アンテナ・まとめ RSS

2018年11月28日

【ロッベン無双】バイエルン、ロッベン圧巻ゴラッソ2発など5-1大勝!ユベントスはC・ロナウド絶妙アシストをマンジュキッチ決勝ゴールでバレンシアに勝利!共にGL突破 CL第5節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第5節 ローマ×レアル、ユベントス×バレンシア、バイエルン×ベンフィカ、リヨン×マンCなど結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543355864/
ロッベン2018CL第5節.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/11/28(水) 06:57:44.89 ID:CAP_USER9.net

CL グループEの日程・結果

AKEアテネ 0−2 アヤックス
[得点者]
デュサン・タディッチ(後半23分)(アヤックス)
デュサン・タディッチ(後半27分)(アヤックス)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217531

バイエルン・ミュンヘン 5−1 ベンフィカ
[得点者]
アリエン・ロッベン(前半13分)     (バイエルン)
アリエン・ロッベン(前半30分)     (バイエルン)
ロベルト・レヴァンドフスキ(前半36分) (バイエルン)
フランコ・セルビ(後半1分)       (ベンフィカ)
ロベルト・レヴァンドフスキ(後半6分)  (バイエルン)
フランク・リベリー(後半31分)     (バイエルン) 
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217532


CL グループGの日程・結果

CSKAモスクワ 1−2 ビクトリア・プルゼニ
[得点者]
ニコラ・ブラシッチ(前半10分) (CSKA)
ロマン・プロチャズカ(後半11分)(プルゼニ)
ルカス・ヘイダ(後半36分)   (プルゼニ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217535
※西村拓真はベンチ入りも出場せず


ASローマ 0−2 レアル・マドリード
[得点者]
ガレス・ベイル(後半2分)   (レアル・マドリード)
ルーカス・バスケス(後半14分)(レアル・マドリード)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217536


CL グループFの日程・結果

ホッフェンハイム 2−3 シャフタール・ドネツク
[得点者]
イスマイリー(前半14分)        (シャフタール)
タイソン・バルセロス・フレダ(前半15分)(シャフタール)
アンドレイ・クラマリッチ(前半17分) (ホッフェンハイム)
シュテファン・ツベル(前半40分)    (ホッフェンハイム)
タイソン・バルセロス・フレダ(後半47分)(シャフタール)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217533


オリンピック・リヨン 2−2 マンチェスター・シティ
[得点者]
マックスウェル・コルネ(後半10分)(リヨン)
アイメリック・ラポルテ(後半18分)(マンC)
マックスウェル・コルネ(後半36分)(リヨン)
セルヒオ・アグエロ(後半38分)  (マンC)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217534


CL グループHの日程・結果

マンチェスター・ユナイテッド 1−0 ヤングボーイズ
[得点者]
マルアン・フェライニ(後半46分)(マンU)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217537

ユベントス 1−0 バレンシアCF
[得点者]
マリオ・マンジュキッチ(後半14分)(ユベントス)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217538

UEFAチャンピオンズリーグ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/41


バイエルンがGL突破!!ロッベン&レワンドフスキ2発にリベリがとどめの5点目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-06858034-gekisaka-socc


[11.27 欧州CL第5節 バイエルン5-1ベンフィカ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は27日、グループリーグ第5節を行い、バイエルン(ドイツ)はホームでベンフィカ(ポルトガル)と対戦し、5-1で勝利した。E組首位のバイエルンは無敗(4勝1分)を守り、最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

 ブンデスリーガで不振のシーズンを送るバイエルンは、24日の第12節で昇格組デュッセルドルフを相手にミスから2点差を追いつかれる不覚(△3-3)。ホームでリーグ4試合未勝利と危機的な状況が続いているが、CLはホームで勝利を挙げ、無事にグループリーグを突破した。

 前半13分、後方中央でMFアリエン・ロッベンが縦パスを入れると、右サイドでFWロベルト・レワンドフスキからリターンを受けたロッベンが細かいタッチで巧みにカットイン。DF3人を振り切り、PA内右角度のない位置から左足シュートを突き刺した。

 先制に成功したバイエルンは多彩な攻撃でベンフィカを押し込む。MFフランク・リベリも個人技でゴールに迫り、前半19分、左サイドを縦に仕掛けると、中に切れ込んでDF2人を置き去りにし、右足シュート。FWトーマス・ミュラーのヘディングシュートもGKオディセアス・ヴラコディモスの好セーブに阻まれたが、再びロッベンがゴールを陥れた。

 前半30分、レワンドフスキのスルーパスを受けたロッベンが細かいステップで右サイドからカットイン。シュートフェイントを入れてGKヴラコディモスとの駆け引きに勝ち、ニアサイドを破った。

 先制点と同じ形でゴールを陥れたロッベンはドッペルパック(1試合2得点)を達成。バイエルンの勢いは止まらず、前半36分、右CKでショートコーナーを選択すると、DFヨシュア・キミッヒが浮き球のクロス。レワンドフスキがヘッドで叩き込み、3-0で前半を折り返した。

 防戦一方だったベンフィカは後半開始と同時に交代カードを切り、MFピッツィに代えてユース育ちの19歳MFジェドソン・フェルナンデスを投入。この交代策が的中し、後半1分、J・フェルナンデスがワンツーの形で中央を突破。バイエルンDF陣の裏を取ると、GKの頭上を抜く右足ループを突き刺した。

 1点を返されたバイエルンだったが、嫌な流れを断ち切るようにすぐさまエースがゴールネットを揺らした。後半6分、キミッヒが右足で左CKを入れると、ニアサイドのレワンドフスキが高い打点からヘッドで叩き込み、同じ形から連続ゴール。ロッベンと揃い踏みでドッペルパックを達成した。

 再び3点差に突き放したバイエルンは危なげなく試合を運ぶ。後半31分、リベリとのパス交換で左サイドを突破したDFダヴィド・アラバがPA内左ゴールライン際からマイナスに戻す。前でミュラーが潰れると、左からカットインしたリベリがダメ押しの5点目。バイエルンは5-1で勝利し、予選突破を決めた。最終節は12月12日に行われ、バイエルンはアヤックス(オランダ)、ベンフィカはAEKアテネ(ギリシャ)と対戦する。


ユーベがCL4勝目で決勝T進出決定!C・ロナウド→マンジュキッチ弾でバレンシア撃破
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-06857846-gekisaka-socc
マンジュキッチとCロナウド2018CL第5節.jpg

[11.27 欧州CLグループリーグ第5節 ユベントス1-0バレンシア]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は27日、グループリーグ第5節1日目を行った。ユベントス・スタジアムではH組のユベントス(イタリア)とバレンシア(スペイン)が対戦。ユベントスが1-0で勝利し、グループリーグ突破を決めている。

 前節はマンチェスター・U相手に敗れ、今大会初黒星を喫したユベントス。24日のセリエA第13節から先発を5人変更し、GKボイチェフ・シュチェスニ、DFジョルジョ・キエッリーニ、DFジョアン・カンセロ、MFブレズ・マトゥイディ、FWパウロ・ディバラが復帰した。4-3-3の布陣で前線にはFWクリスティアーノ・ロナウド、FWマリオ・マンジュキッチが並んだ。

 開始早々からC・ロナウドがシュートを放つなど攻勢に出るユベントスだが、ゴールは割れず。逆に前半終了間際、バレンシアの右CKからDFムクタル・ディアカビにヘディングシュートを打たれるが、シュチェスニがスーパーセーブでゴールを守り切り、0-0で前半を折り返す。

 ユベントスは後半2分にC・ロナウドがFKを放つも、低い弾道は相手GKに阻まれる。相手の固い牙城を破れないユベントスだが、同14分にC・ロナウドが絶妙なアシストで先制をお膳立て。PA左から高速タッチで相手DFのマークを外し、鋭い折り返しをファーサイドのマンジュキッチが冷静に流し込んだ。

 マンジュキッチの今大会初ゴールで先制したユベントスが試合をコントロール。老練な試合運びをみせ、バレンシアの枠内シュートは1本に抑えた。

 ディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウドの攻撃で追加点は奪えなかったものの、そのまま1-0で試合を終え、今大会4勝目を挙げたユベントスはH組首位をキープ。1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルサMFブスケツ、将来の日本移籍を示唆「状態が良ければ、米国、日本、カタールで異なるサッカーに挑戦したい」(関連まとめ)

【サッカー】<ブスケツ(バルセロナ)>将来の日本行きを示唆!「アメリカ、日本、カタールで異なるサッカーに挑戦してみたいね」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543387476/
ブスケツ2018バルサ.jpg
1: Egg ★ 2018/11/28(水) 15:44:36.39 ID:CAP_USER9.net

バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツが将来の日本行きを示唆している。スペイン『マルカ』が伝えた。

 ブスケツは24日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第13節アトレティコ・マドリー戦(1-1)で、クラブ通算500試合の出場を達成。歴代1位はアルサッドMFシャビ・エルナンデス(769試合)、2位は神戸MFアンドレス・イニエスタ(674試合)など、その先には偉大な先輩たちが控えている。ブスケツは「そこに到達したいとは思うが、それは不可能だ」と語ると、今後のキャリアについて次のように話した。

「バルセロナでのキャリアの終わりがいつになるかは分からない。もし状態が良ければ、アメリカ、日本、カタールで異なるサッカーに挑戦してみたいね。それが終わったら、家族との時間を楽しみたい。今まで4日連続のオフもなかったんだ。それから監督になるための勉強をしたいね」

 自身のコンディション次第という条件付きながら、移籍先の候補に日本も挙げたブスケツ。Jリーグでは今夏加入したイニエスタ、鳥栖FWフェルナンド・トーレスの元スペイン代表選手が活躍している。2010年W杯優勝メンバーからの3人目の日本上陸は実現するだろうか。

18/11/28 10:54 ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260234-260234-fl



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南MF梅崎司、壮絶人生を明かす…父親の母への凄まじいDV、風呂に母の顔を沈める父 一緒に乗り越えたおかんと僕の物語

【サッカー】梅崎司の壮絶な人生…父親の母親へのDV、風呂場で母親の顔を沈める父親の姿 一緒に乗り越えたおかんと僕の物語
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543371582/
梅崎司2018インタビュー.jpg
1: れいおφ ★ 2018/11/28(水) 11:19:42.45 ID:CAP_USER9.net

たったひと言で、人生が変わったことがあるだろうか――。
湘南ベルマーレでプレーする梅崎司には、それがある。思わず叫んだひと言が、自分の、さらには家族の運命をも変えた。

「おかん、もう、この家を出て行こうよ」
それは梅崎にとって、まだプロサッカー選手になることが夢でしかなかった中学3年生のときだった。
意を決して母親に発したひと言が、家族の未来を切り開いた。

「サッカーの指導者をしていた伯父さんの家に遊びに行ったとき、近所の子どもたちと一緒にボールを蹴ったのがきっかけです。 初めてだったからコテンパンにやられたんですけど、逆にそれで火がついたんでしょうね」

そう言って梅崎は笑う。母・庭子さんに聞けば、懐かしそうに話してくれた。

(中略)

こうして梅崎はサッカーにのめり込んでいく。しかし、父親からはずっと猛反対されていた。梅崎が語る。
「物心ついたころから、ずっと父親には、自分がサッカーをすることを否定されていたんですよね。背が低かったので、『お前はすぐにつぶれる』と、ずっと言われ続けていたんです」

おまけに子どものころの梅崎は食が細く、それが原因で母親が父親にひどく責められている様子を目撃してきた。むしろ、それだけならば、まだ、ましだったかもしれない。父親は事あるごとに母親に暴力をふるってもいたのだ。

昨年自伝を出版し、自身の過去を明かした。その理由を「誰かに勇気を与えられたら」と話す

DV――ドメスティック・バイオレンス。今でこそ一般的に認知されている言葉だが、30年近くも前のことである。 言葉どころか、周囲の理解も浅ければ、行政のサポートも行き届いていない時代だった。 ましてや解決する方法や手段も含め、当時はあらゆることが遅れていたし、知られてもいなかった。梅崎が苦い記憶を呼び覚ます。

「いつから気づいていたのかというのは、正確には覚えていないんですよね。たぶん、保育園のときには、何となく分かっていたと思います。 一番、脳裏に焼き付いているのは、お風呂場で、親父がおかんの髪の毛をつかんで、湯船に何度も何度も頭を沈めていた光景です。それはほんの一部で、暴力はもう日常茶飯事でした。僕は怖くて、ずっと隠れていました」

梅崎がそうした自分の過去を包み隠さず、さらけ出したのは1年前のことだ。
2017年12月に自伝となる『15歳 サッカーで生きると誓った日』(東邦出版)を上梓。 その理由を聞けば、「自分がそれをつづることで、誰かに勇気を与えられたら」と話してくれた。 だから、母・庭子さんも息子の思いに応えようと、今回の取材に応じてくれた。庭子さんも言葉を絞り出してくれた。

「司のことで言えば、小さいのは私のせいだと言われ続けていました。『司が小さかとはワイが悪か!(司が小さいのはお前のせいだ!)』って。 だから、サッカーをやること自体に猛反対。なぜ月謝を払ってまでサッカーをやらせなければいけないのかって。
私に対する暴力は年々ひどくなっていきました。時には、帰ってきて、『おかえりなさい』と言っただけで、殴られたことも……。

司が小学生のころに一度、私が顔をぱんぱんに腫らしてサッカーの応援に行ったことがあったんです。 さすがにママ友に『どうしたの?』と聞かれたので、思い切って打ち明けたんですけど、 そのとき返ってきた言葉が『あんなにいい人が、そんなことをするはずはない。 私はあなたがウソをついていると思う』だったんです。それからは誰にも言わなくなりました」

それは文字にするのもはばかられる内容だった。
原因や理由という言葉すら使いたくないが、梅崎がサッカーをやっていることもそのひとつではあった。
なのになぜ、庭子さんは梅崎のサッカーを守り続けたのだろうか。

(一部抜粋、詳細・全文はこちら)
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201811220002-spnavi
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201811220003-spnavi


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:44 | 大阪 ☁ | Comment(28) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、ベイル先制ゴールなどローマに2-0快勝!グループ首位通過が決定 CL第5節(関連まとめ)

敵地でローマをねじ伏せたマドリーの首位通過が決定! ソラーリ監督は正式就任後の初勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181128-00050812-sdigestw-socc
ベイル2018CL第5節ゴール.jpg

キックオフ前に両チームの16強入りが決定。
現地時間11月27日に実施されたチャンピオンズ・リーグ第5節、ローマ対レアル・マドリーの一戦は、2−0でアウェーのマドリーが勝利した。

 およそ2時間前にスタートしたグループGのもうひとつのカードで、4位プルゼニが3位のCSKAモスクワを下し、両チームの勝点が5ポイントで並んだため、4節終了時点ですでに9ポイントを稼いでいたローマとマドリーは、戦わずしてベスト16進出が決定。その影響からか、試合は序盤、ともにあまり無理をしないゆっくりとした展開でスタートを切った。

 互いにモチベーションの維持が難しい試合だったが、それでも前回の対戦を3−0の大差で制し、「勝てば首位通過が決まる」という明確な目標を持てた分だけ、マドリーのほうが有利だったのかもしれない。
 
 その差は、後半開始直後に表われた。47分、ローマの守護神ロビン・オルセンのクリアが中途半端に浮いてしまい、CBフェデリコ・ファシオが頭で戻そうとしたところを、ガレス・ベイルに拾われ、アウェーのマドリーが先制に成功した。

 さらにマドリーは59分、勝利を決定づけるダメ押しの1点をもぎ取る。ベイルのクロスをカリム・ベンゼマが丁寧にヘッドで落とすと、これをルーカス・バスケスが冷静にボレーで流し込んだ。

 絶対的なエース、エディン・ゼコを怪我で欠いたローマは、その代役を担ったパトリック・シックになかなかボールが収まらず、前半終了間際に訪れた超がつくほどのビッグチャンスも、ジェンギズ・ウンデルの信じがたいシュートミスで逸してしまう。

 結局試合は、マドリーが2−0でモノにし、サンティアゴ・ソラーリ監督は正式就任後2試合目にして初勝利。内容的には決して満足できるものではなかったものの、手堅く首位通過を決めている。

ASローマ 0−2 レアル・マドリード
[得点者]
ガレス・ベイル(後半2分)   (レアル・マドリード)
ルーカス・バスケス(後半14分)(レアル・マドリード)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217536

【サッカー】UEFA-CL第5節 ローマ×レアル、ユベントス×バレンシア、バイエルン×ベンフィカ、リヨン×マンCなど結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543355864/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:59 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U21代表FW岩崎悠人、J1複数クラブがオファー!ユベントスやリヨンも獲得に興味!(関連まとめ)

【サッカー】<U―21日本代表FW岩崎悠人>国内外で争奪戦へ!鹿島、札幌、F東京が正式オファー!ユベントスやリヨンからも興味
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543354840/
岩崎2018京都.jpg

1: Egg ★ 2018/11/28(水) 06:40:40.06 ID:CAP_USER9.net

 U―21日本代表FW岩崎悠人(20=J2京都)の争奪戦が勃発していることが27日、分かった。

すでに正式オファーを出しているのはACLを制した鹿島をはじめ、札幌とFC東京の3クラブで、湘南と柏も今後オファーを出す見込み。関係者によると、海外クラブではポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが所属するユベントス(セリエA)や、フランス1部リーグで現在2位につける強豪リヨンが興味を示しているという。

 チームでは今季33試合1得点にとどまったが、U―21代表として参加した8月のアジア大会ではチームトップの4得点を挙げて準優勝に貢献した。持ち味は馬力のある突破と豊富な運動量。同大会を視察した日本協会の田嶋会長も森保ジャパン入りを推挙するほどで、ポテンシャルは東京五輪世代でも屈指だ。

 京都との契約が残っているため完全移籍での獲得には移籍金が発生し、京都も慰留に努める。国内外7クラブが熱視線を送るアタッカーの動向から目が離せない。

 ◆岩崎 悠人(いわさき・ゆうと)1998年(平10)6月11日生まれ、滋賀県彦根市出身の20歳。G大阪などJ複数クラブからオファーがある中、17年に京都橘からJ2京都に入団。17年U―20W杯出場。18年アジア大会出場。J2通算68試合3得点。1メートル71、69キロ。

11/28(水) 3:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000161-spnannex-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、リヨンに苦戦し2-2ドロー!アグエロ同点ヘッドで追い付きCL決勝T進出が決定!CL第5節(関連まとめ)

マンC、敵地でリヨンと価値あるドロー…6季連続の決勝T進出が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00869340-soccerk-socc
ラポルテ2018CL第5節ゴール.jpg

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が27日に行われ、マンチェスター・Cとリヨンが対戦した。前半は両チームともにゴールを奪うことができず、スコアレスで折り返す。後半に入ると55分、ペナルティエリア手前でボールを持ったマクスウェル・コルネが左足で強烈な一撃を突き刺し、リヨンが先手を取る。しかし、マンチェスター・Cもすぐさま反撃に転じる。63分、アイメリク・ラポルテがヘディングシュートを叩き込み、試合を振り出しに戻す。

 試合も終盤に差し掛かった81分、メンフィス・デパイのスルーパスに抜け出したコルネが落ち着いて流し込み、リヨンが勝ち越しに成功。しかし、負けられないマンチェスター・Cも83分、セルヒオ・アグエロのヘディングシュートですぐに同点に追い付く。

 試合はこのまま2−2でタイムアップ。マンチェスター・Cが貴重な勝ち点「1」を獲得し、6シーズン連続となる決勝トーナメント進出を決めた。

【スコア】
リヨン 2−2 マンチェスター・C

【得点者】
1−0 55分 マクスウェル・コルネ(リヨン)
1−1 63分 アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・C)
2−1 81分 マクスウェル・コルネ(リヨン)
2−2 83分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

【スターティングメンバー】
リヨン(3−4−3)
A・ロペス;デナイヤー、マルセロ、マルサウ;ラファエウ(74分 テイテイ)、エンドンベレ、オーアル、メンディ;コルネ(89分 テリア)、デパイ、フェキル(84分 トラオレ)

マンチェスター・C(4−3−3)
エデルソン;ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、ジンチェンコ;マフレズ、フェルナンジーニョ、シルバ;スターリング、アグエロ(90+1分 フォーデン)、サネ(71分 デルフ)

【サッカー】UEFA-CL第5節 ローマ×レアル、ユベントス×バレンシア、バイエルン×ベンフィカ、リヨン×マンCなど結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543355864/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【モウリーニョ暴れる】マンU、フェライニ劇的決勝ゴール!ヤングボーイズに大苦戦も1-0勝利しCLグループ突破 CL第5節(関連まとめ)

フェライニが劇的V弾!ヤングボーイズに大苦戦のマンU、1戦残してGL突破が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-06858128-gekisaka-socc
フェライニ2018CL第5節ゴール.jpg

[11.27 欧州CLグループリーグ第5節 マンチェスター・U 1-0 ヤングボーイズ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は27日、グループリーグ第5節1日目を行った。H組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は本拠地オールド・トラッフォードでヤングボーイズ(スイス)と対戦し、1-0で勝利。1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。

 残り2節となった欧州CLグループリーグ。今節で2位ユナイテッドが勝ち、他会場の首位ユベントス(イタリア)が引き分け以上でユナイテッドの突破が決まる状況。24日のクリスタル・パレス戦から6人を変更し、DFフィル・ジョーンズやMFフレッジ、FWマーカス・ラッシュフォードらが先発し、MFポール・ポグバとFWロメル・ルカクはベンチスタートとなった。さらにFWアレクシス・サンチェスはベンチメンバーから外れた。

 試合はホームのユナイテッドが優勢に進めた。前半5分、自陣中央でDFルーク・ショーがインターセプトし、前線に送ると、リンガードが触ったボールが相手DFの背後に抜ける。これに反応したラッシュガードがGKと1対1の状況から右足を振り抜いたがクロスバーの上。ジョゼ・モウリーニョ監督はベンチで両手を広げて首を振り、不満を露わにした。

 前半26分、ユナイテッドはリンガードの落としからラッシュフォードが右足ミドル。これはわずかにゴール左に外れたが、前線中央に入ったラッシュフォードが積極的にボールを呼び込み、シュートシーンに絡んでいった。しかし、ヤングボーイズの前線からの守備、切り替えの早さに苦しみ、前半のうちに得点することができなかった。

 ヤングボーイズは前半終盤に右足首あたりを痛め、一度治療を受けたDFスティーブ・フォン・ベルゲンを下げ、後半開始からDFウリセス・ガルシアを投入。だが、後半もユナイテッドが押し込む展開に。後半11分、FWアントニー・マルシャルがPA内へ送ったパスが相手に当たって上空に舞い上がり、GKがクリアしきれなかったボールをMFマルアン・フェライニが右足ボレー。決定的なシーンだったが、枠を外してチャンスを逃した。

 攻めあぐねるユナイテッドは後半19分、フレッジとリンガードを下げ、ポグバとルカクをピッチに送り込む。21分、そのポグバの鮮やかなボールコントロールからペナルティーアーク内でパスを受けたラッシュフォードが左足を振り抜く。これが枠を外れると、MFフアン・マタを送り出した直後にピンチが訪れる。

 ヤングボーイズは後半24分、左CKのクリアボールをFWクリスティアン・ファスナハトが左足シュート。相手に当たってコースが変わり、ゴール左に飛んだがGKダビド・デ・ヘアにライン上で止められ、先制点とはならず。それでも徐々に相手陣内でボールを回す時間を増やしていった。

 試合はこのままスコアレスで終わるかと思われた。しかし、ユナイテッドは後半アディショナルタイム1分、ハーフェーライン付近の左サイドからショーが高い弾道のクロスをゴール前に送り込み、ルカクが後方にそらしたボールをPA中央でおさめたフェライニが相手を背負いながら反転して右足シュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、1-0で勝った。

 H組2位のユナイテッドはこれは勝ち点10。首位ユベントス(勝ち点12)が3位バレンシア(勝ち点5)に勝ったため、最終節を前にユナイテッドのグループリーグ突破が決まった。

マンチェスター・ユナイテッド 1−0 ヤングボーイズ
[得点者]
マルアン・フェライニ(後半46分)(マンU)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217537

【サッカー】UEFA-CL第5節 ローマ×レアル、ユベントス×バレンシア、バイエルン×ベンフィカ、リヨン×マンCなど結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543355864/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:41 | 大阪 | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元名古屋監督の小倉隆史氏、三重県のFC・ISE-SHIMAの理事長に就任!Jリーグ参入目指す(関連まとめ)

【サッカー】<元日本代表FWで名古屋の監督を務めた「小倉隆史氏」>FC・ISE―SHIMAの理事長に就任!Jリーグ参入を目指す
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543305473/
小倉ISESIMA理事長就任.jpg

1: Egg ★ 2018/11/27(火) 16:57:53.78 ID:CAP_USER9.net

 元日本代表FWで名古屋の監督を務めた小倉隆史氏(45)が特定非営利活動法人FC・ISE―SHIMAの理事長に就任することが分かった。12月1日付で就任する。

 13年の設立時からクラブアドバイザーとして中田一三前理事長をサポートしてきたが、このほど理事長就任が決まった。同チームは三重県中南勢地域で活動している東海社会人サッカーリーグ1部に所属するチームで、将来のJリーグ参入を目指している

11/27(火) 16:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000119-spnannex-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:35 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

PSG、ネイマールの移籍を257億円で容認か?バルサ電撃復帰の可能性も スペインメディア報道

【サッカー】<パリSG>ネイマールの退団を257億円で容認へ! バルサへの電撃復帰にも進展が?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543316811/
ネイマール2018PSG.jpg

1: Egg ★ 2018/11/27(火) 20:06:51.77 ID:CAP_USER9.net

セレソンの至宝の、古巣バルセロナへの復帰の動きが騒がしくなっている。

 パリ・サンジェルマンは、所属するブラジル代表FWネイマールの放出を、条件付きで容認するようだ。スペインTV局『Beteve』が報じている。

 昨夏、契約解除金2億2200万ユーロ(約284億円)でバルセロナからパリSGに移籍したネイマール。その実力は、フランスのリーグ・アンでは群を抜いており、今シーズンも、ここまでの公式戦16試合で13ゴール・7アシストの活躍を披露している。

 パリSGで絶対的地位を獲得したネイマールだが、パリの地元紙『Le Parisien』などによれば、クラブがファイナンシャル・フェアプレー違反による処罰を回避すべく、来夏の移籍市場での売却が画策されている。

 そうした状況を加味して『Beteve』が伝えたのが、ネイマールのバルサ電撃復帰が濃厚となっているというニュースだ。同メディアは、「パリSGは2億ユーロ(約257億円)でネイマールがラ・リーガのクラブへ移籍することで暫定的に合意した」とレポートし、その移籍先の有力候補がバルサであると報じた。

 同メディアはさらにその詳報もレポートしており、それによれば、バルサの交渉担当であるアンドレ・キュリー氏は先週ロンドンで、代理人を務めるネイマールの父親と会い、交渉をスタートさせたようだ。

 また、ネイマール本人もサントスから欧州初上陸を果たしてから約4年間在籍し、合計7個のタイトルを手にするなど、愛着のあるバルサ復帰を最優先事項として考えているという。

 しかし、2億ユーロという法外な移籍金は、言うまでもなくネックになっており、バルサは、ネイマール売却時にドルトムントから総額1億4500万ユーロ(約188億円)で引き抜いたフランス代表FWのウスマンヌ・デンベレを含めたオペレーションを画策しているという。

 仮に実現すれば、昨夏以上にサッカー界を大きく賑わす電撃的な移籍となることは必至。果たして、セレソンの至宝は古巣へ舞い戻るのか? それとも――。

11/27(火) 19:38 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00050804-sdigestw-socc

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/50804_ext_04_0_1543314229.webp?v=1543315435


※管理人・リバプールPSG戦に関するマネ選手の体調不良の記事ですが、タイトルの日程を間違えていたため削除いたしました。ユーザーの皆様には間違った情報を流してしまいお詫び申し上げます。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェフ千葉、エスナイデル監督との契約更新を発表!今季14位、J2は来季10年目(関連まとめ)

14位の千葉、エスナイデル監督との契約更新を発表…J2は来季で10年目へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00869231-soccerk-socc
エスナイデル監督.jpg

 ジェフユナイテッド千葉は27日、フアン・エスナイデル監督との契約を更新することが決まったと発表した。

 アルゼンチン国籍のエスナイデル監督は、1973年生まれの45歳。選手時代はレアル・マドリードの下部組織からトップチームに昇格し、サラゴサやアトレティコ・マドリード、エスパニョール、ユヴェントスなどを渡り歩いた。2002年にはリーベル・プレートでもプレー。以降はフランスのアジャクシオなどでプレーし、2005年に母国のニューウェルズで現役を引退した。アルゼンチン代表としても出場経験を持っている。

 引退後は指導者に転身し、サラゴサやコルドバ、ヘタフェの監督を歴任。2017年から千葉の指揮を執っている。1年目は6位フィニッシュでJ1昇格プレーオフに参戦したものの、準決勝で名古屋グランパスに敗れて敗退。そして2年目の今季は開幕4戦勝ちなしとスタートダッシュに失敗し、苦しいシーズンとなった。最終成績は16勝7分け19敗、勝ち点「55」で14位フィニッシュだった。

 2009シーズンのJ1で最下位に終わり、2010年からJ2で戦っている千葉。来季でJ2での10シーズン目を迎えることとなるが、就任3年目となるエスナイデル監督の下で再起を期すこととなった。

※管理人・リバプールPSG戦に関するマネ選手の体調不良の記事ですが、タイトルの日程を間違えていたため削除いたしました。ユーザーの皆様には間違った情報を流してしまいお詫び申し上げます。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11225
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543293325/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:19 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元イタリア代表FWヴィアリ氏、がん闘病を告白「この試合がどんな結末を迎えるのかまだ分からない」

【サッカー】元伊代表FW、がん闘病を告白「この試合がどんな結末を迎えるのかまだ分からない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543307290/
ヴィアリ02.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/27(火) 17:28:10.34 ID:CAP_USER9.net

元イタリア代表FWのジャンルカ・ヴィアリ氏が、26日付のイタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』のインタビューの中で、がんとの闘病を告白した。

現役時代、ユヴェントスやサンプドリア、チェルシーなどで活躍したヴィアリ氏は現在54歳を迎えたが、がんのため長い闘病生活を続けていたことを明かした。

「このことを家族や他の人に伝えなければならないのはつらく難しいことであると知っていた。 まるで自分に降りかかってきたことが自分のせいであるかのように、恥ずかしく感じてしまう。街を歩くときは、人に何も気付かれず、まだ皆が知る“ヴィアリ”であるかのように見せようとシャツの下にセーターを着ていた。 だがその後、自分の体験を語り、本にすることを決めた」

■「私の体験を人のために」

数カ月にわたって化学療法や放射線療法による治療を受け、現在は体調が改善している。

「1年が経ってまた強靭なフィジカルが戻ってきた。だがこの試合がどのような結末を迎えるのかまだ確証はない。 私の体験が人生の岐路に立つ人々にとって役に立つことを願っている。 重要なのは勝つことではなく、勝者の考え方をすることだ。私の体験が人の役に立ち、事が起きた時に正しい形で向き合うことができるよう願っている。 誰かが私の体験を知り、『あきらめなかったのは君のおかげだよ』と言ってくれるようになればと思う」

またヴィアリ氏はサッカーについても言及。自身が下部組織から育ち、プロデビューを飾ったクレモネーゼ(セリエB)に愛着を示す一方、ユヴェントスに対しても敬意を表す。

「私の心の内にあるのはクレモネーゼだが、子供の頃はインテルを応援していた。 ユヴェントスでプレーすることは誇りだった。それにユニフォームの重みを感じる。 返すときはきれいにたたんで、受け取ったときよりもやや高い場所に置かないとね。 (マルチェロ)リッピ? 彼は私の救世主だよ。 初めて面談したときにユーヴェ退団を希望していることを伝えると、『ちょうど私がやって来て、君の力が必要だというのに?』と言われたんだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000022-goal-socc
11/27(火) 16:37配信



ヴィアリ01.jpg


※管理人・リバプールPSG戦に関するマネ選手の体調不良の記事ですが、タイトルの日程を間違えていたため削除いたしました。ユーザーの皆様には間違った情報を流してしまいお詫び申し上げます。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:15 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表DF昌子源、仏1部トゥールーズ移籍が濃厚 鹿島も容認の方針(関連まとめ)

【サッカー】昌子、仏1部トゥールーズへ移籍濃厚 鹿島も容認
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543304572/
昌子源ベルギー戦.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/27(火) 16:42:52.34 ID:CAP_USER9.net

J1鹿島のDF昌子源(25)に、フランス1部トゥールーズからオファーが届いていることが27日分かった。
昌子はワールドカップロシア大会日本代表の主力で、今冬の移籍が濃厚となった。
今夏にもオファーを受けたが、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のために残留した。鹿島はACL初優勝を飾ったことで、移籍を容認する方向だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000065-asahi-spo
11/27(火) 15:40配信


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング