アンテナ・まとめ RSS

2018年10月08日

元英代表DFジョン・テリー(37)、現役引退を表明「かけがえのない23年だった」「新たな挑戦を楽しみにしている」

【サッカー】<ジョン・テリー(元イングランド代表)>現役引退を発表!「フットボーラーとしてかけがえのない23年間だった」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538993464/
テリーチェルシー退団.jpg
1: Egg ★ 2018/10/08(月) 19:11:04.61 ID:CAP_USER9.net

元イングランド代表のDFジョン・テリー(37)が自身のSNSで現役引退を発表した。

 テリーは1998年のデビュー以来、21年間をチェルシーでプレー。プレミアリーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ制覇、ヨーロッパリーグ制覇に貢献し、キャプテンシーはイングランド代表としても力を発揮した。

 チェルシー退団後はアストン・ビラでプレーするも昨シーズンで退団が決定。現役続行の意思を示していたものの、無所属の状態が続いていた。

 テリーは自身のインスタグラム(@johnterry.26)を更新し、「フットボーラーとしてかけがえのない23年間だった。私は現役を引退することを決意した」と現役引退を発表した。

 愛する家族やサポーター、そしてチームメートやスタッフ、監督に心からの感謝を伝えたテリーは、「人生の次の章に進むこと、そして新たな挑戦を楽しみにしている」と結んでいる。

 チェルシーの公式ツイッター(@ChelseaFC)もテリーに惜別の言葉を送っており、「ブルーズでの21年間で、15個のトロフィーを手にした。歴史上で輝かしいキャリアを積んだ英国人の一人です。新たな人生を楽しんで、JT」とコメントしている。

10/8(月) 8:03配信ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-02537818-gekisaka-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181008-02537818-gekisaka-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:01 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベニテス監督、武藤嘉紀の英語力に言及「我々の予想を下回る」「笑顔で『イエス』しか言わず理解していない」(関連まとめ)

【サッカー】<ベニデス監督>武藤嘉紀の英語力について「我々の予想を下回る」「笑顔で『イエス』しか言わず理解していない」 
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538992699/
武藤2018第8節プレミア初ゴール04.jpg

1: Egg ★ 2018/10/08(月) 18:58:19.00 ID:CAP_USER9.net

ベニテス監督、武藤の英語力について「我々の予想を下回るものだった」と言及

ニューカッスルのFW武藤嘉紀は、現地時間6日に行われたプレミアリーグ第8節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-3)で移籍後初ゴールをマークしたなか、指揮官は武藤にプレー面以外で改善を求めているという。英紙「ザ・サン」が報じている。

 待望の瞬間が訪れたのは、ニューカッスルが1-0とリードして迎えた前半10分だった。右サイドからのクロスを中央で受けた武藤は反転しながら左足を一閃。世界屈指の守護神であるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩す強烈なシュートを突き刺し、追加点を奪った。

 試合はその後3連続失点を喫し、逆転負けを喫したが、武藤は現地メディアから高評価を受けている。その一方で、この試合前にニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は日本人アタッカーについて、ある問題点を指摘した。

「彼の英語力は我々の予想を下回るものだった。彼が常に笑顔でいるのは良いことだと思うが、以前いくつか彼に質問した時に、笑顔で『イエス、イエス、イエス』しか言わず、内容を理解していなかった。彼にはゆっくり説明し、ジェスチャーを入れなければならない。動画や分析データを見せれば、理解は早まることだろう。それぞれの選手や人間性は異なる。彼は英語を上達させ、チームメイトとの理解を深めていくことになる」

 2015年から3年間マインツでプレーした武藤だが、今季からプレミア初参戦であることもあり、自身を取り巻く環境は大きく変わった。武藤は“言葉の壁”に直面しながらも結果を残しており、これからさらに飛躍しそうな予感を漂わせている。

10/8(月) 18:50配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00139941-soccermzw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:49 | 大阪 ☁ | Comment(41) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、磐田FW川又堅碁を追加招集!浅野拓磨が負傷で辞退のため(関連まとめ)

【サッカー】浅野が日本代表不参加…磐田FW川又を追加招集へ 25試合 9得点 2アシスト
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538988033/
川又磐田2018.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/08(月) 17:40:33.60 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会(JFA)は8日、キリンチャレンジカップ・パナマ戦(デンカS)、
16日の同ウルグアイ戦(埼玉)に向けて調整を行う日本代表において、FW浅野拓磨(ハノーファー)の不参加とFW川又堅碁(磐田)の追加招集を発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-02556605-gekisaka-socc
10/8(月) 17:32配信

https://www.jsgoal.jp/files/news/thumbnail/00067551.jpg
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/soccer/list/2018/images/PK2018040102100233_size0.jpg



日本代表、浅野拓磨が左太もも負傷で辞退。磐田FW川又堅碁を追加招集

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00292259-footballc-socc


 日本サッカー協会は8日、今月12日と16日の国際親善試合に向けた日本代表メンバーの変更を発表した。

日本代表に推薦したい10人。未来を照らす新戦力候補たち

 直近のリーグ戦で負傷したFW浅野拓磨が招集を辞退したため、ジュビロ磐田のFW川又堅碁が追加招集されることとなった。

 浅野は4試合ぶりの先発出場となった現地6日のシュトゥットガルト戦で左太ももを痛め、開始14分でMF原口元気との交代。日本代表には8日から合流予定だったものの、負傷によって帰国を見送っていた。

 追加招集となった川又は今季J1で9得点。日本代表入りは国内組のみで挑んだ昨年12月のEAFF E-1サッカー選手権以来となる。磐田の公式サイトを通じて「日本代表に招集され、うれしく思います。しっかりと自分のプレーをし、チームに貢献できるように頑張ります」とコメントしている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、フィッカデンティ監督を解任へ…J2降格圏17位と低迷 別ポストに就任との報道も(関連まとめ)

【サッカー】サガン鳥栖、フィッカデンティ監督を解任へ!新監督に金明輝が昇格・・・Fトーレスら豪華補強も低迷
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538971795/
フィッカデンティ解任.jpg
1: れいおφ ★ 2018/10/08(月) 13:09:55.76 ID:CAP_USER9.net

サッカー・J1サガン鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督(50)が解任されることが8日、関係者への取材で分かった。後任にはサガン鳥栖U−18監督でトップチームのコーチを兼任する金明輝(キン・ミョンヒ)氏(37)が昇格する。

チームは6日の第29節・湘南ベルマーレ戦を終え、J2自動降格圏の17位と低迷。 関係者によると、海外や国内の監督候補を模索する中、チームをいま一つにするためには内部昇格が最善と判断したという。

フィッカデンティ監督は守備をベースとした戦術を徹底し、就任1年目の2016年は11位。 2年目は若手や新戦力を積極起用して8位だった。 ただ、今季はJ1昇格後クラブワーストとなる7連敗を喫するなど前半戦から苦しい戦いが続いた。

夏場にフェルナンド・トーレス、金崎夢生の両FWを補強したが、得点力不足を解消できず、降格圏を抜け出せずにいる。

金氏は兵庫県出身。
ジェフユナイテッド市原などでプレーし、2011年にJ2サガン鳥栖で引退。その後、サガン鳥栖U−15でコーチを務め、現在はU−18の指揮を執っている。9日の練習から指導し、20日のベガルタ仙台戦で初采配する。

佐賀新聞
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/286285



J1鳥栖が監督更迭へ トーレス生かせず、昇格7年初の降格危機
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00010007-nishispo-socc

自動降格圏の17位と低迷しているJ1サガン鳥栖が、マッシモ・フィッカデンティ監督(50)を更迭することが8日、分かった。事実上の監督解任で、現在、フィッカデンティ監督と協議中。別ポスト就任の可能性もある。後任はトップチームのコーチを兼任している金明輝(キム・ミョンヒ)U−18監督(37)。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮市亮、今季初先発!チーム最多スプリントと最多クロスを記録!ザンクトパウリは3-1勝利(関連まとめ)

【サッカー】<宮市亮>今季初の先発出場!チーム最多のスプリント回数を記録し、チーム最多のクロスを記録!ザンクトパウリは白星
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538957171/
宮市2018第9節ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2018/10/08(月) 09:06:11.39 ID:CAP_USER9.net

https://amd.c.yimg.jp/amd/20181007-00010015-goal-000-1-view.jpg
先発した宮市

ザンクト・パウリに所属するMF宮市亮が、今季初の先発出場を飾った。

ザンクト・パウリには7日、ブンデスリーガ2部第9節でザントハウゼンと対戦。ここ2試合出番のなかった宮市だが、今季初のスターティングイレブンに名を連ね、決勝点を挙げたインゴルシュタット戦以来の出場となった。

右サイドに入った宮市は前半からチーム最多のスプリント回数を記録し、上下動を繰り返す。クロスも6本送り、ザンクト・パウリの大半の攻撃が右サイドから展開した。

試合は前半にザンクト・パウリが先制しながら、73分に追いつかれて1-1に。その後、宮市も77分に途中交代した。

終盤、ザンクト・パウリは途中出場のサミ・アラギが勝ち越し弾を挙げ、再度リードを奪う。さらに、その後ダメ押し弾も決まり、3-1で勝利して4試合負けなし。順位を5位にまで上げた。

10/7(日) 22:27配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010015-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水FW北川航也、日本代表に追加招集!今季11得点の活躍!小林悠が負傷で不参加のため(関連まとめ)

【サッカー】22歳の清水FW北川航也が日本代表へ追加招集!ケガの小林悠に代わり 28試合11得点4アシスト
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538971525/
北川航也清水.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/08(月) 13:05:25.44 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会(JFA)は8日、日本代表に招集されていた川崎フロンターレFW小林悠がケガのため不参加となり、
清水エスパルスからFW北川航也を追加で招集することを発表した。

北川は清水の下部組織で、生え抜きの22歳若手FWだ。7日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節では、ジュビロ磐田との静岡ダービーで開始1分の先制ゴールを含む2得点を記録。
今季の得点数を二桁に乗せ、リーグ戦11ゴールは自身のキャリアハイとなっている。

北川は清水の公式サイトを通じて「これまで良い時も悪い時も、支えてくれた方々に感謝の気持ちを持って頑張ってきます。
また、エスパルスから1人でも多くの選手が代表に選ばれるように、1つでも多くのことを学んでチームに還元できればと思います。応援よろしくお願いします」と初招集への意気込みを語った。

日本代表は12日にパナマ代表、16日にウルグアイ代表と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000007-goal-socc
10/8(月) 11:23配信

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/ranking/
J得点ランキング

  

【公式】ゴール動画:北川 航也(清水)1分 清水エスパルスvsジュビロ磐田 明治安田生命J1リーグ 第29節 2018/10/7

  

【公式】ゴール動画:北川 航也(清水)72分 清水エスパルスvsジュビロ磐田 明治安田生命J1リーグ 第29節 2018/10/7



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【進撃のエムバペ】エムバペ、13分で4ゴール+PK奪取の大活躍!PSGはリヨンに5-0大勝し開幕9連勝

【サッカー】 リーグアン第9節 ムバッペが13分間の4発ゴールラッシュ!パリSGはリヨンを撃破し開幕9連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538947703/
エムバペ2018第9節4ゴール.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/08(月) 06:28:23.60 ID:CAP_USER9.net

[10.7 リーグアン第9節 パリSG 5-0 リヨン]

パリSGは7日、フランス・リーグアンの第9節でリヨンと対戦し、5ー0で勝利した。19歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペは13分間で怒涛の4得点を挙げている。

リヨンは前半7分にアクシデントが起き、FWナビル・フェキルが負傷で交代となる。
すると、前半9分にPKを獲得したパリSGは、FWネイマールが冷静に決めて先制に成功する。

前半32分にはパリSGのDFプレスネル・キンペンベが相手のすねを蹴って一発退場に。
しかしリヨンも前半終了間際にMFルーカス・トゥザールが2回目の警告で退場となり、ともに1人少ない状況で前半を折り返した。

1-0で後半に入り、ギアがかかり始めたパリSGはムバッペが躍動。後半16分に得点を挙げると、同24分にはDFマルキーニョスの折り返しをスライディングで押し込んで自身2点目とする。
同24分にはカウンターから最前線を一気に独走。右足シュートを豪快に叩き込み、ハットトリックを達成した。

ムバッペは後半29分にもPA内のこぼれ球を押し込んで4点目を記録。
19歳のフランス人FWが13分間で4得点を挙げ、一人の力で試合を決定づけた。パリSGは5-0で勝利して、リーグ戦開幕9連勝としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-02533919-gekisaka-socc
10/8(月) 6:05配信
https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/fra/fra-11155049.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、ホッフェンハイム戦守備で奮闘し勝利に貢献!10人のフランクフルトは2連勝!(関連まとめ)

【サッカー】長谷部誠は6戦連続フル出場…フランクフルト、10人で1点守りきり2連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538927016/
長谷部2018第7節ドリブル.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/10/08(月) 00:43:36.50 ID:CAP_USER9.net

10/8(月) 0:25配信
長谷部誠は6戦連続フル出場…フランクフルト、10人で1点守りきり2連勝

 ブンデスリーガ第7節が7日に行われ、MF長谷部誠が所属するフランクフルトはアウェイでホッフェンハイムに2−1で勝利した。長谷部は3バックの中央で先発出場し、公式戦6試合連続のフル出場で勝利に貢献した。

 フランクフルトは40分にアンテ・レビッチがルカ・ヨヴィッチのパスで抜け出し、GKの頭上を超すループシュートを沈めて先制。さらに後半開始35秒でヨヴィッチが相手GKの弾いたこぼれ球を押し込み、追加点を挙げた。しかし64分にレビッチが2枚目のイエローカードを受けて退場。82分にリース・ネルソンに反撃のゴールを許したが、1点を守りきり、2連勝を飾った。フランクフルトはこれで3勝1分3敗、ホッフェンハイムは2勝1分4敗となった。

 次節、フランクフルトは19日にホームでFW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフと、ホッフェンハイムは20日にアウェイでFW久保裕也が所属するニュルンベルクと対戦する。

【スコア】
ホッフェンハイム 1−2 フランクフルト

【得点者】
0−1 40分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
0−2 46分 ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト)
1−2 82分 リース・ネルソン(ホッフェンハイム)

【スターティングメンバー】
ホッフェンハイム(3−5−2)
バウマン;アクポグマ(66分 ジョエリントン)、フォクト、ポッシュ;ブレネト、デミルバイ、グリリッチュ(60分 ネルソン)、ビッテンコート(52分 グリフォ)、シュルツ;ベルフォディル、サライ

フランクフルト(3−5−2)
トラップ;ルス、長谷部、ヌディカ;ダ・コスタ、アラン(46分 ガチノヴィッチ)、フェルナンデス、デ・グズマン、コスティッチ(80分 ウィレムス);ヨヴィッチ(69分 ハラー)、レビッチ(64分 退場)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00844106-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181008-00844106-soccerk-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中島大車輪の活躍】中島翔哉、絶妙2ゴール2アシストの大活躍!強豪スポルティング戦でチームを勝利に導く(関連まとめ)

【サッカー】中島翔哉が2ゴール2アシストの活躍!…強豪スポルティング撃破に貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538949368/
中島翔哉2018第7節2G2A.jpg
1: Glide Across The Line ★ 2018/10/08(月) 06:56:08.92 ID:CAP_USER9.net

10/8(月) 6:08配信

SOCCER KING
中島翔哉が2ゴール2アシストの活躍!…強豪スポルティング撃破に貢献
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00844186-soccerk-socc

ポルティモネンセに所属する中島翔哉(写真は8月13日の第1節ボアヴィスタ戦)[写真]=ムツカワモリ
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181008-00844186-soccerk-000-1-view.jpg


 ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉が、7日に行われたプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)第7節のスポルティング戦で2ゴール2アシストの活躍を見せ、勝利に貢献した。

 中島は左ウイングで先発出場。29分にスルーパスでウィルソン・マナファの先制点をアシストすると、44分にはマナファの折返しを右足ダイレクトで叩き、今シーズン3点目を決めた。さらに1点差とされて迎えた82分には、右CKのこぼれ球をエリア手前左で拾い、強烈な右足ミドルシュートで追加点。後半アディショナルタイム3分にも味方のクリアボールをダイレクトで前線へ送り、ジョアン・カルロスのゴールを演出した。

 中島は全ゴールに絡み、4−2での強豪スポルティング撃破に貢献。ポルティモネンセは今シーズン2勝目を収めた。】



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:43 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプールとマンC、頂上決戦はスコアレスドロー!マフレズが終盤痛恨のPKミス

マフレズが痛恨のPK失敗…今後を占うリバプールとシティの頂上決戦はスコアレスドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-02526821-gekisaka-socc
マフレズ2018第8節PK.jpg

[10.7 プレミアリーグ第8節 リバプール0-0マンチェスター・C]

 プレミアリーグは6日、第8節を各地で行った。アンフィールドではリバプールとマンチェスター・シティが激突。最後まで集中した戦いを繰り広げ、スコアレスドローに終わった。

 ミッドウィークにUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を戦った両クラブ。リバプールは、3日のナポリ戦(0-1)から2人を変更し、MFジョーダン・ヘンダーソン、ロシア・ワールドカップ(W杯)で負傷していたDFデヤン・ロブレンが復帰した。対するシティは2日のホッフェンハイム戦(2-1)から4人を入れ替え、MFリヤド・マフレズとMFベルナルド・シウバ、DFジョン・ストーンズ、そして負傷離脱していたDFバンジャマン・メンディが先発に名を連ねた。

 プレミアリーグ6勝1分同士の無敗対決。ホームのリバプールはFWモハメド・サラーが相手の裏を狙うなど、縦に早い攻撃を展開するが、前半27分にアクシデント発生。MFジェームス・ミルナーが右腿裏あたりを抑えてピッチに座り込み、MFナビ・ケイタとの余儀なくされた。

 一方のシティは、最終ラインから丁寧にパスを回し、B・シウバとMFダビド・シルバが攻撃にアクセントをつけていく。だが、得意のサイド攻撃から決定的なシーンをつくることができず、前半のシュートはD・シルバの1本のみ。互いに高い集中力を保ったまま試合は進み、前半はスコアレスに終わった。

 後半も睨み合いが続く。後半15分、シティはD・シルバが右サイドから中央へ走り込んだマフレズにスルーパス。DFアンドリュー・ロバートソンのマークを受けながらもマフレズが左足シュートを放つが、わずかにゴール右に逸れた。21分には、FWセルヒオ・アグエロに代えてFWガブリエル・ジェズスを入れ、先制点を目指した。

 リバプールは後半24分、自陣左サイドからロバートソンが前線にロングパス。サラーが懸命に足を伸ばしてトラップし、PA手前から左足シュートを放つが枠の上に外れる。27分には、FWロベルト・フィルミーノに代えてFWダニエル・スターリッジを投入。シティも31分、スターリングを下げてMFリロイ・サネをピッチに送り込んだ。

 時間は0-0のまま推移。サポーターも応援を忘れたかのようにピッチでの戦いに見入った。そして、後半40分にシティにこの試合最大のチャンスが訪れる。D・シルバのスルーパスに反応したサネがPA左でDFフィルヒル・ファン・ダイクのスライディングで倒され、PKを獲得。キッカーのマフレズが左足を振り抜いたが、枠を大きく外してしまい、先制の機会を逃した。

 試合は最後まで得点が動かず、今後を占う重要な一戦はスコアレスドロー。互いに開幕からの無敗を維持し、これでシティ、リバプール、チェルシーが勝ち点20で並んだ。

BLUEMOON マンチェスターシティ 296cityzen
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1538920407/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U16日本代表、アジア選手権を優勝!西川潤決勝ゴールでタジキスタンに1-0勝利!(関連まとめ)

【サッカー】[AFC U-16選手権]U-16日本代表が6大会ぶりのアジア制覇!!エース西川が決勝ゴール!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538924776/
2016U16決勝西川ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/10/08(月) 00:06:16.42 ID:CAP_USER9.net

10/7(日) 23:36配信
[AFC U-16選手権]U-16日本代表が6大会ぶりのアジア制覇!!エース西川が決勝ゴール!

[10.7 AFC U-16選手権決勝 U-16日本代表 1-0 U-16タジキスタン代表 マレーシア]

“02ジャパン”がアジア制覇! AFC U-16選手権マレーシア2018決勝が7日に行われ、U-16日本代表がFW西川潤(桐光学園高)の決勝点によって1-0でU-16タジキスタン代表に勝利。日本は94、06年大会に続き、6大会ぶり3度目のアジア王者に輝いた。

 日本は準々決勝でオマーンを破って来年のU-17ワールドカップ出場を決め、準決勝ではオーストラリアを3発撃破。決勝で対戦したタジキスタンは北朝鮮や韓国を下して初の決勝進出を果たしたチームで、日本はグループステージ第2戦で0-0のスコアで引き分けていた。

 そのタジキスタンとの再戦に日本は4-4-2システムで臨んだ。GKは野澤大志ブランドン(FC東京U-18)で4バックは右SB角昂志郎(FC東京U-18)、CB鈴木海音(磐田U-18)、全6試合先発のCB半田陸(山形ユース)、左SB中野伸哉(鳥栖U-15)の構成。中盤は全6試合先発の横川旦陽(湘南U-18)と成岡輝瑠(清水ユース)がダブルボランチを務め、右MF中野桂太(京都U-18)、左MF三戸舜介(JFAアカデミー福島U18)。2トップはエース西川と今大会5得点で得点ランキング首位タイの唐山翔自(G大阪ユース)がコンビを組んだ。

 グループステージでは引いて守りを固めてきていたタジキスタンだが、この試合の前半は重心をやや前に置き、高い位置からプレッシング。良い形でボールを奪うと一気にシュートにまで持ち込んできていた。それに対して日本も1タッチを交えたパスワークでフリーの選手を作り出す。そして、西川の左足クロスなどからCKの本数を増やした。

 23分、日本は唐山が強引にDF間を突破してGKと1対1になるが、シュートはタジキスタンGKハサノフがストップ。直後にはハーフウェーライン付近でのボールロストから中央突破され、スルーパスを通された。そしてFWザイロフに決定的なシュートを打たれたが、これはGK野澤がファインセーブ。事なきを得たものの、危ないシーンだった。

 日本は西川や中野桂が遠目の位置からでも積極的にシュート。だが、個々が強度ある守りを見せ、ファイトするタジキスタンはゴール前で簡単には懐に入らせてくれない。それでも後半、日本はクロスから迎えたピンチを鈴木の好守で凌ぐと、9分に三戸をMF中野瑠馬(京都U-18)にスイッチ。そして、18分にエースがスコアを動かした。

 日本は右中間でのターンで前を向いた西川が中央の中野桂へパス。そのシュートはブロックされたが、こぼれ球を左サイドで拾った中野瑠が縦への仕掛けでDFを振り切って中央へ折り返す。これをファーサイドの西川が左足ダイレクトボレーで決めて先制した。

 西川の今大会初ゴールでタジキスタンゴールをこじ開けた日本はこの後、落ち着いてボールを繋ぎながらゲームをコントロール。タジキスタンの迫力あるカウンターにPA付近まで持ち込まれるシーンもあったが、日本は半田を中心に複数の選手が挟み込んで、身体を張ってシュートを打たせない。

 体力的に非常にキツイ終盤、日本はミスも増えた。それでも、彼らは必死に戦い続ける。39分には唐山に代えてMF荒木遼太郎(東福岡高)を投入。3分のアディショナルタイムに中野桂をFW青木友佑(FC東京U-18)に代え、最後まで全員で走り抜いた日本が1-0で勝ち、喜びを爆発させた。

 02年生まれ以降の世代で構成された“02ジャパン”は柿谷曜一朗や水沼宏太を擁した06年大会以来となる優勝。アジアチャンピオンとして来年のU-17ワールドカップ(ペルー)に臨む日本は、新たな競争を経て力を高め、世界でも舞う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-02521073-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181007-02521073-gekisaka-000-4-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:38 | 大阪 ☀ | Comment(18) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング