球から立て続けにダビド・シルバがシュート。しかし、いずれもGKドゥブラフカのファインセーブに阻まれる。

ニューカッスルのベニテス監督はロンドンに代えてホセル、クラークを下げてジャイコブ・マーフィーを送り出し、3枚の交代枠を使いきる。武藤は、今季初めて出場機会を与えられないことになった。

その後も同点弾を狙ったニューカッスルだが、最後まで2点目は遠く、そのまま試合終了。マンチェスター・Cが今季3勝目を飾った一方、ニューカッスルはいまだ勝ち点1にとどまっている。

■試合結果
マンチェスター・シティ 2−1 ニューカッスル

■得点者
マンチェスター・C:スターリング(8分)、ウォーカー(52分)
ニューカッスル:イェドリン(30分)

BLUEMOONマンチェスターシティ292cityzen
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1535801731/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユベントス、マンジュキッチ先制弾などパルマ下し開幕3連勝!C・ロナウドは未だ無得点

【サッカー】ユーベが開幕3連勝、3戦フル稼働のC・ロナウドはいまだ無得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535833673/
ユベントス2018第3節ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/09/02(日) 05:27:53.15 ID:CAP_USER9.net

9/2(日) 5:25配信
ユーベが開幕3連勝、3戦フル稼働のC・ロナウドはいまだ無得点

[9.1 セリエA第3節 パルマ1-2ユベントス]

 セリエAは31日に第3節を行い、ユベントスはパルマと対戦し、2ー1で勝利した。FWクリスティアーノ・ロナウドは開幕戦から3試合連続でフル出場も、無得点に終わっている。

 ユベントスは前半2分、右SBで先発したMFファン・クアドラードのアーリークロスをPA内のFWマリオ・マンジュキッチが混戦から押し込んで先制に成功。しかし同33分にはパルマのFWジェルビーニョに失点を許し、1-1で前半を折り返す。

 後半に入ると、ユベントスがボールを支配する。すると後半13分、PA内でマンジュキッチのポストプレーを受けたMFブレズ・マトゥイディが豪快なシュートを叩き込み、勝ち越し弾を決める。試合はそのまま2-1でユベントスが勝利し、開幕3連勝を達成した。

 今夏加入したC・ロナウドは4-3-3の左FWでフル出場。チームメートからのお膳立てを受けて幾度とチャンスをつくるも、相手チームのマークも厳しく、セリエA初得点には至らなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01749631-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180902-01749631-gekisaka-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊川雄太、同点ゴールで今季2得点目!上位スタンダール・リエージュ戦勝利に貢献!日本人選手3人出場のシント・トロイデンは今季初勝利

【サッカー】<豊川雄太>今季2点目!日本人3選手出場!シント=トロイデンは今季初勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535845018/
豊川2018-19ゴール.jpg

1: Egg ★ 2018/09/02(日) 08:36:58.97 ID:CAP_USER9.net

 現地時間1日にベルギー1部リーグ第6節の試合が各地で行われた。オイペンの豊川雄太が今季2点目を記録している。

 オイペンはホームでスタンダール・リエージュと対戦。立ち上がりに先制を許す難しい展開となるが、85分、豊川が同点弾。味方の折り返しに合わせた右足のシュートはDFにブロックされるが、こぼれ球を自ら押し込んで1-1とした。オイペンはその3分後に逆転弾が決まり、2-1の逆転勝利を収めている。

 日本人選手が5人所属するシント=トロイデンは、ホームでオーステンデと対戦し、1-0で勝利した。

 冨安健洋と遠藤航が先発したシント=トロイデンは、74分にPKで先制すると、83分からは関根貴大が投入された。1-0で逃げ切ったシント=トロイデンは、今季初勝利を手にしている。

9/2(日) 5:00 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00287759-footballc-socc




豊川雄太の“終盤力”再び!!上位撃破につながる土壇場ゴールで今季2点目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01750289-gekisaka-socc

[9.1 ベルギー・リーグ第6節 オイペン2-1スタンダール・リエージュ]

 ベルギー・リーグ第6節が1日に行われ、FW豊川雄太の所属する13位オイペンはホームで4位スタンダール・リエージュと対戦し、2-1で勝利した。前節のムスクロン戦(1-0)に続く白星で今季初の2連勝を達成。5試合連続スタメンの豊川は後半40分に同点弾となる今季2得点目をマークし、90分間プレーしている。

 昨季は最終節で途中出場からハットトリックを含む3ゴール1アシストの活躍を見せ、奇跡の残留を導いた豊川。今季初の連勝を狙った昨季2位スタンダール・リエージュとの一戦でも、終盤に勝負強さを発揮した。

 チームは前半9分にCKの流れからスタンダール・リエージュのFWルノー・エモンに先制点を献上する。0-1のままスコアが動かずにいると、敗戦が見えてきた後半40分に豊川がゴールをこじ開けた。

 PA内左のFWエリック・オカンセイが左足で折り返し、豊川の1度目のシュートは相手GKにブロックされるが、こぼれ球を自ら右足で蹴り込む。豊川は8月19日に行われた第4節ゲント戦(2-3)以来、2試合ぶりのゴールで今季2得点目とした。

 オイペンはさらに後半43分、PA内右に進入したオカンセイが右足で折り返すと、ゴール前にいた豊川の手前で相手DFがクリアミスし、オウンゴールで2-1と逆転。見事な上位撃破で2連勝を飾った。

※管理人:タイトルに誤りがございましたので修正いたしました。失礼しました。

誤クラブ・ブルージュ→正スタンダール・リエージュ

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:58 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、新GKアリソンが軽率ミスで失点もレスターに2-1勝利し開幕4連勝!岡崎慎司は途中出場(関連まとめ)

リヴァプール、新守護神アリソンが軽率ミスも…岡崎途中出場のレスターを振り切って開幕4連勝/プレミアリーグ第4節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000023-goal-socc
マネ2018第4節ゴール.jpg


プレミアリーグ第4節、レスター・シティ対リヴァプールが1日にキング・パワー・スタジアムで行われた。

開幕から2勝1敗のレスター・シティと、3連勝スタートを切ったリヴァプールが激突。火曜日のリーグカップでフル出場した岡崎慎司はベンチスタートとなった。対するリヴァプールは、1−0で勝利した前節のブライトン・ホーヴ・アルビオン戦からナビ・ケイタに代わってヘンダーソンが先発した。

試合は、早々にリヴァプールがビッグチャンスを迎える。4分、ペナルティアーク付近でサラーからパスを受けたフィルミーノが仕掛けて枠内シュートを放つ。これがGKシュマイケルのセーブに遭うと、こぼれ球を正面のサラーが詰める。だが、このシュートはゴール右にはずれた。

それでも、リヴァプールは10分に先制する。左サイドで突破を仕掛けたロバートソンが折り返すと、ニアサイドのサディオ・マネがトラップから素早くシュート。これが決まり、リヴァプールが先手を取った。

ビハインドを背負ったレスター・シティはここから反撃。27分には、バイタルエリアでボールを受けたグレイがボックス正面からシュートに持ち込む。だが、これはGKアリソンのセーブに遭う。

対するリヴァプールも43分、ペナルティアーク右付近からサラーがミドルシュート。コントロールされたボールがゴール左を捉えるも、GKシュマイケルにセーブされた。それでも、直後にはミルナーの右CKに正面のフィルミーノがヘッド。これがゴール右に決まり、リヴァプールが2点のリードを手にした。

迎えた後半、レスター・シティは攻撃への比重を強める。ジェームズ・マディソンを中心に攻めるレスター・シティは、61分にオルブライトンに代えてイヘアナチョを投入。すると、63分に相手のミスから1点を返す。DFファン・ダイクのバックパスを処理しようとしたアリソンが足下のプレーでもたつくと、ボックス左でイヘアナチョがボールを奪取。最後は折り返しを正面で待っていたゲザルが無人のゴールに押し込んだ。

新守護神であるアリソンの軽率ミスにより1点を返したレスター・シティは、同点弾を目指して攻め手を緩めない。75分にはグレイに代えて岡崎を投入。岡崎はセカンドトップのポジションに入る。

その後もレスター・シティは得点を狙うも、2点目は奪うことができずに試合終了。リヴァプールがプレミアリーグでは初めてとなる開幕4連勝を記録した。

■試合結果
レスター・シティ 1−2 リヴァプール

■得点者
レスター・シティ:ゲザル(63分)
リヴァプール:サディオ・マネ(10分)、フィルミーノ(45分)


〓〓 Liverpool FC 〓 983 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1535731947/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大迫半端無い】大迫勇也、絶妙股抜きゴールで今季ブンデス初ゴール!抜群の存在感発揮しブレーメン今季初勝利に貢献!

大迫勇也が抜群の存在感!今季初ゴールなど活躍でブレーメンの初勝利に貢献/ブンデスリーガ第2節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00010000-goal-socc
大迫2018第2節ゴール02.jpg

ブンデスリーガは1日に第2節が行われ、フランクフルトとブレーメンが対戦した。

開幕戦を勝利で終えたフランクフルト。今季ホーム最初の試合では、移籍市場最終日に獲得したGKトラップを早速スタメン起用。開幕戦を体調不良で欠場していた長谷部誠は、すでにトレーニングに復帰しているものの、この試合でもメンバー外となった。

対するブレーメンは、ハノーファーとの開幕戦は1-1と引き分け。アウェイながら初勝利を目指す一戦で、大迫勇也はこの日も先発出場。なお、移籍市場最終日にドルトムントから獲得したシャヒンはベンチに入らなかった。

立ち上がりはフランクフルトがボールを握り、ブレーメンはハイプレスで奪いに行く展開に。大迫は左サイドに入り、積極的にプレッシャーをかけていく。フランクフルトでは、10分にサルセドが負傷しプレー続行不可能となり、ヌディカが投入された。

ブレーメンは16分、左サイドに張った大迫が大きなサイドチェンジを受け、絶妙なクロスを上げる。しかし、フリーのクルーゼが放ったヘッドはGK正面に力なく飛んでいった。

すると21分、大迫がブレーメンに先制点をもたらす。DFラインの裏にパスを呼び込むと、見事な動き出しからGKとの一対一を制した。一度はオフサイドの判定となったが、ビデオ判定の結果ゴールが認められている。

大迫は、30分にも左サイドからエリア内に走り込みクロスに合わせ、さらには守備でも激しいプレッシャーで貢献するなど、抜群の存在感を見せる。

劣勢のフランクフルトは、32分にさらにアクシデント。相手と揉めたウィレムスが肘を見舞い、一発退場に。前半の段階でビハインド、さらに数的不利と厳しい状況に追い込まれた。その後、大迫に対してガチノヴィッチが激しくタックルするなど、フランクフルトの選手たちは感情をコントロールできなくなっていく。前半は、ブレーメンのリードで折り返す。

ビハインドを背負ったフランクフルトは、後半開始早々にビッグチャンス。GKへのバックパスにガチノヴィッチが反応すると、GKと接触し、PKが与えられる。このプレーでブレーメン守護神パブレンカはプレー続行不可能となり、18歳のプログマンが急遽出場。治療のため数分間プレーが止まったが、アレが冷静に沈めた。

追いつかれたブレーメンは、61分に左サイドからのクロスに巧みな動きでマークを外した大迫が合わせネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

その後も1人多いブレーメンは相手ゴールに迫っていくが、なかなか追加点は生まれず。大迫もボールを引き出しチャンスを演出するが、ゴールにつながらない。

それでも後半アディショナルタイム、ついにブレーメンが勝ち越しに成功。ゴール前で得た直接FKのチャンスをラシカが沈め、土壇場で2点目を挙げた。試合はこのまま終了し、ブレーメンが2-1で勝利を挙げた。

大迫は、1986年に大先輩である奥寺康彦氏が得点して以来、ブレーメンでリーグ戦ゴールを挙げた日本人選手となった。背番号8の活躍で、クラブはリーグ戦初勝利を飾った。


■試合結果
フランクフルト 1-2 ブレーメン

■得点者
フランクフルト:アレ(54分)
ブレーメン:大迫(22分)、ラシカ(後半AT)

【サッカー】<大迫勇也>今季初ゴールでブレーメンを先制に導く! いったんはオフサイド判定もVARで認められる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535812077/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:43 | 大阪 ☔ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U21日本、U23韓国に120分の死闘の末に1-2で敗れる…上田ヘッドで意地見せるもアジア大会銀メダルで終える(関連まとめ)

U21日本、OA起用の韓国に善戦も延長で力尽きる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00317483-nksports-socc
上田アジア大会日本韓国戦.jpg


<男子サッカー・アジア大会:日本1−2韓国>◇決勝◇1日◇パカンサリ競技場◇インドネシア・チビノン

東京五輪世代のU−21(21歳以下)日本代表が、決勝でA代表の主力をオーバーエージに起用したU−23韓国代表と対戦した。延長の末に競り負け、銀メダルとなった。

日本はU−23UAE代表との準決勝でFW前田大然(松本)が足首を負傷。さらに、この日は2列目のレギュラーだったMF旗手怜央(順大)が体調を崩して欠場を余儀なくされ、前線でメンバー変更を強いられた。1トップにはFW上田綺世(法大)が入り、旗手に替わってMF三好康児(札幌)が先発した。

韓国の大応援団が訪れてアウェーの雰囲気で迎えた試合は、前半から攻め込まれる展開が続いた。それでも前半28分には日本のMF三好が右サイドを切り込み、シュート。相手GKに防がれたが、見せ場を作った。G大阪でプレーするFW黄義助(ファン・ウィジョ)らに決定機を作られながらも、GK小島亨介(早大)らを中心にしぶとく守った。

後半も一進一退の攻防が続き、足が止まり始めた韓国に対し、日本がチャンスを作る場面も増えた。しかし、両チームともに得点には至らず、0−0で延長戦に突入した。

延長に入ると前半開始14秒、いきなり日本のミスからボールを奪った韓国はトットナムのFW孫興民がシュート。ゴール右へと外したが、ヒヤリとするシーンだった。勢いづいた韓国は同3分、途中出場のFW李承佑がペナルティーエリア内で左足を振り抜き、値千金の先制点を奪った。さらに同11分、FW黄喜燦がセットプレーから頭で追加点を奪い、試合を決定づけた。

それでも日本は延長後半10分、右CKをFW上田綺世(法大)が頭で合わせて1−2。最後まで粘りを見せたが、あと1点が遠かった。


【アジア大会/サッカー】日本が韓国に1−2で敗れアジア大会銀メダル!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535810705/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:26 | 大阪 ☔ | Comment(43) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング