アンテナ・まとめ RSS

2018年11月27日

G・クルーニー、ツエーゲン金沢に期限付き移籍決定!193pの大型FW(関連まとめ)

金沢、身長193pのコスタリカ人FWが加入「長身かつスピードもある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00869149-soccerk-socc

ジョバンニクルーニー.jpg


ツエーゲン金沢は27日、CSカルタヒネス(コスタリカ)に所属する同国人FWジョバンニ・クルーニーの期限付き移籍加入が決まったと発表した。

 G・クルーニーは1994年生まれの23歳。身長193センチメートルの長身FWで、CSカルタヒネスでリーグ戦通算92試合出場16得点を記録している。金沢は同選手について「長身で、なおかつスピードが武器のセンターフォワード」と紹介している。

 G・クルーニーは金沢加入にあたり、以下のようにコメントしている。

「はじめまして。ジョバンニ・クルーニーと申します。ツエーゲン金沢でプレーできることを大変嬉しく思います。練習から常に100パーセントで取り組み、多くの勝利をサポーターの皆様に届けたく思いますので応援よろしくお願いします!」

 金沢は今季、明治安田生命J2リーグで14勝13分け15敗、勝ち点「55」で13位だった。今月22日にはブラジル人FWマラニョンとの契約満了を発表。加入1年目にしてチームトップタイのリーグ戦9得点を挙げた同選手の後釜として、G・クルーニーに期待がかかる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11225
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543293325/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:59 | 大阪 ☁ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌FWジェイ「そこにいなければ、俺が悪い」心境の変化?自身の結果よりも他人を優先(関連まとめ)

札幌ジェイに心境の変化?自身結果よりも他人を優先
https://www.nikkansports.com/soccer/column/writers/news/201811260000468.html
ジェイ札幌アウェー2018.jpg

北海道コンサドーレ札幌の躍進の影に、FWジェイ(36)の心境の変化があるのではないか。昨季途中から加入した元イングランド代表は、今季はリーグ戦23試合に出場し8得点を決めている。昨季の14試合10得点に比べると、ゴールが減ったように感じるが、最近ジェイが口にする言葉がある。「アシストも大事」。自身の結果にこだわっていたストライカーが献身的なプレーを見せる場面は増えた。

自身の経験を生かし、チームの成長の力になりたいという思いが強まっている。練習後、グラウンドに残って若手に1対1で熱心に教える姿がある。MF白井康介(24)にはクロスについてアドバイスしていた。「人に合わせようとし過ぎ。そこに俺が走って入る。そこにいなければ、俺が悪い」と言ったという。白井は「気持ちが楽になった」と感謝していた。

本紙北海道版では、毎月末にコラム企画「ジェイのマンスリー・リアルトーク」を掲載している。現役選手による連載は珍しい。今年8月からスタートしたきっかけは「もっとサポーターに俺の考えを伝えたいんだ」と、本人による持ち込みだった。サッカーの話を中心に、私生活についてもたっぷり語ってくれている。熱い思いがあふれている選手だ。

札幌は最終節でクラブ初のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権をかけて、2位広島との直接対決に臨む。ジェイが試合でゴールを決めるとチョコレートをプレゼントするのが、前所属の磐田時代から続く本紙担当記者との恒例となっている。私は今季、天皇杯を含めて10個のチョコレートをプレゼントした。ACL切符を決めるジェイのゴールに期待して、チョコレートを持って12月1日、札幌ドームへ取材に行く。【保坂果那】

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11224
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543239080/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖トーレス、九州場所の千秋楽を観戦!相撲観戦に「信じられない経験」(関連まとめ)

【サッカー】<FWトーレス(サガン鳥栖)>大相撲生観戦!「信じられない」と興奮…“土俵自撮りショット”に反響...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543267122/
トーレス相撲観戦.jpg
1: Egg ★ 2018/11/27(火) 06:18:42.91 ID:CAP_USER9.net

サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、24日のJ1第33節横浜F・マリノス戦で決勝ゴールをマークし、2-1の逆転勝利に貢献した。残留圏の15位を死守したなか、スペイン人ストライカーはチームのオフ日に相撲を満喫したようだ。26日に更新した自身の公式インスタグラムで“相撲ショット”を公開している。

 残留争いに巻き込まれている鳥栖は、横浜FM戦で貴重な勝ち点3を手にした。キャプテンマークを巻き、2トップの一角で先発したトーレスは、1-1で迎えた後半33分に存在感を放つ。途中出場の元日本代表FW金崎夢生のパスに反応し、ペナルティーエリア手前で右足アウトサイドによる華麗な切り返しで相手を翻弄し、右足を一閃。鋭いシュートがゴール左隅に吸い込まれた。トーレスの今季リーグ3得点目が値千金の決勝弾となり、チームは15位をキープ。12月1日の最終節鹿島戦に引き分け以上で残留が決まる。

 激闘の翌日はチームのトレーニングがオフとなり、トーレスは福岡まで足を運んだようだ。25日に福岡国際センターで行われた大相撲九州場所千秋楽を観戦したトーレスは、土俵をバックに自撮り撮影。自身の公式インスタグラムで写真を公開すると、「信じられない経験だ。取り組みをしている力士を生観戦するのはとても感動的。力士と相撲ファンに多大な敬意を」と綴っている。

 トーレスが日本の文化に対するリスペクトを示したなか、返信欄では「文化を尊重していただきありがとうございます」という声が上がった一方、土俵バックの自撮りに「素敵」「ハンサム」「クール」などのコメントも並んだ。

 心身のリフレッシュを図ったトーレスは最終節でも活躍し、チームを残留へと導けるだろうか。

11/26(月) 19:59配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181126-00150365-soccermzw-socc

写真https://www.instagram.com/p/Bqo7TVLgLyA/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_loading_state_camera&ig_mid=W_xjEwABAAHacdJJYm69qulQ7itp



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:05 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、スペイン移籍希望を告白「必ず成し遂げたい」(関連まとめ)

香川真司「スペインに行く」今冬の移籍希望を激白
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00403797-nksports-socc
香川2018インタビュー.jpg

W杯ロシア大会日本代表のMF香川真司(29=ドルトムント)が26日までにドイツ・ドルトムント市内で単独取材に応じ、今冬にスペイン移籍を目指す意向を表明した。

複数の国から獲得の打診が届く中、世界最高峰のリーガ・エスパニョーラに絞って「最終目的地」と表現。スペイン語の学習も始めており、夢舞台への準備に着手した。来年30歳。W杯で得点を決め、16強に貢献した男が、飽くなき向上心で新境地に立つ。【取材・構成=木下淳】

もう、辺りは冬に差し掛かっていた。葉は落ち、朝晩は氷点下まで冷え込む日も増えたドルトムント。在住5年半になり、かつて2連覇も経験した街で、香川が大きな決断を下そうとしていた。クラブは無敗で首位を走る一方、自身は公式戦10試合連続ベンチ外。状態はいい。だが「想定外」の日々の連続に「早く解決策を見いだしたい。その1つがチームを変えること。環境を変え挑戦したい気持ちが強い」と打ち明けた。

後ろ向きではなく、膨らんだ夢をかなえるタイミングと信じている。「ドルトムント、マンチェスターUでやってきたキャリアを信じれば、どの国であっても恐れるものはない」。2度のW杯を経験し、得点し、16強に進んだ。欧州ではビッグクラブ在籍年数が8年を超えた。香川真司にとって、その夢とは最後に残されたものなのか。単刀直入に聞くと迷いなく言った。

「この2、3年、常にスペインに行くにはどうすればいいのか考えていた。スペインに行かずに、サッカー選手を終えることはできない。必ず成し遂げたい」

ここまでの断言は、よほどの覚悟がなければ無理だろう。欧州各国から獲得興味を示されても、意中の国はただ1つ。もちろん、正式な形になるまでは「ドルトムントでベストを尽くす」つもりだが「人生初」という構想外の扱いには「チームからのメッセージだと思っている。今は新たなチャレンジ、スペインにモチベーションを費やすしかない。失うものはないし、必ず次のステージでも輝く自信がある」と力を込めた。

年明けに開く移籍市場でスペイン行きを現実にすべく、今後具体的に話し合いを進めていく。決断はリスクも伴うが、胸は高鳴る。

「物心ついたころ、初めて映像で見た海外サッカーが『リーガ』だった。バルセロナにリバウドがいたころ。中学、高校とも(FCみやぎ)バルセロナと名がつくチームでプレーしてきたし、スペインからは多くのインスピレーションをもらった。自分のスタイルが合うと第一に感じた国でもあった。長い間、待ったチャンスを逃したくない。小さなころからの夢を成し遂げ、自分が必ず結果を出すことで、次の世代の選手がスペインでプレーする橋渡しにもなれるように。日本人の評価を高めるという使命も背負ってプレーしなければ。最近は、そこまで想像する日々を送っている」

ドイツ語、英語に続きスペイン語の学習も始めている。「これまでのチームにいたスペイン人の仲間は最高だった。デヘア、マタ、バルトラ、アルカセル…。みんな気が合ったし、プライベートもともにすることが多かった」。過去の移籍では「ピッチに立てば共有できる感覚があったから」と、今回のように語学勉強などの事前準備は表立ってしてこなかったが「今は違う。年齢的にも自分の立場はチームを引っ張っていく必要がある。言葉、環境、文化、すべてを受け入れなくてはいけない。まだまだ勉強中ではあるものの、コミュニケーションを取るために。オフ・ザ・ピッチの共有も大事だし、1人の人間としても住むのであれば努力したい」と変化した。

あとは実行に移す。既に今年だけで複数回スペインに渡っており、先日はバルセロナで休暇を過ごした。「試合に絡めない現状に感情が爆発しそうになる時もあるし、受け入れるのは簡単ではない。その中で、いつもと違う街で新たな空気を吸ってリフレッシュできた。あらためて最も行きたいリーグだと思えたし、最終目的地が目の前まで来たんだなと。キャリアの中で最大の挑戦になる」。最後までスペインへの思いを隠さない。本気だ。クラブを決め次第、イベリア半島を新たな挑戦の舞台にする。

【サッカー】香川真司「スペインに行く」今冬の移籍希望を激白
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543265701/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:40 | 大阪 ☁ | Comment(61) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、フランクフルトとの契約延長が決定的!クラブ幹部「発表を待てばいい」

【サッカー】<34歳長谷部誠>契約延長はもはや決定事項…フランクフルト幹部「発表を待てばいい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543239936/
長谷部誠2018練習着.jpg
1: Egg ★ 2018/11/26(月) 22:45:36.78 ID:CAP_USER9.net

フランクフルトは、元日本代表MFの長谷部誠との契約延長を決定事項としているようだ。同クラブの執行役員を務めるフレディ・ボビッチ氏がドイツ『シュポルト1』のトーク番組で、そのことを示唆している。

来年1月に35歳の誕生日を迎える長谷部は、今夏に指揮官となったアディ・ヒュッター監督の下で9月20日に行われたヨーロッパリーグ初戦のマルセイユ戦以来の公式戦13試合にすべてフル出場。ほとんどの試合で3バック中央のリベロ役を務め、現在リーグ3位と快進撃を続けるチームの欠かせない存在となっている。

そんなベテランに対するクラブ側の評価も高い。『シュポルト1』のトーク番組に出演したボビッチ氏は、長谷部を「我々の守備の首領」と形容すると、 来夏までとなっている契約状況について「彼とは毎年の晩秋に話しているが、今年もそうしたよ」とコメント。さらに「あとはそのタイミング、発表を待てばいい」と語り、すでに選手側とは新契約に向けて大筋合意に至っている様子をうかがわせた。

長谷部自身は先月、「可能な限り長くフランクフルトでプレーすることを望んでいます」と明かしていた。ドイツでは、ヴォルフスブルク、ニュルンベルク、そしてフランクフルトでこれまで公式戦313試合に出場してきた元日本代表MF。2014年夏に加わったフランクフルトとの契約延長の発表は、もはや時間の問題となっているようだ。

11/26(月) 21:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000023-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181126-00000023-goal-000-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

Jリーガー、年俸平均は「アジア3位」!世界1位は英プレミアでJの12.5倍 英調査

【サッカー】 Jリーグの選手年俸平均は「アジア3位」。世界1位の英プレミアはJの12.5倍
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543235307/
Jリーグ2018.jpg
1: shake it off ★ 2018/11/26(月) 21:28:27.66 ID:CAP_USER9.net

イギリス「スポーティング・インテリジェンス」社は26日付で、世界のスポーツクラブの選手年俸に関する調査「グローバル・スポーツ・サラリー・サーベイ(GSSS)」の2018年度版を発表した。サッカー界の68ヶ国のトップリーグを対象とした平均年俸ランキングも作成されている。


 平均年俸世界1位のリーグは昨年に続いてイングランドのプレミアリーグ。平均約299万ポンド(約4億3500万円)という金額で、2位のリーガエスパニョーラを約36%も上回っている。

 3位以下にはイタリアのセリエA、ドイツのブンデスリーガ、フランスのリーグアンが続く。セリエAの平均年俸は約152万ポンド(約2億2100万円)でプレミアリーグの約半分、ブンデスリーガは約139万ポンド(約2億200万円)という数字となった。

 いわゆる欧州5大リーグに次ぐ全体の6位は中国スーパーリーグ(CSL)。平均約80万ポンド(約1億1600万円)で、ロシアやトルコ、ベルギーなど欧州の準強豪リーグや、ブラジル、メキシコなどのリーグを上回っている。

 アジアのリーグではサウジアラビアが平均約39万ポンド(約5600万円)で全体の11位。Jリーグは約24万ポンド(約3500万円)でアジア3番手、全体では19位となっている。18位のオランダよりやや少なく、オーストリア、スコットランド、ウクライナ、ギリシャなどのリーグを上回った。

 アジア4番手は韓国のKリーグで、平均約10万ポンド(約1450万円)。本田圭佑のプレーするオーストラリアのAリーグが僅差でアジア5番手に続いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181126-00298807-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:26 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、C・パレスとホームで0-0ドロー…CL出場圏遠のく 互いにネット揺らすも幻に

互いにネット揺らすが幻に…マンU、クリスタル・パレスに苦しみスコアレスドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-06434191-gekisaka-socc
ルカク2018パレス戦オフサイド.jpg


[11.24 プレミアリーグ第13節 マンチェスター・U 0-0 クリスタル・パレス]

 プレミアリーグは24日、第13節を行った。マンチェスター・ユナイテッドはホームでクリスタル・パレスと対戦し、0-0で引き分けた。

 27日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第5節ヤングボーイズ戦を控えているユナイテッドは、11日のマンチェスター・シティ戦(1-3)から4人を変更。FWマーカス・ラッシュフォードとMFアンデル・エレーラ、MFマルアン・フェライニ、DFルーク・ショーに代え、FWロメル・ルカクとMFポール・ポグバ、MFフアン・マタ、DFマッテオ・ダルミアンがスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合はユナイテッドがボールを支配するものの、なかなか崩し切ることができない。対するパレスは前半20分、ユナイテッドのパスミスから最後は古巣対決のMFウィルフレッド・ザハが右足ミドルシュートを放つが、わずかにゴール左へ逸れる。さらに25分、カウンターからフリーで攻め上がったDFパトリック・ファン・アーンホルトがザハのパスを受けて右足シュート。決定的なシーンだったが枠を捉えきれなかった。

 パレスに押し込まれるユナイテッド。前半29分、PA左からDFアシュリー・ヤングが折り返したボールをニアに飛び込んだMFジェシー・リンガードが右足で合わせるが、GKウェイン・ヘネシーに阻まれる。パレスは43分、左サイドのFKからMFルカ・ミリボイェビッチが左足でクロスを供給。MFシェイク・クヤテがヘディングシュートでゴールネットを揺らしたが、オフサイドと判定され、得点は認められなかった。

 ユナイテッドはスコアレスで迎えた後半12分、右サイドからのクロスがPA左手前へ流れ、ヤングが低い弾道のシュートを打ち込む。GKヘネシーが弾いたボールをルカクが右足で押し込んだが、こちらもオフサイドと判定された。14分には、2枚替えを敢行。リンガードとマタを下げ、フェライニとFWマーカス・ラッシュフォードを入れた。

 さらにユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は後半23分にポグバを下げ、FWアレクシス・サンチェスを投入。あと22分を残して交代カードを使い切った。しかし、29分にパレスにチャンス。ハーフェーライン付近からMFアンドロス・タウンセンドがドリブルで運び、相手をスルスルとかわしてGKと1対1の状況から右足を振り抜く。だが、枠を外れて先制のチャンスを逃した。

 その後はユナイテッドが前に出たが、最後までスコアを動かすことができないまま0-0でタイムアップ。マンチェスター・ダービーに続く連敗は免れたが、欧州CLへ弾みをつけることができなかった。

† Red Devils Manchester United 1323 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1542171109/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村俊輔、磐田残留は「殺気だった集団に成れるかどうか」

磐田が残留持ち越し、中村俊輔「殺気だった集団に」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00401857-nksports-socc
俊輔2018第33節.jpg

<明治安田生命J1:磐田0−2札幌>◇第33節◇24日◇ヤマハ

ジュビロ磐田は、ホーム最終戦でJ1残留を決められなかった。引き分け以上で残留が決まったが、北海道コンサドーレ札幌に完封負けした。

前半12分にオウンゴールで先制点を献上。後半31分にはウンターから2点目を失い、敗れた。

最終節の次節はアウェーで川崎フロンターレと対戦し、引き分け以上で残留が決まる。MF中村俊輔(40)は「チーム一丸というより、殺気だった集団になれるかどうかだと思う」。移籍後初の古巣戦を迎えるFW大久保嘉人も「もう、やるしかない」と決意を口にした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11223
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543226334/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:58 | 大阪 ☁ | Comment(16) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【セリエAまとめ】ナポリ、最下位キエーボと0-0ドロー!インテルはケイタ2発で3-0完勝!ラツィオはコレア劇的同点弾で追い付きミランと1-1ドロー!ローマはウディネーゼに敗れる セリエA第13節

ナポリが最下位キエーボと分ける、首位ユベントスとの勝ち点差は8に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000013-jij_afp-socc
ナポリ2018第13節キエーボ戦.jpg

【AFP=時事】18-19イタリア・セリエAは25日、第13節の試合が行われ、ナポリ(SSC Napoli)は最下位キエーボ・ベローナ(Chievo Verona)と0-0で引き分け、首位ユベントス(Juventus)はリーグ8連覇へ視界良好となった。

 カルロ・アンチェロッティ(Carlo Ancelotti)監督率いる2位ナポリは、ユベントスとの勝ち点差6を維持するためには勝利が必要だったが、本拠地サン・パオロ・スタジアム(San Paolo Stadium)でキエーボから得点を奪えなかった。ナポリは28日、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)でレッドスター・ベオグラード(Red Star Belgrade)をホームに迎える。

 ユベントスは24日、クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)とマリオ・マンジュキッチ(Mario Mandzukic)のゴールでSPALに勝利しており、ナポリとの勝ち点差は8となった。またこの結果、19位に沈むフロジノーネ・カルチョ(Frosinone Calcio)に3-0で快勝した3位インテル(Inter Milan)とナポリとの同差は1となった。

 アンチェロッティ監督は「今はセリエAの順位表を気にするタイミングではない。われわれはリーグ戦の折り返し地点でそれを評価する」とコメントしている。

「きょうは組み立て、ボール奪取、フィニッシュなどすべての面で甘かった。このことがキエーボに守備的な試合を許す要因となった」と試合を振り返ったアンチェロッティ監督は、「だが水曜日(28日)のレッドスター戦に向けた良いテストになった。レッドスター戦でも戦術のテーマは同じだ」と次戦に切り替えた。

 イタリア代表を指揮したジャンピエロ・ヴェントゥーラ(Giampiero Ventura)氏がわずか4試合で辞任したキエーボは、後任のロレンツォ・ダンナ(Lorenzo D'Anna)氏も10月に解任された。今季3人目のキエーボの指揮官に就任したドメニコ・ディカルロ(Domenico di Carlo)監督は、その初陣でナポリを苦しめて勝ち点の獲得に成功した。

 4位ラツィオ(SS Lazio)と5位ACミラン(AC Milan)の一戦は、終了間際にホアキン・コレア(Joaquin Correa)のゴールでラツィオが追いついて1-1の引き分けに終わった。インテルとラツィオのポイント差は5、ミランと同都市のライバルとの差は6となっている。

 43人が亡くなった8月の橋の崩落事故後初のダービーとなったサンプドリア(Sampdoria)とジェノア(Genoa CFC)の試合は1-1の引き分けに終わった。

 サンプドリアは8分にファビオ・クアリアレッラ(Fabio Quagliarella)のヘディングで先制したが、ジェノアは17分にクシシュトフ・ピョンテク(Krzysztof Piatek)のPKで同点とした。リーグ戦10点目を挙げたピョンテクは、ロナウドを上回り得点ランクトップに立っている。

 セリエAの舞台に2015年ぶりに復帰したパルマ(Parma FC)は、サッスオーロ(US Sassuolo)に2-1で勝利して勝ち点を20に伸ばし、来季ヨーロッパリーグ(UEFA Europa League)出場権獲得圏内となる6位に浮上した。【翻訳編集】 AFPBB News

“野戦病院”ミランは守備奔走から先制成功も…後半ATに失点食らいラツィオとドロー

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-06577019-gekisaka-socc

[11.25 セリエA第13節 ラツィオ1-1ミラン]

 セリエAは25日に第13節を行った。ラツィオとミランの対戦は1-1のドローに終わっている。

 ミランは11日の第12節・ユベントス戦は0-2で完敗。FWゴンサロ・イグアインが退場処分で出場停止となり、またMFジャコモ・ボナベントゥーラやMFルーカス・ビリア、DFアレッシオ・ロマニョーリ、DFマテオ・ムサッキオが怪我のため離脱中。苦しい台所事情の中、今節は3-4-3の布陣で最終ラインはDFイグナツィオ・アバーテ、DFクリスティアン・サパタ、DFリカルド・ロドリゲスを配置した。

 “野戦病院”と化したミランに前半からラツィオが襲い掛かるも、急造3バックを始めチームが意思統一を図り、失点を許さない。一方で、前線はMFスソ、MFハカン・チャルハノール、FWパトリック・クトローネが反撃を狙うがゴールネットを揺らせず。前半を0-0で折り返した。

 後半も拮抗状態が続くが、後半33分にミランが一瞬の隙を突く。中盤のスソから右サイドの裏へ浮き球パスを出し、DFダビデ・カラブリアがPA右外からマイナスに折り返す。走り込んだMFフランク・ケシエが右足ダイレクトで合わせると、ラツィオDFワラシに当たって弾道が変わり、そのままゴールに吸い込まれた。

 強敵ラツィオ相手に勝利を目前としたミランだが、後半アディショナルタイム3分過ぎに失点。ラツィオはMFホアキン・コレアがPAライン上から鋭い右足シュートを放ち、ゴール左に突き刺した。試合は1-1でドロー。守備に奔走したミランにとって、肩を落とす結果となった。

 ともに順位は変わらず、ラツィオは4位、ミランは5位のままとなっている。

 ミランは29日にヨーロッパリーグのグループリーグ第5節でデュドランジュと、ラツィオも同日に敵地でアポロンと対戦する。

セリエAを見るぞNo.187
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1539811332/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:17 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和DF平川忠亮、現役引退を表明…浦和一筋17年「一つの後悔もありません」

DF平川忠亮が現役引退を表明…浦和一筋17年「一つの後悔もありません」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00868636-soccerk-socc
平川浦和.jpg

 浦和レッズは26日、DF平川忠亮が今季限りで現役を引退すると発表した。12月1日に埼玉スタジアム2002で行われる2018明治安田生命J1リーグ第34節・FC東京戦終了後に、セレモニーが開催される。

 現役引退を決断した平川は、浦和のクラブ公式HPにコメントを掲載。周囲への感謝を綴った。

「今シーズンをもって、引退する決断をしました。ファン・サポーターのみなさんをはじめ、ホームタウンやパートナー企業のみなさんなど、本当に多くの方が僕や浦和レッズを支えてきてくれました。チームメートやチームスタッフ、そしてクラブも含め、すべての方に感謝しかありません。17年のプロサッカー人生というのは、自分の想像をはるかに超える期間でした。やりきった思いが強く、一つの後悔もありません。そして、浦和レッズというクラブで過ごせたことは、本当によかったと感じています。今後については、クラブと一緒にどのような形がよいか考えているところです。また、あらためてご報告できればと思います」

「浦和レッズのファン・サポーターは、温かいサポートをするだけではなく厳しい面もありました。でも、それが自分の成長につながったと思っていますし、あらためて、みなさんには感謝を伝えたいです。最終節の試合後には、みなさんに挨拶をさせてもらうことになると思いますが、湿っぽくはしたくありません。ぜひ、みなさん、スタジアムにお越しいただいていつもどおり共に戦い、勝利を勝ちとりましょう」

 現在39歳の平川は静岡県出身で、2002年に筑波大学から浦和に加入し、プロキャリアをスタートさせた。2006年にはJ1優勝、翌2007年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝を経験。現役生活17年間を浦和で過ごし、7つのタイトル獲得を味わった。これまでの通算成績は、J1リーグ戦335試合出場9得点、JリーグYBCルヴァンカップ(前Jリーグヤマザキナビスコカップ)67試合出場1得点、天皇杯全日本サッカー選手権大会23試合出場0得点、ACL24試合出場0得点。今季はここまでJ1で2試合に出場したのみだった。

◆レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1543125945/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2大宮、石井正忠監督が退任へ…後任候補にユン・ジョンファン氏、吉田達磨氏ら(関連まとめ)

【サッカー】<J2大宮アルディージャ>石井正忠監督が退任!後任に尹晶煥氏、甲府を途中解任された吉田達磨氏ら候補
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543186121/
石井監督2018PO後記者会見.jpg

1: Egg ★ 2018/11/26(月) 07:48:41.77 ID:CAP_USER9.net

J2大宮アルディージャの石井正忠監督(51)が今季限りで退任することが25日、分かった。

石井監督は昨季11月、クラブがJ2降格の危機にある中で監督に就任した。クラブはJ2に降格したが、鹿島アントラーズで年間優勝した手腕を評価し、1年でのJ1復帰を目標に今季の指揮を委ねた。

だが、J2の戦い方に慣れるまで時間を要し、開幕戦こそ勝利したが4戦未勝利と出遅れた。 リーグでは最終節で5位に滑り込み、J1参入プレーオフに進出したが、東京ヴェルディに数的有利な状況の中で敗れ、1年でのJ1復帰はならなかった。石井監督は会見で「J2の戦いに戸惑ってチームを波に乗せられずにいってしまったことが最大のミス」と振り返っていた。

後任は人選中で、セレッソ大阪を退任した尹晶煥氏(45)、ヴァンフォーレ甲府を途中解任された吉田達磨氏(44)が候補に挙がっている。 尹氏はサガン鳥栖をJ2からJ1に昇格させるなど、実績も十分で近日中にも本格的な交渉に入るとみられる。

11/26(月) 4:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00402996-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181126-00402996-nksports-000-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:34 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バス襲撃で延期の南米王者決定戦、再び延期に…ボカの選手が事件で負傷や体調不良となり公平性を欠くとの理由

【サッカー】<コパ・リベルタドーレス決勝第2戦>またも中止!バス襲撃による延期から一夜…公平性に欠くとの理由
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543184264/
ボカ主将負傷.jpg

1: Egg ★ 2018/11/26(月) 07:17:44.98 ID:CAP_USER9.net

リーベル・プレートとボカ・ジュニオルスによるコパ・リベルタドーレス決勝第2戦が2日連続で中止となった。

当初、24日にリーベルのホームで行われる予定だったコパ・リベルタドーレス決勝の第2戦だったが、試合前にボカ選手団を乗せたバスが襲撃される騒動に発展。2度にわたりキックオフの時間を遅らせようとしたが、事態は収拾せず、またボカ側に数名の負傷者も出ており、南米サッカー連盟(CONMEBOL)はやむなく翌25日に延期することを発表した。

そして迎えた25日、ボカはキャプテンのパブロ・ペレスが目と腕を負傷し、さらに数名の選手が催眠スプレーにより体調不良をきたしたことで、コンディションに公平性を欠くとしてCONMEBOLに試合の延期を要請。これを受け、連盟はこのリクエストを受諾する形となり、またしても延期が決定した。

CONMEBOLは公式ツイッターで「会長と協議会は、スポーツとしての公平性を守るためにコパ・リベルタドーレス2018ファイナルのリターンマッチを延期することを日曜日の午前中に決定した」と綴った。

なお、現状で新たな試合日程は決まっておらず、27日に行われるボカ、リーベル両クラブ会長が出席する会議により決定される。

11/26(月) 6:01配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000035-goal-socc

写真
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/11/20181125_boca_instagram.jpg

南米頂上決戦、チームバスが襲撃受け延期…ドクターが負傷選手の写真をSNSに
https://www.footballchannel.jp/2018/11/25/post298677/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング